DMM.com転職・採用情報まとめ!口コミから気になる社風まで

DMM.comへの転職 一般転職

DMM.comへの転職をお考えですか?

DMM.comはビデオの配信サービスによって急成長を遂げたインターネット事業の企業で、求職者から人気の高い企業の一つです。

急成長の人気企業と聞くと「ベンチャー気質で残業はやっぱり多いの?」という不安や、「求職者が多いなら転職は難しい?」という疑問が出てくるもの。

本記事ではこのような悩みを解決するべく、DMM.comのまとめ情報と転職を有利にする方法をご紹介します。

転職を成功させるには、転職先の「企業情報」と企業に合わせた「転職の戦略」が不可欠です。

もしまだ調べていないなら、最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1.DMM.comの企業情報

DMM.comの基本的な情報は、以下の通りです。

社名 合同会社DMM.com
本社所在地 東京都港区六本木三丁目2番1号
住友不動産六本木グランドタワー
DMMグループ総合受付24階
最高経営責任者 亀山敬司
設立 1999年11月17日
資本金 1,000万円
売上高 グループ全体2,211億円(2019年2月)
従業員数 約3,200人(男性68%、女性32%)

ここからは、DMM.comの企業理念や事業内容について詳しく解説していきます。

企業理念・経営方針

「なんでもやってる、ディーエムエム」をキャッチフレーズにしている合同会社DMM。

現在40を超えるサービスを提供しているDMM.comは、以下のような特徴があります。

【DMM.comの企業としての特徴】

  • 個人向けのネット配信サービスやゲームの提供
  • ゲームやアニメの制作もしている
  • 商品の販売だけでなく多種多様な商品のレンタルも取り扱う
  • 投資家向けの証券取引サイトや仮想通貨サイトの運営

一般の企業なら「物作り」をしても、販売は別の会社がおこなったりしますよね。

DMM.comでは、「なんでも自分たちでやってみる」という姿勢で新しい事業を立ち上げています。

日々新たなものを作り、常に挑み続ける、それがDMM.comという会社なのです。

  • スポンサーリンク

  • 事業内容

    DMM.comの事業は多岐にわたります。

    エンターテイメント事業を中心に、あらゆる分野の事業や活動に取り組んでいます。

    金融事業 株取引、ファンドサービス、為替取引など
    ゲーム事業 ゲーム開発や企画、プラットフォームやe-sport事業など
    ミュージアム・テーマパーク事業 デジタル展示会場・エンタテイメント常設劇場や水族館など
    グローバルビジネス DMM英会話、DMM TRAVEL(旅行業)、アフリカ事業など
    教育・コミュニティ事業 会員制コミュニティサービス、書籍出版レーベルなど
    エンターテイメント・コンテンツ事業 アニメーション制作、音楽レーベルなど
    ハードウェア・プロダクト事業 消防車両事業、モノづくり支援など
    インフラ事業 自然エネルギー、太陽光発電システムの運転・保守点検など
    ライフスタイル事業 アプリ開発
    Eコマース事業 動画配信、電子書籍、レンタル事業、通販など
    アミューズメント事業 パチンコ・競輪の購入・情報アプリ、オンラインくじなど

    この他、若手起業家への支援(DMM VENTURES)なども行っています。

    グループ会社

    DMM.comには、大きく分けて4つのグループ会社があります。

    DMM.comグループ 合同会社DMM.com、株式会社DMM.futureworks、株式会社DMM RESORTS、KONINKLIJKE SINT-TRUIDENSE VOETBALVERENIGING NV、DMM.HEHE Ltd、ピックアップ株式会社、株式会社nana music、株式会社終活ねっと、株式会社インフラトップ、株式会社ベルリング
    DMM GAMES グループ 合同会社DMM GAMES、株式会社DMM.com OVERRIDE
    DMM FX HDグループ 株式会社DMM.com 証券、株式会社DMM Bitcoin、株式会社DMM FinTech
    DG HDグループ 株式会社DGホールディングス、株式会社PLANETS、株式会社DMM.com Base、株式会社ハッシャダイ

    このグループ全てを統括しているのが、合同会社DMM.comです。

  • スポンサーリンク

  • 業績

    DMM.comの業績は、毎年上昇しています。

    グループ全体の売上げは、2018年2月に2,114億円、2019年2月に2,211億円となっています。

    業績が伸び悩む企業も多い中、DMM.comは業績が下降することなく伸びている優良企業です。

    参考:DMM.com Group Recruit

    平均年収

    DMM.comの平均年収は、447万円です。(参考:カイシャの評判

    DMM.comでは年俸制を採用していて、年に1度の査定によって来年度の年俸が決まります。

    そのため、ボーナスがない、部署によって年収に違いがあるなど、個人によって大きな差があるのが特徴です。

    他の企業のように、「何年働いたらこれだけ昇給する」という目安がありません。

    年功序列ではなく「個々の実力で年収が決まる」という点も、DMM.comの魅力の一つです。

  • スポンサーリンク

  • 業界内での立ち位置

    DMM.comは、色々な事業を展開しているネットベンチャー系企業です。

    インターネットを使ったビジネスを展開している企業としては、クックパッドやヤフー、オークネットや楽天などがあります。

    トップシェアを誇るこれらの企業の中では、DMM.comは「他のIT企業がやっていないことをやる」というニッチなニーズに応える立ち位置です。

    さらに、さまざまな事業を立ち上げると同時に、ニーズの少ない事業にはこだわらず潔く撤退するという面もあります。

    そういったDMM.com全体の姿勢が、安定した売上げにつながっていると考えられます。

    社風

    30代/男性

    非常に自由闊達な風土で、上層部とも気軽に話しかけられる雰囲気です。

     

    服装も基本的には自由で、オープンさは感じられます。

    引用:カイシャの評判

    ベンチャー企業からスタートしたDMM.comは、合同会社となってからもその社風は引き継がれています。

    比較的自由な気風で、出勤時間も自由。

    また企画を出すのも自由で、企画が通れば自分の裁量で進めることも可能。

    「やりたいことがあり、面白い企画ならお金を出す」という会社の方針もあり、やりたいことを応援してくれる環境が整っています。

    また社内行事も多く、社員同士の交流もあり、風通しのいい職場といえます。

  • スポンサーリンク

  • 2.DMM.comの社員の口コミ

    DMM.comへの転職を目指す場合、「社内の雰囲気はどんな感じなのか」気になりますよね。

    ここでは、転職の際に参考にしたい社員の口コミを詳しくご紹介します。

    ワークバランスについて


    20代/男性

    フレックス制になっているので、所用があっても、1ヶ月のなかで調整することができ役に立っている。

     

    また、有給もとりやすい

    引用:カイシャの評判


    20代/女性

    当時、あまりリモートが社会的に流行る前でしたが、リモート(在宅ワーク)も自由にできました。

     

    特に女性の場合生理痛が重いなど人それぞれあると思いますが、そういう日はリモートを利用して稼働していました。

    引用:カイシャの評判

    DMM.comでは、出勤時間は10時~19時となっていて、残業はしないよう指導が入るなどホワイトな働き方が当たり前となっています。

    その一方で、遅刻を残業でカバーするといった勤務のやり方に不満を感じる口コミもありました。

    会社の雰囲気について


    30代/男性

    社員や経営陣の年齢層が高くないので、会社自体はかなりアットホームな雰囲気のため、距離は近いと思います。

    引用:カイシャの評判


    30代/女性

    トップを筆頭に、非常に合理的で、心地がよいです。

     

    事業に対しては外資系のようにドライですが、人事面に関しては、ドライすぎないところもよかった。

     

    外資企業と日系企業のいいとこ取りをしたようなイメージです。

    引用:カイシャの評判

    他にも、上下関係が厳しくなく、「風通しがいい」という口コミが多くありました。

    ただ、理解ある上司がいる部署ばかりではなく、柔軟に対応してくれない上司に悩んで退職したという人の口コミもあり、人間関係に関しては個人差があるといえます。

    やりがいについて


    営業・男性

    部署によっては自分のやりたいことを上司に伝えれば、キャリアパスを組んでくれるところもある。

     

    社歴が長いからという理由で上に上がれることもないので、実力でのし上がれる

    引用:カイシャの評判


    30代/男性

    積極的な新規事業展開を行っているので、1つの業務に拘らず、様々な事業に関わる事が出来るので、常に刺激を得られる。

    引用:カイシャの評判

    新しい企画にチャレンジさせてもらえる一方で、部署によっては優秀な人材が上にいると、なかなか評価されづらいといった口コミもありました。

    異動なども積極的に受け入れてくれる環境でもあるので、「自分で考え自分で動く」ことが必要といえます。

    3.DMM.comの採用情報

    ここでは、DMM.comの中途採用状況や募集職種を紹介します。

    転職前に、しっかりとチェックしておきましょう。

    DMM.comの中途採用状況

    DMM.comは積極的に中途採用を行っています。

    特徴的なのは「DMM.comをユーザーとして利用したことがある人」を募集しているということ。

    DMM.comでは「ユーザーの視点で仕事ができる」人材を求めているのです。

    会社情報や社内の制度などを詳しく知ることも必要ですが、DMM.comがどういった会社なのか、ユーザーとして体験しておくといいでしょう。

    DMM.comが募集している職種

    DMM.comは、「エンジニア」「プロデューサー、ディレクター、プランナー」「デザイナー」「マーケティング」「バックオフィス」「企画」「営業」「その他」の8つの職種があります。

    勤務地は東京(六本木・秋葉原)、石川県、沖縄県、海外がありますが、中途採用募集は本社勤務が主となっています。

    エンジニア採用がねらい目

    中途採用では、特にエンジニアの募集が積極的におこなわれていますので、転職するなら狙い目です。

    エンジニアの場合、アプリや各プログラム言語の開発経験があることを前提に募集がされています。

    目安としては3年ほどの実務経験とされていますが、必ず3年以上とされているわけではないので、アピール次第では3年未満でも十分に採用される可能性があります。

    ただし、デザイナーの場合は3年以上の実務経験が最低条件となっていて、ポートフォリオの提出も求められますので注意が必要です。

    4.DMM.comの転職を有利にする方法

    ここからは、DMM.comへの転職を有利にする方法について解説します

    以下2つのポイントを踏まえ、転職を有利に進めましょう。

    希望のポジションに合わせて面接対策をする

    希望するポジションに合わせ、事前に面接対策をすることを考えましょう。

    DMM.comでは、実際に働いている部署ごとに、どういった仕事をしているのかインタビュー記事をホームページで紹介しています。

    DMM.comは手取り足取り教えてもらうのではなく、自分で学ぶことが求められている職場。

    自分がDMM.comで働くことを考えながら、面接でどう受け答えをすべきか対策を練ることが大切ですよ。

    転職エージェントを活用する

    面接対策を色々考えてはいるけれど、自分一人だけでは「対策がちゃんとできているのかな?」と不安になることもありますよね。

    そういった場合におすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

    転職エージェントは、キャリアアドバイザーによる面談やアドバイスが受けられるサービスです。

    一人での転職活動は、「これで大丈夫なのか」と不安が常につきまといがちですよね。

    転職エージェントは無料で登録ができ、自分の希望やスキルに合わせた求人を紹介してもらえます。

    また企業とのパイプもあるので、「DMM.comに転職したい」という明確な目標があるならぴったりのサービスです。

    5.DMM.comへの転職におすすめの転職エージェント4選

    転職を成功させるためには、自分に合うエージェントを利用することが大切です。

    エージェントによって特徴や強みが異なるので、登録前にしっかりと確認しましょう

    ここでは、DMM.comに転職を考えているあなたにおすすめの転職エージェントを4つご紹介します。

    たくさん求人を見てから決めたいならリクルートエージェント

    リクルートエージェントは、業界内トップの求人数と、内定成功率を誇る転職エージェントです。

    人材派遣業などの実績があることから、大手企業の非公開求人も多く持っているのが強み。

    DMM.comを含むさまざまな求人をチェックし比較したいなら、最優先で登録すべき転職エージェントです。

    転職者の8割が利用していることもあり、様々な相談を受けてきたキャリアアドバイザーからしっかりサポートが受けられるので、DMM.comの面接対策も安心です。

    面接対策をしっかりしたいならdoda

    dodaは、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇る転職エージェントです。

    豊富な求人の中から、専任のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれます。

    また、非公開案件が充実していることも特徴のひとつ。

    他にはない「高年収」「好待遇」の求人を見つけられる可能性も高いですよ。

    「企業を意識した面接対策」にも力を入れているので、選考に不安がある方にもおすすめです。

    手厚いサポートを受けたいならパソナキャリア

    パソナキャリア

    パソナキャリアは、人材派遣会社のパソナが運営している転職エージェント。

    取引実績のある企業が16,000社以上ある上、「求人の質が高い」と評判で多くの求職者が利用しています。

    また、キャリアアドバイザーのサポートにも定評があり、提出書類の添削や面接対策など細かなサポートが受けられるのも魅力です。

    求人数はそれほど多くありませんが、大手企業や優良企業の求人が多いので安心。

    女性の転職にも力を入れているので、DMM.comへの転職を考えている女性にもおすすめですよ。

    高年収を狙うならJACリクルートメント

    JACリクルートメントは、高年収の求人が充実している転職エージェント。

    有名企業の求人を多数取り扱っており、DMM.comのような人気企業の求人を保有している可能性も高いです。

    また、ハイキャリア向けの求人も多いので「キャリアアップを目指している」「今より高収入を得たい」という方にもぴったりですよ。

    業界に精通したキャリアアドバイザーから親身なサポートを受けられるので、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

    まとめ

    DMM.comは、「DMMサービスを利用したことがあり、ユーザーの視点で仕事ができる人材」を募集しています。

    DMM.comへの転職を成功させるには、以下のポイントを意識しましょう。

    【DMM.comへの転職を成功させるためのポイント】

    • 希望のポジションに合わせて面接対策をする
    • 転職エージェントを活用する

    DMM.comは、年俸制で部署によって年収の差もあることから、転職する際には内部事情もよく知っておく必要があります。

    ただ、自分一人では企業情報を集めたり、面接対策をするのも不安ですよね。
    そういった場合にぜひ利用したいのが転職エージェントです。

    <DMM.comへの転職におすすめのエージェント>

    キャリアアドバイザーとの相性や、サポート内容は転職エージェントによって違いがありますので、まずは登録して利用してみましょう。

    ぜひエージェントを有効活用して、転職を成功させてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?