要注意!doda利用者の評判・口コミと利用前に必ず確認すべき全知識

一般転職

本当にdodaで転職活動をすべきなのか、お悩みですね。

dodaは掲載求人にそのまま応募できる「転職サイト」でありながら、専任のコンサルタントをつけられる「転職エージェント」としても活用できる転職サービスです。

業界トップクラスとなる10万件以上の求人があり、希望に沿った仕事が見つかりやすいと評判も高いです。

ですが、実際に利用するとなれば「本当に良い案件を紹介してもらえるの?」「サポートは信頼できるの?」といった不安もありますよね。。

そこで今回は、 dodaの特徴や利用者の口コミを徹底的に調査した上で「どんな人ならdodaを使って損しないか」を詳しく解説していきます

大手だから信頼できそうと思ってなんとなく利用を考えている人も、本当にdodaを使うべきなのか、はっきりと答えが出るはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.dodaとは

dodaとは

doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営している、業界最大級の転職サイトです。

豊富な求人数を持ち、「コンサルタントのサポート」や「スカウトサービス」など、他の転職サイトとは違ったサービスがあるので、多くの転職者に利用されています。

最近では、女優の深田恭子さんを起用した広告がよく流れているので、目にする機会も非常に多くなりましたね。

以下、dodaの基本情報をまとめてみました。

総求人数 10万件以上
新規求人 毎週月・木曜更新
コンサルタントによるサポート 希望者にのみ提供
対応地域 全国
利用料金 無料

2.比較してわかった!dodaの3つの特徴!

比較してわかった!dodaの3つの特徴!

それでは、「doda」は他の転職サイトに比べてどのような特徴があるのかを解説していきます。

dodaの特筆すべき特徴は、主に以下の3つです。

1つずつ、見ていきましょう。

スポンサーリンク

特徴1.豊富な求人数

dodaの一番の強みは、豊富な求人数を掲載していることです。

求人数は10万件以上。転職サイト業界では、最も多い求人数です。

具体的にどれほど多いのか、他の大手転職サイトの求人数を調査して、以下にまとめました。

転職サイト名 求人数
doda 10万件以上
マイナビ転職 約1万1千件
リクナビNEXT 約1万件

表を比較すると、dodaはその他転職サイトと比べて、求人数が圧倒的に多いことがわかりますね。

「求人数が多い=良い求人サイト」と言えるわけではありませんが、求人数が多いほど、あなたが希望する条件の仕事が見つけやすくなります。

そのため、「希望にあった求人がない…」という事態に陥りにくいのが嬉しいポイントです。

特徴2.転職活動が便利になるサポートが充実

dodaは、転職者向けのサポートが充実しています。

中でも、専任のコンサルタントがサポートする「エージェントサービス」と、企業から直接スカウトを受けられる「スカウトサービス」が非常に役立ちます。

dodaを利用する上でぜひ活用していただきたいサービスなので、それぞれ詳しく解説していきます。

エージェントサービス

エージェントサービスでは、面接対策と書類添削のアドバイスが受けられます。

今までdodaで転職をした人の転職情報から分析した企業の情報や、面接の質問例を参考に、企業ニーズに合った面接対策と書類添削をしてくれます。

さらに、書類の応募代行や、面接日程の調整をしてくれるので、忙しくても転職活動をスムーズに進ることが可能です。

また、面接後にも「面接官からの質問内容」「面接を受けての感想」「面接官に伝えきれなかったこと」などを伝えて、フィードバックをもらうことが出来ます。

面接が上手くいかなった時も、フィードバックをもらうことで、問題点を改善しながら転職を進められるでしょう。

スカウトサービス

dodaのスカウトサービスは、あなたの経歴やスキルを書いた「web履歴書」を匿名で公開することで、興味を持った求人企業からオファーが届くサービスです。

経歴やスキルを詳しく記載していれば、思いもよらない企業からオファーが届き、転職を有利に進められることがありますよ。

受け取ったスカウトの確認は、会員ページで出来ますので、定期的に確認するようにしてください。

※スカウト機能は、匿名で利用出来ます。また、特定の企業からの閲覧をブロックする機能もありますので、在職中の方も安心して利用できます。

特徴3.転職イベントを主催している

dodaは「転職フェア」という、合同企業説明会のような転職イベントを開催しているのも魅力的なポイントです。

転職フェアは毎年2月~7月にかけて、東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜の6箇所で開催されています。

イベント中は330社もの企業が出展するため、多くの企業から話が聞けるでしょう。

企業ブースには、採用担当者と、先輩となる現場の社員も同席します。

一緒に働く人や社内の雰囲気、具体的な仕事内容などがわかるので、応募前に企業のイメージが掴めますね。

このように、多くの企業から話を聞けたり、転職後に思っていた会社と違ったというミスマッチを防げるので、時間に余裕のある人はぜひ参加するべきです。

スポンサーリンク

3.ここだけは気をつけたい!2つの注意点

ここだけは気をつけたい!2つの注意点

ここまで、「doda」の特徴を紹介してきました。

dodaは求人数がとにかく豊富で転職者へのサポートも充実しており、転職活動を有利に進めやすい転職エージェントです。

しかし、すべてにおいて優れているわけではないので、安易に選ぶのはお勧めできません。

dodaには以下のような注意点があるので、これらを許容できるかだけは確認しておいてください。

それぞれ、見ていきましょう。

注意点1.未経験者が応募可能な求人が少ない

dodaは未経験で異業種への転職を考えている人や、社会人経験が浅い20代前半の人にはマッチする案件が少ないです。

dodaへ求人を出している企業が、経験を積んだ人材を求めていることが多く、未経験者が応募可能な求人が少ないという点が理由に挙げられます。

もし、上記の理由でマッチする案件が少ないなら、未経験者や20代前半向けの求人を多く扱っている「エン転職」を使うべきだと言えます。

エン転職については、「エン転職は求人数が少ない?評判・口コミから見えてくるエン転職の真実」で詳しく解説しているので、こちらもご確認ください。

注意点2.会員登録しても全ての非公開求人を見られるわけではない

dodaは会員登録をしても全ての非公開求人を見られるわけではありません。

なぜなら非公開求人は、仲介役であるコンサルタントからの紹介でしか確認出来ないからです。

なので、自分から非公開求人を確認できないことは、利用前から頭に入れておいてください。

ちなみに、コンサルタントから紹介される非公開求人は、採用条件と転職者の経歴・スキルをもとに、極力ミスマッチを発生させない求人になります。

全ての非公開求人が確認出来ずとも、安心して紹介を受けられるのです。

スポンサーリンク

4.実際どうなの?dodaの評判・口コミまとめ

実際どうなの?dodaの評判・口コミまとめ

ここまで、dodaの特徴や注意点について紹介しました。

ここで気になるのが「利用者の評判」です。

どんなに良いサービスがあっても、利用者が満足する転職活動が出来ていなければ意味がありません。

そこで実際に、dodaを利用した人の評判を調査したところ、以下の3つに関する口コミが多いことがわかりました。

それぞれ、詳しい口コミの内容を見ていきましょう。

口コミ1.自分の希望に合う仕事が見つけやすい

「自分の希望に合う仕事が見つけやすい」という口コミです。

dodaなら、希望に合った仕事が見つけやすいです。

他の転職サイトであれば、いくつも条件を指定すると、求人が見つからないことがよくあります。

しかし、dodaは求人数が圧倒的に多いので、詳細な希望条件でも、希望に合う仕事をコンサルタントから紹介してもらえるでしょう。

求人に、希望条件がいくつかある方には嬉しいですね。

口コミ2.求人の質が良くない

こちらは、「求人の質が良くない」という口コミです。

dodaの求人数は10万件を超え、非常に多いですが、中には労働条件の良くない求人があるのは事実です。

ブラック企業への入社を防ぐために、紹介された求人は必ずインターネットで検索しましょう。

極端な長時間労働や、ハラスメント行為が横行している口コミが多い場合は、応募を避けるべきです。

なお、求人の質が悪いという口コミは、dodaに限らず他の転職サイトでも見られます。

そのため、dodaだけが質の悪い求人を多く掲載しているわけではないことを、知っておきましょう。

スポンサーリンク

口コミ3.書類添削・面接サポートが受けられる

「エージェントサービス」を利用すると、個別に書類作成と面接対策のアドバイスが受けられるのも、dodaの特徴です。

これまでの転職者から収集した企業の情報や、面接の質問例を参考に、企業のニーズに合った書類作成と面接対策が出来ます。

「エージェントサービス」を受ければ、初めての転職活動でも安心して臨めます。

面接対策と書類作成の悩みは、積極的に質問しましょう。

5.結論!dodaはこんな人におすすめ

結論!dodaはこんな人におすすめ

ここまでdodaがどのような転職サイトなのかを確認してきました。

dodaは求人数が多く、「エージェントサービス」などのサポートを受けられるなど、利用するメリットが多い転職サイトであることをお分かりいただけたかと思います。

ただし、「未経験者が応募可能な求人が少ない」といった問題点があることを忘れてはいけません。

これらの内容をまとめると、 dodaは以下のような人におすすめの転職サイトと言えます

  • たくさんの求人から希望に沿った仕事を見つけたい人
  • 書類添削・面接対策などの細かいサポートを受けて転職活動をしたい人
  • 転職フェアなども積極的に参加したい人

以上の条件に当てはまるならば、dodaを利用して損することはありません。

dodaの圧倒的な求人数や、書類添削・面接対策のサポートは、転職活動を有利に進める強い味方になってくれるでしょう。

登録だけなら無料なので、条件に当てはまると感じたらならば、一度求人をのぞいてみることをおすすめします。

おすすめじゃない人

一方で、dodaはこんな人にはおすすめ出来ません。

  • 業界未経験、社会人経験が不十分な人
  • 専門性の高い業種への転職を希望する人

dodaは、未経験で異業種への転職を考えている人や、社会人経験が浅い20代前半の人にはマッチする案件が少ない実情があります。

そのため、未経験や20代前半向けの求人を多く扱っている「エン転職」を使う方が転職活動がスムーズに進むという人もいるでしょう。

また、dodaの求人は専門性には特化していないので、専門性の高い業種へ転職を希望している方は、以下で紹介する「特化型転職サイト」も併せて利用するべきです。

条件 転職エージェント 特徴
ハイキャリア・高年収向け JACリクルートメント
  • 管理職、専門職向けの高年収求人が多い
外資向け マイケルペイジ
  • 医療、経理、営業、マーケティング、法務などの分野に対応しており、専門性が高い。
IT・Web系向け ワークポート
  • Tエンジニアやwebディレクター、ゲーム業界の求人が充実。

スポンサーリンク

6.dodaを利用して転職活動をする簡単3STEP

dodaを利用して転職活動をする簡単3STEP

ここでは、dodaを使って転職活動をする全体の流れを確認します。

登録しただけでは意味がありませんので、応募するところまで紹介していきます。

参考にしながら、一緒に登録してみましょう

全体の流れは以下の通りです。

では、登録作業からしていきましょう。

STEP1.申し込み

申し込み

まずdodaのホームページにアクセスして、「会員登録する」をクリックします。

次に名前や生年月日などの必要事項を入力していきます。

STEP2.web履歴書の入力

web履歴書の入力

登録完了後、トップページの「web履歴書」ボタンから、web履歴書の作成をします。

ここで入力する情報は、「エージェントサービス」や「スカウトサービス」で参照されるので、正確に入力しましょう。

スポンサーリンク

STEP3.応募

応募

求人一覧から、希望の求人が見つかれば、「応募する」ボタンから応募の手続きに進みます。

必要事項の情報が間違っていないか、確認画面が出ますので、問題が無ければそのまま応募をして、作業は完了です。

7.dodaを使って転職を成功させる3つのポイント

dodaを使って転職を成功させる3つのポイント

dodaは、利用のコツを押さえると、あなたの希望に合った求人が見つかる可能性が高まります。

ここでは、その具体的なポイントを3つ紹介します。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.無理のないスケジュールを決める

転職活動に必要な期間は、人によって異なるものの、平均して2~3ヶ月と言われています。

慌てた転職活動をしないためにも、無理のないスケジュールを決めましょう。

dodaに登録してからどのようなスケジュールで転職活動を進めるのが良いか、以下にまとめました。

  1. 求人調査・情報収集(2週間)
  2. 書類作成・応募(2週間)
  3. 面接(1ヶ月)
  4. 内定・退職の準備(1ヶ月)

あくまでも1つの例ですが、慌てた転職活動をしないためにも、あなたに合ったスケジュールを決めましょう。

スポンサーリンク

ポイント2.「キャリアの棚卸し」で自分の強みを確認

キャリアの棚卸しとは、これまであなたが関わった仕事を整理して、どのような経験を積んだかを整理することです。

転職先の業務に関わる経験を抽出して書類作成が出来るので、今まで経験したことを、出来る限りリストアップしましょう。

客観的にあなたの経験が整理出来るので、今まで気づかなかった強みや可能性が発見出来ます。

ポイント3.担当コンサルタントとの連絡はこまめに取る

エージェントサービスを利用する場合は、担当コンサルタントと、こまめに連絡を取りましょう。

なぜなら、連絡を取っていない登録者は、「転職活動が終わった」とされるからです。

エージェントサービスは新しい求人が来ると、その企業の条件に合った登録者を検索し、求人を紹介します。

長期に渡り、連絡を取っていない登録者には、新しい求人紹介が来ません。

つまり、同じ経歴の登録者がいても、こまめに連絡を取っている人のほうが優先的に求人紹介をされるということです。

8.【Q&A】dodaのよくある質問を解決!

最後に、dodaのよくある質問をこちらにまとめておきます。

本記事の内容を読んでもわからないことがあれば、こちらを参照してみてください。

スポンサーリンク

Q1.コンサルタントとの初回面談に行けないときはどうする?

A.コンサルタントとの面談に行けない場合は、対面ではなく電話面談も可能です。

その場合は、担当コンサルタントに電話面談の希望を伝えましょう。

電話面談をする前に、 履歴書などの書類と、インターネットに繋がるパソコンがある環境だと面談がスムーズに進みます

Q2.コンサルタントから希望でない求人が紹介されるときはどうする?

A.紹介された求人に必ず応募しなければならない、ということはありません。

コンサルタントから見て希望に近い求人を紹介しているつもりでも、利用者から見ると条件からずれている求人が混ざることがあります。

希望に合わない求人を紹介された場合は、ハッキリと断りましょう。

紹介された求人を断る際は、「仕事内容に興味がない」「労働条件が希望と合わない」など、具体的な理由を添えて説明します。

担当コンサルタントは、断る理由に応じて紹介する求人を決めるので、明確な理由を伝えなければ、紹介される求人の傾向は変わりません。

なので、紹介された求人が希望に合わない場合は、理由を明確にして、ハッキリと断るべきです。

Q3.doda利用者向けのスマホアプリはある?

A.転職活動を便利にするスマホアプリも用意されています。

doda利用者向けのスマホアプリはある?

dodaが提供するスマホアプリは以下の2つです。

1つずつ見ていきましょう。

カレンダーアプリ

カレンダーアプリ

カレンダーアプリは、転職活動であなたが「いつ」「何を」やればいいのかわかるように、転職活動のスケジュールを立ててカレンダーで管理出来るアプリです。

転職開始日と終了日を指定すると、「いつ」までに、「何を」やれば良いのか示すスケジュールが表示されます。

そこから スケジュールを調整して、あなたに合った転職活動のスケジュールを立てられるのです。

アンドロイド版のダウンロードはこちら

※iPhone版は2019年2月現在で提供されていません。

面接対策アプリ

面接対策アプリ

面接対策アプリは、面接通過を目指したノウハウを、7日間で習得するためのアプリです。

面接のマナーや注意点、面接官が本当に知りたいことなど、面接を受ける前に知っておくべき内容を網羅しています。

また、面接時にある定番の質問に向けた実践対策や、面接の理解度を確かめられるテストも用意。

面接の基本対策が隙間時間を使って出来るので、効率的に面接対策が進められますよ。

スポンサーリンク

まとめ

dodaは転職サイトにおいて、圧倒的な求人数を持つことが特徴です。

希望条件に沿った仕事を見つけたい人や、エージェントサポートを使って転職活動のサポートを受けたい人にはおすすめですよ。

ですが、場合によっては希望する求人が見つからないこともあります。

もし希望する求人が見つからなければ、他の転職エージェントを併用するのも良いです。

  • スポンサーリンク