JACリクルートメントは対応が悪い?口コミ・評判からわかる真実を調査

一般転職

JACリクルートメントの利用を検討中ですね。

JACリクルートメントは、外資系や管理職など、高年収案件を多数取り揃えた転職エージェントです。

ハイキャリア向けの転職エージェントとしては、求人の質・量ともに日本トップクラス

そのため、あなたがキャリアアップを狙っているならば、JACリクルートメントを選んで損することはありません。

ただ、実際に利用するとなれば「本当に良い案件を紹介してくれるのかな…」「自分でも使って大丈夫かな…」といった心配も出てきますよね。

そこで今回は、 JACリクルートメンの評判や口コミをもとに、そのメリットやデメリットを徹底的に解説していきます。

最後まで読めば、登録前の不安が全て解消されるはずですよ。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.JACリクルートメントはハイキャリア向けの転職エージェント

(引用:JACリクルートメント

JACリクルートメント」は、ハイキャリア向けの求人をメインに揃えた転職エージェント

外資系や管理職の高年収案件が多く、30〜50代からの信頼も厚いです。

実際に43万人の転職支援実績があり、利用者の94.5%が知人に紹介したいと回答しているデータもあります。

ここからは、そんなJACリクルートメントについて詳しく知っていただくために、3つの特徴を解説していきます。

では、順番に確認していきましょう。

特徴1.管理職、専門職向けの高年収求人が多い

JACリクルートメントは、管理職、専門職向けの高年収求人が多いです。

もともとメインのターゲットを、30〜40代のキャリアアップを目指す転職希望者に絞っているので、ハイキャリアの案件が充実しているんです。

実際にJACリクルートメントの公式サイトから求人検索をしてみると、 管理職候補などの仕事がずらりと並んでいるのが確認できますよ。

(引用:JACリクルートメント

また、 JACリクルートメントは非公開求人も多数保有しています。

そのため、ここでしか見つけられない良質な案件にも出会える可能性があります。

このように、管理職・専門職でのキャリアアップを実現する求人が、JACリクルートメントは充実しているんです。

スポンサーリンク

特徴2.質の高いコンサルタントが迅速に対応してくれる

質の高いコンサルタントが迅速にサポートしてくれるのも、JACリクルートメントで外せない特徴の1つです。

JACリクルートメントのコンサルタントは、実際に企業と入念なやり取りを行っているので、それぞれの会社の内部情報を詳しく把握しています。

そのため、あなたの希望した条件に最も合た求人を紹介することができますし、内定をもらうための的確なアドバイスをくれる心強い味方になってくれます

他の転職エージェントでは、企業とやりとりを行う担当者と、実際にあなたに求人を紹介する担当者が別々の場合があります。

そのような転職エージェントだと、望み通りの案件を紹介してもらえなかったり、どんな企業なのか質問しても浅い情報しか確認できない事もあるんです。

そのため、質の高いコンサルタントに担当してもらえるのは、JACリクルートメントの大きな強みです。

JACリクルートメントのコンサルタントは対応も早い!

JACリクルートメントは、問い合わせに対して24時間以内に対応することを社内で徹底しています

そのため、「早く転職したい!」という人もスムーズに転職を進められますよ。

公式サイトでも、迅速な対応で転職者をサポートすることを、以下のように約束として挙げています。 

(引用:JACリクルートメント

特徴3.外資系企業への転職に強い

JACリクルートメントは グローバル転職の支援に強みを持っています

というのも、イギリス発祥のJACリクルートメントはイギリスとドイツ、アジア8カ国の企業と取引があり、現地に根付いた鮮度の高い情報を持っているからです。

これは、国内のその他大手転職エージェントにはない強みです

さらにそこから、 1980年の設立以来、蓄積されたグローバル転職に関するノウハウがあります。

外資系企業への転職を考えている方にとって、JACリクルートメントは心強い転職エージェントでしょう。

2.評判・口コミから徹底分析!JACリクルートメントのメリット

評判・口コミから徹底分析!JACリクルートメントのメリット

JACリクルートメントは、外資系企業の求人が多く、コンサルタント、求人共に質が高いハイキャリア向けの転職エージェントだということをお伝えしました。

そのため、実際にJACリクルートメントを利用して転職活動を進めると、以下のようなメリットが得られますよ。

JACリクルートメントを実際に利用している人の生の声も気になると思いますので、ここでは実際の利用者の評判・口コミも合わせて調査しました。

では、順番に確認していきましょう。

スポンサーリンク

メリット1.キャリアアップによる年収アップ・待遇改善が見込める

JACリクルートメントは、ハイキャリア向けの求人が多いので年収アップや待遇改善が見込めます。

外資系企業やハイキャリア層の求人に特化しているJACリクルートメントならば、今より高年収、高待遇の優良求人につける可能性が高いです。

コンサルタントのサポートも充実しているので、狙っていた企業から内定をもらえる人も多く、着実にキャリアアップの目標を達成することができますよ。

実際に利用した人からは、以下のような口コミがあがっています。

評判|優良求人を紹介してくれる

「優良求人が多かった」という口コミです。

JACはハイキャリアの良案件が多数用意されています。

さらにその中から、 あなたの条件にぴったりの求人をコンサルタントが厳選してくれるので、ハズレの案件を引きにくいんです。

評判|年収が上がった

こちらは 「年収が130万円アップした!」という口コミです。

働く会社を変えるだけで、年収が一気に変わるのは魅力的ですよね。

あなたも、実力に見合った給料がもらえていないの感じているのなら、転職をしてみる価値は十分にあるでしょう。

メリット2.経歴やスキルに応じて通過率の高い求人を紹介してもらえる

JACリクルートメントは、経歴やスキルを吟味して透過率の高い求人を紹介してくれるので、企業から内定をもらいやすいです。

転職希望者に入念なカウンセリングを行うことで、あなたに一番マッチした求人を見つけてくれるため、書類選考で落とされにくくなるんです。

転職活動は、時間も体力も消費するので、内定しやすい企業を選んで紹介してくれるのは大きなメリットですね。

実際に、通過率の高さを実感している利用者も多いようです。

評判|選考通過率が高かった

「書類通過率が高かった」「転職成功率が高かった」という口コミです。

ハイキャリアへの転職は難易度が高いですが、優秀なコンサルタントがサポートしてくれるJACリクルートメントなら、安心して転職活動を行えるでしょう。

メリット3.迅速な対応をしてくれるのでスムーズに転職活動ができる

JACリクルートメントは対応が早いので、転職活動をスムーズに進めることができます。

あらゆる問い合わせに「24時間以内に対応する」ことを徹底しているので、返信が遅くてイライラしなくていいのが嬉しいですね。

特に働きながら転職活動を行っている人にとって、 転職活動を進めやすいのは、それだけでも大きなメリットでしょう。

評判|動きが早くて助かった

口コミを見ても 、JACリクルートメントの対応の速さがうかがえます。

気になる選考の結果なども迅速に伝えてくれるので、転職活動を進めやすいですね。

スポンサーリンク

メリット4.サポートが充実していて面接の対策が立てられる

JACリクルートメントはサポートが充実していて、面接の対策も立てやすいです。

企業の内部情報をよく知るコンサルタントが対応してくれるので、「企業がどんな人材を求めているか」「履歴書にどのような内容を記載するべきか」を的確にアドバイスしてくれるでしょう。

きちんと対策を立てられれば、面接にも落ち着いて対応できますので、面接で失敗することもありません。

サポート内容に関しての口コミも多数上がっていたので、一部紹介します。

評判|親身になって対応してくれる

「親身になって対応してくれた!」「熱心に話を聞いてくれた!」といった口コミが多数見られました。

JACリクルートメントのコンサルタントは、 書類添削や面接対策だけではなく、転職時の悩みに対しても親身になって対応してくれますよ。

評判|面接対策が役に立った!

こちらは、「面接対策が役に立った」という口コミです。

実際に模擬面接をしたり、求人票には載っていない情報を教えてくれたり、 転職を成功させるサポートが充実していることを利用者も実感できているようです。

メリット5.外資系企業への転職に成功しやすい。

JACリクルートメントは外資系企業の転職に成功しやすいのも、大きなメリットです。

JACリクルートメントは元々イギリス発祥の企業ですので、10ヵ国の企業と取引があり、そこで培われた外資系企業への転職についてのノウハウが蓄積されています。

実際に、JACリクルートメントを利用して外資系企業に転職したという口コミもたくさん挙がっています。

外資系企業に転職しようとしている人にとって、実績が高い転職エージェントを使えるのは心強いですね。

評判|外資系の転職におすすめしたい

「外資系に行くならJACリクルートメントをおすすめしたい!」という口コミです。

実際にJACリクルートメントで海外勤務した経験がある人からも、良い評判が挙がっています。

3.登録前に知っておきたいJACリクルートメントのデメリット

ここまで、JACリクルートメントの良い面を中心に解説していきました。

しかし、 JACリクルートメントにはデメリットもあるので、利用前にはよく確認しておかなければなりません。

特に気をつけたいのが、以下2点です。

公式サイトだけでは確認できない内容なので、チェックを忘れないでくださいね。

では、こちらも実際に上がっている口コミも合わせて、順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

デメリット1. 転職市場価値が低いと案件を紹介されにくい

JACリクルートメントは、市場価値が低いとみなされると案件を紹介されにくいです。

専門職、技術職、外資系企業、管理職の求人に特化しているため、保有する案件に当てはまらなければ、コンサルタントから案件を紹介してもらえないので注意してください。

「市場価値が低い人」の基準は、年収500万円以下と捉えていただくと良いでしょう。

実際、JACリクルートメントの公式ページから求人検索を見ると、 「現在の年収」を記入する欄が、最低500万からしか記入できないようになっていることがわかります。

このように、 年収が低い人はJACリクルートメントのターゲットから外れているため、登録をしても求人を紹介されにくいことを知っておいてください。

自分の経歴にあまり自信がない人は、幅広い求人を保有する「リクルートエージェント」など、自分に合った転職エージェントを見つけて転職活動を進めましょう。

JACリクルートメントが向かない人におすすめの転職エージェントについては、記事の後半で詳しく解説しているので、こちらもご確認ください。

⇒「5-1.JACリクルートメントに向かない人が活用すべき転職エージェント

評判|年収が低いと対応がドライ

「塩対応された…」という口コミが挙がっていました。

JACリクルートメントは年収が低いと、ドライな対応をされることも実際にあるようです。

コンサルタント側も高い成果を出さなければならないので、より年収が高い転職希望者の方が優先順位が高くなってしまうのも納得できます。

もちろん、年収が低いからといって必ずしも対応が悪いわけではないので、一度登録して様子を伺ってみるのが良いですね。

評判|転職サポートを拒否される可能性がある

こちらは、「登録を拒否された」という口コミ。

このように、 場合によっては登録させてもらえないというケースもあるようです…。

年収が低いと相手にされないというのは少し悲しいですが、良い案件が揃っていることは間違い無いので、「自分は厳しいかな…」と思っている人も一度試してみてくださいね。

デメリット2.一度に紹介される求人の数が少なくて選択肢が少ない

JACリクルートメントは、ハイクラス向けの求人に特化している反面、紹介される案件数は少ないです。

通過率が高い案件だけを厳選して紹介しているのも、その理由の一つでしょう。

実際にJACリクルートメントを利用したことがある人は、紹介される案件が少なかったようです。

そのため、他の大手転職エージェントのように大量の案件から選ぶというやり方はできません。

評判|紹介される案件が少ない

JACリクルートメントの求人数は少ないと感じている方は、口コミでも多く上がっていました。

量より質で勝負していることがわかります。

4.結論!JACリクルートメントがおすすめな人

JACリクルートメントはハイキャリア層や外資系企業への転職に強く、コンサルタント・求人ともに質の高い転職エージェントです。

その一方で、詳細される求人が少ない、年収が低いと対応がドライになるデメリットもあります。

これらの 内容をまとめると、JACリクルートメントは次のような人が使うべき転職エージェントだと言えます

  • 英語あるいは別言語の能力がある人
  • 技術職など特定のスキルの知識が豊富な人
  • マネジメント経験がある人
  • 年収600万以上の人  

年収が低い人には対応が良くないとの口コミが多いので、現在600万円以上の年収であることが望ましいでしょう。

また、求人の質が高いので、求められるスキルも同じように高くなります。

ですので、 語学のスキルがある人 専門職、管理職についている人の利用をおすすめします。

スポンサーリンク

5.JACリクルートメントはこんな人におすすめできない

JACリクルートメントのおすすめな人について確認しましたが、 逆に言えば以下のような人にはおすすめできません

  • 年収が500万未満の人
  • 英語あるいは別言語の能力がない人
  • なるべくたくさん求人を見たい人

現在の年収が500万円に満たない人は、登録できない可能性があります。

また、利用者の口コミからわかるように、年収が500万未満の場合は登録できたとしても求人を紹介してもらいにくいでしょう。

加えて、JACリクルートメントは紹介してくれる求人の数が少ないので、 たくさんの求人から吟味して転職先を決めたい人にはおすすめできません。

5-1.JACリクルートメントに向かない人が活用すべき転職エージェント

JACリクルートメントに向いていない人は、エリア・年齢層・キャリア問わず幅広く求人を扱っている転職エージェントを使うべきです。

これらの条件に当てはまる転職エージェンを使いたいなら、以下3社の大手転職エージェントがおすすめですよ。

それぞれ順番に解説していきます。

JACリクルートメントと大手転職エージェントを併用しよう

ここで紹介している転職エージェントは、「JACリクルートメントがおすすめな人」も併せて利用することを推奨します。

大手の転職エージェントですので、ハイキャリアの案件も多数保有しています。そのため、JACリクルートメントの「紹介してもらえる求人が少ない」というデメリットを埋め合わせることが可能です。

転職エージェントは、2〜3つの業者を併用するのが一番賢い使い方ですので、ぜひ以下で紹介するエージェントの併用も検討してみてください。

求人数業界ナンバーワン|リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、20代~40代まで幅広い年代に向けた案件を揃えている、業界最大手の転職エージェントです。

求人数は業界最多の24万件。幅広い業種や職種の求人をカバーしており、リクルートエージェントで転職した60%の人が年収が上がったというデータも出ています。

求人数が多い分、自分の条件に合った求人を見つけやすいので、「たくさんの求人の中から自分好みの求人を選びたい」という人は登録必須の転職エージェントです。

サポートが充実の転職エージェント|doda

doda」はリクルートエージェントと並ぶ、業界大手の転職エージェントです。

年齢層・業種・性別問わず10万件以上の豊富な求人が掲載されています。

求人数はリクルートエージェントほど多くありませんが、業界全体で見るとトップクラスに求人が多いです。

また、dodaはコンサルタントの書類添削や面接対策も充実しており、転職が初めてでも安心なのも魅力的なポイント。

企業からの書類選考なしの面接が受けられる「面接確約オファー」や、非公開求人を優先的に受け取るスカウトメールなど、dodaならではのサポートが充実しています。

幅広く求人を見たい方や、コンサルタントからの手厚いサポートを受けながら転職を進めたい方は、登録しておくと損しませんよ。

地方在住でも安心|パソナキャリア

パソナキャリアは、転職活動者の満足を第一に考えて行動することを社員に徹底させている転職エージェントです。

手厚いサポートの評判が高く、これまでに25万人もの転職者のサポートを行い、年収アップ率は67.1%という実績も残しています

求人の数は約3万件です。リクルートエージェントやdodaに劣るものの、業界全体で見たら、決して少ないわけではありません。

さらに、上の2社とは異なり各都道府県に支店があり、地方転職者に向けたサポート体制が整っています。

親身なサポートを受けたい人・年収を上げたい人・地方にお住みの人におすすめの転職エージェントです。

6.JACリクルートメントに登録して仕事をもらうまでの全手順

JACリクルートメントを使って転職する手順は、以下5つのSTEPです。

いずれも、 難しいことはしなくて良いので安心してください。

それぞれのステップについて、順番に確認していきましょう。

スポンサーリンク

STEP1.基本情報の登録

JACリクルートメント」の公式サイトから、新規登録を始めます。

新規登録をクリックすると、 以下のフォームが出てきますので、それぞれの枠を埋めていきましょう。

現在(直近)の年収については、 手取額ではなく、源泉徴収票にある総支給額(税引き前の額面)をお書きください

基本情報の登録が完了したら、「職務経歴登録」の欄を記入していきます。

個人情報や職歴、年収を登録しますが、 経歴やスキル、TOEICの点数は偽らないようにしましょう。

職務経歴書に関しては、キャリアカウンセリングの際にコンサルタントと一緒に作成することも可能です。

続いて、希望職務地の記入です。

「伝えておきたいこと」の欄には「転職希望時期」を書いておくといいでしょう。

基本情報を登録すると担当のコンサルタントから連絡がくるので、そこで日程を調整してキャリアカウンセリングに臨みましょう。

STEP2.キャリアカウンセリング

コンサルタントから連絡が届いたら、キャリアカウンセリングを行います。

キャリアカウンセリングは電話でもできますが、できれば最寄りのオフィスに足を運んで、直接面談を行うのが良いでしょう。

カンセリングでは、希望する転職内容の聞き取りが行われるので、正直に答えてください。

詳しく希望条件を答えておくことで、あなたにピッタリの求人案内を紹介してもらいやすくなります

わからないことや相談事などもカウンセリングで伝えることができるので、気軽に話してみましょう。

STEP3.求人案内

個別カウンセリングで伝えた情報を元に、 担当コンサルタントからあなたに合った求人を案内してもらえます。

面接の日程調節などは、担当コンサルタントに任せることができるので安心です。

したがって、あなたは都合の良い時間を伝えるだけで良く、手間や時間がかかりません。

スポンサーリンク

STEP4.面接

決められた日程で面接を受けます。

企業をよく知るコンサルタントが面接対策をしてくれるので、面接対策も確実にできるはずです。

なので、落ち着いて面接に臨めますよ。

事前に不安な内容があれば担当者に聞いておきましょう。

STEP5.就業決定・アフターフォロー

面接で採用されたら、 就業決定です。

内定後のさまざまな手続きもJACリクルートメントが代行してくれます。

コンサルタントが要望を採用担当者に伝え、年収、入社時期等を調整してくれるので安心です。

初めての転職でも、担当者によるアフターフォローによって快適に働き始めることができます。

7.JACリクルートメントで転職を成功させる6つのポイント

ここからは実際にJACリクルートメントを使った転職を成功させるために知っておきたい6つのポイントを解説していきます。

JACリクルートメントは、使い方のコツを抑えると、 質の高い求人を優先的に紹介してもらえる可能性が高まります。

ここでは、そのための具体的なポイントを順番に解説していきます。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

ポイント1.最初の面談には必ず行く

JACリクルートメントのコンサルタントとの初回の面談には必ず行きましょう。

なぜなら、初回面談に行かないと優先的に求人を紹介してもらえなくなくなる可能性があるからです。

JACリクルートメントでは、新しい案件が入ったとき、最初の面談に来てくれた登録者から順番に連絡を届けるようにしています。

そのため、最初の面談に行くだけで、行かなかった登録者よりも多くチャンスをつかめるのです。

ポイント2.「なるべく早めに転職したい」と伝える

初回の面談に行った時は「できるだけ早く転職したい」という意思を伝えましょう。

JACリクルートメントは実力主義の外資系企業ですので、コンサルタントは日々売り上げに追われています。

そのため、 早めの転職の意思を伝えることでコンサルタントは、売り上げに繋がると考え、優先順位を上げてくれます。

ポイント3.スキルや経歴は正確な情報を伝える

スキルや経歴については正確な情報を伝えましょう。

一度転職サイトやエージェントに登録した情報は、こちらから消去を希望しない限り、残り続けてしまいます。

スキルや経歴に嘘をついてしまうと、もう一度サービスを利用する際に食い違いが生じて、コンサルタントに不信感をあたえてしまいます。

そうなれば、案件を紹介してもらえないどころか、登録を解除される可能性もあるので、注意してください。

スポンサーリンク

ポイント4.一度選考を受けた企業には応募しない

一度受けた企業には応募しないようにしましょう。

他の転職エージェントで一度選考を受けた企業に応募してしまうと、それを企業から知らされたコンサルタントに不信感を与えるだけでなく、破談になるケースがあります。

そのため、一度選考を受けた企業にもう一度応募してはなりません。

ポイント5.連絡はこまめにとる

コンサルタントとの連絡は、なるべくこまめに取ることを心がけてください。

なぜなら連絡を取っていない登録者は、「転職活動が終わった」とみなされるからです。

企業から新しい案件が来ると、JACリクルートメントのコンサルタントが社内システムで該当する登録者に検索をかけたときに、直近でコンタクトを取った登録者から順番に表示されていきます。

つまり、 同じ経歴の登録者がいても、こまめに連絡を取っていると案件を紹介されやすいということです。

ポイント6.推薦文を確認させてもらう

推薦文は必ず確認させてもらいましょう

コンサルタントから紹介してもらった企業に応募する際、コンサルタントが企業に対して推薦文を書いてくれます。

JACリクルートメントのコンサルタントは優秀なコンサルタントが揃っていますが、まれに雑な推薦文を作成するコンサルタントもいるので注意が必要です。

たとえば、誰にでも当てはまるようなテンプレの推薦文や、経歴をそのまま映した推薦文を企業に送られてしまうこともあります。

そのため、推薦文を送ってもらう時は「面接時に相違が出ないように、一度確認させていただいてもよろしいでしょうか?」と声をかけて、内容をチェックしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

8.JACリクルートメント以外のハイクラス向け転職エージェント

最後に、JACリクルートメント以外のハイキャリア向けの転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメントに 自分の思うような求人を紹介してもらうことができなかったり、他のハイキャリア向けの案件が見たい時のために登録することをおすすめします。

では、順番に解説していきます。

8-1.ビズリーチ

ビズリーチ」はJACリクルートメントと同様ハイキャリア向けの転職サイトです。

スカウトメールが届くだけの無料会員と、企業に自発的にも応募できる有料会員があります

登録すると企業やヘッドハンターから、面接確約のスカウトメールが来ます。

急ぎで転職活動をしていない人は、いったん無料で登録してみて、スカウトメールで自分の市場価値を見極めるのも良いでしょう。

本腰を入れて転職活動をするようでしたら、有料会員に切り替えて企業にアプローチしていきましょう。

8-2.キャリアカーバー

キャリアカーバー」もハイクラス向けの求人を多数取り揃えた転職エージェントです。

キャリアカーバーはビズリーチと同様に、登録すると企業やヘッドハンターから面接確約のスカウトメールがきます。

ビズリーチと違って完全無料なので、こちらもいったん登録してスカウトメールが届くのを待ちましょう。

急ぎではなくじっくり転職活動を進めたい人におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

語学のスキルがあって、管理職や専門職についている方で転職を考えているなら、「JACリクルートメント」を利用するべきです。

JACリクルートメントはハイキャリア向け、外資系を含めて多くの求人が掲載されています。

年収アップや待遇改善を見込める転職先を探すことも可能です。

コンサルタントの質が高くも不安なことが出てきても担当者に相談できます。

JACリクルートメントをうまく活用して 転職を成功させましょう。

  • スポンサーリンク