未経験で経営企画への転職は難しい?仕事内容や年収・成功させるコツを解説

Business situation, job interview concept.
一般転職

経営企画に転職したいけれども、本当に実現できるのか心配ではないでしょうか。

経営企画の求人次第では、実務未経験であっても転職可能です。

ここでは、経営企画への転職を成功させるポイントについて解説します。

また、経営企画の仕事内容や平均年収、活かせるスキル、おすすめの転職エージェントなども取り上げます。

このページを読むことで、経営企画について理解でき、転職できる可能性が高まるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

未経験でも経営企画になれるのか

未経験であっても、経営企画にキャリアチェンジすることは可能です。

なぜなら、経験不問で募集している会社もあるからです。

ここでは、未経験でも経営企画になれるのか、詳しく解説します。

経験不問で採用している会社はある

経験不問で、経営企画を募集している会社は少なくありません。

新たな事業を考えている企業や、海外進出を目指している会社であれば、経営企画を急募することが考えられます。

また、経営企画の経験がなくても、戦略立案やデータ分析のスキルなどを持っていれば、経験不問で採用してくれるケースもあるでしょう。

例えば、次の求人は、未経験でも経営企画を募集しています。

(参考:リクナビNEXT/2019年10月時点

他にも、さまざまな企業が未経験で経営企画を募集していますので、求人サイトをチェックしてみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 自分の思いや考えを伝えれば転職できるチャンスあり

    スキルに自信がない人で経営企画への転職を目指す場合は、自身の思いや考えを臆せず伝えられることをしっかりアピールしましょう。

    経営企画は会社の根幹に携わる仕事であり、ひとつの判断によって、会社の未来が変わるといっても過言ではありません。

    つまりプレッシャーの中で覚悟のある言動が求められるため、「会社をどういう風に成長させたいのか」という思いや考えを伝えられる能力は非常に重要です。

    経営企画にチャレンジしたい人は、会社の現状や未来に対しての思いや考えを適切に伝えられる訓練をしておきましょう。

    .経営企画に転職する前に知っておきたいポイント

    経営企画 転職

    経営企画に転職する前に、仕事内容や平均年収などを知っておきましょう。

    残業はどれぐらいするのか、将来性のある仕事なのか理解することも大切です。

    ここでは、こうした経営企画に転職する前に知っておきたいポイントを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 仕事内容

    会社によって異なりますが、経営企画の仕事内容は多岐に渡ります。

    • 会社の中長期計画や経営計画などの策定や立案、進捗管理
    • 事業などについて話す経営会議の運営
    • 内部統制手順や社内ルールなどの策定
    • 新規事業の立ち上げ
    • M&Aへの取り組み
    • 業務・事業提携の条件探り出し
    • 会議用資料の作成やデータ集計などの事務作業 など

    経営の根本に関わる業務以外にも、事務作業などを行うのが経営企画という仕事です。

    平均年収

    経営企画の平均年収は、599万円程度です。(参考:doda

    もちろん、会社や職歴などによって異なりますが、他の職種と比較しても高いと言えるでしょう。

    歳を重ねるほど年収がアップしていきますが、中小企業で働いている場合、さまざまな役割を与えられがちです。

    年収に見合う企業であるかどうかは、企業口コミサイトなどで事前に情報を集めておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 残業時間は多いのか

    残業時間は、約25時間と言われています。

    年間休日数は約120日とも言われ、他の職種に比べると、残業時間は多めで、年間休日は少なめです。

    もちろん、残業時間や年間休日は所属する会社によって異なりますが、メリハリをもって仕事すれば、労働時間短縮も夢ではありません。

    将来性のある仕事なのか

    海外進出を目論んでいる企業が増加傾向にあるため、経営企画は将来性のある仕事だと言えます。

    なぜなら、海外進出を進める企業は海外企業との業務提携やM&A取引を目指しているため、専門家である経営企画のスキルを持つ人材を求めているからです。

    社会状況やビジネスシーンのトレンドによって、求められるパフォーマンスは異なりますが、スキルアップしていけば、安定した収入を得られるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • .経営企画に転職する際に必要なスキル

    経営企画 転職

    経営企画に転職する際、数字処理能力の強さや発想力を求められます。

    他にも、コミュニケーション能力やマーケティング能力・経験が必要でしょう。

    ここでは、経営企画に転職する際に必要なスキルを紹介します。

    数字処理能力の強さ

    経営企画には、データ分析のスキルが欠かせません。

    計画を策定する際、各部門から提出された予算を分析し、その数値が適切なのか検討します。

    計画がスタートしてからも、予算と実績をチェックしながら、さまざまな対策を講じなければなりません。

    会計学や統計学などを学べば、データ分析に必要な数字処理能力などを磨けるでしょう。

    発想力

    会社によっては、新しいことを生み出せる発想力も求められます。

    なぜなら、新たなアイデアによって、会社が成長するかもしれないからです。

    小規模な企業の場合、いくつもの案件を同時に回せる能力も必要です。

    経営企画は、事務職のような典型的なバックオフィス業務ではないと認識しておきましょう。

    コミュニケーション能力

    コミュニケーション力は、経営企画のようなバックオフィスにおいても重要です。

    予算調整、プレゼンテーション、経営会議といった経営企画の業務内容で、コミュニケーション力は武器になるからです。

    また、大きなプレッシャーがかかる経営企画の業務において、理解のある経営陣と信頼関係を結ぶことも大切になります。

    コミュニケーション能力が弱い場合、業務が滞ってしまう可能性もありますので、この機会に磨いておきましょう。

    マーケティング能力や経験

    マーケティングは、リサーチやデータ分析、戦略などを手掛ける仕事です。

    この業務は、経営企画の仕事内容に類似しています。

    現在、マーケティングを担当している人は、その経験や知識を活かせるでしょう。

    他にも、コンサルタントや経理財務、営業などの職種経験を役立てられます。

    .経営企画への転職を成功させる方法

    経営企画 転職

    経営企画にジョブチェンジしたい人は、自身の能力や志望動機を明確にして、経営者視点の考え方をアピールするよう努めましょう。

    よりスムーズに転職したい人は、転職エージェントを利用してください。

    ここでは、こうした経営企画への転職を成功させる方法について、詳しく解説します。

    能力や志望動機を明確化する

    履歴書作成や面接において、どんな経験や能力を持った人材なのか、しっかりと伝えることは大切です。

    また、会社が求めている人材に合わせるために、求人情報の求める人物像をチェックしておきましょう。

    志望動機をまとめるときも、自分の能力を明確にしていなければ、内定をもらえるような内容に仕上げられません。

    つまり、転職活動を始める前に、自己分析は必須のプロセスとなります。

    経営者視点の考え方ができることをアピールする

    経営企画は、経営者視点を持てるかどうか問われる職業です。

    会社全体を見通す力がなければ、経営企画は天職だとは言えません。

    そのため、転職活動を進める際に、「経営者視点の考え方ができること」をアピールしましょう。

    会計に関する知識や論理的思考力などがあることも伝えると、より魅力的な人材に見られます。

    転職エージェントを活用する

    転職エージェントを使うと、スムーズに転職活動を進められます。

    なぜなら、転職エージェントは、求人を紹介してくれたり、面接の対策をしてくれたりするサービスだからです。

    さらに、企業に条件交渉してくれて、しかも登録・利用ともに無料という特徴もあります。

    適切なアドバイスをくれるプロの転職アドバイザーが支援してくれるため、利用して損することはありません。

    .おすすめの転職エージェント

    転職エージェントの中から自分に合ったものを見つけられれば、経営企画に就ける可能性が高まります。

    それほど、転職エージェントのサービスは充実しています。

    ここでは、経営企画への転職におすすめの転職エージェントをいくつかピックアップしました。

    質の良い求人を見たい人は「MS-Japan」

    MS-Japan

    MS-Japan」は、管理部門の求人に強みを持つ転職エージェントです。

    管理系の求人が非常に多く質も良いため、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

    コンサルタントも専門領域ごとに配置されているため、悩みを相談しやすいです。

    年収を上げたい人は「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント

    JACリクルートメント」は、年収600万円以上の求人の取扱や転職支援に強みを持った転職エージェントです。

    外資系や大手企業に入社して年収を上げたい人にとって、最適なサービスの一つです。

    また、マンツーマンのサポート体制になっており、転職に役立つ細かい情報も伝えてくれます。

    異業種から転職したい人は「クライス&カンパニー」

    クライス&カンパニー

    クライス&カンパニー」は、異業種からの転職に最適な転職エージェントとして知られています。

    ハイクラス向けの求人も取り揃えているサービスで、大手企業も網羅しています。

    さらに、業界の中でも、コンサルタントの質が高いと評判です。

    まとめ

    若手でも未経験でも、経営企画に転職可能です。

    経営企画は、高いスキルを求められる職種ではありますが、年収も高めで、仕事のやりがいも大きいでしょう。

    そんな経営企画への転職を成功させるポイントは、次の通りです。

    1. 自身の能力を明確に伝える
    2. 志望動機も入念に考える
    3. 転職エージェントを使う

    転職をスムーズに進めたい人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    中でも、「MS-Japan」、「JACリクルートメント」、「クライス&カンパニー」は、非常に使いやすいです。

    専門アドバイザーに相談して、経営企画へのキャリアアップを目指しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県