金融業界におすすめの転職エージェント8選!利用すべき理由や活用法も紹介

一般転職

金融業界への転職成功確率を高めたいのなら、手厚いサポートを受けられる「転職エージェント」の利用がおすすめです。

ただ、転職エージェントにはたくさんの種類があるので「どれを選べばいいか分からない」と迷ってしまうことも多いですよね。

そこで今回は、金融業界への転職に強いエージェントを8社厳選して紹介します

エージェント名 特徴
マイナビ金融エージェント 専門知識が豊富
ビズリーチ 高収入案件が多い
リクルートエージェント 圧倒的求人数
Spring転職エージェント カウンセリングの質が高い
JACリクルートメント ハイクラス求人が充実
マイナビエージェント 20代の転職に強い
パソナキャリア 未経験からの転職におすすめ
doda サポートが手厚いと評判

記事後半では転職エージェントを活用するポイントなども解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

転職のコツを掴み、金融業界への転職を成功させましょう。

スポンサーリンク

1.金融業界への転職に『転職エージェント』を活用すべき理由

まずは、金融業界へ転職する際にエージェントを活用すべき理由について解説していきます。

一人よりも効率良く転職活動を進められるので、転職の際には「転職エージェント」をしっかり活用していきましょう。

プロのコンサルタントによるサポートが受けられる

転職エージェントは、転職を成功に導くプロのコンサルタントです。

金融業界を専門に扱うコンサルタントが在籍している転職エージェントもあり、ネットなどでは入手できない情報も多く得られます。

金融業界や企業の内部事情を教えてもらうことで、ミスマッチのない転職を実現できますよ。

また、書類の添削サービスや面接対策等のサポートも受けられるので、効率良く転職活動を進めることが可能

未経験で金融業界への転職を考えているのであれば、内定獲得率を高めるためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 非公開求人をチェックできる

    転職エージェントには、一般に公開されていない「非公開求人」も豊富です。

    非公開求人は「一般に公開すると応募が殺到する」と予測される案件であり、企業があえて非公開にしているケースが多いです。

    好条件の案件も多いため、積極的に非公開求人をチェックすることで、希望にマッチする求人を見つけやすくなりますよ。

    2.金融業界に強い転職エージェント3選

    ここでは、金融業界への転職に強い転職エージェントをご紹介していきます。

    転職エージェント名 特徴

    マイナビ金融エージェント

    マイナビ金融エージェント
    • 金融業界出身のコンサルタントが多数在籍
    • 金融業界への転職事例も豊富

    ビズリーチ

    ビズリーチ
    • 定評のある質の高い転職サポート
    • スカウトメールで思いがけない求人に出会える

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント
    • 業界トップクラスの求人数
    • 転職実績が豊富なので業界未経験でも安心

    専門的なサポートを希望するなら「マイナビ金融エージェント」

    マイナビ金融エージェント」は、金融業界の求人に特化した転職エージェントです。

    在籍するコンサルタントは、大手メガバンク出身者など金融業界の出身者が中心なので、金融業界への転職に必要な情報をしっかり得られますよ

    金融機関の求人だけでなく、大手事業会社などへの転職も紹介してもらえるので、これまでの経験を活かしてさらなるキャリアアップを目指す方にもおすすめです。

    運営会社 株式会社マイナビ
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 約20,000件(2020年2月時点)
    非公開求人数  約21,000件(2020年2月時点)
    公式サイト https://mynavi-agent.jp/finance/
  • スポンサーリンク

  • 高収入案件を希望の方は「ビズリーチ」

    ビズリーチ」は、高収入が見込めるハイクラスの求人案件を豊富に扱う転職エージェントです。

    ビズリーチのコンサルタントは、他の転職エージェントとは異なり、有料会員でないと相談等をすることができません。

    しかし、コンサルタントの質は非常に高いことで定評があります

    金融業界での年収アップ、キャリアアップを本気で狙っているなら、「ビズリーチ」に登録することをおすすめします。

    公募求人への応募やプラチナスカウトの受信は無料会員でも可能なので、まずは無料会員に登録してみてはいかがでしょうか?

    運営会社 株式会社ビズリーチ
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 127,000件(2020年2月時点)
    公式サイト https://bizreach.biz/
    詳しくは「ビズリーチの解説記事」をご覧ください。

    たくさんの求人をチェックするなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、非公開求人も含めて業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

    金融・保険業界の求人数だけで、非公開求人も含めて約13,000件。

    求人数が豊富なだけでなく、コンサルタントも転職実績の経験が豊富なため、初めての転職でもしっかりとしたサポートが受けられます

    未経験で金融業界への転職を検討している方やたくさんの求人から比較して転職先を決めたい方には、非常におすすめの転職エージェントです。

    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 約168,000件(2020年2月時点)
    非公開求人数 約162,000件(2020年2月時点)
    公式サイト https://www.r-agent.com/
    詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご覧ください。
  • スポンサーリンク

  • 3.外資系金融業界への転職に強いエージェント2選

    次に、外資系金融業界への転職に強いエージェントをご紹介していきます。

    転職エージェント名 特徴

    Spring転職エージェント

    spring転職エージェント
    • 外資系企業を中心とした求人数が豊富
    • 金融業界を専門とするコンサルタントの支援が受けられる

    JACリクルートメント

    JACリクルートメント
    • ハイクラスの求人に特化している
    • 在籍するコンサルタント数は業界でもトップクラス

    質の高いキャリアカウンセリングを受けるなら「Spring転職エージェント」

    Spring転職エージェント」は、世界的にも最大規模を誇る人材サービス企業であるAdecoグループの転職エージェントです。

    在籍するコンサルタントはそれぞれが専門領域を持っており、金融業界を専門に扱うコンサルタントの支援が受けられるため、質の高いキャリア相談が可能です。

    様々な国籍のコンサルタントが在籍しているので、外資系金融機関での文化や商習慣など、日本人では把握しきれない密度の濃い情報が得られるでしょう。

    運営会社 アデコ株式会社
    対象地域 首都圏/関西/東海
    公開求人数 約54,000件(2020年2月時点)
    非公開求人数 約37,000件(2020年2月時点)
    公式サイト https://www.springjapan.com/
    詳しくは「Spring転職エージェントの解説記事」をご覧ください。
  • スポンサーリンク

  • ハイクラス求人を中心に探すなら「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント」は、イギリス発祥の転職エージェントで外資系企業を中心に管理職や役員クラスの求人を多数扱っています。

    在籍するコンサルタントは750名と、業界でも最大規模の人数で業界出身者などが中心です。

    金融業界に精通しているコンサルタントが対応してくれるので、金融業界で働くうえでの必要な情報などを幅広く得られるでしょう。

    管理職を経験されている方や幹部候補として転職を検討している方は、登録すべき転職エージェントです。

    運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 約15,000件(2020年2月時点)
    非公開求人数 求人全体の60%
    公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/
    詳しくは「JACリクルートメントの解説記事」をご覧ください。

    4.若手で金融業界を目指したい方におすすめの転職エージェント3選

    若手で金融業界を目指したい方には、以下の転職エージェントがおすすめです。

    転職エージェント名 特徴

    マイナビエージェント

    マイナビエージェンント
    • 20代・30代向けの求人が多数
    • 大企業から中小企業まで求人の幅が広い

    パソナキャリア

    パソナキャリア
    • 女性のサポート体制が充実している
    • 求人の質の高さに定評がある

    doda

    doda
    • 素早く細かいサポート体制
    • 経歴に不安があってもしっかり対策してくれる

    20代で金融業界への転職を目指す方は「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント」は、20代・30代・第二新卒の転職に強いエージェント。

    マイナビ金融エージェントと同じく「株式会社マイナビ」が運営しているエージェントですが、金融に特化しているわけではなく、幅広い業種の求人があります。

    とくに若い世代の転職実績が豊富なので、「異業種から金融業界にチャレンジしたい20代」におすすめです。

    手厚いサポートを受けられるので、初めての転職でも安心ですよ。

    運営会社 株式会社マイナビ
    対象地域 全国・海外
    求人数 112,965件(2020年2月時点)
    非公開求人数 求人全体の80%
    公式サイト https://mynavi-agent.jp/
    詳しくは「マイナビエージェントの解説記事」をご覧ください。

    未経験で金融業界へ転職を目指すなら「パソナキャリア」

    パソナキャリア」の求人は業界でもトップクラスの質の高さとして評判が高く、コンサルタントによるサポートも手厚いので転職活動を安心して進められます。

    特に、女性へのサポートに力を入れており、女性ならではの転職の悩みなども気軽に相談できる環境があります。

    面接対策や書類対策だけでなく、レスポンスの早さにも定評があるため、心強いサポートが期待できますよ

    転職が初めて選考に不安のある方は、「パソナキャリア」を利用することで安心して転職活動を進められるでしょう。

    運営会社 株式会社パソナ
    対象地域 全国・海外
    求人数 約41,000件(2020年2月時点)
    非公開求人数 求人全体の80%
    公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
    詳しくは「パソナキャリアの解説記事」をご覧ください。

    細かいサポート受けながら転職活動を進めたい方は「doda」

    doda」は、豊富な求人数だけでなく、求職者への素早い対応や面接対策など細かなサポートに定評がある転職エージェントです。

    職歴に不安がある方や転職が初めてで進め方が分からない方でも、コンサルタントが丁寧にサポートしてくれるので安心。

    転職活動が初めての方は、最初に登録しておいて損のない転職エージェントです。

    転職サイトとしても利用できますので、まずは気軽に無料登録してみてくださいね。

    運営会社 パーソナルキャリア株式会社
    対象地域 全国
    求人数 約100,000件以上(2020年2月時点)
    公式サイト https://doda.jp/
    詳しくは「dodaの解説記事」をご覧ください。

    5.転職エージェントを活用した転職までの流れ

    ここでは、転職エージェントを活用した転職までの流れを簡単にご紹介します。

    ①転職エージェントへの登録

    まずは、各エージェントの公式サイトから会員登録を行います。

    登録自体は無料の転職エージェントがほとんどなので、気軽に登録してみましょう

    登録された情報を元に、転職エージェントからキャリアカウンセリング(面談)の案内がくるので、日程を確定します。

    ②キャリアカウンセリング

    担当者との面談では、これまでの経歴や職歴、現在の状況などを聞かれます。

    ここで、ご自身の希望する業界や職種などを伝えつつ、譲れない条件やどのような環境で働きたいかなどを伝えましょう。

    ③転職情報の提供

    面談で得た情報を元に、担当のコンサルタントが転職情報を探し提供してくれます。

    基本的には電話でのやりとりとなりますが、就業中などで電話に出られないケースもあるでしょう。

    電話ではなくメールでやりとりを行いたい場合は、事前に「メールでの連絡を希望する」と担当者に伝えておくことをおすすめします。

    また、気に入った求人があればそのまま応募することも可能。

    応募書類の添削や面接対策なども実施してくれるので、しっかり活用して不安要素を払拭してしまいましょう。

    面接などの日程は全て担当のコンサルタントが話を進めてくれるので、忙しい方でもスムーズに転職活動を進められますよ。

    ④面接・内定

    面接から内定までの流れは、担当のコンサルタント経由で確認します。

    内定をもらった場合、入社日や給与などの待遇など働くうえで必要な条件についても、担当のコンサルタントが交渉してくれます

    1から10まで転職活動をサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。

    6.金融業界への転職を成功させる!エージェントの使い方

    ここでは、転職エージェントを利用する際のポイントや注意点を解説していきます。

    ただ登録するだけでは十分に活用できないので、以下のポイントをしっかり押さえて利用しましょう。

    複数の転職エージェントを利用する

    複数の転職エージェントに登録することで、次のようなメリットがあります。

    • 多くの求人をチェックすることで希望に合った求人を見つけやすくなる
    • それぞれのコンサルタントから、違った視点での意見がもらえる
    • 相性の良いコンサルタントに出会える確率が高まる

    ただし、あまり多くの転職エージェントに登録すると連絡のやりとりが煩雑になってしまうので、2〜3社程の利用がおすすめです

    <複数利用の注意>

    転職エージェントを複数利用する場合は、複数から同じ求人に応募しないよう注意してください。

    複数のエージェントから同じ求人に応募した場合「企業と転職エージェント」「他社のエージェント間」でトラブルが発生するリスクがあります。

    「応募するのは○○エージェントから!」など、管理を徹底しましょう。

    経歴・スキルは正確に伝える

    これまでの経歴やスキルなどは漏れなく伝えましょう。

    稀に、学歴や経歴などをしっかり伝えず、コンサルタントや転職先との間でトラブルになるケースもあります。

    また、エージェント側が求職者の情報を正確に把握しておくことで求人紹介を進めやすくなるので、経歴やスキルは漏れなく明確に伝えるようにしてください

    担当者との連絡は密に行う

    担当するコンサルタントとは密に連絡を取ることで、信頼関係を築けます。

    あまり連絡を取らないと、転職活動に対してあまり前向きでない印象を与えてしまいますので、しっかり連絡するようにしましょう。

    最低でも2週間に1回くらいの頻度で連絡を取るようにしてくださいね

    求人サイトなども使いながら自身でも情報収集を行う

    転職エージェントに集まる求人情報だけが全てではありませんし、コンサルタントも全ての求人情報を把握できる訳ではありません。

    可能であれば、自分自身でも求人サイト等から情報収集をするようにしてください。

    求人情報から得られるフィーリングなど、あなたしか分からない情報もあります

    求人情報などから希望に近い案件を収集しておけば、その情報を元に求人を探してもらうこともできますよ。

    転職エージェントに任せきりにしない

    転職エージェントは、あなたが活動できない時間に情報収集や転職先企業とのやりとりなどを行なってくれます。

    頼れるエージェントですが、情報収集を任せきりにするのはNG。

    自分でも積極的に情報を集めるようにしましょう

    転職エージェントは、あくまでも転職のサポートをする立場です。

    転職を成功させるためには、自ら転職活動を進める姿勢も重要ですよ。

    担当者との相性が合わない場合は変更を

    求職者とコンサルタントとの相性が必ずマッチするとは限りません。

    担当のコンサルタントと相性が合わないと感じた場合は、遠慮せずに変更してもらいましょう

    以下に良いコンサルタントの見極め方をまとめたので、参考にしてください。

    <良いコンサルタントの見極め方>

    • 希望する条件をしっかりと理解してくれる
    • 求人を勧める理由をしっかり説明してくれる
    • 親身にキャリア相談にのってくれる
    • 場合によっては転職をしないという選択肢も提示してくれる

    相性の合うコンサルタントを見つけることで、よりスムーズに転職活動を進められますよ。

    7.転職に関するよくあるQ&A

    ここでは、転職に関するよくあるQ&Aをまとめてみました。

    転職活動の参考にしてみてくださいね。

    Q1.非公開求人ってどのくらいあるの?

    扱っている非公開求人の数は転職エージェントによっても異なりますが、転職エージェントが扱っている求人の8割〜9割は非公開求人といわれています。

    求人数の割合

    (参照:リクルートエージェントHP

    非公開求人には好条件の案件も多いので、ぜひ積極的にチェックしてみてくださいね。

    Q2.転職エージェントを利用した人の実際の声が知りたい

    ここでは、実際に転職活動した方の声をご紹介していきます。

    エージェントを上手に活用すれば、転職活動の強い味方となってくれます。
    ぜひ本記事の情報を参考に、自分にぴったりの転職エージェントを見つけてくださいね。

    Q3.未経験でも金融業界に転職できる?

    未経験でも金融業界に転職することは可能です。

    ただし、異業種への転職活動を一人で進めてしまうと、ポイントが分からずどうしても効率が悪くなってしまいます。

    未経験から金融業界への転職を目指す場合は、「転職エージェント」をフル活用することを強くおすすめします

    転職エージェントをフル活用して、効率的に転職活動を進めるのが「転職の成功確率を上げる近道」といえるでしょう。

    まとめ

    今回は、金融業界におすすめの転職エージェントを8社ご紹介しました。

    <金融業界に強い転職エージェント3社>

    <外資系金融業界に強い転職エージェント2社>

    <若手で金融業界を目指したい方におすすめの転職エージェント3社>

    今回ご紹介した転職エージェントは、いずれも金融業界への転職に強いエージェントです

    以下のポイントを押さえて転職エージェントをしっかりと活用し、金融業界への転職成功確率を高めましょう。

    1. 一つの転職エージェントに絞らない
    2. これまでの経歴などはしっかり伝える
    3. 担当者との連絡は密に行う
    4. 求人サイトなども使いながら自身でも情報収集を行う
    5. エージェントに任せきりにしない
    6. 担当者との相性が合わない場合は変更してもらう

    転職エージェントの登録は無料なので、まずは気軽に利用してみてくださいね。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?