工場の転職難易度は?未経験から正社員になるための方法・志望動機を解説

一般転職

「未経験から工場に転職したい」「40代だけど工場で働きたい」という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に転職先として思い浮かぶ仕事の一つが「工場勤務」だといえます。

もしかしたら、未経験から工場の仕事にキャリアチェンジするのは難しいというイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、今は工場の有効求人倍率が高く、ポイントを押さえて転職活動を進めれば、転職を成功させることは難しくありません。

この記事では、工場への転職難易度、志望動機や方法などを徹底解説します。

最後まで読んでいただければ、きっと工場へ転職するための参考になるはずです。

スポンサーリンク

1.工場の転職事情

まずは、工場への転職を考える上で重要な「転職事情」についてチェックしていきましょう。

転職活動の進め方としては、ハローワーク、フリーペーパー、転職サイト、転職エージェントを利用するのが基本となります。

ただし、工場の仕事が初めてである場合は、すぐに転職活動に入るのではなく、先に工場の転職事情を把握しておくことが大切です。

特にこれから紹介する3つの点に着目すれば、転職活動の方向性が見えてくるはずです。

転職難易度は平均的

工場への転職難易度は、そこまで難しくはなく、平均的。

厚生労働省の資料によると、2019年4月現在の製造業の有効求人倍率は1.73倍となっています。(参考:厚生労働省 職業別一般職業紹介状況)

例えば、誰もが知っている大手工場に関しては、待遇や福利厚生が手厚いため、中小の工場に比べて競争率が高くなっています。

一方、中小は大手に比べて待遇や福利厚生が不安定というイメージを持つ人もいて、なかなか応募者が集まらない企業も存在します。

このように企業規模により転職難易度に差はありますが、製造業全体で見れば、難易度は他業種と比べても平均的だといえます。

中小であっても財務基盤がしっかりとした優良企業はたくさんあります。

知名度に踊らされることなく、しっかりと企業研究をして転職活動を進めるようにしてください。

  • スポンサーリンク

  • 30代・40代も受け入れてくれる業界

    工場をはじめとした製造業は、30代・40代も受け入れてくれる業界のひとつです。

    工場の有効求人倍率が高いのは、「受注状況が良いから」という前向きな理由だけでなく、求人を実施している企業から30代〜40代といった働き盛りの人材が流出しているという現実もあります。

    日本の企業では、長年続いた年功序列型の体制から実力主義型へと変化を見せていますが、長く安定的に工場運営するために年齢構成のバランスを重視する企業も多く存在します。

    よって、年齢構成のバランスを保つため、流失した30代〜40代の人材を確保しようとしている動きがあります。

    社会経験を持った30代~40代のキャリアチェンジでも受け入れられやすい業界であることは間違いありません。

    未経験でも働ける

    工場では、未経験でも働ける環境が整っています。

    「人材を確保したものの教育ができず、人が定着しない」といった悩みが多い工場では、人が定着するようしっかりと業務マニュアルが用意されているのです。

    そのため、未経験でもスムーズに仕事を行うことができますよ。

    また、中途入社してくる方も未経験が多いため、「自分だけが未経験」というコンプレックスを感じることなく仕事を始められるのは間違いありません。

  • スポンサーリンク

  • 2.工場に転職するメリットとは?

    工場に未経験で転職することには、当然のようにさまざまな面で不安がつきまといます。

    仕事内容、待遇、人間関係など、考えるとキリがありませんが、工場で働くことによって得られるメリットもたくさんあります。

    次からは工場に転職するメリットを3つご紹介いたします。

    各種手当で収入が高くなることも

    未経験から工場勤務を始めるとなると、初任賃金はどうしても低く設定される傾向があります。

    しかし、入社した工場がフル稼働していれば、残業、休日出勤の機会も多く、手当が基本給を上回る可能性もあります。

    工場勤務は、他職種に比べて手当の種類が多く、働いた分だけ手当をもらえることから想定していた収入以上になる可能性があります。

  • スポンサーリンク

  • 対人関係のストレスが少ない

    工場勤務は対人関係のストレスが少ないのもメリットだといえます。

    もちろん、人と接することが全くないとわけではありませんが、営業職や事務職などに比べれば、その割合は、はるかに低くなります。

    これまで人間関係に苦労してきたかた方やお客様の都合に合わせて仕事をしてきた方にとっては、自分の仕事だけに集中できるというメリットがあります。

    勤務時間が規則的で計画を立てやすい 

    工場は残業や休日出勤があったりするものの、サービス残業が少なく、何もなければ定時での出勤・退勤が基本です。

    また、休日出勤をすれば、手当で支給してくれるか、平日に代休を取得することも可能です。

    したがって、家族の看病や介護という問題を抱えている人にとっては、時間を決めて行動しやすい環境です。

    もし、今の職場が時間的に不規則である場合は、大きなメリットを感じることができるはずです。

  • スポンサーリンク

  • 3.工場への転職で覚悟しておくべきこと 

    先に工場へ転職することのメリットをご紹介しましたが、逆に覚悟が必要な部分もあります。

    その点をあらかじめ押さえて、自分の中で受け入れることができるかをチェックしておかないと、ギャップを感じ感じたり、悩んだりして早期離職にも繋がりかねません。

    転職を考える前に受け入れる覚悟があるかチェックしてみてください。

    体力的にきつくなる

    工場では一日中機械のペースに合わせて作業をしたり、重いものを持ち運びしたりと体力を使う場面が多くあります。

    また、残業が続いて長時間労働になったり、シフト勤務や休日出勤で生活のリズムが崩れたりと、体力的にきつくなるケースも出てきます。

    いくら体力に自信があっても、毎日、体力を使い続ける仕事ができるのかをしっかりと覚悟しておく必要があります。

    待遇が低くなる可能性がある

    いくら他業種や他職種で経験が豊富であったとしても、キャリアチェンジの人に今までと同じ給料を支払うケースは少ないといえます。

    なぜなら、同じ年代で新卒入社した方と同じ待遇を用意すれば、その方たちからの不満が出かねないからです。

    したがって、工場転職の初年度は新卒賃金より少し多いぐらいの給料しかもらえないかもしれないことは覚悟しておく必要があります。

    ただし、残業や休日出勤に対応すれば、年収がアップする可能性がありますし、他の人より早く仕事を覚えることができるかもしれません。

    将来の年収アップの時期まで我慢できるか、考えてみてくださいね。

    幅広い年齢層とのコミュニケーション

    工場に限ったことではありませんが、職場には男女を問わず幅広い年齢層の人が勤務しています。

    場合によっては、自分より年下の上司や先輩と仕事をするケースもあります。

    もちろん、会社での立場が上であっても、年上の人に失礼な対応をする人は少ないですが、ときには感情的になることもありますので、そのような環境で働くことを覚悟が必要です。

    新しい職場では、謙虚にのぞむことがコミュニケーションを取る上で大切になります。

    4.工場未経験で面接を乗り切る志望動機

    工場の転職状況は良好だとはいえ、満足できる転職を実現させるには、面接が大切になってきます。

    そこで必ず質問されるのが、「退職理由」「応募企業への志望動機」「自身のPRポイント」になります。

    これらの質問には必ず答える必要があります。

    次からはどのような点に注意すればよいのかをご紹介していきます。

    納得してもらえる退職理由を

    退職理由の中には「資格取得」「新たなことに挑戦」という前向きな理由もあれば、「前職の仕事が合わなかった」「待遇に不満があった」など、後ろ向きな理由も存在します。

    もし、「仕事が合わなかった」という理由である場合、綺麗に取り繕うのではなく、「自身の選択が誤りだった」という反省の姿勢を伝え、その反省を踏まえた上で転職活動に臨んでいるという流れにしなければなりません。

    前向きであれ、後ろ向きであれ、面接官が納得するような流れにしていきましょう。

    未経験でも豊富な社会経験をアピール

    工場に未経験で転職する場合、技術的な面ではアピールできません。

    確かに技術面でアピールできるのが一番ですが、工場ごとによって扱う機械・製品が全く異なりますので、引け目に感じる必要はありません。

    そこで大切になってくるのがこれまでの社会経験です。

    技術的な経験はなくても、例えば、「リーダーとしてプロジェクトをまとめた」「新人の育成経験」などの前職でプラスになると思われる部分は必ずアピールしましょう。

    職種が全く違えども、実績を残したプロセスは重視されることになります。

    応募企業のことは全く関係ないと思わずにどんどんアピールするようにしましょう。

    最後は自身が応募企業の利益になると締める

    志望動機は、「なぜ応募企業なのか」をしっかりと語ることが大切です。

    しかし、それだけでは自身の想いを伝えるだけになってしまいます。

    自分のアピールポイントや価値観が応募企業に合致していて、入社してすぐに実現できなくても、将来的には応募企業の利益に結び付くという流れにできれば、必ず採用担当者は評価してくれるはずです。

    5.おすすめの工場系転職エージェント

    工場への転職を考えるのなら、転職エージェントの利用が不可欠だといえます。

    転職エージェントというとキャリアアップのイメージが強いですが、未経験でも受け入れてくれるキャリアチェンジに強い転職エージェントがいくつか存在します。

    その中で代表的なものを3つご紹介します。

    転職期間中は何かと不安がつきまとうものです。

    転職支援サービスを利用して、少しでも不安を解消しながら転職活動を進めてください。

    未経験からの転職なら「メイテックネクスト」

    メイテックネクスト

    メイテックネクスト」は、株式会社メイテックネクストが運営する製造系エンジニアに強い転職エージェントです。

    転職支援コンサルタントも半数以上がメーカーの技術系出身で、技術者ならではの悩みやニーズを熟知していることから、エンジニアの視点でキャリアを深く分析し、本当の適職を提案してくれます。

    また、日本を代表する大手企業から、規模は小さいが業績と技術に優れた企業まで、製造系の求人が常に約10,000件あり、「メイテックネクスト」にしか募集が出ていない独占求人も多数保有していることから、工場を目指す方に強くおすすめできる転職エージェントです。

    初めての転職なら「マイナビエージェント×モノづくり」

    マイナビエージェント×モノづくり

    マイナビエージェント×モノづくり」は、株式会社マイナビが運営する、ものづくりに強い転職エージェントです。

    ものづくり・メーカーの転職市場に精通したキャリアアドバイザーと企業への営業担当として各企業と太いパイプを持つリクルーティングアドバイザーがチームとなり、転職活動の全てにわたってサポートを行ってくれます。

    「マイナビエージェント」は、マイナビの豊富なリソースを活かし、非公開の独占求人も多数抱えていています。

    特に20代からの支持が高い転職エージェントであることから、経験には乏しいけど、工場で新たにキャリアを積み重ねたいと考えている方にはおすすめできます。

    派遣の仕事を考えているなら「ランスタッド」

    ランスタッド

    ランスタッド」は、全国に拠点ネットワークを持つ世界最大級の総合人材サービス会社です。

    派遣だけでなく、アルバイト募集から新卒の就職支援、人材紹介まで、幅広い職種や働き方に対応しています。

    特に工場系の求人には強く、製造経験を活かして働ける求人から未経験でもチャレンジしやすい求人まで全国各地で募集されています。

    また、工場で働くことに不安がある方については、紹介予定派遣という働き方にも対応してくれます。

    これは数ヶ月程度、派遣社員として勤務した後、勤務評価を経て、その企業で正社員として採用してもらえる働き方です。

    少し工場のことを知ってから働きたいと考える方は、派遣・紹介予定派遣にも対応してくれる「ランスタッド」がおすすめです。

    まとめ

    ここまで工場の転職難易度や面接の際の志望動機などをご紹介してきました。

    工場勤務には覚悟が必要な部分があるものの、メリットが多いこともご理解いただけたと思います。

    • 各種手当で収入が高くなることも
    • 対人関係のストレスが少ない
    • 勤務時間が規則的で計画を立てやすい 

    その点を踏まえて、転職支援サービスの力も借りれば、必ずやキャリアチェンジに成功できるはずです。

    転職して「こんなはずではなかった」とならないためにも、納得できるまで工場のことを分析するように心がけてください。

    転職エージェントは、以下の3つをうまく活用し転職成功率を高めましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県