レバテックキャリアの「評判が悪い」口コミは本当?実態を徹底調査!

Developing Concentrated programmer reading computer codes Development Website design and coding technologies.
一般転職

IT業界に勤めていると割と耳にする転職エージェント「レバテックキャリア」。

IT業界特化型転職エージェントのレバテックキャリアですが、「キャリアアドバイザーの質が悪い」「求人を紹介してもらえなかった」など悪い評判を聞くこともあります。

本記事ではレバテックキャリアの口コミを元に強みや弱み、向いている人について調査しました。

結果、以下の方におすすめできる転職エージェントだということがわかりました。

【レバテックキャリアの利用に向いている方】

向いているのはこんな方! 理由
IT業界のクリエイター IT業界経験者向け求人が大半
転職で年収アップしたい方 応募者の多くが年収アップに成功している
首都圏での転職を考えている方 首都圏の求人が大半

また、IT業界に特化したレバテックキャリア以外の転職エージェントの比較も行っています。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

評判が悪い!?レバテックキャリアの口コミ

レバテックキャリアは無料で利用できるIT・Web業界に特化した転職エージェントで、エンジニアやクリエイターの求人をメインに取り扱っています。

IT業界では転職がめずらしいことではないので、レバテックキャリアの名前もよく耳にするかもしれません。

特に、「評判が悪い」との声が本当なのかどうかはきちんと確認しておきたいですよね。

まずはレバテックキャリアの口コミを紹介します。

公式ホームページでは良い点ばかりが記載されていて、悪い評判を確認することができません。

ここで、しっかりと悪い評判も把握しておきましょう。

レバテックキャリアの悪い評判

レバテックキャリアの悪い評判には以下の2点があげられます。

  • レスポンスが悪い
  • 求人を紹介してもらえない

それぞれの評判を確認してみましょう。

レスポンスが悪い

どの転職エージェントでも言えることですが、キャリアアドバイザーによって対応に差があります。

レバテックキャリアは対象となる応募者を明確にしているので、対象から外れる場合にキャリアアドバイザーのレスポンスが悪くなることが考えられます。

求人を紹介してもらえない

レバテックキャリアは「クリエイター・エンジニア向け」です。

そのため、IT業界でも技術職の求人がメインとなるため、営業職やディレクター職など技術職以外を目指しているなら希望に沿わないことが考えられます。

上記のツイートでは、レバテックキャリアから紹介を断られてしまったことも考えられます。

業界未経験の場合にははっきりと「紹介できる求人がない」と言われることも多々あるようです。

  • スポンサーリンク

  • レバテックキャリアの良い評判

    レバテックキャリアの良い評判も見てみましょう。

    • 企業のリサーチを徹底している
    • 求人のマッチング度が高い

    レバテックキャリアは求人の質にこだわっていると評判です。

    求人の質を支えているのが入念な企業リサーチで、それによって応募者ごとに最適な求人を紹介することが可能となっています。

    以下で口コミを見てみましょう。

    企業のリサーチを徹底している

    上記のツイートはレバテックキャリアが合うかどうかはその人次第と言いつつも、レバテックキャリアの利用をおすすめしています。

    「会社の情報量が多い」とのことですが、企業への訪問・ヒアリングを入念に複数回に渡って行っているレバテックキャリアだからだと言えます。

    求人のマッチング度が高い

    上記のツイートではレバテックキャリアを「安定の老舗」と呼んでいるように、業界では「転職=レバテックキャリア」のイメージが定着しつつあります。

    応募者のヒアリングにも力を入れており、長く働くことができるよう企業とのマッチング度を重視して求人を紹介してくれると評判です。

    結論:レバテックキャリアには向き・不向きがある

    「レバテックキャリアの評判が悪い」との意見があるのも事実ですが、一方で「レバテックキャリアを利用してよかった」との意見もあります。

    つまり、レバテックキャリアには向き・不向きがあり、合う人が使えば満足度が高くなりますが合わない人が使っても希望の求人を紹介してもらえないことが考えられます。

    続いての見出しでレバテックキャリアのサービスの全貌を紹介するので、自分に向いている転職エージェントなのかどうかを確認しておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • レバテックキャリアの全貌!サービス内容と強み・弱み

    レバテックキャリアにはさまざまな特徴があり、大手転職エージェントとは異なるサービスも提供しています。

    公開求人数 5,000件以上(公開求人数2,477件)
    非公開求人数 約3,000件
    運営会社 レバテック株式会社
    対象地域 関東・地方主要都市
    面談可能なオフィス 東京・横浜・大阪・福岡

    (2019年8月の求人数)

    強み・弱みも踏まえて、サービスの全体について詳しく解説します。

    レバテックキャリアはIT・Web業界特化型の転職エージェント

    レバテックキャリアはIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

    レバレジーズ株式会社の子会社であるレバテック株式会社によって運営されています。

    レバテックキャリアの特徴を公式ホームページの数字をもとに以下で見ていきましょう。

    IT・Web業界が紹介求人の約7割

    2019年10月時点での公開求人数の内訳は以下のようになっています。

    全体求人数 2,477件
    IT・Web 1,617件
    サービス 565件
    メディア・エンターテインメント 501件
    物流・流通 154件
    メーカー 150件
    不動産 26件
    金融 15件
    官公庁 1件

    (2019年8月の求人数)

    紹介求人の大半がIT・Web業界なので、IT・Web業界への志望が決まっている人に向いていると言えます。

    逆に、「いろいろな業界を見てみたい」という人は物足りなく感じるかもしれません。

    メインの求人はエンジニア職

    レバテックキャリアではIT業界をメインにさまざまな職種の求人を扱っていますが、メインはエンジニア職です。

    公開求人の募集職種の内訳は以下のとおりです。

    全体求人数 2,477件
    プログラマ・システムエンジニア 1,231件
    プロジェクトマネージャー・リーダー 246件
    デザイナー 232件
    ディレクター 109件
    ITコンサルタント 96件
    マーケティング 93件

    (2019年8月の求人数)

    募集職種の約半分がプログラマ・システムエンジニア職です。

    事務職や事業責任者のポジションもごくわずかに募集がありますが、ほとんどがクリエイター職・技術職です。

    つまり、レバテックキャリアはIT業界で技術や知識を獲得していきたい人に向いています。

    応募者のことを考えた対応

    前述した通り、レバテックキャリアはIT業界の技術職をメインの対象として以下のサービスを提供してくれます。

    • 平日夜21時以降・土日も面談可能
    • 応募者のヒアリングが1回90〜120分
    • 転職を無理にすすめない
    • Progate15コース入社半年間無料
    • 入社半年後のヒアリング

    忙しい職種であることをレバテックキャリアも理解しているため、夜や土日でも対応してくれます。

    また、何度も足を運ばなくて済むように1回で徹底的にヒアリングしてくれるのも特徴です。

    技術職には技術の研鑽が欠かせないため、オンラインのプログラミング学習サービスProgateを無料で提供してくれるのも応募者にとって嬉しいポイントです。

    大手の転職エージェントと異なり、「今は転職しない方がよい」という進言をすることもあり、応募者のことを考えた対応をとってくれると評判です。

    関連サービスも充実

    レバテックキャリアは関連サービスも充実しています。

    役に立ちそうなものがあれば、レバテックキャリアと併用してみてください。

    レバテックフリーランス 常駐型フリーランス案件のエージェント
    レバテッククリエイター フリーランス・派遣クリエイター専門エージェント
    レバテックビギナー 未経験でエンジニアを目指したい人向け
    レバテックエキスパート 年収800万円以上のエンジニア・クリエイター向け
    レバテックルーキー ITエンジニアになりたい新卒就活生向け

    どのサービスもIT業界や技術職に強みを発揮しています。

    業界未経験者向けのサービスもあるので、自分のレベルに合ったサービスを選択しましょう。

  • スポンサーリンク

  • レバテックキャリアの強み

    レバテックキャリアの強みには以下の4点が挙げられます。

    <レバテックキャリアの強み>

    • 求人の質が高い
    • 年収アップの交渉に強い
    • 面接対策が徹底している
    • 企業と応募者のマッチング度が高い

    レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは年間累計3,000回以上の企業訪問を行い、ヒアリングや情報収集を頻繁にしています。

    企業の情報を的確に把握しているため応募者に合った企業を紹介することができ、応募者と企業のマッチング度が高い傾向にあります。

    年収アップの交渉にも強く、利用者の中には320万円の年収アップに成功した人もいます。

    また、企業ごとに対策をデータベース化しており、「見送り理由」や「過去に聞かれた質問」なども教えてくれ、書類選考から面接まで徹底的に指導してくれます。

    レバテックキャリアの弱み

    一方でレバテックキャリアには弱みもあります。

    <レバテックキャリアの弱み>

    • エリアが限られている(都内の求人が80%)
    • 求人数が大手転職エージェントに比べると少ない
    • 基本的にフランクな対応なので嫌だと感じる人もいる
    • 未経験者への求人案内はほぼない

    レバテックキャリアは都内のIT業界への転職を目指すエンジニア・クリエイター職がコアターゲットです。

    そのため、地方での転職やIT業界未経験・開発未経験の人が利用しても求人を紹介してもらえない可能性があります。

    また、IT・Web業界専門エージェントの中では求人が充実していますが、大手転職エージェントに比べるとどうしても求人数は劣ってしまいます。

    応募者が話しやすいようにキャリアアドバイザーはフランクな話し方をするので、それが嫌だと感じる人も中にはいるようです。

  • スポンサーリンク

  • レバテックキャリアはこんな人におすすめ!向いている人

    上記での説明を踏まえ、レバテックキャリアの利用に向いているのは以下にあてはまる人だと言うことができます。

    • IT・Web業界での勤務経験あり
    • 開発経験あり
    • 年収アップを目標にしている
    • 首都圏で転職したい
    • 手厚くサポートしてもらいたい

    特に、IT・Web業界の経験・開発経験の有無がキャリアアドバイザーの対応を大きく変える要素になりえます。

    また、「できるだけ早く転職したい」と考える人を重点的にサポートする傾向も見られるため、短期間で転職活動を終えたい人もレバテックキャリアの利用に向いていると言えるでしょう。

    レバテックキャリア使い方のコツ

    レバテックキャリアはうまく利用すると、転職活動をスムーズに進めることができます。

    上手に利用するポイントとして、以下のコツを意識してみてください。

    それぞれのポイントについて以下で簡単に説明します。

    熱心さをアピールする

    レバテックキャリアのキャリアアドアイザーは「キャリアの棚卸しを一緒にしてくれる」タイプと言うよりも、「すばやい内定獲得をサポートする」タイプです。

    そのため、「転職するか迷っている人」よりも「すぐにでも転職したい人」を優先的にサポートする傾向があります。

    面談の際には「すぐにでも転職活動を開始したい」旨を伝えましょう。

    しかし、レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは「この人は転職すべきではない」と感じた際にはその事実を正直に伝えてくれるので安心してください。

    自分をよく見せようとしない

    レバテックキャリアはIT・Web業界経験者向け、技術職向けであると知った上で面談に行くと、自分をよく見せようと力が入ってしまうかもしれません。

    求人の紹介を断られるのは怖いかもしれませんが、ありのままを話すようにしましょう。

    自分をよく見せようとしすぎると自分に合わないレベルの求人を紹介されてしまい、レバテックキャリア の強みであるマッチング度の高さを生かすことができません。

    電話には必ず出る

    レバテックキャリアに登録すると、本人確認も兼ねて電話がかかってきます。

    電話には必ず出るようにしてください。

    電話に出ないと面談に案内されず、求人も紹介してもらえません。

    登録→面談→求人紹介の流れだということを覚えておきましょう。

    弱みを補うために複数の転職エージェントと併用する

    前述したように、レバテックキャリアはカバーしているエリアが狭かったり、求人数が少なかったりと弱みがあるのも事実です。

    弱みを補うために、複数の転職エージェントを併用しましょう。

    詳しくは、「レバテックキャリアと併用したい!おすすめ転職エージェント」の見出しで紹介します。

    IT業界特化型・競合転職エージェントと比較

    レバテックキャリアの他にもIT・Web業界に特化した転職エージェントがあります。

    IT・Web業界に特化した転職エージェントのワークポートGeeklyとレバテックキャリアを比較してみましょう。

      公開求人数 対応エリア 未経験者 特徴

    レバテックキャリア 

     5,000件以上 関東・地方主要都市 対象外
    • 技術職がメイン

    ワークポート

    26,685件

    全国・海外
    (関東メイン)

    対象
    • 求人数が多い
    • レスポンスが早い

    Geekly

    8,284件 首都圏メイン 対象
    • IT業界の幅広い職種に対応
    • ハイキャリア求人多数

    (2019年8月の求人数)

    それぞれに特徴がありますが、レバテックキャリアは他の転職エージェントと違う点として「エンジニア・クリエイターなどの技術職をコアターゲットにしている」「未経験者の応募は対象としていない」ことが挙げられます。

    一見求人数が少なく思えますが、その分求人の質にもこだわっているとも言えます。

    自分の志望職種や経験の有無に応じて適した転職エージェントを選びましょう。

    レバテックキャリアと併用したい!おすすめ転職エージェント

    レバテックキャリアには以下の弱みがあります。

    • 求人数が少ない
    • 対象エリアが限られている
    • ほぼIT・Web業界に特化している

    そのため、レバテックキャリアの弱みを補うために以下の2つの大手転職エージェントにも同時に登録することをおすすめします。

    それぞれの特徴について以下で紹介します。

    複数登録するメリットについては、「【必読】転職エージェントを複数利用する際の全注意点と賢い活用法」で解説しています。

    求人数・エリアの選択肢を広げたいなら|リクルートエージェント

    <リクルートエージェントの特徴>

    • 求人数業界No.1
    • 全国各地の相談可能オフィス・求人あり
    • キャリアアドバイザーの交渉力が高い

    リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、求人数の多さが特徴です。

    全国各地に相談可能なオフィスがあるので、地方での転職もサポートしてくれます。

    また、キャリアアドバイザーの交渉力が高いので、年収アップのやりとりなどにも応じてくれます。

    レバテックキャリアの「年収アップに強い」ポイントに魅力を感じるなら、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの相性もよい可能性があります。


    職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

    求人数 26,8895件
    非公開求人数 全体の80〜90%
    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    対象地域 全国+海外
    面談可能オフィス  全国16か所
    詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    IT業界以外も見ながら転職活動したいなら|doda

    doda

    <dodaの特徴>

    • サポート体制が手厚い
    • 公式ホームページの情報が充実している
    • 転職者満足度No.1

    dodaは大手転職エージェントの中でもサポート体制が手厚いと評判で、利用者の満足度が高いのが特徴です。

    「IT業界を見つつも他の業界の選択肢も残しておきたい」とキャリアアドバイザーに伝えると、その旨を汲みながら求人を紹介してくれます。

    公式ホームページの情報が充実しており、企業情報や年収情報まで詳しく見ることができます。

    レバテックキャリアのようにしっかりとしたサポートを他でも求めるなら、dodaにもぜひ登録してみてください。


    担当者の方が履歴書・職務経歴書を徹底的に添削してくれ、書類選考の通過率が格段にアップしました。

    求人数 70,796件
    非公開求人数 全体の80〜90%
    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    対象地域 全国+海外
    面談可能オフィス

    全国10か所

    詳しくは「dodaの解説記事」をご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    まとめ

    レバテックキャリアはIT・Web業界に特化した転職エージェントで、エンジニアやクリエイターなどの技術職を対象としています。

    レバテックキャリアは経験がない場合には求人を紹介してもらえなかったりすることもあり、強みだけでなく弱みもある転職エージェントです。

    他の転職エージェントと併用しながら、上手く利用することをおすすめします。

    登録したい転職エージェント

    【IT・Web業界特化型転職エージェント】
    経験者向け|レバテックキャリア
    未経験者も利用可能|ワークポート
    ハイキャリア求人も充実|Geekly

    【併用したい大手転職エージェント】
    求人数・エリアを補うなら|リクルートエージェント
    他業界も同時に見るなら|doda

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県