人気のマーケティング職転職情報まとめ!未経験から転職するには?

Teamwork business with Financial report together decide for successful business.Maketing plans and strategy investment report concept.
一般転職

マーケティング職に就くには、専門の部門がある企業に雇ってもらう必要があります。

未経験からマーケティング職に就くためにはどのようなことが大事なのかが気になりますよね。

今回は、マーケティング業界への転職を志している方向けに、転職事情やおすすめの転職エージェントなどをご紹介します。

スポンサーリンク

1.マーケティングの転職事情

マーケティングという仕事の範囲は多岐に及びます。

マーケティング職の近年での転職事情はどうなっているのか、見ていきましょう。

マーケテイングの需要は増加傾向

近年、IT技術の発展により、マーケティング職の中でもWEBマーケティングという仕事の需要が特に増えています。

マーケティング職の中でもWEBに特化したマーケティングの仕事をするには、専門的な知識が必要です。

ただ、 マーケティング職自体の需要が増加しているので、資格取得などを実践していけば未経験でもマーケティング職に転職できる可能性はあります。

  • スポンサーリンク

  • マーケティング職は人気が高い職業

    膨大なデータから人々の嗜好を分析し、特定の商品やサービスの購入促進を目指していくのが、マーケティング職の仕事です。

    専門性の高い仕事であると同時に、人気が高い職業でもあります。

    未経験からマーケティング職に就くためには、やはり専門的知識の習得が必須になってきます。

    ただ、専門的な知識が必要とされる分、もらえる報酬も高くなっていますので、それがマーケティング職に転職を希望する人が多い理由であるでしょう。

    平均年収は約500万円

    未経験からマーケティング職への転職を目指す場合、気になるのがマーケティング職に就いた時の年収です。

    マーケティング職の年収とはいっても、どんな職種に就くのかということや、個々の能力の差などがありますので、一概にいうことはできません。

    おおよそですが、マーケティング職の平均的な年収は約500万円ほどといわれています。

    普通の会社員の平均年収は約430万円とされていますので、普通の会社員と比べると、年収は高いといえるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.マーケティングにはどんな職種があるの?

    では、続いてマーケティングにはどんな職種があるのか見ていきましょう。

    広告

    マーケティング職にとって広告は非常に重要なツールの1つ。

    そもそも、マーケティング職とは、データ分析をし、特定の商品を売るための戦略を練るのが仕事です。

    マーケティング職の中でも、広告の管理は大変重要な仕事といえるでしょう。

    広告の管理とは、顧客の需要に見合った広告なのかを随時分析して、見合っていないと判断したら広告を差し替えたりする作業です。

  • スポンサーリンク

  • リサーチャー

    マーケティングリサーチを行う人のことを、リサーチャーと呼びます。

    マーケティングリサーチとは、マーケティングにおける課題を調査したり分析する作業のことです。

    リサーチということですから、さまざまな調査を行うわけですが、マーケティングリサーチの方法は主に3つ挙げることができます。

    定量調査・定性調査・その他の調査です。

    定量調査 数字で表されるデータを収集したり分析したりすること
    定性調査 数字で表せないデータを収集したり分析したりすること
    その他の調査 その他のデータを収集したり分析したりすること

    また、リサーチャーの業務についても細かく分かれています。

    営業活動・調査企画と設計・調査の実施・調査結果の入力と集計・調査結果の分析と報告が、その主な業務内容です。

    営業活動 課題解決の調査・提案をする
    調査企画と設計 課題解決のための仮説をたてる
    調査の実施 企画・設計通りに調査をする
    調査結果の入力と集計 データを入力して集計を行う
    調査結果の分析と報告 調査結果を分析し、報告書などにまとめて納品する

    デジタルマーケティング

    デジタルマーケティングとは、その名の通り、 スマートフォンやwebサイト、SNSを使ってマーケティングの仕事をします。

    WEBの情報を調査・分析して特定の商品やサービスの販売促進を行っているのがデジタルマーケターです。

  • スポンサーリンク

  • コピーライター

    コピーライターとは、商品やサービスにおける広告のキャッチコピーを作り出す仕事です。

    広告に関係する仕事なので、マーケティング職の1つになるでしょう。

    会社に勤める人もいますが、フリーランスとして仕事を請け負うことも多いのがコピーライターです。

    3.マーケティングの転職で有利になるスキル

    未経験からマーケティングの仕事に就いたり、 転職でマーケティング職を目指す時に知っておきたいのが、転職に有利になるスキルです。

    マーケティング職にはどのような能力が必要とされているのか、1つずつ見ていきましょう。

    市場を的確に分析する能力

    マーケティング職は膨大な量の情報から市場動向を見極める仕事です。

    ですから、市場を的確に分析する能力が必要となるでしょう。

    市場を的確に分析するためには、ただ情報をたくさん集めればいいというわけではありません。

    さまざまな情報の中から、正しい情報だけをピックアップして、市場の動向を判断するスキルが大切になってきます。

    顧客の行動を冷静に分析する能力

    商品やサービスの販売戦略をたてるには、顧客の行動を冷静に分析していく能力も欠かすことができません。

    「なぜこのような行動をしているのか」という、顧客の深層心理をしっかり把握する能力が求められるのです。

    顧客の行動を見て、安易に考えを出すのではなく、冷静に見極め答えを出していくことが大切になってきます。

    商品やサービスを継続的に売れるようにすることがマーケターの仕事であり、使命です。

    商品やサービスを継続的に売るためには、購入した人だけでなく購入しなかった人の分析もしていく必要があるでしょう。

    仮説を立て検証していく能力

    先ほどもご紹介したように、マーケティングの仕事は継続的に商品やサービスを売るための戦略をたてることです。

    商品やサービスを売るためには、情報を読み取ったり人々の行動を分析すること以外に、仮説を立て検証していくことが大切になってきます。

    ターゲットを設定し、どのような広告・宣伝をすると販売に効果的なのか、絶え間なく検証していく必要があるのですね。

    4.マーケティングの転職で取得しておくと有利な資格3選

    では次に、マーケティングの転職において、取得しておくと有利な資格を3つご紹介します。

    ご紹介する3つ以外にも、マーケティングに関係のある資格はたくさんあります。

    自分に必要な資格を見極めていきましょう。

    マーケティング・ビジネス実務検定

    2005年に作られたマーケティング・ビジネス実務検定は、国際実務マーケティング協会が主催しています。

    資格を取得することによって、 マーケティング理論が学べるのが1つのメリットです。

    また、 幅広いマーケティングの知識を得ることができます。

    さらに、「実務」という名の資格ですが、誰でも受験することが可能です。

    未経験からマーケティング職に転職を考えている人にとっては、「マーケティングのことを学んでいる」ということを示す1つのアピールポイントになります。

    ネットマーケティング検定

    この資格はその名の通り、インターネットマーケティングに特化した知識の習得を目指すものです。

    インターネットが発達した現在では、ネットマーケティングの重要性がどんどん高まっています。

    インターネットを効果的に使って、集客や宣伝をする方法が体系的に学べる資格です

    ネットマーケティングについて知らない人にとっては、ネットマーケティングについて、1から基本的な知識から応用的な知識まで習得できる資格といえるでしょう。

    ですから、マーケティング業界に転職を考えている人は、取得しておくのがおすすめです。

    WEBライティング能力検定

    WEBライティング能力検定は、マーケティング職に就くには一見関係のない資格のように思えるかもしれません。

    しかし、インターネットを使って集客・宣伝をすることが主流になってきた現在、WEBライテイング力を身に付けておくことは大切です。

    WEBライティング能力検定は、2012年から始まった資格です。

    この資格を取得することによって、WEBライティング技術やSEOの知識を総合的に習得することができます。

    ライティングの技術だけでなく、 SEOの知識はマーケティングにおいても重要なものとなります。

    取得しておいて損はないでしょう。

    5.マーケティング職の転職におすすめの転職エージェント

    資格を取っている時間がないという人も中にはいることでしょう。

    そんな時には、 転職エージェントの利用がおすすめです。

    初めての転職なら「doda」

    doda

    dodaはお仕事案件の幅が広く、一般に公開されている案件以外に非公開案件もあります。

    マーケティング職については、2019年7月18日現在、19件の公開求人が掲載されています。

    初めて転職を考えている人にとっては、 dodaの充実したお仕事案件数が転職活動の助けになることでしょう。

    急ぎの転職なら「ワークポート 」

    ワークポート

    次に、急いで転職したいと考えている人におすすめなのが、ワークポートです。

    時間がない時でも、エージェントが求人情報を探したり、企業との連絡・交渉を行ってくれます。

    お仕事案件が豊富に掲載されていることに加え、 WEB関連のお仕事に強いということでも定評があります。

    20代・第二新卒の転職なら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェントは、マイナビが運営しているサイトです。

    転職に関するサポートもありますので、転職に慣れていない人におすすめです。

    また、20代や第二新卒の方向けの転職活動にはもってこいの転職エージェントといえるでしょう。

    まとめ

    マーケティング職と一言でいっても、さまざまな職種があります。

    未経験からマーケティング職への転職は不可能なことではありません。

    もちろん、マーケティングに関する経験や知識も大切になってきますが、 転職する上ではご紹介した、dodaワークポートマイナビエージェントなどの転職エージェントを上手に活用することが大切です。

    転職に慣れていない人は、転職活動に対してサポートを受けられる転職エージェントを選ぶといいでしょう。

    また、転職にある程度慣れていて知識もあるという人は、自分の希望通りの案件を見つけるため、転職エージェントを賢く利用しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県