ミスミは転職しても大丈夫?口コミ・難易度・面接のポイントを解説

ミスミへの転職 一般転職

「自分の裁量で仕事をしてみたい」そんな想いを持って仕事をしたいなら「ミスミ」という会社は非常におすすめです。

しかし、ミスミがどんな会社なのかどんな事業を展開しているのか、詳しくは知らないのではないでしょうか。

今回は、ミスミがどんな会社なのかをご紹介しつつ、転職の難易度は高いのか、口コミや評判、転職のポイントなど、転職に必要な情報についてもご紹介していきます。

最後までお読みいただき、ミスミの魅力を知りミスミへの転職を成功させましょう。

スポンサーリンク

1.ミスミってどういう会社?会社概要や事業内容は?

まずは、ミスミという会社がどういう会社なのか、会社概要と事業内容を確認してみましょう。

会社概要

商号 株式会社ミスミグループ本社
設立 1963年2月23日
売上高 331,936百万円(2019年3月期)
従業員数 12,300名(2019年3月31日時点)
本社所在地 〒112-8583
東京都文京区後楽二丁目5番1号 飯田橋ファーストビル

(引用:株式会社ミスミグループ本社HP

  • スポンサーリンク

  • 事業内容

    ミスミの事業内容は大きく分けると以下の3つに分けられます。

    FA事業 工場の生産工程などで使われる機械部品を主に扱う事業
    金型部品事業 自動車や電気機器などで使用される部品を取り扱う事業
    VONA事業 生産設備に関連する部品やオフィス用品、消耗品などを広く取り扱う事業

    それぞれの事業で取り扱う主な商品をまとめてありますのでご参照ください。

    取扱商品群 FA事業 FA用メカニカル標準部品 シャフト、平ベルトコンベヤ など
    位置決め・計測機器(OST事業) アクチュエータ、光学計測器 など
    金型部品事業 プレス金型用標準部品 パンチ、ガススプリング など
    プラ型用標準部品 エジェクタピン、テーパピン など
    VONA事業 メカニカル部品/ねじ、ボルト、座金、ナット ねじ・ボルト・ナット、キャスター など
    配線部品/制御部品、PC部品 コネクタ、スイッチ など
    切削工具/生産加工用品 六角棒レンチ、ノギス など
    梱包、物流、保管用品/安全保護、環境衛生、オフィス用品 台車、パーツクリーナー など

    (引用:株式会社ミスミグループ本社HP

    生産設備や機械設備などの部品販売を中心に行なっており、ものづくりを支える物流がメインとなります。

    世界のものづくりを支える業界で活躍したい人、日本の高い技術に携わる業界で働きたい人にはおすすめの転職先ではないでしょうか。

    2.ミスミに転職・就職した人の評判は?口コミを紹介!

    ミスミがどんな会社なのか、実際の口コミを紹介していきますので参考にしてみてください。

  • スポンサーリンク

  • 仕事のやりがいに対する口コミ

    20代/女性(正社員)

    社会貢献性が高い事業の中、一人ひとりが独自で商品を担当しているため、やりがいを非常に感じやすいです。

     

    責任は重大だが、そこまで裁量権があるということなので、自分の能力を十分に発揮できると思います。

     

    また、社内配信やデータ情報が多いため、自分の仕事がどれだけ貢献できていたのか、今までと比べてどれくらい成長したかも一目瞭然です。

     

    また、中途社員が多いため、馴染みやすいと思います。

    (引用:カイシャの評判

    社員一人一人に裁量を与えて、経営者マインドを育てる社風が口コミからも伝わります。

    自分の仕事が見える分責任も重くなりますが、やりがいを感じられる会社といえるでしょう。

    給与に対する口コミ

    ミスミの平均年収は約730万円(参照:ミスミグループ有価証券報告書となっており、全国の平均年収432万円(参照:民間給与実態統計調査と比較しても高い水準となっています。

    給与については、比較的好印象な口コミも見受けられます。

    30代/女性(正社員)

    中途の場合は同業種だとかなり高い水準の給与になるようですが、異業種や派遣からの採用だと最初の交渉をかなりがんばらないとミスミ内では底辺の給与になります。

     

    部署により賞与が変わるので売上が取れている部署にいると高い賞与となります。

    (引用:カイシャの評判

    20代/男性(正社員)

    年棒金額を16分割し、1/16が月々の給与として支給されます。

     

    4/16は季節賞与として、6月に1/16、12月に2/16、3月に1/16支給されます。

     

    年棒金額は中途入社の場合は、前職の金額を考慮してもらえていると思います。

     

    その後は年1回の評価次第で伸び幅が変わって来るようです。

     

    個人的には評価がきちんと反映されており、額面も悪くはないと思っています。

    (引用:カイシャの評判

  • スポンサーリンク

  • 勤務時間に対する口コミ

    30代/女性(正社員)

    基本は7.5時間でフレックスです。残業はプロジェクトや時期により増減しますが、最近は社内で残業を減らすよう通達されてます

     

    商品系の部署はかなり残業が多いです。オペレーターなどはシフトですが、残業は少ないようです。

    (引用:カイシャの評判

    30代/男性(正社員)

    基本的に定時退社する人はいない。残業まみれの会社

     

    ルールとしては、残業は最大月80時間までと定められているが、それは80時間までなら残業してもいいと解釈されており、部署によっては不夜城と化している職場もある

     

    有給は基本的に取りづらい。

    (引用:カイシャの評判

    残業を減らす動きもうかがえますが、部署によってはまだまだ残業が多いようです。

    ワークライフバランスを重視する方には、少し不向きな会社かもしれません。

    3.ミスミへ転職する難易度は?

    次に、ミスミへ転職するときの難易度を解説していきます。

    ミスミでは、どのような職種でも求められるスキルは高く、転職難易度は高いと考えるべきでしょう。

    各職種での募集要項をいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

    いずれの職種でも、マネジメント経験や高いコミュニケーション能力、語学力などが求められています。

  • スポンサーリンク

  • 営業職

    営業職での募集は、海外での事業展開を支える海外事業推進担当での募集となります。

    営業戦略の立案やトレーニング指導などの業務が主となることから、マネジメントの経験や営業企画の経験が求められています

    <業務経験>

    • 営業経験+マネジメント経験
    • 営業経験+営業企画経験
    • PJマネジメント経験(PJの規模は問わないが、自らPDCAを回した経験)

     

    <能力・スキル>

    • 語学力(要:ビジネスレベルの英語)TOEIC700以上目安
    • 論理的思考能力(自らのフレームワークにあてはめて語れるレベル)

     

    <歓迎要件>

    • MA(マーケティングオートメーション)
    • SFA(セールスフォースオートメーション)
    • ツールを活用したインサイドセールスチームの立上・運用経験
    • 海外での業務・生活の経験

    (引用:株式会社ミスミ 募集職種一覧

    ITエンジニア

    主に基幹システムの企画から開発、保守までを担当することとなります。

    要求されたものをしっかりシステム化する「要件定義」を行い、システム製造を行う外部委託先へしっかりと伝えてプロジェクト全体を管理していくことが必要です。

    <必須要件>

    • ユーザーと業務アプリケーションの要件定義を実施した経験がある方
    • 自らプログラムをコーディングしたシステム開発経験のある方

     

    <歓迎要件>

    • システム化計画の策定経験をお持ちの方
    • BPRを伴う変革プロジェクトへの参画経験をお持ちの方
    • 小規模でも、プロジェクトマネジメントの経験のある方
    • Webシステム開発

     

    <対象となる企業/業界イメージ>

    • SIベンダーSE、事業会社でのインハウスSE、IT・ビジネスコンサルタント など

    (引用:株式会社ミスミ 募集職種一覧

    コールセンター

    コールセンターの運用が主な仕事となるため、マネジメント経験が必須の要件とされています。

    また、他部門との折衝やKPI分析などが求められるため、論理的に考える思考も試されます

    <必須要件>

    • マネジメント経験
    • 論理的思考力

     

    <歓迎要件>

    • コールセンターでの運営管理経験
    • ものづくり業界の知見がある方

     

    <求める資質>

    • 変化に柔軟な方
    • 自ら変化を起こせる方
    • 上司部下問わず深いコミュニケーションを図れる方

    (引用:株式会社ミスミ 募集職種一覧

    4.ミスミへの転職はこんな人におすすめ!会社が求める人物像とは?

    転職難易度の高いミスミでは、どのような人物像が求められているのでしょうか。

    ミスミが求める人物像と、それを踏まえてミスミへの転職がおすすめの人の特徴をご紹介していきます。

    ミスミが求める人物像

    株式会社ミスミグループのHP上では、以下のように求める人物像を掲載しています。

    自分の頭で考え、実行し、振り返り、そして、また考える。ここでの主役は、あなた自身です。

    世界を相手にする、ミスミのビジネス。

    仕事に対する責任も裁量も、あなたのもの。時にそれは困難をもたらすかもしれません。

    でも、その挑もうとする熱意に応え、支え、育もうとする企業風土が、ミスミにはあります。

    だから、あなたは大きく成長できる。

    驚くほどのスピードで。

    (引用:株式会社ミスミHP

    上記の内容からも、次のようなスキルを有する人物が求められると考えられます。

    1. ロジカルに物事を考えらえる人
    2. 自ら現場で走り回れる人
    3. 想いを持って自発的に行動できる人

    こんな人におすすめ!

    募集要項や求められる人物像などを踏まえると、ミスミへの転職は以下のようなタイプの人におすすめです。

    1. 自分の裁量で仕事をしていきたい人
    2. 会社の看板ではなく自分自身で勝負したい人
    3. 仕事を通じて貪欲に成長していきたい人

    5.ミスミの面接で聞かれるポイントは?

    ここまで、ミスミへの転職難易度やミスミで求められる人物像などを確認してきました。

    それらを踏まえて、ミスミの面接で聞かれるポイントを確認してみましょう。

    ミスミの面接のポイントは以下のような点になります。

    • 過去の失敗から何を学んだのか
    • 5年後にどんな目標を持っているか
    • 面接を通じて熱い想いがあるか

    ミスミでは、「経営者人材を育成する」、「社員にオーナーシップを持たせる」といった社風があります。

    入社後に、しっかり自発的に成長できる人材であるかを見極めるのが面接のポイントとなっています。

    6.ミスミへの転職成功率をあげるには転職エージェントを十分に活用する

    3.ミスミへ転職する難易度は?」でも解説したとおり、ミスミへの転職難易度は高いです。

    ミスミへの転職成功率をあげるためには、一人で転職活動を進めるのではなく、転職エージェントを十分に活用することが重要です。

    ここでは、転職エージェントを活用するポイントをまとめてみました。

    転職エージェントは複数利用する

    インターネットなどで調べてみると、非常に多くの転職エージェントがあります。

    そして、それぞれの転職エージェントでは得意とする分野が異なります。

    したがって、1社に限定することなく複数の転職エージェントに登録するようにしましょう

    最低でも3社程度の転職エージェントに登録しておき、それぞれの得意分野を有効に活用することがポイントです。

    エージェントと定期的に連絡をとる

    転職エージェントも人間です。

    一緒に転職活動を進めることになるので、密なコミュニケーションは非常に大事です。

    定期的に連絡をとってコミュニケーションを取り、信頼関係を構築していきましょう

    信頼関係をしっかり構築することで、しっかりとしたサポートを受けられるでしょう。

    1〜2週間に1回は連絡を取ることで、しっかりと転職活動を進めていることをエージェントにアピールすることもできます。

    エージェントと合わない場合は遠慮せずに変更する

    エージェントと二人で転職活動を進めることになりますので、相性も重要な要素になります。

    エージェントの中には、残念ながらあまり質の高くないエージェントもいます。

    転職はあなたにとって非常に大きな人生の選択です。

    そんな転職を任せることになるので、合わないと感じたら遠慮などせずしっかり変更の意思を伝えましょう

    7.ミスミへの転職におすすめの転職エージェント

    転職エージェントの活用方法を確認したところで、ミスミへの転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

    ミスミへの転職に強いおすすめの転職エージェントは以下の3社です。

    実績の高いエージェントが希望なら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントの強みは、求人数の多さと実績あるエージェントというところです。

    求人数は業界No1を誇り、エージェントも転職市場で実績を上げているベテランです。

    高い実績のあるエージェントにより安心した転職活動を行いたいのであれば、リクルートエージェントがおすすめです。

    手厚いサポートを受けたいなら「doda」

    dodaは、転職活動で不安に感じる部分へのサポートが手厚いことで有名なエージェントです。

    職務経歴書の書き方や応募企業の面接対策なども行ってくれます

    ミスミへの転職では面接対策が大事なので、しっかりサポートしてくれるdodaなら安心です。

    非公開求人も含めて情報を集めたいなら「type転職エージェント」

    type転職エージェントは、東京、千葉、埼玉、神奈川の一都三県の求人に強い転職エージェントです

    地域を絞って限定している分その地域の求人に対しては強く、エージェントと企業とのつながりも強いので丁寧にサポートをしてくれます。

    ミスミ本社が東京都文京区にあることを考えると、登録しておいて損はない転職エージェントです。

    まとめ

    ミスミは、自分の裁量でどんどん仕事をして成長できる会社です。

    そのため、転職者に要求されるスキルのレベルは高く、転職の難易度も高くなっています。

    ミスミへの転職を成功させるためには、次のようなポイントを押さえつつ転職活動をするようにしましょう。

    <転職を成功させるためのポイント>

    • 募集要項などから求められる人物像をしっかり把握する
    • 面接で聞かれそうなポイントを押さえ面接対策を行う
    • 転職エージェントをしっかりと活用する

    ミスミへの転職におすすめの転職エージェントをしっかりと活用し、ミスミへの転職を成功させましょう。

    <おすすめの転職エージェント>

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?