野村不動産に転職したい人必見!募集職種や入社するコツ・会社情報を紹介

野村不動産への転職 一般転職

今働いている業界に不安を感じている…

不動産業界に興味がある!

そんな人は、野村不動産への転職を考えてみませんか。
野村不動産は大手不動産会社で、海外事業も拡大しており、長期的に安定した企業といっても過言ではありません。

そこで当記事では、野村不動産への転職方法を詳しく紹介します。

野村不動産の会社情報や募集している職種、内定を獲得する秘訣などを取り上げました。

当記事に目を通すことで、野村不動産の全貌を把握でき、転職できる可能性が高まりますよ。

スポンサーリンク

1.野村不動産の転職事情・会社情報

社名 野村不動産株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号
設立日 1957年4月15日
資本金 20億円(2019年4月1日現在)
従業員数 1,976名(2019年4月1日現在)
事業内容
  • マンション分譲
  • 戸建分譲
  • 法人仲介
  • 投資・開発
  • ビルディング
  • 建築・設計
  • 資産運用 など

野村不動産は、野村證券系列の大手総合不動産会社です。

この章では、そんな野村不動産の転職事情・会社情報を紹介します。

事業内容

大手の総合不動産会社である野村不動産は、住宅分譲事業を中心にさまざまな不動産関連事業を手掛けています。

住まい
  • マンションブランド「プラウド」
  • 一戸建て事業「プラウドシーズン」
  • 郊外型マンションブランド「オハナ」
  • 介護付有料老人ホーム
  • 賃貸住宅「プラウドフラット」
  • 市街地再開発
  • 住宅情報サービス「ノムコム」 など
オフィス
  • オフィスビル「PMO」
  • 新宿野村ビル
  • 日本橋室町野村ビル
  • 横浜ビジネスパーク など
商業施設・ホテル
  • 地域密着型商業施設「GEMS」
  • NOHGA HOTEL
  • 庭のホテル 東京
  • 東京グリーンホテル後楽園
  • bono相模大野
  • PREZZO Cafe & Restaurant など
物流施設
  • Landport
  • マルチテナント型物流施設「Landport高槻」 など
企業向け不動産サービス
  • 不動産売買
  • 企業向け不動産戦略支援
  • オフィスビルやテナントビルの賃貸
  • 不動産遊休地の有効活動 など

参考:「事業案内

マンションブランド「プラウド」のような有名な住宅だけではなく、オフィスや商業施設、物流施設の開発なども手掛けています。

また、管理も含めた業務を自社一貫体制で行っていることも野村不動産の特徴です。

  • スポンサーリンク

  • 経営理念

    野村不動産の経営理念は、次の通りです。

    あしたを、つなぐ

    私たちは、人、街が大切にしているものを活かし
    未来あしたにつながる街づくりとともに
    豊かな時を人びとと共に育み
    社会に向けて、新たな価値を創造し続けます

    引用元:「グループ企業理念

    「未来につながる街づくり」は、野村不動産の事業におけるキーワードだと言えます。

    なぜなら、以下の「代表の挨拶」でも、同様の文言に触れているからです。

    徹底した顧客志向による
    独自のビジネスモデルを強固なものとし
    未来につながる街づくりを通して
    新たな価値創造にチャレンジしてまいります

    引用元:「代表ご挨拶

    また、「顧客志向」と「独自のビジネスモデル」も、野村不動産の強みです。

    昨今の業績

    野村不動産株式会社の2019年3月期の売上高は、4,861億865万円でした。(参考:会社概要

    野村不動産グループ全体の売上高を見ると、数値は右肩上がりになっています。

      売上高
    2018年3月期 6,237億6,200万円
    2019年3月期 6,685億1,000万円

    参考:「財務ハイライト

    数年前の2015年3月期は5,671億円だったことから、今後も売上高は伸び続けると予想されます。

    当期純利益や営業利益は過去3年間横ばいが続いていますが、同じく2015年と比較すると、どちらも約60~70億円の上昇です。

    売上高とも合わせて考えると、今後も業績は安定すると考えられます。

  • スポンサーリンク

  • 従業員の平均年収

     2019年3月31日現在、野村不動産グループの平均年収は1,022万3,680円です。(参考:有価証券報告書

    この金額には、平賞与・基準外賃金が含まれています。

    日本人の平均年収は400万円前後ですので、野村不動産は非常に高収入と言えるでしょう。

    主な待遇・福利厚生

    野村不動産は、他の大手企業のように充実した待遇・福利厚生を整えています。

    諸手当
    • 家族手当
    • 時間外手当
    • 住宅ローン手当
    • 昼食費補助
    • 通勤費負担 など
    休日休暇
    • 完全週休2日制
    • 暑中・有給・慶弔休暇
    • リフレッシュ・バースデー休暇
    • 産前産後休暇
    • 育児・介護休業 など
    福利厚生
    • 独身寮・準社宅制度
    • 住宅融資制度
    • ミリオン積立制度
    • 健康保険組合直営保養所
    • 野村福祉共済会 など

    参考:「採用情報

    独身寮や準社宅制度、住宅融資制度といった住宅系の福利厚生が整っていることは、野村不動産の特徴です。

  • スポンサーリンク

  • 社風を把握できる口コミ

    口コミからわかる野村不動産の社風は、仕事のやりがいを感じられ、若手でも成長できる環境であることです。

    また、仲間意識の高い社員が多い傾向にあるようです。

    ここでは、こうした社風を把握できる口コミを紹介します。

    仕事のやりがいはある

    若手のうちから意見できる点に魅力を感じた。入社してからより一層若手の裁量権の高さを知る。 逆に言えば若手のうちからバリバリ働くがやりがいはある。

    引用元:「openwork

    不動産業界の仕事は高額商品を取り扱うため、仕事のやりがいは大きいという口コミが散見されます。

    野村不動産ほど大手であれば、ブランド力の高い商品を多数取り揃えているため、仕事のやりやすさも実感できるでしょう。

    若手でも成長できる環境

    住宅販売以外の部署に限るが、成長という意味では会社の看板の大きさもあって社会的に影響力のある仕事に携われる上に、その中で若手の内から中心的なポジションを期待されることがあるので、成長環境としては国内でも屈指のものだと思う。

    引用元:「openwork

    大きな会社との、取引や、契約などが経験でき、自分自身だけでは、知りえない方々との交流ができること。また、自分自身がいままで経験していない業界の知識や経験ができることは何物にもかえがたいと考えています。

    引用元:「カイシャの評判

    若いうちから裁量のある仕事を任され、若手でも成長できる環境という口コミもよく見られます。

    また、ジョブローテーションや研修など人材育成制度も整い、問題なく仕事を進められるという評判もあります。

    仲間意識の高い社員が多い傾向

    【周りへの相談のしやすさ】人間関係は良好なので相談はしやすい。年齢も幅広いのでこの問題はこの人に!と自分で選択しやすい。

    引用元:「カイシャの評判

    若手のうちから意見を求められる。大企業だから先輩社員に手取り足取り教えてもらってゆっくり成長しようと考えていると痛い目を見る。上司の気質は未だに体育会系気質でベンチャーのような企業風土がまだある。

    引用元:「openwork

    仲間意識が強く社内の雰囲気は悪くないという口コミはたくさんあるものの、体育会系の風土という指摘も散見されます。

    そのため、体育会系色の強い職場でも気にしない人であれば、働きやすいでしょう。

    将来性はあるのか

    野村不動産の業績は好調なものの、少子高齢化や人口減少、ライフスタイルの多様化などによって、不動産業界全体の先行きは不透明です。

    こうした社会環境でも事業成長するように、アジアへのアプローチを中心に海外事業をさらに拡大する方針です。

    現状でも香港やシンガポールなどに拠点を構え、タイやフィリピンでも不動産開発を進めています。

    また国内では、都市型コンパクトタウンへの取り組みを加速し、地方中核都市での事業も拡大する予定です。

    高い企画力と高品質なサービスを武器にしているからこそ、将来性は安定していると言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.野村不動産の転職で目指せる職種

    野村不動産転職で狙える職種

    野村不動産では、さまざまな職種のキャリア採用を行っています。

    この章では、野村不動産の転職で目指せる職種を紹介します。

    総合職キャリア採用

    野村不動産では、総合職のキャリア採用を行っています。

    募集している職種は、以下の通りです。

    職種 仕事内容 求める経験など
    総合職
    • 用地取得
    • 企画・設計
    • 営業・販売
    • 物件の運営管理

    上記いずれかの業務を担当し、将来的にはマネジメント層として活躍する

    • 業界・職種経験不問

    • 役職員の二等親以内(兄弟姉妹等)ではない人

    総合職・建築系
    • 商品企画~スケジュール・コスト管理など事業推進
    • 商品企画~基本・実施設計 など
    • 必須:意匠設計経験と事業推進の経験(目安5年以上)

    • 歓迎:事業主側での開発の経験
    総合職・複合開発/再開発のプロジェクト推進
    • 再開発組合・共同事業者間の調整や取りまとめ

    • 工程・収支管理と事業の推進

    • 商品企画~基本・実施設計 など

    • 必須:意匠設計経験と事業推進の経験(目安5年以上)

    • 歓迎:事業主側での開発の経験
    総合職・ホテル/新規企画開発
    • ホテル建設地の検討

    • プロジェクト実現可能性の有無の調査

    • コンセプト策定や事業計画書作成 など

    • ホテルの開発経験(コンセプト・商品企画)
    総合職・法人営業
    • 不動産経営戦略や投資の提案
    • 担当エリアは九州・沖縄・山口エリア など
    • 銀行・信託銀行での法人営業経験あるいは売買仲介営業経験

    • デベロッパーのメンバーとして、若いうちから責任あるポジションに就きたい人

    参考:「総合職キャリア採用

    野村不動産の総合職のキャリア採用は、未経験でもチャレンジできる職種があります。

    専門的な領域の業務経験に自信のある人は、建築系や開発、法人営業の仕事をおすすめします。

    専門職

    野村不動産のキャリア採用では、専門職も募集しています。

    職種 仕事内容 求める経験など
    マンションアフターサービススタッフ
    • 物件引き渡し後の各種問い合わせ対応

    • 定期アフターサービスの運営・総括

    • 居住者への各種カスタマーサービス施策の推進 など

    • 必須:接客・販売・営業の経験(業界不問・目安3年以上)
    • 歓迎:不動産業界あるいは建設業界で2年以上のキャリアを持っている

    • 歓迎:建築士・施工管理技士の経験がある

    地権者対応業務・市街地再開発新規案件獲得営業
    • 再開発の現地で土地・建物権利者と接触して同意を取り付ける業務
    • 再開発事業の推進を支える業務
    • 市区役所・再開発コンサルタント・設計事務所・ゼネコンとの打ち合わせ など
    • 対人接触・折衝を伴う営業経験

    • 不動産・建設・設計コンサルの経験4~5年以上

    • 高額商品・サービスの営業経験

    市場調査・分析担当
    • 市場調査

    • アンケート調査

    • 分析・データ分析

    • 必須:リサーチ実務経験
    • 歓迎:社内外での調整能力・プロジェクトマネジメント・ファシリテーション力がある人
    建替推進担当
    • 建替に関わる管理・建替組合・地権者への対応

    • コンサル会社などと協業して建替推進

    • 建替物件の商品企画・事業推進

    • 開発・営業

    • 必須:不動産・ゼネコン・コンサル・設計会社において用地仕入・営業・事業推進の経験
    • 歓迎:宅建・建築士・再開発プランナー 
    用地取得
    • 物件情報の収集
    • 事業企画
    • 用地取得 など
    • 必須:近畿圏での不動産用地取得経験あるいは不動産売買の仲介業務経験
    • 歓迎:宅地建物取引士

    参考:「専門職

    専門職は経験や資格を求められるため、未経験では挑戦できません。

    そのため、営業経験や不動産業界での実務経験に自信のある人は、専門職をおすすめします。

    特別専門職

    特別専門職は、不動産業界特有の仕事以外も含まれます。

    職種 仕事内容 求める経験など
    監査
    • 社内監査計画の立案

    • ヒアリング・データ分析

    • 監査結果通知書作成

    • 内部統制の整備 など

    • 必須:内部監査業務経験3年以上、公認内部監査人あるいはそれに等しい知識・経験

    • 必須:海外事業会社の監査経験(TOEIC750点以上)

    • 歓迎:公認会計士

    経理
    • 決算業務・開示書類作成
    • 事業部門の将来収益管理
    • 事業評価・戦略立案 など
    • 必須:大手監査法人・一部上場企業での経理業務経験

    • 歓迎:公認会計士

    • 歓迎:ビジネスレベルの英語力 

    商業施設(ショッピングセンター)MD企画
    • 事業収支計画
    • コンセプト確定
    • テナント誘致施策検討 など
    •  必須:ショッピングセンター・ショッピングモール開発もしくはMD企画・商業施設の企画開発・事業推進業務経験
    ホテル・新規企画開発
    • ホテル建設立地の検討
    • 不動産・事業評価の検討
    • 事業計画書の作成
    • ホテル運営会社との出店交渉 など
    •  必須:ホテルの開発経験(コンセプト・商品企画)

    参考:「特別専門職

    特別専門職は、公認会計士といった高い難易度の資格を歓迎条件にしているほど、高いレベルの人材を求めています。

    また、企画・開発経験を求める職種もあり、若手は目指しにくい仕事かもしれません。

    業務職

    業務職では、一般事務を募集しています。

    一般的な事務職のように、各種資料作成や会計処理、顧客応対などを行う仕事です。

    事務処理能力があり、コミュニケーション力などがある人であれば転職できるチャンスはあるでしょう。

    2019年10月18日現在、公式ホームページでは業務職を募集していませんが、興味のある人は求人動向を追ってください。

    参考:「【業務職】一般事務【2019/10/1入社】

    3.野村不動産への転職を成功させるコツとは

    野村不動産への転職を成功させるコツとは

    野村不動産への転職を実現させる方法は、資格取得や転職エージェント利用などいくつかあります。

    この章では、野村不動産への転職を成功させるコツを徹底的に紹介します。

    まずは自己分析から始める

    転職活動を本格的に始める前に、自己分析することは非常に重要です。

    なぜなら、他の転職者に勝つためのアピールポイントを見つけられ、自分に本当に合う転職先を見つけられるからです。

    自己分析の方法は、以下の通りです。

    • 転職して実現したいことをはっきりさせる
    • 自分のキャリアとスキルを把握する
    • プライベートでの興味や関心も振り返る
    • 自分の性格を分析する
    • 自分の強みを見つけて言語化する

    しっかりと自己分析すれば、応募書類作成・面接時の「自己PR」において活かせます。

    選考フローを知り対策する

    野村不動産の募集職にもよりますが、選考フローは複数回の面接だけではなく、筆記試験やSPI、適性検査などもあります。

    ここでは、試験・面接対策する方法を紹介します。

    試験を対策する方法

    筆記試験やSPIをクリアするために、対策本を購入して勉強することをおすすめします。

    それだけではなく、どのような試験内容なのか口コミサイトをチェックすることも大切です。

    試験難易度は低くありませんので、しっかりと対策しておきましょう。

    履歴書・面接対策のやり方

    履歴書・面接対策においては、志望動機の作成がポイントです。

    会社側は、志望度の強さや社風と合うのか知りたいために、志望動機を聞きます。

    志望動機の作成ポイントは、以下の通りです。

    • 経験を活かして会社にどう貢献できるか
    • 事業や商品・サービスへの共感
    • 入社後にどんな仕事をしたいのか など

    面接官が「一緒に働きたい」と思うような志望動機を伝えられるように準備しておきましょう。

    不動産業界で活かせる資格を取得する

    不動産の業務に活かせる資格を取得することで、さらに転職を有利に進められます。

    ここでは、不動産業界で活かせる資格について紹介していきます。

    宅地建物取引士

    宅地建物取引士は「宅建」と呼ばれている国家資格です。

    不動産会社では資格取得者の設置が義務付けられており、独占業務を行える資格でもあります。

    不動産の構造や法令、税関連などの実用的な知識を得られるため、野村不動産への転職の強い味方になるでしょう。

    管理業務主任者

    管理業務主任者は、主にマンション管理にかかわる業務に関係する国家資格です。

    建築物・設備に関する知識を問われる資格で、不動産管理に欠かせません。

    また独占業務を持っているため、転職でも十分活かせます。

    マンション管理士

    マンション管理士は、マンションの適正管理におけるトラブルへの相談・アドバイスを行える国家資格です。

    マンション管理組合の運営をサポートするため、管理業務主任者とは異なるポジションです。

    不動産実務検定

    不動産実務検定は、不動産投資に活かせる資格です。

    必須の資格ではありませんが、賃貸経営のノウハウを学べるため、不動産業界の業務に活用できます。

    転職エージェントを活用する

    さらに転職を有利にするためには、転職エージェントを活用しましょう。

    転職エージェントには転職アドバイザーが在籍しており、転職に関するさまざまなアドバイスをしてくれます。

    さらに、面接対策・履歴書添削などもしてくれるサービスです。

    次の章では、野村不動産への転職に役立つ転職エージェントを解説します。

    4.野村不動産に入社するための転職エージェント

    転職エージェントは求人紹介もしてくれるサービスのため、転職活動に欠かせません。

    この章では、野村不動産への転職を有利にする転職エージェントを紹介します。

    実績のあるサービスを利用したい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、業界最大手の転職エージェントです。

    非公開求人も含めて豊富な案件を保有していますので、豊富な求人数をチェックしたい人におすすめです。

    またこれまでに数多くの転職希望者をサポートしてきた実績があるからこそ、安心してサポートを受けられます。

    ハイクラス求人をチェックしたい人は「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント

    JACリクルートメント」は、管理職や専門職などへの転職に強みを持つ転職エージェントです。

    高年収の求人をたくさん取り揃え、ハイクラス求人をチェックしたい人におすすめです。

    また高い実力・専門性を備えているコンサルタントが在籍し、手厚く丁寧なサポートも受けられます。

    質の高いサポートを受けたい人は「パソナキャリア」

    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、取引実績のある企業が16,000社以上もある転職エージェントです。

    人材派遣会社「パソナ」が運営しているため安心感のあるエージェントであり、質の高いサポートを受けられます。

    また大手企業や優良企業の求人が多く、優良求人に出会いたい人にもおすすめです。

    まとめ

    大手不動産会社の野村不動産は、さまざまな職種のキャリア採用を行っています。

    自身の強みを知り、しっかりとアピールできれば、転職できる可能性は高まるでしょう。

    そんな野村不動産への転職を成功させるコツは、以下の通りです。

    1. 試験・面接・履歴書を対策する
    2. 不動産関連の資格を取得する
    3. 転職エージェントに相談する

    転職エージェントは、「リクルートエージェント」、「JACリクルートメント」、「パソナキャリア」がおすすめです。

    野村不動産に入社して、安定したキャリアを実現させませんか。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県