【沖縄】おすすめ転職エージェント5選!転職活動の進め方を徹底解説

沖縄 転職エージェント 一般転職

沖縄で転職成功を目指すなら、転職エージェントを上手く活用しましょう。

転職エージェントは、あなたの希望に合った求人を紹介してくれたり、職務経歴書の添削や面接対策の実施などを行なってくれます。

幅広い面であなたの転職サポートをしてくれるため、転職の際には強い味方になってくれる存在と言えるでしょう

本記事では、 沖縄での転職におすすめの転職エージェントを、豊富な求人案件を有する『網羅型』と、地域に根差した求人案件を有する『地域特化型』に分けてご紹介します。

また、転職エージェントを利用するメリットについても詳しく解説していますので、ぜひ転職活動の参考にしてくださいね。

下記の表は、沖縄での転職に利用するべき転職エージェントの求人数をまとめた結果です。

【沖縄でおすすめの転職エージェント】

タイプ エージェント名 特徴 全国の
公開求人数
沖縄の
公開求人数
網羅型 リクルートエージェント
  • 業界最大手
  • 求人数が圧倒的に豊富
約27万件
(非公開求人を含む)
約880件
(非公開求人含む)
doda
  • 業界第2位
  • 求人数が豊富
  • 手厚いサポートが好評
約7万件 約800件
パソナキャリア
  • 初めての転職におすすめ
  • 女性向けの転職サポートが充実
約3.8万件 約90件
地域特化型 ジョブアンテナエージェント
  • 沖縄の求人が非常に豊富
  • 沖縄に本社あり
約1.4万件
JTB沖縄人材バンク
  • 沖縄の観光業・旅行業界に特化
  • 沖縄に本社あり
約200件

※2019年8月時点

転職活動は、自分に合った適切な転職エージェントを見極めることから始まります。

数ある転職エージェントの中から最適なエージェントを見つけ、転職成功に繋げましょう!

スポンサーリンク

1.まずは自分に合った転職エージェントを見つけ、登録してみましょう

「転職エージェントへの登録」と聞くと、なんだかハードルが高そうなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

しかし、登録は基本的に無料で、登録にかかる時間も3分程度です。

それに、登録から入社までを一貫してサポートしてくれるため、初めて転職するという場合でも安心して利用出来ます。

転職エージェントの利用は、転職のノウハウを教えてもらえたり、非公開求人を紹介してもらえるなど、求人広告などの他の転職方法と比較しても様々なメリットがあります。

転職エージェントの強みを最大限に活かすためには、エージェントの特徴を良く理解した上で、自分の目的に合ったエージェント2〜3社に登録し、併用するのがおすすめです。

例えば、求人数が豊富でサポートも手厚い「網羅型エージェント」2社に加えて、地域特化型エージェントから1社を選んで登録すれば、エージェントの強みを最大限に活用することが出来、転職を有利に進めることが出来るでしょう。

大手転職サイト「リクナビNEXT」のアンケートでは、転職成功者はそうではない方と比較して約2倍の転職エージェントを利用していることが分かっています。

【転職エージェント(人材紹介会社)利用社数】

転職決定者 平均4.2社
全体 平均2.1社

引用:リクナビNEXT

転職エージェントの併用は全く珍しいことではなく、「転職活動の基本」と言っても過言ではありません。

利用するサイトを1社に絞るのではなく、 併せて複数の転職サイトを活用することで、転職成功の可能性を広げましょう

2.【網羅型】沖縄の求人が豊富な大手転職エージェント3選

網羅型の転職エージェントは、豊富な求人情報を保有し、サポート体制も充実しています。

大手ならではの独占求人に加え、多くの非公開求人を有している場合が多いため、 転職のチャンスを増やす目的でも最優先で登録することをおすすめします。

網羅型のおすすめ転職エージェントは、以下の3社です。

それでは、それぞれのエージェントの特徴を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 【取り扱い求人数業界最多】すべての人におすすめ「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント 沖縄 転職

    リクルートエージェント」は、業界内で最多の求人を誇る転職エージェントです。

    公開求人数と非公開求人数を合わせた求人数は27万件以上に及びます。

    沖縄の求人数は約870件以上と豊富であり、転職の際の選択肢を増やすためにもぜひ活用したいエージェントのひとつです。(2019年8月時点)

    リクルートエージェントが扱う求人の職種に多いのは、営業・販売とIT・エンジニアであり、それぞれ全体の3割近い割合となっています。

    リクルートエージェント 職種別求人割合

    また、リクルートエージェントは求人が多いだけでなく、サポート体制も充実しています。

    これまでに37万人以上の転職者を支援してきた実績とノウハウを活かした丁寧なサポートを提供してくれるため、安心して転職活動を行えるでしょう。

    沖縄に拠点はないため、すでに沖縄にお住まいの方は、担当のキャリアアドバイザーとは電話のみでのやり取りをすることになります。

    県外にお住まいの方は、現在お住まいの地域の最寄りオフィスにて面談をしてもらうことが可能です。

    「リクルートエージェント」の基本情報

    リクルートエージェント
    会社名 株式会社 リクルートキャリア
    本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
    沖縄の拠点 なし
    沖縄の公開求人数 約200件
    沖縄の非公開求人数 約680件
    全体の求人数 約27万件(非公開求人数を含む)
    対象地域 全国・海外
    オフィス 全国16拠点(東京・北海道・東北・宇都宮・さいたま・千葉・西東京・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡)
    利用料金 無料
    詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご確認ください

    ※2019年8月時点

    リクルートエージェントに
    登録してみる【完全無料】

    【豊富な支援実績と手厚いサポート】幅広い年代・職種の人におすすめ「doda」

    doda 沖縄 転職エージェント

    doda」は、 リクルートエージェントに次いで2番目に多くの求人数を保有する転職エージェントです。

    非公開求人の数は公表されていませんが、公開求人数だけでも7万件を超えています。

    沖縄においては、800件以上の求人案件が公開されています。(2019年8月時点)

    全体の80~90%を占めると言われる非公開求人と合わせると、さらに多くの求人の閲覧が可能になると予想されます。

    dodaの扱う求人の職種で一番多いのは営業、その後は機械/電機、建築/土木/不動産/プラント/設備と続きます。

    doda職種別求人割合

    また、豊富な求人数の多さ以外にも、全体的にコンサルタントの質が高く、転職のサポートが手厚いことにも定評があります。

    履歴書や職務経歴書など、必要な提出書類の書き方に加え、面接対策などにも親身に対応してくれるため、初めての転職でも安心できる転職エージェントと言えるでしょう。

    更に、dodaでは「企業の業績」や「平均年収」などの企業情報をサイト内で簡単に見ることが出来るため、企業分析の際に活用できるコンテンツが充実していることも特徴です。

    dodaも沖縄に拠点を持っていませんが、コンサルタントに直接電話で相談することが可能です。

    「doda」の基本情報

    doda  大阪 転職エージェント
    会社名 株式会社パーソルキャリア
    本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
    沖縄の拠点 なし
    沖縄の公開求人数 約800件(非公開求人数を除く)
    全体の公開求人数 約7万件(非公開求人数を除く)
    対象地域 全国
    オフィス 全国10拠点(北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・岡山・広島・福岡)
    利用料金 無料
    詳しくは「dodaの解説記事」をご確認ください
    ※2019年8月時点
  • スポンサーリンク

  • 【第二新卒向け求人が豊富】女性の転職にもおすすめ「パソナキャリア」

    パソナキャリア 沖縄 転職エージェント

    パソナキャリアは、 コンサルタントの親身なサポートと細やかな対応が好評価を得ている転職エージェントです。

    サポートの充実はもちろん、扱う職種の幅が広く、第二新卒向けの求人も多く保有しているため、初めての転職で不安…という方には特におすすめのエージェントと言えるでしょう。

    パソナキャリアでは、以下のような職種の求人を保有しています。

    パソナキャリア 職種別求人割合

    技術職が22%と一番多く、次いで営業、IT・Webエンジニアの求人を多く取り扱っています。

    また、パソナキャリアは、女性のライフスタイルに合わせた働き方の提案を得意としているため、ワークライフバランス重視の転職を求める女性の方は、是非一度利用してみましょう。

    こちらも沖縄には拠点がありませんが、UターンやIターンを希望する場合は、全国50ヶ所に及ぶ拠点の中から最寄りのオフィスを利用しましょう。

    「パソナキャリア」の基本情報

    パソナキャリア 大阪 転職エージェント
    会社名 株式会社パソナ
    本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
    沖縄の拠点 なし
    沖縄の公開求人数 約90件
    全体の求人数 約3.8万件(非公開求人数を除く)
    対象地域 全国・海外
    オフィス 全国50拠点(東京・大阪・名古屋・横浜・静岡・広島・福岡など)
    利用料金 無料
    詳しくは「パソナキャリアの解説記事」をご確認ください

     

    3.【地域特化型】沖縄に特化した転職エージェント2選

    沖縄でより良い転職を目指すなら、大手エージェントと併せて、沖縄エリアに特化した転職エージェントにも登録することをおすすめします。

    地域特化型エージェントは、大手にはない地元企業の求人を保有しており、U・Iターン転職を積極的に支援しています。

    また、以下で紹介するエージェントは、どちらも沖縄に本社があり、対面で直接相談することが出来る点も大きなメリットのひとつです。

    それでは、各エージェントの特徴を順に解説します。

  • スポンサーリンク

  • 【圧倒的な求人数を誇る】ジョブアンテナエージェント

    ジョブアンテナエージェント 沖縄 転職ジョブアンテナエージェントは、琉球インタラクティブという地元ローカル企業が運営しているエージェントです。

    特筆すべきは、14,000件以上という圧倒的な数の求人案件を扱っていることです。

    約350種類の職種や約100種類の業種から求人を検索することも出来るため、転職の際には選択肢の幅が広がるでしょう。

    運営元の琉球インタラクティブがWeb制作会社ということもあり、県内のIT企業の案件が豊富なのも特徴のひとつです。

    また、ジョブアンテナエージェントでは、プロフィールページから、あなたの経歴やスキルをチェックした企業からスカウトが届くシステムを採用しています。

    ジョブアンテナエージェントを上手に使うためには、マイページを充実させて、積極的に気になる企業に向けてアピールすると良いでしょう。

    「ジョブアンテナエージェント」の基本情報

    ジョブアンテナエージェント 沖縄 転職
    運営会社 琉球インタラクティブ株式会社
    本社所在地 沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
    沖縄の公開求人数 約14,000件
    対象地域 沖縄
    利用料金 無料

    ※2019年8月時点

    ジョブアンテナエージェント
    に登録してみる【完全無料】

    【観光・旅行業界への転職なら】JTB沖縄 人財バンク

    JTB沖縄人材バンク 転職エージェント

    JTB沖縄 人財バンクは、大手旅行会社JTBが運営している転職エージェントです。

    沖縄県内の観光・旅行業界への人材紹介や転職支援に特化しており、約200件の求人案件が公開されています。

    ホテル、ウェディング、その他観光施設といった業種から求人を探すことが可能であり、接客から管理職への転職まで観光業界に関する幅広い求人案件を扱っています。

    JTB沖縄人材バンクは、語学を活かして海外からの観光客の接客をしたい方や地域に密着した企業を探している方には、おすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

    「JTB沖縄 人財バンク」の基本情報

    JTB沖縄 人財バンク 転職エージェント
    運営会社 株式会社JTB沖縄
    本社所在地 沖縄県那覇市旭町112番1 金秀本社ビル5階
    沖縄の公開求人数 約900件
    対象地域 沖縄
    利用料金 無料

    ※2019年8月時点

    JTB沖縄 人財バンクに
    登録してみる【完全無料】

  • スポンサーリンク

  • 4.【沖縄】転職エージェント利用のメリット

    沖縄 転職エージェント

    沖縄でより良い転職先を見つけ、効率的な転職活動を行いたい場合は、転職エージェントを活用しましょう

    なぜなら、無料で転職サポートをしてくれる転職エージェントには、利用するメリットがたくさんあるからです。

    ここでは、その中から特に大きなメリットとして、以下の3つを挙げてご紹介します。

    それでは、順に解説していきます。

    ① 沖縄の転職におけるノウハウを教えてもらえる

    転職エージェントでは、転職におけるノウハウを惜しみなく教えてくれます

    【転職エージェントのノウハウ】

    • 転職検討のポイント
    • 転職活動の心構え
    • 効果的な職務経歴書・履歴書の書き方
    • 面接対策
    • 円満退職のコツ など

    どれも転職成功のために必要なノウハウばかりですよね。

    転職は、人生の中でも大きなイベントのひとつです。

    特に初めての転職となると、現職場の退職や新しい職場の入社に関することなど、分からないことも多くて不安になる方も多いでしょう。

    そのような場合でも、転職のノウハウを知り尽くし、多くの実績を有する転職エージェントは心強い味方になってくれます。

    また、転職エージェントには、企業の内部事情を詳しく把握しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、的確なアドバイスを受けることも可能です。

    社内の雰囲気、仕事内容や給与についてなど、実際に働いてみないとわからない情報を聞いておくことで、早期退職などの転職失敗のリスクを減らすことも出来るでしょう。

    ② 沖縄の非公開求人を紹介してもらえる

    どの転職エージェントも「非公開求人」を保有しており、条件が良く応募が殺到してしまうような求人案件は、一般公開されていない場合が多いです。

    しかし、 転職エージェントに登録すると、好条件の非公開求人を紹介してもらえるようになり、その中から自分の希望条件に合った求人を紹介してもらうことも可能になります

    そのため、一度登録した上で、それぞれのエージェントがどの様な求人案件を保有しているか、チェックしてみるのも良いでしょう。

    ③ 沖縄の企業との交渉を代行してもらえる

    転職エージェントは、あなたに代わって転職先の企業に対し、給与や入社日などの条件の交渉を行ってくれます

    「もう少し給与をアップして欲しい」といった希望などは、積極的にキャリアアドバイザーに伝えることをおすすめします。

    自分では言いづらいような給与のことや勤務条件なども、エージェントが企業側に上手く伝え、交渉をしてくれるため、安心して任せましょう。

    選考前の最終的なオファー条件だけではなく、内定の決まった後でも企業側と交渉をしてもらえるため、よりあなたの希望に沿った形で転職成功に繋げられるでしょう。

    5.沖縄での転職を成功させるためにやるべきこと

    沖縄での転職を成功させるために、あなたがやるべきことは以下の2つです。

    【沖縄での転職を成功させるためにやるべきこと】

    1. 得意分野でエージェントを選ぶ
    2. 3社以上のエージェントに登録する

    それでは、順に解説していきます。

    ① 得意分野でエージェントを選ぶ

    転職エージェントには、それぞれ得意分野があります。

    転職エージェントの選び方としては、以下のような条件が自分と合っているかどうかで判断すると良いでしょう。

    【転職エージェントの選定基準】

    1. 扱う求人の年齢層が自分に合っているか
    2. 得意とする業種が自分の希望と合っているか
    3. 面接対策や企業との交渉など、自分の求めるサポートが受けられるか

    上記の条件が1~2つ当てはまるエージェントを何社か選び、出来るだけバランス良く登録するようにしてください。

    例えば、Aの転職エージェントでは、”未経験で挑戦することが出来る求人”の情報を幅広く収集し、Bの転職エージェントでは、”即戦力として経験をすぐに活かすことが出来る求人”に絞って情報収集を行うといった利用の仕方もあります。

    転職エージェントごとの特徴をよく理解した上で、希望に合った転職エージェントを選定し、有効に活用しましょう

    ② 3社以上のエージェントに登録する

    転職活動を効率的に行うには、3社以上の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

    複数のエージェントに登録することで、より多くの求人情報を得ることが出来、よりスムーズに転職成功に繋げることが可能になります。

    さらに、企業の情報や転職ノウハウなど、転職エージェント1社だけでは足りない分を他で補い、また違った角度からのアドバイスを受けることも出来るようになります。

    大切なのは担当アドバイザーとの相性!

    自分の 希望する求人案件に巡り合えるかどうかは、担当のキャリアアドバイザーの良し悪しによって大きく分かれます

    転職エージェントは、利用者が採用されることで、採用した企業から紹介料としての報酬を受け取ります。

    そのため、はっきりと言ってしまえば、担当者のゴールは「どんな形であれ、あなたを転職させること」にあるのです。

    悪い担当者にあたってしまうと、希望と違う求人を紹介されたり、しつこく連絡が来たりということも往々にしてありえます。

    複数サイトに登録するメリットはここにもあり、良いキャリアアドバイザーに出会う機会を出来るだけ増やすことにも繋がります

    担当アドバイザーとの相性問題は、複数のエージェントを利用することで解決することが出来るのです。

    複数エージェント利用の場合の注意点

    転職エージェントを複数利用する場合には、次のことに注意してください。

    【複数の転職エージェントを利用する際の注意点】

    1. 複数登録していることを隠さない。
    2. 時間と情報の管理をしっかり行う。

    転職エージェントの担当者には、複数利用していることをきちんと話しておくことが大切です。

    そうすることで、同じ求人が重複した場合には一方を断ることができますし、面接に入った場合など、スケジュールの調整にも協力してもらえます。

    複数の転職エージェントを利用する場合、複数の企業で選考に進むことがあります。

    そのため、常に状況を担当アドバイザーに共有することで、選考スケジュールを合わせ、同じタイミングで内定を獲得し、比較検討出来る状態を作ってもらうことが可能になるのです。

    ただし、担当者への連絡のし過ぎには注意しましょう。

    また、複数の転職エージェントを使用する際に心配なのは、情報が混乱してミスが起こることです。

    どこから紹介された求人か分からなくなったり、ダブルブッキングを起こしたりしないように注意してください。

    6.沖縄の労働環境

    沖縄 転職エージェント

    沖縄は、独自の文化を育んできた魅力的なエリアであり、透明度の高い海をはじめとした豊かな自然も多くの人を魅了しています。

    ここでは、以下の2つの項目に分けて、沖縄の労働環境をご説明します。

    ぜひ沖縄での転職の参考にしてくださいね。

    沖縄の有効求人倍率1.18倍

    【有効求人倍率とは?】

    有効求人倍率 = 企業からの求人数(有効求人数)÷ ハローワークに登録している求職者の数(有効求職者数)

    有効求人倍率は、求職者1人に対して、何人分の求人があったかを示してます。

    • 有効求人倍率が1を上回る 
      ⇒ 求職者数よりも求人数が多い、すなわち人手が不足している
    • 有効求人倍率が1を下回る 
      ⇒ 就職難

    尚、有効求人数は、ハローワークを通じた求人情報を利用するため、求人情報誌や転職情報サイトなどの求人情報は含まれません。

    有効求人倍率は、雇用状況から景気を知るための統計資料のひとつであり、経済指標としても重要な数値です。

    2019年6月時点の沖縄県の有効求人倍率は1.18倍です。(※参照:労働政策研究・研修機構

    2018年6月からのデータを見てみると、緩やかではありますが上昇と下降を繰り返しています。

    全国の有効求人倍率が1.63倍、近隣エリアの九州では約1.3~1.6倍という調査結果が出ていますので、沖縄の求人倍率は低めであると言えるでしょう。

    沖縄の平均収入は約366万円

    沖縄の平均年収は、約366万円です。

    日本の平均年収は、430万円程度だと言われていますので、沖縄の平均年収はそれよりも50万円以上低いということが分かりますね。

    特に、東京などの大都市から沖縄に転職する場合、その賃金差に驚く方も少なくありません。

    上場企業やIT関連の企業など、中には給料水準の高い求人もあるため、希望の給与がある場合は、必ず担当のキャリアアドバイザーに伝えるようにしましょう。

    賃金水準が低めな沖縄で仕事を選ぶ際は、事前に給与についてしっかりと確認し、納得のいく企業に応募してくださいね。

    沖縄の上場企業

    沖縄で優良企業をお探しなら、上場企業への転職も視野に入れましょう。

    なぜならば、上場企業は地元への貢献意欲が強く、条件面で比較した場合、高待遇であることが多いためです。

    以下に、沖縄に本社を持つ上場企業をいくつかピックアップしてみました。

    【沖縄の上場企業】

    • 株式会社サンエー(スーパーなどの小売業)

    沖縄県宜野湾市大山7丁目2番10号

    • 株式会社沖縄銀行

    沖縄県那覇市久茂地3丁目10番1号

    • 沖縄電力株式会社

    沖縄県浦添市牧港5丁目2番1号

    7.気になるワードで徹底比較(勤務地:沖縄)

    ここでは、沖縄での転職を目指す方のために、以下の気になるワード別の求人数を徹底的に比較します。

    あなたが気になるワードの求人数をチェックし、転職エージェントを選ぶ際の参考にしてくださいね。

    それでは、順に比較していきましょう。

    ① 未経験OK

    求人を探している人にとって、「未経験でも可」という条件はハードルが低く感じられますよね。

    勤務地を沖縄に絞り込み、「未経験OK」というキーワードで求人を検索した結果は、以下の通りです。

    【キーワード「未経験OK」の検索結果】

    エージェント名 求人数
    ジョブアンテナエージェント 10,152件
    リクルートエージェント 444件(非公開求人を含む)
    doda 287件
    JTB沖縄 人財バンク 77件
    パソナキャリア  24件

    ※2019年8月時点

    「未経験OK」の求人には、単に未経験者でも問題ないという意味ではなく、その業界や職種の「未経験者」という意味合いの求人案件もあります。

    未経験求人を探している方は、あなたが応募出来る求人であるかどうかを見極めるためにも、転職エージェントのアドバイスを参考にすると良いでしょう。

    ② 学歴不問

    「学歴不問」の求人とは、高卒や大卒などの学歴を採用の判断基準にせず企業が人材を採用する求人です。

    事業拡大や人材不足などの理由により、出来るだけ多くの人を一度に集めたいという理由で、間口を広げて募集している場合も少なくありません。

    しかし、単純に「学歴は関係無い」という意味ではない場合もあるので、応募する際は注意が必要です。

    前職の経験・実績を重視したり、必ずしも学歴が仕事の出来不出来に関係ないというような考え方で求人を出している企業もあることを覚えておきましょう。

    勤務地を沖縄に絞り込み、「学歴不問」というキーワードで求人を検索した結果は、以下の通りです。

    【キーワード「学歴不問」の検索結果】

    エージェント名 求人数
    ジョブアンテナエージェント 9,965件
    doda 345件
    パソナキャリア  15件

    ※2019年8月時点

    「学歴不問」というキーワードでは、ジョブアンテナエージェントの求人数が圧倒的に多いことが分かりますね。

    応募を決める際は、企業がどのような意図で「学歴不問」の求人を出しているのかを、しっかりと読み取る事が大切です。

    もしも、あなたにとって適切な求人なのかどうかを見極められない場合は、担当アドバイザーに相談する等第三者からのアドバイスを参考にしましょう。

    ③ 観光・旅行業

    沖縄は、国内でも人気の観光地のひとつであり、東アジアを中心とした海外諸国からも近年注目を集めています

    【沖縄観光の現状】

    • 第3次産業(サービス産業)の割合が約85%(※平成26年度)と他府県に比べて高く、第1次産業(農林、水産業、牧畜業など)や第2次産業(製造業、鉱業、建設業など)の比率は減少傾向にある。
    • 第3次産業においては、観光産業が主なリーディング産業として沖縄県経済のエンジン役となっている。
    • 平成24年度あたりから、低迷期を乗り越えて急拡大期を迎えている。
    • 平成24年度から28年度の5年間で、観光客数284万人超の大幅増。
    • 観光客の4人に1人がインバウンド客である。

    参照:沖縄県庁「沖縄観光の現状と課題」

    勤務地を沖縄に絞り込み、「観光・旅行業」という業種で求人を検索した結果は、以下の通りです。

    【業種「観光・旅行業」の検索結果】

    エージェント名 求人数
    ジョブアンテナエージェント 562件
    JTB沖縄 人財バンク 206件
    doda 28件
    リクルートエージェント 11件

    ※2019年8月時点

    沖縄では、急激に増加し、多様化する観光客のニーズに対応するため、観光関連事業者の人材育成・確保が課題となっています。

    そのため、今後も観光業・旅行業で働く人材の需要は、ますます増えると予想出来ます。

    ④ Uターン・Iターン

    「生まれ育った地元で働きたい」「親の面倒をみたい」「自然の中で子育てをしたい」など、様々な理由でUターンやIターンをする人も増えています。

    勤務地を沖縄に絞り込み、「Uターン・Iターン」というキーワードで求人を検索した結果は、以下の通りです。

    【キーワード「Uターン・Iターン」の検索結果】

    エージェント名 求人数
    ジョブアンテナエージェント 620件
    doda 14件
    パソナキャリア 8件

    ※2019年8月時点

    転職エージェントでは、Uターン・Iターン専門の特設サイトを設けていたり、セミナーやイベントを行っています

    例えば、「リクルートエージェント」では、Uターン・Iターンを考えている方が情報収集できるように、転職活動に役立つイベントを定期的に開催しています。

    興味のある方は、ぜひ一度参加してみましょう。

    ⑤ 年収600万円

    給料水準の低い沖縄と言えども、転職エージェントの求人案件には年収600万円以上の求人は存在します

    特に、特別な資格やスキルがあると、より選択肢は広がるでしょう。

    勤務地を沖縄に絞り込み、年収600万の求人を検索した結果は、以下の通りです。

    【キーワード「年収600万円」の検索結果】

    エージェント名 求人数
    doda 543件
    リクルートエージェント 169件(非公開求人を含む)
    パソナキャリア 47件
    ジョブアンテナエージェント 5件

    ※2019年8月時点

    ここでは、大手エージェント「doda」の求人数が非常に豊富であることが分かりますね。

    しかしながら、転職エージェントには、独自の求人案件を持っている場合も少なくありません。

    そのため、求人数の豊富な大手エージェントだけに絞るのではなく、いくつかのエージェントに登録しましょう。

    そして、実際にどんな求人があるのか情報を集めてみることをおすすめします。

    また、沖縄でハイクラス転職を目指す場合に、活用すべきエージェントがビズリーチです。

    沖縄のハイクラス求人案件を179件保有しており(※2019年8月時点)沖縄に拠点もあるため、転職の心強い味方となってくれるでしょう。

    ビズリーチについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

    まとめ

    沖縄で転職成功を目指すなら、『網羅型』エージェントと『地域特化型』エージェントを併用するべきです

    【転職エージェントの登録例】

    求人数が豊富でサポートも手厚い
    「網羅型」を1〜2社

    地域に特化した求人案件を保有する
    「特化型」を1社

    転職エージェントを利用した転職活動をするのであれば、「網羅型」と「地域特化型」それぞれの強みを最大限に活用するのが転職成功の秘訣です。

    沖縄で転職を目指す方は、以下のリストの中から、あなたの年齢や目的に合ったエージェントを選択しましょう。

    【おすすめ網羅型転職エージェント】

    • 【取り扱い求人数業界最多】全ての人におすすめリクルートエージェント
    • 【豊富な支援実績と手厚いサポート】幅広い年代・職種の人におすすめdoda
    • 【第二新卒向け求人が豊富】女性の転職にもおすすめパソナキャリア

    – – – – – – – – – – – – – – – – – –

    【おすすめ地域特化型転職エージェント】

    転職エージェントを上手く活用し、ぜひ沖縄での理想の転職を実現してくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県