音楽業界への転職は未経験でも歓迎?気になる仕事内容や年代別注意点を解説

一般転職

音楽が好きで、音楽業界で働きたくても、どう転職すればよいのかいまいち分からないのではないでしょうか。

CDの売上が落ち込み、好調とは言えない業界ですが、未経験から転職することは可能です。

そこでここでは、音楽業界への転職を成功させる方法を紹介します。

また、音楽業界の仕事内容、求められる能力、転職成功のポイントなども取り上げます。

このページを読むことで、音楽業界への理解が深まるだけではなく、転職できる可能性が高まるでしょう。

スポンサーリンク

.未経験でも音楽業界に転職できるのか

音楽業界への転職は、未経験でも成功可能です。

しかしながら、専門スキルの必要な仕事は、未経験での転職が難しいでしょう。

そうではない職種は、転職可能です。

ここでは、未経験でも音楽業界に転職できるのか、詳しく解説します。

専門スキルを求められる職種あり

音楽業界の中には、専門スキルがなければ、就けない職種があります。

  • エンジニア
  • 照明
  • 楽器テクニシャン
  • カメラマン
  • ヘアメイク
  • デザイナー など

こうした仕事は、基礎的なスキルを身に付けるために、プロの下で修業するか、専門学校に通わなければなりません。

したがって、未経験での転職は難しいと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 専門スキルが必要ない仕事は未経験でも転職可

    専門的なスキルがなくても、就くことができる職種にはさまざまなものがあります。

    • 新聞雑誌編集
    • ライター
    • CM制作
    • 広告代理店
    • テレビラジオ局
    • ファンクラブスタッフ など

    このような仕事は、未経験であっても、音楽業界に携われます。

    当然、知識や経験があれば、さらに転職しやすいでしょう。

    未経験で歓迎されるためには、社会人経験やビジネスマナーなど、音楽業界にも転用できるスキルのアピールが必要です。

    2.音楽業界に転職する前に知っておきたいポイント

    音楽業界に転職する前に、業界の仕事内容などについて理解を深めておきましょう。

    レコード会社と事務所によって、仕事内容は異なります。

    詳しく音楽業界に転職する前に知っておきたいポイントについて紹介します。

  • スポンサーリンク

  • レコード会社の仕事内容

    レコード会社は、CDなどの形あるものを売る組織です。

    昨今では、CDの売り上げが下がっているため、他の業務も行っています。

    たとえば、ものを売るためにライブを企画したり、さまざまなメディア出演の手配したりすることも、レコード会社の仕事です。

    ひとりで、複数のアーティストを担当することもあるでしょう。

    アーティストによって個性が異なるため、柔軟に対応しなければ、ものを売ることはできません。

    音楽事務所の仕事内容

    事務所の主な仕事内容は、マネージャーとしてアーティストをプロデュースすることです。

    マネージメントするアーティストを、いかに世の中に広めていくのか考え、実行する仕事です。

    アーティストを世間へ売り出すことがミッションのため、休む暇はありません。

    さまざまな情報を収集し、それをフィードバックして、アーティストの存在を輝かせる必要があります。

    また、マネージャーの働き方は、アーティストの規模などによって異なります。

    • 1つのアーティストにつきっきりになる
    • 複数名のアーティストを担当する
    • 複数名のマネージャーが1つのアーティストにつく

    音楽活動以外にも、テレビ出演したり、俳優活動したり、アーティストによって、活動はさまざまです。

    そのため、音楽以外の業務にも携われるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 音楽業界は残業が多い

    音楽業界の仕事は、残業が少なくありません。

    仕事内容次第では、プライベートの時間を取れない可能性もあります。

    トラブルが起きた場合、深夜残業することもあるでしょう。

    そのため、「音楽が好き」という強い気持ちがなければ、続けられないかもしれません。

    トラブルを避ける意味でも、事前に会社のコンプライアンスや雇用条件も確認するようにしましょう。

    音楽業界の平均年収

    音楽業界の平均年収は、会社や種類によって異なります。

    レコード会社であれば、平均年収400~500万円程度ですが、残業は多めの傾向にあります。

    楽器メーカーも、似たような平均年収と言えるでしょう。

    楽器屋の場合は、もう少し低く、200~300万円程度になってしまいます。

    年収もふまえて、自分の好きな音楽業界の会社に転職しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.音楽業界への転職で求められる能力

    音楽業界で働くために必要な能力は、いくつかあります。

    それは、セールス力と柔軟性です。

    どうしてこれらの能力が必要なのか、詳細を解説します。

    セールスに対する意識は必要

    音楽業界で活躍するためには、セールスに対する意識が必要です。

    なぜなら、音楽関連の商品を売らなければ、音楽業界が成り立たないからです。

    会社としても、セールス力のある人材を採用する可能性が高いでしょう。

    常にものの売り方を考えている人は、音楽業界で活躍できるとも言えます。

    柔軟な考え方をもって行動できる

    「アーティストと仕事する」という特殊な立場のため、柔軟な考え方ができなければなりません。

    アーティストの個性を発揮するためには、フレキシブルな物の考え方をもち、さらに行動力も必要とされます。

    アーティストのしたいこと、会社とのしたいこと、それぞれが違った方向性の可能性もありますので、折衷するシチュエーションも直面するでしょう。

    少なくとも、新しい物事を吸収して、それをアーティストに伝える必要はあります。

    .【年代別】音楽業界へ転職する時の注意点

    年代によって、音楽業界へ転職する際の注意ポイントは異なります。

    どの年代も、楽して仕事できるとは言えません。

    20代、30代、40代それぞれの注意点を見ていきましょう。

    20代で転職しても「若手」と言われない可能性あり

    未経験で音楽業界に入った場合、20代でも、若手枠にはならない可能性もあります。

    20代半ばだった場合は、なおさらその傾向にあるでしょう。

    つまり、20代がたくさん活躍している業界とも言えます。

    「若手だから」という甘い気持ちで業務に取り込むことは、避けてください。

    30代で役職につく場合もある

    音楽業界は、若い人が活躍しているため、30代で役職につくケースも少なくありません。

    会社によっては、30代で社長になっている人もいます。

    ただし、役職についたといっても、他の業界と比較した場合、現場に顔を出すことが多いでしょう。

    現場に顔を出すため、飲み会などによって、体がつらくなってしまうときもあります。

    体力的に自信のある人であれば、30代の転職もおすすめします。

    40代は個性的な部下たちとの接し方に注意を

    40代の転職であれば、管理職として雇われることが一般的です。

    管理職だからこそ、音楽業界で働く個性的なメンバーをまとめなければなりません。

    過去、堅い仕事に就いていた人は、音楽業界のフランクな感じに驚くこともあるでしょう。

    部下たちとの付き合いは大変かもしれませんが、管理職として業績を上げることができれば、やりがいは大きいです。

    .音楽の業界への転職を成功させるポイント

    音楽業界への転職を成功させるためには、いくつかコツがあります。

    それは、企業が求めている人物像を知り、自身の経験をアピールすることです。

    それだけではなく、転職エージェントを活用することもおすすめします。

    ここでは、音楽業界への転職を成功させるポイントを紹介していきます。

    会社が求めている人物像を良く知る

    企業が欲しい人材に適合しなければ、転職を成功させることは難しいです。

    そのため、最初に会社が求めている人物像を把握しましょう。

    求める人物像は、会社や職種によって、大きく異なります。

    採用ページなどに記載されている情報を、しっかりと読み込んでおいてください。

    自分の経験を積極的にアピールする

    中途採用の場合、これまでに培ってきた社会人経験は、大きな武器となります。

    未経験であっても、過去の社会人経験において音楽業界に活かせるものがあれば、採用される可能性は高まります。

    だからこそ、自身がどのような経験、もしくはスキルを持っているのか、把握する必要があります。

    面接や履歴書作成において、自分の経験を積極的にアピールしましょう。

    転職エージェントを活用する

    どれだけ転職活動前に準備しても、不安が残る人は、転職エージェントを使うと安心です。

    転職エージェントは、会社に条件交渉してくれたり、面接の対策をしてくれたり、無料で求人も紹介してくれるサービスです。

    転職のプロであるアドバイザーが、あなたに適切なアドバイスを行ってくれます。

    さまざまな悩みを専門アドバイザーに相談して、転職を成功させましょう。

    .音楽業界の転職を有利にする転職エージェント

    転職エージェントを利用することで、音楽業界への転職が有利になります。

    転職サービスの中から自分に合った転職エージェントを見つけられれば、内定を近づけられるでしょう。

    ここでは、音楽業界へ転職するためのおすすめの転職エージェントをピックアップしました。

    さまざまな求人から選びたい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、業界最大手の転職エージェントです。

    20〜40代などさまざまな年代に対応しており、好待遇な求人を見つけたい人に最適なサービスです。

    また、日本全国トップクラスの求人数を保有しているため、さまざまな求人から選びたい人におすすめです。

    今の仕事で忙しいけれども転職したいなら「doda」

    doda

    doda」も、求人の数が多い転職エージェントです。

    さらに、サポートに対する評価が高く、バランスの良いサービスだと言えるでしょう。

    たくさんの求人から選べるだけではなく、スカウトサービスもあるため、仕事で忙しいけれども転職活動を進めたい場合におすすめです。

    入社後の不安を解消したい人は「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント」は、アフターフォローなどが充実している転職エージェントです。

    とくに20代の転職希望者に対する支援が充実しており、20代の利用者からも高い評判を得ています。

    まだ転職活動に不慣れな20代、また入社後の相談に乗ってもらいたい場合におすすめしたい転職エージェントと言えます。

    まとめ

    音楽業界にはさまざまな職種があり、中には専門スキルを求められるものもありますが、未経験でも転職は不可能ではありません。

    柔軟な考え方を持ち、セールスに対して意識しておけば、音楽業界で活躍できるでしょう。

    しかし、一般的な企業とは異なり、20代でも若手とは呼ばれない可能性があり、30代、40代になれば、個性的な部下たちをまとめなければなりません。

    そんな音楽業界への転職を成功させるコツは、次の通りです。

    1. 企業が求めている人材を把握する
    2. 培ってきた経験やスキルをアピールする
    3. 転職エージェントに登録する

    音楽業界への転職を有利に進めるなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    中でも、「リクルートエージェント」、「doda」、「マイナビエージェント」は非常に便利です。

    ひとりで悩むことなく、専門アドバイザーに相談して、内定を近づけましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県