オリエンタルランドへの転職を成功させるポイント!気になる評判も紹介

オリエンタルランドへの転職 一般転職

オリエンタルランドは「ディズニーランド」「ディズニーシー」などを運営している企業です

「夢の国へ転職したい!」という方に企業情報や評判などを詳しく解説していきます。

また転職成功を実現するための、転職エージェントの上手な活用方法も伝授します

スポンサーリンク

1.転職先としてどうか?オリエンタルランドの特徴まとめ

オリエンタルランドについての詳しい情報をチェックする前に、まずは 基本的な特徴を紹介します

あわせて「どんな人に向いている企業なのか」をお知らせするので、ぜひ参考にしてみてください。

オリエンタルランドの特徴

おさえておきたいオリエンタルランドの特徴は、以下の通りです

  • ディズニーランド・ディズニーシー2つのパーク合計で年間来場者数は3,000万人で国内テーマパーク首位
  • チームワーク・愛社精神を大切にする社風
  • パーク内で働いている従業員(キャスト)の多くは準社員
  • 社員になるためには決められた期間内に応募するしなければならない
  • 準社員から社員になるのは難しい
  • 社員の仕事内容はキャストの取りまとめや施設運営などに関すること
  • 給与自体はさほど高水準ではないが、福利厚生は充実している
  • フレックスタイム制がある
  • 残業時間は少なく、年休取得もしやすい
  • 結婚や妊娠出産で退職する女性は少数で、産休・育休が取りやすいため女性が働きやすい職場と言える
  • 社内教育もOJT(実際の職場での実務訓練)もしっかりされている
  • スポンサーリンク

  • こんな人がオリエンタルランドに向いている!臨まれる人物像

    オリエンタルランドには、以下に当てはまる方へおすすめの企業です

    • とにかく「ディズニーランド」「ディズニーシー」が好きな方
    • マニュアルが完備されているので、それに沿える方
    • お客様にとことんサービスを提供できる方
    • チームワークを重んじられる方
    • 実務経験(調理・給与計算・建築工事など)がある方

    「型にはまった仕事が良い」と考える方にはぴったりの職場環境と言えるでしょう。

    オリエンタルランドの仕事は、きっちりとしたマニュアルに沿って、いかに早く確実にこなすかが需要となってきます。

    なので、新しいことに取り組みたい人やスキルアップを考える人には不向きです。

    オリエンタルランドへ転職の難易度

    オリエンタルランドは、人気企業なので転職の倍率は高く、難易度は極めて高いと言われています

    入社意欲が非常に高い人材が多く集まり、さらに求人数は極めて少ないことから、狭き門であり、即戦力としての能力がなければ採用されることは厳しいです。

    中途採用での正社員になれる時期が決まっているのも、オリエンタルランドならではの特徴です。

    時期がいつなのかは、公式ホームページをこまめにチェックしておく必要があります。

    仕事内容はどの職種でも、細かなマニュアルが完備されており、型にきっちりとはまった内容です。

    コツコツとやり遂げ、常にゲスト(お客様)に笑顔で接することができる人ならば向いているでしょう。

  • スポンサーリンク

  • オリエンタルランドへ転職する方法

    オリエンタルランドへ転職する場合は、 転職活動を幅広くサポートしてくれる「転職エージェント」を利用することをおすすめします

    なぜ転職エージェントを使用することがおすすめなのか、以下の3点の理由があります。

    1. 転職エージェントごとに独自の求人情報を持っている可能性が高い
    2. 企業に特化した傾向と対策を講じてくれる
    3. 給与や待遇面などの交渉も代行してくれる

    詳しくは、「4.オリエンタルランドへの転職に強い転職エージェント3選」で、オリエンタルランドへの転職に適している転職エージェントを3社紹介していますので是非ご覧ください。

    2.オリエンタルランドの企業情報

    オリエンタルランドへの転職を考えるにあたり、「オリエンタルランドがどのような企業なのか」気になりますよね。

    この章では、オリエンタルランドの詳しい企業情報をチェックしていきます

    2018年12月31日時点のオリエンタルランドの会社概要は、以下の通りです。

    社名 株式会社オリエンタルランド
    本社所在地 千葉県浦安市舞浜1番地1
    代表者 代表取締役社長(兼)COO   上西 京一郎(うえにし きょういちろう)
    設立 1960年7月11日
    資本金 632億112万7千円
    売上(連結) 525,622百万円(2019年3月期時点)
    従業員数
    • 社員 3,411名
    • 準社員 19,697名(2019年4月1日時点)

    事業内容 テーマパークの経営・運営および、不動産賃貸等
  • スポンサーリンク

  • 企業理念

    オリエンタルランドでは企業理念として、以下のことを掲げています。

    自由でみずみずしい発想を原動力に、すばらしい夢と感動、ひととしての喜び、そしてやすらぎを提供します。

    ディズニーランド、もしくはディズニシーに一度でも足を運んだ方ならご存じだと思いますが、キャスト(従業員)の行き届いた対応力、パーク内の清掃の仕方を見ると、企業理念が活きていると感じます。

    夢の国という異空間で、老若男女問わず心から楽しめるのは、従業員全員に浸透された企業理念があるからなのでしょう

    近年の業績

    以下の表は、2013~2019年のオリエンタルランドの売上高と営業利益をわかりやすくグラフにしたものです。

    売上高(単位:百万円) 営業利益(単位:百万円)
    2013 395,526 81,467
    2014 473,572 114,491
    2015 466,291 110,605
    2016 465,353 107,357
    2017 477,748 113,152
    2018 479,280 110,285
    2019 525,622 129,278

    2016年に一時、売上高・営業利益ともに若干の下降が見られましたが、2017年以降は緩やかながらも上昇が続いています。

    現在オリエンタルランドでは、開園以来過去最大規模の投資を伴う開発プロジェクトを行っており、中でも2022年度中には「ディズニシー」が大拡張される展開です。

    当然ながら業績が上昇が見込まれていることと、比例して求人数が増えていくことも期待できそうです

  • スポンサーリンク

  • オリエンタルランドの社風について口コミ

    日本的な組織


    総合職/男性

    チームワークを重んじる日本的な組織風土だと思います。

    ディズニーリゾートという確固たる事業が確立されているため、危機感はなく、ビジネス意識はかなり低いです。

    高いビジネスマインドは必要なく、他者とうまくやっていけるコミュニケーション力の高い人が評価され、キャリアアップしていきます。

    (参考:openwork

    オリエンタルランドは 外資系の企業と思われがちですが、組織風土はチームワークを重んじる日本的な風土です。

    企業愛がある人が多い

     


    販売部/女性

    他社に比べて企業愛が強く、向上心がある人が多い。

    (中略)非正規がとても多いが、世紀への道はとても長く狭い。

    (中略)教育体制が非常にしっかりとしており、どの上司であってもある程度のレベルはクリアしていると思う。

    (参考:openwork

    「オリエンタルランドが好き」という社員が多いのも特徴。

    また、教育体制がしっかりしているので、中途採用でも働きやすいようです。

    休み希望は100%通る


    スーパーバイザー/男性

    シフト制で休み希望は100%通ります。

    しかし、繁忙期(お盆、GW、年始年末)は当たり前ですが必ず出勤です。

    (中略)福利厚生も整っており、会社内にもカフェやコンビニ、食堂、テーマパークのショップなどもあり利用可能です。

    (参考:openwork

    お盆やGWなどのイベント時を除いて、シフト制で休み希望は100%通るようです。

    また、福利厚生が整っており、社内のカフェやコンビニなども利用可能です。

    女性が多く働きやすい環境が整っている


    企画/女性

    産休、育休を取得して戻って働いている人が多く見受けられる。

    女性が多く働く職場ということもあると思うが、まわりも理解してくれているから、他社であるような申し訳ないと思いながら勤務しているようにも見えない。

    また、時短勤務だけで働き方を変えるのではなく、フル勤務で働きながらフレックス制度をうまく活用して過ごしている人もいる。

    (参考:openwork

    オリエンタルランドは男性よりも女性社員の割合が多いため、女性が働きやすい環境が整っています。

    産休や育休を活用して働けるのも、オリエンタルランドならではの魅力です。

    3.オリエンタルランドの中途採用情報

    オリエンタルランドの採用枠は5つあります。

    • 新卒採用・・・総合職・専門職ともに社員として採用される
    • 経験者採用・・・テーマパークのマネジメント職・総合職
    • 出演者採用・・・ダンサー・パペティア・キャラクター
    • 準社員採用・・・ディズニーキャスト(全29種類)
    • OLCグループ採用・・・連結子会社での採用(12社)

    採用職種

    今回の記事は「転職」についてなので、新卒採用の枠以外の採用について述べていきます。

    それでは一つずつ解説していきます。

    「経験者採用」

    「経験者採用」とは、総合職の採用のことを意味しています

    大分類としては、「テーマパークマネジメント職」と「専門職」の2分類になります。

    下記の表は、大分類、職種、主な仕事内容をわかりやすくまとめたものです。

      職種 主な仕事内容
    テーマパークマネジメント職 スーパーバイザー(運営本部/商品本部) パーク内核施設の時間帯責任者
    ファイヤー業務 防火・防災管理、緊急時の初期対応
    ステージマネージャー

    2018年度募集なし

    ※2019年度以降についてはホームページ上で告知

    専門職 給与計算業務 給与計算・社会保険手続き・源泉所得税納付などに関する業務全般
    建築技術者(建築全般) 施設の施工・維持管理
    建築設備技術者(機械設備) 建築設備の工事監理など
    ランドスケープ(植栽・造園)技術者 植栽・造園・土木に関する維持保全、改修業務
    スーシェフ 各飲食施設におけるスーシェフ業務など

    「出演者採用」

    ディズニーリゾートでの花形とも言えるエンターテイナーは、「ダンサー2分類」「パペティア」「キャラクター」の4つに採用の枠があります。

    いずれも給与形態は時給制となっています。

    詳しくは、オリエンタルランド公式「出演者採用」のページを見てみてください。

    下記は、4つの職種と簡易的な応募条件と採用人数となります。

    職種名 応募条件と採用人数 仕事内容

    ダンサー

    (ジャズ・バレエ選考)

    • 2020年3月31日時点で年齢が18歳以上であること
    • ダンス経験者
    • 男女問わず
    • 採用人数/数十名
    東京ディズニーリゾートエンターテイナーとしてのショーやパレードへ出演する

    ダンサー

    (ヒップホップジャズ選考)

    • 2020年3月31日時点で年齢が18歳以上であること
    • ダンス経験者
    • 男性のみ
    • 採用人数/若干名
    パペティア
    • 2020年3月31日時点で年齢が18歳以上であること
    • 男性のみ
    • 採用人数/若干名
    パペット(人形遣い)としてショーやパレードへ出演する
    キャラクター
    • 2020年3月31日時点で年齢が18歳以上であること
    • 男女問わず
    • 採用人数/数十名
    キャラクター(着ぐるみ着用)になりきりショーやパレードへ出演する

    「出演者採用」は、採用人数を見てもわかる通り、非常に狭き門となっています。

    どんなに暑い日でも寒い日でも、いつも最高の笑顔でクオリティ高く踊り続けなければなりません。

    お客様の心を引き込み、ダンスなどによって夢の国の世界観を魅せるプロ根性が備わっていなければ勤まらないでしょう。

    「準社員採用」

    主にパーク内で働くキャストは準社員採用枠です

    準社員の給与形態は時給制となっています。

    詳しくは、オリエンタルランド公式:準社員採用「お仕事紹介」を見てみてください。

    下記は、細かく分類された職種と、仕事内容になります。

    職種名 仕事内容
    アトラクションキャスト アトラクションでゲストを案内
    インフォメーションキャスト 電話で総合案内
    ウィッグキャスト ダンサーが身に着けるウィッグの制作など
    カストーディアルキャスト パーク内の清掃
    カリナリーキャスト 調理
    ガイドツアーキャスト ツアーゲストを案内する
    クラークキャスト 電話・来客応対、データ入力、資料作成など事務全般
    ゲストコントロールキャスト 鑑賞エリアつくり、ゲストに振り付けや手拍子の案内をする
    ゲストリレーションキャスト 総合案内所にてゲストへの応対
    ショーキャスト キャラクターや出演者のサポート
    ショーイシューキャスト ショーコスチューム担当
    ショーサービスキャスト(ドライバー) 出演者のマイクロバスを運転するなど
    ショーサービスキャスト(操船) 水上エンターテイメント用船舶の操船・補助など
    セキュリティーオフィサー パークや駐車場の巡回・警備など
    ソムリエキャスト ワインの選定と提供(現在募集なし)
    テラーキャスト 売上金やチケットの管理など
    ディストリビューキャスト 倉庫内業務・配送
    ナースキャスト パーク内の救護室で応急処置や看護
    パーキングロットキャスト 駐車誘導
    ファイヤーキャスト 閉園後の各種施設の巡回
    ファシリティキャスト ショーウィンドウの演出
    ファーマシーキャスト 救護室で医薬品販売など
    フードサービスキャスト 飲食エリアでの接客
    ヘアアンドメイクアップスタッフ 「ビビディ・バビディ・ブティック」でゲストのお子様のヘアアレンジなど
    マーチングダイズキャスト お土産ショップでの接客など
    マーチングダイズホテルキャスト ホテル内のお土産ショップでの接客など
    メンテナンスキャスト 「ウエスタンリバー鉄道」の運転士
    ワークルームキャスト キャラクターのコスチューム作成
    ワールドバザールキャスト エントランスでの案内

    どの職種に応募するにも、先ずはWebでの事前登録から面接の予約を取ります。詳しくは、オリエンタルランド公式ページ「準社員採用

    時期によって面接会場は舞浜以外の場所でも実施されることがあるので、欠かさずチェックをしてみてください。

    「OLCグループ採用」

    「ディズニーランド」「ディズニシー」と密に関係している連結子会社にて採用される枠です

    下記はOLCグループの12社の企業名と業種になります。

    • (株)ミリアルリゾートホテルズ/ホテル事業
    • (株)イクスピアリ/ショッピングセンターの経営・飲食ておよび商品販売施設の運営
    • (株)グリーンアンドアーツ/造園・土木
    • (株)デザインファクトリー/販促物ならびに商品の企画・デザイン・制作
    • (株)リゾートコスチューミングサービス/コスチュームの貸し出し運営管理業務・クリーニング業務
    • (株)Mテック/娯楽施設のメンテナンス
    • (株)舞浜リゾートライン/モノレール鉄道業
    • (株)舞浜コーポレーション/事務サービス代行業・マッサージ業
    • (株)フォトワークス/写真業
    • (株)ベイフードサービス/給食事業・コンビニ運営
    • (株)MBM/清掃・警備・施設管理・厨房・ショップ・物品販売・損害保険と生命保険の募集
    • (株)ブライトンコーポレーション/ホテル事業

    労働環境

    オリエンタルランドは同業他社と比較して、残業時間は少なめで有休消化率も高いと言われています

    シフト制により時間が決められており、繁忙期でなければ有給休暇の申請も通りやすい社風なので、プライベートも充実したい方にはぴったりの環境ですね。

    オリエンタルランドは、企業理念でも掲げている通り、「お客様に対してやすらぎを与える」ことをモットーとしています。

    ディズニーとのライセンス契約もあることから、ブランドイメージを守るため社員教育やOJTが非常にきっちりとされているのです。

    仕事のやり方については、時にはお客様の要望に応えるケースも出てきますが、マニュアル通りの仕事を確実にこなすことが最重要視されます。

    平均年収は697万円

    四季報オンライン」によると、 オリエンタルランドの従業員の平均年収は697万円です(2019年3月末時点)

    上場企業のサービス業の平均年収は約550万円なので、オリエンタルランドは平均よりも高い水準となっています。

    ちなみに、西の最大規模アミューズメントパークとして名高い「ユニバーサルスタジオジャパン」は、合同会社ユー・エス・ジェイという会社が運営しており、平均年収は577万円です。

    平均年収では、東の最大規模アミューズメントパークを運営するオリエンタルランドに軍配が上がっています。

    4.オリエンタルランドへの転職に強い転職エージェント3選

    オリエンタルランドへの転職を検討中であれば「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

    転職エージェントとは、求職者のために無料で就職活動をサポートしてくれるサイトのことです。

    転職について熟知したキャリアアドバイザーが在籍しているので、一人で転職活動を進めるよりも成功率をアップさせることができます。

    この章では、オリエンタルランドへの転職に強い、おすすめの転職エージェント3社を紹介していきます。

    転職エージェントは担当者の良し悪しが鍵となります

    紹介する転職エージェント3社は、いずれも転職を成功に導くプロが在籍しており、きっと求職者の力になってくれるに違いありません。

    下記は、おすすめの転職エージェント3社が出しているオリエンタルランドの「公開求人数」と「非公開求人数」(2019年6月時点)をまとめた表です。

      公開求人数 非公開求人数
    リクルートエージェント 8件 非公表
    doda 11件 非公表
    パソナキャリア 3件 非公表

    それでは順に詳しく見ていきましょう。

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、非公開求人の数が全体の約80%を占めています。

    企業側が 非公開求人を多くしている理由としては、即戦力となり得る優秀な人材だけを求めたいからということが挙げられます。

    リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、求職者の希望条件に添った求人を提案してくれることに定評があります。

    スキルに見合った求人情報を厳選して紹介してくれるので、転職活動がスムーズに運びますね。

    また現職が多忙で、相談する時間が取れない方には、全国16拠点で土日の転職相談を行っており、平日に時間が取れない方には有難いことです。

    doda

    doda

    doda」では、「履歴書や職務経歴書を書いたがこれでいいのだろうか」という疑問に対しての添削指導をしてくれます。

    また「面接で緊張し過ぎて失敗したらどうしよう」「意気込みがあっても、面接でうまく伝えられなかったら」という不安にも寄り添ってくれます。

    dodaのキャリアアドバイザーはサポート力に定評があり、丁寧な面接指導を行ってくれます。

    具体的かつ実践的なアドバイスを受けられれば、実際の面接時に失敗することが少なくなるでしょう。

    さらに、応募書類の手続き代行や、収入面、勤務開始日についての交渉も代行してくれるので、現職に就いたままでも転職活動がスムーズに進みます。

    dodaは、初めての転職の後押しをフルサポートして欲しい方におすすめです。

    パソナキャリア

    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、幅広い業界・職種の求人を保有する、業界トップクラスの転職エージェントです。

    幅広い年齢層の求人がありますが、特に20~30代向けの求人が充実しています。

    パソナキャリアには、求職者専任の「コンサルタント」と、求人企業の細かな情報をコンサルタントに伝える「リクルーティングアドバイザー」がいます。

    コンサルタントのサポートは実に手厚く、面接の傾向と対策、書類作成のアドバイスをわかりやすく指導してくれます。

    また、求職者25万人分もの転職情報から分析した企業の情報や、面接の質問例を参考に、企業ニーズに合う書類添削と面接対策をしてくれるので心強いですね。

    万が一面接で不採用になった場合、コンサルタントが人事担当者に理由を聞いてくれるので、次回の面接に向けて問題点を改善していくことができます。

    転職を全力で手助けしてくれるので「サポートが充実していて転職しやすい!」という高評価です。

    5.転職成功にするための転職エージェントの活用ポイント3つ

    転職 やり方 方法

    無料で利用できる転職エージェントを100%活用して、転職成功への道を歩みましょう。

    ここでは 転職エージェントを活用させる3つのポイントについて解説していきます。

    それでは順に見ていきましょう。

    登録は3~4社の複数にする

    転職サイトには1社だけへの登録だけではなく、3~4社への登録をおすすめします。

    複数の転職サイトに登録することで、求人情報をより多く得ることができ、比較検討もできるからです。

    また、転職エージェントによって保有している求人内容が異なる場合があります。

    非公開求人がある転職サイトでは、独自の好条件求人を保有していることが多いので、3つ以上のサイトには登録をしましょう。

    逆に登録を多くし過ぎると、情報の収集が困難になり、整理がつかなくなる可能性があるので注意してください。

    条件交渉はキャリアアドバイザーに任せる

    個人で面接を受けたとき、緊張などで希望する条件をうまく伝えることができない場合があります。

    そんなときは、条件交渉のプロであるキャリアアドバイザーに代行してもらいましょう。

    キャリアアドバイザーに条件交渉を代行してもらうためには、普段からこまめに電話やメールで連絡を取っておくこと、自分の希望条件を細かく伝えておくことは必須です

    同時に気を付けることは、自分の経歴やスキルなどについて、嘘偽りない情報を伝えることです。

    自分とキャリアアドバイザーとの間に信頼関係が築ければ、転職成功への近道にもなるでしょう。

    担当者と合わない場合は変更を要求する

    転職のカギを握るのは、転職サイトではなく、キャリアアドバイザーと言っても過言ではありません。

    「担当者と合わない」と感じる場合は、絶対に遠慮せず担当を替えてもらいましょう。

    せっかく思い切った転職に踏み切っても、合わない担当者では成功の着地点が遠のいてしまう恐れも出てきます。

    転職エージェントを利用する際は、以下の点に着目して「担当者が自分に合っているか」見極めてください。

    • 転職や仕事に関する悩みを親身に聞いてくれるか
    • 転職の最終目標を共有できているか
    • スキルや実績をしっかりと理解してくれているか
    • 業界や職種に関する知識を持っているか
    • 希望とかけ離れた求人を提案してこないか

    まとめ

    「ディズニーランド」「ディズニーシー」を運営しているオリエンタルランドへは、いつの時代でも働きたいと願う人が多くいます。

    オリエンタルランドは、多くの来場者へたくさんの夢と希望を与える使命感を持った企業ですので、バイタリティ溢れる人、人を楽しませるのが好きな人が向いているでしょう。

    オリエンタルランドへの転職を検討しているのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

    直ぐにでも転職したいなら「リクルートエージェント」、初めての転職をフルサポート「doda」、女性の転職なら「パソナキャリア」の3社であれば、オリエンタルランドへのスピーディーでスムーズな転職活動が進みます。

    転職エージェントの上手な活用で、ぜひ夢の国への転職を成功させましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県