リクルートエージェントで転職すべき?利用者の評判と登録前の注意点

一般転職

リクルートエージェントの利用を検討中ですね。

リクルートエージェントは、日本でトップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

掲載されている求人は26万件以上。実績も他のエージェントを圧倒しているので、転職活動をする全ての人に自信を持っておすすめできるサービスです

ただ、実際に利用するとなれば「本当に良い案件を紹介してくれるのかな…」「きちんとサポートしてくれるかな…」といった心配もありますよね。

また、ネットを見ると「連絡が遅い」「求人の質が微妙。。」などの口コミが目につくので、不安になってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、 リクルートエージェントの特徴やサービス内容、さらには気になる口コミの真実を徹底的に解説していきます

「なんとなく信頼できそうだから」と思って利用を考えている人も、本当にリクルートエージェントを選ぶべきなのか、はっきりと答えがでるはずですよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

0.まず確認!リクルートエージェントがおすすめな人

忙しい人のために、先にリクルートエージェントがどんな人におすすめかを紹介しておきますね。

結論から言うと、リクルートエージェントは次のような人におすすめの転職エージェントです。

  • 豊富な求人の中から希望の仕事を見つけたい人
  • 転職後のミスマッチを防止したい人

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数を保有しているので、 他の転職エージェントよりも、希望した条件の求人が見つかりやすいです

また、転職支援実績もナンバーワンなだけあり、コンサルタントのサポートも充実しています。

入念にリサーチされた企業の情報をもとに、あなたにとって最適な求人を紹介してくれるので、転職後のミスマッチも起きにくいでしょう。

▽サポートの内容

しかし、稀に対応の良くないコンサルタントに当たってしまうこともあります。

そのため、 「求めていない求人を紹介された…」「連絡が遅くかった…」なんて口コミも、ネットに上がっているのが実情です

ですので、コンサルタントに不満を感じた時は、すぐに「お問い合わせフォーム」から変更を伝えるようにしてください。

対応の悪いコンサルタントに注意していれば、リクルートエージェントはあなたの転職をサポートしてくれる最高の味方になってくれるでしょう。

「大手だからなんとなく利用する」という理由で選ぶことも、決して間違いではありません。

ぜひ、あなたの転職活動に役立ててくださいね。

ここからは、リクルートエージェントについてもっと知りたい人のために、詳しい特徴を解説していきます。

なお、口コミを確認しておきたい人は、「2.評判が悪い?リクルートエージェントの気になる口コミ」を先にチェックしてくださいね。

1.業界最大手!リクルートエージェントとは?

リクルートエージェント」は、 求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最王手の転職エージェントです

26万件以上の求人を掲載しており、第二新卒者や大手企業へのキャリアアップを目指す人まで、幅広く活用されています。

また、実績が豊富なので、企業の詳しい情報や面接対策のサポートも充実しているのが大きな強みです。

ここからは、そんなリクルートエージェントを詳しく知ってもらうために、3つの特徴を解説していきます。

「名前は知ってるけど、人気の理由がわからない…」という人も多いと思いますので、よく確認しておいてくださいね。

では、順番に解説していきます。

スポンサーリンク

特徴1.圧倒的な求人数

リクルートエージェントの一番の強みが、掲載されている求人の数が多いことです。

求人数は公開されているものだけで26万件以上。転職エージェント業界でも、頭一つ抜けて多いです

具体的にどれほど多いのか、他の大手転職エージェントの求人数を調査して、以下にまとめました。

サービス 求人数 転職成功実績
リクルートエージェント 約26万件 約37万件
doda 約10万件 非公開
パソナキャリア 約3万件 非公開

表を比較すると、リクルートエージェントはその他転職サイトに比べて、圧倒的に求人数が多いことがわかりますね。

転職サイトの良し悪しは求人数だけで比較することは出来ませんが、求人数が多ければ、その分希望する条件の企業を見つけやすくなります。

そのため、求人数が多いことは、リクルートエージェントの中でも一番の特長と言えます。

特徴2.充実したサポート体制

2つ目の特長は、コンサルタントのサポートが充実していることです。

リクルートエージェントは業界最大手なだけあり、企業のデータや面接対策のノウハウなどが豊富に集まっています。

これらのデータを活用して、転職を成功させるためのサポートをしてくれるんです。

リクルートエージェントの転職サポートの中でも、特に紹介しておきたいのが以下の2点です。

  1. エージェントレポート
  2. 面接力向上セミナー

エージェントレポート

1つ目が、「エージェントレポート」と呼ばれるweb上で企業の情報が見られるサービスです。

コンサルタントが調査した企業・求人情報、企業選定や選考ポイントなど、転職活動に役立つ情報が細かく記載されています。

具体的は、以下の内容を確認可能です。

  • 給与水準や残業時間など、企業の内部情報
  • 活躍する人材
  • 企業の特徴や業界トレンド
  • 仕事のやりがい・労働環境
  • 選考のポイント

Web上ではなかなか調べにくい企業の特徴や、労働環境について調べられているので、入社後のミスマッチを防ぐのにとても役立ちます。

面接力向上セミナー

2つ目は、登録者が無料で利用出来る「面接力向上セミナー」です。

面接力向上セミナーは、リクルートエージェントが全国で開催している希望者参加型のセミナーです。

面接で意識することや、何に力を入れるべきかなど、面接を受ける上で必ず身につけておきたい内容を確認できます。

このように、転職希望者へのサポートが充実しているので、リクルートエージェントを活用すると、有利に転職活動を進められるんです。

特徴3.高い知名度とブランド力

他の転職エージェントと比べて、知名度・ブランド力が高いのも大きな強みです。

知名度が高いので、たくさんの求職者がリクルートエージェントを活用して転職活動を行っています。

そのため、リクルートエージェントに求人掲載を希望する企業も増えていき、希望に沿った求人が見つかりやすくなります。

このように、大手転職エージェントの知名度やブランド力の強みがあるからこそ、 他の転職エージェントよりも求人数・サポート体制が整っていくのです

なんとなく「大手の転職エージェントだから安心」と考えている人も多いですが、その考えは決して間違いでは無いということですね。

スポンサーリンク

2.評判が悪い?リクルートエージェントの気になる口コミ

評判が悪い?リクルートエージェントの気になる口コミ

リクルートエージェントは、 知名度・実績共に高く、良い転職エージェントということがわかりました。

ですが、利用者の口コミを確認すると、悪い評判が目につくのが気になります。

特に登録前の不安材料となるのは、以下の3つ。

どれも利用する前によく確認しておきたいものですので、SNSの口コミを参考にしながら、その真実を検証していきます。

口コミ1.利用期限がある

まずは、利用期限があるという口コミです。

意外と知られていませんが、リクルートエージェントは、転職サポートの期間を3ヶ月と決めています。

そのため、ゆっくりと長い期間をかけながら転職活動をすることには向いていません。

テンポよく転職活動をするのには良いのですが、「とりあえず登録だけ」という人は、利用期限の規定が無い「マイナビエージェント」や「doda」の方が焦らずに転職を進められます。

口コミ2.連絡が遅いことがある

次に、「連絡が遅いこともある」という口コミです。

結論を言うと、受け身の転職希望者は連絡が遅いと感じてしまいます。

自分から積極的に動かないと、連絡が他の転職者の後にされることが多いからです。

それを防ぐ為に、「この求人に応募したい!」「書類添削を受けたい!」など、自分からコンサルタントに連絡しましょう。

ただし、対応が悪いコンサルタントも中にはいるようで、連絡をしても返事か帰ってこないことが稀にあります。

極端に返事が遅いようであれば、コンサルタントを変更するべきです。

少しでも対応が悪いと感じたら、すぐに「お問い合わせフォーム」からコンサルタント変更の申し出を行いましょう。

スポンサーリンク

口コミ3.求人の質が悪い

「求人の質が良くない。。」という意見もあります。

リクルートエージェントの求人数は26万件と非常に多いですが、中には労働条件が良くない求人があります。

ブラック企業も少なからずありますので、 紹介された企業は必ずインターネットで検索をしましょう。

極端な長時間労働やハラスメント行為が横行している口コミが多い場合は、応募は避けておくべきです。

なお、求人の質が悪いという口コミは、リクルートエージェントに限らず他の転職エージェントでも見られます。

そのため、リクルートエージェントだけが質の悪い案件を多く掲載しているわけではないことを、知っておいてください。

3.リクルートエージェントを利用する3つのメリット

リクルートエージェントを利用する3つのメリット

リクルートエージェントには悪い口コミも見られます。

しかし、業界最大手のエージェントですので、利用するメリットは大きいです。

ここからは、リクルートエージェントを利用して転職活動をするメリットを解説していくので、気になる点をよく確認しておいてください。

それでは、1つずつ紹介していきます。

メリット1.希望する仕事が見つけやすい

リクルートエージェントなら、希望する仕事が見つけやすいです。

求人数がとにかく多いので、細かく条件を絞っても、希望に沿った仕事をコンサルタントから紹介してもらえます。

他の転職エージェントであれば、条件を細かく指定しすぎると、案件が見つからないこともよくあります。

求人数が多い分、質の悪い案件が含まれているのは避けられないですが、コンサルタントと相談しながら条件に沿った仕事を見つければ、思い描いていた転職ができるでしょう。

スポンサーリンク

メリット2.スピーディーな転職活動が出来る

リクナビエージェントならば、積極的な姿勢で転職活動をサポートをしてもらえるので、スピーディーな転職活動が実現します。

面談から転職先の決定まで、無理のないスケジュールを立てるので、転職活動に無駄が生まれません。

3ヶ月の利用期限があるので、コンサルタントも転職期限を意識して、迅速に対応を進めてくれるでしょう。

転職による空白期間は極力作りたくないという人は、嬉しいポイントですね。

メリット3.書類選考通過率を上げられる

書類の内容を過不足なしに伝えられるので、書類選考通過率を上げられます。

多くの企業情報に詳しいコンサルタントが、添削を行なうので、企業ニーズに合った書類を作成することできます。

「伝えるまでもない」と考えていた経験やスキルも、採用する企業から見ると魅力に感じるケースは多いものです。

あなたの強みは企業へ伝えなければ評価に繋がらないので、どんなことを経験してきたか、余すところなくコンサルタントに伝えましょう。

希望する企業への転職に繋がるので、書類選考通過率を上げることは大きなメリットです。

4.【結論】リクルートエージェントはこんな人におすすめ

【結論】リクルートエージェントはこんな人におすすめ

リクルートエージェントは求人数が多く、あなたが希望する仕事が見つけやすい転職エージェントです。

エージェントが調査した企業・求人情報、選考ポイントなどがわかるので、応募前に企業の情報を入念に調べて、対策を立てられます。

ただし、「利用期限に縛りがある」といった問題点があることも忘れてはいけません。

これらの内容をまとめると、リクルートエージェントは次のような人におすすめだと言えます。

  • 豊富な求人数を使って希望の仕事を見つけたい人
  • 自ら積極的に転職活動が出来る人
  • 転職後のミスマッチを防止したい人

リクルートエージェントの豊富な求人数や、企業調査のレポートをチェックして転職活動をしたい人は、登録して損をすることはないでしょう。

一方で、リクルートエージェントは以下のような人にはおすすめできません。

  • ゆっくり転職活動を進めたい人
  • 希望の業種や仕事がはっきりと決まっている人

リクルートエージェントには3ヶ月の利用期限がある為、ゆっくり転職活動をする予定の人には向いていない実情があります。

そのため、自分のペースで転職活動を進めたい人は、同じく大手の転職エージェントである「マイナビエージェント」や「doda」の活用をおすすめします。

また、リクナビエージェントは求人数が多いですが、中には質の悪い求人も含まれています。

そのため希望の業種や職業がはっきりと決まっている人は、条件に合った求人が多い「特化型エージェント」を活用した方が良いでしょう。

※リクルートエージェントの専門性が低いという情報は見つけられませんでしたが、希望の業界があるなら、業界特化型の転職エージェントを活用した方が質の悪い求人に当たりにくいです。

条件 転職エージェント 特徴
ハイキャリア・高年収向け JACリクルートメント
  • 管理職、専門職向けの高年収求人が多い
外資向け マイケルペイジ
  • 医療、経理、営業、マーケティング、法務などの分野に対応しており、専門性が高い。
IT・Web系向け ワークポート
  • Tエンジニアやwebディレクター、ゲーム業界の求人が充実。

スポンサーリンク

5.リクルートエージェントの登録から応募までの流れ

リクルートエージェントの登録から応募までの流れ

リクルートエージェント」を使って転職をするステップは、以下の通りです。

いずれも簡単に進められるので、安心してください。

登録から応募までのステップについて順番に解説していきます。

STEP1.申し込み

申し込み方法

まずはリクルートエージェントの公式サイトにアクセスし、「転職支援サービスお申込み」から、項目を入力します。

STEP2.エージェントとの面談

コンサルタントから連絡が届いたら、面談をします。

面談は、電話でも出来ますが、出来れば最寄りのオフィスに足を運んで、直接面談を行なうと良いでしょう。

面談では、経験と希望条件を整理し、求人の紹介やキャリアプランの提案をします。

具体的な内容は以下の通りです。

キャリアの棚卸し

キャリアの棚卸しとは、これまで関わった仕事を整理して、どのようなキャリアを身に付けたかを整理することです。

転職先の業務に関わる経験を抽出して書類作成が出来るので、今までどんなことを経験したか、出来る限りリストアップしましょう。

客観的にキャリアを整理出来るので、自分では気が付かなかった強みや可能性を発見出来ます。

方向性の決定

転職の目的と希望条件を確認して、転職活動の方向性を決めます。

希望の転職時期を決めて、そこから逆算して応募から転職までのスケジュールを決定してくれます。

面接にどれくらい時間を割けるかなど、あなたの状況に合うよう、柔軟に決定してくれるので安心です。

そのため、無理の無い転職活動が出来ます。

持ち物や服装について

持ち物は、基本的に必要ありませんが、依頼があった場合のみ、履歴書・職務経歴書、筆記用具などを持参します。

服装は、私服で問題ありません。企業との面接対策の為に、身だしなみについてのアドバイスをもらいたい場合はスーツを着用していくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

STEP3.求人紹介

面談で方向性が決まったら、コンサルタントからあなたに合った求人を案内してもらえます。

面接の日程調整などは、エージェントに任せられるので安心です。

したがって、あなたは都合の良い日程を伝えるだけで良く、手間を取られることはありません。

STEP4.面接

決められた日程で面接を受けます。

事前にエージェントが面接対策をしてくれるので、不安も無くなるはずです。

なので、安心して臨めますよ。

不安な内容があれば、コンサルタントに確認しておきましょう。

6.リクルートエージェントと併せて使いたい転職エージェント

リクルートエージェントと併せて使いたい転職エージェント

リクルートエージェントの1つに絞って転職活動をする方法もありますが、転職活動を有利に進める方法が、他の転職エージェントも併用することです。

転職エージェントを併用することで、得られるメリットは、以下の3つです。

  1. 相性の良いエージェントを選べる
  2. 非公開求人を多く紹介してもらえる
  3. 視点を変えたアドバイスがもらえる

1つの転職エージェントの利用だけでは得られないメリットが豊富にあります。

少しでも転職できる確率を上げたいのであれば、転職エージェントを併用するのが最も賢い使い方です

スポンサーリンク

併せて活用したい転職エージェント

転職エージェントを併用することを決めたあなたは、以下のエージェントの利用を検討しましょう。

各エージェントにはそれぞれ特徴があり、サポート内容が違ってきます。

内容をチェックし、併用する転職エージェントを見つけましょう。

転職エージェント 保有求人数 対応エリア 年齢層 特徴
doda 10万件以上 全国+海外 全年代
  • 履歴書などの添削や書類の提出代行
  • 面接対策のサポートが受けられる
パソナキャリア 3万件以上 全国+海外 全年代
  • 電話・メールのレスポンスが早い
  • 履歴書などの添削が受けられる
  • 面接対策のサポートが受けられる
マイナビエージェント 3万5千件以上 全国+海外 20代~30代
  • 第二新卒向けの求人が豊富
  • 履歴書などの添削が受けられる
  • 面接対策のサポートが受けられる

この表を比べると、次のようなことが言えます。

  • dodaは保有求人数が多い
  • パソナキャリアは連絡のレスポンスが早い
  • マイナビエージェントは第二新卒者の求人が豊富

履歴書の添削や、面接対策のサポートが受けられるのはどこも同じです。

保有求人数」「レスポンスの早さ」「第二新卒向け求人数」のうち、どれを重要視するかで併用するエージェントを決めると良いでしょう。

7.【Q&A】リクルートエージェントの気になる疑問を解決!

【Q&A】リクルートエージェントにまつわる気になる疑問を解決!

最後に、リクルートエージェントのよくある質問をこちらにまとめておきます。

本記事の内容を呼んでもわからないことがあれば、こちらを参照してみてください。

Q1.地方在住で面談に行けない場合は?

地方在住で面談に足を運べない場合は、対面では無く電話面談も可能です。

リクルートエージェントに登録後、担当のコンサルタントに電話面談の希望を伝えましょう。

その場合、履歴書などの書類を用意しておき、インターネットに繋がるパソコンがある環境だと面談がスムーズに進みます。

スポンサーリンク

Q2.紹介された求人には必ず応募しないといけない?

結論から言うと、紹介された求人には必ず応募しないといけない、ということはありません。

方向性に合った求人を紹介しているはずが、紹介された求人を確認すると、希望とずれている求人が混ざっていることもあります。

希望に合わない求人を紹介された場合は、ハッキリ断わるべきです。

担当コンサルタントは、その断る理由に応じて紹介する求人を調整するので、断る際は「仕事内容に興味がない」「労働条件が希望と合わない」など、具体的な理由も添えて理由を説明しましょう。

断る明確な理由を伝えないと、紹介される求人の傾向は変わらないので、転職活動が上手く進みません。

紹介された求人が希望に合わない場合はハッキリと伝えましょう。

Q3.リクルートエージェントの利用者向けアプリは何が出来る?

リクルートエージェントには専用のスマホアプリがあります。

スマホ版アプリでは求人の検索が出来たり、コンサルタントからの連絡をアプリで確認出来ます。

外出先の隙間時間にも求人のチェックが出来るので、効率良く転職活動を進めるのに役立ちますよ。

まとめ

以上、『リクルートエージェントで転職すべき?利用者の評判と登録前の注意点』でした。

リクルートエージェントはその圧倒的な求人数が特徴の転職サイトです。

転職活動にあたって、自ら積極的に転職活動が出来る人や、豊富な求人数を活かして希望の仕事を見つけたい人にはおすすめですよ。

ですが、場合によっては希望した求人が見つからないこともあるでしょう。

もし希望する条件の求人が見つからなければ、他の転職エージェントを併用するのもおすすめですよ。

  • スポンサーリンク