【必読】リクナビNEXTの特徴・評判と登録に確認すべき全注意点

【必読】リクナビNEXTの特徴・評判と利用前に確認すべき全注意点 一般転職

リクナビNEXTへの登録をお考えですね

リクナビNEXTは、「転職先と出会えたサイトNo.1」「利用満足度No.1」「おすすめしたい転職サイトNo.1」など、利用者からバツグンに人気が高い転職サイトです。

しかし、少なからず注意点もあります。よく確認しておかないと、「メールが多すぎて使い物にならない」「会社に転職がバレた…」なんてことも。。

そんなことにならないように、本記事ではリクナビNEXTを利用する上での注意点を、実際に利用した筆者の経験を踏まえて詳しく解説していきます

他のサイトと比較した際の特徴や、利用者の口コミも紹介しているので、登録後に後悔しないための全ての情報を確認できますよ。

ぜひ、あなたの転職活動に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

1.リクナビNEXTってこんな転職サイト

リクナビNEXTってこんな転職サイト

リクナビNEXT」は、リクルートキャリアが運営する国内最大級の転職サイトです。

実に転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しており、転職サイトの中では圧倒的に高い知名度を誇っています。

2018年に行われた調査では「利用満足度No.1」も獲得。利用者からの評判も高く、転職活動には欠かせない転職サイトだと言えるでしょう。

基本情報

まずは、リクナビNEXTの求人数や対応地域などの基本情報をざっくり紹介しておきますね。

会員数 700万人以上件
求人数 12,280件
対象地域 全国+海外
年齢層 全年齢幅広く対応
利用料金 無料
  ※19年5月の求人数
  • 会員数
    全転職者の8割もの人が利用している転職サイトです。

  • 求人数
    リクナビNEXTは転職サイトの中でもトップクラスに求人が多いです。(他と比べてどれくらい多いかは、後ほど解説します。)
  • 対象地域
    リクナビNEXTは地方の求人も充実しているので、地元での転職やUターン転職にも活用できます。
  • 年齢層
    20代はもちろんのこと、30代や40代のユーザーも多く、中高年でも希望の求人を見つけやすいです。
  • 料金
    リクナビNEXTを利用して料金が発生することは一切ありません。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違い

リクルートキャリアは、リクナビNEXTとは別に「リクルートエージェント」という転職サービスも運営しています。

リクナビNEXTは自分一人で転職活動を行う ”転職サイト” であるのに対し、リクルートエージェントは担当者が転職活動をサポートしてくれる ”転職エージェント” というサービスです。

混同されることが多い2つですが、サービスの内容は大きく異なることを知っておいてください。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違い

リクルートエージェントならば、アドバイザーが応募書類の作成から面接対策まで丁寧にサポートしてくれます。

また、リクルートエージェントから求人に応募すれば、アドバイザーが企業に推薦状を出してくれるので、書類選考を通過しやすくなるというメリットも

そのため、本格的に転職活動を行うならば、リクナビNEXTだけでなくリクルートエージェントも活用するのが一番賢い方法です。

ただ、「とりあえず求人だけ確認したい」「自分のペースで転職活動したい」という人は、ひとまずリクナビNEXTに登録しておくだけでも十分ですよ。

リクルートエージェントに登録してみる

スポンサーリンク

2.リクナビNEXTが選ばれる5つの理由

転職サイトは、探せば100サイト以上見つかりますが、その中でリクナビNEXTは8割以上の転職者に選ばれています。

では、なぜリクナビNEXTはここまで人気なのかというと、次の5つの理由があるからです。

理由1.求人数が全転職サイトと比較して一番多い
理由2.求人検索画面が使いやすい!見やすい!
理由3.「グッドポイント診断」が優秀
理由4.応募書類をサイトからダウンロードできる
理由5.登録しておくだけでスカウトをもらえる

それぞれ、順番に説明していきますね。

理由1.求人数が全転職サイトと比較して一番多い

リクナビNEXTは求人数が他の転職サイトと比べて一番多く、希望の求人を見つけやすいです。

どれだけ求人が多いのかを知ってもらうために、各転職サイトの新着求人を調査しましたが、違いは一目瞭然です※2

図をみていただくと、日本全国どの地域でも、リクナビNEXT(赤の棒グラフ)の新着求人数が一番多いことがわかります。

リクナビnextは求人数が全転職サイトと比較して一番多い

※2)新着求人を調査した理由 
各サイトの公開求人の中には、すでに募集を終了した”過去の求人”も掲載されていることがあります。
そのため、掲載されている求人数を比較しただけでは、各サイトが本当にどれくらい多くの求人を保有しているかわかりません。
そこで本記事では、「新着求人」を調査して、日々どれくらい多くの求人が追加されているのかをチェックしました。

このように、リクナビNEXTならば他の転職サイトよりも多くの求人を確認できるため、自分に合った求人を見つけやすくなります

そのため、転職者の多くが求人探しに活用しているのです。

理由2.求人検索画面が使いやすい!見やすい!

リクナビNEXTは「使いやすいと思う転職サイトNo.1」と評価されるほど、操作性に優れた転職サイトです。

年収で求人を絞り込んだり「完全週2休制」「服装自由」など希望条件を設定したり、ピンポイントで求人を絞り込めるので、膨大な求人から自分好みの仕事を探しだせます。

エイクナビnext求人検索画面が使いやすい!見やすい!

見た目もスッキリしていて、ごちゃごちゃしていない点も利用者から人気です。

転職活動時は頻繁に求人検索を行うので、求人検索画面が見やすくて使いやすいことは大事ですよね。

その点、リクナビNEXTを選んでおけば、不便を感じることなく転職活動を行えます

リクナビNEXTはアプリも使いやすい!リクナビNEXTはアプリも使いやすい!

リクナビNEXTには専用のスマホアプリがあります。

スマホ版アプリでは求人の検索が出来たり、企業からの連絡をプッシュ通知で連絡してくれたりします

隙間時間でも求人チェックをすることが出来るので、効率良く転職活動を進めるのに役立ちますよ。

iPhone版  /  Android版

スポンサーリンク

理由3.「グッドポイント診断」が優秀

リクナビNEXTには、「グッドポイント診断」という無料で自己分析を行えるツールが用意されており、自分の強みや弱点を発見するのに役立ちます

リクナビnextは「グッドポイント診断」が優秀

「サイト内の診断ツールなんて役に立たなそう…」と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

グッドポイント診断では30分間・293問の本格的な診断を行うので、「言われてみればそうかも!」と思うような”言語化できていない強み”を明確にすることができるんです。

リクナビnextのグッドポイント診断の様子

診断ツールが用意されている転職サイトは他にもありますが、リクナビNEXTほど充実した診断を受けられるものはありません。

この診断を受けるためだけにリクナビに登録する人もいるほど、グッドポイント診断は転職に役立つ診断ツールなんです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる!

理由4.応募書類をサイトからダウンロードできる

応募の際に欠かせない「履歴書」と「職務経歴書」ですが、リクナビNEXTではサイト内でテンプレートをダウンロードして、そのまま利用することができます

書類の書き方や見本もサイト内に用意されているので、どのように書けばいいのか悩んでしまうこともありません。

リクナビnextの職務経歴書のテンプレート

応募書類のテンプレートは他のサイトでも用意されているのですが、リクナビNEXT以外で作ると、転職サイトのロゴが入ってしまうんです。。

しかし、リクナビNEXTのテンプレートはロゴが入らないので、リクナビ以外の転職サービスで転職する際にも利用できます

ワードとエクセルのどちらでもダウンロードできるので、転職活動で大活躍しますよ。

理由5.登録しておくだけでスカウトをもらえる

リクナビNEXTでは、登録時に詳しいプロフィールを設定しておくことで、あなたに興味をもった企業からスカウトを受け取ることができます。

そのため、以下のように仕事で忙しくて転職活動に本腰を入れられなくても、自分にあった求人を探すことができるのです。

リクナビnextは登録しておくだけでスカウトをもらえる

「どうせ良い求人からは来ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、プロフィールを充実させておけば、思いもよらぬ優良企業からオファーが届くことも十分にありますよ。

もちろん、中には「テンプレのメール?」と疑いたくなるオファーもあるのですが、設定から通知をオフにしておけば、不要なメールに悩まされることはありません。

【オファーをOFFにするには】

  1. ログイン後、トップページの「各種設定」をクリックする。
  2. 「スカウト」欄でオファー設定の「求人掲載企業からのオファー、応募歓迎」 「転職エージェントからのオファー 、転職エージェントが取り扱う求人企業からのオファー」から停止したいオファーの[OFFにする]ボタンをクリックする。

引用:リクナビNEXTヘルプページ

上手に活用すれば、自分がどんな企業に興味を持ってもらえるのかわかるので、情報収集としても非常に役立つでしょう

スポンサーリンク

3.ここだけは気をつけて!リクナビNEXT利用前の全注意点

リクナビNEXTは、転職サイトの中でも頭一つ抜けて優れたサイトであることは間違いありません。

しかし、少なからず注意点もあるので、後悔せずに利用するためにも以下の2点は確認しておいてください。

注意点1.会社にバレる可能性がある
注意点2.質の悪い求人もある

それぞれ順番に解説していきます。

注意点1.会社にバレる可能性がある

リクナビNEXTを使って求人探しをしていると、会社に転職活動をしていることがバレてしまう可能性があります

それはどんな場合かと言うと、以下2つの条件が重なった時です。

  1. あなたの勤め先がリクナビNEXTのスカウト機能で求人を募集している
  2. あなたがリクナビNEXTのスカウト機能を使って求人を探している

大前提として、氏名や住所などの個人情報はサイト上で完全非公開にされているので、どんなことがあってもバレることはありません。

しかし、経歴情報は2つの条件が重なると企業側から見られてしまうので、会社の採用担当者に「あの人の経歴では…」と感づかれてしまうかもしれないのです。

ただ、心配しなくても大丈夫です。

リクナビNEXTには、特定の企業からは経歴情報を見られないようにする「レジュメ公開ブロック」という機能が用意されています。

この設定しておけば、あなたの勤め先や取引先からバレることはありませんので、安心して転職活動に臨めますよ。

「レジュメ公開ブロック」はこちらから設定することができます。

注意点2.ブラックな求人も少なからずある

もう1つ注意して欲しいのが、ブラック求人です。

リクナビNEXTは求人数が膨大にあるので、中には「この求人ヤバそう…」と思うような求人も掲載されていることもあります

「年間休日日数が少ない」「単純労働ばかり」など、気をつけておかなければならない求人も含まれているのは事実なので、企業の調査は入念に行なっておきましょう。

なお、ブラックな企業を避けるのには「転職会議」などの企業の口コミサイトが役立ちます。

リクナビnextに登録するなら転職会議にも利用するべき

転職会議では、応募する前に気になる「年収」「社員の評判」「社風」など、企業の細かい内部情報をチェックすることが可能です。

それだけでなく、2chまとめやホワイト/ブラック診断なども確認できるので、転職後のミスマッチを無くすことにも役立つでしょう。

後悔しない転職にするためにも、リクナビNEXTだけで転職活動を行わず、口コミサイトも上手に併用するようにしてくださいね。

他の転職サイトはもっと質の悪い求人が多い!?

質の悪い求人が含まれているのは、当然ながらリクナビNEXTだけではありません

むしろ、リクナビNEXTは求人の広告掲載費用が高い分、他の転職サイトよりも質の悪い求人が集まりにくいです。

企業が転職サイトに求人を出すためには、「広告掲載費用」がかかります。この費用は、リクナビやdodaなど大手の転職サイトの方が、他の転職サイトと比べて料金が高いです。

そのため、質の悪い”ブラック企業”は、少しでも掲載費用を抑えるために、リクナビやdodaより広告掲載費用が安い転職サイトに求人を出すことが多いのです。

SNSなどでは「リクナビは特にブラックが多い」というような口コミを良く見かけますが、そのようなことはありませんので、鵜呑みにしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

4.利用者は満足してる?リクナビNEXTの口コミ・評判を調査

ここまで、リクナビNEXTが「求人数」や「操作性」「役立ち機能」に優れた転職サイトであることをお伝えしてきました。

ただ、実際に利用した人が本当に満足しているのかも確認しておきたいところですよね。

そこで、ここからは私がリクナビNEXTを利用した経験も踏まえながら、以下4つの気になるポイントをSNSで口コミを調査してまとめました。

口コミ1.求人の量・質
口コミ2.使いやすさ
口コミ3.グッドポイント診断
口コミ4.サイト内のお役立ち機能

 では、順番に確認していきましょう。

口コミ1.求人の量・質

求人が多い

こちらは「求人の数が多い!」という口コミです

リクナビNEXTはとにかく求人数が多いので、「ほとんど求人がヒットしない…」ということは起こりにくいです。

ただ、多すぎてひとつずつ確認していてはキリがないので、絞り込み機能を上手に活用して効率よく求人を確認していきたいですね。

希望に近い企業と出会えた

「リクナビNEXTを使って希望の求人を見つけられた!」という口コミです。

リクナビNEXTは求人数が膨大なので、上手に求人を絞り込めれば希望に沿った求人も見つけやすくなります。

また、希望の求人が見つからない人も、求人更新日の「水曜日」と「金曜日」に新着求人を確認しておけば、気になる企業が新しく追加されているかもしれません

オファーメールが多くて困る

「オファーメールが多すぎて困る」という口コミも多く見られました。

たしかに、私も1日に10件以上のオファーメールが届いて「多すぎる…」と感じることがありました。

しかし、中には良い企業が含まれていることもあるので、全く使い物にならない訳ではありません。

メールが多くて困ると言う場合は、設定から通知をオフにして、週に一度まとめて確認してみると良いでしょう。

スカウトで有名な会社からオファーが来た!

このように、「スカウトメールで有名な会社からオファーが来た」という口コミもあります

思いも寄らない企業からスカウトがくるかもしれませんので、とりあえず登録しておくだけでも利用価値がありますね。

他の転職サイトの方が良い求人が多い?

口コミには、「他の転職サイトの方が求人の数が多い」という声も見られました。

本記事でも解説していますが、転職サイトで求人が一番多いのは、間違いなくリクナビNEXTです

ただ、人によって希望の条件は異なるので、職種や地域によっては他サイトの方が求人が多いこともあります。

そのため、「doda」や「マイナビ転職」などの転職サイトも合わせて活用すると、求人の見逃しがなくなるでしょう。

以下の記事で、おすすめ転職サイトについて紹介しているので、ぜひこちらも確認してみてくださいね。

口コミ2.使いやすさ

使いやすくて便利

こちらは「リクナビNEXTが使いやすい!」という口コミです。

「マイナビとリクナビのどちらが使いやすいの?」と疑問に思っている人も多いかと思いますが、口コミではリクナビを推す人の方が多いように感じました

また、実際に両方とも利用した筆者としても、「リクナビの方がスッキリしていて見やすかったな…」と思います。

ただし、これはあくまでも主観の話で、以下のようにマイナビの方が使いやすいと感じている人も少なからずいます。

そのため、気になる場合は両方とも登録して、どちらが自分に合っているのか確かめてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

口コミ3.グッドポイント診断

診断が役立った!

「グッドポイント診断が役立った!」という口コミです。

全部で293問の質問に答えていく本格的な診断を行うので、かなり精度が高い結果を得られます

診断結果はそのまま求人探しや面接対策に活かせるので、転職活動に役立てることができますよ。

診断結果が当たっててすごい!

SNS上では、「当たってる!」「確かにそうかも!」という声も多く見られました。

転職活動を行う予定でない人も試してみるだけでおもしろい診断ツールです。ぜひ、自分の強みは何か確認してみてください。

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる!

口コミ4.サイト内のお役立ち機能

職務経歴書が簡単に作れる!

こちらは「職務経歴書が簡単に作れて便利!」という口コミです。

サイト内で職務経歴書をダウンロードして、書き方の見本を見ながら作成できるので、転職初心者でも迷うことなく書類作成ができますよ。

リクナビNEXTジャーナルが役立つ!

「リクナビNEXTジャーナルが役立った」という口コミです。

リクナビNEXTジャーナル」とは、リクナビNEXTが運営する転職情報の発信メディアです。

サイト内には、転職活動の進め方や気になる企業のインタビュー記事、他の転職者の体験談など、役立つ情報がたくさん掲載されています。

転職後も定期的に確認したくなるほど有益な情報が載っているので、ぜひこちらも確認してみてくださいね。

5.結論!リクナビNEXTはこんな人におすすめ

ここまで解説してきたリクナビNEXTの特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 求人数が他の転職サイトと比べて一番多い
  • サイトの操作性が高い
  • 転職活動に役立つ機能が充実している

このように、リクナビNEXTには転職活動を進めるにあたって、欠かせない要素が全て含まれています。

だからこそ、全ての転職者希望者におすすめできる転職サイトだと言えます

「オファーメールが多い」「会社にバレる可能性がある」などの注意点もありますが、どれも対処できる問題なので、リクナビNEXTをおすすめできない理由にはなりません。

転職者の8割が利用しているだけあって、どんな転職希望者にも役立つ転職サイトなので、ぜひ登録だけでも済ませておいてくださいね。

スポンサーリンク

リクナビNEXTをおすすめできない人って?

リクナビNEXTのような「転職サイト」では、キャリアアドバイザーからの転職サポートを受けることができません。

そのため、「一人で転職活動をおこなのが不安…」という人は、キャリアアドバイザーがサポートしてくれる「転職エージェント」を活用した方が良いでしょう

転職エージェントを利用するなら、求人数が全転職エージェントで一番多い「リクルートエージェント」がおすすめです。

リクルートエージェントについては、記事の後半でさらに詳しく紹介しているので、ぜひご確認ください。

リクルートエージェントの紹介をみる(記事後半にジャンプします)

6.リクナビNEXTに登録方法と内定をもらうまでの全手順

ここからは、リクナビNEXTに登録して企業に応募するまでの流れを、画像付きで紹介していきます。

登録しただけでは意味がありませんので、応募するところまで紹介していきますね。

ステップ1.リクナビNEXTに登録
ステップ2.気になる企業を探す
ステップ3.求人に応募する

3分ほどで登録は完了するので、サクッと済ませてしまいましょう。

ステップ1.リクナビNEXTに登録

まずは「リクナビNEXT」の公式サイトにアクセスして「会員登録」をクリックします。

ステップ1.リクナビNEXTに登録

会員登録を押すと、メールアドレスを記入する欄が出てきます。

転職活動がバレないためにも「会社と関係のないメールアドレス」で登録するようにしてくださいね。

プロフィール登録

メールアドレスを登録したら、会員登録用のURLが返信メールで送られてくるので、そのURLから会員情報を入力するページに移ります。

リクナビnextのプロフィール登録

ここで入力する個人情報は企業にバレることがありませんので、安心してくださいね。

 職務経歴を登録

続けて、あなたの職歴や保有している資格などを記入していきます。

リクナビnextに職務経歴を登録

こちらの情報はスカウト募集を受けるために使われるので、企業にチェックされる内容となります

しかし、「レジュメ非公開設定」という機能で特定の企業には見られないように設定することが可能です。

リクナビnextのレジュメ非公開設定

これで、リクナビNEXTの登録は完了です。

スポンサーリンク

ステップ2.気になる企業を探す

完飲登録が完了したら、求人検索を行いましょう。

求人数が膨大なので、「こだわり条件」で求人を絞り込んで、希望の条件の仕事を探してみてください

リクナビnextで気になる企業を探す

求人を絞り込んだら気になる企業を探していきます。

興味がある企業を見つけたら求人詳細を確認するか、もしくは「気になるリスト」に一時保存しておきましょう。

リクナビnextへの求人登録

ステップ3.求人に応募する

興味のある企業が見つかったら、そのまま応募画面に向かいましょう。

「応募後の流れ」については、求人情報欄の「この求人への応募について」という欄に全て書かれているので、その内容に沿って進めていけば大丈夫です。

リクナビnextの求人応募設定

1点だけアドバイスをするならば、興味のある企業が見つかったら、遠慮せずにどんどんエントリーしてみてください。

実は、転職で書類選考を通過できるのは、10社応募したうちの1社程度と言われています

あまりこだわりを持ちすぎると、いつまでたっても転職活動が終わりません。そのため、気になる企業が見つかったら積極的にチャレンジしてくださいね。

7.リクナビNEXTを最大限活用して転職を成功させるコツ

せっかくリクナビNEXTで転職活動を行うならば、最大限活用して、少しでも転職を成功に近づけたいですね。

ここではリクナビNEXTを効果的に使う方法を3つ紹介するので、ぜひ登録後に試してみてください。

コツ1.希望条件のパターンをいくつか保存して手間を省く
コツ2.レジュメ(職務経歴書)を充実させてスカウトをもらいやすくする
コツ3.転職エージェントにも登録してコンサルタントからアドバイスをもらう

では、順番に確認していきましょう。

スポンサーリンク

コツ1.希望条件のパターンをいくつか保存して手間を省く

リクナビNEXTでは求人検索の条件を保存できるので、毎回チェックしている条件があるのなら、保存していつでも見れるようにしておきましょう。

最大で5つまで保存できるので、5つ全て活用して、効率よく求人探しを行なってくださいね。

なお、保存した条件に新着の求人が掲載された際、メールでお知らせしてもらえる設定もできます。

メールのお知らせ設定は、保存した検索条件の一覧画面から設定することができます。

リクナビnextメールのお知らせ設定

コツ2.レジュメを充実させてスカウトをもらいやすくする

会員登録の際に行うレジュメ(職務経歴書)登録は、細かい情報まで具体的に載せるようにしてください。

レジュメを充実させておくことで、優良な企業からスカウトを受けやすくなります

はじめに登録する内容なので雑に入力してしまいがちですが、スカウトで転職活動を有利に進めるためにも、しっかりと記入しておいてください。

コツ3.転職エージェントにも登録してコンサルタントからアドバイスをもらう

転職活動をもっと有利に行うために、できれば転職エージェントを併用することをおすすめします

以下のような、転職活動に関する全てを無料でサポートしてもらえるので、一人で不安な人も安心して転職活動に臨めますよ。

  1. キャリア相談
  2. 求人紹介
  3. 履歴書・職務経歴書添削
  4. 面接対策
  5. 面接スケジュール管理
  6. 入社日・給与交渉
  7. 入社手続きのサポート

面接では伝えきれないあなたの強みも、担当のアドバイザーが直接企業に話してくれるので、内定の可能性を高めることも可能です。

あなたの転職活動の心強い味方になってくれることは間違いありませんので、ぜひリクナビNEXTと一緒に活用してみてください。

転職エージェントなら『リクルートエージェント』を活用しよう

転職エージェントなら『リクルートエージェント』を活用しよう

転職エージェントを使うなら、はじめにも紹介した「リクルートエージェント」が一番おすすめです。

その理由は、転職エージェント業界で一番求人数が多いからです。

リクルートエージェントが保有する求人は、全部で25万件以上。実は、リクナビNEXTの求人数(約12,000件)よりも、圧倒的にリクナビNEXTの求人の方が多いんです。

求人数が多いということは、それだけあなたの希望する求人が見つかりやすくなるということ。

希望の求人が見つかるかは転職を成功させる重要なポイントとなるので、ひとまずリクルートエージェントに登録して、どのような求人があるかだけでも確かめてみてください。

なお、リクナビNEXTと併用しておけば、「リクナビNEXTで求人を探す」→「リクルートエージェントで担当者にサポートしてもらいながら推薦書付きで応募」なんてことも可能です。

転職活動を少しでも有利に進めるために、ぜひ活用してくださいね。

スポンサーリンク

8.【Q&A】登録前の疑問点・登録後につまずきそうなポイントを総まとめ

最後に、リクナビNEXTに登録する前に気になる情報や、登録後につまづきそうなポイントをQ&A形式でまとめました。

疑問点は全て解消して、迷いなく転職活動に臨んでくださいね。

Q1.リクナビNEXTに問い合わせをしたい
Q2.リクナビNEXTの転職フェアに参加したい
Q3メールアドレスはどう変更する?
Q4.リクナビNEXTの退会方法は
Q5.リクナビNEXTのCMの女優って誰なの?

では、1つずつ確認していきましょう。

Q1.リクナビNEXTに問い合わせをしたい

リクナビNEXTに問い合わせをしたい場合は、まずこちらのヘルプページをご確認ください。

ヘルプページを見てもわからない点については、以下の電話番号に連絡してみると、解決できるはずです。

【リクルートキャリアへの質問全般に対応】

電話番号:03-3516-1234
受付時間:10:00-18:00(土日祝日を除く)

Q2.リクナビNEXTの転職フェアに参加したい

リクナビNEXTの転職フェア

リクナビNEXTでは、全国各地で転職フェアを開催しています

様々な企業が集まってブースを作り、採用担当者やその企業で実際に働く現場社員のから直接話を聞くことができます。

転職フェアに参加したい場合は、以下のページから転職フェアの開催状況を確認してみてください。

スポンサーリンク

Q3.メールアドレスはどう変更する?

メールアドレスの変更は、トップページの「各種変更」から行えます。

各種設定をクリック

レジュメ情報の「確認・変更する」をクリック

「リクルートID」の欄を変更する

Q4.リクナビNEXTの退会方法は

リクナビNEXTはトップページの各種設定から手続きを行えます。

Q5.リクナビNEXTのCMの女優って誰なの?

「リクナビNEXTのCMに出ている女優ってそういえば誰だろう?」と気になっていた人もいるのではないでしょうか。

リクナビNEXTのCMに出演している女優は、「玉城ティナ(たましろ ティナ)」さんという方です

1997年生まれ・沖縄県出身で、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフの女優さんです。

2019年秋に公開予定である「惡の華」にも出演されることで話題を集めています。

スポンサーリンク

まとめ

リクナビNEXTは転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです。

求人数は国内トップクラス。操作性やサポート機能に優れており、他の転職サイトよりも優先して使うべき転職サイトだと言えます。

利用料金は無料ですし、「グッドポイント診断」などの役立つ機能を活用できるので、ぜひ早めに登録を済ませておいてください。

また、キャリアアドバイザーがサポートしてくれる「リクルートエージェント」も合わせて活用して、ぜひ満足のいく転職活動にしてくださいね。

  • スポンサーリンク