社会保険労務士の資格は転職で有利?取得する方法やおすすめの職場を解説!

社会保険労務士 転職 一般転職

未経験であっても、「社会保険労務士」という資格に興味を持っていませんか。

とはいえ、社会保険労務士の具体的な仕事内容や転職先を知らないことには、本当に目指していいかどうか迷いますよね。

そこでこのページでは、社会保険労務士の仕事内容や資格を取得する方法を紹介します。

あわせて、おすすめの転職先や社会保険労務士を取得するメリット、利用したい転職エージェントも取り上げます。

転職前に、社会保険労務士ついて理解を深め、安定した収入を実現させましょう。

スポンサーリンク

1.社会保険労務士の資格は転職で有利になるのか

社会保険労務士の資格を持っていれば、転職を有利に進められます。

「未経験者を受け付けている求人への応募」や「あなたがまだ若い年齢である場合」は、とくに内定を狙いやすくなります。

業務経験があれば、さらに有利に転職を進められるでしょう。

ここでは、社会保険労務士の資格は転職で有利になるのか、詳しく解説します。

未経験者を受け付けている場合は有利

未経験でも応募可能な転職先であれば、社会保険労務士の資格を持っていることで、転職を有利に進められます。

年齢次第ではありますが、各会社の総務部などへの転職の道が開かれる可能性は少なくありません。

例えば、次の求人は、未経験者も歓迎しています。

(参考:リクナビNEXT/2019年8月時点

社会保険労務士の資格を所持していることで、転職が有利になる転職先を探してみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 若い年齢の人は不利にはならない

    20代などの若い年齢であれば、さらに転職しやすくなります。

    なぜなら、20代の採用は、ポテンシャルや将来性を重視する会社が多いからです。

    社会保険労務士という高いレベルの資格を持っていることは、評価の面でかなり有利になるでしょう。

    履歴書や面接においてしっかりとキャリアプランを伝えれば、より評価され、内定を獲得しやすいです。

    業務経験があればさらに有利になる

    労務管理や給与計算などの業務経験がある場合、さらに社会保険労務士の資格を活かせます。

    会社によっては、労務管理や給与計算などの業務経験者を求めているからです。

    さらに、「業務経験者+社会保険労務士資格保有者」という人は、ほとんどいません。

    簡単に取得できる資格ではありませんが、もし合格すれば転職に有利になることは間違いありません。

  • スポンサーリンク

  • 2.転職前に知っておきたい社会保険労務士という仕事について

    社会保険労務士 社労士 転職

    社会保険労務士の仕事は、人事や労務などの業務を行います。

    この仕事に向いているタイプの人や、転職前に、年収や将来について知っておいても損はありません。

    ここでは、転職前に知っておきたい社会保険労務士という仕事について解説します。

    仕事内容

    社会保険労務士の仕事は、多岐に渡ります。

    主に社会保険・労働関係の法律に関わる書類作成や給与計算などの業務を担います。

    また、労働基準法や雇用保険法、健康保険法などの法律知識を活かした、年金の相談受付やコンサルティングも仕事の1つです。

    社会保険・労働に関する法律の専門家だからこそ、さまざまな業界・企業で活躍できる仕事と言えます。

  • スポンサーリンク

  • 向いている人

    社会保険労務士に向いている人は、次の通りです。

    • コツコツと仕事をこなせる人
    • 強い正義感を持っている人
    • 経営に興味のある人 など

    事務処理能力に自信のある人も、社会保険労務士に向いているタイプと言えます。

    年収

    社会保険労務士の年収は、450~750万円程度です。

    平均値の場合、年収530万円前後ですが、人によって異なると認識しておきましょう。

    年収の低い人の場合、他の仕事をメインに副業として社会保険労務士をしている人もいます。

    社会保険労務士の年収についてもっと知りたい人は、「社会保険労務士の年収には大きな格差がある!?収入の現実や将来性を解説」をご覧ください。

  • スポンサーリンク

  • 将来性

    昨今、ブラック企業・雇用に関係する問題に、関心を持っている会社は多いです。

    そのため、社会保険労務士の果たす社会的な役割は、大きいと言えるでしょう。

    しかし、人気資格のため、社会保険労務士は増加傾向にあります。

    今後は競争の激化が予想されるため、スキルを磨いたり、顧客から信頼を勝ち取るパフォーマンスなどが重要になります。

    3.社会保険労務士の資格と取得する方法

    社会保険労務士 社労士 資格

    社会保険労務士の資格取得方法や試験の難易度も知っておきましょう。

    資格を取得すれば、法律の知識が身に付き、開業も夢ではありません。

    ここでは、詳しく社会保険労務士になる方法を紹介します。

    取得する方法

    社会保険労務士になるためには、試験に合格しなければなりません。

    受験資格は、「学歴」、「実務経験」、「厚生労働大臣の認めた国家試験合格」のどれかを満たす必要があります。

    それぞれの詳細は、次の通りです。

    学歴
    • 大学・短期大学・高等専門学校を卒業
    • 上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得 など
    実務経験
    • 社会保険労務士や弁護士の業務の補助に従事した期間が通算3年以上
    • 国や地方公共団体の公務員として行政事務に携わった期間が通算3年以上 など
    厚生労働大臣の認めた国家試験合格
    • 厚生労働大臣が認めた国家試験に合格
    • 司法試験第一試験または高等試験予備試験に合格
    • 行政書士の資格を持っている

    (参考:社会保険労務士試験の受験資格

    試験を突破できれば、事務指定講習を受講した後、全国社会保険労務士会連合会への登録と都道府県社会保険労務会への入会を行います。

    もしあなたが「労働者保険諸法に関する厚生労働省令で定める事務に2年以上」、つまり現場経験が2年以上である場合は、事務指定講習は免除されます。

    試験の難易度

    社会保険労務士の国家試験は、合格率約10%と非常に難関です。

    試験の内容や受験費用は、次の通りです。

    試験内容
    • 労働基準法及び労働安全衛生法
    • 労働者災害補償保険法
    • 雇用保険法
    • 労務管理その他の労働に関する一般常識
    • 社会保険に関する一般常識
    • 健康保険法
    • 厚生年金保険法
    • 国民年金法
    受験費用 9,000円

    (参考:社会保険労務士試験の概要

    難易度の高い試験のため、通信教育や資格試験のスクールなどで勉強しましょう。

    資格を取得するメリット

    社会保険労務士の資格を取得すると、正しい法律の知識が身につきます。

    それだけではなく、自分で事務所を開き、独立することも可能です。

    こうした資格を取得するメリットについて解説します。

    法律の知識が身につく

    社会保険労務士資格を取得すれば、労働基準法や雇用保険法などの正しい知識を身に付けられます。

    こうした法律知識があれば、「就業規則に定められた労働条件が守られていない」「社会保険の加入手続きがされていない」といった職場環境から、自分を守れます。

    社会保険労務士は、業務で活用しなくても、自分を守るために使える資格です。

    独立開業も夢ではない

    社会保険労務士を取得後、独立開業の道も選べます。

    自分の事業所を構え仕事をもらうことは大変ですが、会社員として働くよりも、自由度が高いです。

    経験を積んで自分に自信を持てるようになった人は、独立開業を考えてみましょう。

    4.社会保険労務士の転職先

    社会保険労務士 社労士 転職先 おすすめ

    社会保険労務士の転職先は、たくさんあります。

    一般企業だけではなく、社労士事務所や税理士事務所、経営コンサルティング会社でも働けます。

    詳しく社会保険労務士の転職先を見ていきましょう。

    一般企業の人事課・経理課

    民間企業の人事課や経理課であれば、社会保険労務士の資格を活かせます。

    雇用保険関係の法律が改定された場合、社会保険労務士が在籍していれば、スムーズにシステムを変更できるからです。

    人事課や経理課以外であれば、グループ会社の福利厚生課、厚生労働組合もおすすめの転職先です。

    社労士事務所

    社労士事務所にも、転職することは可能です。

    社労士事務所は、法人や個人相手に、賃金体系や年金などの相談を受けたり、指導したりする場所です。

    しかし、小規模の事務所が多く、いつでも求人を見つけられるとは限りません。

    大手社労士事務所の場合、ハードワークの可能性もあります。

    税理士事務所

    税理士事務所も、転職先のひとつです。

    税理士事務所での業務は、賃金計算作成業務や休暇手当の手続き業務です。

    これらの業務は、税理士のできない仕事です。

    そのため、税理士事務所は、社会保険労務士を求めています。

    経営コンサルティング会社

    経営コンサルティング会社への転職も、社会保険労務士資格を活かせます。

    社会保険労務士は、人事や労務の面でアドバイスできるため、コンサルティング業務の一部を担える仕事です。

    会社によっては、中途採用で即戦力を求めている場合もあります。

    企業経営に興味のある人は、経営コンサルティング会社を検討してみましょう。

    5.転職エージェントを利用して社会保険労務士へ

    転職エージェントを利用すれば、自分で転職活動するよりも、スムーズに進められます。

    転職エージェントは、、面接の対策をしてくれたり、企業に条件交渉してくれたり、求人を紹介してくれたりするサービスです。

    自分に合った転職エージェントを見つけられれば、内定を近づけられるでしょう。

    ここでは、社会保険労務士におすすめしたい転職エージェントをいくつかピックアップしました。

    たくさんの求人から選びたい人は「doda」

    doda

    doda」は、ユーザーからのサポートに対する評価が高く、利用しやすい転職エージェントとして知られています。

    各会社からから直接オファーを受け取れるスカウトサービスもあるため、忙しいけど転職したい人におすすめです。

    さらに国内最大級の転職エージェントで豊富な求人数があり、たくさんの求人から選びたい人にも最適なサービスです。

    質の高い求人を見つけたい人は「MS-Japan」

    MS-Japan

    MS-Japan」は、管理部門の求人に特化している転職エージェントです。

    管理系の求人が非常に多く、しかも質も良いため、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

    キャリアアドバイザーも専門領域ごとに配置されているため、悩みを相談しやすいです。

    はじめて転職する人は「パソナキャリア」

    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、応募書類を添削してくれたり、面接指導を丁寧に行ったりしてくれる転職エージェントです。

    はじめての転職で、「面接に自信がない」「応募書類に何を書いてよいかわからない」という人におすすめです。

    また、土日祝日など休日であっても、担当者と面談することができます。

    まとめ

    社会保険労務士は、転職に有利な資格です。

    資格取得の難易度は高いですが、取得すれば、転職先が広くなるでしょう。

    そんな社会保険労務士の転職先は、次の通りです。

    1. 一般企業
    2. 社労士事務所
    3. 税理士事務所

    未経験から転職するときに悩んだ場合は、「doda」、「MS-Japan」、「パソナキャリア」といった転職エージェントの利用をおすすめします。

    社会保険労務士資格を取得して、新しいキャリアを築きませんか。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県