新聞記者は転職できない?辞職理由や異業種・職種の転職先のおすすめ解説

新聞記者から 転職  一般転職

新聞記者を辞めたいけれども、次はどんな仕事に就けばよいのかわからないと困っていませんか。

新聞記者からの転職事情は厳しいものの、決して不可能ではありません。

当記事では、新聞記者におすすめの転職先などを解説します。

さらに、新聞記者が転職する理由、転職で活かせる経験・スキル・知識、おすすめの転職エージェントなども取り上げます。

当記事を読めば、新聞記者から転職できる可能性が高まりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.新聞記者は転職可能?

新聞記者は、すぐに転職できる職種とは言えません。

しかし、専門的な知識を有している人は、転職しやすいです。

ここでは、新聞記者は転職可能なのか、詳しく紹介します。

簡単に転職できるわけではない

新聞記者の転職は、簡単にできる状況とは言えません。

会社は、新聞記者の広報能力や文章執筆力を求めますが、これらのニーズは縮小傾向にあります。

なぜなら、各会社の広報体制は整い、文章執筆力を求める際は、経済停滞に伴い、外注に頼る傾向があるからです。

もちろん、広報能力や文章執筆力が高い場合、今もニーズがありますが、かつてほど転職しやすいとは言えないでしょう。

ただし不可能というわけではなく、しっかりスキルや専門知識をアピールすることで、未経験業種・職種への転職は十分に可能です。

  • スポンサーリンク

  • 専門性のある人は転職しやすい

    専門分野を得意としている記者であれば、転職できる可能性が高まります。

    例えば、次の分野の専門知識を持つ場合は、転職市場価値が高いと言えます。

    • 科学技術
    • 医療
    • 金融工学
    • 情報通信技術 など

    昨今では、取材する対象が専門化している傾向にあり、新聞社は分野ごとの専門記者を育成している状況です。

    専門性のある人は、そのことを転職でアピールしましょう。

    2.新聞記者の転職理由とは

    新聞記者 転職

    新聞記者は、仕事の辛さに不満を覚え、転職する傾向にあります。

    それだけではなく、将来性に不安を覚えて、転職活動を始める人も少なくありません。

    ここでは、こうした新聞記者の転職理由について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 締め切りがあり時間を拘束される

    新聞記者は時間に追い込まれる仕事であり、その厳しさに離職してしまう人も少なくありません。

    例えば、事件を取材するために、早朝や深夜に仕事することもあります。

    それだけではなく、執筆する記事の締め切りを守らなければなりません。

    こうした仕事だからこそ、プライベートの時間が取れなかったり、生活習慣を乱し体を壊したりしてしまうリスクがあります。

    時間を拘束されたくない人は、新聞記者を辞めてしまうことが多いようです。

    将来性に不安がある

    新聞購読世帯数の減少により、将来性に不安を覚え、新聞社を辞める人もいます。

    出版不況と言われている昨今ですが、新聞も同じように、好調とは言えない状況です。

    2000年は53,708,831部発行されていましたが、2018年には39,901,576部と、1,000万部以上減っています。(参考:日本新聞協会

    インターネットなどの出現により、この不況状態はますます進んでいくと予想されています。

    新聞社によってはデジタル化に成功していますが、そうではない会社に所属している人は、未来を見据えて転職を検討する人が増えているのです。

  • スポンサーリンク

  • なかなか取材のアポを取れない

    インタビューのアポをなかなか取れず、ストレスが溜まりに溜まって、離職してしまう新聞記者もいます。

    新聞記者は、著名人に取材するケースも少なくありませんが、インタビューを断られる可能性もあります。

    取材できなければ、良い記事を作ることはできません。

    何度も取材を断られてしまうと、心が折れてしまい、新聞記者の退職を考えることもあるのです。

    文章を書くことに疲れた

    新聞記者は、取材と原稿の執筆に追われる仕事のため、文章を書くこと自体に疲れて退職を決意する人もいます。

    最初のうちは、取材も執筆も楽しめるかもしれません。

    しかし、毎日長文を書き、締め切りに追われるたびに、仕事を苦痛に感じる人がいます。

    そして、「文章を書くことに疲れた」と異業種・職種の転職を検討してしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 3.新聞記者が転職で活かせる経験・スキル

    新聞記者 転職

    新聞記者をやっていると、文章力や専門分野の知識が身に付きます。

    それだけではなく、人によっては外国での業務経験を得られるでしょう。

    ここでは、こうした新聞記者が転職で活用できるスキル・経験について紹介します。

    外国での業務経験

    新聞記者として海外で働いた経験のある人は、それを転職活動の際にアピールできます。

    なぜなら、「語学力がある」「外国に人脈がある」と判断されるからです。

    翻訳できることもアピールすれば、さらに転職の幅が広がるかもしれません。

    外国での業務経験のある人は、しっかりとアピールするようにしましょう。

    文章力

    新聞記者をしていれば、おのずと文章力を磨けます。

    なぜなら、新聞原稿の執筆は「てにをは」といった日本語のルールを守るだけではなく、魅力的な記事に仕上げる必要があるからです。

    他の人にマネできないような高い文章力があれば、転職の幅を広げられます。

    文章力を求めている仕事に就きたい人は、積極的にアピールしましょう。

    専門分野の知識

    専門記者をやっていた人は、専門分野の知識、あるいはそのときの人脈を転職で活かせます。

    専門分野の知識は、誰もが持っているものではありません。

    そのため、会社によっては、即戦力として採用してくれる可能性があります。

    転職活動前に、専門分野は何なのか、どれぐらい知識があるのか、自己分析しておきましょう。

    4.新聞記者からの転職におすすめの転職先

    新聞記者のスキルや経験を活かせる仕事は、たくさんあります。

    例えば、医薬情報担当者や営業職、広報担当などがそうです。

    事務職やフリーライターなども目指せるでしょう。

    ここでは、新聞記者からの転職におすすめの転職先を紹介します。

    MR(医薬情報担当者)

    コミュニケーション能力に自信のある人は、MR(医薬情報担当者)がおすすめです。

    MRは、医師と医薬品の買い付け契約を結ぶ仕事であり、交渉するために、コミュニケーション能力が欠かせません。

    また、医薬品について知らなくても、未経験で採用している会社もあるため、新聞記者の経験のある人は、転職しやすいです。

    年収も600~700万円程度と高く、仕事にやりがいを感じられるでしょう。

    MRの未経験採用についてもっと知りたい人は、「MRへの転職は未経験でもできる!転職する方法や有利な条件まで解説」をご覧ください。

    MRの年収について知りたい人は、「MRの年収は600~700万円!無資格でも年収が高い理由を解説」を参考にしましょう。

    広告代理店の営業職

    広告代理店の営業職も、新聞記者の経験を活かせます。

    広告代理店の営業職とは、プレゼンをして、スポンサーから制作費などをもらう仕事です。

    そのため、コミュニケーション能力やプレゼン力、プレッシャーに負けない精神などが必要です。

    未経験でも募集している求人は、次の通りです。

    (参考:リクナビNEXT/2019年9月時点

    平均年収1,000万円を超える会社もあるため、新聞記者以上の高年収を目指せるでしょう。

    広告代理店についてもっと知りたい人は、「未経験から広告代理店への転職は可能!転職事情や働き方も詳しく解説」をご覧ください。

    事務職

    パソコンのスキルに自信のある人は、事務職を選びましょう。

    事務職は、パソコンを使って書類作成などを行う仕事です。

    文章力に自信があれば、さまざま書類を作成できるでしょう。

    事務職の未経験歓迎の求人は非常に多く、見つけやすいことも特徴です。

    (参考:リクナビNEXT/2019年9月時点

    事務職は、年収が高めの仕事ではありませんが、土日祝日を休め、残業もほとんどないことが一般的です。

    企業の広報担当

    新聞記者は、企業の広報担当に転職しやすいです。

    かつては、元新聞記者を広報担当にしていた会社も多かったです。

    昨今では、昔よりも広報担当に転身する人は減少しているようですが、転職自体は不可能ではありません。

    (参考:リクナビNEXT/2019年9月時点

    広報の仕事についてもっと知りたい人は、「広報は未経験でも転職可能!仕事内容と有利な転職方法を徹底解説」をご覧ください。

    企業ライターやフリーライターになるのもあり

    文章力を活かしたい人は、企業ライターがおすすめです。

    企業ライターは、会社の手掛けている媒体などでライティング業務を行う仕事です。

    新聞記者は、執筆経験のない人よりは、採用されやすい傾向にあります。

    未経験歓迎の求人は、次の通りです。

    (参考:リクナビNEXT/2019年9月時点

    また、正社員として働くだけではなく、独立してフリーライターになる手段もあります。

    フリーライターは、自身で営業して仕事をもらう必要がありますが、仕事量次第では正社員よりも稼げますよ。

    5.転職をスムーズに進められるおすすめの転職エージェント

    転職活動する前にどれだけ準備しても不安を覚える人は、転職エージェントを使うと安心です。

    転職エージェントは、面接の対策をしてくれたり、求人を紹介してくれたり、会社に条件交渉してくれる無料サービスです。

    数あるエージェントの中から自分に合ったものを見つけられれば、内定を近づけられるでしょう。

    ここでは、新聞記者からの転職におすすめの転職エージェントをピックアップしました。

    さまざまな求人から選びたい人は「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、業界最大手の転職エージェントです。

    国内トップクラスの求人数を保有し、さまざまな求人から選びたい人におすすめです。

    20〜40代などさまざまな年代にも対応しており、好待遇な求人を見つけたい人にも、最適なサービスです。

    今の仕事で忙しいけれど転職したい人は「doda」

    doda

    doda」は、リクルートエージェントに次ぐ国内最大級の転職エージェントです。

    ユーザーからのサポートに対する評価が高く、さらにコンサルタントを介さない転職サイトとしても利用できます。

    企業から直接オファーを受け取れるスカウトサービスもあるため、今の仕事で忙しいけれど転職したい人におすすめです。

    海外経験を活かして外資系で働きたい人は「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント」は、年収600万円以上の求人を揃え、転職サポートに強みを持った転職エージェントです。

    「大手企業に入社して年収を上げたい」「海外経験を活かして外資系で働きたい」という人にとって、最適なサービスの一つです。

    マンツーマンのサポート体制になっており、転職に役立つ細かい情報も教えてもらえるでしょう。

    まとめ

    新聞記者から別の仕事に転職することは可能です。

    転職を成功させるために、転職理由を明確にして、活かせるスキルや経験を知りましょう。

    おすすめの転職先は、次の通りです。

    1. MR
    2. 営業
    3. 事務
    4. 広報
    5. ライター

    転職をスムーズに進めたい人は、「リクルートエージェント」、「doda」、「JACリクルートメント」などの転職エージェントを利用することをおすすめします。

    新聞記者からの転職を成功させ、新しいキャリアをスタートしませんか。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県 

  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事