証券アナリストへの転職は未経験でも可能?資格取得難易度や成功率を解説

work hard Data Analytics Statistics Information Business Technology
一般転職

「証券アナリストは、投資の世界で難しい分析をするのが仕事で、未経験での転職は難しい」、そんなイメージを持っていませんか。

実は、証券アナリストへの転職も、しっかりと対策を立てて転職活動を進めていけば未経験でも転職することは不可能ではありません

今回は、証券アナリストへの転職について、未経験から転職するためのポイントや持っていると有利な資格などについて解説していきます。

最後までお読みいただき、証券アナリストへの転職を成功させましょう。

スポンサーリンク

1.証券アナリストの仕事内容

証券アナリストの仕事は、投資の対象としてふさわしいかどうかを評価することが主な仕事となります。

その主な仕事内容としては、以下の2つです。

  • 企業の財務状況の分析
  • 株式市場の分析

簡単に言ってしまうと、企業の株価を予測し、投資しても良い企業かどうか判断する際の材料を提供することです。

複雑な株式市場で企業の株価を予測するため、以下のような能力が必要となります。

  • 企業の財務状況の分析能力
  • 株式市場などのマーケットの分析能力
  • 投資家へのインタビューなどのこうミュニケーション能力

分析やインタビューの結果はレポートにまとめられ、証券会社の社内で展開されたり、投資家に提供する客観的な資料になったりします。

証券アナリストの作成するレポートは、投資家の投資判断や市場に影響を与えるため、その責任は大きいといえるでしょう。

2.証券アナリストの転職は未経験でも大丈夫?

「高度な分析能力が必要だし、証券アナリストには未経験でも転職は本当に可能なの?」と、不安に思うこともあるでしょう。

たしかに、未経験からいきなり転職することは、高度な金融工学などの知識がなければ難易度はかなり高いといえます。

しかし、しっかりとポイントを押さえながら証券アナリストを目指すことで、未経験から証券アナリストへ転職することも可能です。

以下では、未経験でも証券アナリストへ転職できる可能性を上げるポイントについて解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 証券アナリストになるには経験が必要

    証券アナリストになるには、金融業界などで実績を積み評価されることで抜擢されるケースが多いので、まずは、金融業界での経験が必要です。

    日本証券アナリスト協会では、証券アナリストにもとめられる実務経験の例をあげていますので参考にしてみてください。

    <実務経験の例>

    • 金融機関等における資産運用・証券投資相談業務(個人顧客、法人顧客とも含む)
    • 金融機関等におけるリサーチレポートの作成
    • 証券、債券、株式、不動産への投資業務
    • 債券、株式等発行による資金調達業務
    • 法人向け投融資、ならびに与信審査
    • 金融機関等における金融関連商品のITシステム開発
    • 経済、産業、金融に関する調査・分析業務
    • 事業会社における財務管理・分析・企画業務
    • IR業務
    • 監査法人における監査業務

    (引用:日本証券アナリスト協会

    現在、他業種や他業界で働いているのであれば、まずは金融業界へ転職することが先決です。

    早い段階で金融業界へ転職し、経験を積める環境を整えましょう。

    金融業界で働いている場合は、財務分析や投資に関わる部署へ異動するなどして、証券アナリストとして必要な経験を積める環境を整えましょう。

    未経験なら30代前半までに転職をすべき

    証券アナリストへの転職を検討するなら、早い段階で金融業界へ転職すべきです。

    遅くとも、30代前半までには金融業界へ転職しましょう

    証券アナリストとして活躍している方のほとんどは、新入社員として証券会社などに入社し、実績を買われ証券アナリストに抜擢されています。

    未経験で転職するには、経験をいかに早く積むかが非常に大事になってきます。

    早い段階で金融業界などに転職し、しっかりと実績を積むことで、他業種から未経験でも、証券アナリストへの道がひらけます。

    20代〜30代前半が、証券アナリストを目指す転職のリミットと考えた方が良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.証券アナリストの資格は転職にも有利

    未経験から、証券アナリストへ転職できる可能性を上げるポイントをみてきたところで、さらに有利にするための資格を押さえておきましょう。

    証券アナリストの仕事は資格保有者による独占業務ではなく、また、資格自体も民間資格となっています。

    そのため、証券アナリストになるための必須となる資格はありません。

    ただし、以下のような資格を持っておくと、勉強の過程で学んだ知識を持っていることがアピールでき転職に有利になります

    資格名 難易度 内容
    証券アナリスト ★★★★★
    • 証券分析のプロを証明する資格
    • 証券アナリストへ転職するなら持っていて損はない
    • ただし、3年以上の実務経験が必要
    証券外務員 ★★★☆☆
    • 金融機関などで、株式や債券などの売買を行うためには必須の資格
    • 金融業界でステップアップするならぜひ、取得しておきたい資格
    (参考)日商簿記2級 ★★☆☆☆ 2級で大学の推薦入試が有利になったり、企業内での人事異動などでも有利になる。 

    いずれも国家資格ではなく民間の資格なので比較的受かりやすい部類ではありますが、その中でも、証券アナリストの難易度が高くなっています

    実務経験ももとめられるので、早いうちに勉強して取得するのがおすすめです。

    4.証券アナリストの転職先と平均年収は?

    次に、証券アナリストの転職先や平均年収などもみていきましょう。

    証券会社などの金融機関などで、投資や市場のプロとして活躍することになりますので、年収などは比較的高くなっています。

  • スポンサーリンク

  • 証券アナリストの転職先

    証券アナリストの転職先は主に銀行、証券会社、投資運用会社などの金融業界になります。

    <証券アナリストの所属一覧>

    日本証券アナリスト協会によると、証券アナリストの勤務企業内訳は以下のようになっています。

    • 証券会社…20%
    • 投資運用会社…17%
    • 銀行…16%
    • 事業会社等…14%
    • 信託銀行…7%
    • 生命保険会社…6%
    • その他金融会社…6%
    • 調査・研究所…3%
    • 損害保険会社…2%

    (参照:日本証券アナリスト協会

    外資系企業への転職も増えてきており、実績次第ではかなり高額な報酬をもらえる可能性もあります。

    また、証券アナリストの勉強をしていると、その過程で財務分析の基礎となる知識を勉強することとなります。

    そのため、証券アナリストの資格を有していることで企業の財務分析能力をアピールすることができ、コンサルティング会社や大手企業のIR部門などへの転職も可能です。

    証券アナリストの平均年収

    証券アナリストの年収は600万円〜700万円となっています。

    証券アナリストは、企業に所属する専門家なので、どのような会社に所属するかによって年収に差が出てきます

    所属する会社別に、証券アナリストの平均年収を整理しましたので参考にしてみてください。

    証券会社 660万円
    投資信託会社 650万円
    生命保険会社 630万円
    金融機関 640万円

    国内の金融業界であれば、そこまで大きな差は出ていません。

    ただし、実績を出し、外資系の証券会社などからヘッドハンティングを受ければ、年収は1,000万円程度に上がるケースもあります。

  • スポンサーリンク

  • 5.証券アナリストの転職におすすめの転職エージェント

    未経験から転職するには、金融業界に強い転職エージェントを利用しましょう。

    転職エージェントは業界の情報に精通しているので、非公開求人なども含めて、幅広い求人情報が得られます。

    また、転職エージェントからアドバイスをもらうことで、自分の市場価値を客観視することもできるため非常におすすめです。

    今回は、証券アナリストの転職におすすめの転職エージェントを3つご紹介していきます。

    転職で収入アップを目指すなら「JACリクルートメント」

    JAC Recruitmentは、ハイクラスの求人情報に強い転職エージェントです。

    証券会社や投資会社などのハイクラスな求人を多数扱っており、金融業界への転職におすすめの転職エージェントです

    手厚いサポートを受けたいなら「パソナキャリア」

    パソナキャリアは、レスポンスが早くサポート体制が手厚いことで人気の転職エージェントです。

    素早いレスポンスや手厚いサポートは、忙しい仕事をこなしながら転職活動を進める方に非常におすすめです。

    東京周辺に特化した求人を探すなら「type転職エージェント」

    type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉に特化した転職エージェントです。

    東京周辺での転職を希望している方に非常におすすめの転職エージェントです。

    地域に特化しているため、他の転職エージェントには掲載されていない求人情報なども多数扱っています。

    まとめ

    未経験から証券アナリストへの転職は非常に難易度が高いです。

    まずは、以下のようなポイントを踏まえつつ、一つ一つステップアップしながら証券アナリストを目指すのが良いでしょう。

    • 早い段階で金融業界へ転職し金融業界での実績を積む
    • できれば30代前半には転職を実現する
    • 証券アナリストの資格を取得してスキルを勉強する

    金融業界への転職には、幅広い求人情報から転職エージェントの力を借りて進めると効率良く転職活動を進められます。

    金融業界に強い転職エージェントを活用して、証券アナリストへの転職を実現させましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?