20代の女性は転職すべき?転職の疑問点や後悔しない方法を徹底解説!

Happy young woman talking by cellphone. Beautiful smiling businesswoman holding bottle of water and using smartphone. Communication concept
一般転職

転職しようかどうか悩んでいる20代女性はたくさんいます。

「キャリアアップしたい」「結婚しても働き続けられる職場がいい」など理由は様々ですが、20代は他の世代に比べて転職成功率が高い年代です。

ただし、20代女性といっても、20代前半、半ば、後半では転職で求められるものが変わってきます。

この記事では、20代女性の転職で求められるものを前半、半ば、後半に分けて紹介すると共に、求職者のリアルな声や、転職を成功させるためのポイントについても解説します。

この記事を読めば「あのときに知っておいて良かった」という知識が身につきますよ。

スポンサーリンク

1.【前半・半ば・後半】20代女性の転職で求められるもの

20代女性の転職と一口に言っても、20代前半、半ば、後半で企業が求めてくるものは変わります。

ここでは、20代前半・半ば、後半の年齢別に転職で求められるものを見ていきます。

20代前半・半ばに求められるのは「ポテンシャル」

20代前半は20歳〜23歳、20代半ばは24歳〜26歳くらいまでの女性を指します。

20代前半、半ばの女性に求められるのは、ポテンシャル(潜在能力、伸び代)です。

特に20代前半は社会人1〜2年目で、経験がないので採用企業は0から教えるつもりで採用します。

いわゆる新卒採用のような形です。

企業にとって、教育次第で自分たちの好みの人材に育て上げることができるのがメリットです。

20代半ば(24歳〜26歳)になると、徐々に経験が増え、未経験でのキャリアチェンジの転職や、経験を活かしたキャリアアップ転職も選択できるようになってきます。

なお、type女性の転職エージェントの調査によると、未経験の求人がもっとも多いのは24歳で、25歳以降は徐々に減っていきます。

type女性の転職エージェント20代女性の求人割合

(参考:type女性の転職エージェント

そのため、未経験転職するならば24歳がベストタイミングです。

  • スポンサーリンク

  • 20代後半に求められるのは「スキルや経験」

    20代後半とは27〜29歳の女性のことです。

    20代後半の女性に求められるのは、スキルや経験です。

    20代後半は未経験転職は難しいですが、キャリアアップ転職がしやすい年代です。

    type転職エージェント20代女性求人割合

    (参考:type女性の転職エージェント

    27歳は企業のメインーゲットになる歳で、キャリアアップ転職の成功率が高いです。

    28歳は管理職やマネージャー経験があれば、応募できる求人がもっとも多い年代です。

    29歳はさらにマネジメントやチームをまとめる運営力の経験を求められるようになります。

    ただし、29歳になると応募できる求人がガクッと減るので、キャリアアップ転職を考えているなら28歳までにするのがおすすめです。

    【結論】20代女性の転職は年齢によって求められるものが細かく変わる

    • 20代前半女性が求められるのはポテンシャル(伸び代)
    • 24歳は未経験転職の割合が最も多い
    • キャリアアップ転職をするなら26〜28歳までがおすすめ

    2.20代女性求職者のリアルな声

    20代女性の転職理由として1番多いのは、労働時間や休みの日などが確保できない「労働条件の悪さ」です。

    厚生労働省の平成29年「雇用動向調査」によると、転職者の約20%が、この「労働条件の悪さ」を理由に前職を辞めています。

    20代女性の転職理由

     

    (参考:厚生労働省 平成29年度雇用動向調査より作成)

    20〜24歳と25〜29歳で共通している転職理由のトップ3は「労働条件」「給料」「人間関係」です。

      20〜24歳 25〜29歳
    1位 労働条件・休日等の労働条件が悪かった
    2位 給料等収入が少なかった
    3位 職場の人間関係が好ましくなかった
    4位 仕事の内容に興味を持てなかった 結婚
    5位 能力・個性・資格を生かせなかった 定年・契約期間の満了
    6位 定年・契約期間の満了 能力・個性・資格を生かせなかった
    7位 会社の将来が不安だった
    8位 結婚 仕事の内容に興味を持てなかった
    9位 出産・育児

    例えばこちらの女性は、労働条件と給料の悪さを理由に仕事を辞めています。

    また、人間関係で辛い思いをしている女性の声もありました。

    20代女性は、仕事に対してやりがいよりも労働条件や給料の良さを求める傾向にあります。

  • スポンサーリンク

  • 3.20代女性の転職を成功させる6つのポイント

    今の仕事を辞めて新しい職場を選ぶにあたって、何も考えずに行動すると痛い目に合う可能性があります。

    転職は計画的に行うことが大切です。

    20代の転職を成功させるには、以下の6つのポイントを押さえて行動してみてください。

    ポイント1.仕事を続けながら転職活動する

    転職先は仕事をしながら探しましょう。

    「転職先を探すなら、仕事を辞めてからの方が時間が取れる」と思いますよね。

    しかし、いつ仕事が見つかるかわかりませんし、すぐに採用してもらえない可能性もあります。

    無収入で転職活動を続けていると、経済的にも精神的にも不安定になります。

    20代であれば親に頼るという手もありますが、それにも限界があります。

    無職の状態で転職活動を進めるのは、予想以上に不安なものです。

    職場には内緒にしつつ、転職活動を進めるのがベストな方法です。

  • スポンサーリンク

  • ポイント2.入社3年目未満なら第二新卒枠で応募する

    第二新卒の明確な定義はありませんが、「新卒で入社した3年未満の求職者」を指すことが多いです。

    年齢でいうと25〜26歳くらいまでですが、募集する企業によって定義が異なるので、必ずしもこの年齢とは言えません。

    大体の定義としては、短期間でも社会人として働いた経験がある人。

    全く経験がない新卒と、前職での経験を活かすことができる社会人の中間のような存在です。

    20代の女性で入社3年目未満なら、第二新卒として応募するのがおすすめです。

    なぜなら、第二新卒枠は中途採用枠に比べて、経験やスキルよりも人柄や仕事への取り組み方が重視されるからです。

      採用目的
    第二新卒 若年層の確保
    中途採用 欠員補充、新規事業の立ち上げ

    中途採用では欠員補給や新規事業の立ち上げが採用目的なので、即戦力が求められます。

    一方、第二新卒はあくまで若い労働力の確保が目的なので、経験やスキルがなくても採用されやすいです。

    第二新卒の転職に強い転職サイト「マイナビ転職」による調査でも、多くの企業が積極的に第二新卒の採用を行なっています。

    マイナビ転職、第二新卒者の採用の見通し

    (参考:マイナビ転職

    もし入社3年未満なら、中途採用ではなく第二新卒枠で応募できないか確認してみてください。

    ポイント3.専門性を高められる職場を優先的に選ぶ

    20代女性の転職先としては、 専門知識や需要の高いスキルが身につく「専門性を高められる職場」をおすすめします。

    これは20代女性の転職において、特に意識すべきポイントです。

    20代女性は結婚や出産などのライフイベントによって、どうしても転職後の育児休暇や離職を見据える必要が出てきます。

    そのときに、たとえば唯一無二の「エンジニアスキル」や「営業トーク・人脈」を持っていれば、復職や再就職時の大きな力になるでしょう。

    また、今後社会人としてキャリアを積んでいく上でも、誰にも負けない専門知識はビジネスで役に立つこと間違いありません。

    未経験でも就職しやすい20代だからこそ、どの専門分野に進むのか、あらかじめ考えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • ポイント4.優先順位を決める

    転職する時は、どの条件をプラスにしたいか優先順位を決めておきましょう。

    「給料を増やしたい」「やりがいのある仕事をしたい」「労働時間は短く」と条件を欲張っていては、転職先は決まりません。

    なぜなら、転職でリセットすれば全てが良くなるのは難しいです。

    しかし、持ち点のなかでチューニングして状況を改善することは可能です。

    例えば、以下のように今の持ち点が11点なら、その11点を他の項目に割り振って自分の希望を出来るだけ叶えるようにしてみてください。

      現在 転職後
    給料 2 3
    やりがい 3 2
    労働時間 1 4
    安定性 3 1
    将来性 2 1
    11 11
    現在と転職先の点数配置レーダーチャート

    この場合は、安定性と将来性、やりがいを削った代わりに、給料と労働時間の待遇が良くなっています。

    この考え方で自分はどの条件を優先するのかを考えていけば、あなたにあった転職先が見つかりやすくなります。

    この考え方は漫画家、三田紀房さんのブログ「【エンゼルバンク-転職は人生のチューニング-】その4で詳しく説明されています。

    こちらの漫画でも説明されているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

    ポイント5.ワークライフバランスが取りやすい職場を選ぶ

    理想的なワークライフバランスを実現するには、転職先を選ぶ際に以下の3つを判断基準にするのがポイントです。

    残業

    残業が多い会社は、ワークライフバランスを取るのが難しいです。

    会社情報には残業時間の記載がないことが多いです。

    また、みなし残業(残業の有無に関係なく、一定量の賃金を割増にする)と書かれている場合は注意が必要です。

    残業の有無に関わらずみなし残業代が出るならラッキーと思うかもしれませんが、時間で割ると、仕事量の割に金額が少ないということがあります。

    残業時間を確認するには、この後紹介する転職エージェントに教えてもらったり、「転職会議」や「キャリコネ転職サービス」などの口コミサイトをチェックしてみるという方法があります。

    制度の充実度

    ワークライフバランスの改善に取り組んでいる企業は、福利厚生などの制度が充実しています。

    例えば、以下のような制度があります。

    • 出産・育児休暇
    • 在宅勤務制度
    • 時短勤務制度
    • フレックス制度(社員が始業・終業時刻を自分で決められる)

    このような制度が充実していれば、自分にあった働き方が選べるので、ワークライフバランスが取りやすいです。

    既婚率

    既婚率は、その企業に勤めている結婚している人の割合です。

    既婚率が高い企業は、家庭のある人が多くいるということなので、家庭生活を維持しやすい可能性が高いです。

    20代女性ではまだ結婚の予定はないという方もいるかもしれませんが、今後のことも考えると既婚率の高い職場を選ぶと家庭と仕事の両立がしやすいでしょう。

    ポイント6.転職エージェントに相談する

    「今の職場には転職活動をしていることを隠している」「親や夫にもまだ転職することを話していない」など、20代女性で転職を誰にも相談できない人は結構多いです。

    誰にも相談せずに転職活動を進めるのは不安なものですよね。

    そんな方は、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

    転職エージェントとは、無料で転職のことをなんでも相談できる、民間の人材紹介サービスのことです。

    登録すれば、以下のようなサポートを無料で受けられます。

    <転職エージェントのサポート例>

    • 希望条件に合った求人紹介
    • 履歴書や職務経歴書などの書類の添削
    • 面接対策
    • 給料など言いづらい条件の交渉

    転職エージェントは求職者が転職数すると、募集を出している企業から報酬を受け取るシステムで運営しているので、求職者は無料で利用できます。

    登録が必要ですが、登録は3分ほどでサクッと終わりますし、転職に詳しいアドバイザーが相談に乗ってくれるので、味方を増やすという目的でメリットが多いサービスです。

    4.20代女性の転職におすすめの転職エージェント

    ここでは、20代女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

    転職エージェントはたくさんありますが、その中でも20代女性が使いやすいところを3社厳選しました。

    手厚いサポートを受けたいなら「パソナキャリア」

    パソナキャリア
    求人数 公開30,000件/非公開15,000件
    おすすめな人
    • 20代〜30代で転職活動を始める全ての人
    • 手厚いサポートを受けたいと思っている人
    運営会社 株式会社パソナ

    パソナキャリアは、丁寧できめ細やかなサポートが人気の転職エージェントです。

    求職者担当のコンサルタントと、求人企業担当のリクルーティングアドバイザーで分業制を取っているので、コンサルタントがサポートに専念できるので、丁寧なサポートが受けられます。

    「初めての転職で、何をしていいかわからない」という20代女性にぴったりの転職エージェントです。

    電話やメールの対応も早いので、出来るだけ早く転職したいという方にもおすすめです。

    求人数は公開求人だけでも3万件以上と業界の中でもトップクラスなので、幅広い仕事から転職先を探すことができますよ。

    パソナキャリアについては、「サポートが良いって本当?パソナキャリアの評判と必ず確認すべき注意点」で詳しく紹介しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    キャリアアップしたいなら「リブズキャリア 」

    リブズキャリア
    求人数 公開2,000件/非公開-
    おすすめな人
    • 女性で転職を希望する全ての人
    • 東京で仕事を探したい人
    運営会社 株式会社リブ

    リブズキャリアは、女性の転職に特化した転職サイトです。

    転職サイトですが、同じ運営元のサービスである「リブズパートナーズ」というエージェントサービスを使うと、転職エージェントとして利用することができます。

    リブズキャリアはキャリアアップを狙う女性に向けて作られた転職サービスなので、26〜28歳の女性には特におすすめです。

    サイトでは、「フレックス・リモートOK」「退社目安18時」など、女性ならではのこだわりの条件を指定して求人検索ができます。

    キャリアアップもしたいし、こだわりの条件もあるし、という方はぜひ使ってみてくださいね。

    ただし、求人は東京がメインなので、それ以外の方はパソナキャリアや次に紹介するtype女性の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

    リブズキャリアについては「リブズキャリアは使うべき?女性に人気な理由を徹底調査【評判あり】」でさらに詳しく紹介しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    女性目線のアドバイスが欲しいなら「type女性の転職エージェント」

    type女性の転職エージェント
    求人数 公開8,800件/非公開-
    おすすめな人 支援を受けながら転職活動したい20~30代の女性
    運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

    type女性の転職エージェントは、18年以上の実績がある女性の転職支援に特化したサービスです。

    担当してくれるアドバイザーは全て女性なので、女性ならではの仕事の悩みに親身になって相談に乗ってくれます。

    「キャリアアドバイザーは絶対に女性がいい」という20代女性は、安心して利用できますよ。

    また、転職前のメイクアップを行ってくれるというユニークなサービスも提供しています。

    転職エージェントの他に、女性向け転職サイト「女の転職type」も運営しているので、転職エージェントを使うのはハードルが高いという方は、まずはこちらを利用してみてください。

    5.20代女性が転職するなら知っておきたいこと

    最後に、20代女性が転職する上でよくある疑問について5つ答えていきます。

    Q1.正社員として働き続けるべき?

    A.給与面や福利厚生、そして長期雇用などの観点から、 安定した生活と収入を望むのであれば正社員への転職を目指しましょう。

    特に福利厚生の面は大きく、家賃手当・各種社会保険・育児休暇制度など、給与額以上の恩恵を受けられます。

    もちろん、正社員であれば昇格や昇進による給与額増額、ボーナス支給など収入面も、契約・派遣社員とは大きな差が出ます。

    平成30年賃金構造基本統計調査」では、20代女性で正社員とそれ以外の雇用形態で月給約4万円、年間にして50万円も違うのです。

      正社員・正職員 正社員・正職員以外
    20~24歳 21万900円 17万6,900円
    25~29歳 23万6,300円 19万1,300円

    この表は賃金のみを反映しているため、実際はボーナスや福利厚生面でさらに差が広がります。

    やはり安定した生活を目指すのであれば、正社員への転職のほうが将来は安泰になりやすいといえますね。

    ワークライフバランス重視ならパート・契約・派遣転職もあり

    正社員は待遇面では確かに魅力的ですが、業務量や拘束時間が多大になるなどのデメリットも含みます。

    もしあなたが人生において「自分の時間」「業務負担軽減」を重視するのであれば、パート・契約・派遣社員への転職もありです。

    この3つの雇用形態は職務範囲が限定的になることも多く、残業も少ない傾向があります。

    ただし、「やりがい」「ボーナス」「社会的信用」「福利厚生」面は期待できないので、あらかじめ注意しておいてください。

    また、これらの雇用形態から正社員を目指すのは、難易度が高くなることも覚えておきましょう。

    Q2.20代女性に人気の職種は?

    A.「事務」「営業」「企画・マーケティング」「手に職をつける系の職種」が人気です。

    転職市場では「20代の女性に人気の職種」があります。

    今の職種に満足していない場合は、ここでおすすめする人気職種への転職も検討してみてください。

    1. 事務
    2. 営業
    3. 企画・マーケティング
    4. 手に職をつける系の職種

    20代女性人気職種1.事務

    経理や総務などの「事務職」は、年代問わず女性の転職先として人気の職種の1つです。

    <事務職が人気の理由>

    • 結婚後や出産後も復帰しやすい
    • 女性の転職市場需要が高い
    • 体力的に続けやすい

    ただし、事務職の採用枠は少なく、1つの求人対して競争率が高いのが特徴です。

    2019年2月の「doda」の調査結果では、有効求人率0.22%という非常に低い倍率を記録しています。

    厳しい競争率を勝ち抜くために、「簿記」「MOS」「パソコンスキル」など、事務系の資格をあらかじめ取得することをおすすめします。

    20代女性人気職種2.営業

    「プレゼン力」「ヒアリング力」「人脈形成」などのビジネススキルが身につく「営業」も、20代女性には人気の職種です。

    <営業が人気の理由>

    • ビジネススキルが身につく
    • 求人数が多く選びやすい
    • 成果が見えやすく収入の計算がしやすい

    2019年の「doda」の調査による求人倍率は2.0%と、同調査の2018年同月と比べて0.56%高くなっています。

    このように採用ニーズが高い職種ですが、成果が出ないと低収入となったり、コミュニケーションスキルが求められるなど、業務面で大変な部分も多いです。

    特に外資系企業の営業は、成果と実力が強く求められます。

    初めにしっかりと自分との適性を見極めてから、転職先候補として考えてください。

    20代女性人気職種3.企画・マーケティング

    商品や企業戦略のプロモーションなどを行う「企画・マーケティング系」も、実は20代女性に人気の職種です。

    中には外資系の「コンサルタント」など、求められるレベルの高い職種への転職も注目されています。

    キャリア志向を持ち、ビジネス分野でより上を目指したい女性が、この職種を転職先として選ぶ傾向が見られますね。

    「企画・マーケティング」が人気の理由としては、以下の要素が挙げられます。

    <企画・マーケティングが人気の理由>

    • 専門性が身につく
    • 男女関係なく働ける
    • 高待遇の求人が多い

    マーケティングや利益につながる企画には、高い専門性やスキルが必要なため、業務内容の難易度が高いことでも有名です。

    転職の際には、企業側から相応の実績やスキルが求められるでしょう。

    もし自身のキャリアやスキルに自信があるのであれば、挑戦してみる価値があります。

    20代女性人気職種4.手に職をつける系

    2019年現在では、実は資格職・技術系などの「手に職をつける系の仕事」の人気が高まっています。

    理由は、女性の社会進出が進み「結婚した後も働き続けたい」という考えから、専門技術を手に入れたい女性が増えてきたためです。

    傾向としては、「アロマセラピスト」などの資格系職だけではなく、「ITエンジニア」などの技術職も人気が高まっています。

    エンジニアは未経験募集の求人も多いため、20代でまだキャリアが少ないときから応募しやすいのも特徴ですね。

    <手に職をつける系の職種が人気の理由>

    • 専門性が身につく
    • 異業種から挑戦しやすい
    • 再転職・独立がしやすいスキルが手に入る

    「doda」の調査による求人倍率も、「技術(IT・通信)」は7.95%、「技術(電気・機械)」は4.44%と非常に高い数値を示しています。

    このように人気が高まっている分野ですが、激務であることやワークライフバランスが整えにくい職場であることも多いです。

    結婚や子育てを視野に入れているのであれば、まずは求人情報をしっかりと確認し、本当に両立できるか考えましょう。

    Q3.高卒だけど学歴で不利になることはある?

    A.学歴の条件が「高卒以上」になっている場合、企業は大卒や大学院卒を優先して取ることが多いので不利になります。

    また、求人によっては大卒、大学院卒以上など学歴で足切りされることもあります。

    しかし、徐々に学歴ではなく「仕事が出来るか出来ないか」が重視されるようになってきたので、今後は学歴によって応募できない職種や待遇差などはなくなっていく可能性が高いです。

    ただし、20代女性に人気の事務職などは倍率が高いので、大卒以上のライバルと闘いたくなければ求人が多い営業職などを選んだほうがいいでしょう。

    Q4.結婚・出産は転職で不利になる?

    A.結婚後は、結婚前よりも転職が難しくなります。出産後はサポートがあれば必ずしも不利ではありません。

    結婚した女性に対して、企業は「妊娠してすぐに辞めるのでは?休むのでは?」と不安を感じるからです。

    結婚前に比べて結婚後は転職が難しくなるので、出来るだけ結婚前に転職しておくことをおすすめします。

    また、出産後は企業は「子供の世話でしょっちゅう休むのでは?」という不安があります。

    出産後は親に預かってもらえるなど、サポート体制がしっかりしていることを証明できれば納得させることが可能です。

    Q5.取っておくと転職に有利な資格はある?

    A.どの仕事に転職するかによって有利な資格は異なります。

    資格は取ることが目的ではなく、業務の中で活用することが目的です。

    例えば事務や経理の仕事につくなら簿記やMOS(ExcelやWordに関する資格)、外資系に転職するならTOIECやTOEFLE、などがおすすめです。

    働きながら取れる資格に関しては「働きながら取れるおすすめ資格13選!社会人向けの勉強方法も解説!」で詳しく解説しているので、仕事をしながら資格取得を目指す女性はぜひ参考にしてください。

    年収アップを目指したい女性は「転職に有利に働くおすすめ資格一覧!年収アップのポイントは?」をご覧ください。

    まとめ

    20代女性は他の年代に比べてもっとも転職しやすい期間です。

    ただし、20代前半・半ば・後半で少しずつ転職事情が変わっていきます。

    <同じ20代でも徐々に転職事情が変わっていく>

    • 20代前半・半ばに求められるのは「ポテンシャル」
    • 20代後半に求められるのは「スキルや経験」
    • 20代半ばは未経験転職しやすい時期。24歳はもっとも未経験の求人が多くなる
    • 20代後半はキャリアアップ転職しやすい時期。28歳はもっともキャリアアップの求人が多くなる

    こういった事情を知っておけば、今転職してもいいのか、それとも待ったほうがいいのかがわかりますね。

    ただし、時期だけ知っていても「いい求人が見つかるか不安」「失敗したらどうしよう・・」という不安はありますよね。

    もし転職で迷ってしまったら、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

    転職エージェントならば求人紹介や面接対策、履歴書の添削などを全般的にサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められるからです。

    今回紹介した転職エージェントならば、20代女性のサポートにぴったりなのでぜひ使ってみてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?