未経験職種への転職に強い転職エージェント7選【20〜30代必見】

転職エージェント 未経験  一般転職

未経験職種や異業種への転職に、転職エージェントを使おうかどうかお考えではありませんか?

未経験転職を成功させるには、転職エージェントを利用し、業界情報に詳しいアドバイザーのサポートを受けることをおすすめします。

とはいえ、「本当に未経験でもサポートしてくれるのか」「どの転職エージェントを使えば良いのか」など、不安な点も多いかと思います。

当記事では、未経験職種への転職に転職エージェントを利用すべき理由、そして未経験転職におすすめの転職エージェントをまとめてご紹介!

最後まで読めば、未経験転職成功の鍵がすべて手に入りますので、ぜひご覧ください。

【結論】失敗しない転職エージェントの選び方まとめ

手っ取り早く自分が使うべきエージェントを決めたい場合は、以下のステップで転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

  1. リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の3社にまとめて登録
  2. 第二新卒やフリーターならば、「ハタラクティブ」にも登録する
  3. IT業界だけに絞っているならば「ワークポート」にも登録する
  4. 全ての転職エージェントで求人紹介を受けてみて、希望に合った求人を保有しているエージェントを見定める

複数のエージェントに登録するのはちょっと面倒かもしれませんが、この方法なら求人の確認漏れが無くなるので、失敗がありません。

様々な担当者からアドバイスをもらえるメリットもあり、転職の成功率も高まりますよ。

転職エージェントはどれだけ使っても無料なので、どれが良いのか迷ってしまうくらいなら、まずは気軽に利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.未経験職種・業界への転職に転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェント 未経験

スキルや経歴が重要になる転職市場では、未経験の職種・業界への転職は難しいのが現実。

そんな未経験転職を成功させるには、転職エージェントが強い味方になってくれます。

利用をおすすめする理由は、主に以下の3点です。

転職エージェントは求職者側が一切お金を払う必要がないので、上記のサポートをすべて無料で受けられます。

では以下より、3つの理由の詳細をご説明しますね。

<先に未経験転職におすすめの転職エージェントを見たいなら>

もしおすすめの転職エージェントを先に知りたい場合は、見出し「未経験転職におすすめの大手&目的別転職エージェント7選」に進んでくださいね。

こちらのリンクより見出しにジャンプできます。

理由1.転職に迷いなく進めるためのサポートを行ってくれる

転職エージェントに登録すれば、担当キャリアアドバイザーが「あなたが転職に迷いなく進めるため」のサポートを行ってくれます。

転職エージェントから受けられる、主な転職支援内容は以下の4つです。

<転職エージェントから受けられるサポート>

  1. あなたの希望に沿った求人の紹介
  2. 自己分析のサポートなどのカウンセリング関係
  3. 応募書類添削や応募書類への推薦状同封
  4. 面接試験の対策や模擬面接の実施

では、それぞれの詳細についてご説明していきますね。

あなたの希望に沿った求人の紹介

転職エージェントは登録情報や面談で洗い出した要素を元に、あなたの希望や能力に合った求人を紹介してくれます。

転職のプロの客観的な意見やノウハウがあれば、1人だけで求人を探すよりも良い案件に出会いやすいですよ。

さらに転職エージェントのアドバイザーは、求人票に載っていない企業の社風・業務内容などの内部情報も教えてくれます。

「本当にその職場は働きやすいのか」など転職後の働きやすさについても、応募前に確認できるようになるのです。

自己分析のサポートなどカウンセリング関係

転職エージェントは、あなたのスキルや経歴を洗い出す自己分析のサポートや、転職に関するさまざまなカウンセリングを実施してくれます

アドバイザーと一緒に職歴・スキルなどを見直すことで、アピールポイントがより明確になったり、気づかなかった強みが発見できたりしますよ。

もちろん、転職活動に対する不安や疑問点などの相談も、気軽に行うことが可能です。

応募書類添削や応募書類への推薦状同封

転職エージェントは履歴書や職務履歴書などの応募書類の添削を実施し、書類選考に通過しやすい書類作成を手伝ってくれます。

アドバイザーからのアドバイスがあれば、採用企業が求めている情報やニーズを盛り込んだ書類が作れますよ。

また、応募書類には「推薦状」を同封し、履歴書・職務履歴書だけでは伝えきれないあなたの魅力を補完してくれます。

腕利きのアドバイザーの推薦だと、企業側も「〇〇さんの紹介なら面接してみようかな」と思ってくれるため、面接試験に進みやすくなりますよ。

面接対策の実施

面接試験へのアドバイスや模擬面接の実施などの面接対策も、転職エージェントは支援してくれます

企業の内部事情に詳しいアドバイザーから指導を受ければ、好まれる受け答えや採用ニーズを事前に把握できるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 理由2.異業種・職種の情報や転職成功のコツを教えてくれる

    転職エージェントは、あなたがまだ知らない異業種・異職種の情報や、転職成功のコツなどについてアドバイスをしてくれます

    未経験分野への転職の場合、あなた1人だけでは手に入る情報が限られてしまうのが難しいところ。

    そこで転職エージェントを利用し、業界や職種ごとの専門知識や転職情報に精通したアドバイザーから、正しい情報を手に入れましょう。

    「その業界に内定をもらう方法」「転職した後の働き方」など、内定をもらうコツや業界の裏事情などの内部情報も教えてくれますよ。

    確実に転職を成功させるためにも、業界の仕事情報や採用傾向を知っているアドバイザーの支援を必ず受けることをおすすめします。

    理由3.「正社員未経験」「転職未経験者」のノウハウにも精通している

    転職エージェントは正社員未経験の人や転職が初めての人のサポートも行っており、ノウハウも豊富です。

    ただでさえ知らない業界・職種への転職で不安があるのに、正社員や転職活動経験もない場合は、さらに不安が大きくなりますよね。

    転職エージェントはそんな正社員・転職未経験者でも登録でき、全員が転職支援を受けることが可能です。

    「経歴やスキルがないからエージェントは怖くて使えない」「転職が初めてでいろいろ不安…」という場合にこそ、転職エージェントの利用をおすすめします。

    次の章では、登録すべきおすすめの大手転職エージェントや、目的別に利用したい転職エージェントをご紹介していきますね。

  • スポンサーリンク

  • 2.未経験転職におすすめの大手&目的別転職エージェント7選

    転職エージェント 未経験 おすすめ

    ここからは実際に、未経験転職で利用すべき転職エージェントを、「大手」と「転職目的別」で合計7社ご紹介しますね。

    当記事では以下の3つのカテゴリに分け、それぞれ「どんな転職エージェントなの?」という情報をお伝えします。

    転職エージェントの紹介見出しでは、より情報をまとめてある記事へのリンクも設置しているため、エージェントについてもっと知りたい場合はぜひご覧ください。

    では以下より、未経験転職におすすめの転職エージェントを解説していきますね。

    <まずは大手2社+目的に応じたエージェント1社の複数登録がおすすめ>

    「どの転職エージェントに登録すればいいの?」と迷っている場合、まずは大手2社+目的に応じたエージェント1社の3社登録がおすすめです

    大手の転職エージェントは求人総数や支援実績数多く、大量の案件を確認できる上に安心して利用できます。

    一方、職種や特定の年代の支援を専門にするエージェントは、求人数は大手に劣るものの得意分野に特化した支援を受けられますよ。

    まずは登録すべき大手転職エージェント3選

    まずは、「最初に登録をおすすめする大手の転職エージェント」を3つご紹介します。

    ご紹介するのは、「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」「パソナキャリア」の3社です。

    ▼リンクをクリックすると各見出しに飛びます

    おすすめ大手転職エージェント おすすめの理由
    マイナビエージェント

     

    • 業界未経験も多い20代転職に特化したサポート
    • 未経験歓迎の求人も多い
    リクルートエージェント
    • 27万件以上保有する圧倒的な求人数
    • 業界No.1転職エージェントの信頼性
    パソナキャリア
    • 初めて転職する人への親身なサポートが評判
    • 12職種もの豊富な種類の求人取り扱い

    上記の3社は他の大手転職エージェントの中でも、「業界未経験」「転職未経験」へのサポートが充実しているエージェントです。

    求人数が豊富な上、多くの転職支援実績からくる信頼性が高いため、まずはこの3社のどれかに登録することをおすすめします。

    20代の転職支援|マイナビエージェント  

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントは、「株式会社マイナビ」が運営する、人材業界でトップクラスの知名度を誇る転職エージェントです。

    20~30代の転職支援が中心で、第二新卒・既卒者の転職や就職のサポートも手厚く行なっています

    未経験の業界に挑戦しやすい20代の転職希望者であれば、必ず登録したい転職エージェントと言えます。

    未経験歓迎求人は、公開求人検索欄にある「人気の条件から求人を探す」の「未経験の求人」をクリックしてお探しください。

    求人数 16,145件
    非公開求人数 20,966件
    対象地域 全国+海外
    面談可能なオフィス 東京(京橋)・横浜・大阪・名古屋・札幌・福岡
    詳しくは「マイナビエージェントの解説記事」をご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    求人数・実績数No.1|リクルートエージェント 

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは保有求人数・転職支援実績数No.1の転職エージェントです。

    常時27~28万件の求人を保有している上に、扱っている職種・業種も多種多様なため、さまざまな条件の中から自分にピッタリの案件を探せます。

    もちろん「転職未経験者」「未経験業界ヘの転職者」の転職支援にもノウハウがあるので、安心して利用できますよ。

    「どこに登録すれば良いのか迷う…」という場合は、まずはリクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

    未経験歓迎求人は、検索条件の「さらに詳しく」⇒「こだわり」⇒「未経験でも可にチェック」でお探しください。

    求人数 101,671件
    非公開求人数 180,068件
    対象地域 全国+海外
    面談可能なオフィス 東京・西東京・栃木(宇都宮)・埼玉・千葉・神奈川(横浜)・京都・大阪・兵庫(神戸)・愛知(名古屋)・静岡・北海道・宮城(仙台)・岡山・広島・福岡
      詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    サポートの評判が高い|パソナキャリア

    パソナキャリア

    パソナキャリアは、キャリアドバイザーの親身なサポートが評判の大手転職エージェントです。

    「連絡のレスポンスが早い」「将来を見据えた支援をしてくれた」など、アドバイザーの支援について多くの良い口コミが寄せられていますよ。

    また、取り扱う職種は12職種に登り、リクルートエージェントの8種類をも上回っています。

    転職未経験者はもちろん、まだ具体的に入りたい業界が決まっていない場合に、パソナキャリアはおすすめできる転職エージェントです。

    未経験歓迎求人は、「条件から求人を探す」の「こだわりから探す」⇒「未経験可にチェック」でお探しください。

    求人数 40,000件以上
    非公開求人数 非公開
    対象地域 全国+海外
    面談可能なオフィス

    東京・大阪・愛知(名古屋)・神奈川(横浜)・静岡・広島・福岡

      詳しくは「パソナキャリアの解説記事」をご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    <大手転職エージェントのdodaは未経験転職向けではない>

    リクルートエージェントと並んで有名な転職エージェントdodaは、未経験転職には向いていません。

    なぜなら、dodaの取り扱い求人のほとんどは「経験者採用」の求人であるためです

    doda公式サイトのヘルプでも「取り扱っている求人の大半が、同職種・同業種の年齢に応じた年数の実務経験を要するもの」との記載があります。

    それでも興味がある場合は、「dodaの解説記事」でご確認ください。

  • スポンサーリンク

  • 【フリーター・第二新卒向け】おすすめの転職エージェント2選

    続いては正社員未経験者や社会人経験が少ない、フリーターや第二新卒向けのおすすめ転職エージェントをご紹介します。

    今回おすすめするのは、「ハタラクティブ」と「ウズキャリ」の2社です。

    ▼リンクをクリックすると各見出しに飛びます

    フリーター・際に新卒向け転職エージェント おすすめの理由
    ハタラクティブ
    • 正社員未経験求人に強い
    • 利用者の約43%が正社員未経験
    ウズキャリ(UZUZ)
    ウズキャリ UZUZ
    • 元既卒・第二新卒のアドバイザーが多数在籍
    • 他社の10倍以上時間をかける丁寧な支援

    上記2つの転職エージェントは、経歴・スキルに自信がない求職者の支援を主にしています。

    したがって、正社員や業界未経験の場合にこそおすすめしたい転職エージェントなのです。

    では以下より、それぞれの詳細をお伝えしますね。

    正社員未経験向けの求人が多い|ハタラクティブ

    ハタラクティブとは

    ハタラクティブは、レバレジーズ株式会社が運営する、フリーター・第二新卒・既卒の転職に強いエージェントです。

    学歴や職歴に左右されない転職サポートや、業界未経験でも応募できる求人の取り扱いを行っています。

    実際にハタラクティブの利用者の約3人に2人は、フリーター・第二新卒・既卒かつ正社員未経験者です。

    また、チャットツールやLINEでの連絡にも対応しているので、電話や直接面談に抵抗がある場合でも利用しやすい転職エージェントですよ。

    ただし、ハタラクティブは公開している求人がないため、どうしても求人が見たいときは登録を行う必要があります。(もちろん無料です)

    求人数 非公開
    非公開求人数 2,300件以上
    対象地域 全国主要都市
    面談可能なオフィス 東京(渋谷・立川・池袋・秋葉原)・神奈川(横浜)・埼玉・愛知(名古屋)・大阪・福岡
      詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    職業訓練も受けられる|ウズキャリ

    ウズキャリ UZUZ

    ウズキャリ(UZUZ)は株式会社UZUZ(ウズウズ)が運営する、フリーター・第二新卒・既卒・ニートの転職支援に特化した転職エージェント。

    ブラック企業求人の排除や他社の10倍以上時間をかけるサポートなど、 あらゆる未経験者に優しいサポートが魅力的です。

    また、「ウズカレ」というサービスを利用すれば、社会人の基礎スキルや職種ごとの専門スキルを講座形式で学べます。

    「ある程度スキルや経験を身につけてから転職したい!」というケースにも対応できるのが、ウズキャリの強みと言えますね。

    ウズキャリの公開求人は、UZUZが運営する「第二の就活」のページで公開されています。

    求人数 非公開
    非公開求人数 非公開
    対象地域 東京・神奈川・大阪・福岡
    面談可能なオフィス 東京・神奈川(横浜)・大阪
      詳しくは「ウズキャリの解説記事」でご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    【IT・Web業界向け】おすすめの転職エージェント2選

    最後に、未経験転職でもとくに需要の多い、IT・Web業界への転職に強い転職エージェントを2社ご紹介します。

    解説するのは、「ワークポート」と「レバテックキャリア」です。

    ▼リンクをクリックすると各見出しに飛びます

    IT・Web業界向け転職エージェント おすすめの理由
    ワークポート
    • 総求人の約6割の圧倒的なIT・ゲーム業界案件数
    • 業界未経験でもしっかりサポート
    レバテックキャリア
    レバテックキャリア
    • 未経験OKのWeb系求人が豊富
    • 一人ひとりに向き合った丁寧な対応

    IT業界未経験のサポートや未経験応募可能の求人が充実しているため、IT・Web業界への転職を目指すのであれば登録しておくべきエージェントです。

    では以下より、それぞれの詳細を解説しますね。

    Web・IT系の求人が豊富|ワークポート

    ワークポート

     

    ワークポートはIT・ゲーム業界の求人を多く取り揃えた、特化型の転職エージェントです。

    IT業界転職のノウハウに精通しており、IT企業・職種についての豊富な情報は、業界未経験者にとって大きな武器になりますよ。

    実際にIT・ゲーム分野の求人はマイナビエージェントやdodaよりも多く、全体求人数の約6割を占めています。

    もちろんIT業界未経験者へのサポートも充実しているため、安心して利用できるでしょう。

    未経験歓迎求人は、「求人を探す」ページ内にある「職種で探す」の「未経験・第二新卒系」をクリックしてお探しください。

    求人数 25,568件
    非公開求人数 非公開
    対象地域 全国
    面談可能なオフィス 東京本社・立川・埼玉・神奈川(横浜)・千葉・宮城(仙台)・愛知(名古屋)・大阪・京都・兵庫(神戸)・岡山・広島・福岡
      詳しくは「ワークポートの解説記事」でご確認ください

    (2019年8月の求人数)

    IT業界に特化したサポートを受けられる|レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    レバテックキャリアは、ITエンジニアやWebデザイナーなどクリエイティブ職への転職に強いエージェントです。

    IT・Web業界への転職支援に範囲を絞っているため、専門性の高い充実したサポートが受けられるでしょう

    IT業界への転職において、非常に重要なポートフォリオ(制作物)の確認も行ってくれますよ。

    未経験OK求人も充実しており、未経験でのIT・Web業界への転職希望時には、ぜひ登録したい転職エージェントと言えます。

    未経験歓迎求人は、求人検索欄のフリーワードに「未経験」と入力し検索しましょう。

    求人数 2,638件
    非公開求人数 非公開
    対象地域 全国主要都市
    面談可能なオフィス 東京・神奈川(横浜)・大阪・福岡

    (2019年8月の求人数)

  • スポンサーリンク

  • 3.転職エージェントを使って未経験から転職した人の体験談

    転職エージェント 体験談

    転職エージェントのメリットがわかったところで、実際に未経験転職を経験した人の体験談ほど信頼できる情報はありません。

    ここからは、際に転職エージェントを利用して未経験業界への転職活動を行った人の、成功や失敗体験談をご紹介します。

    成功体験談

    まずは未経験業界への転職に成功した人の体験談のご紹介です。

    たとえ業界未経験であっても、これまでの職歴や正確から強みを見いだせれば、企業へのアピールポイントになることがわかります。

    未経験業界にWebデザイナーから転職


    一番大切なのは、自分がこれまで培った経験・スキルをしっかりとPRすることだと思います。

     

    でも、自分1人では大変だし、自分の良いところが自分では分かっていなかったりもする。

     

    だから、キャリアアドバイザーの方としっかり向き合い、悩んだら即、相談することが大事ですね。

     

    (引用:マイナビクリエイター|33歳から未経験業界に挑戦

    昔から憧れていたゲーム業界に、Webデザイナーからの転職を果たした人の成功体験談です。

    前に利用していた転職エージェントから「30歳の未経験転職は難しい」と言われましたが、諦めきれずもう一度奮起。

    結果、自分の意見や希望を汲んでくれるキャリアアドバイザーと出会え、コーエーテクモゲームスへの転職を果たしました。

    未経験転職を成功させるには、アドバイザーの質や担当者との相性が大事だとわかるエピソードですね。

    30代半ばで担当者からのキャリアアドバイザーへのスカウト!?


    今は転職をし、キャリアアドバイザーの道を歩み始めたところです。

     

    転職をするために頼りにしていた職種に、自分はなるとは思ってもみませんでした。

     

    私のコツコツと誠実な性格が、キャリアアドバイザーに向いていると、あの時担当の方が言ってくれなければ、私はまた同じ過ちを繰り返していたかもしれません。

     

    (引用:みんなの転職体験談

    マスコミ業界の技術職に就いていた女性が、キャリアアドバイザーへの転職に成功したという体験談です。

    効率的に転職活動を進めようとエージェントに登録したところ、なんと担当者から「キャリアアドバイザーに向いていますよ」と助言されたとのこと。

    現在は外資系企業に勤めながら、海外勤務やノマドワーカーへの転身を目指すという新しい目標を持って仕事に励まれています。

    自分では思いもしなかった業界への適性を見つけてくれるのも、未経験転職でエージェントをおすすめしたい大きな理由の1つです。

    リクルートエージェントで未経験転職に成功


    リクルートエージェントさんは、とにかく紹介してくださる求人が膨大です

     

    私は転職までの期間を短めに設定していたことと、たくさんの可能性を検討したいということがありましたので、質の高いサポートと、膨大な求人数は、私にとって「願ったり叶ったり」のサービスでした。

     

    また、転職活動は基本的に個人での活動ですので、先行きの不安を感じやすいと思います。

     

    そんなときに、背後にプロのアドバイザーさんが控えてくれている、と思うと、心強く感じます

     

    (引用:みんなの転職体験談

    リクルートエージェントを利用し、デイサービスセンターから不動産の営業事務への転職に成功した体験談です。

    職場の人間からのプライベートへの介入に嫌気が差し、リクルートエージェントに登録。

    相性の良い求人の紹介だけでなく、模擬面談や面談当日に「頑張ってください!」と声をかけてくれるなど、親身な支援が嬉しかったそうです。

    やはりプロによる転職活動のサポートは、未経験転職において非常に頼りになる存在と言えますね。

    失敗体験談

    続いては未経験転職を実行し、失敗してしまったと感じている人の体験談です。

    未経験転職には大きなリスクが伴うため、必ずしも成功するとは限らないのが現実。

    とくに入社後の業務内容に悩む人が多いため、事前の業界・企業リサーチが大切であることがわかります

    似たような職種だったけど、甘く見すぎてうまくいかなかった


    洋服の接客販売からの転職でした。前職では、お客さまに似合う服を積極的に提案するなど、売り上げにも貢献しました。

     

    そういうコミュニケーション力を武器に、いろいろな人に自分から提案できる法人向け新規の営業がしたくて転職しました。

     

    でも、お客さまの笑顔は見られないし、上司からは「売り上げ伸ばせ」とプレッシャーばかり。 正直、もうキツくなってきました…。

     

    (引用:doda|失敗に学ぶ転職成功術・転職失敗事例集

    「どうせ似たような仕事内容だろ…」と安易に考え、転職先にコミットできなかったという転職失敗体験談です。

    安易な判断だけで転職先を決めてしまうと、「思っていた仕事と違う」という新しい悩みを抱えてしまいます。

    必ず企業リサーチを実施したり、転職エージェントからのアドバイスを聞いたりするようにしましょう

    環境を変えたけど、やっぱり自分には合っていない


    「年功序列の企業にいたため、実力主義の会社に行きたくてベンチャー企業に転職しましたが、やっぱり自分には合っていない気がします…

     

    (引用:doda|失敗に学ぶ転職成功術・転職失敗事例集

    年功序列の会社から実力主義のベンチャー系に転職したものの、実力主義が合わなかったという転職失敗体験談です。

    「隣の芝生は青い」とは言いますが、待遇や自分の理想だけで転職先を決めるのは危険です。

    必ずキャリアアドバイザーに相談し、「自分が本当に仕事に求めているもの」「自分が働きやすい環境」をしっかり洗い出しておきましょう。

    失敗してもまたチャレンジすればいい

    転職エージェントを利用しても転職に失敗する危険性はありますが、大切なのは失敗してからどうするかです。

    「転職に失敗した」という経験を、次のチャレンジに生かすようにしましょう。

    転職エージェントは入社後のアフターフォローも実施していますし、転職エージェントに再支援を依頼することも可能です。

    ただし、立ち直りや再就職には多大な労力を消費するので、やはり可能な限り一発で転職が成功できるように活動を進めましょう。

    4.転職エージェントで内定を得るまでの手順

    転職エージェント 手順

    ここからは、転職エージェントに登録してから内定を得るまでの手順を順番にご紹介しますね

    登録から内定までの流れは、主に以下5つの手順にしたがって行われます。

    全体の流れを知っておくことで、今後転職エージェントを利用する際に活動計画を立てやすくなりますよ。

    では以下より、流れに沿って解説します。

    手順1.転職エージェントへの登録

    まずは登録したい転職エージェントの公式サイトを開き、サービスの申込みを行いましょう。

    登録手順は各社で少し違うものの、大抵は職歴・スキル・連絡先・現在の状況などの基本情報を入力のみです。

    登録が終わった後は、1日~2週間以内にエージェントから連絡が入りますので、このときに面談の予定を組んでいきます。

    初めは直接面談が好ましいですが、面談拠点の場所や予定の兼ね合いなどで実施が難しい場合、電話面談での面談も可能です。

    手順2.アドバイザーとの面談・自己分析

    面談日の日程が決まったら、実際にキャリアアドバイザーと面談し、カウンセリングや自己分析を行います。

    会員登録時に入力した内容を元に、あなたの状況・希望・スキルや職歴を共有し、今後の活動計画の方針を決めていきましょう。

    面談時に嘘をついてしまうと、今後の活動に支障をきたしたり担当者の信頼を失ったりするので、必ず素直に情報を打ち明けてください。

    また、面談では転職活動についての不安や疑問について相談もできるため、まだ転職するか迷っている段階でもカウンセリングの利用はおすすめです。

    自己分析

    自己分析で洗い出した情報は今後の転職活動の軸となるので、「これでもか!」と思えるくらい話し合うのが丁度良いでしょう。

    とくに未経験転職を成功させるためには、どんなに小さな強みでもドンドン洗い出しアピールポイントにすることが大切です。

    自己分析は主に以下の内容について、アドバイザーと深堀りを行います。

    • 「なぜ転職したいのか?」の確認
      ⇒とくに確認すべき最重要項目
    • 受けたい求人の希望条件の共有
    • 職歴・資格・スキルなどの洗い出し(キャリアの棚卸し)
    • 性格や得意なことなど、表面化していない強みの洗い出し

    手順3.求人紹介・応募書類作成・応募

    担当のキャリアアドバイザーは、面談や自己分析の結果を元に、あなたの希望や能力に応じた求人を紹介してくれます。

    自分の能力や求める条件とすり合わせながら、「これだ!」と思う案件を探してください。

    このとき、紹介求人が希望と違ったり明らかに条件が悪かったりする場合は、自分の希望どおりの求人を紹介してほしい旨を伝えましょう。

    もし紹介求人の中に応募したい案件が見つかれば、実際に求人に応募します。

    アドバイザーからの書類添削などのサポートを受けながら、書類選考通過を狙っていきましょう。

    <推薦書の中身は必ず自分でも確認しよう>

    アドバイザーが書いてくれた推薦状の中身は、必ずあなた自身も直接確認してください。

    なぜなら、使いまわしできそうな薄い内容や、経歴をそのまま移しただけの雑な推薦書を作成する担当者がいるからです。

    「面接試験のときにズレがないようにしたい」と伝えて、内容を見せてもらいましょう。

    手順4.面接

    書類選考に通過した後は、いよいよ面接試験です。

    アドバイザーとしっかり面接対策を行い、万全の状態で本番に臨みましょう。

    面接日の調整や交渉も担当者がすべて引き受けてくれるため、あなたは面接試験突破のことだけに集中できます。

    もし面接で不採用になっても、企業からの「なぜ不採用だったのか」のフィードバックを受けられるので、次の転職活動に生かせますよ。

    手順5.内定・給与交渉・退職手続き

    面接試験を突破し内定が出た後、給与交渉をするならこのタイミングで行いましょう。

    内定が出た直後は、あなたと企業がもっとも対等な立場になる期間ですので、腰を据えて条件を話し合えます。

    もちろん、交渉自体は転職エージェント側が代行してくれるため、あなたは希望条件を伝えるだけで問題ありません。

    また、転職エージェントは退職手続きや入社手続きのサポートも無料で引き受けてくれますので、最後まで支援を受けることをおすすめします。

    転職エージェントを退会したい場合は?

    転職活動を終えた後や転職活動途中でエージェントから退会したいときは、その旨を転職エージェント側に早めに伝えましょう。

    電話やメールで直接伝える、または転職エージェント公式サイトの退会申請などから連絡してください。

    もちろん、退会した後にもう一度再登録することも可能です。

    5.未経験転職を成功させるための転職活動のポイント5選

    転職エージェント 未経験 成功

    即戦力の人材と比べて採用されにくい未経験の求職者は、成功させるためのポイントを頭に入れておくことが重要です。

    未経験転職を成功させるために、以下のポイントを押さえながら活動を進めましょう。

    では以下より順番に、未経験転職成功のためのコツをご紹介します。

    ポイント1.未経験転職の戦い方を知っておこう

    未経験職種・業種への転職や正社員未経験からの転職の場合、未経験転職ならではの戦い方を知っておきましょう。

    「ポテンシャル」や「将来性」をアピールすることを前提に、もう一歩踏み込んだ対策を講じれば、他の未経験者と大きく差を付けられます。

    以下では未経験転職に欠かせない、3つの戦い方を解説します。

    未経験職種に挑戦する意欲を見せる

    業界の専門知識や経験でアピールできない未経験転職は、「未経験職種に挑戦しようとする意欲」が大きな武器になります。

    未経験職へのチャレンジ精神は、経験者ではアピールできない未経験者ならではの武器です。

    「新しいことをどんどん吸収する」「素直に仕事をこなしていく」など、やる気や熱意をしっかりと売り込んでいきましょう。

    業界の研究・企業のリサーチを怠らない

    未経験の職種・業種へ転職する場合は、希望の企業・業界についてみっちりリサーチすることが大切です。

    もしリサーチを怠ってしまうと、面接試験でボロが出てしまったり、理想の業務内容とのギャップで挫折してしまったりすることが考えられます。

    また、「なぜ未経験歓迎求人を出しているのか?」までしっかり調べ、事前対策を立てるようにしましょう。

    未経験を歓迎する主な理由を以下でまとめましたので、参考としてご覧ください。

    • 未経験歓迎と記載することで、経験者からの応募のハードルを下げている
      この場合は経験者しか採らないので要注意!
    • 新卒採用で足りなかった若い人材を確保したい
    • 新規事業のスタートや職場改革などの理由で違う目線や経験を持った人がほしい
    • 1からみっちりと教育したい
    • そもそも経験者の少ない業界である

    企業の事前リサーチには、転職会議openwork(旧VORKERS)などの企業口コミサイトの利用をおすすめします。

    これまでの経験やスキルをうまく転用しよう

    たとえ未経験分野への転職であっても、今までの経験やスキルをうまく転用できれば、大きなアピールポイントになります。

    現職が不動産営業であれば「営業スキル」、コンサルティング業であれば「分析力」などが、どんな職種でも応用が効く強みと言えますね。

    もちろん職歴だけではなく、学校での取り組みや趣味で培ったことも、未経験分野への転職には重要なアピール材料です。

    ポイント2.転職活動は退職前に行おう

    転職活動は会社を退職する前、つまり働きながら行うようにしましょう。

    退職後の転職活動は時間的余裕がありますが、お金がドンドンなくなりますし、転職先がなかなか決まらなければ大きな焦りにつながります。

    また、「やっぱり現職を続けたい」と思ったりしたときにも対処できるよう、在職中の転職活動を強くおすすめします。

    ポイント3.転職エージェントは複数利用しよう

    転職エージェントは1社だけではなく、必ず複数のエージェントに登録しましょう。

    各社の求人がそれぞれ確認できたり、自分にピッタリの担当者が見つかる可能性が高くなったりと、非常にメリットが大きいです。

    また、リクナビNEXTの調査では、「転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2社」との結果も出ていますよ。

    ポイント4.合わない担当者はすぐに変更しよう

    自分が少しでも「合わないな」と感じる担当者にあたった場合は、すぐに担当者の変更申請を行うべきです。

    アドバイザーと一緒に進める転職エージェントでの転職活動は、担当者の良し悪しが転職に大きく影響します。

    「連絡のレスポンスが遅い」「こちらの話を聞かない」など問題あるアドバイザーは、絶対に避けるようにしましょう。

    もし合わない担当者のあたった場合は、電話・メール・担当者変更申請フォームなどから、担当者変更希望の旨を伝えてくださいね。

    ポイント5.複数の転職エージェントから同じ求人に応募するのは止めよう

    複数の転職エージェントから、同じ求人に応募することは絶対に止めましょう。

    転職エージェント各社が混乱しますし、なによりキャリアアドバイザーやエージェントからの信頼が失われます。

    転職エージェントからの信頼を失えば、もう二度と支援を受けられなくなるかもしれません。

    もし応募したい求人があった場合も、あなたが「このエージェントに任せたい!」を思う1社から応募してくださいね。

    6.年代・職種別の未経験転職の注意点

    未経験転職を行う際には、年代別や転職希望職種先などによって、それぞれに注意すべき部分が存在します。

    あなたに当てはまる年代や目的に応じて、以下の注意点も一度確認しておきましょう。

    <年代・職種別の未経験転職の注意点>

    1. 20代での未経験転職の注意点
    2. 30代での未経験転職の注意点
    3. 未経験からIT・エンジニアへの転職
    4. 未経験から事務・経理職への転職

    ▼見出しをクリックすると各詳細が確認できます。

    20代での未経験転職の注意点

    20代での未経験転職は転用できる職歴やスキルが少ないため、ポテンシャルや将来性のアピールが必須になります。

    採用企業側も、20代には「これから技能を覚えられるか」「この先会社の中心人物になれるのか」といった部分に期待します。

    「即戦力」が求められない分、他の年代と比べると1番未経験転職に挑戦しやすい年代であるため、積極的にチャレンジしていきましょう。

    ただし、20代の後半に差し掛かっている場合は、ある程度の経験や能力が求められます。

    30代での未経験転職の注意点

    経験やスキルを求められる30代での未経験転職は、「培ってきたものを企業に還元できる」ことをアピールできるかが勝負です。

    企業のリーダー層の年齢となる30代には「即戦力」が求められるため、将来性が加味される20代と比べて転職が難しくなるのが現状。

    しかし、30代は20代の若者より長く生きている分、転職先の業務に転用できる能力・経験・スキルが豊富なことが大きな武器となります。

    転職エージェントと協力しながら未経験の分野でも生かせる強みを見つけ、しっかりとアピールしていきましょう。

    <40代以降の未経験転職の難易度は非常に高い>

    40代以降の求職者が未経験の職種・業界へ転職するには、非常に高いハードルを超えなければなりません。

    40代になると将来性・教育コストとの兼ね合い・既存社員との関係性など、採用側もさまざまなリスクを考えるためです。

    しかし、決して不可能ではないため、興味がある場合は「40代のリアルな転職事情と今すぐ転職活動を始めないと後悔する理由」の記事をご覧ください。

    未経験からITエンジニアに転職するには

    未経験からITエンジニア関係への転職には、独学で勉強した知識や資格などがアピール材料になります。

    未経験歓迎の求人もたしかにありますが、入社後の勉強や業務のことを考えると、事前学習をしておくことがおすすめです。

    エンジニアは常に新しい知識を取り入れる必要があるため、仕事に対しての強い向上心も必須になるでしょう。

    <独学できる学習>

    • プログラミングスクールに通う
    • 学習サイトを利用する
    • 基本情報技術者などの資格を勉強する

    未経験から事務・経理職に転職するには

    未経験から経理職などの事務関係に転職するには、事務処理・数値管理能力や、オフィス内の人間関係を円滑にできるチームワーク力が必要です。

    同じ部屋で長時間仕事したり、他社や来客とのやり取りが多かったりする事務関係は、基本的なビジネスマナーや社会人のモラルが必須能力。

    コミュニケーション力・気配りやホスピタリティ力は、書類作成時や面接試験時にしっかりアピールしておきましょう。

    また、事務職は決まった業務以外の仕事を頼まれたり手伝ったりするケースも多いため、臨機応変な対応力も必要です。

    有利になる資格は、主に以下の資格・スキルです。

    • パソコンスキル(タイピング・書類作成能力)
    • MOS関係(Word・EXCEL)
    • 簿記検定(3級でもアピールになる)
    • 秘書検定
    • TOEICや英語などの海外語学力(貿易事務関係などで有利)

    7.未経験を歓迎している職種・業界

    ここからは未経験転職の参考データとして、未経験を歓迎している職種や業界についてご紹介します。

    「キャリアチェンジしたいけど、どこが良いかわからない」「狙ってる職種は転職しやすいのかな…」と感じている場合は、ぜひご覧くださいね。

    未経験歓迎職種ランキング(マイナビ転職調べ)

    マイナビ転職調べによる、未経験歓迎求人の割合が多い職種ランキングトップ10は以下のとおりです。

    同ランキングでは営業職が78.4%の11位、ITエンジニアは48.6%の16位にランクインしていました。

    未経験歓迎職種 求人割合(マイナビ転職)
    美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
    販売・フード・アミューズメント 93.6%
    技能工・設備・配送・農林水産他 90.3%
    保育・教育・通訳 90.1%
    医療・福祉 84.9%
    管理・事務 83.3%
    公共サービス 83.1%
    企画・経営 81.4%
    医薬・食品・科学・素材 80.1%
    コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%

    (引用:マイナビ転職|2017年11月7日調べ

    未経験歓迎業種ランキング(マイナビ転職調べ)

    続いては未経験でも歓迎している業種のランキングです。

    割合がすべて80%を超えていますが、商社・公的機関・金融・保険・マスコミ・コンサルティングなどは、他業種で優れた経歴を残していなければ難しいでしょう。

    未経験歓迎業種 求人割合(マイナビ転職)
    運輸・交通・物流・倉庫 95.4%
    商社 94.6%
    流通・小売・フード 93.4%
    サービス・レジャー 91.7%
    公的機関・その他 89.8%
    環境・エネルギー 89.5%
    金融・保険 89.4%
    メーカー 89.0%
    マスコミ・広告・デザイン 88.5%
    コンサルティング 88.2%

    (引用:マイナビ転職|2017年11月7日調べ

    20代・30代の未経験歓迎職種・業界について

    20代の未経験を歓迎している職種・業界は、1から研修・教育を行いたい人材を欲しています。

    IT業界やインターネット事業など、他の職種・業界の経験が生かしにくく専門知識が必要な業務は、20代での募集が多いです。

    一方、30代の未経験歓迎職種・業界は、他の職種・業界知識や経験が生かせる仕事が主です。

    営業(保険や不動産など)・小売・コンサルティングなど、人脈・マーケティング力といった他業種のスキルを転用しやすい職種・業種が多数を占めています。

    20・30代の共通としては、介護・配送・ホテルマン・工場のライン工などは、比較的未経験でも入りやすい仕事です。

    ただし、給料が少なかったり多大な残業があったりなどのブラック案件も多いため、待遇や労働環境をしっかりリサーチした上で応募しましょう。

    まとめ

    転職エージェントは未経験の職種・業種への転職もサポートにも対応しています。

    難易度が高い未経験への転職だからこそ、エージェントのサポートを最大限に生かして転職活動を進めましょう。

    また、成功させるためのポイントを押さえることで、内定が出る確率はさらに上がります。

    当記事でおすすめした転職エージェントを利用し、ぜひ未経験業界・職種への転職を成功させてくださいね。

    <未経験転職で利用したいおすすめ転職エージェント>

    1. マイナビエージェント
      ⇒20代や第二新卒・既卒の転職支援に強み
    2. リクルートエージェント
      ⇒求人総数・実績数No.1
    3. パソナキャリア
      ⇒初めての転職でも安心のサポート
    4. ハタラクティブ
      ⇒正社員未経験向けの求人が多い
    5. ウズキャリ
      ⇒職業訓練も受けたいなら
    6. ワークポート
      ⇒IT・ゲーム業界求人が全体の6割
    7. レバテックキャリア
      ⇒IT・Web業界特化転職エージェント
  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県