20代で転職活動を始めないと後悔する理由&転職前に知るべき注意点

一般転職

転職を考えているけれど、なかなか踏み切ることができない…」とお悩みではありませんか?

今の仕事を退職して新しい職へと移るのは、かなりの勇気が必要なことですよね。

しかし、 20代は転職をする絶好のタイミング

ポテンシャルも見込んで採用してもらえる20代で転職活動をスタートしなければ、30代・40代になった時に後悔してしまう恐れがあります。

そこで今回は、転職を考えている20代に向け、「転職活動を始めないと後悔する理由」や「転職前に知るべき注意点」をお伝えします。

また、転職の強力な味方となる「転職エージェント」についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.20代の転職は怖くない!知っておくべき転職事情

記事の冒頭でお伝えしたとおり、20代は転職しやすいタイミングです。

「転職するのが怖い」と感じているかもしれませんが、転職をする人はあなた以外にもたくさんいるので、不安になる必要はありませんよ。

この章では、転職活動を始める前に知っておきたい「20代の転職事情」について解説します。

20代は一番転職活動が活発な時期

20代・30代・40代・50代のうち、もっとも転職活動が活発なのは20代です。

転職エージェントであるdodaの調査によると、 20代の転職者は、転職者全体のおよそ半数を占めています

引用:みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2018年下半期)- 転職ならdoda(デューダ)

このように、20代の転職は決して珍しいことではなく、むしろ20代は「転職者がもっとも多い年代」なのです。

スポンサーリンク

20代に多い転職理由は「仕事が合わなかったから」

20代は転職者が多い年代であることがわかりましたが、「なぜ転職したのか」気になりますよね。

20代にもっとも多いのは、「仕事が合わなかったから」という転職理由です。

名の知れた会社に入社できたものの、希望の部署に就くことができませんでした。

 

入社から2年は我慢しましたが、「本当にやりたかった仕事がしたい」と思い、転職を決意しました。

自分のやりがいことがわからないまま入社し、激しく後悔。

 

毎日「なんでこんな仕事をしているんだろう」と悩み続けた結果、心身ともに疲れてしまい、入社から1年で転職を決めました。

入社したものの仕事にやりがいを感じられず、転職を決意する方が多いです。

また、以下のような理由から転職を決意する20代も少なくありません。

<20代に多い転職理由>

  • 職場の雰囲気が合わない
  • 人間関係を上手に築くことができなかった
  • 他にやりがい仕事ができた
  • 給与や待遇に不満がある
  • 労働時間や残業時間に不満がある
  • 会社に将来性を感じられない……など

20代の平均転職回数

20代の転職事情で気になるポイントのひとつが、転職回数。

20代は何回くらい転職を経験しているんだろう?」と気になりますよね。

転職サイトである「リクナビNEXT」の調査によると、20代の76%は転職未経験。

次いで、 16%が「1回」・6%が「2回」・2%が「3~5回」の転職を経験しています。

引用:年代別の転職回数と採用実態|転職ならリクナビNEXT

少数ながら、3回以上の転職を経験している20代もいることがわかりますね。

20代は転職する割合が多い年代であるものの、転職回数が増えすぎるのはよくありません。

転職回数が多いと、企業から「入社してもすぐに辞めてしまうのでは?」と思われ、将来の転職に不利になってしまう恐れがあるのです。

とはいえ、不満を抱え続けたまま会社に留まった場合、体や心に負担がかかってしまう可能性があります

転職回数が増えることがリスクとなることには変わりませんが、転職回数だけを気にしすぎるのはよくありません。

20代で1〜2回程度の転職であれば、過剰に気にする必要はないでしょう。

2.20代で転職を考えているのなら、今すぐにでも転職活動を始めよう

もし、 現状で「少しでも転職をしたい」と考えているのなら、今すぐ転職活動を始めることをおすすめします

転職活動といっても、必ず転職する必要はありません。

「やりがいのある仕事はないか」「今より待遇の良い会社はないか」と、求人を探してみるだけでも良いのです。

「活動を開始するのは、転職することが完全に決まってからでいいのでは?」と思うかもしれませんが、早めの転職活動スタートをおすすめするのには、以下3つの理由があります。

それぞれの理由について、詳しくチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

理由1.自分の市場価値を知ることができる

普段の生活の中で、自分の市場価値を知るタイミングはなかなかありません。

転職活動は、自分の市場価値を知る絶好のチャンス。

転職活動を通して 自己分析や求人探しをすることで、自分がどれくらい企業に求められているのか知ることができます

市場価値は「どのくらいの年収が見込めるか」「どんな企業とマッチするのか」の、予測材料になる有益な情報です。

自分の市場価値に関する情報は、今すぐに転職をせずとも、今後「本格的に転職したい」と思ったときに必ず役立ちますよ。

理由2.本当に転職するべきか判断できるようになる

あなたは今、「本当に転職すべきかどうか」迷っていませんか?

悶々と転職について悩んでしまうのは、あなたが自分自身を取り巻く転職事情を知らないからです。

求人はあるのだろか」「自分を求めてくれる会社はあるのだろうか」という疑問は、実際に転職活動をしてみないことには解消できません。

反対に、転職活動をスタートすれば、自分の希望にマッチする求人の数や、自分の市場価値についての疑問はすぐに解消できます。

転職活動を通して 市場価値を把握したり、自己分析をしたりすることで「今の会社に残って実績を積むべきか」「転職するべき」か、冷静に判断できるようになるでしょう。

理由3.今の会社に残った場合でも転職活動の経験が活る

「結局転職しないことになるなら、転職活動しても意味がないのでは?」と考える方も多いですが、今の会社に残った場合でも、転職活動の経験を活かすことができますよ。

転職活動を行うと「会社がどんな人材を求めているのか」「どんな人材の市場価値が高いのか」が見えてきます。

そのため、 仮に今の会社に残る判断をしたとしても、今までとは違った視点で仕事ができるようになるのです。

自分自身が「求められる人材」になることができれば、会社からの評価もおのずと上がるはずです。

ここまでで説明したように、転職活動はうまくいっても、いかなくてもメリットがあります。

「転職したいけど迷っている」のであれば、思い切って転職活動をスタートしましょう。

スポンサーリンク

3.20代はアドバイザーがつく「転職エージェント」を賢く利用しよう

いざ転職活動をスタートするとなると、何から始めれば良いか悩んでしまいますよね。

20代で転職活動をする場合は、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

「求人情報が掲載されいている転職サイトでも良いのでは?」と思うかもしれませんが、 転職エージェントには「転職をあらゆる角度からサポートしてもらえる」という大きなメリットがあるのです。

この章では、転職エージェントで受けられるサービスについて解説していきます。

転職エージェントで受けられるサービス

転職エージェントで受けられるおもなサービスは、以下の通りです。

  • キャリア相談
  • 自分の希望にマッチする求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書添削
  • 面接対策
  • 面接スケジュール管理
  • 入社日の調整
  • 待遇・給与交渉
  • 入社手続きのサポート……など

このように、転職エージェントは、さまざまな場面で転職をサポートしてくれます。

また、転職希望者ひとりずつにアドバイザーがつくので、転職の悩みを相談することもできますよ。

「転職未経験で何をしたらいいかわからない」「一人での転職は不安」という方も、 転職エージェントのサポートを受ければ、万全の体制で転職活動を行うことが可能です。

料金は無料!何社でも併用できる

「転職エージェントが便利なことはわかったけど、多額の費用がかかるのは嫌」というのが、本音ですよね。

転職エージェントを利用するにあたって、費用の心配をする必要はありません。

転職エージェントの利用料は、完全無料

転職エージェントは転職希望者の入社が決まった企業から報酬を受け取っているので、転職希望者には一切負担がかからないのです。

さらに、転職エージェントは何社でも併用してOK。

3社程度の転職エージェントに登録することで、より多くの求人をチェックできますよ。

スポンサーリンク

4.20代が利用すべき転職エージェントを厳選して紹介

ますはこの3つ!20代が必ず登録しておきたい転職エージェント

厚生労働省によると、 転職エージェントは全国に1万事業所以上あり、それぞれに特徴があります。

万人にとって一番いい転職エージェントを選ぶということはできません。

大切なのは、自分に合った転職エージェントを利用することです。

はじめから一社に絞る必要はありませんので、ある程度の特徴を理解したうえで、複数の転職エージェントを利用してくださいね。

では、20代はどのような転職エージェントを選ぶべきか、「保有する求人数」や「利用者の年齢層」で厳選した転職エージェントを紹介します。

▼クリックすると、各紹介見出しに飛びます。

転職エージェント名 特徴
リクルートエージェント
  • 求人数が転職エージェントの中で最多
  • 経験豊富なコンサルタントが多数在籍
doda
  • 転職サイトでありながら、転職エージェントの機能も兼ね備えている。
  • 転職フェアというイベントを開催している
マイナビエージェント
  • 各業界・企業情報に精通したエージェントが多数在籍
  • 総求人数の80%が非公開求人

以上の3つは、業界でもトップクラスの求人数・サポート実績を誇る転職エージェントです。

他のサービスに比べて20代向けの求人を多く保有しているので、希望条件に合った求人を見逃さないためにも、必ず押さえておくべき転職エージェントだと言えます。

最低限、これだけは登録してほしいと厳選した転職エージェントですが、 3社登録するのが面倒であれば、「リクルートエージェント」と「doda」だけでも登録しておいてくださいね。

20代が登録すべき転職エージェントについては、「騙されるな!20代が本当に使うべき転職エージェントを厳選して紹介」でさらに詳しく紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する日本最大級の転職エージェント。

日本全国の求人を網羅しており、 その数は26万件以上。第二新卒・既卒向けの求人も対応している、万能型の転職エージェントです。

求人が多い分、質の悪い求人も少なからず含まれているのですが、担当のアドバイザーに気になっている求人の懸念点を聞いておけば、ブラックな求人には引っかかりにくくなりますよ。

「圧倒的な求人数の中から幅広く求人をチェックできる」というリクルートエージェントならではの強みを生かして、満足のいく転職活動にしてくださいね。

リクルートエージェントに関しては、「リクルートエージェントで転職すべき?利用者の評判と登録前の注意点」で詳しく解説しているので、ぜひこちらもご確認ください。

注目すべき特徴

  • 求人数が業界で圧倒的に多い
  • 面接対策も丁寧に行ってくれる
  • 応募書類の添削も細かく行ってくれるので書類選考を突破しやすい
  • 企業への年収交渉が得意

利用前の注意点

  • 3ヶ月の利用期限がある
    ⇒計画的に転職活動を行う必要があります。

基本情報

運営会社 リクルート
対象地域 全国
公開求人数 50,000件〜
非公開求人数 200,000件〜

doda

doda

dodaはパーソルキャリアが運営する転職サイトです。

自分で求人を検索して応募する、「転職サイト」として利用されていますが、コンサルタントをつけて「転職エージェント」としての利用もできます。

また、「スカウトサービス」という、Web履歴書を登録して待つだけで、あなたの経験・スキルに合った企業からのオファーが来るというサービスもあるので、手間を減らした転職活動もできるのです。

リクルートエージェントには劣りますが、 10万件以上の求人を保有し、利用者の満足度も高い丁寧なサポートが特徴の転職サービスと評判。

dodaに関しては、「要注意!doda利用者の評判・口コミと利用前に必ず確認すべき全知識」という記事もあるので、詳しくはこちらもご確認ください。

注目すべき特徴

  • 10万件以上の求人を保有している
  • スカウトサービスがあり、手間をかけずに転職活動ができる
  • 「転職フェア」という転職イベントを主催している

利用前の注意点

  • 未経験者が応募可能な求人が少ない

基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
対象地域 全国
公開求人数 65,000件〜
非公開求人数 70,000件〜

スポンサーリンク

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。

あらゆる業種・職種を網羅しており、第二新卒者向けの求人も揃えています。

コンサルタントは専任の業界を担当しており、様々な情報に精通しているのが特徴です。

転職未経験者へも丁寧な対応なので、初めて転職する人でも安心して利用できるでしょう。

注目すべき特徴

  • 3万件以上の求人を保有している
  • 業界専任のコンサルタントがアドバイスをしてくれる

基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
対象地域 全国
公開求人数 13,000件〜
非公開求人数 21,000件〜

5.転職エージェントに登録して内定を得るまでの流れ

 キャリアアドバイザーと面談 求人の紹介・企業調査
キャリアアドバイザーと共に書類作成・面接対策 面接試験・内定の連絡

「おすすめの転職エージェントはわかったけど、内定までの流れがよくわからない」と感じていませんか?

この章では、 転職エージェントに登録してから内定を得るまでの流れを、詳しく解説していきます。

それぞれのステップで抑えておきたいポイントについてもお伝えするので、ぜひ意識しながら転職活動を行ってくださいね。

ステップ1.キャリアアドバイザーと面談

最初のステップは、キャリアアドバイザーとの面談です。

キャリアアドバイザーは、 あなたの転職を一番近くでサポートしてくれる担当者

転職についての希望や悩みは、何でも伝えてください。

また、初めての面談では、以下のような内容を尋ねられることが多いです。

  • 転職の動機と目的
  • 自分のキャリア
  • 持っているスキル
  • 転職希望時期……など

キャリアアドバイザーは、あなたの情報を熟知した上で「どんな会社が合うのか」考えてくれます。

正確な情報を伝えるためにも、聞かれたことに対しては、嘘偽りなく答えましょう。

スポンサーリンク

ステップ2.求人の紹介・企業調査

次のステップは、求人の紹介・企業調査です。

キャリアアドバイザーが、面談でリサーチした希望や条件をもとに、あなたに適した求人を紹介してくれます。

紹介された求人はもれなく目を通し、企業調査をしましょう。

ただし、キャリアアドバイザーに頼りすぎず、自ら企業調査をすることも重要ですよ。

また、キャリアアドバイザーが 求人票や企業調査だけではわからない情報を持っている可能性もあります

企業について気になる点があれば、キャリアアドバイザーに尋ねてみることをおすすめします。

ステップ3.キャリアアドバイザーと共に書類作成・面接対策

次のステップは、書類作成・面接対策です。

転職エージェントに登録していれば、 履歴書を添削してもらったり、応募先の企業に応じた面接対策を行うことができます

客観的なアドバイスをもらうことができるため、自分では気づきにくい「改善すべき点」も明確になりますよ。

キャリアアドバイザーのサポートを受けながら、「どうような姿勢で応募すれば内定につながるか」考えましょう。

ステップ4.面接試験・内定の連絡

最後のステップは、面接試験・内定の連絡です。

キャリアアドバイザーからのアドバイスや、面接対策を踏まえた上で、面接試験に臨みましょう。

また、晴れて内定をもらったあとは、入社日の調整などを行います。

入社日の調整も転職エージェントがしっかりサポートしてくれるので、最後まで安心です。

スポンサーリンク

6.転職で失敗しないために気をつけておくべき全注意点

「転職を成功させたい」「後悔のない転職がしたい」というのは、当然のこと。

しかし、中には転職に失敗してしまう人もいます。

転職での失敗を防ぐためには、 あらかじめ転職活動の注意点を知っておくことが重要です。

この章では、転職活動中に気をつけるべき5つの注意点について解説します。

どれも重要な注意点なので、しっかり意識して転職活動を行ってくださいね。

注意点1.会社に勤めながら転職活動を行うこと

「転職活動に専念するため、すぐでも会社を辞めよう」と考える方は、少なくありません。

しかし、内定をもらう前に会社を辞めるのは絶対にNGです。

転職活動開始から内定をもらうまでには3ヶ月~半年ほどかかるケースが多いため、早々に会社を辞めると、収入源がなくなってしまいます。

収入源がなくなると「なんとかしてお金を得よう」と焦り、求人選びに妥協が生じること多いです。

妥協して入社をした場合、働き始めたときに「もっと違う企業を選べばよかった」と後悔してしまう恐れがあります。

焦らず求人を選ぶためにも、転職活動は会社に勤めながら行いましょう。

注意点2.転職したい理由を明確にしておくこと

転職する理由や必要性を明確にしておくことは、転職活動をする上でもっとも重要といっても過言ではありません。

転職の理由が決まっていなければ、 転職先の企業を選ぶ基準がブレる上、受け身の転職になってしまいます

「紹介されたし、良さそうだから」と、曖昧な気持ちで会社を選んだ場合、転職先でも再び「仕事が合わない」「自分に合う会社ではない」と感じてしまう恐れがあるのです。

後悔のない転職をするためには、転職の理由を明確にすることが大切ですよ。

「理由がわかららない」という方は、以下のように「なぜ」を繰り返し自問自答してみることもひとつの手段です。

  1. 「なぜ転職したいのか」……やりがいがないから
  2. 「なぜやりがいを感じられないのか」……今の仕事が合わないから
  3. 「なぜ今の仕事が合わないと感じるのか」……やりたい仕事(営業職)ができないから
  4. 「今の企業で営業職につくことはできないのか」……何度も希望を伝えたが通らなかった
  5. 「転職したい理由はなにか」……希望である営業職につくため転職したい

結論:転職するのは、やりたい仕事である「営業職」につくため

スポンサーリンク

注意点3.転職エージェントは必ず複数利用すること

転職エージェントは、必ず1つだけではなく、複数利用してください。

なぜ複数利用すべきなのかというと、有意義な転職活動をするためには、複数のキャリアアドバイザーの意見を聞くことが大切だからです。

キャリアアドバイザーの人柄や考え方は、個々によって異なります。

転職を成功させるためには、さまざまな価値観を取り入れることが重要。

複数のキャリアアドバイザーからの意見を聞くことで、新たな価値観を取り入れ、視野を広げることができますよ

また、転職エージェントが保有している求人は、エージェントによってバラバラ。

「A社が持っていない求人を、B社が持っていた」というケースも多いので、少なくとも3社以上のエージェントに登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しないように気をつける

複数の転職エージェントを利用する上で、注意したいのが「複数のエージェントから同じ求人に応募しない」こと。

複数のエージェントから同じ求人に応募した場合、以下のような事態に陥ってしまう恐れがあります。

  • 企業と転職エージェントの間で混乱が生じる
  • 転職エージェント同士でトラブルが生じる

自分のミスで、企業や転職エージェントに迷惑をかけるのは絶対に避けたいですよね。

また、重複応募をしたせいで、企業や転職エージェントからの信頼を失ってしまう恐れもあります。

「応募するのは特定のエージェントから」「求人情報はくまなく目を通す」など、しっかり自己管理を行いましょう

注意点4.企業の口コミや評判を自分で調べること

転職エージェントは手厚いサポートをしてくれるため、ついつい頼りすぎてしまうことも多いです。

しかし、すべてを転職エージェントに頼るのはNG。

1から10まで受け身の姿勢では、自分を高めながら転職することはできません

企業の口コミや評判などは、自分でリサーチしましょう。

リサーチの際には「転職会議」など、豊富な口コミや評判が掲載されているサイトを活用すると便利です。

注意点5.転職活動の流れを把握しておくこと

スムーズに転職活動を進めるためには、転職エージェント登録から内定までの流れを把握しておくことが大切です。

5.転職エージェントに登録して内定を得るまでの流れ」を読み、大まかな流れを把握しておきましょう。

また、転職活動中は、転職エージェントでの面談や企業との面接試験などで、忙しくなるケースが多いです。

ダブルブッキングなどがないよう、スケジュールはしっかりと管理してくださいね。

スマートフォンのスケジュールアプリや、リマインダーなどを活用すると便利ですよ。

スポンサーリンク

7.【Q&A】20代転職に関する疑問を全て解決しよう

社会人経験の短い20代は、転職に関する疑問や、わからないことがたくさんありますよね。

この章では、 20代の転職でよくある7つのQ&Aをチェックしていきます

疑問をすっきり解消し、転職活動をスタートしましょう。

Q1.自己分析はどんなことをすればいい?

転職の方向性や、自分に合う企業を見極めるためにも重要な自己分析。

転職活動を始める前には、最低限以下のような自己分析をし、転職後も同じ悩みを繰り返さないようにしましょう。

  • 転職の目的は何なのか
  • 転職先でどんなことを実現したいのか
  • 転職先の企業に何を求めているのか
  • 他の人にはない自分だけの強みは何なのか

Q2.20代に人気の職業は何?

転職活動をする上で、「人気の職業は何なんだろう?」と気になりますよね。

20代に人気の職業としては、以下が挙げられます。

<20代男性に人気の職業>

  • 公務員
  • 広告代理店のデザイナー
  • 総合商社の営業マン
  • ITエンジニア……など

<20代女性に人気の職業>

  • 事務員
  • コンサルタント
  • 企画職
  • ITエンジニア……など

人気の高い職業は存在しますが、「人気だから」といって職業を選ぶのはNG。

自分の希望や、やりたいことに合った職業を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

Q3.20代が企業から求められるものは?

20代といっても、 社会人になったばかりの23歳と、ある程度の社会経験を積んだ29歳では、求められるものが異なります

20~25歳
  • 若いからこそのポテンシャル(可能性)
  • 特定の企業に染まっていない柔軟性
25~29歳
  • 第二新卒としてのポテンシャル
  • 数年間社会人として働いた上での経験・社会常識
27~29歳
  • 即戦力
  • 20代で社会経験で培った実績やスキル即戦力

20代前半~半ばくらいまでは、ポテンシャル採用も十分に期待できますが、年齢が上がるに応じて「スキル」や「実績」が求められます。

「自分にどんな能力があるのか」しっかりと企業にアピールできるよう、準備しておきましょう。

Q4.面接で好印象を与えるために意識しておくことは?

応募する企業や面接官が、 どんな人材を求めているのかを考えて発言することが大切です。

応募した職種が「営業職の」場合、説得力のある話し方や、明るくハツラツとした表情が評価される傾向にあります。

「ITエンジニア」の場合、論理的かつ、しっかりと順序立てられた話し方が好印象です。

キャリアアドバイザーからのアドバイスを活かしながら、好印象を与える姿勢について考えてみましょう。

Q5.20代の女性が転職を成功させるには?

20代の女性は、ワークライフバランスが整っている企業を選ぶことをおすすめします。

20代女性は、結婚や出産の可能性がある年代でもあるため 「出産休暇」「育児休暇」などの制度が整った企業に転職すると、転職後に後悔するのを防ぐことができるでしょう。

また、育児などで離職した場合に再就職しやすいよう、専門性の高い職に就くこともひとつの手段です。

スポンサーリンク

Q6.転職エージェント以外で転職活動を行いたい場合は?

転職エージェント以外で転職活動を行いたい場合は、転職サイトを活用しましょう。

リクナビNEXT」は、 業界トップクラスの求人数を保有しているため、ぜひ登録しておくことをおすすめします

また、おすすめの方法ではありませんが「ハローワーク」を使用することも手段です。

なぜハローワークをおすすめしないのかというと、転職エージェントと比較して、圧倒的に求人が少ないからです。

転職エージェントのような積極的なサポートも期待できないため、あまりおすすめはしません。

Q7.20代の平均年収はいくら?

20代の平均年収は、約262万円です。

一般的なサラリーマンの平均年収である432万円と比較すると、「低い」と感じてしまうかもしれませんね。

しかし、 20代はまだまだ伸びしろがある年代

勤務年数やスキルの上昇に応じて、徐々に年収を上げることができますよ。

まとめ

20代で転職するのは、決して珍しいことではありません。

実際に、20代で転職を決意し、理想の職に就いた方も大勢います。

ポテンシャル採用が見込める20代は、 「転職したい」と思ったタイミングで転職活動をスタートするのがベストです。

転職エージェントを上手に活用しながら、理想の転職を実現しましょう。

  • スポンサーリンク