30代女性の転職は遅い?転職が難しいと言われる理由をケース別に紹介

Happy young secretarry making notes in her notepad while planning work
一般転職

女性の転職は難しいと言われますが、30代ともなればなおさら不安を感じてしまいますよね。

女性の転職には「30歳限界説」がありますが、30代だからといって転職できないわけではありません。

30代になってからやりたい仕事ができる会社に転職したり、前職よりも給料アップしている女性もいます。

それでも、「私は子持ちだし・・」「結婚したいし・・」「資格も何もないし・・」などケース別の不安がありますよね。

そんな方のために、この記事では30代女性の転職が難しいと言われる理由をケース別紹介し、対処法を解説していきます。

この記事を読んで、「他の人は転職できたけど、私には無理かも・・」という不安を解消してくださいね。

スポンサーリンク

1.30代女性の転職は遅い?不利?

以下の口コミのように、30代から転職することを不安に感じている女性はたくさんいます


現在30代前半女性独身です。現在、地元の大手企業の子会社で正社員として働いています。

大手総合広告代理店の契約社員に転職するか悩んでます。

(中略)仕事内容が事務作業かつ目標ややりがいもなく、モヤモヤし続けて10年経ちました。

2年前から転職活動を始め、以前から興味のあった大手総合広告代理店に内定をいただきましたが、契約社員として採用ということでした。給与も、現職とほぼ変わらないということです。

業界大手の会社であるため、何年か経験を積んだ後、同じ業界の正社員に転職したいと考えています。

契約満了の5年後に果たして再就職先はあるのか、そもそも契約社員という職歴で正社員に転職できるのか、とても不安です。

(参考:教えて!goo


33歳独身女性です。

転職を考えており、できれば5月くらいから新しい職場に行きたいと思っています。

(中略)今回の転職で以前からやりたいと思っていた経理職に就きたいと思っています。

しかし、実務経験が無く正社員での転職が難しいなと感じています。

(中略)今まで正社員で頑張ってきて、今のこの年齢から派遣になった場合正社員に戻れるのか不安に感じています。

(参考:教えて!goo


転職出来るかしら… まず転職サイトとかに 登録するべき?????

たいした資格や 知識も無いアラサーがそこそこの給料は欲しい…← 世の中そんなに 甘くないよね~~~ そうなると現状維持…。

なんか禿げそうやし 病みそうやし闇る……… 老後も不安…←

(参考:Twitter

悩みとして多いのは、「正社員の地位を捨てていいのか」「派遣から正社員に転職できるのか」「資格や知識もないけれど給料は欲しい」などです。

20代よりは不利だけどまだ間に合う

30代の転職は20代に比べると不利です。

なぜなら、20代は伸び代を期待されるのに対して、30代は即戦力を求められるからです。

不利ではありますが、転職が手遅れということはありません。

実際、30代で転職を成功させている女性もいます。


33の時に転職しました。

前職 人事 正社員

現職 人事 正社員

転職理由は、このままだともう職歴にプラスになることはないと思ったからです。後、上司が嫌だったからというのもあります。

私は転職して良かったと思います。

良い上司に出会えたし、給与も上がりました。

(参考:知恵袋


夫の海外転勤を機に35歳で退職、2年間のブランク+未就学の子持ちながら、37歳でスムーズに同業界で正社員採用が決まり、年収もアップ

新卒からコツコツとキャリアを積んできたので、ブランクがあっても評価して頂けたようです。

(参考:知恵袋

転職に成功した30代女性に共通にしているのは、条件を欲張らないことです。

優先順位(例えば年収、キャリア、将来性など)をつけて転職すれば、多少自分の思い通りにいかないことがあっても、総合的に判断して転職は成功だと感じられます。

【結論】まだ間に合う

  • 20代に比べ、即戦力が重視されるので難しくなる
  • 同じように悩んでいる30代女性はたくさんいる
  • 30代女性で転職を成功させて満足している人もいる
  • 優先順位をつけることで転職の満足度は上がる
  • スポンサーリンク

  • 2.【ケース別】30代女性の転職が難しいと言われる理由

    一口に30代女性といっても「既婚」「子持ち」「独身」など、ケース別に転職事情は変わります。

    ここでは、30代女性の転職が難しいと言われる理由を以下の4つのケース別に解説していきます。

    ケース1.既婚|出産で辞めると思われる

    既婚の女性に対して企業が気がかりなのは、以下の2つです。

    • 妊娠するかも
    • 出産のときに、産休や育休をいつ利用するのか

    「休まれたときに他の社員に仕事をどう分担するのか」「事務手続きが面倒」「育休を延長される可能性がある」など、企業にとってはその点が気になります。

    そのため、30代で既婚者の女性は転職が難しくなります。

    転職したい場合は、妊娠に理解があり、産休や育休の制度が整っている企業を選ぶことが転職成功のポイントです。

    例えば下記のような職場なら、「育児と両立OK」「産休育休取得実績多数」「残業少ない」など、既婚女性でも働きやすい環境が整っています。女性の転職type求人情報

    (参考:女性の転職type2019年9月時点

  • スポンサーリンク

  • ケース2.子持ち|子供の世話で仕事が疎かになる

    子持ちの女性に対して企業が気がかりなのは、以下のようなことです。

    • 子供が具合を悪くしたとき、抜けられるかも
    • 病気で預け先が見つからないとき、休まれるかも

    「小さな子供がいる女性は早退したり休んだりするから、雇いたくない」という企業もあります。

    しかし、子育て中であっても、近くに住んでいる親に子供を預けることができたり、子供がある程度大きくなっているのであれば「問題なし」と見なされる可能性が高いです。

    30代女性で子持ちと言っても、近くに協力者がいたり、育児のための拘束時間が短ければ、企業からの評価は変わります。

    ケース3.独身|結婚してすぐに辞めると思われる

    30代独身女性は一番転職しやすいですが、「これから結婚するのでは?」という理由で企業が採用を渋ることがあります。

    独身の場合は、以下の2パターンで転職の際に人事に伝えておくことが変わります。

    • 結婚するかも・・
      ⇒・長く働けるor退職する可能性がある?
         ・自分が転職したら企業にとってどんなメリットがあるのか?
    • 一生独身でバリバリ働く
      ⇒・自分が転職したら企業にとってどんなメリットがあるのか?
         ・10年先のキャリア設定は?

    転職難易度が高いのは、「結婚するかも・・」という女性です。

    企業にとってすぐに退職される女性は、雇うメリットが少ないからです。

    結婚する予定がある場合は、既婚者のところで解説したように結婚に理解のある企業を選びましょう。

  • スポンサーリンク

  • ケース4.スキルなし|即戦力になれない30代は採用されにくい

    30代で「実務経験なし」「スキルなし」の、いわゆる未経験からの求人は採用されにくいです。

    20代であれば「伸び代がある」「体力がある」という理由で未経験者でも採用される可能性がありますが、30代は即戦力が求められるので難しいです。

    フリーターからの転職などの場合は、パートや派遣などまずは非正規社員で経験を積んで正社員登用を目指した方が現実的です。

    以下のように奇跡的に30代で未経験スキルなしで転職に成功している女性もいますが、成功率は低いことを理解しておきましょう。

    非正規ではなく、一気に正社員に転職したい場合は、コネを利用したり、未経験の仕事を紹介してくれる転職エージェントに相談するという方法もあります。

    転職エージェントについては「5.30代女性におすすめの転職エージェント3選」で詳しく紹介します。

    3.30代女性が転職して後悔するのはどんなケース?

    今の職場で解決できない問題であれば転職するのがおすすめですが、だからといって全ての人が満足のいく結果を出しているわけではありません。

    「あの時こうしていればよかった・・」と後悔している方もいます。

    では、どんな理由で後悔しているのでしょうか?

  • スポンサーリンク

  • 後先考えず焦ってしまった

    転職活動を始めるときに、「とりあえず会社を辞めてから転職先を探そう」という30代女性は多いです。

    しかし、転職活動は在職中に行わないと、このように苦労することになります。

    仕事を辞めてから転職先を探した方が、ゆっくり探せそうですが、転職活動の期間が長引くと企業からの「社会的信用度」がどんどん下がっていきます。

    そうすると書類が通りにくくなり、転職のハードルが上がっていきます。

    また、転職が決まらないことで精神的に追い詰められたり、貯金が減って生活に余裕がなくなる可能性もあります。

    このようなデメリットがあるので、転職は後のことまで考えて、仕事を辞めずに行うことをおすすめします。

    20代の時と同じ気分のままだった

    「30代なのに20代の時と同じテンションで転職活動してしまった」という場合も、失敗する可能性があります。

    20代の時なら、「わからないことは会社が教えてくれる」という受け身でも許されることが多いですが、30代はすでに10年近く働いてきた経験者です。

    「20代はこれから」で許される部分が多いですが、「30代は今まで」を重視されるのでその点をしっかり理解した上で転職活動を行いましょう。

    面接では、今までどんな経験をしてきたのか、それが企業にとってどんな利益になるのかについて説明できるようにしておきましょう。

    受け身ではなく、自発的に行動することが30代女性の転職には求められます。

    自己分析をしなかった

    「なんとなく転職」を避けるためには、自己分析をしっかりすることが大切です。

    「今の仕事が嫌だから転職する」「なんとなく今の仕事に飽きたから転職したい」といったなんとなくの転職は、失敗する可能性が高いです。

    「なんとなく自分は販売の仕事が向いていない気がする。もっと派手な仕事をしてみたい」という理由では、仮に転職できたとしても転職の満足は低いでしょう。

    転職を成功させるコツは、自己分析をすることです。

    <自己分析で振り返るポイント例>

    • 自分はなぜ今の仕事を辞めたいのか?
    • 得意なことは何か?
    • 新たな勤務先で何をしたいのか(採用側のメリット)
    • これまでに手がけてきた仕事
    • 身につけたスキル、資格
    • 成功体験、失敗体験
    • モチベーションが上がったこと、下がったこと

    上記のポイントに当てはめて見直してみると、「転職しなくても改善できる可能性がある」と気づく可能性もあります。

    4.30代女性の転職を成功させるための4つのポイント

    30代女性の転職は20代に比べると難しいですが、ポイントさえ掴んでおけばスムーズに転職できます。

    ここでは、成功させるための4つのポイントを紹介します。

    ポイント1.20代のうちに強みを作っておく

    30代で転職を成功させるためには、20代のうちにたくさんのことに挑戦して、強みやスキルを身につけることが大切です。

    「若い時の苦労は買ってでもしろ」ということわざで言われているように、20代の時に挑戦した経験は30代転職の時の財産になります。

    若い時の方が失敗しても傷は浅くて済み、次に繋げられます。

    挑戦して失敗してしまったとしても、「失敗しないためにはどうすれば良かったのか」などの改善策を考えて成長できたのならば、それは後々の転職に生きてきます。

    「できるだけ楽をしたい」というのは誰しも思うことですが、20代のうちは多くのことに挑戦して強みを見つけておくようにしましょう。

    ポイント2.一日でも早く転職活動をする

    30代で転職しようと思ったら、その日のうちから転職活動に取りかかるようにしてください。

    企業は32歳より30歳、38歳より35歳と、できるだけ若い方を選ぶからです。

    転職しようかどうか考えているうちに30代前半から後半になってしまった場合、応募できる企業の数は減ってしまいます。

    もちろん、後先考えずに会社を辞めるのはNGですが、転職しようと思ったらできるだけ早くアクションを起こすことが大切です。

    例えば転職エージェントに登録したり、ネットで求人票を見てみるなど、できることから始めましょう。

    ポイント3.今までの実績や経験を言語化する

    20代のうちは「一生懸命頑張ります」でも評価されて採用されることがありますが、30代ではそうはいきません。

    30代で転職する場合は、今までの実績や経験を言語化(いわゆるキャリアの棚卸し)しておきましょう。

    <言語化しておきたいこと>

    • 職歴(例:どんな職種や業務を経験してきた?最も印象に残る仕事は?)
    • スキル(例:もっとも詳しい分野は?これまでに覚えた技能は?)
    • 経験(例:企業経験によってどんなことを学んできた?どんな人たちと関わってきた?)
    • 実績(例:会社や制度に影響を与えたことはあるか?表彰されたことはあるか?)

    言葉にして伝えられるようにしておくことで「自分がなぜ転職したいのか」「この企業に転職してもいいのか」を深く理解するのにも役立ちます。

    ポイント4.転職エージェントに手伝ってもらう

    家事や子育てをしながら、働きながらの転職活動は本当に大変ですよね。

    そんな30代女性の転職活動を手伝ってくれるのが、転職エージェントです。

    仕事は転職サイトで探すという女性もいるかもしれませんが、転職サイトは求人紹介や面接対策などのサポートはしてくれません。

    一方、転職エージェントは以下のようなサポートを無料で行ってくれます

    <転職エージェントで受けられるサポート>

    • 転職先の紹介
    • 求人票に載っていない情報を教えてくれる
    • 面接対策、書類添削
    • 給与や待遇などの条件交渉の代行

    転職に関してはなんでも相談できるので、転職の際に強い味方になってくれますよ。

    5.30代女性におすすめの転職エージェント3選

    転職エージェントはたくさんありますが、ここでは30代女性のサポートに強いエージェントを3つ紹介します。

    転職エージェントは複数併用するのが基本なので、本格的に転職活動を行うならば、3社すべて利用するべきです。

    ただ、気軽に転職活動を始めたいならば、始めに紹介する「パソナキャリア」だけでも十分ですよ。

    上記の3つは、「女性におすすめの転職エージェントはこれだけ!利用前の注意点も解説」でも紹介している転職エージェントです。女性向けの転職エージェントをさらに詳しく紹介しているので、気になる人はぜひこちらもご確認ください。

    手厚いサポートを受けたいなら「パソナキャリア」

    パソナキャリア

    <注目ポイント>

    • 求人数が転職業界でもトップクラスに多い
    • 女性の転職に数多く携わってきたアドバイザーが転職活動をサポート

    まず紹介するのは、株式会社パソナが運営する転職エージェント「パソナキャリア」です。

    パソナキャリアは数ある転職エージェントの中でも、転職サポートが丁寧だと話題になっている転職エージェントです

    たとえば、応募書類作成の手伝いから、面接対策まで、読者に寄り添った親身な対応をしてもらえます。

    電話やメールの対応も早いので、テンポよく転職活動を進められるのも嬉しいポイントです。

    パソナキャリアについては、「サポートが良いって本当?パソナキャリアの評判と必ず確認すべき注意点」で詳しく紹介しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    年収400万円以上狙いたいなら「リブズキャリア」

    リブズキャリア

    <注目ポイント>

    • 女性が気になるこだわりの条件を指定して求人を探すことができる
    • 女性に理解のあるコンサルタントをつけて転職活動を行える
    • 登録しておくと、企業からスカウトをもらえる場合がある

    リブズキャリア」は、キャリアアップを狙う女性に向けて作られた転職サービスです。

    リブズキャリア自体は、自分で求人を探す「転職サイト」なのですが、必要に応じて女性のコンサルタントもつけられるので「転職エージェント」として活用することもできます。

    リブズキャリアの最大の特徴は、女性が働きやすい求人が見つかりやすいこと。

    たとえば、「キッズルームあり」「フレックス・リモートOK」「〇〇駅に〇〇時に帰れる」など、 女性ならではのこだわり条件を指定して求人を探すことができます

    そのため、「育児休暇を取りにくい・・」など、転職後のミスマッチが起きにくくなります。

    自分にぴったりの仕事を探したいという40代の女性には、まさにぴったりの転職サービスでしょう。

    ただし、地方の求人が少ないので、地方の方は他の転職エージェントとの併用が必須です。

    リブズキャリアについては「リブズキャリアは使うべき?女性に人気な理由を徹底調査【評判あり】」でさらに詳しく紹介しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    女性目線のアドバイスが受けたいなら「type女性の転職エージェント」

    type(タイプ)女性の転職エージェント

    <注目ポイント>

    • 18年間以上続く転職エージェントなので、安心してサポートを任せられる
    • 女性向け転職サイト「女の転職type」も運営しており、女性の転職に関するノウハウが充実している

    3つ目は、「type(タイプ)女性の転職エージェント」です。

    type女性の転職エージェントは年間5,000名以上のキャリアカウンセリングを行なっている実績があり、女性の転職サポートも安心して行えます。

    もちろん、担当してくれるアドバイザーは全て女性なので、 女性ならではの相談でも親身になって対応してもらえます

    また、転職サポートでは、面接前のメイクアップなども行なってもらえるんです。

    利用してみると、「こんなことまでサポートしてくれるの!?」と驚くことも多いですよ。

    「転職のプロからアドバイスをもらいたい」「狙っている企業に絶対内定をもらいたいから、サポートしてほしい!」というような女性にぴったりの転職エージェントです。

    ただし、type女性の転職エージェントは一都三県の求人がメインで地方の求人が少ないので、地方在住の方はパソナキャリアなど他の転職エージェントと併用してくださいね。

    6.30代女性の転職Q&A

    最後に30代女性の転職でよくある質問に答えていきます。

    Q1.パートや派遣社員はどうなの?

    A.正社員と非正規社員どちらがいいかは、ライフスタイルや仕事に対する考え方によって変わります。

    一概にどちらが良いとは言えないので、双方のメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った働き方を選んでください。

      正社員 非正規(パート・派遣)社員
    メリット
    • 給料が高い
    • 安定して働ける
    • 柔軟な働き方ができる
    • プライベートも充実できる
    デメリット
    • 家庭との両立が難しい

     

    • 正社員に戻るのが難しい
    • 不安定

    仕事へのやりがいや給料の良さを求めるなら、正社員をおすすめします。

    サポート業務が多い非正規社員に比べて、仕事の責任が重くなりますが、その分やりがいが高く、評価されやすいからです。

    また、正社員はパートや派遣社員に比べると生涯賃金が圧倒的に高いです(派遣の2倍近く)。

    一方、派遣や契約社員の非正規雇用では、正社員ほど時間や責任に縛られずに、柔軟な働き方ができる点がメリットです。

    仕事よりもプライベートを充実させたい人など、お金はほどほどに稼げればいいという人におすすめです。

    ただし、一度派遣社員になってしまうと正社員に戻るのは難しくなってしまうため、慎重に検討してください。

    Q2.結婚・出産後も働きやすい会社の条件は?

    A.「女性社員が多い」「産休・育休の制度が充実している」「フレックス勤務や在宅勤務など多様な働き方ができる」です。

    女性が働きやすい会社かどうかを見極めるには、次の3つのポイントをチェックしてみてください。

    ただし、全ての条件が揃った会社は多くありませんので、結婚や出産後に自分がどのような働き方をしたいかを考え、将来設計に合ったところを選ぶようにしてください。

    ポイント1.女性社員が多く働いている

    女性社員の割合が多い会社は、女性の能力を評価していることが多く、働きやすい環境が整っています

    特に女性社員と男性社員の平均年齢に大きな差がない会社は、結婚後も長く働いている女性が多いと考えていいでしょう。

    また、女性の管理職の割合が多い会社は、男女差別が少なく、女性が働きやすいと言えます。

    女性の割合が多い会社を調べる際は、気になった求人についてキャリアアドバイザーに確認をとってみると良いでしょう。

    ポイント2.産休・育休の制度が充実している

    出産後も働きたいのであれば、産休・育休の制度が充実しているかはもちろん、制度が利用しやすいかについても確認しておいてください。

    制度が充実していても、社内に取得しづらい雰囲気があったり、復帰後に元のポジションに戻れないような会社では、安心して働けるとは言えません。

    制度が利用しやすいかを調べるには、産休・育休の取得率や企業の口コミサイトなどが参考になります。

    ポイント3.フレックス勤務や在宅勤務など多様な働き方ができる

    子育てしながら働きたい女性には、フレックス勤務や在宅勤務などの制度がある会社がおすすめです。

    そういった制度を利用することで、保育園への送り迎えなどもしやすくなり、子供の成長に合わせた無理のない働き方ができます。

    子供が小さいうちは定時に帰れるなど、子育てを応援する社風の会社かどうかは、転職エージェントのコンサルタントに聞くのがおすすめです。

    Q3.女性でも安定して働ける仕事や職種は?

    A.SE(システムエンジニア)、一般事務、コーディネーターなどがおすすめです。

    安定して働ける仕事といっても、あなたの性格やスキルに合わない仕事では続けるのが難しいです。

    そこで、下記では専門性、真面目さ、コミュニケーション力の3つに分けておすすめの仕事をまとめました。

    <専門性を活かす>

    • SE(システムエンジニア)
    • プログラマー
    • 看護師
    • 介護士
    • セラピスト

    <真面目さを活かす>

    • 一般事務
    • 公務員
    • マーケティング・企画・調査・販売促進
    • 通訳・翻訳
    • 貿易・英文・国際事務
    • 経理・財務・会計

    <コミュニケーション力を活かす>

    • コーディネーター
    • ショップスタッフ
    • 受付
    • 販促

    これらの仕事は女性から人気があります。

    将来性がある仕事や、需要がなくならない仕事ばかりなので安定して働くことができますよ。

    Q4.取っておくと有利な資格はある?

    A.転職したい仕事によって有利な資格は変わります。

    どの仕事に転職したいかによって有利な資格は異なりますが、以下のような資格は女性から人気があり、幅広い職業で役立ちます。

    <おすすめの資格>

    • 簿記検定2級以上
    • 宅建
    • 1級建築士
    • 公認会計士
    • TOEIC
    • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
    • ファイナンシャルプランナー
    • 社会保険労務士
    • 介護福祉士
    • 医療事務
    • Webデザイナー
    • 行政書士
    • 秘書検定

    履歴書には「資格取得に向け勉強中」ということも記載できます。

    未経験からの転職の場合は、資格の勉強をするほど熱意があることをアピールしてみるといいでしょう。

    資格についてもっと詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

    ▼あなたへのおすすめ▼

    まとめ

    30代女性の転職が難しい理由を、4つのケース別に紹介しました。

    1. 既婚|出産で辞めると思われる可能性がある
    2. 子持ち|子供の世話で仕事が疎かになる
    3. 独身|結婚してすぐに辞めると思われる
    4. スキルなし|即戦力になれない30代は採用されにくい

    転職を妨げる理由はありますが、以下のような対策をとれば大丈夫です。

    【ケース別】30代女性の対策

    • 既婚→妊娠・出産に理解がある会社を選ぶ
    • 子持ち→協力者がいて、子供に拘束される時間を減らす
    •  独身→結婚しても働く意思を伝える、妊娠・出産に理解がある会社を選ぶ
    • スキルなし→派遣やパートで経験を積む、コネを使う

    仕事や家事で転職活動に時間をかけられない場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

    転職エージェントはあなたの代わりに職場探しをしてくれますし、面接対策や書類添削、条件交渉の代行までしてくれるので、時間に制約のある女性でもスムーズに仕事を探すことができます。

    <30代女性が登録すべき転職エージェント>

    まだ転職するかどうか迷っている段階の方でも転職エージェントは登録してOKなので、ぜひ活用して転職の不安を解消してくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県