女性の転職って実際どう?悩んだ時に確認しておきたい転職活動の全知識

Beautiful young woman working on her laptop in her room.
一般転職

女性の転職は、不安なことが多いですよね。

自分でも入れるような会社は見つかるの??

今のタイミングで転職しても大丈夫??

年齢がネックにならないかな…

このように、考えれば考えるほど悩みが増えてしまい、身動きが取れずにいるのではないでしょうか。

しかし、もし現状に不満を抱えているのなら、ずっと今のままでいるわけにはいきません。

少しでも早く「転職するべきか・しないべきか」の決断を下して、前に進まなければなりませんね。

この記事では、 そんなあなたの決断を助けられるように、女性のリアルな転職事情や、転職で後悔しないための判断ポイントを詳しく解説していきます

女性の転職でよくある悩み・転職体験談も紹介しますので、きっと今後の行動に繋がるヒントをつかめるはずです。

ぜひ、あなたの転職活動に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

1.女性の転職には悩みが多い!多くの女性が転職を考える理由

転職を考えたことがある女性の割合

転職に悩む女性は意外に多く、日経ウーマンオンラインのアンケートでは、実に女性の77%は転職したいと考えたことがあるという結果が出ています。

Twitterを見ても、「仕事やめたい」「子育てがあって転職に踏み切れない…」といった投稿がたくさん…。

実はこのように、転職で悩んでいる女性は意外にも身の回りに溢れているんです。

では、そんな女性たちは、どのような理由があって転職をしたいと考えているのでしょうか。

口コミをよく調べると、以下4つの悩みが特に多いことがわかりました。

ここからは、上記の4つについてさらに詳しく解説していくので、自分が転職したい理由をもう一度考えながら確認してみてください。

理由1.人間関係をリセットしたい

女性が転職を考える理由で一番多いのが、職場の人間関係をリセットして新たな環境で出直したいというものです。

職場での人間関係の悩みには、次のようなものがあります。

  1. 上司と合わず、セクハラやパワハラなどを受けている
  2. 同僚や先輩にイジメを受けている
  3. 会社の人間関係になじめず、疎外感がある

会社は一日の大半を過ごすところですので、人間関係が悪いと毎日が辛く、転職したいと考えるようになるのは自然なことと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 理由2.今よりもやりがいのある会社で働きたい

    仕事にマンネリを感じている場合、転職してもっとやりがいのある会社で働きたいと思う人は多いようです。

    本当にやりたい仕事ができていなかったり、ルーティンワークが多くて仕事の達成感がなかったりする場合に感じやすい悩みです。

    一見すると贅沢な悩みのように見えてしまうので、「自分が我がままなのだろうか?」と悩んでしまう人も多くいます。

    しかし、仕事のやりがいで悩むということは、仕事に対して真剣に考えている証拠あり、決して悪いことではありません。

    理由3.仕事量が多すぎる

    仕事そのものに不満はないけれど、仕事の量が多すぎて疲れてしまったというのも女性が転職を考える原因のひとつです。

    具体的には、次のように忙しい毎日を送っている人が女性でもたくさんいます。

    1. 毎日残業が当たり前になっている
    2. 休日出勤が多い
    3. 家族や友人と過ごす時間がほとんどない

    このような状態が続いていると、心も体も疲弊してしまい、転職を考えるようになるのは無理もないことと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 理由4.派遣社員に不安を感じる

    派遣社員で働いている人は、やはり安定した正社員の仕事に転職したいと思う人が多いようです。

    派遣社員の場合は景気に左右されやすく、「いつ契約が打ち切られるか」という不安は常について回ります。

    また、年齢が上がるにつれて仕事が減っていくことが予想されるので、将来を考えて正社員に転職したいと考えるのは当然のことです。

    2.女性の転職は難しいの?リアルな転職事情を年代別に解説

    「女性の転職は難しい」と世間では言われており、どうしても不安が拭えない人も多いかと思います。

    では、女性の転職は実際どれくらい難しいのでしょうか?女性は企業からどのように見られているのでしょうか?

    ここからは、そんな女性のリアルな転職事情について、20代から40代までの各世代別に解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 20代の女性|ポテンシャルも重視され、未経験者でも転職を成功させやすい

    20代は、未経験の仕事でもポテンシャルの高さで採用してもらえる可能性が高いので、転職先の選択肢が広く一番有利と言えるでしょう。

    多くの企業は、20代ならこれから教育し直すことで自社に馴染むことができると考えていて、経験よりもやる気や将来性を求めています。

    そのため、「スキルも経験もない私でも大丈夫…」と不安になる女性でも、大手の企業から採用をもらえることもよくあります。

    未経験の仕事に転職したい場合でも、20代のうちが一番有利でおすすめです。

    20代の女性の転職事情については、「20代の女性は転職すべき?転職の疑問点や後悔しない方法を徹底解説!」でさらに詳しく解説しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    30代の女性|スキルを重視されるため転職の難易度が高まる

    30代の転職では、企業は即戦力になることを期待しますので、スキルや経験が重視されます

    そのぶん転職のハードルも高くなり、特に未経験の仕事への転職は20代よりも難しくなります。

    しかし、今までの経験やスキルを活かしてより良い仕事にキャリアアップしている女性もたくさんいます。

    転職を成功させるには、自分にはどのようなスキルがあるのかを棚卸しすることが大切です。

    これまで自分が何をやってきたのかを、丁寧に洗い出して強みをアピールできるようにしておきましょう。

    30代からの転職で迷っている場合は、「30代の女性でも転職して大丈夫?後悔しない選択をするための全知識」にて悩んだ時の対処法を解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

  • スポンサーリンク

  • 40代の女性|未経験可能の転職先はかなり少なくなる

    40代になると、20~30代のような伸びしろは少ないと見る企業が多く、未経験の仕事への転職はかなり厳しい状況になります。

    未経験の仕事への転職を望む場合には、その仕事に必要な資格を取っておくなど、やる気だけでないプラス要素が必要です。

    しかし、40代には20~30代にはない知識と経験があります。

    自分の強みを明確にして、キャリアが活かせる仕事を見つけることができれば、転職で成功するチャンスはまだまだあるでしょう。

    40代から転職を考えているならば、「40代の女性でも正社員に転職できる!取るべき行動と成功のポイント」もご確認ください。特に、正社員への転職を考えているならば、必読です。

    50代女性|非正規社員の割合が5割近くになる

    50代で正社員として働く女性の割合は、3〜4割です。(参考:総務省統計局「平成27年国税調査 就業状態等基本集計結果 結果の概要」

    男性は7割が正社員なのに対して、女性の正社員の割合は半分ほどの3〜4割と低くなっています。

    一方、パートなど非正規社員として働く50代女性の割合は5割近くになっています。

    女性は結婚、出産、介護などのライフイベントによって働き方を変えることが多いため、身動きが取りやすい非正規の割合が高くなっています。

    非正規が多いですが、正社員に転職するのは不可能ではありません。

    なぜなら、少子高齢化による労働力不足で、50代女性も貴重な労働力とみなす企業が増えているからです。

    また、50代女性は子育てがひと段落している人が多く、まだ体力があるので「若い世代よりも長く働いてくれそう」という考え方も増えています。

    50代の転職事情について詳しく知りたい方は「50代からの転職の厳しい!それでも転職を成功させるための全知識」を確認してみてください。

    3.転職するべき?しないべき?迷った時の判断基準

    転職すべきかどうか迷うのは、何を基準に判断すればいいのか分からないことが原因のひとつです。

    転職を判断するポイントが明確になれば、自分の将来にとって何がベストな選択なのかを落ち着いて考えることができます。

    ここからは、転職を迷った時に確認してもらいたい2つの判断基準を紹介するので、自分が転職するべきなのかを読み進めながら考えてみてください。

    ポイント1.今の会社では解決できない悩みがあるかどうか

    今の会社にいたままでは悩みが解決できないような場合には、転職して環境を変えることをおすすめします。

    解決できる悩みかどうかを判断をするためには、次の2つについて考えてみてください。

    1. 今の会社で解決する方法はあるか
    2. 自分自身に原因がないか

    例えば、パワハラやいじめに悩んでいるのであれば、会社の専門部署や労働組合などに相談することで解決できる場合があります。

    仕事でやりがいを感じられないなどの問題があるとき、もしかしたらそれは成果に向いた努力をしていない自分に原因があるかもしれません。

    今の会社では変えられない問題があるのならば転職は正しい判断だと言えますが、「なんとなく」「仕事がつまらないから」などの理由では、転職後も同じ問題にぶつかってしまいます。

    転職は、 自分のキャリアをより良い物にするための手段でしかありません

    しかし、それが「別の会社に移る」という目的にすり替わってしまえば、転職後に悩みを繰り返してしまうので、「転職以外の解決手段」についてもあらかじめ確認しておいてください。

    ポイント2.将来の事を考えた時どうか

    転職してもいいか迷った時は、将来の自分の生活スタイルを考えて判断してください。

    ご自身の成長の観点で見たとき今の職場で数年後と全くレベルが変わっていないというのであれば、転職を考えてもいいでしょう。

    また、将来結婚や家庭を築く事を考えている人にとってはハードワークすぎる職場だと大変です。

    女性の働き方は様々ですので、それぞれ将来の自分と照らし合わした時、今のままで大丈夫な職場かどうかで判断するのが良いでしょう。

    自分が安心して楽しく働ける職場に転職することで、仕事に対する満足感が高まり、自分自身を好きになることができるでしょう。

    4.転職した女性の体験談!成功例と失敗例を紹介

    他の人の体験談を知ることで、転職に成功するにはどんなことに気をつければいいのかを知ることができます。

    ここからは、実際に転職した女性の成功例と失敗例を紹介しますので、今後の転職活動の参考にしてください。

    成功例

    体験談|未経験の経理事務に転職して年収アップ

    32歳の時に販売の仕事から、未経験の経理事務に転職して、年収アップした女性の体験談です。


    私は現在40歳女性です。

    私は32歳で販売の仕事から未経験の経理事務へ転職しました。
    その時は知り合いの小さな事務所で経理は私一人でした。資格も知識もなく税理士相手に毎日奮闘をしてましたね。
    その後、縁あって上場会社へ経理事務スタッフとして転職しました。

    現在の会社へ転職したのが丁度4年前です。その時点での年収は3倍に上がりました。

    現在私は管理会計チームリーダとして働いております。
    恐らく経理事務を始めた頃から比べれば年収は4倍以上です。

    (参考:教えて!goo

    この女性の場合、年収アップのために「自分の不得意分野は最小限に、得意分野は最大限に伸ばす」「受け身にはならない」ということを大切にしたようです。

    未経験でも、賢く立ち回れば年収アップは可能なようです。

    体験談|求人サイトと転職エージェントを使って転職成功

    転職サイトと転職エージェントを併用して、転職を成功させた女性の体験談です。


    求人情報は「リクナビネクスト」「女の転職@type」に登録し、
    希望条件に合うものに応募してました。
    また、あなたの能力と希望に合う仕事、というのが出てくるのでそこに出ている仕事で興味を持てるものにも応募しましたね。

    それだけだと客観視が難しかったので、リクナビエージェントと会って話して、そちらから紹介いただいた企業を受けに行ったこともあります。

    応募数・・・私は転職活動をゆるゆると複数年にわたって行ってました。
    (在職中でした)
    なので20社くらいでしょうか。内定は2社です。

    (参考:知恵袋

    仕事を辞めず、何年もかけて転職活動を行ったようです。

    焦らず行ったことで、良い職場が見つかったのかもしれませんね。

    失敗例

    体験談|人間関係の悪い職場でがっかり

    事務職に転職したものの、人間関係が苦痛で転職失敗と感じている女性の体験談です。


    転職に失敗した感じで辛いです。

    当方20代前半女性です。
    半年前に転職した会社なのですが、仕事内容は事務職で満足していますが人間関係が苦痛です。
    女性社員が私含めの3人で後は全員男性ですが、入社初日から先輩2人は全く話しかけてくれず、特に1人のAさんはこちらから頑張って話しかけても素っ気なく最低限の返事のみで会話終了という感じです。

    (参考:知恵袋

    人間関係は求人票からだけでは分からないだけに、内部情報に精通している転職エージェントなどを使って失敗を防ぎたかったですね。

    体験談|求人票の内容と違い、半年で退職

    こちらの女性は、聞いていた給与体系と異なることが入社後に判明して、半年で退職してしまった方です。


    転職失敗しました。女性、未婚、31歳。

    これからどうすれば良いか迷っています。

    学校を卒業後長年、正社員としてサービス業で勤務。あまりにも給与が上がらず今後に不安を感じ年収アップと安定を求めてまずまずの大手企業に正社員で転職。

    以前よりも休日日数はだいぶ増えましたが、30時間みなし残業だったり、ノルマがあったりと聞いていた給与体系と異なることが入社後に判明。仕事内容も自分にはあわず半年で退職。

    (参考:知恵袋

    嘘の情報で社員を集めているブラック企業もあります。こういう企業を選んでしまわないためには、情報収集に時間をかけることが大切です。

    その際、次の章で紹介する転職エージェントを利用するとミスマッチを防ぎやすくなります。

    5.本気でなくても大丈夫!まずは気軽に転職活動を始めてみよう!

    転職活動をしているうちに心が決まることもあるので、悩んでいるのであれば、まずは転職活動を始めてみることをおすすめします。

    そこで活用したいのが、コンサルタントからのサポートを受けながら転職活動を行える「転職エージェント」です

    転職エージェントを活用すると、専任のアドバイザーが転職のリスクやメリットなどをアドバイスしてくれるので、自分は本当に転職するべきかを客観的に考えられるようになります。

    希望を伝えれば求人紹介もしてくれますし、他に面接対策や書類添削なども行ってくれます。

    料金は無料なので、気軽に登録しても全く問題ありませんよ。

    転職エージェントを使った転職の流れ

    転職エージェントの登録後の流れは、次のようになります。

    では、具体的にはどのようなことをするのかについて見ていきましょう。

    ステップ1.利用登録

    転職エージェントへの登録は無料で、公式サイトの登録フォームから簡単に申し込むことができます

    登録後は、コンサルタントから面談日相談の連絡が来ますので、スケジュールを確認しておいてください。

    ステップ2.コンサルタントとの面談

    コンサルタントとの面談では、主に次のようなことについて話をします。

    1. 今まで経験してきた業務などの経歴
    2. 仕事でやりがいを感じている部分
    3. 今後の仕事で自分のスキルや経験をどう活かしたいか

    自分の希望やキャリアに合った企業を紹介してもらうためには、経歴などは正直に伝えることが大切です。

    ステップ3.求人への応募・面接

    コンサルタントとの面談後は、希望に合った求人があればすぐにでも企業を紹介してもらえます。

    気に入った求人あれば応募の流れになりますが、まだ転職の意思が固まっていない場合には、求人を見ながらじっくり検討することも可能です。

    コンサルタントは、履歴書などの添削や面接のアドバイスをしてくれるので、内定をもらうためには積極的に利用してください。

    ステップ4.内定・退職準備

    転職先から内定が出たら、今の職場に退職することを告げ、引継ぎなどを行います

    コンサルタントは、退職交渉や引継ぎなどにもアドバイスをくれるので、困ったことがあれば相談してください。

    新しい職場の勤務開始日なども、コンサルタントが企業と交渉してくれるので安心です。

    6.女性の転職で活用したいおすすめの転職エージェント

    転職を成功させるには、転職エージェントは3つ以上に登録するのがおすすめです。

    転職エージェントの複数利用には、次のようなメリットがあります。

    1. 求人数が増えて選択肢が広がる。
    2. 多くの転職ノウハウを吸収することができる。
    3. 自分の強みを様々な視点から見てもらうことができる。

    (参考記事:【必読】転職エージェントを複数利用する際の全注意点と賢い活用法)

    複数の転職エージェントに登録することで求人を広くカバーすることができ、それぞれのコンサルタントから様々な視点のアドバイスがもらえます。

    ここからは、女性におすすめの次の3つの転職エージェントを紹介します。

    これらの転職エージェントは、「女性におすすめの転職エージェントはこれだけ!利用前の注意点も解説」で詳しく紹介しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    女性の立場に立ったサポートを受けたいなら「パソナキャリア」

    パソナキャリアは、コンサルタントの対応が良く、特に女性の立場に立ったサポートに定評があります。

    女性のワークライフバランスを重視した働き方に理解があり、求人の質も高いので安心です。

    すべての年齢層と職種の人におすすめなので、転職を考える女性であれば必ず登録しておきたい転職エージェントのひとつです。

    <パソナキャリアのおすすめポイント>

    • コンサルタントの対応が丁寧でサポートが手厚い
    • 求人の質が高い

    パソナキャリアについてもっと詳しく知りたい方は「パソナキャリアは使うべき?口コミや評判からわかる特徴を解説」をご覧ください。

    高年収求人を探すなら「リブズキャリア」

    リブズキャリアは、女性に特化した転職エージェントで、管理職などの高年収の求人が多いのが特徴です。

    女性の活躍を推進する企業との提携があり、独占して扱う求人を多く持っています。

    転職でキャリアアップしたい女性や、年収400万円以上を希望する女性には特におすすめです。

    <リブズキャリアのおすすめポイント>

    • 女性が活躍できる企業の求人を多く扱っている
    • 年収400万円以上の高収入の求人が多い

    リブズキャリア についてもっと詳しく知りたい方は「リブズキャリアって実際どう?特徴・評判と利用前に知るべき全注意点」をご覧ください。

    IT系や営業職に転職したいなら「type女性の転職エージェント」

    type女性の転職エージェントは、女性特化としては20年近い実績がある老舗で、サポートの手厚さには定評があります。

    質の高い非公開求人が多いことも魅力のひとつで、特にIT企業や営業職の求人が多くあります。

    転職ノウハウも豊富なので、転職を希望するすべての女性におすすめです。

    <type女性の転職エージェントのおすすめポイント>

    • 質の高い非公開求人が多い
    • IT企業や営業職の求人が多い

    「転職エージェントはハードルが高そう・・」という方は、転職サイトを使ってみてください。

    おすすめの転職サイトは「絶対に迷わない!女性向けの転職サイトと失敗しない選び方を徹底解説」で紹介しているので、こちらを参考に選んでみてくださいね。

    7.女性の転職を成功させるために知っておくべき5つのポイント

    女性が転職に成功するには、女性が働きやすい企業を選ぶことが大切です。

    ここからは、信頼できる転職エージェント見極めるコツや、女性が働きやすい企業を選ぶポイントについて解説します。

    ポイント1.信頼のおける転職コンサルタントを見極める

    転職の成功率を上げるためには、転職コンサルタントの役割は重要です。

    コンサルタントが信頼できるかどうかを見極めるには、次にあげる条件を満たしているかをチェックしてみてください。

    1. 丁寧なカウンセリングを行い、キャリアについて的確なアドバイスができる。
    2. 求人内容や企業の情報に詳しく、的確なマッチングとアドバイスができる。
    3. メールのレスポンスなどの対応が早い。

    コンサルタントは変更してもらうことができるので、不信感があったり相性が合わないと感じたりしたら、遠慮なく申し出ましょう。

    ポイント2.女性が働きやすい環境が整っている企業を選ぶ

    長く働くことを希望するなら、女性が働きやすい環境の企業を選ぶことが大切です。

    女性が働きやすいかを判断するには、次の項目についてチェックしてみてください。

    このような条件を調べるには、企業の口コミサイトを調べてみたり、転職エージェントに聞いたりするのがおすすめです。

    勤務体系に融通がきくか

    女性が結婚や出産を経ても働き続けるには、勤務体系に融通がきくかどうかが重要です

    例えば、子供が小さいうちは残業なしで帰れるか、時短勤務や在宅勤務が可能かということは、女性の働きやすさに大きく影響します。

    子育てを応援する制度の有無だけでなく、制度を利用しやすい社風かといったことも調べてくと安心です。

    女性社員の割合は多いか

    女性を多く採用する企業は、それだけ女性の能力を評価しているということであり、労働環境も整っています。

    また、女性管理職の割合が多い企業なら差別が少なく、女性が活躍できるチャンスが多いと考えられます。

    育児休暇を取得できる期間はどれくらいか

    企業を選ぶ時には、育休が取得しやすいか、実際に取得した人はどのくらいの期間休んでいるかということを調べておくと安心です。

    育児休暇は、基本的には子供が1歳になるまでですが、保育園が見つからなかった場合などは、子供が2歳になるまで期間を延長できることになっています。

    しかし、企業によっては期間一杯までは休みづらい雰囲気だったり、なかには育休そのものが取りづらい場合もあるので、必ずチェックしておきましょう。

    産休取得者はどれくらいいるのか?

    産休取得率が高い企業は、女性が産休や育休を経て復職しやすい企業だと考えることができます。

    女性が長く働きたいと思える企業であり、子育てしながら働きやすい社風である可能性が高いです。

    ポイント3.面接では長く働く意欲を見せる

    企業にとって、社員に辞められてしまうことは大きな損失であり、できれば避けたいことのひとつです。

    特に女性は出産などを機に辞める場合が考えられるので、企業も採用に慎重になります。

    面接の時には、採用されたら長く務める意思があることをアピールしておきましょう。

    ポイント4.自分でも活躍できる場があるかをよく調査する

    転職先で自分の望むような仕事ができるか、希望の職種やポジションにつけるかといったことは、事前によく調べる必要があります。

    「こんなハズではなかった」と後悔しながら仕事をするのでは、周囲への印象も悪くなり、人間関係まで悪くしかねません。

    企業の情報に詳しい転職エージェントに相談したり、面接で仕事内容や待遇についてよく確認することをおすすめします。

    ポイント5.今の会社を辞める前に転職活動を始める

    会社に勤めながら転職活動をする方が、経済的な心配がないので、時間をかけて自分の希望に合う転職先を探すことができます

    また、良い転職先が見つからないで無職の期間が長くなると、転職に不利に働く場合があります。

    働きながらの転職活動は時間のやり繰りが大変な面がありますが、転職エージェントを利用すれば、面接日の交渉などもコンサルタントがしてくれるので安心です。

    8.【Q&A】女性の転職に関する悩みを全て解決しておこう

    Q1.女性に人気の職業は何がありますか?

    A.女性に人気の職種として、事務職、営業職、技術職などがあげられます。

    <事務職>

    • ルーティーンワーク中心で残業が少ないので、ワークライフバランスが取りやすい点が女性に人気。
    • 正社員での採用は意外に狭き門で、転職には簿記の資格などのプラスアルファの要素があると良い。

    <営業職>

    • インセンティブが入るなど、頑張りが形になりやすく、やりがいが感じられる点が人気。
    • 未経験可の企業が多く、他業種からでも転職がしやすい。

    <技術職>

    • 難しい資格が必要な職種もあるが、一度スキルを身に着ければ安定して職を得られる。
    • エンジニアなどは、未経験や資格がない場合でも転職のチャンスがある。

    Q2.未経験でも転職することはできますか?

    A.未経験の職種に転職することは可能ですが、成功率が高いのはポテンシャルを重視してもらえる20代までです。

    年齢が上がるほど難易度が上がりますので、30代以降は自分の経験やスキルを活かせる仕事に転職するほうがおすすめです。

    Q3.派遣から正社員への転職先が見つからない場合はどうするべき?

    A.求人数が多い大手や希望職種に強いところなど、複数の転職エージェントに相談してみてください。

    この記事の6章で紹介した転職エージェントは、女性向けなので特におすすめです。

    それでも見つからない場合には、今の職場でスキルを磨いたり転職に有利な資格を取ったりするなどして、自分の市場価値を高める努力が必要です。

    Q4.転職に役立つ資格はある?

    A.資格を取って転職を有利にするには、まず第一に希望の職種に合ったものを選ぶことが大切です。

    例えば、事務であれば日商簿記やITパスポート、金融系ならファイナンシャルプランナーなどの資格がおすすめです。

    資格についてもっと詳しく知りたい人には、次の記事が参考になります。

    Q5.婚活と転職はどちらを優先すべきですか?

    A.仕事とプライベートのどちらを中心に考えるかの問題で、一概にどちらが良いとは言えません。

    先に結婚が決まれば、住む場所や将来の見通しがある程度決まるので、それに合った仕事を選ぶことができます。

    転職をしてからであれば、落ち着いて婚活に集中することができ、自分の仕事に対して理解がある人を夫に選ぶことができます。

    Q6.子供を産んでから転職するべき?

    A.子供は欲しいと思った時に必ず授かるとは限りませんし、計画通りにはいかないことが多いものです。

    特に30歳以降であれば、どうしても子供が欲しいと思っているのなら出産を優先することをおすすめします。

    産休や育休が取りづらい環境でも、キャリアを積んで会社に欠かせない社員になることで、出産後の社内でのポジションを確保することが可能です。

    まとめ

    女性の77%は転職を「考えたことがある」としており、多くの女性が転職で悩んでいることが伺えます。

    転職理由は以下の4つが多いです。

    • 人間関係をリセットしたい
    • 今よりもやりがいのある会社で働きたい
    • 仕事量が多すぎる
    • 派遣社員に不安を感じる

    転職すべきかどうかを判断するには、まずは「今の職場で解決できないか」や「自分自身にも原因がないか」を考えてください。

    女性が転職に成功するには、信頼できる転職エージェントを利用し、女性が働きやすい環境の企業を選ぶことが大切です。

    転職エージェントは、転職の決心がついていない場合でも登録することができ、キャリアの見直しや自分の市場価値を確認する機会にもなります。

    女性におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

    女性に特化した転職サイトや転職エージェントを使って、成功率をアップさせてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県