3つ対処法を紹介!転職エージェントがむかつく!合わないと感じたあなたへ

一般転職

転職エージェントは、担当アドバイザーによって相性等、属人的な要素が強い為、合わない事が多々あります。

転職者は真剣に活動しているため、「偉そうでむかつく!」「上から目線でうざい!」「態度が悪い!」「信用できない!」などの口コミが見受けられます。

不満の声が多くあったので、そのような転職エージェントの対処法から上手く活用する方法までお伝えします。

スポンサーリンク

信じられない!むかつくキャリアアドバイザー体験談

転職エージェントの対応に不満を抱く人が、実はたくさんいます。

まずは、むかつく転職エージェントに関する口コミを見てみましょう。

以下で説明するような担当者にあたってしまうことも十分考えられます。

なぜ担当者の態度が悪いのか、その理由を踏まえながら紹介していきます。

口コミ1:上から目線で説教のように感じる

転職エージェントの担当者が上から目線で説教のように話してくるという声もよく聞きます。

上記の口コミの通り、実際にはよく知らない業界・企業であっても担当者が上から目線で話すことがあるようです。

担当者の中には「わからない・知らないとは言えない」と思ってしまう人がいます。

また、「自分がたくさんの人をさまざまな企業に入社させた」という自負が態度に出てしまうことも考えられます。

転職者からすると関係のない話なので、合わないと感じるのであれば早めの対処が必要でしょう。

  • スポンサーリンク

  • 口コミ2:強引に勧めてくる

    担当者の中には内定を無理に承諾させようとしたり、「話だけ聞きたい」と言っても強引に応募させようとしたりする人がいます。

    転職エージェントのビジネスモデルは成果報酬制です。

    求職者一人を企業に入社させると、その人の年収の約30%前後の金額を企業から受け取ります。

    転職エージェントは自分たちの利益のために応募者を企業に内定させなければならず、担当者ごとにノルマが課されていることもあるようです。

    そのせいで、応募者の言うことを聞かずに担当者が無理強いするということが起こりがちです。

    口コミ3:応募者の話を聞く気がない

    応募者の話を聞く気がなく、一方的に話をしてくる担当者に出会うこともあるようです。

    ノルマが厳しい担当者は応募者の話を聞かずに一方的に話をしてくることが考えられます。

    また、もともと話を聞くのが苦手な人なのかもしれません。

    「応募者にあった仕事を紹介したい」と考えてくれる担当者がいる一方で、ノルマのために「内定が出そうな求人をとにかく受けさせたい」という担当者もいるのが実情です。

    転職アドバイザーの押しが強く内定を決めてしまったとしても、その先の人生を転職エージェント側は責任は発生しません。

    向かないと感じた場合はしっかりと断りましょう。

  • スポンサーリンク

  • 口コミ4:連絡がしつこい

    連絡頻度が多すぎることがあり、中にはこちらが就業中にも関わらず電話をかけてくる担当者もいるほどです。

    こちらが連絡しても返事がなく、向こうの事情次第でいきなり電話が増えるといい気はしません。

    上記の口コミでもあるように 求人が増える時期に担当者からの連絡頻度が増える傾向にあります。

    「電話での連絡は控えてほしい」と言わない限り、電話をかけ続けてきます。

    担当者も仕事として連絡を取っている側面もあるので、連絡が不要な際はその旨を伝えましょう。

    むかつく転職エージェントにあたった時の3つの対処法

     

    こちらがどれだけ気をつけていても、むかつく転職エージェントには出会ってしまう可能性もあります。

    実際に話してみるまで、担当者がどんな人なのかがわからないので避けるのは困難です。

    しかし、むかつく担当者に出会っても以下の方法をとれば避けることができます。

    以下でむかつく担当者への対応方法をお伝えします。

  • スポンサーリンク

  • 1.担当者を変更してもらう

    「この担当者嫌だな」と思ったら、担当者を変更してもらうのが一番です。

    本人に直接言うのは気まずいので、転職エージェントのホームページにある問い合わせフォームから連絡しましょう。

    「感じが悪いので」と言わずに、「別の担当者の話も聞いてみたい」などオブラートに包むような表現をした方が無難です。

    強い表現を使ってクレームを入れると、転職エージェント内で悪口を言われたり、いい求人を紹介してもらえなくなる可能性も考えられるからです。

    転職エージェントとの付き合い方は割り切った方がよい場合もあります。

    2.別の転職エージェントを利用する

    「この担当者嫌だな」と感じる時、その転職エージェントの社風自体と合わないことも考えられます。

    そんな場合は別の転職エージェントを利用してみましょう。

    転職エージェントを変えてから心強いキャリアアドバイザーに出会って転職に成功した人たちがたくさんいます。

    以下の「キャリアアドバイザーの質が高い!おすすめの転職エージェント3選」で、おすすめの転職エージェントも紹介するので、転職エージェント選びに迷った時には参考にしてください。

  • スポンサーリンク

  • 3.求人は転職サイト経由で応募する

    「求人は魅力的だけど、転職エージェントの担当者とは話したくない」という場合には、転職サイト経由で応募するという方法があります。

    以下のような転職サイトを利用してみてください。

    公開求人しか応募できないというデメリットはありますが、自分主体で転職活動を進めることができるのでうまく利用しましょう。

    複数登録におすすめの転職エージェント3選

    続いては複数登録しておきたい大手の総合転職エージェントを3つ紹介します。

    1.リクルートエージェント
    ・総求人数 260,000件
    ・キャリアアドバイザーが多数在籍

    2.doda
    ・総求人数 100,000件
    ・サポート体制が充実

    3.パソナキャリア
    ・総求人数 40,000件
    ・転職サポートの丁寧さNo.1

    しかし、転職エージェントは属人的な要素が大きい側面があります。

    以下で紹介する転職エージェントなら「絶対にむかつく担当者に会うことはない」と約束できるものではありません。

    あくまでキャリアアドバイザーに対する評判がよい、という観点で説明します。

    業界No.1の評判|リクルートエージェント

    【リクルートエージェントおすすめの理由】

    • 在籍しているキャリアアドバイサーが多い
    • 細かく連絡してくれる

    リクルートエージェントは人材派遣業界でNo.1の大手です。

    求人数が圧倒的に多く、大手である分多数のキャリアアドバイザーが在籍しています。

    転職希望者の内定のためにさまざまな求人を紹介してくれたり、企業との交渉を繰り返し行ってくれるなど情熱的なサポートが特徴です。

    フォローも細かくしてくれるのですが、電話の頻度が多いと感じることもあるので、気になるようならメールでの連絡のみでお願いしておきましょう。

    ただ、大手なのでさまざまな担当者が在籍しているので、中には対応の悪い人がいることもあります。


    20代 男性

    エージェントレポートという、業界分析から選考ポイントまで記載したレポートが無料でユーザーに届きます。

    転職活動の参考になりました。

    寄り添ったサポートに定評|doda

    【dodaおすすめの理由】

    • サポートが丁寧で人気がある
    • 自分で求人を探すこともできるので、担当者頼みにならない

    dodaはサポートが丁寧だと評判の転職エージェントで、業界トップクラスの人気を誇ります。

    また、ホームページは転職サイトとして活用でき、自分で求人を探すことも可能です。

    年収情報などホームページの内容も充実しているので、登録しておいて損はありません。


    20代 女性

    履歴書や職務経歴書の添削もキャリアアドバイザーが丁寧に行ってくれました。

    dodaに
    登録してみる【完全無料】

    サポートの手厚さは随一|パソナキャリア

    【パソナキャリアおすすめの理由】

    • 親身なサポートに定評がある
    • 女性の転職にも強い

    パソナキャリアは親身なサポートが業界随一だと評判が高いのが特徴です。

    上記の大手2社と比べると求人数が少ないのにも関わらず、それでもサポートはパソナキャリアで受けたい、という人がたくさんいます。

    他の転職エージェントで求人数をカバーしながらパソナキャリアで履歴書・職務経歴書の添削やキャリアプランの相談をしてみることをおすすめします。

    女性から支持が厚いのも特徴です。


    30代 女性

    女性の転職にも強いと聞いていた通り、管理職の求人も多数紹介してもらえました。

    大手エージェントが嫌な方は特化した転職エージェントがおすすめ

    「大手転職エージェントはいまいち信用できない」「嫌な経験をしたことがある」

    そんな人には特化型の転職エージェントがおすすめです。

    1.ハタラクティブ
    ・総求人数 約2,300件
    ・第二新卒に特化

    2.リブズキャリア
    ・総求人数 約2,000件
    ・女性の転職に特化

    3.ランスタッド
    ・総求人数 約10,000件
    ・外資系企業に特化

    キャリアアドバイザーも専門分野に特化しているので、適切なアドバイスを受けられる可能性が高くなります。

    その分紹介してもらえる求人数が少ないことがあるので、1つに絞らず複数登録しておきましょう。

    第二新卒の方は、ハタラクティブ

    【ハタラクティブ おすすめの理由】

    • 年次が浅い・未経験でも求人を紹介してもらえる
    • 書類作成からサポートしてくれる

    ハタラクティブは、第二新卒をはじめとする20代でキャリアの浅い人に特化した転職エージェントです。

    職歴がなくても求人を紹介してくれるほどで、求人の紹介を断られて嫌な思いをすることはありません。

    面接を受けるためには職務経歴書を提出する必要がありますが、第二新卒だと年次が若いので「何を書けばよいのかわからない」と迷うことが多いでしょう。

    ハタラクティブは職務経歴書の作り方や履歴書の添削、丁寧な面談を行ってくれます。


    20代 男性

    2年目でも応募可能な求人を多数紹介してもらえました。

    年次が浅くても親切に対応してもらえます。

    女性向けのリブズキャリア

    【リブズキャリアおすすめの理由】

    • 女性の転職に強い
    • キャリアアドバイザーが経験豊富

    リブズキャリアは女性の転職に特化しています。

    キャリア志向の女性におすすめで、管理職ポジションを募集する求人もたくさん揃えています。

    「ワークライフバランス」を重視しているのも特徴で、女性の転職のプロであるキャリアアドバイザーが熱心にサポートしてくれます。

    新卒の社員が担当になったりすることがないので、キャリアアドバイザーの質が安定していると評判です。


    20代 女性

    結婚・出産などのライフイベントも踏まえてキャリアプランを提案してくれました。

    次転職する時も利用したいと思います。

    外資系ならランスタッド

    【ランスタッドおすすめの理由】

    • 外資系企業に特化
    • キャリアアドバイザーが強引に勧めてこない

    ランスタッドは外資系企業の転職に特化している転職エージェントです。

    ハイキャリア向けの外資系企業の求人や国内の優良企業の求人を揃えています。

    求人数は大手転職エージェントほどではありませんが、その分自分のペースでゆっくりと転職活動を進めたい人には向いています。

    ランスタッドのキャリアアドバイザーには強引に勧めてくる人がいないと評判なので、転職エージェントとはある程度距離を保ちたいという人におすすめです。


    30代 男性

    付かず離れずのよい距離感で担当者からサポートしてもらえたと感じます。

    むかつく転職エージェントを避けるために!実践したい防御策

    それでも、できる限り転職エージェントの担当者にはむかつく対応をされたくないですよね。

    これから転職エージェントに登録する場合、また転職エージェントとの面談が控えている場合に実践してもらいたい防御策を以下で説明します。

    これだけ気をつけるだけでも、担当者のせいで嫌な思いをしたり時間を無駄にしたと感じることがなくなるはずです。

    ぜひ、試してみてください。

    初めに要望を明確に伝える

    面談をする前に、どんな求人を希望しているかということを必ず担当者から聞かれます。

    その時に、要望を明確にしておきましょう。

    「すぐに転職したい」「条件に合うものがあれば転職したい」だけでなく、「基本的にはメールでの連絡のみにしてほしい」「同業界以外は考えていない」などと「してほしくないこと」もはっきりと言っておくことが大切です。

    してほしくないことへの予防線を張っておくことで、向こうが主導権を握って転職活動を進めることを防止することができます。

    転職エージェントは複数登録する

    転職活動を始める際、必ず同時にいくつかの転職エージェントに登録しておいてください。

    初めに面談した転職エージェントの担当者がむかつく人でも、他のエージェントへ切り替えるだけで済みます。

    1つしか登録しないと、担当者が合わず転職エージェントを乗り換える時、また1からのスタートとなり気持ちが疲れてしまいます。

    効率的に転職活動を進めるためには、転職エージェントの複数登録は必須です。

    登録前に転職エージェントの口コミを確認

    登録する転職エージェントに迷ったら、転職エージェントの口コミを確認してみましょう。

    前述したように、対応は担当者次第な部分が多いのは事実ですが、それでも転職エージェントそれぞれの社風を事前に把握することができます。

    「この転職エージェントは合わなさそう」と感じるところがあれば、利用する際には自分の意見をはっきり伝えるように気をつけておきましょう。

    まとめ

    転職エージェントの担当者がむかつくという経験は実はめずらしくありません。

    転職エージェントの報酬体系のせいでどうしても内定を取らせようとしてくる人がいます。

    また、担当者の中には転職希望者とのコミュニケーションが上手でない人もいるのが事実です。

    1. 担当者を変更してもらう
    2. 別の転職エージェントを利用する
    3. 求人は転職サイト経由で応募する

    以上の3つの方法でむかつくキャリアアドバイザーには対処しましょう。

    キャリアアドバイザーの質に定評がある転職エージェントに複数登録することをおすすめします。

    おすすめ転職エージェント

    <総合転職エージェント>

     
    丁寧なサポート|doda
     
    業界1のサポート体制|パソナキャリア
     
    <特化型転職エージェント>
     
    第二新卒に特化|ハタラクティブ
     
    女性の転職に特化|リブズキャリア
     
    外資系転職に特化|ランスタッド
     
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県