【東京】活用するべき転職エージェント!地方からの転職にもおすすめ

東京 転職エージェント 一般転職

東京で転職成功を目指すなら、転職エージェントを上手く活用しましょう。

転職エージェントは、あなたの希望に合った求人の紹介や、必要書類に関するアドバイスや面接対策の実施等、転職活動の際に様々なサポートを行なってくれます。

上記のような幅広いサポートを行う転職エージェントは、特に初めての転職の際には強い味方になってくれる存在です。

本記事では、東京でのおすすめ転職エージェントを、以下の2つの項目に分けてご紹介します。

  1. 【登録必須】求人を豊富に取り扱い、サポートの手厚い大手転職エージェント
  2. 【目的別】あなたの年齢や目的に合わせて選ぶべき転職エージェント

※今すぐにおすすめ転職エージェントが知りたい方は、
気になる項目をクリックしてください。

また、転職エージェントを利用するメリットについても詳しく解説していますので、ぜひ転職活動の参考にしてくださいね。

下記の表は、東京での転職をお考えの際、利用するべき転職エージェントの求人数をまとめた結果です。

【東京のおすすめ転職エージェント】

エージェント名 面談可能な拠点 全国の公開求人数 東京の公開求人数
リクルートエージェント 16拠点 約28万件
(非公開求人を含む)
約15万件
(非公開求人を含む)
doda 10拠点 約7万件 約3万件
パソナキャリア 6拠点 約3.8万件 約2万件
マイナビエージェント 10拠点 約3万件 約1.2万件
(非公開求人を含む)
JACリクルートメント 9拠点 約1.5万件
ワークポート 13拠点
(※注1)
約2.6万件 約1.5万件

(2019年10月時点)
※注1:場合によっては本社のみ

転職活動は、自分に合った適切な転職エージェントを見極めることから始まります。

数ある転職エージェントの中から自分にぴったりのエージェントを見つけ、転職成功に繋げましょう!

1.まずは自分に合った転職エージェントを見つけ、登録してみましょう

「転職エージェントへの登録」と聞くと、なんだかハードルが高そうなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

しかし、登録・利用は基本的に無料で、登録にかかる時間も3分程度です。

それに、登録から入社までを一貫してサポートしてくれるため、初めて転職するという場合でも安心して利用することが出来ます。

転職エージェントの利用は、転職のノウハウを教えてもらえたり、非公開求人を紹介してもらえるなど、求人広告などの他の転職方法と比較しても様々なメリットがあるのです。

転職エージェントの強みを最大限に活かすためには、エージェントの特徴を良く理解した上で、自分の目的に合ったエージェント2〜3社に登録し、併用するのがおすすめです。

例えば、求人数が豊富でサポートも手厚い大手エージェント2社に加えて、年齢や目的に合った1社に登録すれば、エージェントの強みを最大限に活用し、転職を有利に進めることが出来るでしょう。

大手転職サイト「リクナビNEXT」のアンケートでは、転職成功者はそうではない方と比較して約2倍の転職エージェントを利用していることが分かっています。

【転職エージェント(人材紹介会社)利用社数】

転職決定者 平均4.2社
全体 平均2.1社

引用:リクナビNEXT

転職エージェントの併用は全く珍しいことではなく、「転職活動の基本」と言っても過言ではありません。

利用するエージェントを1社に絞るのではなく、 複数の転職エージェントを併せて活用することで、転職成功の可能性を広げましょう

2.【登録必須】活用するべき大手転職エージェント2選

大手転職エージェントは、豊富な求人情報を保有し、サポート体制も充実しています。

大手エージェントならではの独占求人に加え、多くの非公開求人を有している場合が多いため、 転職のチャンスを増やす目的でも最優先に登録することをおすすめします。

それでは、それぞれのエージェントの特徴を解説していきます。

【取り扱い求人数業界最多】すべての人におすすめ「リクルートエージェント」

リクルートエージェント 東京 転職

リクルートエージェント」は、業界内で最多の求人数を誇る転職エージェントです。

公開求人数と非公開求人数を合わせた求人数は28万件以上に及びます。

東京の求人数は約15万件と非常に豊富であり、転職の際の選択肢を増やすためにもぜひ活用したいエージェントのひとつです。(2019年10月時点)

リクルートエージェントが扱う求人の職種に多いのは、営業・販売とIT・エンジニアであり、それぞれ全体の3割近い割合となっています。

リクルートエージェント 職種別求人割合

また、リクルートエージェントは求人が多いだけでなく、サポート体制も充実しています。

これまでに37万人以上の転職者を支援してきた実績とノウハウを活かした丁寧なサポートを提供してくれるため、安心して転職活動を行えるでしょう。

丸の内にある東京本社では、対面での転職相談やサポートを受けることが可能です。

U・Iターン転職を希望する場合は、全国16拠点から最寄りのオフィスを利用すると良いでしょう。

「リクルートエージェント」の基本情報

リクルートエージェント
会社名 株式会社 リクルートキャリア
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
東京の公開求人数 約6万件
東京の非公開求人数 約9万件
全体の求人数 約28万件(非公開求人数を含む)
対象地域 全国・海外
面談可能なオフィス 全国16拠点(東京・北海道・東北・宇都宮・さいたま・千葉・西東京・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡)
利用料金 無料
公式サイト https://www.r-agent.com/
詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご確認ください

※2019年10月時点

リクルートエージェントに
登録してみる【完全無料】

【豊富な支援実績と手厚いサポート】幅広い年代・職種の人におすすめ「doda」

doda 東京 転職エージェント

doda」は、 豊富な支援実績と手厚いサポートが特徴の転職エージェントです。

非公開求人の数は公表されていませんが、公開求人数だけでも7万件を超えており、東京においては約3万件の求人案件が公開されています。(2019年10月時点)

全体の80~90%を占めると言われる非公開求人と合わせると、さらに多くの求人の閲覧が可能になると予想されます。

dodaの扱う職種で、一番多いのは営業、その後は機械/電機、建築/土木/不動産/プラント/設備です。

doda職種別求人割合

求人数の多さ以外にも、全体的にコンサルタントの質が高く、転職のサポートが手厚いことにも定評があります。

履歴書や職務経歴書など、必要な提出書類の書き方に加え、面接対策などにも親身に対応してくれるため、初めての転職でも安心できる転職エージェントと言えるでしょう。

更に、dodaでは「企業の業績」や「平均年収」などの企業情報をサイト内で簡単に見ることが出来るため、企業分析の際に活用できるコンテンツが充実していることも特徴です。

丸ビル内にある丸の内本社では、対面でのサポートを受けることが可能なため、安心して利用出来ます。

U・Iターン転職を希望する場合は、全国10拠点から最寄りのオフィスを利用すると良いでしょう。

「doda」の基本情報

doda
会社名 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
東京の公開求人数 約3万件
全体の公開求人数 約7万件
対象地域 全国・海外
面談可能なオフィス 全国10拠点(札幌・宮城・東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡)
利用料金 無料
公式サイト https://doda.jp/
詳しくは「dodaの解説記事」をご確認ください
※2019年10月時点

dodaに
登録してみる【完全無料】

3.【目的別】ニーズに合わせて選ぶべき転職エージェント4選

業界や職種等の希望や転職の目的が明確な方は、自分の希望・目的に沿った転職エージェントを利用しましょう。

また、転職エージェントには、それぞれ注力している年齢があり、20代と40代では選ぶべきエージェントは異なります。

気になるエージェント名をクリックして、詳細をご覧くださいね。

【初めての転職なら】第二新卒・女性の転職にもおすすめ「パソナキャリア」

パソナキャリア 東京 転職エージェント

パソナキャリアは、 コンサルタントの親身なサポートと細やかな対応が好評価を得ている転職エージェントです。

サポートが充実していることはもちろん、扱う職種の幅が広く、第二新卒向けの求人も多く保有しているため、初めての転職で不安…という方には特におすすめのエージェントと言えるでしょう。

パソナキャリアでは、以下のような職種の求人を保有しています。

パソナキャリア 職種別求人割合

技術職が22%と一番多く、次いで営業、IT・Webエンジニアの求人を多く取り扱っています。

また、パソナキャリアは、女性のライフスタイルに合わせた働き方の提案を得意としているため、ワークライフバランス重視の転職を求める女性の方は、是非利用してみましょう。

東京都内には東京支店、新宿支店、立川中央支店の3ヶ所がありますが、対面でのサポートを受けられるのは日本ビルにある本社のみです。

また、パソナキャリアは各都道府県に拠点を置いており、電話やメールでのサポートを受けることが可能です。

U・Iターンを目指している方で面談を希望する場合は、全国6拠点の中から最寄りのオフィスを利用しましょう。

◆「パソナキャリア」の基本情報

パソナキャリア 神戸 転職エージェント
会社名 株式会社パソナ
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-2
パソナグループ本部ビル 7階
東京の拠点
  • 東京支店:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル 14F
  • 新宿支店:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49F
  • 立川中央支店:東京都立川市曙町2-18-17 町田ビル4F
東京の公開求人数 約2万件
全体の求人数 約3.8万件(非公開求人数を除く)
対象地域 全国・海外
面談可能なオフィス 全国6拠点 [東京(日本ビル)・大阪・名古屋・静岡・広島・福岡]
利用料金 無料
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
詳しくは「パソナキャリアの解説記事」をご確認ください

※2019年10月時点

パソナキャリアに
登録してみる【完全無料】

【20・30代の転職なら】大手から中小企業まで幅広い求人を保有「マイナビエージェント」

マイナビエージェント 東京 転職

マイナビエージェント」は、20~30代を対象にした転職に注力している転職エージェントです。

東京全体では、非公開求人も含めて約12,000件の求人数を保有しています。(※2019年10月時点)

マイナビエージェントは、コンサルタントの丁寧な対応への評価も高く、若い世代や初めての転職で不安な人にも心強い味方となってくれます。

応募書類の書き方や面接対策などには特に熱心なため、転職のノウハウを身に着けるには最適な転職エージェントと言えるでしょう。

また、マイナビエージェントは全国各地に営業拠点を持っており、中小企業やベンチャー企業の求人も積極的に集めています。

そのため、大手にとらわれず幅広く求人を確認したいというような希望も叶えられるでしょう。

◆「マイナビエージェント」の基本情報

マイナビエージェント 大阪 転職
会社名 株式会社 マイナビ
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
東京の拠点
  • 東京(京橋)オフィス:東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F
  • 新宿オフィス:東京都新宿区新宿四丁目1番6号JR新宿ミライナタワー 24F
東京の公開求人数 約1.2万件
(非公開求人数を含む)
全体の公開求人数 約3万件
(非公開求人数を含む)
対象地域 全国・海外
面談可能なオフィス 全国10拠点(京橋・新宿・横浜・札幌・静岡・名古屋・京都・大阪・兵庫・福岡)
利用料金 無料
公式サイト https://mynavi-agent.jp/
詳しくは「マイナビエージェントの解説記事」をご確認ください
※2019年10月時点

【ハイクラス転職なら】30~50代の転職におすすめ「JACリクルートメント」

JACリクルートメント

JAC(ジェイエイシー)リクルートメントは、外資系企業の求人やエグゼクティブの優良求人に特化した転職エージェントです。

年収600万以上の企業を中心とした求人案件を保有していますが、ハイキャリアの求人掲載や転職支援に特化している分、全体の求人保有数はそれほど多くありません。

しかし、管理職の求人や外資系コンサルティングファームの求人など、ハイキャリア案件の充実度は日本トップクラスを誇ります。

登録することで求人の閲覧が可能になるため、どのような求人があるのかをチェックしたい場合は、一度登録をしてみましょう。

また、コンサルタントの専門性も高く、企業の詳しい内部情報を教えてくれたり、専門的な知見・経験を活かしたアドバイスを行ってくれることも特徴です。

全国9ヶ所のオフィスでは、電話やメールだけでなく、直接面談を受けることも可能です。

JACリクルートメントは、30代から50代のハイキャリア転職を目指す方にとっては、ぜひ活用するべき転職エージェトと言えるでしょう。

◆「JACリクルートメント」の基本情報

JACリクルートメント 大阪 転職エージェント
会社名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
本社所在地 東京都千代田区神田神保町1-105番地 神保町三井ビルディング14階
東京の公開求人数
全体の求人数 約1.5万件(非公開求人数を除く)
対象地域 全国・海外
面談可能なオフィス 全国9拠点(東京、埼玉、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島
利用料金 無料
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/
詳しくは「JACリクルートメントの解説記事」をご確認ください

※2019年10月時点

JACリクルートメントに
登録してみる【完全無料】

【IT・Web関連への転職なら】専門性の高いサポートが特徴「ワークポート」

ワークポート 東京 転職エージェント

ワークポートは、IT業界やweb関連に特化した大手転職エージェントです。

このジャンルでは15年以上の実績があり、IT業界との繋がりが強いため、独自の求人も豊富に取り扱っています。

キャリアアドバイザーもIT業界における転職に精通しているため、IT・Web・エンジニア業界への転職を希望するなら、必ず登録しておきましょう。

また、対応の速さには定評があり、スピード感のある転職をしたい場合にも利用価値のあるエージェントと言えるでしょう。

基本的にはどの拠点でも面談が可能ですが、転職を検討している職種によっては、在籍しているコンシェルジュの関係上、本社オフィスでの面談となる場合もあります。

面談拠点の希望がない場合には、登録した住所によって各拠点へ案内されます。

U・Iターン転職などで、最寄りではない拠点での面談を希望する場合、登録時にその旨を連絡しましょう。

◆「ワークポート」の基本情報

ワークポート 大阪 転職エージェント
会社名 株式会社ワークポート
本社所在地 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
東京の公開求人数 約5,300件
全体の求人数 約2.5万件(非公開求人数を除く)
対象地域 全国・海外
面談可能なオフィス 全国13拠点(本社・立川・埼玉・横浜・千葉・仙台・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡)
利用料金 無料
公式サイト https://www.workport.co.jp/
詳しくは「ワークポートの解説記事」をご確認ください

※2019年10月時点

ワークポートに
登録してみる【完全無料】

4.【東京】転職エージェント利用のメリット

東京 転職エージェント

東京でより良い転職先を見つけ、効率的な転職活動を行いたい場合は、転職エージェントを活用しましょう

なぜなら、無料で転職サポートをしてくれる転職エージェントには、利用するメリットがたくさんあるからです。

ここでは、その中から特に大きなメリットとして、以下の3つを挙げてご紹介します。

それでは、順に解説していきます。

① 東京の転職におけるノウハウを教えてもらえる

転職エージェントでは、転職におけるノウハウを惜しみなく教えてくれます

【転職エージェントのノウハウ】

  • 転職検討のポイント
  • 転職活動の心構え
  • 効果的な職務経歴書・履歴書の書き方
  • 面接対策
  • 円満退職のコツ など

どれも転職成功のために必要なノウハウばかりですよね。

転職は、人生の中でも大きなイベントのひとつです。

特に初めての転職となると、現職場の退職や新しい職場の入社に関することなど、分からないことも多くて不安になる方も多いでしょう。

そのような場合でも、転職のノウハウを知り尽くし、多くの実績を有する転職エージェントは心強い味方になってくれます。

また、転職エージェントには、企業の内部事情を詳しく把握しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、的確なアドバイスを受けることも可能です。

社内の雰囲気、仕事内容や給与についてなど、実際に働いてみないとわからない情報を聞いておくことで、早期退職などの転職失敗のリスクを減らすことも出来るでしょう。

② 東京の非公開求人を紹介してもらえる

どの転職エージェントも「非公開求人」を保有しており、条件が良く応募が殺到してしまうような求人案件は、一般公開されていない場合が多いです。

しかし、 転職エージェントに登録すると、好条件の非公開求人を紹介してもらえるようになり、その中から自分の希望条件に合った求人を紹介してもらうことも可能になります

そのため、一度登録した上で、それぞれのエージェントがどの様な求人案件を保有しているか、チェックしてみるのも良いでしょう。

③ 東京の企業との交渉を代行してもらえる

転職エージェントは、あなたに代わって転職先の企業に対し、給与や入社日などの条件の交渉を行ってくれます

「もう少し給与をアップして欲しい」といった希望などは、積極的にキャリアアドバイザーに伝えることをおすすめします。

自分では言いづらいような給与のことや勤務条件なども、エージェントが企業側に上手く伝え、交渉をしてくれるため、安心して任せましょう。

選考前の最終的なオファー条件だけではなく、内定の決まった後でも企業側と交渉をしてもらえるため、よりあなたの希望に沿った形で転職成功に繋げられるでしょう。

5.東京での転職を成功させるためにやるべきこと

東京での転職を成功させるために、あなたがやるべきことは以下の2つです。

【東京での転職を成功させるためにやるべきこと】

  1. 得意分野でエージェントを選ぶ
  2. 3社以上のエージェントに登録する

それでは、順に解説していきます。

① 得意分野でエージェントを選ぶ

転職エージェントには、それぞれ得意分野があります。

転職エージェントの選び方としては、以下のような条件が自分と合っているかどうかで判断すると良いでしょう。

【転職エージェントの選定基準】

  1. 扱う求人の年齢層が自分に合っているか
  2. 得意とする業種が自分の希望と合っているか
  3. 面接対策や企業との交渉など、自分の求めるサポートが受けられるか

上記の条件が1~2つ当てはまるエージェントを何社か選び、出来るだけバランス良く登録するようにしてください。

例えば、A社では、”未経験で挑戦することが出来る求人”の情報を幅広く収集し、B社では、”即戦力として経験をすぐに活かすことが出来る求人”に絞って情報収集を行うといった利用の仕方もあります。

転職エージェントごとの特徴をよく理解した上で、希望に合った転職エージェントを選定し、有効に活用しましょう。

② 3社以上のエージェントに登録する

転職活動を効率的に行うには、3社以上の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

複数のエージェントに登録することで、より多くの求人情報を得ることが出来、よりスムーズに転職成功に繋げることが可能になります。

さらに、企業の情報や転職ノウハウなど、転職エージェント1社だけでは足りない分を他で補い、また違った角度からのアドバイスを受けることも出来るようになります。

大切なのは担当アドバイザーとの相性!

自分の 希望する求人案件に巡り合えるかどうかは、担当のキャリアアドバイザーの良し悪しによって大きく分かれます

転職エージェントは、利用者が採用されることで、採用した企業から紹介料としての報酬を受け取ります。

そのため、はっきりと言ってしまえば、担当者のゴールは「どんな形であれ、あなたを転職させること」にあるのです。

悪い担当者にあたってしまうと、希望と違う求人を紹介されたり、しつこく連絡が来たりということも往々にしてありえます。

複数サイトに登録するメリットはここにもあり、良いキャリアアドバイザーに出会う機会を出来るだけ増やすことにも繋がります。

担当アドバイザーとの相性問題は、複数のエージェントを利用することで解決することが出来るのです。

複数エージェント利用の場合の注意点

転職エージェントを複数利用する場合には、次のことに注意してください。

【複数の転職エージェントを利用する際の注意点】

  1. 複数登録していることを隠さない。
  2. 時間と情報の管理をしっかり行う。

転職エージェントの担当者には、複数利用していることをきちんと話しておくことが大切です。

そうすることで、同じ求人が重複した場合には一方を断ることができますし 、面接に入った場合など、スケジュールの調整にも協力してもらえます。

複数の転職エージェントを利用する場合、複数の企業で選考に進むことがあります。

そのため、常に状況を担当アドバイザーに共有することで、選考スケジュールを合わせ、同じタイミングで内定を獲得し、比較検討出来る状態を作ってもらうことが可能になるのです。

ただし、担当者への連絡のし過ぎには注意しましょう。

また、複数の転職エージェントを使用する際に心配なのは、情報が混乱してミスが起こることです。

どこから紹介された求人か分からなくなったり、ダブルブッキングを起こしたりしないように注意してください。

転職エージェントの複数利用について詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧くださいね。

6.東京の労働環境

東京 転職エージェント

首都である東京は、地方に比べて企業数が圧倒的に多く、それに伴い多くの求人が存在します。

また、東京では大企業が本社を構えていることも多いため、キャリアアップのチャンスも増やすことが出来るでしょう。

ここでは、東京の労働環境を、以下の3つのポイントに分けてご紹介します。

ぜひ東京での転職の参考にしてくださいね。

東京の有効求人倍率は2.10倍

2019年8月のデータでは、東京都の有効求人倍率は2.10倍です。(※参照:労働政策研究・研修機構

前の月から0.01ポイント増加し、有効求人倍率の上昇は2ヶ月ぶりでした。

雇用の先行指標とされる新規求人倍率は、前月より0.33ポイント高い3.60倍であり、統計が残る1963年以降で最も高くなりました。

全国平均の1.59倍を大幅に上回る東京では、非常に豊富な求人により、転職成功のチャンスを広げることが出来るエリアと言えるでしょう。

【有効求人倍率とは?】

有効求人倍率 = 企業からの求人数(有効求人数)÷ ハローワークに登録している求職者の数(有効求職者数)

有効求人倍率は、求職者1人に対して、何人分の求人があったかを示しています。

  • 有効求人倍率が1を上回る 
    ⇒ 求職者数よりも求人数が多い、すなわち人手が不足している
  • 有効求人倍率が1を下回る 
    ⇒ 就職難

尚、有効求人数は、ハローワークを通じた求人情報を利用するため、求人情報誌や転職情報サイトなどの求人情報は含まれません。

職種別有効求人状況

さて、そんな東京の求人ですが、どのような職種の需要が高くなっているのでしょうか。

ここでは、2019年8月の職種別有効求人倍率を高い順にまとめています。

希望される職種の有効求人倍率も、ぜひ確認してみて下さいね。

職種 有効求人倍率(倍)
保安の職業 16.82
建設・採掘の職業 6.85
サービスの職業 6.15
福祉関連の職業 5.05
輸送・機械運転の職業 3.49
販売の職業 3.07
IT関連の職業 2.63
専門的・技術的職業 2.45
管理的職業 1.99
生産工程の職業 1.89
農林漁業の職業 1.32
運搬・清掃等の職業 0.70
事務的職業 0.57

参照:厚生労働省❘職業安定業務統計

東京の平均年収は約448万円

東京都の平均年収は、約448万円です。(参照:doda|平均年収ランキング

すべての産業において賃金水準が高く、背景として、人材が足りていない、専門職の募集が多い、企業規模が大きい点などが挙げられます。

また、東京には高所得者も多く、年収の平均金額が底上げされている為、年収格差の大きいエリアとも言えます。

総務省が発表している2018年の消費者物価地域差指数においては、東京都は全国1位となっています。

東京は、平均年収は高いですが、その分、物価指数や家賃相場も非常に高く、地方から上京転職をした方は、あらゆる場面で物価の高さに驚かれるかもしれません。

現在、リーマンショック後に落ち込んだ景気は回復基調にあり、年収アップを狙う場合、東京での転職は有効だと言えるでしょう。

東京の産業

東京では、第三次産業が占める割合が極めて高くなっています。

サービス業や卸売業、また小売業の比率が非常に高く、すべての産業においての労働生産性が全国平均以上です。

特に、情報通信業、金融・保険業、不動産・物品賃貸業、学術研究・専門・技術サービス業の特化係数が高く、東京都を代表する産業となっています。

農林水産業における特化係数は低いですが、労働生産性は全国平均よりも高くなっています。

また、製造業においては、印刷・同関連業、なめし革・同製品・毛皮製造業の特化係数が極めて高く、また、労働生産性も全国平均より高いという結果が出ています。

それに続く形で、家具・装備品製造業、はん用機械器具製造業、輸送用機械器具製造業、その他の製造業での特化係数・労働生産性も高くなっています。

本社を東京に置く企業も多く、様々な産業が盛んな東京では、転職成功のための可能性を広げることが出来ると言えるでしょう。

7.気になるワードで徹底比較(勤務地:東京)

ここでは、東京での転職を目指す方のために、以下の気になるワード別の求人数を徹底的に比較します。

あなたが気になるワードの求人数をチェックし、転職エージェントを選ぶ際の参考にしてくださいね。

それでは、順に比較していきましょう。

① 未経験可

求人を探している方にとって、「未経験でも可」という条件はハードルが低く感じられますよね。

勤務地を東京に絞り込み、「未経験可」というキーワードで求人を検索した結果は、以下の通りです。

【キーワード「未経験可」の検索結果】

エージェント名 求人数
リクルートエージェント 18,224件
(非公開求人を含む)
doda 職種未経験:1,828件
業種未経験:2,166件
パソナキャリア 3,327件
ワークポート 753件
マイナビエージェント 業界未経験歓迎:544件
(非公開求人を含む)
JACリクルートメント 検索不可

※2019年10月時点

「未経験OK」の求人には、単に未経験者でも問題ないという意味ではなく、その業界や職種の「未経験者」という意味合いの求人案件もあります。

未経験求人を探している方は、あなたが応募出来る求人であるかどうかを見極めるためにも、転職エージェントのアドバイスを参考にすると良いでしょう。

未経験の業種や職種への転職を考えている方は、以下の記事も併せてご覧くださいね。

② 学歴不問

「学歴不問」の求人とは、高卒や大卒などの学歴を採用の判断基準にせず企業が人材を採用する求人です。

事業拡大や人材不足などの理由により、出来るだけ多くの人を一度に集めたいという理由で、間口を広げて募集している場合も少なくありません。

しかし、単純に「学歴は関係無い」という意味ではない場合もあるので、応募する際は注意が必要です。

前職の経験・実績を重視したり、必ずしも学歴が仕事の出来不出来に関係ないというような考え方で求人を出している企業もあることを覚えておきましょう。

勤務地を東京に絞り込み、「学歴不問」というキーワードで求人を検索した結果は、以下の通りです。

【キーワード「学歴不問」の検索結果】

エージェント名 求人数
doda 14,004件 
パソナキャリア  3,088件
リクルートエージェント 100件 
ワークポート  15件
マイナビエージェント 検索不可
JACリクルートメント 検索不可

※2019年10月時点

ここでは、大手「doda」の求人数が圧倒的に豊富ですね。

応募を決める際は、企業がどのような意図で「学歴不問」の求人を出しているのかを、しっかりと読み取る事が大切です。

もしも、あなたにとって適切な求人なのかどうかを見極められない場合は、担当アドバイザーに相談する等、第三者からのアドバイスを参考にしましょう。

③ 年収600万円以上

転職の難易度はアップしますが、転職エージェントの求人案件には年収600万円以上という求人は少なくありません。

これまでの経歴に加え、特別な資格やスキルがあれば、より選択肢は広がるでしょう。

勤務地を東京に絞り込み、年収600万以上の求人を検索した結果は、以下の通りです。

【キーワード「年収600万円以上」の検索結果】

エージェント名 求人数
リクルートエージェント 95,282件 
(非公開求人を含む)
doda  22,147件
パソナキャリア 12,825件
ワークポート 12,152件
(年収500万円以上)
マイナビエージェント 424件
(非公開求人を含む) 
JACリクルートメント 検索不可

※2019年10月時点

ハイキャリア案件に特化した「JACリクルートメント」は、登録することによって求人情報をチェックすることが可能になります。

どのような転職先があるのかが気になる方は、ぜひ一度登録してみてくださいね。

転職エージェントは、独自の求人案件を持っている場合も少なくありません。

そのため、ハイキャリアの求人数が豊富な大手エージェントだけに絞るのではなく、いくつかのエージェントに登録すると良いでしょう。

そして、実際にどんな求人があるのか情報を集めてみることをおすすめします。

まとめ

東京で転職成功を目指すなら、求人数の豊富な大手転職エージェント2社に加えて、あなたの目的に合った転職エージェントを併用するべきです

【転職エージェントの登録例】

求人数が豊富でサポートも手厚い
リクルートエージェント」「doda 」

あなたのニーズに合った
転職エージェントから1~2社

転職エージェントを利用した転職活動をするのであれば、それぞれのエージェントの強みを最大限に活用するのが転職成功の秘訣です。

東京での転職を目指す方は、以下のリストの中から、あなたの年齢や目的に合ったエージェントを選択しましょう。

【おすすめ網羅型転職エージェント】

転職エージェントを上手に活用し、ぜひ東京での理想の転職を実現してくださいね。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?