テレビ局は未経験でも転職可能!方法や番組制作会社との違い教えます

テレビ局への転職は未経験でも可能!転職方法や番組制作会社との違い教えます 一般転職

今の会社に不満はないけど、ふとつけたテレビに映っている番組を見て、昔夢見た番組作りに今からでも関わってみたいなと思ったことありませんか。

倍率が高めなテレビ局への就職ですが、今からでも遅くはありません。

本記事では未経験でも可能なテレビ局への転職方法と、勘違いしがちなテレビ局と番組制作会社の違いもご説明いたします。

スポンサーリンク

1.テレビ局へは未経験でも転職できる

テレビ局の仕事と聞くとある程度の経験が必要なんじゃないかと思いがちです。

実はテレビ局にはあまりマニュアルがなく、その場で毎回必要とされることが違うので経験が意味をなさないことも多いのです。

そのため、テレビ業界には未経験で飛び込んできたという人も少なくありません。

Twitterでは「他職種からテレビ局に転職した」という声も挙がっていました。

また、テレビ局内での職種によって違いはありますが、放送部希望かつ未経験の場合は「AD」として働くことになるケースが多いです。

2.間違えやすいテレビ局と番組制作会社

間違えやすいテレビ局と番組制作会社

テレビ局の求人に応募する前に知っておいたほうが良いのが、多くの人が勘違いしているテレビ局と番組制作会社の違いです。

テレビ業界関係の仕事に転職しようと考えた際に番組制作をガッツリしたいのであれば、テレビ局よりも番組制作会社に入ったほうが良いです

面接などの際に転職目的を話して笑われないように、テレビ局と番組制作会社の違いをしっかりと頭に入れておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • テレビ局の特徴

    テレビ局のメインの仕事は、番組制作ではなくテレビ局として放送を行うことです。

    24時間の中で番組をどの順番で放送するのかなどを検討し、そこから視聴率を出して広告を出したいスポンサーに番組を買ってもらうのが一番の目的です。

    その過程で、報道などの番組制作も行っています。

    一番の目的は「スポンサーに番組を買ってもらう」ことなので、テレビ局には番組制作以外にも、放送枠を組む「編成局」や、局周辺で行われるイベントのスポンサーを募る「営業」などがいます。

    放送されている番組のほとんどはテレビ局よりも番組制作会社が作っていますので、間違えないようにしましょう。

    番組制作会社の特徴

    ガッツリ番組制作をしたいのなら、テレビ局よりも番組制作会社のほうに転職したほうが良いです。

    番組制作会社はテレビ局と違って番組の制作だけを行うことができます。

    聞こえは良さそうに思えますが、現場にずっと居なくてはならないといった苦労もあります。

    また、日々企画やアイディアが求められるため、常にネタを探している状況になったり、プライベートとの境界線がなくなってしまうことも多いです。

  • スポンサーリンク

  • 3.テレビ局での役職をご紹介

    テレビ局での役職をご紹介

    続いてテレビ局へと転職する場合、どのような役職があるのかをご紹介いたします。

    まず、テレビ局内で大きく放送部と技術部の2つの部が存在し、どちらかに所属することになります。

    それぞれの部で役割が違えば役職も違っており、どんな仕事をしたいかで目指す役職も変わってきます。

    放送部の役職

    放送部のおもな業務は、番組を企画・制作すること。

    番組を生み出すための企画力はもちろん、演者などを手配するためのコミュニケーション能力も求められます。

    役職としては、以下が挙げられます。

    プロデューサー

    【プロデューサーの特徴】

    • テレビ番組内で一番偉い人
    • 番組をゼロから作る
    • 資金繰りも行う

    プロデューサーは番組内の最高の責任者であり、この人の采配によって番組の成功が決まるといっても過言ではありません。

    番組にスポンサーがつくことでお金が発生するため、プロデューサーの仕事としては「スポンサーがつくような番組を制作すること」が重要となります。

    そのため、プロデューサーには「番組を客観的に見る力」や「視聴率のとれる番組を見極める力」が必須です。

    基本的にはADやディレクターとして経験をしっかり積んでから、この役職につくことになります。

    ディレクター

    【ディレクターの特徴】

    • 制作においてのトップ
    • 予算・スポンサー面から企画を考える
    • プロデューサーとの連携が必須

    プロデューサーは番組全体で一番上の役職となりますが、制作においてのトップはディレクターとなります。

    番組の予算やスポンサーとの兼ね合いを考慮しつつ、企画を立てるのもディレクターです。

    プロデューサーが考える番組をディレクターが構築し、現場の技術部スタッフに指示を出します。

    さまざまな人と関わることになるので、コミュニケーション能力は必須です。

    【ADの特徴】

    • 未経験で入社した際一番最初につく役職
    • 基本はディレクターの雑務
    • 経験を積んでディレクターやプロデューサーを目指す

    未経験でテレビ局へと転職した際、一番最初につく役職がこのAD(アシスタントディレクター)になります。

    ディレクターの下にアシスタントとしてついて指示に従うのですが、大体は雑務を行うことが多いです。

    場合によっては、1番組でADが30人以上なんてこともあります。

    仕事内容は雑務がメインですが、ADは将来的にディレクターやプロデューサになるための第一歩。

    ディレクターやプロデューサの動きを見て、仕事を学ぶことが大切です。

    ディレクターからたくさんの指示をされることも多いため、「指示に対して柔軟に対応する力」が求められます。

  • スポンサーリンク

  • 技術部の役職

    テレビ局にある技術部の役職としては、カメラマンや音声・照明・調整などがあります。

    ディレクターの指示に従って動くことが多いのですが、ただ指示に応えるだけでなく機転を利かせることも重要です。

    また、カメラマンや音声・照明は、演者と過酷な場所まで同行することも少なくありません。

    カメラマンの場合は「後ろ向きで山を登りながら演者を撮影する」なんてこともあるので、技術だけでなく体力も必要です。

    機材を扱うための技術と共に、柔軟な対応と体力も必要な部署といえますね。。

    4.テレビ局の平均年収は高め

    テレビ局の平均年収は高め

    テレビ局への就職は新卒でもかなり倍率が高く、狭き門となっています。

    倍率が高くなっている要因の1つになっているのが、どの局も平均年収が1000万円を越えていることです。

    以下は、キー局5つの平均年収をまとめた表です。

    テレビ局名 平均年収
    東京放送(TBS) 約1,632万円
    日本テレビ 約1,461万円
    テレビ東京 約1,392万円
    テレビ朝日 約1,376万円
    フジ・メディア 約1,117万円

    (参考:各社有価証券報告書より|2018年3月時点)

    一番高い局がTBSとなっており、なんと金額は1,600万円を越えています。

    表内で一番低いのがフジテレビですが、それでも1,100万円は越えています。

    キー局であればどこに転職しても年収1,000万円以上は堅いでしょう。

    地方局になると1,000万円を下回るところもありますが、それでも大体は500万円以上となっています。

  • スポンサーリンク

  • 5.テレビ局への転職方法は?

    テレビ局への転職方法は?

    テレビ局は新卒での就職希望者がかなりおり、人材に困っているといったことがあまりありません。

    世間で配布されているような求人情報誌に、求人が掲載されているようなことは極めて少ないです。

    その代わり、インターネットでひっそりと求人を掲載していることが多いです。

    そのため、テレビ局へ転職するのならば、 非公開求人が充実している転職エージェントを利用するのがおすすめです

    転職エージェントを使えばテレビ局の求人を調べることができるだけでなく、応募書類の添削や面接対策などを行ってもらえます。

    転職エージェントへの登録は3分で完了しますし、無料で利用することが可能。

    上手に活用することで、転職成功率をぐっと高めることができますよ。

    6.テレビ局への転職におすすめの転職エージェントをご紹介

    テレビ局への転職におすすめの転職エージェントをご紹介

    ここでは、テレビ局や番組制作会社への転職におすすめの以下3つの転職エージェントをご紹介します。

    それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

    未経験での転職なら「ワークポート」

    転職する際に転職先が異業種ならば、大体は未経験となるでしょう。

    未経験での転職に強いのが、ワークポートです。

    キーワードを「番組制作」に設定したところ、17件の求人がありました。(2019年8月時点)

    各業界に強いアドバイザーも在籍しているので、ぜひ転職について相談してみてはいかがでしょうか?

    ワークポートに
    登録する【利用無料】

    20~30代での転職なら「マイナビエージェント」

    20~30代の若い年代の転職に強いマイナビエージェントには、好条件の非公開求人も多いです。

    人気のテレビ局の求人を保有している可能性もあるので、ぜひとも登録しておきましょう。

    面接対策など、若い人の転職を手厚くサポートしてくれる体制が整っているので「第二新卒として転職したい」という方にもぴったりですよ。

    マイナビエージェントに
    登録する【利用無料】

    たくさんの求人をチェックしたいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、業界トップの求人数を誇る転職エージェント。

    全体の求人数は、27万件以上にのぼります

    キーワードを「テレビ局」として検索したところ、地方局や、ケーブルテレビ局の求人が見つかりました。(2019年8月時点)

    テレビ局の求人はとても人気があるので競争率も高いですが、求人数トップのリクルートエージェントであれば希望の求人を見つけられる可能性も高いですよ。

    非公開求人も充実しているので、ぜひ利用してみてくださいね。

    リクルートエージェントに
    登録する【利用無料】

    まとめ

    テレビ局の仕事と言っても、 番組制作をガッツリやりたいのであれば、テレビ局よりも「番組制作会社」のほうが適正なので注意が必要です

    また、テレビ局の仕事に向いているのは、以下のようなタイプの方です。

    【テレビ局の仕事に向いているのは?】

    • 周りとしっかりコミュニケーションがとれる人
    • 柔軟な対応ができる人
    • しっかりとした企画力を持っている人

    上記のようなタイプとは反対の人付き合いが苦手な人だと難しいですが、転職すること自体は可能です。

    転職後、ADとして上記のような力を身に着けていくといった方法をとることもできますよ。

    テレビ局への転職を目指す場合は、以下のエージェントを利用がおすすめです。

    【テレビ局の転職におすすめのエージェント】

    無料で利用できてしっかりとあなたの転職をサポートしてくれますので、ぜひ利用してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県