看護師の転職理由!本音10選と面接や履歴書で使える建前5選

看護師転職

看護師の方が転職する際によくあるの悩みの一つが、「転職をしたいけれど、理由はどうしよう。。」といった転職理由です。

看護師の転職理由には、本音と建前の2つのパターンがあります。

転職をするなら、 本音と建前は使い分けなければ採用担当者に受け入れてもらえません。

単に思ったことを言うだけでは、転職が失敗してしまうのです。

そこで今回は、看護師の転職理由から、面接や履歴書でのポイントを解説します。

本音と建前をうまく使い分けて、看護師の転職理由をうまく伝えましょう!

スポンサーリンク

1.【みんなの本音】看護師の転職理由10選

看護師の本音の転職理由は、以下のようなものがあります。

あなたも 看護師の転職をお考えなら、本音の理由があるはずです。

実は、転職を考えている看護師はあなただけではありません。

働いている看護師にも、労働環境が悪いと悩んでいる人は多いです。

実際に看護師の労働環境は悪いケースが多いと考えられます。

さらに多くの看護師の悩みを知りたいなら、『看護師の転職前後の悩み15選!対処法を知ってストレスをなくそう!』を読んでみてください。

「本当に職場が悪いのなら、そのまま理由として伝えても良いのかな?」なんて、思った人もいるかもしれません。

しかし、本音の理由をそのまま伝えると、退職を拒まれるなどトラブルになりやすいです。

転職のためには建前の理由も知っておいたほうが良いでしょう。

2.【建前として使える】転職理由5選

看護師の建前の転職理由は、以下のようなものがあります。

5つの転職理由は、本音とは違うかもしれませんが 面接や履歴書で使いやすいものです。

建前の理由を使えば、周りと揉めずに転職しやすくなります。

実際に、建前の理由を使ってやめている人は少なくありません。

本音ではなく建前の理由で転職をするのは、周りの印象を良くするためです。

どうせ転職をするなら、 背中を押して応援してもらえるような転職を目指しましょう。

そのために、建前の理由を知っておけば必ず役に立ちます。

5つから自分で使えそうなものを選んで、覚えておいてください。

ただ、あなたの考えている転職理由はおかしいものではないので安心して大丈夫です。

  • スポンサーリンク

  • 3.あなたの考えている転職理由はおかしくない!

    「本音の転職理由を言ったらダメなんて、やっぱり自分が悪いのかな。。」なんて、思った人もいるはずです。

    しかし、建前の理由を言わなければならないのがおかしいくらい、あなたの転職理由は正当だと言えます。

    なぜなら、客観的なデータとして 看護師の過酷な状況が示されているためです。

    (引用:日本の医療を救え

    図のように、退勤して帰宅してから、ほとんど仮眠すらとれないまま再度出勤している人も多いです。

    ここまでの過酷な状況が続くと、心身ともに壊れてしまいます。

    そこで、さまざまな本音な理由が出てくるのです。

    仮眠すら取れない職場で今後ずっと働き続けるのは難しいと考えられます。

    1つの病院で1年間に複数の看護師がどんどん辞めていくケースもあります。

    したがって、 あなたが転職しようと思うのは間違いではありません。

    「転職してもおかしくないなら、少しでも早く職場を変えよう!」と、思った人も少なくないでしょう。

    過酷な環境から離れるために、とにかく急いで転職したいと考える人は多いはずです。

    しかし、すぐに転職するのではなく、今の職場を離れる前に試しておいたほうが良いことがあるので見ておきます。

    4.看護師が転職する前に試すべき3つのこと

    看護師が転職する前に、以下の3つのことを試すべきです。

    3つのことを試すことによって、転職をしたいと思っていた原因が解消される可能性があります。

    そうすれば、 転職をせずとも悩みの解決が可能です。

    それぞれについて、順番に確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.ストレス発散をして冷静になる

    まずは、 ストレス発散をして冷静になりましょう。

    看護師の休みは少ないですが、家で寝ているだけで休みが終わるということを繰り返しているのは良くありません。

    何か自分のしたいことをしなければ、ストレスは溜まっていく一方です。

    ストレスが溜まっている状態だと、何に対してもネガティブな感情を抱いてしまいます。

    自分なりのストレス発散を行い、一度冷静な考えを取り戻してください。

    4-2.笑顔で仕事をして人間関係が改善されないかを試す

    転職の原因に職場環境が少しでも関わっているなら、 笑顔で仕事をして人間関係が改善されないかを試しましょう。

    看護師の仕事は忙しいので、ついつい無愛想なコミュニケーションになってしまいがちです。

    相手のことを考えて笑顔で接する余裕がなければ、医療ミスの可能性も高まり心配事も増えます。

    笑顔で優しく仕事をしていれば、患者さんはホッとします。

    安心した患者さんばかりの和やかな雰囲気なら、職場の他の看護師にも笑顔が増えるはずです。

    したがって、笑顔で仕事をするように心がけてください。

  • スポンサーリンク

  • 4-3.自らスキルアップの勉強をする

    自分の待遇や給料などの評価に不満があるときは、スキルアップの勉強をしましょう。

    看護師としての能力を高めたいと思っている人は多いです。

    スキルアップすることによって、転職したいと思った原因が解決する可能性があります。

    しかし、看護師は忙しいので、現場での勉強しかできていないということになりやすいでしょう。

    そうは言っても、医療は日々発達していきます。

    たまには家でゆっくり本やインターネットで新しい情報を学ぶのも大切です。

    休みの日には、自らスキルアップの勉強をするようにしてみてください。

    以上が、看護師が転職を考える前に行うべきことでした。

    3つのことを行えば、心に余裕ができて転職しなくても済むかもしれません。

    余裕があるかないかで、人間の考え方は大きく変わります。

    ご紹介した3つすべてを行っても 考えが変わらないようなら、転職への行動を進めていきましょう。

    具体的な転職時期を慎重に考えたい方は、『看護師の転職は時期選びで決まる!転職を成功させるタイミングを解説』を読んでみてください。

    ここからは、看護師が転職する際の計画の練り方を見ていきます。

    5.看護師が転職をするなら計画を練ろう!

    看護師が転職をするなら計画を練る必要があります。

    いくら今の職場が嫌だからといって、急に辞めてしまうと次の職場探しも大変です。

    看護師の募集自体は少なくありません。

    病院の数もたくさんあるので、仕事に困ることはないでしょう。

    しかし、準備もなしに転職を始めても、 あなたの求める職場を見つけることは難しいです。

    考えなしに職場を移っても、またブラックな環境で働くことになる可能性が高いです。

    転職を成功させるためには、自分が何を求めて転職するのかを明確にするところから始めてください。

    今の職場で働きながら、不満な点や改善できそうな点を考えるのです。

    自分が求めているものがわかったら、希望を叶えられる適切な転職先を探しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 5-1.転職先を探すためには?

    看護師が転職先を探すためには、さまざまな転職サイトを利用することができます。

    転職サイトに登録すると、転職エージェントの方から連絡がくるので、転職理由や希望条件など転職相談を行います。

    そこであなたの希望に合った転職先を紹介してもらう流れになります。

    複数転職サイトがありますが、転職サイトごとに大きな特徴というのは無く、転職エージェントである担当者に依存する事が多いのが実情です。

    そのため転職を考えている段階で複数サイトを登録して、じっくり求人情報や担当者を見極める方が良いでしょう。

    退職間近で余裕が無くなってから転職活動を始めると良い案件に巡り合えず、転職後に後悔する方も多いので、早めに準備していきましょう。

    どんな転職サイトが良いのかは、複数ある転職サイトを調査した『口コミを比較してわかった!おすすめの看護師転職サイト5選』で紹介しております。

    もし、あなたが看護師以外の職業を考えているなら『看護師経験やスキルを活かせる他職種8選!転職のコツやサイトを紹介』も参考にしてください。

    「希望の転職先を見つけたけれど、履歴書はどうしたら良いのだろう。。」なんて、お悩みの人もいると考えられます。

    ここで、看護師が転職するときの履歴書のポイントを見ておきます。

    6.看護師が転職するときの履歴書での3つのポイント

    看護師が転職するときの履歴書でのポイントは、大きく3つあります。

    3つのポイントをおさえることが、履歴書選考突破への鍵です。

    それぞれのポイントについて、簡単に見ておきましょう。

    6-1.手書きでていねいに書く

    履歴書は、手書きでていねいに書くべきです。

    パソコンで作成してほしいという指定がない限りは、手書きにしたほうが良いでしょう。

    手書きは書いている人の感情が文字に表れます。

    ていねいに書いて、あなたの誠実さや真面目さをアピールしてください。

    6-2.空白は少なく熱意をアピールする

    履歴書の空白は、最小限にするべきです。

    空白が目立つと、熱意も少ないと思われてしまいます。

    逆に、空白がほとんどないくらいギッシリと文字を書いていれば、志望度の高さを感じてもらいやすいです。

    できるだけ空白が少なくなるように、事前に文章を推敲してから清書してください。

    特に、志望動機の欄はびっしりと埋めるくらいの気持ちが大切です。

    志望動機について悩むようなら、『看護師の転職に受かる志望動機は?例文を活用して面接を突破しよう!』を読んでみてください。

    6-3.写真は明るい印象のものを選ぶ

    履歴書の写真は、明るい印象のものを選ぶべきです。

    少し笑顔で微笑んでいる写真なら、優しく仕事をしてくれそうな雰囲気を与えられます。

    また、明るいところで撮った写真なら、性格も明るく、コミュニケーション能力が高い印象を与えやすいです。

    写真はプロに撮ってもらった方が安心なので、写真館で撮るようにしてください。

    以上が、看護師が転職するときの履歴書での3つのポイントでした。

    3つのポイントをおさえるだけでも、履歴書選考突破の可能性は高くなるはずです。

    もっと多くの履歴書のポイントを知りたいなら、『看護師転職の際の履歴書の書き方を徹底解説!受かる志望理由も紹介!』を読んでみてください。

    履歴書で合格したら、次は面接が行われます。

    面接は履歴書よりも緊張するという人も多いはずです。

    続いて、看護師で転職するときの面接でのポイントを見ておきましょう。

    7.看護師が転職するときの面接でのポイント

    看護師が転職するときの面接でのポイントは、 事前によくある質問への対策をしておくことです。

    例えば、以下のような質問がよく聞かれます。

    • 志望した理由はなんですか?
    • なぜ転職したのですか?
    • 当院に来てから何をしたいですか?
    • 残業や夜勤はできますか?
    • 何か質問はありませんか?

    以上のようなよくある質問については、事前に答えを用意しておくべきです。

    そして、頭の中だけではなく、口に出して話す練習をしておきましょう。

    イメージトレーニングも大切ですが、 実際に言葉を発しておけば身体でも答えを覚えることができます。

    積極的に口を動かして面接練習をしてください。

    以上が、看護師が転職するときの面接でのポイントでした。

    面接は緊張するかもしれませんが、落ち着いて練習の成果を発揮すれば問題ありません。

    いつも通りにやれば、きっと面接も突破できるでしょう。

    面接についてもっと詳しく知りたいという人は、『看護師の転職面接マニュアル!10の質問への回答例も紹介!』を読んでみてください。

    しかし、「転職について、まだ上司に伝えれていない。。」という人も多いはずです。

    最後に、看護師の転職理由を上司に伝えるコツを見ておきます。

    8.看護師の転職理由を上司に伝えるコツ

    看護師の転職理由を上司に伝えるコツは、 今までの感謝の気持ちを全面に出し、建前を伝えることです。

    職場を離れる際には、単に退職届を書けば良いだけではありません。

    お世話になってきた直属の上司に転職することを伝える必要があるのです。

    伝えたときに、退職予定日についても話し合い、退職届を提出します。

    伝えにくいかもしれませんが、伝えるのは一瞬なので、勇気を出して頑張るべきです。

    その際に使う建前は、既にご紹介した以下からあなたが使いやすいものを選んでください。

    • 結婚や出産、育児をするため
    • 体調が悪いため
    • 親族の介護があるため
    • 引っ越しをするため
    • 別の分野に移るため

    退職届を受け取った上司があなたを気持ちよく送り出せるように、とにかく感謝している態度で転職理由を伝えましょう。

    そうすれば、他の職場のスタッフも笑顔で見送ってくれるはずです。

    まとめ

    看護師が転職を考える理由は、人それぞれです。

    多くの看護師は、過酷な労働環境や職場の人間関係に不満を抱いたことによって転職します。

    転職をするなら、転職理由である本音と建前をうまく使い分けながら、後悔しない転職を行いましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%