看護師の転職方法は?成功させるポイントや手続きを徹底解説!

看護師転職

看護師が転職する場合には、どのような方法があるのかな?」とお考えではないでしょうか。

実は、職場の雰囲気や仕事内容に不満を感じて転職を考える看護師は多いです。

しかし、勢いだけで転職してしまうと、あなたに合った職場に行けないかもしれません。

思いつきだけでは転職を成功させることは難しいのです。

そこで今回は、転職する前に考えておくべきことや失敗しないためのポイント、具体的な転職方法などをお伝えします。

後悔のない転職をするためにも、流れやポイントをしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

1.どんな看護師が転職をするべき?

看護師が転職をする場合、以下の4つの理由であれば転職を考えたほうが良いでしょう。

一時的なネガティブな感情に任せて転職せず、 冷静に理由を考えて転職を成功させるべきです。

どのような転職理由を持つ看護師が転職を考えるべきか、見ていきましょう。

理由1.人間関係がうまくいかない

1つ目の転職を考える理由として、 職場の人間関係が上手くいっていないことが挙げられます。

これは看護師が女性の多い職場であり、上下関係に厳しいことが大きな原因です。

職場には20〜60代の幅広い年齢の看護師がおり、それぞれに異なる価値観を持っています。

その中で理不尽な扱いを受ける看護師も少なくありません。

そういった人間関係が過度なストレスとなり、「転職したい」という気持ちを生み出すのです。

実際に人間関係が原因で転職をする人はたくさんいます。

「人間関係のストレスがなくなったことで仕事が楽しくなった」「職場の雰囲気が良いので夜勤も頑張れる」というような看護師は多いです。

病院によって職場の雰囲気や人間関係の違いは大きいとされています。

人間関係が原因であるのならば転職を考えたほうが良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 理由2.仕事がきつくてついていけない

    2つ目の理由は、 仕事がきつくてついていけないことです。

    看護師は1人あたりの仕事量が多く、人数が足りていないために休みが取りにくい職場環境にあります。

    仕事以外にも勉強会や研修なども多く、プライベートな時間を作るのが難しいです。

    そうした激務の中夜勤や休日出勤などもあるため、体力が維持できず転職を考える看護師が増えています。

    実際に、仕事内容がきついことが原因で転職をした看護師はたくさんいます。

    「転職をしたことで、自分の時間を持てるようになった」「残業がないため定時で帰れるようになった」という看護師は珍しくありません。

    たとえば、地域の小さなクリニックは残業も少なく、プライベートな時間をより確保しやすくなります。

    仕事量が多く、体力的にきつい場合には転職を考えましょう。

    理由3.ライフスタイルが変わった

    3つ目の理由は、 結婚や出産などでライフスタイルが変わったことです。

    ライフスタイルの変化によって、夜勤や残業をすることが難しくなる看護師も多くなります。

    こうした場合には、パートとして働くのか、正社員として働くのかなどの雇用形態も含めて転職を考える必要があるでしょう。

    実際に、ライフスタイルの変化を理由に転職した看護師は多いです。

    「結婚を機に仕事の在り方を考え直し、夜勤や休日出勤のないクリニックに転職した」というような看護師はたくさんいます。

    ライフスタイルの変化にあった転職をすることで、無理のない範囲で働いている看護師が多いです。

    それによって、自分の仕事と生活を両立することができます。

    自分のライフスタイルのプランを立てたうえで、自分に合う病院を探していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 理由4.思っていた看護師としての仕事ができない

    4つ目には、 思っていた看護師としての仕事ができないという理由が挙げられます。

    せっかく夢だった看護師になっても自分がしたいと思っている仕事ができないと、仕事にやりがいを感じられなくなってしまうのです。

    こういった場合には、やりたいことができる職場に転職を考える必要があるでしょう。

    「自分のしたかった仕事ができるようになり、やる気が出た」という看護師は多いです。

    希望の病院で働けるようになると、仕事のモチベーションも格段に上がります。

    自分のしたい仕事が明確な場合には、転職を前向きに考えるのが良いでしょう。

    以上4つが、看護師が転職を考えた方が良い理由でした。

    この4つに当てはまっている場合、 転職をする価値があると言えます。

    次に、看護師の転職方法にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

    2.看護師の転職方法にはどんなものがある?

    看護師が転職する方法は、以下の3つがあります。

    どの方法をとるかによって、行うべきことも変わってくるので確認しておいたほうが良いです。

    それぞれの方法のメリットやデメリットを見ながら、自分に合う最適な転職方法を見つけましょう。

  • スポンサーリンク

  • 方法1.友人や同僚に紹介してもらう

    1つ目の方法は、 友人や同僚に病院を紹介してもらうことです。

    この方法が一番確実に転職することができますが、紹介してくれる人がいなければ行えない方法でもあります。

    安心して転職できるのがメリットですが、内定後に断りにくいのがデメリットです。

    あなたの向き不向きをよく知っている看護師仲間が多いなら、検討してみてください。

    メリットとデメリットを詳しく見ておきましょう。

    メリット:安心して転職できる

    知人を介した紹介のメリットは、 安心して転職ができることです。

    実際にその人が働いている職場であれば、リアルな内情を知ることができ、雰囲気も事前に把握することができます。

    その人が転職するタイミングで紹介してもらえれば、スムーズに転職することも可能です。

    身近に信頼できる人がいる場合には、一度相談してみるのも良いでしょう。

    デメリット:内定後に断りづらい

    信頼のおける人の紹介は安心できる反面、 内定後に断りづらいというデメリットがあります。

    転職後、思っていた職場と違っていた場合にも辞めづらくなる可能性が高いです。

    紹介してくれた人に迷惑をかけないためにも、慎重に検討する必要があるでしょう。

    方法2.ハローワークやナースセンターを利用する

    2つ目は、 ハローワークやナースセンターを利用して転職する方法です。

    どちらも求人数がとても多いですが、自分が働きやすい職場がどこかを事前に確かめにくい方法でもあります。

    メリットは公的機関という安心感があることですが、デメリットは自分に合った病院なのか見極めが難しいことです。

    看護師仲間がおらず公的機関に頼らないと不安なのであれば、検討してみるのが良いでしょう。

    メリットとデメリットを見ておきます。

    メリット:公的機関という安心感がある

    ハローワークもナースセンターも 公的な転職支援機関なので、安心して相談することができます。

    ハローワーク』は全国に窓口のあり、対面で相談することが可能です。

    ナースセンター』は、日本看護協会が運営している看護師のための転職サービスであり、良いと思った求人を紹介してくれます。

    公的な転職支援機関でなければ不安な人には最適です。

    デメリット:自分に合った病院なのか見極めが難しい

    ハローワークもナースセンターも求人数は多いのですが、自分にあった病院なのかの見極めが難しくなります。

    これは求人情報が、事業所側が出している内容のみに限られてしまうためです。

    情報不足な部分は自分で病院の見学に行ったり、評判などを聞いて補うようにしなければなりません。

  • スポンサーリンク

  • 方法3.看護師転職サイトを利用する

    3つめの方法は、 看護師向けの転職サイトを利用して転職する方法です。

    看護師の転職では、この方法が最も多く用いられています。

    ネット上で簡単に求人情報を検索できるので、時間や場所を問わず気軽にお仕事探しが可能です。

    メリットは情報量が豊富でサポートもあること、デメリットはどのサイトが良いのかわかりにくいことでしょう。

    看護師で転職を考えているのであれば、転職サイトは必ず利用するべきです。

    メリットとデメリットを詳しく見ておきます。

    メリット:情報量が豊富でサポートもしっかりしている

    転職サイトを利用して転職する一番のメリットは、 情報量が豊富なことです。

    正社員はもちろんパートや派遣、非常勤や常勤など、数ある求人の中から自分に合う仕事を検索することができます。

    忙しい看護師にとって、いつでもどこでもネットから求人情報を調べることができるのもポイントです。

    また、サポートサービスが充実しているサイトも多くあります。

    サイトによっては、無料で担当者がついて履歴書・面接のアドバイスや入職までの手厚いフォローが受けられるのです。

    1人での転職活動は不安も多いですが、こういったサポート対応があると安心して転職することができます。

    デメリット:転職サイトが多くどのサイトが良いのかわからない

    看護師の転職サイトが多すぎて、どのサイトを選んだら良いのかわからない場合があります。

    自分に合ったサイトを選ぶことで転職活動の成功率は高まるので、サイト選びや登録は慎重にすべきです。

    看護師専門の転職サイトはたくさんあるので、自分に最適なサイトを利用しましょう。

    そこでここからは、看護師の転職に強い専門サイトをいくつかご紹介します。

    3.看護師の転職に強い専門サイトは?

    看護師の転職に強い専門サイトは、以下の4サイトです。

    自分に合ったサイトを使って転職活動を行うかも、結果に大きく影響します。

    自分に合った転職サイトを見つけるためにも、それぞれの特徴について見てきましょう。

    サイト1.看護のお仕事

    (引用:看護のお仕事

    1つ目に紹介するのは、『看護のお仕事』という転職サイトです。

    日本最大級の看護師向け転職サイトで、求人についてユーザーからの評価が非常に高いサイトになります。

    公開求人だけでも5万件以上、ネットには出ていない良質な非公開求人も豊富です。

    そのため、希望の転職先が見つからないなんてことはほぼありません。

    サポートの評判も高く、専任の担当者が最初から最後までしっかりと転職をサポートしてくれます。

    サポートに関しては、24時間可能な電話サポートまで用意されているので困ったときにも安心です。

    入職後もフォローしてくれるので、転職する際の心強い味方になること間違いありません。

    転職サイトを初めて利用する看護師は、看護のお仕事を利用しましょう。

    サイト名  看護のお仕事
    URL https://kango-oshigoto.jp/
    利用料  無料
    特徴
    • キャリアコンサルタントの対応満足度No.1!
    • 月間利用者数が20万を突破!
    • 業界最大級の非公開求人案件多数有り
    • 相談は24時間電話対応、転職後も相談可

    サイト2.マイナビ看護師

    (引用:マイナビ看護師

    2つ目に紹介するのは、「マイナビ看護師」という転職サイトになります。

    転職サイトで有名な大手企業マイナビが運営する看護師の人材サービスです。

    顧客満足度が96.2%と高い数字を出しており、ユーザーから高い評価を得ています。

    医療機関の内情把握に強く、条件以外の部分も重視することができるのが特徴です。

    高収入案件の求人が多数あるほか、クリニックや訪問看護といった特殊な求人も扱っています。

    また、定着率が高い病院を優先して紹介してくれるのもポイントです。

    大手企業による安心感を重視する人は、マイナビ看護師を利用しましょう。

    サイト名  マイナビ看護師
    URL  https://kango.mynavi.jp/
    利用料  無料
    特徴
    • 業界トップクラスのサービス利用満足度
    • 医療系転職支援サービスのプロがサポート
    • マイナビグループならではの好条件の人気求人多数あり
    • 給与、有給消化などの条件・待遇など現場情報あり
    • 離職率の高い病院や施設を紹介しない

    サイト3.スーパーナース

    (引用:スーパーナース

    3つ目に紹介するのは、「スーパーナース」というサイトです。

    1993年から看護師転職支援を行ってきた老舗サイトになります。

    常に2万件を超える公開求人を扱っており、 師長や看護部長など年収1000万円近くを目指せるハイキャリアの求人も豊富です。

    したがって、管理職を目指す方にも向いているサイトとなっています。

    会員向けの無料セミナーも頻繁に開催しているので、自分の状況に応じたものを受講してみるのも良いです。

    看護師としてのキャリアを積みたい人は、スーパーナースを積極的に活用しましょう。

    サイト名  スーパーナース
    URL  http://www.supernurse.co.jp/
    利用料  無料
    特徴
    • 看護師専門20年の実績
    • 常時2万件を超える公開求人有
    • 600万円以上の管理職などハイキャリアを目指す求人多数
    • 無料のセミナーを随時開催

    サイト4.医療ワーカー

    (引用:医療ワーカー

    最後に紹介するのが、「医療ワーカー」という転職サイトです。

    楽天リサーチで、 3年連続で看護師からの支持率ナンバー1、転職実績10,000件を誇る満足度97%のサイトになります。

    バイトの求人に強いということに加え、オーダーメイド型の転職サポートを売りにしているのが特徴です。

    人それぞれのライフスタイルに合わせたコンサルに力を入れています。

    担当者が有能だという評判も多く、信頼できる転職サイトとして安定の人気があるといえるでしょう。

    ただし全国対応しておらず、対応エリアが首都圏、関西、東海のみとなっています。

    対応エリアに住んでおり、バイトでの雇用形態に興味があるのなら医療ワーカーを利用しましょう。

    サイト名  医療ワーカー
    URL  https://iryouworker.com/
    利用料  無料
    特徴
    • 楽天リサーチで3年連続支持率ナンバー1
    • 転職実績10,000件以上
    • ご利用満足度97%以上
    • 首都圏・東海・関西の求人に強い
    • 非公開求人、口コミ情報、プロのサポート有

    以上が、看護師の転職に強いサイト4つでした。

    気になるサイトが複数あれば、すべてに登録しておくと良いです。

    自分に合いそうだなと思ったものがあれば登録して積極的に利用することで、転職期間を短くできます。

    もし、他にもサイトを比較して選びたいという人は、以下の記事もぜひ参考にしてください。

    口コミを比較してわかった!おすすめの看護師転職サイト5選

    看護師転職サイトを利用するデメリット!他の転職方法もご紹介

    【目的別】元看護師が選んだ!看護師転職サイトランキングBEST5!

    4.転職にはどのくらいの期間がかかるの?

    看護師の転職活動期間は、 平均3週間~1ヵ月とされています。

    看護師の転職期間が短い大きな理由は、面接がたいていの場合1回しかないからです。

    一般企業への転職では3か月程度かかるので、看護師の転職はかなりの短期決戦であるといえるでしょう。

    看護師の転職は選考スピードが早いため、内定後に忙しくならないよう、早めに上司に相談しておくのが良いです。

    上司と話し合って、引き継ぎや書類整理などを行いましょう。

    いつまでに何をしなければいけないのか「逆算」して考え、気持ちよく転職できるようにするべきです。

    「自分の都合の良いタイミングで転職をしても大丈夫かな?」なんて、疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

    ここで、転職をするのに良いタイミングについて見ておきましょう。

    4−1.転職するのに良いタイミングはある?

    看護師の転職にベストなタイミングは、 3月や4月の年度の変わり目です。

    この時期は、病院を退職する看護師も多くなるため、欠員補充のために多くの病院が求人を募集します。

    転職する側からしても、たくさんの求人の中から自分に合った職場を選ぶことができるのが良いです。

    また求人が豊富なために、転職を有利に進めやすくなるメリットもあります。

    この時期は研修なども豊富に用意されているため、転職を考えるのであればこの時期が最も良いでしょう。

    そして、今勤めている病院も欠員を補充しやすい時期なので、安心して転職することが可能です。

    ちなみに、「新人看護師だけど転職できるのかな。。」なんて、不安に思っている人もいると思います。

    新人看護師の転職については、『新人看護師でも転職できる!転職前に行うべきことや面接対策を徹底解説!』を読んでみてください。

    ここからは、看護師が転職をする前に考えておくべきポイントを説明します。

    5.看護師が転職をする前に考えるべきこと

    看護師が転職をする前に考えるべきことは以下の3つです。

    この3つを事前にしっかり考えておくことで、 後悔のない転職をすることが可能です。

    それぞれについて、見ていきましょう

    5‐1.自分が転職をしたい理由や目的を明確にする

    1つ目に考えてほしいのは、 自分が転職したい理由や目的を明確にするということです。

    給与や待遇など、求人に載っている条件ばかりで職場を選んでしまうと、転職したことを後悔したり、転職を繰り返すことになりかねません。

    それでは、なんのために転職をしたのかわからなくなってしまいます。

    また、短期間で転職を繰り返してしまうと、「この人に仕事を任せても大丈夫だろうか?」とマイナスなイメージを持たれてしまう可能性も高いです。

    そうならないためにも表面的な条件に惑わされず、転職をしたいと思った理由や目的を自分の中で明確にするのが大切だと言えます。

    そして、自分の転職目的を果たせる職場を選ぶようにしましょう。

    ちなみに、治療よりも予防に興味があるのなら、保健師になるのも良いです。

    保健師への転職については、『保健師になるには?転職を成功させる5つのポイントを紹介』で詳しく解説しています。

    5‐2.譲れない条件を具体的に定める

    譲れない条件を具体的に定めるのも、転職をするうえで大切になってきます。

    ネガティブな感情だけで転職活動をしてしまうと、「とにかく今の職場でなければ良い」といった妥協につながってしまうためです。

    その状況で転職をしても、満足感が得られず何度も転職を繰り返すことになりかねません。

    「人間関係が良好な職場が良い」や「残業のない病院が良い」など、転職によって変えたい部分は容易に思いつくはずです。

    そういった、「転職をしても譲れない条件」をきちんと明確にし、納得のできる職場を選ぶようにしましょう。

    5‐3.どのようなライフスタイルにしたいのかを決める

    3つ目は、 どのようなライフスタイルを送りたいのかを決めるということです。

    転職においては、「どう働くか」だけではなく「どう生きるか」というライフプランも必要となります。

    残業や休日出勤も当たり前といった環境は、やりがいも大きいだけ心身ともにきついことが多いです。

    そうなってしまうと、結婚や出産をするつもりなら長く働くことが難しくなってしまいます。

    転職は、「本当に将来もこの働き方で幸せなのか?」を考えることができる貴重な機会です。

    仕事とプライベートを両立できるワークライフバランスを考えてみましょう。

    たとえば育児との両立を考えている場合は、「時短勤務ができること、夜勤や残業がないこと」などが転職の条件となるはずです。

    自分が実現したい清潔を叶えられるような職場を選ぶことが、後悔のない転職につながります。

    以上3つが、転職する前に考えておくべきことでした。

    ただの転職ではなく、 意味のある転職にするようにしましょう。

    次は、後悔のない転職をするためのポイントを説明します。

    6.後悔のない転職をするための3つのポイント

    後悔のない転職をするために押さえておきたいポイントは以下の3つです。

    これらのポイントを押さえることで、優位に転職を進めることが可能です。

    それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

    ポイント1.事前にしっかりと情報収集をする

    ポイント1つ目は、 事前にしっかりと情報収集をすることです。

    情報収集する上で気を付けておくべきことは、以下の3つです。

    1. 求人情報の正しい見方を知る
    2. 病院の特徴を知る
    3. 自分の目で職場の雰囲気を確かめる

    それぞれについて、順番に見ておきましょう。

    求人情報の正しい見方を知る

    正しい求人情報の見方を知ることは大事なポイントです。

    その際には、正しい求人情報の見方を身につける必要があります。

    たとえば、『完全週休2日制』と『週休2日制』は、どちらも週に2日間のお休みがあるように思うかもしれません。

    しかし、「完全週休2日制」は毎週2日間お休みがあることを指し、「完全2日制」は週に2回のお休みがある週が、1ヶ月に1回以上あることを指すのです。

    したがって「週休2日制」は「月5日以上のお休み」しか保証されていません。

    このように紛らわしい求人情報が多いので、気を付ける必要があります。

    少しでも不安な点があれば面接時にきちんと確認するようにしましょう。

    病院の特徴を知る

    転職先を選ぶ際には、 病院の特徴を事前に知っておくようにしましょう。

    今後の働き方やライフプランなどにて、病院を選ぶ基準も変わってきます。

    たとえば以下の項目については調べておいたほうが、入職後のギャップが少なくできて良いです。

    それぞれについて見ておきましょう。

    大学病院か、民間病院か

    大学病院は専門化・細分化された高度な知識と技術が必要になります。

    民間病院はアットホームな雰囲気で、さまざまな経験を積むことができるのが特徴です。

    自分の性格ややりたいことを考え、どちらが向いているのかを明確にしておきましょう。

    民間病院のほうが求人数が多いので、転職はしやすいです。

    病床数や看護師数はどうか

    病床数と看護師数を見れば、病院の忙しさや患者への対応のていねいさを推測できます。

    自分の転職したい病院がどれくらいの規模なのか、事前に調べておきましょう。

    忙しいほうが学べることが多いと感じる人もいれば、じっくり少ない患者を看たいという人もいるはずです。

    教育体制や看護理念に共感できるか

    看護師への教育体制や、患者に対する看護理念は、病院によって異なってきます。

    自分の目指すべき看護師のスタイルと合っているかを確認し、なるべく自分の価値観と近い病院を選ぶようにしましょう。

    求人情報だけ見てもわからないときは、応募の段階で確認してください。

    自分の生活を保てるか

    結婚や出産をしてからも働きやすい職場か、自分のプライベートな時間を確保できるかどうかを知っておくのも大切です。

    たとえば、救急指定の病院は夜勤時、とても忙しくなるのが特徴です。

    急患を受け入れたり夜間でも緊急手術を行ったりするため、ハードなことが予想されます。

    このように、転職してから自分のライフスタイルが保てるような病院なのかを調べておきましょう。

    自分の目で職場の雰囲気を確かめる

    転職先を選ぶうえで必ずしておくべきなのは、 自分の目で職場の雰囲気を確かめておくことです。

    看護師は1人で働く業務ではないので、一緒に働く人がどのような人たちなのかを事前に把握しておくことが大切になります。

    そこで、転職したいと思う病院が見つかったら「病院見学」をお願いするようにしましょう。

    病院見学とは、病院に勤める方に、実際にその病院の中を案内してもらうことです。

    見学に行った際にはそこで働く看護師の様子、患者や施設全体の雰囲気などをチェックしてください。

    病院の雰囲気は求人情報を読んだだけではわからないので、自分で病院に足を運んで確認するようにしましょう。

    次に、良い履歴書を書くためのコツをお伝えします。

    ポイント2.良い履歴書を書く

    2つ目のポイントは、 良い履歴書を書くことです。

    せっかく事前に情報収集をしても、自分を上手くアピールできないと内定はもらえません。

    ここでは、「会いたい!」と思ってもらえる履歴書の書き方のコツを3つ紹介します。

    1. 基本的なマナーを押さえる
    2. 志望動機は具体的で前向きなものにする
    3. 話を聞いてみたいと思わせる文章を書く

    これらのポイントを押さえることで、面接官に好印象を与える履歴書を書くことができます。

    それぞれについて、見ていきましょう。

    基本的なマナーを押さえる

    1つ目のコツは、 文章を書く時の基本的なマナーを押さえることです。

    履歴書を記入する前に、3つの基本的なマナーは押さえるようにしましょう。

    マナーを押さえて履歴書を書くことが、社会人としての基本となります。

    それぞれについて見ていきましょう。

    マナー1.黒のボールペンを使い訂正はしない

    書類に記入する際は、黒のボールペンを使うようにします。

    シャープペンシルや摩擦で消えてしまうぺンなども使用しないでください。

    また、記入を誤ってしまった場合の修正液や修正テープ、二重線での訂正もマナー違反です。

    万が一間違ってしまった時は新しい用紙に書き直しましょう。

    マナー2.字は大きく見やすいように書く

    字が汚かったり小さいと、採用担当者はそれだけで読む気を失くしてしまいます。

    相手の立場に立った履歴書づくりを心掛け、読みやすい字の大きさと文字の量・間隔を考えましょう。

    読み手にあなたの真剣さが伝わるよう、1文字1文字をていねいに書くことが大切です。

    マナー3.名称を省略しない

    住所や学歴・職歴などは略さずに正式名称を記入するのもマナーです。

    住所なら都道府県名からアパート・マンション名、部屋番号まで記入します。

    学校名や病院名も正式名称を記入し、職歴については配属先まで忘れずに書くようにしてください。

    以上が履歴書を書く際の基本的なマナーでした。

    志望動機は具体的で前向きなものにする

    志望動機を書く際は、 具体的で前向きなものにするようにしてください。

    ネガティブな退職理由や志望動機が明確でないものは、採用担当者の心証を悪くする可能性があります。

    病院を選んだ理由や目的、看護師としてどのような仕事を成したいのかなどを具体的に書くのが良いです。

    たとえば、「地域の中でも信頼が高く医療設備も整っている貴院で、少しでも多くの患者を助けて地域医療に貢献したい」などです。

    採用担当者があなたの文章を読んだとき、「この病院で働いてもらいたい」と思ってもらえる文章を心がけましょう。

    話を聞いてみたいと思わせる文章を書く

    履歴書を書く目的は、 採用担当者に「話を聞いてみたい!」と思ってもらうことです。

    「なぜ転職したいのか」「なぜその病院なのか」「どのように活躍していきたいのか」の3点を意識して書くようにします。

    また、「なぜこの病院なのか」の理由が曖昧だったり、ありきたりなフレーズだと、採用担当者は「他の病院でもいいのでは?」と思ってしまいます。

    志望動機を書く前に、病院の理念や特色・力を入れている診療科目などを調べることが大切です。

    その情報をもとに、自分の経験や希望・看護に対する思いと重なる部分を意識的に書きましょう。

    たとえば、外科の看護師から整形外科の看護師に転職希望の場合は、以下のような志望動機があります。

    今まで内科の看護師として働いてまいりました。

    経験も長くなってきましたので、新たな領域に挑戦し、ステップアップしたいと考えております。

    看護スキルを向上させるために、手術室で経験を積むことがベストではないかと思っていたところ、貴院で手術室業務と外来業務の兼務で募集していることを知りました。

    これまでの経験を活かしながら、新たな分野で勉強させていただきたく、貴院を志望いたします。

    これまでの自分の経験や希望、これからの看護師に対する思いなどが述べることで、読む側に伝わりやすくなります。

    以上が、良い履歴書を書くための3つのポイントでした。

    詳しく知りたい人は、『看護師転職の際の履歴書の書き方を徹底解説!受かる志望理由も紹介!』も読んでみてください。

    最後に、面接時に好印象を与えるために知っておいてほしいことをお伝えします。

    ポイント3.面接時に好印象を与える

    3つ目のポイントは、 面接時に好印象を与えることです。

    せっかく良い履歴書を書いても、面接時に「この人と働きたい」と思ってもらえなければ内定をもらえなくなってしまいます。

    看護師の面接は、基本的に1度しかありません。

    1回のチャンスで、面接官にどれだけ好印象を与えられるかがカギになってきます。

    面接時に好印象を与えるポイントは、2つです。

    1. 身だしなみを整える
    2. きちんとした受け答えをする 

    それぞれについて、見ていきましょう。

    身だしなみを整える

    面接時には、清潔感のある身だしなみを意識します。

    服装は、 企業や大学病院・総合病院であればスーツが基本です。

    クリニックなどではスーツでなくても良い場合もありますが、基本的にはできるだけフォーマルに近い服装を心がける必要があります。

    シャツにしわが寄っていたり、靴が汚れているようなことがないよう、事前に確認しておいてください。

    また、髪は長い場合1つに束ね、メイクもナチュラルな仕上がりにしておきましょう。

    きちんとした受け答えをする

    面接官と実際に話すときには、 きちんとした受け答えをするように心がけてください。

    聞かれたことに対して小さな声でボソボソ返答してしまうと、面接官にマイナスなイメージ与えかねません。

    返事が「はい・いいえ」だけになってしまうことのないよう、志望動機や退職理由などを明確に述べるように練習しておくべきです。

    コミュニケーション能力を重視する病院は非常に多いので、緊張していても顔を上げ、笑顔でハキハキと対応するようにしましょう。

    それと同時に、面接時には必ず面接官の目を見て話すよう心掛ける必要もあります。

    話しているときに下を向いてしまうと、面接官に不信感を与えてしまう可能性が高いためです。

    以上が、面接官に好印象を与える面接のポイントでした。

    慣れない面接は緊張することも多いです。

    しかし、悔いが残らないよう、練習を家でしっかりとするようにしましょう。

    看護師転職に成功すれば、今までよりも快適に働けるようになるはずです。

    まとめ

    転職は、今後の自分の人生が大きく変わるターニングポイントです。

    今後のキャリアや、自分がどんな働き方をしたいのかも考えて慎重に行動する必要があります。

    看護師を専門とする転職サイトを利用して、自分の条件に合う職場を探していきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%