騙されるな!看護師転職サイトのデメリットと利用前に知るべき注意点

実は危険!?看護師転職サイトのデメリットと利用前に知るべき注意点 看護師転職

看護師転職サイトに登録するなら、利用前にデメリットや注意点を確認しておきたいですよね。

「本当に良い求人を紹介してもらえるの?」
「ちゃんとサポートしてくれるの?」

このような疑問点は全て解消しておかないと、安心して転職活動は始められません…。

そこで本記事では、看護師転職サイトを利用する前に知っておきたいデメリットを、実際に利用経験がある筆者が詳しく解説していきます。

記事後半では、「実際に使ってわかったおすすめの転職サイト」も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。
(2019年10月20日更新)

スポンサーリンク

1.ここが危険!看護師転職サイトの3つのデメリット

看護師転職サイトは、看護師の要望にあった求人を紹介してくれたり、転職活動のサポートをしてくれたりするサービスです。

良い点ばかりに見えるサービスですが、実際に利用した筆者の経験から言うと、注意点すべきポイントもあります

特に気をつけるべきは以下の3点。他の利用者の口コミでもよく目にする内容なので、利用前によく確認しておいてください。

それぞれ順番に見ていきましょう。

デメリット1.希望と違う求人を紹介される

クリニック 産科 婦人科

希望してる科とは全然違う科をすすめられたり…。

2社登録してましたがどっちも、似たようなところをオススメされました。

参考:カンゴトーク

匿名

転職サイトは出入り激しいブラック病院も勧めたり。実際に入ってイジメは多い、休みは週1とかのとこありました。

参考:看護師お悩み相談室

最も気をつけるべきポイントが、「希望と違う求人を勧められる」ことです。

看護師転職サイトでは、質の悪い担当者に当たってしまうと、見当違いな求人ばかり紹介されてしまいます。

たとえば、休みが少ない「ブラック病院」を勧められたり、希望と全く関係ない科を勧められたり

筆者が利用した時も、希望の求人を紹介してもらえず、「あんまり役に立たないな…」と感じたことが多々ありました。

もちろん、それは悪い担当者に当たってしまった場合の話なので、良い担当者に巡り会えれば、きちんと希望に合った求人を紹介してもらえます。

ただ、担当者の知識や経験の差によって、提案される求人の質に差がでてしまうことは、あらかじめ知っておかなければなりません。

  • スポンサーリンク

  • デメリット2.アドバイザーからの連絡がしつこい/連絡が取れなくなる

    転職サイトいくつか利用してましたが電話や勧誘メールが多くて全て辞めました。

    参考:カンゴトーク

    登録しましたが連絡を1回取り今度またかけます。 って言われて、音信不通になりました

    参考サイト:カンゴトーク

    キャリアアドバイザーからしつこく連絡がくるケースもあります。

    転職サイトは看護師を転職させることで収入を得ているので、無理やりにでも転職させようと、必要以上に連絡をかけてくる担当者も多いです。

    また、中には「途中で連絡が一切つかなくなるアドバイザー」もいます。 

    一方的なキャリアアドバイザーも、責任感がないアドバイザーも、どちらも利用者にとっては困りますね。

    適切な間隔で連絡をくれるキャリアアドバイザーを見つけなければ、連絡だけでストレスが溜まってしまいます。

    デメリット3.アドバイザーのサポートが役に立たない…

    匿名

    病院の資料だけ見て勧めてきている業者の人には、病院の事情が分からない。

    参考:看護師お悩み相談室

    キャリアアドバイザーの中には、経験が浅く、頼りにならない人がいることも事実です。

    実際に私が利用した際も、ありきたりなアドバイスしかもらえなかったり、気になる病院の情報をほとんど教えてもらえなかったことがありました。

    転職エージェントのサポートを受ければ、転職の成功率を高まると思っている人がいますが、それはあくまでも「良い担当者に当たれば」の話です。

    看護についての知識が薄いキャリアアドバイザーが担当になってしまうと、転職に役立つアドバイスはほとんどもらえません。

    そのため、看護師転職サイトを利用する際は、「担当者の良し悪し」をしっかりと見極めなくてはなりません。

  • スポンサーリンク

  • 2.なぜ、転職サイトにはデメリットが存在するのか

    看護師転職サイトにこのようなデメリットが存在するのは、看護師転職サイトのビジネスモデルに問題があります。

    かんたんに説明すると、看護師転職サイトは、看護師を転職させればさせるほど、多くの利益を出せる仕組みになっているのです。

    【看護師転職サイトにお金が入る仕組み】

    1. 病院が転職サイトに求人を出す
    2. 転職サイトのアドバイザーが看護師に病院を紹介する 
    3. 病院は看護師を紹介してもらったお礼に、転職サイトに紹介手数料(報酬)を支払う

    転職サイトは、看護師を病院に紹介することで報酬を受け取っています。

    その報酬金額は、看護師の年収の2〜3割。年収が500万円の看護師を転職させれば、転職サイトには100万円〜150万円もらえます。

    そのため、キャリアアドバイザーの中には、とにかく利益をあげるため、闇雲に看護師さんを転職させようとする悪質な人もいるのです。

    たとえば、「受かりやすい病院」や「採用枠が多い病院」ばかり紹介してくる担当者がその典型的な例です。

    このように、転職サイトはその仕組み上、看護師のキャリアより自社の利益を優先する質の悪い担当者がでてきてしまうので、その点に注意しておかなければなりません。

    ※もちろん、全てのキャリアアドバイザーが悪い訳ではありません。

    実際に私も利用した経験がありますが、看護師さんのキャリアを真剣に考えて求人を提案してくれる担当者さんも、もちろんいます。

    なお、「質の悪い担当者に当たらないためにはどうしたら良いのか」については、記事後半(3.おすすめの看護師サイト3選と失敗しない選び方)解説しているので、忘れずに確認してくださいね。

    3.それでも看護師転職サイトを利用すべき4つの理由

    看護師転職サイトのデメリットを確認してきましたが、だからと言って「看護師転職サイトは使わない」という選択はおすすめできません

    なぜなら、看護師転職サイトにはデメリット以上のメリットがあり、使い方次第で転職の成功率を確実に高められるからです。

    転職サイトを利用するメリットは、以下の4つ。

    どれも、看護師転職を成功させる点で重要なポイントなので、よく確認しておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • メリット1.病院の内情を知ることができる

    転職サイトでは、気になる病院の内情を知ることができます。

    たとえば、人間関係、残業の多さ、休日は取れるかなど、個人での調査が難しい部分を知れるのは、看護師転職サイトならではのメリットです。

    実際に私は「看護のお仕事」というサイトを利用していましたが、求人ごとに看護師さんのインタビューが記載されており、応募先を決める際にとても役立ちました。

    また、担当のキャリアアドバイザーも、病院の内情や、働いている先生の評判を詳しく教えてくれたので、応募前に自分が働いている姿をイメージできたのが良かったです。

    気になる病院の内部情報や評判を知れるのは、転職サイトを利用する最大のメリットだと言えます。

    メリット2.希望の条件に合った職場がすぐに見つかる

    転職サイトに登録すれば、キャリアアドバイアーがあなたの希望を丁寧にヒアリングして、条件にマッチした求人を探し出してくれます。

    そのため、自分1人で求人を探すより、希望にマッチした求人を見つけやすくなります

    もちろん、デメリットでも解説していたように、担当のキャリアアドバイザーの質が悪いと、なかなか良い求人を紹介してもらえません。

    それでも、万が一「この担当者は役に立たない」という場合は、担当者を変更することも可能です。

    良い担当者にさえ巡り会うことができれば、希望の職場をすぐに見つけることができるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • メリット3.転職活動が効率的に進められる

    自分1人で転職活動をすると、病院への応募、面接の日程調整、内定時の条件交渉など、全てを自分でやらなければなりません。

    しかし転職サイトでは、キャリアアドバイザーが面倒なやりとりや手続きを全て代行してくれます

    【看護師転職サイトのサービス内容】

    • キャリア相談
    • 求人紹介
    • 履歴書・職務経歴書添削
    • 面接対策
    • 面接スケジュール管理
    • 入社日・給与交渉
    • 入社手続きのサポート
    • 入社後の悩み相談

    このように、転職活動を全面にサポートしてもらえるので、面接対策や病院の情報収拾など、重要な部分に時間を割くことができます。

    そのため、働きながら転職活動をする看護師さんでも、効率よく転職活動を進めることができます

    メリット4.非公開求人を紹介してもらえることがある

    転職サイトでは、一般に公開されていない「非公開求人」も紹介してもらえます。

    非公開求人は、「公開すると応募が殺到してしまうなど、どれも人気な求人ばかりであり、転職サイト未登録では検索できません。

    しかし、看護師転職サイトに登録すれば、キャリアアドバイザーから非公開の求人を紹介してもらえるので、転職先の選択肢もグッと広げられます。

    たとえば、「看護のお仕事」だと、公開求人5万件に加えて、7万件以上の非公開求人を保有しているので、これだけたくさんあれば希望の求人も見つかりやすくなるでしょう。

    3.おすすめの看護師サイト3選と失敗しない選び方

    看護師転職サイトは探せば10社以上ありますが、その中でもおすすめなのは、求人数トップクラスの以下3サイトです。

    ここで紹介している転職サイトは私も使った経験がありますが、求人探しや転職サポートの面で、3つとも全て役に立ちました。

    サービス名 公開求人数 非公開求人数 対応エリア
    看護のお仕事
    50,000件

    70,000件

    全国
    ナースではたらこ
    12,000件

    80,000件

    全国
    マイナビ看護師
    30,000件
    非公表
    全国

    ちなみに、「この中で一番良いのはどれか…」と言われると、個人的にはサポートが手厚かった「看護のお仕事」がイチオシです。

    しかし、手厚いサポートをしてくれるかは、担当者の良し悪しに左右されるため、「このサイトを使えば安心!」と言い切れるサイトは正直なところありません。。

    そのため、質の悪い担当者に当たっても大丈夫なように、転職サイトは複数登録しておくことをおすすめします。

    この方法で転職サイトを利用すれば、求人の選択肢が増えますし、複数の担当者からアドバイスをもらえて、転職の成功率も高められます。

    仮に一つのサイトで質の悪い担当者に当たってしまっても、別のサイトを利用すれば良いので、失敗のリスクも減らせるでしょう

    もちろん、複数のサイトを使うのは面倒に思うかもしれません。

    しかし、どれも登録は3分ほどで完了しますし、担当者との面談は電話で気軽に行えるので、2〜3社であればそこまで負担にもなりません

    転職サイトはとにかく使い倒すことが大事なので、気になっている転職サイトは全てまとめて登録してしまいましょう!

    こちらで紹介しているサイトは、「【最新】看護師転職サイトおすすめランキングBEST5!」でも上位に選ばれています。気になる人は、ぜひこちらもご確認ください。

    『看護のお仕事』|求人数がトップクラスの看護師サイト

    看護師 転職サイト ランキング

    看護のお仕事は、豊富な求人から転職先を探したい看護師さんにおすすめの転職サイトです。

    取り扱い求人数は公開・非公開求人合わせて約12万件。

    看護師転職サイトの中ではトップクラスに求人が多く、正社員求人から派遣の求人まで幅広く取り扱っています。

    また、看護のお仕事は求人情報だけでなく、病院へのインタビューや、実際に病院を訪問したキャリアアドバイザーからの一言も掲載されています。

    働く前に病院の事情を知ることができるので、安心して病院に応募できるのも魅力的なポイントです。

    看護のお仕事は看護師転職では「お決まり」とも言える転職サイトなので、迷ったら真っ先に登録しておいてくださいね。

    運営会社 レバレジーズ株式会社
    対象地域 全国
    オフィス 全国12ヶ所
    公開求人数 約5万
    電話面談 可能
    公式ページ https://kango-oshigoto.jp
    詳しくは「看護のお仕事の詳細記事」をご確認ください

    働きたい病院が決まっているなら「ナースではたらこ」

    看護師 転職サイト ランキング

    ナースではたらこ』はすでに働きたい病院が決まっている人におすすめの転職サイトです。

    ナースではたらこには「逆指名制度」というサービスがあり、気になってる病院の募集状況を、キャリアアドバイザーがあなたに代わって確認してくれます。

    そのため、たとえ求人が無い病院だとしても、キャリアアドバイザーの交渉次第で、応募のチャンスをもらえることがあるんです。

    また、ナースではたらこは掲載されている求人も多く、転職先の選択肢を増やすのに役立ちます。

    そのため、求人探しをする際はかなり役立つので、登録だけでも済ませておくと良いでしょう。

    運営会社 ディップ株式会社
    対象地域 全国
    オフィス 全国32ヶ所
    公開求人数 約12,000万件(非公開求人は除く)
    電話面談 可能
    公式ページ https://iryo-de-hatarako.net
    詳しくは「ナースではたらこの詳細記事」をご確認ください

    『マイナビ看護師』|病院以外の転職先も充実した転職サイト

    マイナビ看護師 転職

    マイナビ看護師』は、病院以外の職場に転職したい看護師さんにもおすすめの看護師転職サイトです。

    マイナビ看護師が取り扱っている求人は、約半数が「老人ホーム」や「訪問看護ステーション」など、病院・クリニック以外の職場です。

    そのため、「病院以外の職場も確認してみたい」「看護師以外の仕事も探したい」なんて人には、ぴったりのサイトです。

    求人数は「看護のお仕事」と「ナースではたらこ」に比べてやや少なめですが、幅広く求人をチェックするためにも、登録をおすすめします。

    運営会社 株式会社マイナビ
    対象地域 全国
    オフィス 全国18ヶ所
    公開求人数 約3万件
    電話面談 可能
    公式ページ https://kango.mynavi.jp/
    詳しくは「マイナビ看護師の詳細記事」をご確認ください

    5.その他の看護師転職サイトを利用するなら

    看護師の転職サイトでは、今回紹介している「看護のお仕事」「ナースではたらこ」「マイナビ看護師」の3サイトさえ抑えておけば、ほとんどの求人をカバーできます。

    しかし、「別の看護師転職サイトも使いたい・・」という希望があるのなら、以下3つの基準で使うべき転職サイトを判断してみてください。

    それぞれの基準について、詳しく解説していきます。

    基準1.働きたい地域をカバーしている

    利用する転職サイトが働きたい地域をカバーしているかを確認しましょう。

    対応エリアが全国であれば問題ありませんが、首都圏エリアのみ対応している転職サイトもあります。

    そのようなサイトでは地方の求人があまりない場合があるので注意が必要です。

    対応エリアは確認してから利用するようにしましょう。

    ◆地方の病院なら「ナース人材バンク」もおすすめ

    ナース人材バンク

    ナース人材バンク』は、キャリアアドバイザーが各地域ごとに振り分けられていて、地方の求人情報が充実しています。

    地方で転職を希望している人は、今回紹介した3社と合わせて登録してみるのがおすすめですよ。

    基準2.働きたい職種や雇用形態の求人がある

    働きたい職種や雇用形態の求人があるか確認しましょう。

    例えば派遣で転職したい場合、派遣を取り扱っている転職サイトを利用しなければなりません。

    転職サイトで求人検索の検索条件を見ると、取り扱っている職種や雇用形態が分かります。

    職種や雇用形態によっては取り扱いがないサイトもあるため、登録前に確認しましょう。

    ◆派遣の仕事をお探しなら「MCナースネット」もおすすめ

    MCナースネット』は、派遣の仕事に力を入れている転職サイトで、正社員以外の形態の仕事を見つけやすいです。

    単発バイトなどの求人も取り揃えているので、正社員以外の仕事を探しているなら、登録しておくと役立ちますよ。

    基準3.求人数が多い

    求人数の多さは、看護師転職サイトは選ぶ上でとても重要なポイントです。

    求人数が多いとその分希望条件の病院が見つかりやすくなります。

    さらに、提案してもらえる求人が多くなることで、転職を早く終わらせることにも繋がります。

    なお、求人数の多い転職サイトを選ぶなら、「看護のお仕事」「ナースではたらこ」「マイナビ看護師」は必ず抑えておきたいところ。

    それだけでは不十分に感じるならば、追加で気になっている転職サイトを1〜2社抑えておくと良いでしょう。

    ◆もっとたくさん求人を見るなら「ジョブデポ看護師」がおすすめ

    ジョブデポ看護師』は10万件以上の求人を保有しており、求人の選択肢を広げるのに役立ちます。

    東京の本社(東京都千代田区)でしか対面の面談を受けられない注意点もありますが、面談に迎える地域の人は、登録しておくと便利です。

    6.看護師転職サイト以外の転職方法4種とメリット・デメリット

    「転職サイトのメリットとデメリットは分かったけど、看護師の転職サイト以外で転職する方法はあるの?」と気になりますよね。

    転職サイト以外にも看護師が転職する方法はあります。

    転職サイト以外の転職方法は、以下の4つです。

    それぞれの転職方法について、詳しく確認していきましょう。

    転職方法1.求人サイト

    求人サイトは、 求人情報が掲載されているサイトのことです。

    転職サイトとの違いは担当のキャリアアドバイザーがつかないこと。

    そのためネット上で条件に合った病院を自力で探し応募することになります。

    代表的な求人サイトは以下の5つです。

    どの求人サイトも利用料金は無料。

    求人を掲載する病院は掲載料がかかります。

    【メリット】

    • 自分のペースで転職活動ができる

    【デメリット】

    • 条件に合った病院を探すのが大変
    • 人気の求人はすぐに募集が締め切られる
    • 一人での転職活動になるため相談できる人がいない

    【こんな人におすすめ】

    • キャリアアドバイザーに求人を紹介してもらうのが不安な人

    転職方法2.ハローワーク

    ハローワークは 、国が運営している職業紹介事業です。

    全国各地にあるため地方の求人も探すことができます。

    看護師は無料で利用でき、病院側の求人掲載も無料です。

    【メリット】

    • 国が運営しているため信頼できる
    • 地元の小さな病院やクリニックの求人が見つかる
    • ハローワークの担当者に転職の相談ができる
    • 病院側に紹介手数料がかからないため採用されやすい
    • 全国各地の求人が探せる

    【デメリット】

    • 看護師専門ではないため求人数が少ない
    • ハローワークの担当者が看護師の専門ではないためフォローが期待できない
    • ハローワークまで出向かなければならないため手間がかかる
    • 求人内容と実際の労働条件が異なる場合がある
    • 土日は開庁していないところが多い

    【こんな人におすすめ】

    • 地元の病院に転職したい人

    転職方法3.ナースセンター

    ナースセンターは、 都道府県の看護協会が運営する職業紹介事業です。

    ハローワークとの違いは、求人が看護師専用であること。

    看護師も採用する病院側も無料で利用できます。

    求人を探したい場合は、無料職業紹介サイト「e-ナースセンター」で求人検索をしてみましょう。

    【メリット】

    • 看護協会が運営しているため信頼できる
    • 相談員が看護師経験者
    • 看護師歴にブランクがある人に対して「再就業支援研修」を行っている

    【デメリット】

    • 土日は相談を受け付けていない
    • 求人掲載しているのは中小規模の病院が多い

    【こんな人におすすめ】

    • 看護師歴にブランクがある人

    転職方法4.知人の紹介

    知人に看護師をしている人がいると、その人が働いている病院を紹介してもらえることがあります。

    紹介してもらうためには人脈が必要です。

    また、転職したいタイミングで採用してもらえるとは限りません。

    人脈とタイミングが必要なため、知人の紹介はハードルが高い転職方法です。

    【メリット】

    • 知人から病院の内情を聞くことができる
    • 知人に紹介してもらうと信用があるので採用されやすい

    【デメリット】

    • 転職したいタイミングで募集があるとは限らない
    • 知人から聞いた病院の内情と自分が感じる病院への印象が異なる場合がある
    • 人脈が必要

    【こんな人におすすめ】

    • 転職先に知人がいると安心な人
    • 転職の時期にこだわりがない人

    7.【Q&A】看護師転職に関する疑問点を解決

    最後に、看護師転職に関する疑問点をQ&A形式で回答していきます。

    わからないことが残ったままだと、安心して転職活動に踏み出せませんので、疑問点は全て解消しておいてくださいね。

    それぞれ回答していきます。

    Q1.転職サイトを利用するとお祝い金が出るのはなぜ?

    転職サイトを利用し転職が決まるとお祝い金が出る場合があります。

    なぜなら、転職サイトは看護師を紹介した紹介料を病院から受け取っているからです。

    その紹介料の一部をお祝い金として看護師に還元する仕組みになっています。

    お祝い金が出る転職サイトは、以下の3つです。

    ただし、お祝い金がもらえることを転職サイトを選ぶ際の基準にするのはおすすめしません。

    お金がもらえたとしても、その転職サイトのキャリアアドバイザーと相性が悪ければ転職成功率は下がってしまうからです。

    自分に合った転職サイトを選ぶようにしましょう。

    Q2.転職先の病院の内情はどこまで調べることができる?

    有給消化率、上司(看護婦長さん等)の性格、ママさん看護婦の割合などを教えてもらえます。

    病院の内情を個人で調べるのは難しいです。

    病院へ見学に行ったとしても分かるのはあくまで雰囲気にとどまるでしょう。

    人間関係の良さや休暇の取りやすさまでは分かりません。

    転職サイトを利用すると、病院の内情を把握したキャリアアドバイザーが詳細を丁寧に教えてくれます。

    Q3.どの病院に転職すべきか迷った時はどうしたらいい?

    もし転職先をどこにするべきか迷ったら、「評判のいい先生がいる」という条件でキャリアアドバイザーに転職先がないか探してみるのがおすすめです。

    「患者さんのために」と考えて働いている先生のもとで看護業務をするのと、やる気のない先生のもとで看護業務をするのとでは、仕事のやりがいや楽しさに差が出ます。

    特にキャリアアップを考えている方にとってはとても重要です。

    良い職場環境を探す方も多いですが、キャリアアドバイザーは今の職場環境を把握しきれないため、看護師同士の人間関係はその時々の運という部分もあります。

    「評判のいい先生がいる病院かどうか」はキャリアアドバイザーをやっていると情報が入ってくるものです。

    キャリアアドバイザーが持っている情報を100%活用して、信頼できる先生がいる転職先を探してみてくださいね。

    まとめ

    看護師の転職サイトを利用するデメリットとして多いのは 「希望と違う求人を勧められる」「連絡がしつこい/途絶える」「そもそもキャリアアドバイザーが看護に詳しくない」の3つです。

    このようなデメリットは、「質の悪い担当者に当たってしまう」のが1番の原因です。

    そのため、看護師転職サイトは複数のサイトをまとめて利用し、質の悪い担当者をいつでも見分けられるように対策しておきましょう。

    以下に、おすすめのサイトをまとめておきましたので、迷ったら全てまとめて登録してみてくださいね。

    あなたの転職活動がうまくいくことを願っています。

    おすすめの看護師転職サイト3選
  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%