2年目の看護師転職はヤバイ?注意すべきポイントと成功の秘訣

看護師2年目の転職 看護師転職

「2年目に転職するのって早すぎるかな…」と不安を感じている看護師は多くいらっしゃいます

看護師も2年目になると、ひとりで仕事を進めていくことも求められます。

そのため、新人の頃よりもプレッシャーが増え業務が辛くなり、「転職」という言葉も頭をよぎる場面も多くなるでしょう。

とはいえ、2年目というのもあり、看護師経験が浅いため、転職するのがベストな選択なのか、不安になってしまいますよね。

結論から言うと、2年目の看護師でも転職は可能ですし、病院側の需要はあります

「看護師」という資格があることと、全体的に不足しがちな職種であることが容易に転職ができるポイントなのです。

今回は、2年目看護師の転職がベストな選択なのか判断できるように、転職を成功させるポイントを詳しく解説していきます。

この記事を読めば、後悔しない判断ができるはずです。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.多くの2年目看護師は転職を考える!代表的な3つの理由

看護師として1年間働いてみると、 仕事や人間関係の大変さ、プライベートとの両立が難しいことが身をもって分かりますよね。

「石の上にも3年」とは言うものの、実際には2年目で「もう転職したい…」と考える看護師はたくさんいます。

1年目には1年目の悩みがあり、2年目には2年目の悩みがあり、3年目には3年目の悩みがあります。

おそらくどの年になっても、悩みの種は尽きないでしょう。

職場の人間関係による転職を考える事もあると思いますが、2年目の看護師に限らず、どの年次でもある悩みなので、ここでは割愛します。

新人看護師全般の悩みについては、看護師を辞めたい新人の理由と対処法は?再就職のコツも紹介!をご覧ください。

ここでは、特に2年目の看護師にありがちな悩みを挙げます。

どれも看護師2年目で転職を考えている方には、共感できることばかりだと思います。

それでは、順に解説していきます。

理由1.仕事に対してまだ自信が持てない部分がある

「2年目なのにまだ仕事がわからない」「ミスして先輩に怒られる」など、新人の時と状況が変わっていないことに悩む方もいます。

1年間新人看護師として頑張ったのに、なかなか成長できない自分自身を責めてしまうのです。

看護師・ナースのお悩み相談コミュニティアプリ「カンゴトーク」にも以下のようなつぶやきが見られました。

新人看護師です。4月で2年目になります。

重大なミスをしてしまい、先輩からものすごく怒られました。信用を失ったように感じて、自分もすごくへこんでます。

この日は仕事も全て自信がなくて、声掛けやケアも自信持ってできないし、抜けや勘違いは多くて、看護師向いてるのかなって感じました。

引用:カンゴトーク

2年目の看護師は、まだまだ成長途中です。

先輩のフォローも少なくなってきますが、すべて自分で何とかしようと思わなくても良いのです。

不安を感じる業務を行うときには、より良い看護ができるように素直に上司や先輩看護師に相談してみましょう。 

また、後輩が出来ることでよりプレッシャーを感じ、自信喪失につながる場合も多いようです。

「カンゴトーク」には、以下のようなつぶやきが見られました。

2年目に入りましたがまだまだ分からない事だらけ…技術も知識も未熟…。

自分の中では頑張ってるつもりだけど、先輩達からはマイペースすだと。。

1年目で入ってきた人達は助手として自分より長く同じ病棟で働いてるから慣れててあっという間に全て抜かされそうで不安…。

引用:カンゴトーク

後輩と自分が新人看護師だった時のレベルを比べられないか、後輩に適確な指導ができるのかというプレッシャーを感じる人は少なくありません。

しかし、知ったかぶりをして間違ったアドバイスをするより、見栄を張らずに分からないことは分からないと言える先輩の方が信頼できますよね。

また、他人と比べるて落ち込むのではなく、新人だった頃の自分と比べて成長したところに目を向けましょう。

そして何より大事なのは、周りを気にせず、より良い看護が出来るように努めることです。

スポンサーリンク

理由2.業務量が増えて環境を変えようと思っている

看護師2年目になると、新人の頃には受け持つことが少なかった重症度の高い患者さんを受け持つことも増えてきます。
 
また、一日の受け持ち患者数も1年目に比べると増える傾向にあります。
 
更には、患者さんのケアを行いながらも、新人看護師をフォローしなくてはいけない2年目看護師もいるでしょう。
 
いくつもの業務や役割を抱え始めるのが看護師2年目なのです。

 「カンゴトーク」にも、以下のようなつぶやきが見られました。

もう嫌だ〜毎日毎日こんなに残業!!

業務も処置も点滴も多すぎて 定時すぎるまで記録1つも書けんって何?

お昼休憩自分もPNSのベテランの先輩も 15分しか入れないっておかしいよね絶対。

働き方改革なんて全然考慮されとらん…

引用:カンゴトーク

 また、2年目から看護研究が始まる病院も多いようです。

「カンゴトーク」にも、以下のようなつぶやきが見られました。

2年目はまだ目の前の仕事でいっぱいいっぱいだったので、(看護研究は)だいぶきつかったですし、他のナースもだいぶ苦労してました… 2年目とかはやいなーって思います

引用:カンゴトーク

勤務時間外にやらなくてはいけなかったり、休日返上する必要があったりと、看護研究に苦労している看護師は多いです。

自分のやりたいテーマでマイペースに出来るのが一番ですが、なかなかそう簡単には行きません。

また、希望の配属にならなかったため環境を変えたいと思ったり、看護師の免許を活かしながら病院以外で働きたいと考える人も多いようです。

病院やクリニックで働く看護師以外の選択肢としては、保健師、保育園看護師、治験コーディネーターなどもあります。

理由3.興味のある分野が見つかった

1年間仕事をする中で 興味のある分野が見つかり、その分野で働きたいと思う2年目看護師もいます

興味のある分野で働いた方がやりがいもありますし、看護師としてのスキルアップも期待できます。

「看護roo!」の掲示板では、以下のような投稿が見られました。

自分も新卒から1年6ヶ月です。

(中略)

自分は7月にやりたい分野がある病院をうけて内定もらいました。

転職するなら早いうちがいいかもです。

引用:看護roo!

また、キャリアアップを望んで転職を考える看護師もいます。

「カンゴトーク」にも以下のような投稿が見られました。

4月から2年目になる新人看護師です。

小児科に配属されて始めは嬉しかったですが、病棟が空きすぎで学べる事が少ないです。

業務も単純なことが多く平日は患者を1人しかみないこともあります。

私の病院は4年程移動がないので年数だけたって経験は少ない看護師になりそうです… それもあり転職を考えています…

引用:カンゴトーク

現在の勤務先では、十分な経験が積めなさそうと感じたり、やりたい分野でのキャリアアップを目指したいという思いは、十分な転職理由になります。

ここまで、2年目の看護師にありがちな転職を考える理由をご紹介してきました。

結婚や環境を変えたいなど、理由は様々ですが、実際に2年目で転職される看護師の方も多くいるのです。

では、2年目看護師が転職する際には、どんな点に注意したらよいのでしょうか。

2.2年目看護師が転職する際に注意するべき点は?

看護師転職 2年目

ここでは、2年目看護師が転職を考えた時に陥りがちな状況を踏まえて、注意すべきポイントを解説します。

スポンサーリンク

直ぐに退職を考えない

職場や仕事に対する悩みが積もり積もると、「今すぐ辞めたい!」という気持ちにもなりますよね。

しかし、衝動に任せて退職することは避けた方が無難です。

というのも、転職の際にマイナスになる要素が増えるからです。

2年目看護師というと、新人の1年目と比べれば仕事も覚え、後輩の指導を任されるなど、多少の経験は積んでいることでしょう。

しかし、まだまだ知識や経験が豊富とは言えない成長段階です。

そのため、2年目看護師が転職をする際には、転職先の病院に「経験が浅い」とみなされてしまうことがあります。

技術や能力が低すぎて希望の求人がなかったり、経験を重視する病院への転職を考えた場合、その難易度は高くなります。

「カンゴトーク」の投稿には、転職できたものの仕事ぶりが認められなかったという例もありました。

看護師2年目で産婦人科のクリニックに転職しましたが、そこの医院長はすごく厳しい人で、毎日仕事に行くことが苦痛になりました。

その上、辞めるときにあなたは仕事をしているように見えないと言われました。

個人的な意見で申し訳ないのですが、私はこのケースを通して、5年くらいは大きい病院で経験を積んだ方がいいのかなぁ。と思い、今もなお大きい病院で勤務しています。

引用:カンゴトーク

また、転職先の病院によっては新人看護師として扱われることもあるようです。

新人看護師の研修へ参加が求められたり、給料が新人看護師と同様になったりすることもあるので注意が必要でしょう。

もう1点、面接の際に「またすぐに辞めてしまうのではないか」と思われ採用されないケースもあるようです。

結婚や転勤などの理由ならともかく、それ以外の理由での転職回数が多いことは、転職先に良い印象を与えることはありません。

転職にはもちろん良い点も多くあります。

馴染めない職場で長々と働くのではなく、バッサリと辞めたことで良い職場に巡り合えたという声も聞かれます。

「発言小町」には、以下のような投稿が見られました。

一概に、「勤続2年目の転職はダメ」とは思いません。

先輩や上司は「”石の上にも三年”という言葉があって…」と、説教するかも知れませんが、
やはり、相性の悪い職場は、何年いても馴染めないものです。

(中略)

当時は「二度と、看護師なんかするもんか!」と思っていたのに、
2年経って…「やっぱり」と、出戻ったクチです。

こんな私でも、転職しながら50歳の今でも現役です。

 引用:発言小町

退職に対して慎重になることは大切ですが、場合によっては我慢せずに転職を考えることも必要です。

職場や仕事のストレスで心身に支障をきたしてまで無理して働くことは、あなたにとっても看護される患者さんにとっても良くありません。

どうしても 退職したい場合は、早めに上司に相談し、円満退職と転職の準備をすすめましょう

身近な人に相談する

今の職場を辞めて転職したい場合に、誰に相談していいか分からないという方もいらっしゃると思います。

身近に看護師の仕事や転職について詳しい人がいるならば、その人に相談することをおすすめします

ただし、現在の職場の先輩や同僚への相談は避けるべきです。

引き止められたり、他の人に漏らしてしまう可能性もあるからです。

また、転職を止めたとしても、一度は転職を考えた人だとレッテルを張られて働きにくくなる場合もあります。

転職サイトに相談するだけでも大丈夫

職場の人以外に相談できる相手がいないという場合は、看護師の転職サイトを活用することもおすすめです。

看護師 転職 2年目

看護師転職サイトに登録すると、「担当アドバイザー」が転職のサポートをしてくれます。

どの転職サイトでも、無料登録すれば、担当アドバイザーがあなたの相談に乗ってくれ、条件に合う転職先を紹介してくれるのです。

まずは、経験豊富なアドバイザーに、現在の悩みや今後看護師としてどのように働きたいか伝え、相談してみましょう。

転職の成功事例

転職サイトを活用して、転職を成功させた事例として多いのは、以下の4つです。

  1. 給料がアップした
  2. スキルアップに繋がった
  3. 育児と仕事の両立が可能になった
  4. 激務からゆとりのある仕事に変えられた

引用:「看護のお仕事」「ナースではたらこ

看護師求人サイト「看護のお仕事」や「ナースではたらこ」では、具体的な転職の成功事例を知ることができます。

ぜひご覧になって、転職成功のイメージを膨らませてくださいね。

3.悩みを相談できるおすすめの看護師転職サイト

ここでは、口コミを比較してわかった!おすすめの看護師転職サイト5選にて調査している、おすすめの転職サイトを3つご紹介します。

3つのサイトに共通している特徴は、 公開求人数が多く、全国のエリアに対応していることです。

注意してほしいのが、おすすめしている転職サイトでも、とりあえず転職させるために希望の求人ではない求人を紹介してくることもあります。

また、あなたの相談にのってくれる担当者によって当たりはずれはあります。

そのため、3つほど登録して、一番相性の合う転職アドバイザーと連絡を取り合いましょう。

それでは、順に解説していきます。

スポンサーリンク

おすすめ1.サポートの手厚い「看護のお仕事」

看護のお仕事

”看護のお仕事”は、 転職を機に将来のことを真剣に考えたい人おすすめの転職サイトです。

おすすめするポイントは2つあります。

1つ目は、 キャリアプラン作りをサポートしてくれること。

キャリアが明確になっている人には、条件に合っている病院を探してくれます。

キャリアが不明確な人には、今までの経験を踏まえたキャリアプランを提案してくれるので安心です。

求人は良い点、悪い点(離職率、スタッフの雰囲気など)それぞれ教えてくれます。

引用:みんなの評判ランキング│看護のお仕事

2つ目は、 顧客満足度が高いことです。

多くの人が満足している転職サイトは安心ですよね。

2013年の株式会社ネオマーケティング調べによると、以下の3項目でNo.1を獲得しています。

  • サービス満足度
  • アドバイザーの対応満足度
  • 友達に勧めたいランキング

以下の口コミを見ると、サポートが手厚いことが分かります。

担当の方はとても礼儀正しくこまめに連絡をくれ、不安にさせるようなことはありませんでした。

引用:みんなの評判ランキング│看護のお仕事

ただし、悪い口コミもあります。

「明日電話します」と言ったきり来なくなりました。やり取りは2回で終了。

引用:みんなの評判ランキング│看護のお仕事

「看護のお仕事」の概要

運営会社 レバレジーズ株式会社
対象地域 全国
オフィス 全国12ヶ所
公開求人数 約5万
公式ページ https://kango-oshigoto.jp

おすすめ2.希望の病院がある人は「ナースではたらこ」

“ナースではたらこ”は、希望の病院がある人へおすすめの転職サイトです。

おすすめのポイントは、「逆指名制度」があることです。

通常、転職エージェントでは、キャリアアドバイザーから条件に合う病院を紹介してもらいます。

一方、「逆指名制度」は、 行きたい病院を指名してキャリアアドバイザーに交渉してもらうシステムになっています。

行きたい病院がある場合には、ぜひ活用したいシステムですね。

出産でブランクでした、希望の病院に逆指名で復職できました。コンサルタントの方に大変お世話になりました。

引用:看護の転職.net│ナースではたらこ口コミ・評判

ただし、悪い口コミもあります。

こっちの行きたい病院じゃなくて、この会社が行かせたい病院を強引に押し付けてくるかんじ。

引用:みんなの評判ランキング│ナースではたらこ

担当のキャリアアドバイザーによっては、希望とは違う病院を提案してくる場合もあるようです。

「ナースではたらこ」の概要

運営会社 ディップ株式会社
対象地域 全国
オフィス 全国32ヶ所
公開求人数 約1.2万
公式ページ https://iryo-de-hatarako.net/

おすすめ3.看護師以外の職種も考えている人なら「マイナビ看護師」

”マイナビ看護師”は、看護師の資格や経験を活かすことのできる仕事を探している人にピッタリの転職サイトです。

おすすめのポイントは2つあります。

1つ目は、 医療業界の民間企業などの病院・クリニック以外の職場を多く取り扱っていることです。

そのため、病院やクリニック以外で看護師の資格を活かした仕事をしたいと考えている人にオススメします。

マイナビ看護師は量より質という感じで、厳選された好条件の求人を紹介してくれました。

引用:COCONAS│マイナビ看護師の評判が悪いのか知りたい!

2つ目は、 キャリアアドバイザーがスピード感のある対応をしてくれことです。

そのため、短期間で転職先が決まりやすいという声が多くあります。

登録後、転職を成功させるまで平均約1カ月とかなりスムーズ&スピーディー。

引用:みんなの評判ランキング│マイナビ看護師の口コミ・評判

ただし、悪い口コミもあります。

マイナビ看護師の担当の方とは連絡のやり取りが途絶えてしまい、再就職を断念してしまいました。

引用:BEST WORK│マイナビ看護師の評判

担当のキャリアアドバイザーによっては、きちんとした回答を得られない場合もあるようです。

「マイナビ看護師」の概要

運営会社 株式会社マイナビ
対象地域 全国
オフィス 全国18拠点
公開求人数 約3万
公式ページ https://kango.mynavi.jp/

スポンサーリンク

4.2年目看護師が転職を成功させる3つのポイント

看護師2年目 転職

2年目の看護師でも転職は可能であり、病院側からの需要も少なくありません。

転職は、職場環境を変えて一からやり直すチャンスです。

転職を成功させたいのならば、以下の3つのポイントをしっかりとおさえておきましょう。

それでは、それぞれのポイントについて確認していきます。

ポイント1.次に働く職場に求める条件を明確にする

転職する前に、 次の職場ではどのような条件で働きたいのかを明確にしておきましょう

例えば、以下のような条件があります。

  • 教育体制が整っている
  • 有給を取得できる
  • 転勤がない
  • 進学支援をしてくれる
  • 夏休みなど長期休暇を取得できる

「今の職場が嫌だから」という理由だけで転職をするのはNGです。

自分の働きたい条件がわからない限り、転職を繰り返す可能性があるからです。

難しく考える必要はなく、今後はどのような条件で働きたいのかを考えてみましょう。

ポイント2.転職先の病院の情報収集をしっかり行う

転職したい病院が見つかったら、転職前に情報収集を行いましょう。

特に、雇用形態、給料、人間関係、2年目看護師への指導体制などは気になりますよね。

個人で情報収集するのは大変ですが、 転職エージェントでは、担当アドバイザーが求人元の情報を詳しく教えてくれます

3.悩みを相談できるおすすめの看護師転職エージェントでも紹介したようなサイトは、無料登録でも転職に関するアドバイスをもらうことができます。

事前の情報収集は、その希望の転職先が適切であるかをを判断する材料となります。

転職してから後悔しないためにも、情報収集をしっかり行い、納得できる選択をしましょう。

スポンサーリンク

ポイント3.円満退職の準備をする

転職を成功させるためには今の職場を円満退職することが大切です。

ここでは、円満退職をするための準備について、以下の4つの項目を解説していきます。

  • 退職時期は適切な時期を選ぶ

  • 直属上司に退職の意思表示をする

  • 退職願を提出する

  • 仕事の引き継ぎをする

どれも円満退職のために知っておくべきことばかりです。

それでは、順に解説していきます。

退職時期は適切な時期を選ぶ

退職に適切なのは、 年度末、ボーナスを受け取った後の7月や1月です。

年末年始や夏季休暇を取得する時期、産休に入る看護師がいる時期は避けましょう。

シフトを組める看護師が少なくなり、スタッフ不足という理由で引き止められる可能性があるためです。

今の職場には、できるだけ迷惑がかからないように配慮しましょう。

直属上司に退職の意思表示をする

退職希望の時期を決めたら、最初に直属上司に退職の意思表示をしましょう。

早ければ半年前、遅くても3ヵ月前までには伝えましょう

退職者が出ることで、スタッフの編成が変わることがあります。

退職する直前に意思表示をしても、シフトが組めないという理由で引き止められる可能性もあります。

そのため、上司には、時間に余裕をもって退職することを伝えるのが良いでしょう。

退職願を提出する

上司に退職の意思表示をしたら、退職願を提出しましょう。

病院によっては退職願のフォーマットが決まっている場合があるので、上司にフォーマットを確認した上で提出してください。

仕事の引き継ぎをする

配属されている部署全体に退職することが周知されたら、仕事の引き継ぎをします。

引き継ぎは時間に余裕をもち、引き継いでくれる看護師の都合に合わせて日程を調整しましょう。

年度末に退職する場合は仕事の区切りがついているため、引き継ぎが不要になることがあります。

まとめ

2年目看護師は経験も浅いため、転職するのがベストな選択なのか不安になるでしょう。

しかし、 ポイントさえしっかりとおさえれば、2年目の看護師でも転職を成功させることが可能です。

転職を決めたらすぐに退職するのではなく、「円満に退職できる準備を進めつつ、より良い転職先を探すこと」をおすすめします。

まずは、本記事でもご紹介した看護師の転職エージェントに登録し、情報収集を始めてみましょう。

【おすすめ転職エージェント】

  • スポンサーリンク