看護師をやめたいなら理由を分析すれば後悔しない!職場変えもアリ!

看護師をやめたいときは理由を分析しよう 看護師転職

「看護師をやめたい。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

看護師はハードな仕事なので、辞めたいと思うことがあっても、決して甘えではありません。

とはいえせっかく資格を取って働き始めたので、本当に辞めるべきなのかを一度考えてみましょう。

すぐ辞めることは簡単かもしれませんが、その前にできることはあるんです。

そこで今回は、看護師をやめたいときに行うべきことをご紹介していきます。

冷静に判断して、今後の人生を納得のいくものにしていきましょう。

スポンサーリンク

1.看護師をやめたいときはどうするべき?

看護師をやめたいときは、 今すぐやめるべきかを慎重に見極めることが大切となります。

なぜなら、もう少し頑張れば時間が解決してくれる問題もあるためです。

せっかく看護師になれたのに解決できる問題でやめてしまうのはもったいないと言えます。

そうは言っても、看護師をやめたいのはおかしいことではありません。

多くの人が看護師をやめたいと悩んでいます。

看護師をやめたいのはおかしいこと?

看護師をやめたいと思っている人は多いです。

看護師はハードな業務内容なので、やめたいと考えながら働いている人はたくさんいます。

しかし、すぐにやめてしまうのはもったいないです。

看護師をやめたいと思ったときには、やめたい理由を分析することが重要となります。

  • スポンサーリンク

  • 2.看護師をやめたいと感じさせる9つの理由

    看護師をやめたいと思ったとき、 やめても良い人とやめないほうが良い人がいます。

    「職場を変えるべき」理由については、一覧表で「△職場を変えるべき」としています。

    やめたい理由

    続けるべき

    職場を変えるべき やめるべき
    ①働き始めて3年未満でミスが多い    
    ②医療事故が起きないか不安である    
    ③医師から下に見られるのを嫌に思う    
    ④職場に友達と呼べる人がいない    
    ⑤仕事によって体調不良になっている    
    ⑥残業代や深夜手当などが出ない    
    ⑦漠然と他にやりたいことがあると感じる    
    ⑧給料が低い・上がらない    
    ⑨パワハラや嫌がらせなど、人間関係が良くない    

    看護師をやめたいと思ったとき、以上の9つの理由のいずれかに当てはまるはずです。

    それぞれの理由とやめるべきかについて、確認していきましょう。

    看護師を辞めずに続けるべきケース

    まずは看護師を辞めずに続けるべき6つのケースについて解説します。

    それぞれなぜ、辞めずに続けるべきなのかをしっかりと確認してみましょう。

    働き始めて3年未満でミスが多い

    働き始めて3年未満でミスが多いと、やめたいと感じる人は多いです。

    看護師の業務はさまざまなものがあるので、新人のうちはミスを頻発してしまいやすくなっています。

    しかし、この理由の場合は、 看護師をやめずに続けるべきです。

    看護師を始めてから3年未満なら、まずはどんどん先輩に頼っていきましょう。

    新人のうちは どのような職業でもミスが多いのは当然です。

    したがって、仕事のことは積極的に先輩に聞くようにしていってください。

    忙しい中、先輩を呼び止めるのは申し訳ないと思うかもしれません。

    しかし、ミスを繰り返すよりもしっかり質問してミスを減らすほうが先輩にとっても嬉しいことなので意識してみましょう。

    看護師をやめたいと新人が思うことはよくあります。

    新人のやめたくなる理由については、『看護師を辞めたい新人の理由と対処法は?再就職のコツも紹介!』で詳しく解説しています。

    医療事故が起きないか不安である

    医療事故が起きないかが不安で看護師をやめたいと思う人もいるはずです。

    実際、看護師は患者の生と死に関わることもあり、責任の重い業務だと言えます。

    しかし、この理由の場合は、 看護師をやめずに続けるべきです。

    医療事故が起きる確率を下げることで安心して働けるようになりましょう。

    少しでも医療事故につながりそうなことがあったら、 迷わず周囲に相談してください

    ささいなことでも、あとから問題になる可能性は十分にあります。

    どのような場合でも、自分だけで抱え込まないことが大切です。

    常に情報共有を怠らず、医療事故を現場スタッフ全員で防ぎましょう。

    医師から下に見られるのを嫌に思う

    自分の立場が悪いのを嫌に思って看護師をやめたいと感じる人も多いです。

    医師や師長からの言動が横暴に感じると、業務自体が嫌になってしまいます。

    この理由の場合は、 看護師をやめずに続けるべきです。

    自分の立場を適切に理解して、ストレスなく働けるようになりましょう。

    医師や師長とあなたの役割の違いを知ることで、今よりも楽に働くことができます。

    あなたは、医師や師長のサポート役であり、患者との潤滑油となる存在です。

    医師や師長のように周囲に指示を出して最前線で業務をすることはできないかもしれませんが、その分だけ患者に寄り添えます。

    自分自身のやるべきことにひたむきに向き合い、 前向きな考えで仕事をしましょう

    職場に友達と呼べる人がいない

    職場に友達と呼べる人がいないことで、看護師をやめたいと思う人もいます。

    ちょっとしたときに気楽に話せる相手がいないと、業務中に気を張りっぱなしです。

    この理由の場合は、 看護師をやめずに続けるべきです。

    職場は仕事をする場所と割り切って、深い人間関係は考えずに業務に専念しましょう。

    友達がいなくて悩んでいる場合、 職場は仕事をするための場所だと開き直って働いてみてください。

    職場で頑張って友達を作っても、異動や転職、離職などで離れ離れになる可能性は高いです。

    それなら、プライベートでストレス発散できる友達をたくさん作ったほうが良いと言えます。

    したがって、職場での人間関係はビジネス上のものと割り切りましょう。

    仕事によって体調不良になっている

    仕事によって体調不良になっているという人も少なからず存在しています。

    看護師の業務はハードなので、心身ともに不調をきたしやすいのです。

    この理由の場合は、 看護師自体はやめずに続けて職場を変えるべきです。

    看護師の業務内容は職場によって大きく変わるので、自分に合った場所を見つけましょう。

    看護師として働いていることで体調不良が続くなら、職場を変えて労働環境を良くしてください。

    1つの職場を経験しただけで看護師自体をやめてしまうのはもったいないです。

    あなたの希望する働き方ができる職場を探し、快適に業務ができるようにしましょう。

    残業代や深夜手当などが出ない

    残業代や深夜手当などが出ないことで看護師をやめたいと考えている人もいます。

    せっかく頑張って業務をしているのに、賃金が発生しないのは苦しいものです。

    この理由の場合は、 看護師自体はやめずに続けて職場を変えるべきです。

    労働条件は職場によって大きく変わるので、適正な賃金が支払われる場所を見つけましょう。

    残業や時間外労働をしても賃金につながらないなら、職場を変えて労働環境を良くしてください。

    職場によっては適正に支払われるものなので、看護師自体をやめてしまうのはもったいないです。

    あなたが働いた分の賃金をしっかりと受け取ることのできる職場を探しましょう。

    以上が、看護師をやめたいと思う理由でした。

    もっと詳しく理由について知りたいなら、『看護師を辞める理由は?使いやすい理由を知って上手く転職しよう!』を読んでみてください。

    さまざまな理由を見てみると、看護師という業務自体には問題がなく、 職場に問題があることも多いです。

    ここからは、看護師をやめたいのか職場が嫌なのかを考えていきます。

    漠然と他にやりたいことがあると感じる

    漠然と他にやりたいことがあると感じて看護師をやめたいと感じる人もいます。

    特に新卒で看護師になって、他の職業を経験していない場合にはそう思いやすいです。

    この理由の場合は、 次にやりたいことが明確になるまでは看護師をやめずに続けるべきです。

    どの職業でも苦労することはあるので、その苦労も理解したうえで頑張ろうと思えるやりたいことを見つけましょう。

    看護師をやめる前に、 具体的にやりたいことを見つけてください

    もしも、「もっとていねいに患者に寄り添った業務がしたい」「地域に貢献したい」などの目標があるなら、看護師をやめなくても解決できるかもしれません。

    やりたいことによっては、職場を変えれば納得いく働き方ができるので、まずは冷静に将来の自分を考えてみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 看護師を辞めるべきケース

    以下からは看護師をやめる2つのケースについて解説します。

    なぜ辞めるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

    給料が低い・上がらない

    看護師全体の年収はおよそ450~500万円ほどと言われており、そのうち、正看護師の平均年収は478万円、准看護師の平均年収は406万円です。

    病院や介護施設、クリニックなど施設、また、地域によっても年収は異なりますが、もし年収が上がらない、平均年収を見ても不満があるなら看護師を辞めて、高年収を狙える職場に転職した方がよいでしょう。

    看護師の平均年収については以下の記事をご覧になってください。

    パワハラや嫌がらせなど、人間関係が良くない

    看護師の現場において、パワハラや嫌がらせなど人間関係が良くない職場は少なくありません。

    もちろんどんな職場においても様々な方がいるので、看護師だけの問題ではないです。

    看護師の職業において、人間関係が良くない原因は4つあります。

    1. 年齢層が広い
    2. 女性の割合が多い
    3. チームの連携が必要
    4. ミスができない

    上記4つの理由から嫌がらせやパワハラが発生しやすく、人間関係が悪い状況に陥りやすくなります。

    残念ながら、上記4つは看護師の職場の特徴でもあるので、上記が原因で人間関係に悩んでいるのなら、看護師を辞めて違う職場に転職した方が良いでしょう。

    3.看護師をやめたいのか職場が嫌なのかを考えよう

    看護師をやめたいと思うとき、 看護師の業務自体をもうやりたくないと考えている人は少ないです。

    職場環境の悪さや賃金の不当性など、職場のほうに問題があることがよくあります。

    したがって、まずは職場を変えて新たな場所で看護師として働けば今のあなたの問題は解決する可能性が高いです。

    そうは言っても、看護師自体をどうしてもやめたいという人もいるのではないでしょうか。

    そのようなときは、別分野への転職も視野に入れなければなりません。

  • スポンサーリンク

  • 看護師自体をやめたい場合はどうするべき?

    もしもあなたが以下のような状況に当てはまるのであれば、看護師以外の別の職業に転職するのも良いでしょう。

    • 看護師になって5年目以上だが辞めたい場合
    • 育児や介護で忙しく仕事がほとんどできない場合

    しかし、これらのケースでも まずは上司に相談するべきです。

    看護師という職業の中でもさまざまな働き方が存在しています。

    「◯◯の業務だけ」「日勤だけ」「夜勤だけ」というように、あなたに最適な働き方が選べる可能性は高いです。

    看護師が行う業務のすべてがどうしても嫌という場合以外は、働きやすいクリニックに移ってみてください。

    ちなみに、看護師をやめるのが自分の現状打破にとって効果的かを知りたいなら、『看護師を辞めるタイミングは?どのようなときなら効果的かを解説』を読むのが良いです。

    もしも看護師を辞めるなら、その前に次の職場を探しましょう。

    4.看護師が職場を変えるときに行う4つのステップ

    看護師が職場を変えるときには行うべき3つのステップがあります。

    これらのステップをしっかりと行っておかなければ、 職場の人達と揉めて円滑にやめられないかもしれません。

    それぞれのステップについて、順番に確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • ステップ1.転職先を決める

    職場を変えるための最初のステップとしては、転職先を決めることです。

    ハローワークなどで一人で転職情報をあさり転職することも可能ですが、知識や情報をフルに活かしてサポートしてくれる転職エージェントや転職サイトを有効活用した方が早く効率よく転職を進められるでしょう。

    無料で簡単に登録ができるので、とりあえず登録しておくだけでもおすすめです。

    上記の2パターンに分けておすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介します。

    看護師を続ける場合は「看護のお仕事」がおすすめ

    看護のお仕事

    <看護のお仕事の強み・特徴>

    • 職場のリアルな内部情報を教えてくれる
    • 求人数が豊富
    • 給与や条件の交渉を代行してくれる

    看護のお仕事」は、全国に12万件以上の求人を持つ看護師専用の転職サイトです。

    転職者に変わって、年収や勤務時間など細かい条件の交渉をしてくれたり、求人の内部事情など詳しい情報まで教えてくれます。

    内部事情を知っておくことで、転職後に「想像していたところと違った・・・」なんてことも防ぐことができますよ。

    実際の求人情報にも現場で働いている・働いていた人の口コミが掲載されており、参考になることばかりです。

    地域に特化した転職サイトでもあるので、都心以外の転職にも利用が可能です。

    看護師自体を辞める場合は「リクルートエージェント」がおすすめ

    リクルートエージェント

    <リクルートエージェントの強み・特徴>

    • 業界最大級の求人数を保有
    • 幅広い職種に対応
    • 履歴書作成から面接対策まで転職初心者にも優しい

    「リクルートエージェント」は、業界最大級を誇る求人数を保有しており、その80%が非公開求人です。

    非公開求人では登録しないと見れない優良企業ばかりで、登録後、専任のエージェントがつき、転職者に適切な求人を紹介してくれます。

    エージェントは、履歴書の添削や面接対策、独自で得た企業の情報提供など、転職初心者でも安心できるサポートで転職終了までしっかり支えてくれますよ。

    ステップ2.上司に看護師をやめたいと相談する

    まずは、 上司に看護師をやめたいと考えていることを相談しましょう。

    上司に相談することで、面談が行われることになるはずです。

    その上司との面談で、退職日やそれまでのスケジュールを決めていきます。

    上司に相談する際のポイントとしては、申し訳ない気持ちをアピールしながらも強い意思を持って臨むことです。

    軽く相談しただけだと、流されてしまうかもしれません。

    そのときは、真剣にやめたいと考えていることを再度伝えなおしてください。

    ステップ3.退職日を決めて退職願を提出する

    上司と面談をして退職日を決めたら、 退職願を上司に直接提出します。

    多くの場合、退職の面談をしてから短くても1ヶ月後以降に退職日が設定されるはずです。

    今すぐにやめたいと思っているときにその職場で働き続けるのは苦痛ですが、我慢して乗り越えなければなりません。

    急にいなくなってしまうと、上司だけではなく周囲のスタッフみんなに迷惑をかけてしまいます。

    しっかりと仕事を引き継ぐことが必要なのです。

    引き継ぎのことを考えると、やめるタイミングを決めるのが難しいと感じるかもしれません。

    そのときは、『看護師をやめるベストタイミングはいつ?3つのおすすめ時期を徹底解説』を読んでみてください。

    ステップ4.仕事を引き継ぎながら退職日まで働く

    退職願を提出したら、あとは 退職日まで仕事を引き継ぎながら頑張って働きましょう。

    このとき、最後だからといって気を抜かずに全力で業務に取り組んでください。

    退職日の直前に医療事故を起こすなどしてしまうと、転職ができなくなる可能性もあります。

    できるだけミスなく退職日まで働く必要があるのです。

    以上が、看護師が職場を変えるときに行う3つのステップでした。

    しかし、3つのステップを行っているときに看護師をやめられないようなトラブルが発生するかもしれません。

    ここで、看護師をやめたいのにやめられないケースについて見ておきましょう。

    5.看護師をやめられない場合の対応方法

    看護師をやめるときに、以下のようなケースが発生するかもしれません。

    これらのケースは、 どれも解決できるので安心してください。

    それぞれのケースについて、順番に確認していきましょう。

    ケース1.借金や奨学金がある場合

    借金や奨学金を返しているため、安易に転職ができないという場合があります。

    このケースで問題になるのは、休職期間を作るかどうかです。

    休職期間を極力短くして転職をすれば、常に賃金は支払われ続けるので問題ありません。

    借金や奨学金があるなら、しっかりと転職先を見つけてから転職をしましょう。

    ケース2.退職で費用が必要と伝えられる場合

    看護師をやめたいと伝えたときに、退職のための費用が必要と言われる場合があります。

    このケースにあたった場合、気にせずにやめて問題ありません。

    退職に特別な費用が必要というのは法律で認められていないので、安心してください。

    ご紹介した退職の手続きをとったうえで、費用は支払わずに転職しましょう。

    ケース3.退職を反対される場合

    最もよくあるケースが、退職を反対されるというものです。

    上司だけではなく、同僚や先輩、後輩などから引き止められる可能性があります。

    しかし、転職すると決めているならその反対は押し切らなければなりません。

    上司に相談しても取り合ってもらえない場合には、メールなどやり取りの記録が残るもので退職の意思を示しましょう。

    そして、 退職届をやめる2週間以上前に内容証明郵便で病院に送ることで退職することができます。

    以上が、看護師をやめたいのにやめられないケースでした。

    どうしても反対されて話がすすまない場合は、退職代行サービスというものがあるのでそちらを利用するのも良いでしょう。

    退職代行サービス「EXIT」

    EXIT

     

    <EXITの強み・特徴>

    • 業界実績No.1の最大手
    • すぐに辞めたいを叶える即日対応
    • 会社への連絡も不要

    EXIT」は、 すぐに辞めたい、会社と連絡を取りたくない、穏便に辞めたい人にぴったりな退職代行サービスの1つです。

    スマホ1つあれば、相談→雇用形態に応じた支払い→EXITが退職に関するすべての対応を代行の3ステップで職することができますよ。

    費用はかかってしまいますが、転職エージェント「ワークポート」とも連携しており、「ワークポート」で転職が成功したらEXITでの退職にかかる費用は全額キャッシュバック(条件)されます。

    最後に、転職してからも看護師をやめたいと思ったときに試すべきことを見ておきます。

    6.看護師をやめたいと転職後も思ったら試すべきこと

    転職をしてからも、また看護師をやめたいと思うかもしれません。

    そのときは、以下のようなことを試してみてください。

    転職してすぐにやめてしまうのは 労力や時間がもったいないです。

    それぞれについて、順番に確認していきましょう。

    看護師以外の仕事の給料を知る

    まずは、看護師以外の仕事の給料を確認してみましょう。

    今まで当たり前のようにもらっていた給料ですが、 冷静に他の仕事と比べてみると高額なことが多いです。

    看護師の平均年収は480万円程度と言われています。

    それに比べ、女性全体の平均年収は380万円程度です。

    一般的な女性の年収より100万円は多いので、看護師をやめると今のレベルの生活はできないかもしれません。

    収入を減らしてでも看護師をやめたいのかを考えてみてください。

    休みの日はストレス解消に使う

    休みの日は、 とことんストレス解消に使うようにしましょう。

    看護師は休みの日でも勉強会などで忙しいことが多いです。

    しかし、すべての集まりに参加をして休みがまったく取れないままだと、ストレスはたまっていきます。

    したがって、たまには無理矢理にでも休んでストレス解消をしてください。

    スッキリした気持ちを取り戻せば、また頑張ろうと思えることも多いです。

    看護師以外の仕事に就いた自分を想像する

    他の職業に移る前に、看護師以外の仕事に就いた自分を想像してみましょう。

    あなたが今までに看護師しかやったことがないのであれば、一般的なビジネスマナーからすべて学び直さなければなりません。

    また、せっかく資格を取った看護師としての経験を無駄にしてしまうのはもったいないと言えます。

    したがって、ゼロからすべて教わりなおす覚悟が持てないのであれば、看護師をやめるのは考えなおしてみてください。

    以上が、看護師をやめたいと転職後も思ったら試すべきことでした。

    多くの場合は、看護師を続けたほうが後悔しないので、まずはやれることをやってみるのが良いでしょう。

    まとめ

    看護師をやめたいと思ったときに、考えるべきことがあります。

    それは、今すぐやめたほうが良いのかどうかです。

    看護師をやめたいと思った理由を分析し、今後どうするかを決めましょう。

    多くの場合は職場を移ることで解決できます。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事