40代女性におすすめの資格は?目的に合わせて役立つ資格を解説!

資格

「資格を取得して転職したいけど、どんな資格を選べば良いかわからない」とお悩みではありませんか?

40代の女性が資格取得を目指す場合、目的意識が重要です。

目的によって、役立つ資格が変わってくるからです。

本記事では、資格の選び方・目的別のおすすめ資格を紹介します。

目的に合った資格を取得することで、転職・再就職にも役立ちますよ。

スポンサーリンク

1.40代女性の資格選びは「目的」を意識することが大切

これから資格取得を目指すのであれば、まずは 何のために資格を取得するのか明確にしましょう。

40代女性に多い資格取得の目的としては、「転職」「再就職」「キャリアアップ」が挙げられます。

転職
  • 今とは別の職種に転職したい人
  • 転職をして収入アップを目指したい人

「転職」に役立つ資格をチェック

再就職
  • 子供が大きくなったから再就職したい人
  • もう一度社会に出て働いてみたい人

「再就職」に役立つ資格をチェック

キャリアアップ
  • スキルを身につけて昇進したい人
  • 専門知識を身につけて独立したい人

「キャリアアップ」に役立つ資格をチェック

この章では、それぞれの目的に応じた資格選びのポイントを解説します。

1‐1.転職したい場合

転職したい場合は、知名度が高く客観的に評価されやすい資格を取得しましょう。

専門的な知識を有する資格は、企業からの評価が高い傾向にあります

特に「業務に資格が必須」という場合は、有資格者が重宝されますよ。

  • スポンサーリンク

  • 1‐2.再就職したい場合

    再就職したい場合は、企業や社会からの需要が高い資格を取得しましょう。

    特に人手が不足している職種を選ぶことで、再就職がスムーズになります。

    人材不足の業界では、未経験であっても、資格があることで採用が優遇されるケースが多いのです。

    1‐3.キャリアアップしたい場合

    キャリアアップしたい場合は、自分の将来に活かせる資格を取得しましょう。

    「将来的に独立したい」と考えている場合は、 独占業務を有する資格がおすすめです。

    独占業務とは、資格がなければできない業務のこと。

    独占業務を有する資格を取得することは、まさに「手に職をつけること」なので、活躍の場も広がります。

    以上のポイントを踏まえ、自分に合う資格を探してみてくださいね。

    次の章からは、目的ごとにおすすめの資格を紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 2.転職を考えている場合におすすめ資格

    40代を節目に転職したい」と考えている方には、以下3つの資格がおすすめです。

    それぞれの資格について、詳しくチェックしていきましょう。

    2‐1.衛生管理者

    衛生管理者は、労働安全衛生法で定められている国家資格。

    社員が衛生的かつ安全に働くための管理業務を行います。

    50人以上の社員が働く事業所では、必ず1人以上の衛生管理者を選任しなければなりません。

    社員の人数が増えるほど、必要となる衛生管理者の人数も増えるため「需要がある資格」と言えるでしょう。

    難易度 ★★☆☆☆
    活躍の場
    • 企業の総務部・人事部など
    公式サイト 公益財団法人 安全衛生技術試験協会

    第一種衛生管理者試験の合格率は50%・第二種は60%となっており、それほど難易度も高くありません。

    衛生管理者を求めている企業も多いため、転職にも有利に働きますよ。

    ただし、衛生管理者の試験を受けるには 1年以上の実務経験が必要です。

    受験資格について詳しくは公式サイトに記載されているので、しっかりチェックしてください。

  • スポンサーリンク

  • 2‐2.宅地建物取引士

    宅地建物取引士は、不動産取引法務に関する国家資格。

    不動産取引を行う際、 借主や購入者に対して重要事項を説明します

    知識がない借主や購入者が不当な契約を結ばないためには、専門家がわかりやすく重要事項を説明することが大切なのです。

    難易度 ★★★★☆
    活躍の場
    • 不動産管理会社
    • 建築会社
    • 金融会社など
    公式サイト 一般財団法人 不動産適正取引推進機構

    重要事項の説明は資格を持つ人しか行えません。

    宅地建物取引業を行う場合、必ず資格保有者を配置しなければいけないため、 不動産管理会社や建築会社からの需要があります

    試験の合格率は15~17%と難易度は高いですが、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    また、「宅健についてもっと詳しく知りたい!」という方は、以下の記事をご覧ください。

    宅建資格とは?宅建資格の難易度や取得方法・メリットを解説

    2‐3.ファイナンシャルプランナー(FP)

    ファイナンシャルプランナーは、お金に関する専門的な資格。

    相談者のライフスタイルに応じて、 お金に関するアドバイスやプランニングを行います

    金融はもちろん、保険や不動産など幅広い知識が必要です。

    難易度 ★★★☆☆
    活躍の場
    • 保険会社
    • 金融機関など
    公式サイト 日本FP協会

    さまざまな商品やサービスが提供されている現代において、ファイナンシャルプランナーが持つ知識はとても役立ちます。

    とくに資産に関する業務を行っている金融機関では、 資格保有者が優遇されることも多いです。

    また、ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格である「FP技能士」と民間資格である「AFP」「CFP」があります。

    級があがるにつれ難易度も高くなりますが、FP技能士試験3級の合格率は60%程度と半分以上。

    しっかり勉強すれば合格できる難易度なので、まずは3級合格を目指すことをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 3.主婦の再就職におすすめの資格

    今までは主婦だったけど、また働きたい」と考えている方には、以下3つの資格がおすすめです。

    それぞれの資格について、詳しくチェックしていきましょう。

    3‐1.介護福祉士

    介護福祉士は、介護全般に関する国家資格。

    高齢者や障がい者の介助をしたり、介護を行う人に指導を行います

    高齢化社会の日本では、高い需要があります。

    介護の現場では介護士が不足しているため、資格保有者は優遇されるケースも多いです。

    難易度 ★★☆☆☆
    活躍の場
    • 介護老人保健施設
    • 障害者支援施設
    • 社会福祉法など
    公式サイト

    公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

    介護福祉士試験の合格率は例年60%以上。

    難易度はそれほど高くないため「 取得しやすい資格」と言えるでしょう。

    ただし、介護福祉士の試験を受けるためには、「実務経験」「養成施設の修了」など受験資格が必要です。

    受験資格について詳しくは、公式サイトをチェックしましょう。

    また、介護福祉士の他にも福祉系の資格は存在します。

    「福祉系の資格についてチェックしたい」という方は、以下の記事をご覧ください。

    福祉資格の種類一覧!おすすめ資格の難易度・取得できる学校も解説

  • スポンサーリンク

  • 3‐2.医療事務

    医療事務は、 医療現場の事務に関する資格の総称

    民間資格であり、さまざまな資格の種類が存在します。

    医療事務として働くために資格は必須ではありませんが、資格を持っていることで就職に有利に働くケースは多いです。

    難易度 ★★★☆☆
    活躍の場
    • 病院
    • 調剤薬局など
    公式サイト 日本医療教育財団

    もっとも受験者が多い「医療事務技能審査試験」の合格率は、60%以上。

    独学でも合格を目指すことができるでしょう。

    また、医療事務に関する資格には「医療秘書技能検定試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」などがありますが、「医療事務技能審査試験」よりも難易度が高くなります。

    資格の内容をしっかりリサーチした上で、どの資格を取得すべきか考えてくださいね。

    3‐3.簿記

    簿記は、日本商工会議所などが実施している民間の検定。

    企業のお金の出入りなど、あらゆる活動を帳簿に記録します。

    お金の動きを把握できるようになるので、再就職はもちろん家計管理など日常生活にも活かすことができます。

    難易度 ★★☆☆☆
    活躍の場
    • 一般企業の経理
    • 会計事務所など
    公式サイト 商工会議所の検定試験

    日本商工会議所が実施する 「日商簿記」の2級以上を持っていると、採用が優遇される場合も多いです。

    日商簿記2級試験の合格率は試験によってばらつきがあり、20~40%程度。

    基本的な知識がないと合格は難しいので、まずは3級の合格を目指すことをおすすめします。

    4.キャリアアップにおすすめの資格

    スキルを身につけてキャリアアップしたい」と考えている方には、以下3つの資格がおすすめです。

    それぞれの資格について、詳しくチェックしていきましょう。

    4‐1.中小企業診断士

    中小企業診断士は、経営コンサルタントの国家資格。

    企業の課題に対して、アドバイスやサポートをします

    資格を取得することで、ビジネスに関する専門的な知識が身につきますよ。

    難易度 ★★★★☆
    活躍の場
    • 経営コンサルタント会社
    • 一般企業の経営企画など
    公式サイト J-SMECA 中小企業診断協会

    中小企業診断士試験の合格率は、1次・2次ともに20%程度。

    ストレート合格できるのは、4~5%と難易度はやや高めです。

    また、中小企業診断士の受験者は、働く社会人がほとんど。

    勉強時間を確保できれば、 働きながらでも資格を取得することができますよ

    4‐2.行政書士

    行政書士は、行政書士法に基づく国家資格。

    官公庁や役所に提出する書類を作成したり、コンサルタント業務などを行います

    行政に関わる幅広い業務を行うことができるため、スキルアップに役立ちますよ。

    難易度 ★★★★☆
    活躍の場
    • 一般企業の法務部・総務部
    • 行政書士事務所
    • 独立など
    公式サイト

    一般財団法人 行政書士試験研究センター

    行政書士試験は10%前後。

    難易度は高めですが、働きながら合格している方も多いです。

    一発合格を目指す場合は、スクールや予備校に通うことをおすすめします。

    4‐3.社会保険労務士

    社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格。

    労働・社会保険の専門家として 企業の問題を解決したり、労働管理の相談や指導を行います

    人事・総務としてのスキルを高めることも可能ですよ。

    難易度 ★★★★★
    活躍の場
    • 企業の人事部・総務部
    • 独立など
    公式サイト 社会保険労務士試験オフィシャルサイト

    社会保険労務士試験の合格率は、6~8%。

    かなり難易度の高い資格と言えるでしょう。

    しかし、 社会保険に関する手続きなど独占業務があることから需要が高く、独立や開業にも有利です。

    専門的なスキルを身につけたい方は、ぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

    5.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

     

    ②財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    40代女性が資格取得を考える時、一番大切なのは「 なにを目的に資格を取得するのか」ということ。

    やみくもに試験を受けても、仕事や実生活に役立たないのでは意味がありません。

    まずは「資格を取得して、どんなことをしたいのか」をじっくり考えてみましょう。

    将来について考えることで、今の自分に必要な資格が見えてくるはずですよ。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク