CADオペレーターになるには?おすすめCAD資格8選と勉強方法を紹介!

Architect's accessories on plan papers
資格

CADオペレーターになりたい。。だけど、資格が色々あって、何を取るべきかわからない!

CADの資格と一概に言っても、種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからず悩みますよね。

CAD資格には建築製図、機械製図、2次元、3次元など扱う製図の種類によって異なるので、自分の方向性に合った資格を選びましょう。

そこで、ここでは CADのおすすめ資格8種類について、資格の特徴や試験の内容、難易度などを解説していきます。

この記事を読んでいただければ、自分に合ったCAD資格を見つけることができますよ。

スポンサーリンク

1.CADオペレーターになるには?仕事内容も解説

CADオペレーターになるために資格は必要なのか、 CADオペレーターの仕事内容について、以下の2つを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

1-1.資格がなくても就職はできる

CADオペレーターになるのに 資格は必要ありません。

なぜなら、CADオペレーターの資格は業務独占資格ではないため、資格を取らずに仕事をすることが法的に許されているからです。

そのため、CADの資格を取らなくても、CADオペレーターとして会社に就職や転職をすることはできます。

しかし、CADの資格を持っていないと、就職や転職をする際に、CADの知識と技術を持っていることを証明することは難しいです。

CADの資格を持っていれば、 CADの知識と技術を持っていることを証明できるので、就職や転職がしやすくなります。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.仕事内容は設計図の作成

    CADオペレーターの仕事内容は、 コンピューターを使って設計図を作成することです。

    CADオペレーターが作成する設計図には様々なものがあり、例えば建築や機械、ファッション、インテリアなどがあります。

    設計図の作成という仕事から、就職先や転職先は建築関係が多いですが、自分の方向性に合った業界を選ぶことが可能です。

    2.CADのおすすめ資格は8種類

    ここからはおすすめのCAD資格として、以下の8つの資格を紹介していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • おすすめ1.CAD利用技術者試験

    第1におすすめのCAD資格はCAD利用技術者試験です。

    CAD利用技術者試験がおすすめである理由として、 CAD資格の中でも知名度が高いことが挙げられます。

    そのため、CAD利用技術者資格を持っていると、就職や転職の際にアピールしやすくなります。

    CAD利用技術者試験は 建築業界や機械部品製造の分野で仕事をしたい人におすすめです。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 一般社団法人コンピュータ教育振興協会
    受験資格
    • 2次元CAD利用技術者:1級は2級有資格者のみ
    • 3次元CAD利用技術:準1級は2級有資格者のみ(併願可) / 1級は準1級有資格者のみ(併願可)
    合格率 25〜50%
    難易度 ★★★☆☆
    試験日程 前期・後期の年2回
    試験内容
    • 2次元CAD利用技術者:基礎と2級は筆記試験でCADの基礎知識や基本機能。1級は「機械」「建築」「トレース」筆記試験と実技試験で各分野における専門知識。
    • 3次元CAD利用技術者:2級は3次元CAD関する基本的な知識。準1級と1級は実技試験(作図能力)。
    受験手数料
    • 2次元CAD利用技術者:1級 15,000円、2級 5,500円、基礎 4,000円
    • 3次元CAD利用技術者:1級 15,000円、準1級 10,000円、2級 7,000円(税別)

    おすすめ2.建築CAD検定試験

    第2におすすめのCAD資格は建築CAD検定試験です。

    建築CAD検定試験がおすすめである理由として、 建築系のCADに専門特化していることが挙げられます。

    そのため、建築CAD検定試験は、CADの中でも特に建築系の設計・製図をしたいという人が取得することをおすすめします。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 一般社団法人 全国建築CAD連盟(AACL)
    受験資格 なし
    合格率
    • 4級:90%
    • 3級:70%
    • 2級:50%
    • 准1級:30%
    難易度 ★★★☆☆
    試験日程 4・10月の年2回。各日曜日実施。
    試験内容

    課題として与えられた建築図面を、建築製図知識とCADの経験を駆使してトレースし、完成させる。

    受験手数料
    • 準1級:14,400円
    • 2級、3級:10,300円
  • スポンサーリンク

  • おすすめ3.CAD実務キャリア認定制度

    第3におすすめのCAD資格はCAD実務キャリア認定制度です。

    CAD実務キャリア認定制度がおすすめである理由として、 学生割引があることと団体受験ができることが挙げられます。

    そのため、学校や会社の研修としても利用することができるので、一般の方だけでなくCADを利用している法人の方にもおすすめです。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 NPO法人日本学び協会CAD検定部会
    受験資格 なし
    合格率 25〜50%
    難易度 ★★★☆☆
    試験日程 年2回(9月下旬、2月上旬)
    試験内容
    • 事前課題
    • 実技試験
    受験手数料
    • 3次元CADトレーサー認定試験:13,400円(学生割引:9,300円)
    • 3次元CADアドミニストレーター認定試験:10,300円(学生割引:6,200円)
    • CADアドミニストレーター認定試験:7,200円(学生割引:5,200円)

    おすすめ4.オートデスク認定資格プログラム試験

    第4におすすめのCAD資格はオートデスク認定資格プログラム試験です。

    オートデスク認定資格プログラム試験がおすすめである理由として、 AutoCADの開発企業が運営していることが挙げられます。

    そのため、試験もAutoCADを用いて行われるため、CADソフトの中でも、特にAutoCAD製品を使う人におすすめです。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 オートデスク
    受験資格 なし
    合格率 不明
    合格基準
      • 【プロフェッショナル】AutoCAD : 80 % 以上、Inventor : 71 % 以上
    •  
    • 【ユーザー】AutoCAD : 70 % 以上、Revit Architecture : 73 %以上、Fusion 360 : 70 %以上
    試験日程 4・10月の年2回
    試験内容
    • オートデスク認定ユーザー:選択式と実技形式
    • オートデスク認定プロフェッショナル:ツール、機能、一般的なタスクに関する知識を評価する
    受験手数料 非公表
  • スポンサーリンク

  • おすすめ5.Vectorworks操作技能認定試験

    第5におすすめのCAD資格はVectorworks操作技能認定試験です。

    Vectorworks操作技能認定試験がおすすめである理由として、 CADソフトを開発しているVectorworksが主催していることが挙げられます。

    Vectorworksは特にインテリアに強いCADソフトとして知られているため、 CADを使ってインテリア関連の仕事をしたい人におすすめです。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 Vectorworks
    受験資格
    • ベーシック:なし
    • マスター:Vectorworksベーシック認定試験合格者
    合格率 50%
    難易度 ★★★☆☆
    試験日程 いつでも受験可能
    試験内容

    Vectorworksの2次元・3次元、データベース等の基本的作図技能やVectorworks製品の基本的な操作や機能の理解を判定する。

    受験手数料
    • 3,240円(ベーシック)
    • 12,960円(マスター)

    おすすめ6.3次元設計能力検定試験

    第6におすすめのCAD資格は3次元設計能力検定試験です。

    3次元設計能力検定試験がおすすめである理由として、 製造業での3次元の設計能力の測定に特化していることが挙げられます。

    そのため、 現在製造業でCADを使って設計・製図をしている人が、能力を測定するのにおすすめです。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 3次元設計能力検定協会
    受験資格 なし
    合格率 不明
    合格基準 60%以上
    試験日程 年2回(5月下旬、11月)
    試験内容
      3次元CAD(部品、アセンブリ、図面など) 
    受験手数料
    • プロ設計者コース:15,000円 
    • 図面作成コース:10,000円
    • 3次元CADコース:8,000円
  • スポンサーリンク

  • おすすめ7.CADデザインマスター

    第7におすすめのCAD資格はCADデザインマスターです。

    CADデザインマスターがおすすめである理由として、 試験内容が広く、様々な業界で活かせることが挙げられます。

    また、CAD試験の中でも合格率が低いので、 よりレベルの高い試験に挑戦したい人にもおすすめです。

    国家資格/公的資格/民間資格 民間資格
    認定団体 日本デザインプランナー協会
    受験資格 なし
    合格率 30%
    難易度 ★★★★☆
    試験日程 年4回(2月、4月、6月、8月、10月、12月)
    試験内容

    AUTOCAD、JWCADを使いあらゆる場面(建築・機械・設備・電気・土木)中でより的確に作図できるか判定する。

    受験手数料

    受験資格:10,000円

    おすすめ8.機械・プラント製図技能士

    第8におすすめのCAD資格は機械・プラント製図技能士です。

    機械・プラント製図技能士がおすすめである理由として、 国家資格であることが挙げられます。

    そのため、CAD資格の中でも、 機械・プラント製図技能士が最も信頼性が高いです。

    国家資格/公的資格/民間資格 国家資格
    認定団体 厚生労働省
    受験資格
    • 3級:実務経験6ヶ月以上
    • 2級:実務経験2年以上
    • 1級:実務経験7年以上
    合格率 40〜20%
    難易度 ★★★☆☆
    試験日程 2月上旬
    試験内容
    • 学科試験
    • 実技試験
    受験手数料
    • 実技試験:17,900円
    • 学科試験:3,100円

    3.CADの資格を取るための勉強方法

    CADの資格を取るための勉強方法ついて、以下の3つの方法を紹介します。

    それぞれ解説します。

    方法1.テキストで繰り返し勉強

    方法の1つとして、テキストで繰り返し勉強する方法があります。

    市販のCADのソフトには、ソフトごとにテキストが販売されています。

    テキストには、基本の知識や操作方法が載っているものが多く、初心者でもわかりやすいです。

    テキストを見て、繰り返しCADソフトを操作することで、まずは慣れていくことができます。

    初心者でもわかりやすいテキストはあるので、初めてソフトに触れる人は、そういったものを選びましょう。

    テキストの問題や操作を繰り返すことで、独学でも基礎から学ぶことができるのです。

    方法2.Youtubeなどの動画を見て操作を覚える

    また、 Youtubeなどに上がっている、一般の人がCADの操作を説明している動画を見て操作を覚えるのもオススメです。

    わからない操作が合った時にその名称と「動画」と検索すると、出てきやすいです。

    動画は、実際に操作を見ることができるので、同じソフトを使っているとかなり勉強になります。

    有名なCADソフトの場合、動画も出てきやすいので、テキストでの勉強につまづいたら、動画を見るのもオススメです。

    方法3.学校や通信講座で授業を受ける

    最後のオススメの勉強方法は、 学校や通信講座などで授業を受けることです。

    これらの方法は、一番最短で学べる方法でもあります。

    なぜなら、わからないところを教えてくれる環境が整っているからです。

    初心者では、わからないこと自体がわからないこともあります。

    そういった初心者がつまづきやすいところを、丁寧に教えてくれるのです。

    もちろん、費用は一番かかりますが、教えてくれる人がいる学校や通信講座は、初心者には良い勉強方法です。

    3-1.それぞれの勉強方法のメリット・デメリット

    CADの資格を取る場合、以下の4つの勉強方法があります。

    1. 独学
    2. 通学する
    3. 通信講座を受講する
    4. 職業訓練校に通う

    それぞれの勉強方法の メリットやデメリット、向いている人の特徴は以下の通りです。

      メリット デメリット 向いている人
    独学 通学や通信講座と比べて費用がかからない わからないところがあっても質問できない・時間がかかる CADについてある程度の技術と知識がある人
    学校へ通う わからないところをすぐに質問できる 費用がかかる 時間とお金に余裕がある人。
    通信講座 通学する必要がなく、自宅で勉強できる わからないところがあっても、すぐには質問できない 社会人など通学するのが難しい人
    職業訓練校 無料で授業を受けることができる
    • 申し込みが面倒
    • 定期的に就活を行わなければならない
    • 資格を取ったらすぐに就職活動をしたい人
    • 費用をかけずに資格を取得したい人

    自分にはどの勉強方法が合っているか確認して、CAD資格へ向けた勉強をするようにしましょう。

    4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    CADオペレーターになるのに資格は必要ありませんが、資格を持っていると就職や転職で有利になります。

    CADの資格の中でどれを取ったらいいのか迷ったら、 自分の将来の方向性や適性を基準に選ぶようにしましょう。

    自分に合ったCAD資格を取得して、ぜひCADオペレーターとして活躍してください!

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?