整備士資格とは?資格の種類・自動車整備士の取得方法・難易度も解説

Brand New Cars For Sale in Dealer Showroom. Car Business.
資格

整備士になりたいと考えているけど、整備士にはどんな種類があって、どうすれば取れるんだろう?

整備士資格には、国家資格である自動車整備士資格と、ディーラー独自の自動車整備士資格、自動車以外の整備士資格があります。

また、国家資格の自動車整備士は1級、2級、3級、ガソリンエンジン、ジーゼルエンジンなど種類が多いので、それぞれの種類の違いを覚えることが大事です。

そこで、本記事では 整備士資格の種類と、それぞれの資格の取得方法や難易度などを解説していきます。

本記事を読んでいただければ、自動車整備士資格や自動車以外の整備士資格の種類について詳しく知ることができますよ。

スポンサーリンク

1.整備士資格の種類

整備士は、 乗り物をはじめとする機械の整備や点検作業を行うための資格です。

「整備士資格」と聞くと、自動車の整備士を思い浮かべるかもしれませんが、整備士資格の種類はそれだけではありません。

整備士資格は大きく分けると以下の3種類あります。

  1. 自動車整備士
  2. ディーラー独自の自動車整備士
  3. 自動車以外の整備士

それぞれ見ていきましょう。

1-1.自動車整備士

自動車整備士は、整備士の中でも 自動車のメンテナンスを行うための資格です。

自動車整備士の行う「メンテナンス」には、自動車の診断、点検、分解、組み立て、修理、調整などの仕事が含まれています。

自動車のメンテナンスに不手際があった場合、自動車事故により人命が失われてしまうことにもなりかねず、大変責任の重い仕事であると言えます。

責任の重い仕事を担うことから、自動車整備士資格は国家資格となっており、国家試験に合格しないとなることができないのです。

それよりも自動車整備士の取得方法について先に知りたい方は、「2.自動車整備士の取得方法」をご確認ください。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.ディーラー独自の自動車整備士資格

    ここからはディーラー独自の自動車整備士資格について解説していきます。

    「ディーラー独自の自動車整備士資格」とは、 自動車ディーラーが独自に認定する整備士資格のことで、国家資格ではなく民間資格です。

    自動車整備士は国土交通省が認定する国家資格であり、民間資格ではないため、この点でディーラー独自の自動車整備士資格とは異なります。

    ディーラー独自の資格は、そのディーラーで働いている時のみ有効となるため、ディーラーを辞めてしまったら資格の効果はありません。

    独自の自動車整備士資格を認定しているディーラーは以下の2つです。

    1. 日産
    2. BMW

    それぞれ見ていきましょう。

    日産

    日本の自動車メーカーである日産では、 「日産整備士」という資格を独自に認定しています。

    日産整備士は4級から1級まであり、以下の表の通り、級が上がるごとに、より高度な仕事ができるように決まっているのです。

    日産4級整備士
    • 点検、車検が確実にできる
    • 自動車の基本的な構造、機能、動作を理解している
    • 基本的なお客さま対応を理解している
    日産3級整備士
    • 部品の点検整備および脱着ができる、簡単な装置の構造、機能、作動を理解している
    • 交換部品、メンテナンスオーダーシート(MOS)、メンテナンスメッセージシート(MMS)を使用して整備結果説明、次回入庫アドバイスができる
    • 点検/車検が基準時間内で確実にできる
    日産2級整備士
    • システムの点検整備ができる、複雑な装置の構造、機能、作動を理解してる、故障診断の考え方を理解している
    • 不具合問診ができて、メンテナンスオーダーシート(MOS)が正確に作成できる
    • 点検/車検を新人に対して指導できる
    日産1級整備士
    • 車の総合診断ができる
    • 難解不具合の的確な問診ができる
    • 点検/車検の作業効率改善指導ができる

    BMW

    ドイツの自動車メーカーであるBMWには、 「マイスター」という整備士の昇格制度があります。

    「マイスター」とは、もともと中世から続くドイツの制度のことで、 手工業などについてトップレベルの技術を持つ人のことを意味しているのです。

    ドイツでは15歳になると高等教育に進むか職業教育に進むか決めることになり、職業教育に進んだ場合は職人や技術者として働くことになります。

    職人や技術者としての腕を磨いた人の中から、ごくわずかな人だけが「マイスター」として認められるのです。

    BMWでも、整備士についてマイスター制度が設けられており、以下のように 「アプレンティス」から「BMWマイスター」の5段階に分かれています。

    アプレンティス 入社してすぐの者。自動車に触れられる機会は少ない。
    BMWジュニア・テクニシャン 入社2、3年目の新人。各正規ディーラーに配属されているワークショップ・スーパーバイザー(工場長)に当たる者のサポートを受けながら、BMW 1~3シリーズの定期点検、日常で必要なパーツの交換作業などができるようになる。
    BMWテクニシャン 「ジュニア・テクニシャン」が終わり、本格的な故障診断が行える段階。対象車種はBMW 1~3シリーズ。ただ“「ジュニア・テクニシャン」と同様に、診断作業を実施する際は、ワークショップ・スーパーバイザーのサポートを受ける必要がある。
    BMWシニア・テクニシャン 扱えるのは全車種。「シニア・テクニシャン」では、すべての作動、構造を理解し、故障診断、パーツの交換作業などが行えるようにならなくてはならない。「テクニシャン」まではトレーニングを受ければ昇格できるようになっているが、「シニア」になるにはBMWサービス・テスター(車両内部に搭載されたコンピュータと通信し、故障診断を行う機器)をベースとした試験に通る必要がある。
    BMWマイスター 最短で5年(大半はそれ以上)の時間をかけて技術や知識を習得しなければなれない、といわれているテクニシャンの最高峰。基本は「シニア・テクニシャン」と同じだが、より高度な判断力が求められる。合格率は約4%。現在、活躍しているテクニシャンのなかでBMWマイスターの称号をもつのは1割しかいない。

    1-3.自動車以外の整備士

    整備士資格があるのは、自動車だけではありません。

    自動車以外にも様々な機械で専用の整備士資格があるのです。

    自動車以外の整備士資格としては、以下のような種類があります。

    • バイク整備士資格
    • バス整備士資格
    • ドローン整備士資格
    • ヘリコプターの整備士資格(航空整備士)
    • フォークリフトの整備士資格(産業車両整備技能士)
    • 鉄道車両製造・整備技能士資格
    • 船舶の整備士資格
    • 農業機械整備技能士資格
    • 建設機械整備技能士資格
    • 車いす安全整備士資格

    次からは、整備士資格のうち、自動車整備士の取得方法についてみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.自動車整備士の取得方法

    自動車整備士の資格を取得するルートは、大きく分けると以下の2つがあります。

    1. 実務経験を積んで取得する
    2. 養成施設に通って取得する

    それぞれ見ていきましょう。

    取得方法1.実務経験を積んで取得する

    第一の取得方法は、 整備工場などに入社し、実務経験を積んで整備士資格を取得する方法です。

    実務経験から整備士資格を取得するには、資格の種類ごとに以下のようなルートを経る必要があります。

    種類 取得までのルート
    3級自動車整備士 中学、高校、大学を卒業後、実務経験1年以上
    2級自動車整備士 3級自動車整備士資格取得後、実務経験3年以上
    1級自動車整備士 2級自動車整備士資格を取得後、実務経験3年以上
    特殊整備士  中学、高校、大学を卒業後、実務経験2年以上

    この方法では、学校に通うことなく実務経験のみで資格を取得することができます。

    勤務している整備工場などで実務経験証明書を発行してもらうと、受験資格を得ることができるのです。

    ただし、働きながら資格を取得するのは容易ではないので、相当な気力が必要になってきます。

  • スポンサーリンク

  • 取得方法2.養成施設に通って取得する

    第二の取得方法は、 専門学校や大学などの養成施設に通って取得する方法です。

    自動車整備士資格を取得できる養成施設は、大きく分けると以下の3つがあります。

    1. 一種養成施設:高校、大学、専門学校、各種学校など
    2. 二種養成施設:各都道府県の自動車整備振興会
    3. 認定大学:工業系の短期大学

    これらの学校を卒業すると、国家試験の受験要件から実務経験が免除されます。

    また、取得したい資格の種類ごとに課程が異なり、以下の通り入学資格と修業年限が定められています。

    課程 入学資格・修業年限
    3級自動車整備士養成課程 入学資格は中学卒業以上で、修業年限は1年以上
    2級自動車整備士養成課程 入学資格は高等学校卒業以上で、修業年限は2年以上
    1級自動車整備士養成課程  一級大型及び一級小型自動車整備士の養成課程の入学資格は、二級ガソリン自動車整備士又は二級ジーゼル自動車整備士を取得している者で、修業年限は3年以上。二級ガソリン自動車整備士及び二級ジーゼル自動車整備士の両方取得している者は、修業年限を2年以上。

    取得方法について大まかに説明しましたが、自動車整備士は資格の種類ごとに受験要件が異なります。

    次からは自動車整備士資格の受験要件について詳細を見ていきましょう。

    3.自動車整備士の受験要件

    自動車整備士資格を取得するには、 国家試験に合格する必要があります。

    自動車整備士資格の受験要件は、資格の種類によって異なります。

    そのため、ここからは自動車整備士資格の受験要件について、以下の4つに分けて解説していきます。

    • 3級自動車整備士の受験要件
    • 2級自動車整備士の受験要件
    • 1級自動車整備士の受験要件
    • 特殊自動車整備士の受験要件

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.3級自動車整備士(ガソリンエンジン・ジーゼルエンジン・二輪・シャシ)の受験要件

    3級自動車整備士は、 整備士の中でも最も初歩的な資格なので、基本的な整備士か担当することができません。

    3級自動車整備士は、扱える自動車の種類に応じて以下の4つの種類に分かれています。

    1. 3級自動車ガソリン・エンジン整備士
    2. 3級ジーゼル・エンジン整備士
    3. 3級自動車シャシ整備士
    4. 3級二輪自動車整備士

    3級自動車整備士は上記の4つの種類で受験要件は共通しており、受験するには以下の要件を満たしている必要があります。

    1. 中学校卒業者、高等学校卒業者、大学卒業者で1年以上の実務年数を有する者
    2. 大学、高等専門、高等学校又は中等教育学校卒業者(各種学校を除く)で機械工学科、精密機械学科、建設機械科、農業機械科、機械電気科、電子機械科、航空学科、航空機原動機科、造船学科の修了の6月以上の実務年数を有する者
    3. 大学、高等専門、高等学校又は中等教育学校卒業者(各種学校を除く)で自動車科、自動車整備科修了

    3-2.2級自動車整備士(ガソリン・ジーゼル・二輪・シャシ)の受験要件

    2級自動車整備士は、 高度な技術が必要な整備のほとんどを担当することが可能です。

    2級自動車整備士は、扱える自動車の種類に応じて以下の4つの種類に分かれています。

    1. 2級ガソリン自動車整備士
    2. 2級ジーゼル自動車整備士
    3. 2級自動車シャシ整備士
    4. 2級二輪自動車整備士

    2級自動車整備士は上記の4つの種類で受験要件は共通しており、受験するには以下の要件を満たしている必要があります。

    1. 中学校卒業者、高等学校卒業者、大学卒業者で3級合格後3年以上の実務年数を有する者
    2. 大学又は高等専門学校卒業者で機械工学科、精密機械学科、建設機械科、農業機械科、機械電気科、航空学科、航空機原動機科、造船学科修了で三級合格後1年6月以上の実務年数、自動車科、自動車整備科修了は三級合格後2年以上の実務年数
    3. 一種養成施設修了者で二級自動車整備士養成課程修了、認定大学卒業者で二級自動車整備士養成課程修了
    4. 高等学校又は中等教育学校卒業者(各種学校を除く)で機械工学科、精密機械学科、建設機械科、農業機械科、機械電気科、電子機械科、航空学科、航空機原動機科、造船学科、自動車科、自動車整備科修了で三級合格後2年以上の実務年数を有する者
  • スポンサーリンク

  • 3-3.1級小型自動車整備士の受験要件

    1級小型自動車整備士は、 自動車整備士の中では最上位の資格で、以下の条件を満たす自動車の整備を行うことができます。

    1. 総重量8トン未満、最大積載量2トン以下、乗車定員10名以下の普通自動車
    2. 総重量8トン未満、最大積載量2トン以下、乗車定員10名以下の四輪・三輪の小型自動車
    3. 総重量8トン未満、最大積載量2トン以下、乗車定員10名以下の軽自動車

    1級小型自動車整備士の受験要件は以下の2つです。

    1. 1種養成施設の1級整備士養成課程を卒業した者
    2. 2級整備士合格後、三年以上の実務経験を有する者

    3-4.特殊整備士の受験要件

    特殊整備士とは、 自動車の特定のパーツを専門とする整備士のことです。

    特殊整備士資格は以下の3種類あります。

    1. 自動車電気装置整備士:電気装置部分(バッテリー、電子制御装置、冷暖房装置など)の点検・修理・整備などを行う
    2. 自動車車体整備士:フレームやボディの点検、修理、整備などを行う
    3. 自動車タイヤ整備士:タイヤの点検、修理、整備などを行う

    特殊整備士は上記の3つの種類で受験要件は共通しており、受験するには以下の要件を満たしている必要があります。

    • 中学校卒業者、高等学校卒業者、大学卒業者 – 2年以上の実務年数を有する者
    • 大学又は高等専門学校卒業者で機械に関する学科(電気装置整備士にあっては、電気に関する学科)修了の1年6月以上の実務年数を有する者
    • 一種養成施設修了者で技能検定に係る整備士を養成する課程修了
    • 一種養成施設修了者で二級自動車整備士養成課程修了の1年以上の実務年数

    4.自動車整備士の試験科目・合格率

    自動車整備士の試験科目と合格率について、以下の4つの種類ごとに分けて解説していきます。

    1. 3級自動車整備士の試験科目と合格率
    2. 2級自動車整備士の試験科目と合格率
    3. 1級自動車整備士の試験科目と合格率
    4. 特殊自動車整備士の試験科目と合格率

    それぞれ見ていきましょう。

    4-1.3級自動車整備士の試験科目は5つ・合格率は60〜80%

    3級自動車整備士の 合格率は60〜80%となっており、半数以上の受験者が合格できるため難易度は低いです。

    3級自動車整備士の試験科目は以下の5つです。

    1. 構造、機能及び取扱い法に関する初等知識
    2. 点検、修理及び調整に関する初等知識
    3. 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法に関する初等知識
    4. 材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する初等知識
    5. 保安基準その他の自動車の整備に関する法規

    4-2.2級自動車整備士の試験科目は6つ・合格率は75〜90%

    2級自動車整備士の 合格率は75〜90%となっており、ほとんどの受験者が合格できるため難易度は低いです。

    2級自動車整備士の試験科目は以下の6つです。

    1. 構造、機能及び取扱い法に関する一般知識
    2. 点検、修理、調整及び完成検査の方法
    3. 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法に関する一般知識
    4. 材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する一般知識
    5. 図面に関する初等知識
    6. 保安基準その他の自動車の整備に関する法規

    4-3.1級自動車整備士の試験科目は7つ・難易度:合格率は20%

    1級自動車整備士の 合格率は20%となっており、ほとんどの受験者が不合格になるため難易度は高いです。

    3級自動車整備士の試験科目は以下の7つです。

    • 構造、機能及び取扱い法
    • 点検、修理、調整及び完成検査の方法
    • 整備用機械に関する初等知識
    • 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱い法
    • 材料及び燃料油脂の性質及び用法
    • 図面に関する一般知識
    • 保安基準その他の自動車の整備に関する法規

    4-4.特殊自動車整備士の試験科目は7つ・合格率は50〜80%

    特殊自動車整備士の 合格率は50〜80%となっており、半数以上の受験者が合格できるため難易度は低いです。

    特殊自動車整備士の試験科目は以下の7つです。

    1. 構造、機能及び取扱法
    2. 点検、修理、調整及び完成検査の方法
    3. 整備用機械に関する初等知識
    4. 整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法
    5. 材料の性質及び用法
    6. 図面に関する一般知識
    7. 保安基準その他の自動車の整備に関する法規

    5.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    整備士資格には、国家資格と、ディーラー独自の整備士資格、自動車以外の資格の3つがあります。

    また、自動車整備士資格には3級、2級、1級、特殊と種類が分かれており、整備できる自動車の種類やパーツなどが違うので区別しましょう。

    現在、電気自動車の登場など、技術革新によって自動車整備士に求められる技能は高くなっています。

    それに伴って、 高い技能を持った整備士の需要は今後も高くなるので、将来性のある資格としておすすめです。

    自動車整備士に興味があるなら、ぜひ目指してみてくださいね。

     

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?