マーケティング資格は仕事に役立つ!目的別おすすめ資格15選

Woman working on her laptop
資格

マーケティング資格ってキャリアアップとか転職に役立つの?

こんな悩みに答えます。

マーケティング資格ってたくさんありますよね。もし キャリアアップに役立つなら、ぜひ取得しておきたいですね。

結論から言うと、マーケティングの資格はキャリアアップだけではなく、就職や転職にも役立ちます。

なぜなら、効率的かつ体系的に知識が取得できるからです。

ただし、仕事に役立つかどうかは、あなたの目的にあった資格を選ぶことができるかで決まってきます。

この記事では、目的別にマーケティングにおすすめの資格15種を取り上げましたので、あなたの目的にあったマーケティング資格を見つけることができますよ。

ぜひあなたの仕事に役立つマーケティング資格を見つけて、マーケターとしてのスキルをアップさせてくださいね。

スポンサーリンク

1.【目的別】マーケティング資格の選び方

マーケティングの資格といっても、目的によって選ぶ資格は変わります。

資格を取るのが目的ではなく、実践に役立つことが重要です

マーケティングの基礎知識を身に付けたい

こんな疑問を持っている人におすすめ

  • マーケティングってどういうこと?
  • マーケターとして何をすればいいの?
  • 感覚だけでマーケティングをやってきたけど、スキルアップするにはどうすればいい?

マーケティングの基本概念や、業界でよく使う用語を一通り身につけることができます。

また、マーケティング歴は2〜3年あるけど「感覚でやってきたせいで、戦略的な売り方がわからない」という人にも役立ちます。

資格取得のための勉強をすることで、マーケティングの基本だけではなく戦略立案などの応用まで学ぶことができるからです。

以下のような資格で学ぶことができます。

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • マーケティング検定
  • スポンサーリンク

  • WEBマーケティングで物やサービスを売りたい

    こんな疑問を持っている人におすすめ

    • 売れるWebサイトを作るにはどうすればいい?
    • Webマーケティングって難しそうだけど、具体的に何をすればいいの?
    • ECサイト(ネット上で商品を販売するWebサイトの)の運営を任されたけれど、何をしたらいいの?

    実在の店舗ではなく、ネット上の仮想空間で物を売るのがWebマーケティング。

    Webマーケティングを成功させるためには、お客さんが喜んでくれるようなホームページを作ることが大切です。

    そのためには、 売る技術だけではなくホームページを作るデザインやライティングなどの技術も必要です。

    以下のような資格で学ぶことができます。

    • ネットショップ実務士
    • ウェブデザイン技能検定
    • Webクリエイター能力認定試験
    • WEBライティング技能検定
    • 校正技能検定

    WEB広告で良質なコンテンツを作って集客したい

    こんな疑問を持っている人におすすめ

    • WEB広告ってどうやって作ればいいの?
    • サービスが売れるためにはどんなWEB広告を作ればいい?

    WEBマーケティングでホームぺージと同じくらい大切なコンテンツが WEB広告です。

    せっかくの価値あるサービスがお客様の目に届くよう、WEB広告にも力を入れましょう。

    資格取得をすると認定証がもらえる資格もあり、 認定証の提示が顧客への信頼度アップにつながります。

    以下のような資格で学ぶことができます。

    • Google AdWords認定資格
    • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験
  • スポンサーリンク

  • マーケティング分析の精度を高めて売り上げアップを狙いたい

    こんな疑問を持っている人におすすめ

    • マーケティングに関する数値ってどうやって読み解けばいいの?
    • データを分析してどういったことが分かるの?

    店舗や事業に密着した販売促進を目的とするマーケティングに対して、様々な形で蓄積されたデータを分析することで、事業全体や製品の本質を明らかにすることができます。高度なマーケティング分析には専門知識が必要です。

    マーケティングや経営戦略を立てるにあたって、 数値を正しく解析し分析検討する力は必須です。

    Googleアナリティクスなどで基本的な数値の読み方が分かるだけでなく、その数値からどのような仮説を立て、次に活かすかを判断できれば強力なスキルになります。

    マーケティングに関する基礎的な知識・スキルが手に入ったら、データ解析や数値分析のスキルを手に入れましょう。

    以下のような資格で学ぶことができます。

    • ウェブ解析士
    • データ解析士

    売れる営業になって会社の売り上げに貢献したい

    こんな疑問を持っている人におすすめ

    • 各部門との調整ってどうすればうまくいくの?
    • 営業としてスキルアップするには何をみにつければいいの?

    営業領域での仕事は、生産部門と販売部門を結んだり、事業をプロデュースしたり、顧客への商品説明をしたりと、実に多様な側面があります。

    各部門との調整や運営管理に必要なスキルを身につけることで、業務を円滑に進めることができます。

    以下のような資格で学ぶことができます。

    • マーケティング・ビジネス実務検定
    • Webリテラシー試験
    • JWA Webディレクション検定
  • スポンサーリンク

  • 2.マーケティングの基礎知識を身につけたい人におすすめの資格

    まずはマーケティングの基礎知識を身につけたい人におすすめの資格を2つ紹介します。

    ①マーケティング・ビジネス実務検定

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:A級:12,343円(税込)、B級:7,150円(税込)、C級:5,980円(税込)
    • 受験資格:制限なし。どの級からでもOK
    • おすすめの人:マーケティング初心者、広告代理店、マーケティングコンサルタント

    マーケティング・ビジネス実務検定は、 未経験でマーケティングの知識を身につけたい人におすすめの資格です。

    業務で発生する場面を細かく想定して、簡単な方から順にC・B・Aの3つの級に分けられています。

    このうちCとBは初心者向けで実務経験がなくてもチャレンジ可能です。

    Cは基礎問題、Bは業務の運用、Aは戦略立案・意思決定レベルの問題が出題されます。

    試験内容

    全級共通

    • マーケティング知識
    • マーケティング事例

    A級はさらに次の内容を出題

    • 計数管理
    • マーケティング関連法務

    C級なら「30時間ほど勉強すれば合格できる」と言われているので、1ヶ月毎日コツコツ1時間勉強すれば合格可能性は高いです。

    国際実務マーケティング協会:ビジネス実務検定公式サイト

  • スポンサーリンク

  • ②マーケティング検定3級

    • 難易度:★★☆☆☆
    • 受験料:6,480円(税込)、学生・会員は5,400円(税込)
    • 受験資格:制限なし
    • おすすめの人:マーケティングの基礎を習得したい、キャリアアップしたい

    マーケティング検定は、 就職や転職、昇進などキャリアアップのためのマーケティング資格を取得したい人におすすめです。

    今後2級と1級も実施される予定ですが、今(2019年3月24日)のところは3級のみが行われています。

    マーケティングの製品の価格や製品の戦略、サービスマーケティングなどのスキルについてしっかり考えられるような知識を身につけることができます。

    試験内容

    マーケティングに関する重要な概念の基礎

    (基本概念、マーケティング・リサーチ、消費者行動、製品・価格・コミュニケーション戦略、サービス・マーケティングなど)

    3級の勉強時間は40時間ほどなので、1日1時間の勉強でも1ヶ月半ほどで合格を目指すことが可能です。

    試験方法はCBTというコンピュータ式で、都合の良い時間に全国各地のテストセンターで受験できるので時間が取りにくい人でも受けやすいのがメリットです。

    ネットを利用したEラーニング講座も行なっているので、効率よく勉強したい人はそちらを利用してみてください。

    公式サイトから一般10,800円(税込)、学生・会員8,640円(税込)で 申し込みできます。

    日本マーケティング協会:マーケティング検定公式サイト

    3.Webマーケティングおすすめ資格

    ここで紹介するのは、Webマーケティングでものやサービスを売りたいという人におすすめの資格です。

  • スポンサーリンク

  • ①ネットショップ実務士

    • 難易度:★★☆☆☆
    • 受験料:7,000円(レベル1)、7,500円(レベル2)、7,000円(レベル3)
    • 受験資格:無し
    • おすすめの人:ネットショップ(EC)事業に関わる人におススメ

    ネットショップ実務士検定は、 ネットショップ(EC)事業会社に就職する人や実際にネットショップを運営している人などにおススメの資格です。

    ネットショップやインターネットビジネスに関しての知識向上やスキルアップに役立つ資格です。

    またこの資格があれば、Eコマース業界(インターネットで様々な商品やサービスの売買を行う業界)においての基礎知識や、web制作・プロモーションなどの実務能力を証明することができます。

    試験は3つのレベルに分かれており、どの試験も正答率70%で合格できます。

    レベル1は初心者向けで、体系立てて学びたい方や就職・転職活動で自分の意欲と能力を証明したい方、ネットショップ運営初心者などにおススメです。

    レベル2は実務能力を証明したい方や、コンサルタントとしての説得力を身につけたい方や、EC支援事業者などにおススメです。

    試験内容

    ECサイト運営の基礎知識やECサイトを運用して集客するスキルなど

    レベル1は20時間程度で学習できるようになっています。1日1時間勉強に充てるとして、1ヵ月もかからない計算です。

    試験の申込は下記の公式サイトから申し込みが可能です。

    一般財団法人 ネットショップ能力認定機構

    ②ウェブデザイン技能検定

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:(2級)18,500円(3級)10,000円
    • 受験資格:ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び従事しようとしている者
    • おすすめの人:Webの作成や運営に関する業務に従事している方、これから従事しようとしている方(3級)

    WEBの作成や運営に関する業務に従事している方や従事しようとしている方などにおススメの資格です。

    この資格はWEBデザインの知識やスキル、実務能力などを証明する資格です。

    デザインだけでなくセキュリティ対策などWEBサイトの利用や運営などに関して学科と実技の試験で評価します。

    WEB業界唯一の国家資格です。

    試験内容

    • 〈学科試験〉インターネット概論、ワールドワイドウェブ(WWW)法務、ウェブデザイン技術など
    • 〈実技試験〉WEBサイト構築

    試験形式は学科試験と実技試験に分かれます。

    試験時間は2級が計180分、3級が計105分です。

    合格率は2級が40~50%、3級が60~70%です。

    試験日程や過去問の公表など試験に関する情報を知りたい方は下記公式サイトをご覧ください。

    特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会

    ③Webクリエイター能力認定試験

    • 難易度:★★☆☆☆
    • 受験料:(エキスパート)7,100円 (スタンダード)5,600円
    • 受験資格:学歴・年齢等制限なし
    • おすすめの人:Webプログラマー、Webデザイナー、Webコーダー、Webディレクターを目指している方など

    WEBプログラマーやWEBデザイナーなどWEBクリエイターを目指している方におススメです。

    Webページを制作するためのデザインやHTMLタグなどのコーディング能力、Webサイト構築のクリエイター能力を評価・認定しています

    試験内容

    試験形式:多肢選択形式(四択)、配布された問題データおよび素材データに基づき、問題文の指示に従って編集を行い、解答データを提出

    試験形式はスタンダード(実技問題)とエキスパート(実技問題、知識問題)の2つに分かれ、試験時間はエキスパートが計130分or110分、スタンダードが計70分or60分です。

    合格基準は得点率65%以上で、合格率は70~80%と言われています。

    学習時間の目安としては、スタンダードが24時間、エキスパートが38時間と言われており、1日1時間勉強すれば1ヵ月程度で合格が可能です。

    受験の申し込みは以下の公式サイトからお手続きください。

    サーティファイ Web利用・技術認定委員会

    ④WEBライティング技能検定

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:6,000円(税込)
    • 受験資格:特になし
    • おすすめの人:ライティング業務の初心者、中級者、上級者

    やる気はあるが、ライティング初心者で自分自身のスキルの把握ができていない方やすでにライティング案件を手掛けているが、自己流なので修正が多い方や かなりのライティング業務をこなしてきたが、そろそろ単価の高い案件にスキルアップしたい方などにおススメの資格です。

    Webライティングに関する基礎知識やライティング能力、社会人としてのビジネスマナーなどクラウドクリエイターとしての質を高めることを目的とした資格です。

    クラウドソーシングで仕事をするために必要な能力を身につけることができます。

    試験内容

    • ビジネスマナーや個人情報保護に関する択一問題(50問)
    • 実技ライティング記述問題(4問)

    WEBライティング技能検定は月1回WEB上で実施される試験(毎月第4土曜日 13:00~14:30)で、試験時間は90分です。

    WEBライティング技能検定の合格率は48.5%(過去の本試験受講者数より算出)となっており、受講者の2人に1人は合格できる試験です。

    WEBライティング技能検定試験に合格すると、クラウドソーシング上での活動を支援してくれる様々な特典が受けられます。

    試験の申し込みは下記公式サイトより申し込み可能です。

    一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会®

    ⑤校正技能検定

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:(中級)8,640円(上級)9,720円
    • 受験資格:校正に関し,日本エディタースクールの所定のコースを修了した者または校正に関し,各種教育機関で一定の実技訓練を受けた者または技能検定委員会において前各項規程に準ずるものとして認定した者(中級)
    • おすすめの人:出版界で校正者として働いている方、フリーランスとして仕事をしたい方など

    出版社や新聞社などの校正者としてのスキルアップを図りたい方や、実務未経験では入りづらい出版界への足がかりにしたい方や、フリーランスとして仕事をしたい方などにおススメの資格です。

    在宅校正者を希望する女性から注目されています。

    この資格は、校正者としての知識や技能を評価することを目的としています。

    験は上級・中級・初級と3段階に分かれ、初級に関しては指定された各教育機関で指定単位科目を修得すると認定されます。

    試験内容

    • 実技試験(初校原稿引き合わせ、校正刷り,校正作業)
    • 学科試験(校正作業に必要な知識、用事用語に関する知識、仮名づかいに関する知識)

    試験時間は中級が計260分、上級が計320分です。

    合格率は中級が40%、上級が30%です。

    試験申し込みに関しては下記の公式サイトをご確認ください。

    日本エディタースクール

    4.WEB広告おすすめ資格

    WEB広告で良質なコンテンツを作って集客したい方におススメの資格を紹介します。

    ①Google AdWords認定資格

      • 難易度:★★★☆☆
      • 受験料:Google Partnersになると無料で受験可能
      • 受験資格:Academy for Ads アカウント(googleが無償で提供しているトレーニングプラットフォーム)を作成し登録を済ませる
    • おすすめの人:AdWordsを取り扱う広告代理店など

    AdWordsを取り扱う広告代理店で働いている人などにおススメの資格です。

    Google AdWords認定資格はAdWordsの基礎知識や応用力を学ぶことができる資格です。

    Google社が主催している試験です。

    資格取得には、「AdWords基礎認定資格試験」のほか「ディスプレイ広告」「検索広告」「モバイル広告」「ショッピング広告」「動画広告」のどれか2つの試験に合格する必要があります。

    資格の有効期限は12ヶ月で、オンライン広告の専門家であるとGoogleが公式に認定してくれます。

    試験内容

    • AdWords基礎認定資格試験:オンライン広告掲載やAdWordsの利点など
    • 検索広告:検索ネットワークで配信する検索広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法など
    • ディスプレイ広告:ディスプレイキャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法など
    • モバイル広告:広告のフォーマット、単価設定、ターゲティング、キャンペーンの測定や最適化など
    • ショッピング広告:Merchant Centerアカウントと商品データフィードの作成、ショッピングキャンペーンの作成や管理など
    • 動画広告:YouTubeやウェブに配信する動画広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法など

    試験方式は選択チェック方式で、試験時間は「AdWords 基礎・検索広告・ディスプレイ広告」が120 分 、「モバイル広告・動画広告・ショッピング広告が 90 分 です。

    合格率は85%程度と言われています。

    ②Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験

    • 難易度:★★★☆☆
    • 験料:6,648円 + 税531円
    • 受験資格:特に無し
    • おすすめの人:Yahoo!プロモーション広告の運用を担当している代理店および広告主、一般の方

    「Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験」は、所属する会社でYahoo!のスポンサードサーチやYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)を運用する担当者におすすめです。

    Yahoo!プロモーション広告の基礎知識や、Yahoo!プロモーション広告サービスの特徴とシステムの理解を深められます。

    サービス運用に必要な知識レベルを把握できる「ベーシック」コースと、より良いサービスに必要な知識・運用力レベルを把握できる「アドバンスト」コースがあります。

    認定スコアが860点~1000点になると、希望者にYahoo!プロモーション広告プロフェッショナルロゴが授与されます。

    試験内容

    • スポンサードサーチに関すること 
    • Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に関すること 
    • Yahoo!プロモーション広告サービス全般 
    • マーケティング全般など

    試験形式はCBT(コンピュータを利用した会場試験。ここでは、プロメトリックによるPCを利用します)です。

    試験時間はベーシックが60分、アドバンストが80分で合格率は不明です。

    個人差はありますが、1日1時間の学習を1ヵ月程度継続すれば、合格を目指せます。

    公式サイトはこちら

    5.マーケティング分析におすすめの資格

    マーケティング分析の精度を高めて売り上げアップしたい人におススメの資格を紹介します。

    ①ウェブ解析士

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:(初級)17,280円(上級)86,400円(マスター)324,000円
    • 受験資格:特に無し
    • おすすめの人:Webマスター、Webコンサルタント、Webディレクターを目指している方など

    「ウェブ解析士」は、 解析ツールを用いて成果を出したいマーケティング担当者におすすめです。

    体系的にウェブ解析を学ぶことができ、ウェブ解析に関する知識やスキルを身につけるための資格です。

    初級ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスター3段階に分かれています。

    試験内容

    ウェブ解析の基礎からデータ指標の活用方法、レポートの作成方法など

    試験形式は、初級がパソコン試験・四択問題、上級が筆記試験、マスターがレポート作成です。

    上級とマスターは講座の受講が試験とセットになっています。(1日5時間の講座が開催されています)

    試験時間は初級と上級が60分、マスターが非公開です。

    合格率は初級が74.9%、上級が83%、マスターが57.2%です。

    公式サイトはこちら

    ②データ解析士

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:54,500円(入学金5,000円 受講料49,500円)
    • 受験資格:多変量解析実務講座修了
    • おすすめの人:統計レベル中級者の方など

    統計に関する基礎的知識をお持ちの方、パソコンでデータ解析をしたいと考えている方、市場調査に携わっている方、工業技術に携わっている方、金融・証券の分野に携わっている方、企業診断・経営分析をお考えの方、大学生(理工系学部・文系学部問わず)などにおススメの資格です。

    帰分析の基本から応用を学び、予測や分析する能力の向上を目的としています。

    エクセルを用いたデータ解析や市販の専門書からでは学べない多変量解析上の技能が身につけられます。

    多変量解析実務講座修了後、データ解析士認定試験合格者に交付される資格です。

    試験内容や試験時間、試験形式や合格率は不明です。

    公式サイトはこちら

    6.営業おすすめ資格

    売れる営業になりたい方におススメの資格をご紹介します。

    ①マーケティング・ビジネス実務検定

    • 難易度:★★☆☆☆
    • 受験料:12,343円(A級)、7,150円(B級)、5,980円(C級)
    • 受験資格:特に無し
    • おすすめの人:マーケティングに興味のある方など

    「マーケティングの基礎知識を身につけたい人におすすめの資格」でも紹介した資格です。

    売れる営業になりたいけど何の資格を取得すればいいのか分からないという人も、まずは「マーケティング・ビジネス実務検定」に挑戦してみるといいでしょう。

    C級、B級、A級の3つに分かれており、C級とB級は初心者向けのレベルに設定されています。実務経験がなくてもチャレンジしやすいです。

    この資格試験は「特定の業種に捉われない共通のマーケティング知識習得」を目的として発足されています。ですのでマーケティングに関する汎用的な知識を身につけられるでしょう。

    マーケティングの基礎知識を身につけたい人におすすめのところで紹介した資格です。

    試験内容

    「マーケティング知識」「マーケティング事例」の2つの分野で出題

    • A級:マーケティング・戦略レベルマーケティング・マネジメントレベル(戦略立案、意思決定や管理、判断業務ができるレベル)
    • B級:マーケティング・オペレーション応用レベル(業務の運営ができるレベル)
    • C級:マーケティング・オペレーション基礎レベル(定型業務ができるレベル)

    C級の勉強時間の目安は30時間と言われています。これは毎日1時間ずつ勉強すれば、1ヶ月程度で取得できる計算になります。また事務局が行っている集中講座を受けることで、効率的に学習をすることも可能です。

    公式サイトはこちら

    ②Webリテラシー試験

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:10,800円(税込)
    • 受験資格:特に無し
    • おすすめの人:WEBデザイナーやWEBプロデューサー、WEBディレクターを目指す方など

    これからWebに関わる仕事への転職を目指す方、発注者としてデザイナーやディレクターなどの専門職と仕事をされる方、デザイナーやディレクターとして働いており仕事の幅を広げたい方などにおススメの資格です。

    Web業界の標準知識や専門用語など、業務に必要な知識を深めることができます。

    WebデザイナーやWebプロデューサー、Webディレクターなど立場の違う職種間での情報の誤認を減らすことを目的とした資格です。

    試験内容

    WEBデザイナー、ディレクター、プロデューサーという主要3職種の最重要知識、標準知識

    試験形式はCBT方式(Computer Based Testing:コンピュータ画面に表示される問題に解答する試験方式)で、試験時間は90分です。

    出題数は85問で正解率は70%以上です。

    合格率は53.75%(2014年3月31日現在)となっています。

    学習方法は公式テキストや公式問題集、Eラーニングによる独学、WEB検定対応講座を受講するなどです。

    公式サイトはこちら

    ③JWA Webディレクション検定

    • 難易度:★★★☆☆
    • 受験料:10,800円(税込)
    • 受験資格:特に無し
    • おすすめの人:企業のWEB担当者や、今後ディレクションスキルが必要だと考えている方など

    Web制作会社や広告代理店、システム開発会社、サービスプロバイダーなどのWeb担当者や、今後ディレクションスキルが必要だと考えている方などにおススメの資格です。

    Webディレクターに必要な知識やスキルを学ぶことができる資格です

    プロとして身につけておくべき152項目を解説した公式テキストを中心に、プレゼンなどの日常業務スキルから依頼主と制作者とのやり取りに必要なディレクションスキルの習得を目的としています。

    試験内容

    • プロジェクトの全体像とWebディレクターの役割
    • Webサイト制作案件の提案・受注
    • Webサイトのプランニング
    • Webサイトの設計とデザインディレクション
    • プロジェクトマネジメント
    • Webコンテンツの制作ディレクション
    • Webサイトの制作ディレクション
    • Webシステムの開発ディレクション
    • Webプロモーションの実施
    • Webサイトの運用・改善
    • モバイルサイトの構築
    • Web技術の応用

    試験形式はCBT方式(Computer Based Testing:コンピュータ画面に表示される問題に解答する試験方式)で、試験時間は60分です。

    合格率は不明です。

    公式サイトはこちら

    7.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    マーケティングの資格はキャリアアップに役立ちます。

    ただマーケティングの資格といってもその種類は様々です。

    マーケティングの資格が仕事で役立つためには、自分の目的に合った資格を選ぶことが重要です。

    例えば、WEBマーケティングをしたいならWEBデザイン技能検定、マーケティング分析をしたいならWEB解析士を選ぶのがいいです。

    WEB業界は今どんどん発展していますので、自分の目的に合った資格を取得し、その活躍の幅を広げましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%