パソコン資格TOP8を紹介!事務職の就職に有利な資格を取ろう!

パソコン 資格 資格

パソコンの資格を取ると事務職に有利って聞くけど、どんな資格を取ればいいんだろう?あまり難しすぎない初心者向けの資格はないのかな?

事務職に有利なパソコン関係の資格を取りたいと思っているけど、どの資格を取ると就職に有利なのかわからず困ってはいませんか?

そこで、本記事では 事務職に有利になるパソコン関係の資格ランキングTOP8を紹介し、資格の難易度や特徴などを解説していきますので参考にしてくださいね。

この記事を読んでいただければ、自分に合ったパソコン資格が見つけて就職を有利にすることができますよ。

また、女性にオススメの資格は他にも「働く女性や主婦に人気のおすすめ資格12選!キャリアアップに役立つ選び方と取得のコツとは?」にあるので、ご確認ください。

スポンサーリンク

1.事務職の競争倍率は高い!資格で差をつけよう

事務職に就職を希望している場合、資格の有無はとても重要になります。

なぜなら、事務職になりたいと思う人は多く、競争率がとても高いためです。

資格があることで、他の人に差をつけることができます。

そこで、ここからは事務職の求人倍率や資格を取ることの意義について、以下の2つを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

事務職の求人倍率は新卒0.35倍・転職0.19倍

事務職の求人倍率は新卒だと0.35倍、転職だと0.19倍と、かなりの高倍率となっています。

事務職の求人倍率が高い理由は、働きやすい仕事だからです。

例えば、事務職につきたい理由としては以下の理由が挙げられます。

  • 力仕事ではない
  • 残業が少ない
  • 転勤が少ない
  • 休暇が充実している

そのため、事務職は、力仕事を避けたい女性や、仕事だけでなく家庭も大事にしたい人に人気の仕事なのです。

  • スポンサーリンク

  • 資格を取ることで競争相手に差をつけよう

    高倍率の事務職の仕事を得るために、資格を取っていきましょう。

    事務職が人気であるということは、それだけ競争相手も多いので、競争相手に差をつけないと採用されにくいからです。

    そして、事務職の就職や転職で活かすなら、パソコンの資格を取得しましょう。

    パソコンが普及した現在、事務の仕事はどの会社でもパソコンを使って行うため、 パソコンを使いこなせることが重要なスキルだからです。

    そこで、次から事務職に有利なおすすめのパソコン資格ランキングTOP8をご紹介していきます。

    2.事務職に有利なおすすめパソコン資格ランキング!TOP8

    ここからは事務職に有利なおすすめのパソコン資格ランキングとして、以下の1位から8位までを紹介していきます。

    1位 MOS
    2位 日商PC検定
    3位 Word文書処理技能検定試験
    4位 Excel文書処理技能検定試験
    5位 PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
    6位 AccessRビジネスデータベース技能認定試験
    7位 VBAエキスパート
    8位 CAD利用技術者試験

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 【1位】MOS

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第1位は、MOSです。

    MOSが就職で有利になる理由として、 パソコンの資格の中で最も知名度が高いので、就職の書類選考や面接でアピールできることが挙げられます。

    MOSはWord、Excel、PowerPointといったマイクロソフトオフィス製品のスキルを判定するための試験です。

    MOSを取得することでオフィス製品の幅広いスキルがあることを証明できるので、この資格を持っていると事務職では重宝されます。

    合格率 非公表
    合格基準 700点以上/1000点
    難易度 ★★★☆☆
    試験内容
    • Word(文書作成ソフト)
    • Excel(表計算ソフト)
    • PowerPoint(プレゼンテーション ソフト)
    • Outlook(電子メール・情報管理ソフト)
    • Access(データベース管理ソフト)
    • Windows Vista(オペレーティングシステム)
    受験手数料  12,390円
    公式URL MOS公式サイト

    【2位】日商PC検定

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第2位は、日商PC検定です。

    日商PC検定は、マイクロソフトオフィス製品を使いビジネス文書や資料の作成能力を判定する検定です。

    試験で問われるビジネス文書や資料の作成は会社の実務に直結したスキルなので、即戦力をアピールすることができます。

    また、日商PC検定の主催者は、簿記検定の主催もしている日本商工会議所なので、 資格の信頼性が高いため就職に有利になるのです。

    合格率
    • 1級:33%
    • 2級:68%
    • 3級:81%
    合格基準 3級〜1級:70%以上
    難易度
    • 1級:★★★★☆
    • 2級:★★★☆☆
    • 3級:★☆☆☆☆
    試験内容
    • 知識試験
    • 実技試験
    受験手数料
    • 1級:10,290円
    • 2級:7,200円
    • 3級:5,140円
    公式URL 日本商工会議所
  • スポンサーリンク

  • 【3位】Word文書処理技能検定試験

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第3位は、Word文書処理技能検定試験です。

    Word文書処理技能検定試験はマイクロソフトオフィスのWordを使ってビジネス文書を作成するスキルを判定する試験です。

    この資格を勉強することで、事務職の中でもビジネス文書の作成ができることをアピールが可能になっていきます。

    この資格は 企業の社内研修にもよく使われているため、企業からの信頼性が高く、就職で有利になります。

    合格率 3級〜1級:80%
    合格基準

    3級〜1級:70%以上

    難易度 3級〜1級:★★☆☆☆
    試験内容
    • 知識試験
    • 実技試験
    受験手数料
    • 1級:7,900円
    • 2級:6,800円
    • 3級:5,800円
    公式URL サーティファイ

    【4位】Excel文書処理技能検定試験

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第4位は、Excel文書処理技能検定試験です。

    この資格はWordではなくExcelに特化しており、表計算やビジネス図表作成能力の判定をする試験です。

    Excelが使えると特に企業の経理部に採用されやすくなるので、 経理の仕事をしたい人におすすめします。

    この資格もWord文書処理技能検定試験と同じ「サーティファイ」が認定する試験で、こちらも企業からの信頼性が高く就職で有利になるのです。

    合格率 3級〜1級:82%
    合格基準

    3級〜1級:70%以上

    難易度 3級〜1級:★★☆☆☆
    試験内容
    • 知識試験
    • 実技試験
    受験手数料
    • 1級:7,900円
    • 2級:6,800円
    • 3級:5,800円
    公式URL サーティファイ
  • スポンサーリンク

  • 【5位】PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第5位はPowerPointプレゼンテーション技能認定試験です。

    この資格も3位、4位と同じく「サーティファイ」が主催しており、PowerPointを使ったプレゼンテーション技能に特化したものとなっています。

    WordやExcelももちろん大事ですが、 PowerPointを使ってプレゼンテーションができるとさらに評価が高まるのは間違いありません。

    事務職への就職を目指すならぜひ取得しておいて損はない資格です。

    合格率 初級・上級:90%
    合格基準

    初級・上級:70%以上

    難易度 初級・上級:★★☆☆☆
    試験内容
    • 知識試験(上級のみ)
    • 実技試験
    受験手数料
    • 上級:6,900円
    • 初級:5,800円
    公式URL サーティファイ

    【6位】Accessビジネスデータベース技能認定試験

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第6位はAccessビジネスデータベース技能認定試験です。

    WordやExcel、PowerPointと比べるとAccessを使用できる人は少ないため、それだけ資格保有者の需要が高く、取得すると就職に有利になります。

    Accessではデータベースの作成を行うため、 統計資料を作成することの多い会社では特に需要が高いです。

    合格率 3級〜1級:86%
    合格基準

    3級〜1級:70%以上

    難易度 3級〜1級:★★☆☆☆
    試験内容
    • 知識試験(1・2級のみ)
    • 実技試験
    受験手数料
    • 1級:7,900円
    • 2級:6,800円
    • 3級:5,800円
    公式URL サーティファイ
  • スポンサーリンク

  • 【7位】VBAエキスパート

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第7位はVBAエキスパートです。

    VBAエキスパートはプログラミング言語に関する試験なので、難易度が高く資格を持っている人があまりいません。

    資格を持っている人が少ないため需要が高く、就職で有利になるのです。

    VBAエキスパートの試験では、「VBA」と呼ばれるExcelやAccessに搭載されているプログラミング言語の能力を判定します。

    VBAができると、Excelなどを使った定型業務の時間を大幅に短縮できるので、業務の効率をアップさせることが可能です。

    合格率 非公表
    合格基準 650〜800点以上/1000点
    難易度
    • ベーシック:★★★☆☆
    • スタンダード:★★★★☆
    試験内容
    • Excel
    • Access
    受験手数料
    • ベーシック:12,960円
    • スタンダード:14,580円
    公式URL VBAエキスパート公式サイト

    【8位】CAD利用技術者試験

    事務職の就職で有利なパソコン資格の第8位はCAD利用技術者試験です。

    CADの技能は専門性が高いため、資格を持っている人が少なく、就職に有利になります。

    CAD利用技術者試験は、CADと呼ばれる図面作成ソフトのスキルを判定する試験です。

    そのため、 建築物の設計や機械の設計など、製図の作成を行う会社に就職するなら取得することをおすすめします。

    合格率 30〜60%
    合格基準 実技試験・筆記試験が各5割以上、および総合が7割以上を合格基準
    難易度 ★★★☆☆
    試験内容
    • 筆記試験
    • 実技試験
    受験手数料  15,000円
    公式URL 一般財団法人コンピュータ教育振興協会

    3.MOSの勉強方法

    ここからはパソコン資格の中でも特に役に立つMOSの勉強方法について以下の3つを解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    独学

    MOSの勉強方法の中で最も一般的なのは、独学です。

    MOSはそれほど難易度の高い資格ではなく、標準的な勉強時間は1ヶ月程度となっています。

    そのため、市販のテキストや問題集を購入して勉強すると、 費用も安く抑えられてコスパが高いです。

    市販のテキストで最も人気が高くおすすめなのは「よくわかるマスター MOS 対策テキスト&問題集」です。

    Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)
    • 富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)
    • 価格   ¥ 2,160
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    通信講座

    独学よりも費用はかかってしまいますが、通信講座もおすすめです。

    通信講座は自宅にいながら独学と同じように勉強できるので、 通学の必要がなく社会人に適しています。

    ここでは、おすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    パソコンスクール

    しっかり学びたいならパソコンスクールがおすすめです。

    パソコンスクールは通学する必要があるため 社会人は不向きですが、本格的に学びたい人に向いています。

    わからないところがあればすぐに質問できるので、最も挫折しにくい勉強方法です。

    MOSのパソコンスクールの中では、資格予備校大手の「TACパソコンスクール」をおすすめします。

    まとめ

    事務職の仕事に就きたいと思うなら、まずはWordやExcelなどのパソコン関係の資格を取ることはとても大切です。

    事務職は競争倍率が高いため、 資格を取ることで他の競争相手に差をつけることができます。

    ぜひ、パソコン関係の資格を取得して就職活動や転職活動を頑張ってください!

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%