【難易度順】SEに役立つ国家資格5選!おすすめベンダー資格も紹介

資格

「SEの資格を取得すると役に立つ?」「転職に有利になる?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

SEには必ずしも資格が必要なわけではありませんが、 資格を取得することでスキルアップや転職に役立ちます

本記事では、「情報処理技術者試験」などのSEにおすすめの国家資格・ベンダー資格をご紹介します。

資格を取得し、SEとしての能力を高めましょう。

資格を取得することで、今後の実務にも役立ちますよ。

スポンサーリンク

1.SEは資格を取得したほうが良い?

冒頭でお伝えしたように、SEになるために特別な資格は必要ありません。

しかし、 資格を取得することで得られるメリットは多いです。

1‐1.資格取得はスキルアップや転職に役立つ

難易度の高い資格を取得するためには、勉強が必要です。

普段の実務では携わらない分野に触れることで、SEとしてのスキルを高めることができますよ。

また、SEとして転職する際にも資格は役立ちます。

資格があることで 自分の能力をアピールできるため、採用につながるケースもあるでしょう。

さらに企業によっては、資格取得が昇給・昇進に関わることもあります。

では、どのような資格がSEにとって役立つのでしょうか?

  • スポンサーリンク

  • 2.SEに役立つ国家資格一覧

    本記事で紹介する国家資格の一覧です。

    簡単な概要と対象レベルを記載しているので、参考にしてくださいね。

    資格 概要 対象
    基本情報技術者試験(FE)
    • ITに関する基礎知識が問われる
    初心者向け
    応用情報技術者試験(AP)
    • ITに関する応用力が問われる
    中級者向け
    データベーススペシャリスト試験(DB)
    • データベースの専門知識が問われる
    システムアーキテクト試験(SA)
    • システムの開発・分析力などが問われる
    上級者向け
    プロジェクトマネージャ試験(PM)
    • プロジェクト責任者としての実行力・管理力などが問われる

    次の章からは、それぞれの資格を難易度順にチェックしていきます。

    3.【難易度順】SEに役立つ国家資格

    ここでは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が管轄する5つのIT系国家資格について詳しくご紹介します。

    難易度は星(★)で表しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 3‐1.「★★」基本情報技術者試験(FE)

    基本情報技術者試験は、 ITエンジニアの登竜門と言われています。

    基本的な知識が身につくため、現役SEの方はもちろん「これからITの現場で働きたい」という方にもおすすめです。

    試験の概要

    資格レベル  ITの基本的な知識と技能があり、実践的な活用能力を身につけている
    出題範囲
    • 基礎理論
    • アルゴリズムとプログラミング
    • コンピューター構成要素
    • システム構成要素
    • ソフトウェア
    • ハードウェア
    • プロジェクトマネジメント
    • サービスマネジメント
    • システム監査
    • システム戦略
    • システム企画
    • 経営戦略マネジメントなど
    試験時間
    • 午前:150分
    • 午後:150分
    出題数
    • 午前:80問(解答数:80問)
    • 午後:13問(解答数:7問)
    合格ライン 午前・午後ともに60%以上

    基本情報技術者試験の合格率は、20~30%程度。

    初心者向けの資格といえども、油断は禁物です。

    普段あまり業務で使われない範囲が出ることもあるので、しっかり勉強しておきましょう。

    2019基本情報技術者午後試験対策書 (情報処理技術者試験対策書)
    • アイテックIT人材教育研究部
    • 価格   ¥ 2,640
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

     

    さらに詳しい試験の情報を知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    基本情報技術者試験(FE)

    3‐2.「★★★」応用情報技術者試験(AP)

    応用情報技術者試験では、 ITに関する応用力が求められます。

    幅広い知識が身につくため、システム開発の現場でも大いに役立ちますよ。

    試験の概要

    資格レベル  ITの応用的知識と技能があり、高度IT人材として方向性を確立している
    出題範囲
    • 基礎理論
    • コンピュータシステム
    • 技術要素
    • 開発技術
    • プロジェクトマネジメント
    • サービスマネジメント
    • システム戦略
    • 経営戦略
    • 企業と法務など
    試験時間
    • 午前:150分
    • 午後:150分
    出題数
    • 午前:80問(解答数:80問)
    • 午後:11問(解答数:5問)
    合格ライン

    午前・午後ともに60%以上

    応用情報技術者試験の合格率は、20%程度。

    合格率は基本情報技術者試験と大差はありませんが、 難易度は格段にアップしています。

    IT技術者としての幅広い能力が必要となるので、基本情報技術者試験に合格してからチャレンジすると良いでしょう。

     

    さらに詳しい試験の情報を知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    応用情報技術者試験(AP)

  • スポンサーリンク

  • 3‐3.「★★★★」データベーススペシャリスト試験(DB)

    データベーススペシャリスト試験は、データベースに関する専門的な資格です。

    取得することで専門的な能力がある証となるので、転職時にも役立ちます。

    データベースの設計に携わる方や、インフラ系エンジニアを目指している方にもおすすめですよ。

    試験の概要

    資格レベル
    • データベースに関する技術を活用し、情報システム基盤の企画等において中心的な役割を果たすことができる
    • 固有技術の専門家として技術支援を行える
    出題範囲
    • データベースの全体計画
    • データベースの要件定義
    • データベースの分析・設計
    • データベースの実装・テスト
    • データベースシステムの運用・管理など
    試験時間
    • 午前Ⅰ:50分
    • 午前Ⅱ:40分
    • 午後Ⅰ:90分
    • 午後Ⅱ:120分
    出題数
    • 午前Ⅰ:30問(解答数:30問)
    • 午前Ⅱ:25問(解答数:25問)
    • 午後Ⅰ:3問(解答数:2問)
    • 午後Ⅱ:2問(解答数:1問)
    合格ライン

    午前・午後ともに60%以上

    データベーススペシャリスト試験の合格率は、13~14%程度。

    高度な専門知識が求められるため、勉強せずに資格取得するのは非常に難しいです。

    また、独学での勉強が不安な場合は講座の受講をおすすめします。

     

    さらに詳しい試験の情報を知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    データベーススペシャリスト試験(DB) 

    3‐4.「★★★★」システムアーキテクト試験(SA)

    システムアーキテクト試験は、上級エンジニア向けの資格です。

    業務知識に基づいた的確な分析や、設計能力が求められます。

    試験の概要

    資格レベル
    • 情報・組み込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計できる
    • 情報システムの開発を主導できる
    出題範囲
    • 提案依頼書(RFP)の準備
    • 提案書の準備
    • プロジェクト計画立案の支援
    • システム化計画の立案
    • 要件の識別
    • システム開発の準備
    • システム要件定義
    • システム方式設計
    • ソフトウェア要件定義
    • ソフトウェア方式設計
    • ソフトウェア詳細設計
    • システム結合
    • 業務運用の評価など
    試験時間
    • 午前Ⅰ:50分
    • 午前Ⅱ:40分
    • 午後Ⅰ:90分
    • 午後Ⅱ:120分
    出題数
    • 午前Ⅰ:30問(解答数:30問)
    • 午前Ⅱ:25問(解答数:25問)
    • 午後Ⅰ:4問(解答数:2問)
    • 午後Ⅱ:3問(解答数:1問)
    合格ライン

    午前・午後ともに60%以上(論述試験はランクA)

    システムアーキテクト試験の合格率は、12~13%程度。

    普段からシステムの開発や設計に携わっている方でないと、取得は難しいです。

    実務で起こりやすい問題に対処する力も求められるため「上流工程を指導する能力を高めたい」という方におすすめですよ。

     

    さらに詳しい試験の情報を知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    システムアーキテクト試験(SA)

  • スポンサーリンク

  • 3‐5.「★★★★」プロジェクトマネージャ試験(PM)

    プロジェクトマネージャ試験は、おもにマネジメントについて評価される資格です。

    システム開発責任者としての能力のほか、 プロジェクトの実行力・管理力が求められます。

    試験の概要

    資格レベル
    • システム開発の責任者としてプロジェクトの全体計画を作成できる
    • 必要となる要員や資源を確保し、責任をもってプロジェクトを管理・運営できる
    出題範囲
    • プロジェクトの立ち上げ
    • プロジェクトの計画
    • プロジェクトの実行と管理
    • 変更の管理
    • プロジェクトの終結と評価など
    試験時間
    • 午前Ⅰ:50分
    • 午前Ⅱ:40分
    • 午後Ⅰ:90分
    • 午後Ⅱ:120分
    出題数
    • 午前Ⅰ:30問(解答数:30問)
    • 午前Ⅱ:25問(解答数:25問)
    • 午後Ⅰ:3問(解答数:2問)
    • 午後Ⅱ:2問(解答数:1問)
    合格ライン

    午前・午後ともに60%以上(論述試験はランクA)

    プロジェクトマネージャの合格率は、13~14%程度。

    ITに関わる知識だけでなく 責任者としてのスキルが必要となるため、難易度はかなり高めです。

    「運営管理する能力を高めたい」という方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

     

    さらに詳しい試験の情報を知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    プロジェクトマネージャ試験(PM)

    4.SEに役立つベンダー資格

    この章では、 SEに役立つベンダー資格をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 4‐1.国家資格とベンダー資格の違い

    「国家資格とベンダー資格の違いは?」と疑問に思っている方も多いですよね。

    国家資格とベンダー資格には、以下のような違いがあります。

    国家資格:国もしくは国が委託した機関が認定する資格

    ベンダー資格 一般企業が認定する資格

    国家資格は国が認定しているのに対し、ベンダー資格は一般企業が知識・能力を認定しています。

    「国家資格でなければ取得しても意味ないのでは?」と考える方もいますが、 ベンダー資格であっても転職時に有利になる可能性があります

    誰もが知っているようなベンダー資格であれば、国家資格と同様に「一定のスキルがある」とアピールできるのです。

    SEとしての実力を示したい場合は、できるだけ知名度が高いベンダー資格を取得しましょう。

    4‐2.SEに役立つベンダー資格一覧

    SEにおすすめのベンダー資格の一覧は、以下の通りです。

    自分の携わっている業務内容に合わせて、取得を目指す資格を選んでくださいね。

    資格 概要 種類
    Linux技術者認定試験
    • Linux OSの知識や技術が問われる
    • レベル1
    • レベル2
    • レベル3
    Oracle認定Javaプログラマ
    • プログラミング言語であるJavaの知識や技術力が問われる
    • Bronze SE 7/8
    • Silver SE 8
    • Gold SE 8
    ORACLE MASTER
    • オラクルデータベースに関する知識や技術力が問われる
    • Bronze
    • Silver
    • Gold
    • Platinum
    シスコ技術者認定
    • シスコ商品(おもにネットワーク専用機器)に関する知識や技術力が問われる
    • エントリー
    • アソシエイト
    • プロフェッショナル
    • エキスパート
    • アーキテクト
    Android技術者認定
    • Android OSの知識や技術が問われる
    • アプリケーション技術者認定
    • プラットフォーム技術者認定

    (各種類、ベーシック・プロフェッショナルのグレードあり)

    5.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    SEになるために特別な資格は必要ありませんが、取得して役立つ資格は数多く存在します。

    専門的な資格もあるので、ぜひ あなたの業務に合う資格を取得してみてはいかがでしょうか

    資格を取得することで、スキルアップや転職に役立ちますよ。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?