2019年社会人におすすめ資格ランキング!難易度別に解説

Isolated image of a businessman carrying a briefcase
資格

「自分にあった難易度の資格って何があるのかな…」とお悩みではありませんか。

転職やキャリアアップを考えるなら、難易度や実用性を見比べて、自分にぴったりの物を見つけたいですよね。

そこで今回は、 数ある資格の中から社会人におすすめできる資格を中心に難易度別に分けて解説していきます

高難易度だけど夢のある資格」から「簡単だけど実用性の高い資格」まで幅広く紹介しているので、あなたにあった資格がきっと見つかることでしょう。最後に、自分の市場価値を計測できるサービスも紹介しておりますので、気になる方はチェックしてください。

女性の方はこちらもおすすめです。

働く女性や主婦に人気のおすすめ資格12選!キャリアアップに役立つ選び方と取得のコツとは?

スポンサーリンク

1.実は狙い目!低難易度でも役立つ資格ランキングTOP5

まずご紹介するのは、 資格としての難易度は低いものの「実用的」であり、「就職・転職」に強い役立つ資格ランキングです。

順位 資格名
1位 医療事務
2位 介護事務
3位 登録販売者
4位 マイクロソフトオフィススペシャリスト
5位 簿記3級

上記ランキングにある「医療事務」や「介護事務」などの資格があれば、女性に人気の「事務職」への就職・転職もしやすくなります。

また、ランキング内の資格は、出産などで仕事を離れていた人の「仕事復帰のための資格」としても活用できると人気ですよ。

それでは、順番に確認していきましょう。

【1位】医療事務 | 取得難易度:★★★☆☆

まず紹介するのは、就職・転職のしやすさや取得難易度の低さで人気の「医療事務」です。

その名の通り、医療現場の”事務”に関わる仕事であり、 病院の受付や会計などの事務処理や病院の収入を左右する診療報酬明細書(レセプト)の作成業務を行います。

ただ一口に医療事務と言っても資格の種類が多く、取得を目指す資格によって難易度はマチマチ。

また、厚生労働省認定のものやそうでないものなど、同じような資格に見えて種類や難易度が異なります。

資格名 厚生労働省の認定 資格難易度 合格率
医療事務認定実務者 未認定 ★★☆☆☆ 70~80%
医療事務技能審査試験 未認定 ★★★☆☆ 50~60%
医療事務管理士 未認定 ★★★☆☆ 50~60%
診療報酬請求事務能力認定試験 認定 ★★★★☆ 30~40%

「医療事務」の中でも比較的かんたんな資格が「全国医療福祉教育協会」が行っている、「医療事務認定実務者」です。

医療事務の資格の中では取りやすい資格であるものの、その分給与は他の資格に比べるとやや低め。

逆に唯一の厚生労働省認定の診療報酬の請求に関わることができる「診療報酬請求事務能力認定試験験」は医療事務の中では最難関!

合格率が30%を切ることもある資格ですが、その分高めの給与が狙えます。

Q.医療事務取得条件は?

A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

医療事務が人気な理由の1つに「受験資格不問」があります。

多くの資格は「高卒」「実技経験必須」など、資格を取得する前に条件をクリアしなければならないものが少なくありません。

しかし、医療事務に関しては受験資格不問であるため、誰にでもチャンスあり!

また2019年現在も、医療に関する仕事は人手が足りず、医療事務は売り手市場で就職・転職しやすいというメリットもあります。

以下に、「医療事務」の取得に関する詳しい情報をまとめましたので、ご確認ください。

なお、今回は取得難易度が一番低い「医療事務認定実務者」についてまとめております。

資格名称 医療事務認定実務者
実施団体 全国医療福祉教育協会
試験時期
  • 1月27日
  • 2月24日

※2019年

試験内容
  • 学科:医療事務の知識に関して
  • 実技I:患者接遇
  • 実技II:レセプト点検
  • スポンサーリンク

  • 【2位】介護事務 | 取得難易度:★★★☆☆

    年々需要が増していく介護業界の中で受付などの事務方の仕事が出来る資格が『介護事務』です。

    介護事務の資格を取得することで受付業務はもちろん、介護報酬請求業務(レセプト作成)、利用者の介護手続きを行うことが出来ます。

    介護事務も医療事務と同じく、複数の団体によって資格内容はもちろん資格難易度も異なります。

    資格名 資格難易度 合格率
    介護事務実務士 ★★☆☆☆ 70~80%
    ケアクラーク ★★★☆☆ 50~60%
    介護事務管理士 ★★★☆☆ 50~60%
    介護報酬請求事 ★★★★☆ 40~50%

    『介護事務』の中でも比較的取得しやすい資格が、「介護事務実務士」です。

    介護事務実務士は他の資格と異なり、講座内で修了認定試験を行うタイプの保険なので短い学習時間で資格取得が見込めます。

    Q.介護事務取得条件は?

    A.介護報酬請求事務技能検定以外は年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    介護報酬請求事務技能検定に関しては以下の2つの受験条件をクリアする必要があります。

    • 日本医療事務協会が認定する介護事務講座を修了し
    • 受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等

    「介護事務」も医療事務と同じく、基本的には各種取得条件は不問です。

    ただし、介護報酬請求事務技能検定は「介護事務」に関する資格をすでに有していることが必須であり、高卒以上でなければ受けられません。

    介護事務の資格の中でも、難易度が低い介護事務実務士の資格概要は以下の表の通りです。

    資格名称 介護事務実務士
    実施団体 医療福祉情報実務能力協会
    試験時期
    • 試験は偶数月の第3日曜日
    試験内容
    • 学科:介護保険法など
    • 実技:介護報酬明細書作成

    【3位】登録販売者 | 取得難易度:★★★★☆

    ドラッグストアで大活躍の「登録販売者」は一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格です。

    この資格を取得することで、風邪薬や鎮痛剤などの薬を薬剤師が不在でも処方することが可能であり、資格を持っていることで給与アップが見込めます。

    登録販売者は資格難易度の割りには今後も安定して需要が見込める”コスパの良い国家資格”です。

    なお、登録販売者の合格率は各都道府県ごとに異なりますが30~60%と言われています。

    Q.登録販売者取得条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    登録販売者は国家資格ですが、学歴不問の誰でも取得しやすい資格です。ただし、薬品や人体に関する知識は必須であり、ある程度の理系の知識が必要となります。

    資格名称 登録販売者
    実施団体 日本国、各自治体
    試験時期
    • 2018年8月19日~11月15日(東京)

    ※各都道府県により異なります。

    試験内容

    学科

    • 医薬品に共通する特製と基本的な知識
    • 人体の働きと医薬品や副作用、適正使用
    • 薬事法、制度に関して など

    次は事務仕事にはかかせないパソコンスキルに関する「マイクロソフトオフィススペシャリスト」についてご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 【4位】マイクロソフトオフィススペシャリスト | 取得難易度:★★☆☆☆

    事務職には必須のMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)の操作スキルに関する国際資格が「マイクロソフトオフィススペシャリスト」です

    「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワーポイント)」などの操作スキルを証明する資格です。先に紹介した資格のように直接的に雇用につながる資格ではありません。

    しかし、 この資格を持っていることで「実務レベルにワードやエクセルが使えます!」というアピールになるため、事務職への就職を目指す人には必須の資格です

    なお、合格率は公開されておらず不明ですが、50%以上はあると見込まれています。

    Q.マイクロソフトオフィススペシャリスト取得条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    マイクロソフトオフィススペシャリストも学歴不問の誰でも受けられる資格です。

    実際の試験の現場ではパソコンとマウスを使って実技形式で行われ、知識だけでなく、実際の技能を試されます。

    資格名称 マイクロソフトオフィススペシャリスト
    実施団体 マイクロソフト社
    試験時期
    • 毎月1~2回(日曜日)
    試験内容
    • マイクロソフトオフィス商品の使用に関する実技

    マイクロソフト(MOS)のエクセル資格をさらに詳しく見たいという方はこちらの記事をご覧ください。

    エクセルの資格を網羅!様々な種類からおすすめまで解説

    【5位】簿記3級 | 取得難易度:★★☆☆☆

    「会計」のルールに関する知識を証明する資格が「簿記(ぼき)資格」です。

    ひとくちに簿記と言っても、以下のような3つの種類に分かれています。

    資格名 資格難易度 合格率
    全経簿記能力検定 ★★☆☆☆ 50~60%
    全商簿記実務検定 ★★☆☆☆ 50~60%
    日商簿記検定 ★★☆☆☆ 40~50%

    簿記3級は、事務職で働くのならば「持っていて当たり前」と言われる資格です。

    簿記3級を持っていれば就職やアルバイトをしやすくなりますが「簿記3級があるから仕事に困らない」ということではありません。

    Q.簿記3級の取得条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    簿記3級の資格は現役高校生が取れるぐらいですから、学歴等に関しては不問です。

    なお、この中でももっともポピュラーな簿記の資格として有名な「日商簿記検定」の概要に関しては以下の通りです。

    資格名称 日商簿記検定 3級
    実施団体 日本商工会議所
    試験時期
    • 2月24日

    ※2019年

    試験内容
    • 自営業(個人事業主)を想定した商業簿記の知識
  • スポンサーリンク

  • 2.スペシャリストを目指す方に!高難易度の資格ランキングTOP5

    数ある資格の中で「この資格を取れば、独立できる!」という資格は、決して多くありません。

    しかし「高難易度」であり、スペシャリストを目指す方にとっては無くてはならない下記ランキングの資格を取れば、独立して活躍することも可能です。

    「どれぐらい難しいか知りたい」という方のために、合格率も併せて記載しました。

    順位 資格名 合格率
    1位 司法試験 24~26%
    2位 国家公務員(総合職試験) 9~11%
    3位 公認会計士 9~11%
    4位 司法書士 2~3%
    5位 税理士 12~14%

    「司法試験」を筆頭に、専門の勉強を長年続けても合格が難しい資格ばかり。合格率も下手をすると一桁台。

    ここからは、医師試験よりも困難な“超高難易度”の資格の詳細をご紹介します。

    【1位】司法試験 | 取得難易度:★★★★★

    司法――裁判官、検察官、弁護士のように、法律に関わる仕事を行う上で必須の資格が「司法試験」。

    司法試験は資格を取得するために「法科大学院課程を修了」か「司法試験予備試験の合格」が必須です。

    つまり、試験取得のためのスタート地点に立つだけでも困難な資格です。

    しかも、司法試験に合格したとしても、すぐに弁護士になれるワケではなく、弁護士の前に司法修習を行います。

    さらに、司法修習の最後にある「司法修習生考試」を通過しなければ、法曹(裁判官、検察官、検事、弁護士)にはなれません…。

    「司法試験」は、資格取得後もスペシャリストとなるために継続した努力が必要なんです。

    Q.司法試験の受験条件は?

    A. 「法科大学院課程」を修了、あるいは「司法試験予備試験」の合格のいずれかが必須です。

    大卒の中でも、さらに法科大学院過程を終了しているか、あるいは司法試験予備試験に合格しなければ「司法試験」を受けることすら出来ません……。

    しかし、司法試験予備試験なら学歴がない人でもチャンスがあります。

    司法試験予備試験の方は「受験資格及び受験期間の制限なし」です。

    つまり、予備試験に合格さえすれば、学歴不問とほぼ同義となります。

    資格名称 司法試験
    実施団体 法務省
    試験時期
    • 論文式試験:5月15~18日
    • 短答式試験:5月19日

    ※2019年

    試験内容 法曹として必要な法律に関する学識やその応用能力

    弁護士を目指している方はこちらの記事をご覧ください。

    弁護士になる方法!資格取得の4つのステップと仕事内容も解説

  • スポンサーリンク

  • 【2位】国家公務員(総合職試験) | 取得難易度:★★★★★

    国の機関の上流で働くために必須な資格が「国家公務員(総合職試験)」です。

    国家公務員を取得できれば、「行政府」「立法府」「司法府」など、日本国の根幹となる部署で働くことが許可されます。

    そうすれば、内閣府や衆議院、参議院、各種裁判所で働くことが出来ます。

    特に「総合職試験」は、いわゆるキャリア組を志す人には必須。

    東大卒や東大院卒など、名だたる大学を卒業する人ですら、そうそう受からない本資格は間違いなく、トップクラスに高難易度の資格です。

    Q.国家公務員(総合職試験)の受験条件は?

    A.30歳以下であり、大学院卒か大学卒

    A.院卒者試験

    1. 大学院修士課程又は専門職大学院の課程を修了、見込みの者
    2. 人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者

    B.大卒程度試験

    1. 大学を卒業した者及び平成31年3月までに大学を卒業する見込みの者
    2. 人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者

    国家公務員の受験資格には年齢制限があり、かつ大卒が当たり前。

    なお、上記とは別に「成年被後見人」「禁錮以上の刑に処せられた」など、国の保障を揺るがす人は、受験条件をクリアしていても受験を受けることは出来ません。

    資格名称 国家公務員(総合職試験)
    実施団体 人事院
    試験時期
    • 4月末(1次試験)

    ※毎年度

    試験内容 基礎能力試験、法律に関する学識や知識

    高難易度の資格はまだまだ続きます。次は公認会計士についてご紹介。

    【3位】公認会計士 | 取得難易度:★★★★★

    企業が経済活動を行う上で、絶対に必要となる存在が「公認会計士」という資格です。

    企業の収支情報が正しいかどうかの確認を行う「監査」や複雑な計算が必要な「会計」はもちろん、「税務」に関しても精通する必要がある「会計のエキスパート」と言える資格です。

    高難易度の資格だけあって持っていれば「公認会計士なら食いっぱぐれることはない」と言っても過言ではないほど、需要も給与水準(年収500万円以上は硬い)も高い資格です。

    Q.公認会計士の受験条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    あまり知られていませんが、公認会計士に受験条件はありません。

    高卒、大卒問わず受験が可能であり、学力さえあれば誰でも受験することが可能です。

    ただし、テスト内容は難解の一言に尽きるほど。医師試験並かあるいはそれ以上に難しい資格なので、一般の方がおいそれと合格できるものではありません。

    公認会計士については、「公認会計士の資格とは?難易度・試験内容・就職についても解説!」でさらに詳しく解説しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    資格名称 公認会計士
    実施団体 金融庁
    試験時期
    • 12月9日

    ※2018年度

    試験内容 金融、会計に関する深い学識
  • スポンサーリンク

  • 【4位】司法書士 | 取得難易度:★★★★★

    「司法書士資格」とは裁判所・検察局・法務局などに提出する書類の作成や、登記・供託の手続き、審査請求を行うことが出来る資格です。

    弁護士と異なり、法律業務全般を請け負うことは出来ませんが、公的機関に提出する書類の作成や委託などの手続きは可能です。
    (認定司法書士になれば「紛争解決業務」を扱うことは可能)

    司法試験に比べれば、資格試験の難易度はやや低めですが、それでも国内の資格の中でもトップクラスに難しい資格の1つであることに変わりはありません。

    Q.司法書士の受験条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    先にご紹介した、公認会計士と同様に司法書士にも受験条件はありません。

    高卒、大卒問わず何度でも受験が可能であり、司法書士資格を目指す人の中には「サラリーマン → 司法書士 → 独立」というように、全く関係のない仕事から司法書士資格を取得して人生を変えたという方もいらっしゃいます。

    司法書士については『司法書士とはどんな資格?就職に有利?難易度や取得条件も解説』にて詳しく記載しております。

    資格名称 司法書士
    実施団体 法務省
    試験時期
    • 7月の第1、または第2日曜日

    ※毎年度

    試験内容 「憲法」「民法」「商法」「刑法」など法律に関する学識

    司法書士も難しい資格です。次の税理士も難易度ランクとしては非常に困難です。

    【5位】税理士 | 取得難易度:★★★★★

    その名の通り「税」に関するスペシャリストとしての資格が「税理士」です。

    税理士の資格を取得することで、複雑な税務に関する代理、納税書類の作成、税務相談などを請け負うことが可能になります。

    「公認会計士」と共に企業活動を行うにおいて必要不可欠な存在であり、税理士の資格を取得することが出来れば、ある程度高水準な安定した収入が見込めます。

    ただし、難易度はやはり国内トップクラスであり、数学に強くなければお話にならないレベル。

    また「公認会計士」や「司法書士」のように学歴不問ではないという所も、税理士資格取得を阻む壁となっています。

    Q.税理士の受験条件は?

    A.学識、資格による受験条件が複数あります。

    ◆学識による受験資格

    • 大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
    • 大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
    • 一定の専修学校の専門課程を修了し、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
    • 公認会計士試験の短答式試験に合格した者

    ◆資格による受験資格

    • 日商簿記検定1級合格者
    • 全経簿記検定上級合格者

    ◆職歴による受験資格

    • 会計に関する事務に2年以上従事した者 /li>
    • 資金の貸付け・運用(銀行、保険会社など)に関する事務に2年以上従事した者
    • 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者

    税理士になるためには、上記それぞれの条件をクリアしておく必要があります。

    職歴による受験資格もあるため、業務として税務に関わっていれば、合格はしやすい方です。

    税理士の資格取得については「税理士の資格の取得方法は?試験内容・資格の難易度を徹底解説」で詳しく解説しております。

    また、税理士の年収については『税理士の年収はいくら?税理士事務所勤務と独立開業では年収が違う!』をご覧ください。

    資格名称 税理士
    実施団体 国税庁
    試験時期
    • 8月第1週の火、水、木の3日間

    ※毎年度

    試験内容 「税務」「会計」「税法に属する科目」など税に関わる学識

    3.皆が取っている人気の資格!難易度順ランキング

    「低難易度でも役立つ資格」「スペシャリスト向け高難易度の資格」の2つをご紹介させて頂きましたが、ここからは「実践的な資格」の難易度ランキングを紹介します。

    順位 資格名
    1位 宅建(宅地建物取引士)
    2位 栄養士
    3位 介護福祉士
    4位 調剤薬局事務
    5位 販売士2級

    ネット上や資格情報サイトでも、よく見かける人気の資格ばかりではないでしょうか?

    これら人気の資格は以下のような方におすすめです。

    • 「同じ業界での転職に役立つ資格が欲しい」
    • 「他業種へ転職して給与アップを狙っている」

    転職、キャリアップに役立つ資格をお探しの方は、ぜひ次のランキングを参考にしてください。

    【1位】宅建(宅地建物取引士) | 取得難易度:★★★★★

    「宅地建物取引士」、通称「宅建」は、不動産業界で働く(働きたい)と思っているのなら持っていた方が良い資格の1つです。

    大きなお金が動く「不動産取引」において、お客様に対し知っておくべき事項(重要事項)を説明することが出来るのは、宅建士のみ。

    また宅建に合格すれば、キャリアップだけでなく、独立開業すら見込めます。

    なお、国家資格ということもあり、合格率は9~11%と司法試験並に難しい資格です。

    Q.宅建(宅地建物取引士)の受験条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    宅建を受けるために必要な資格や条件はありません。

    「高卒で不動産業界に入った」という方もおり、キャリアップのための資格に学歴による条件がないのは喜ばしいことではないでしょうか。

    ただし、宅建に合格しても各都道府県による登録が出来なければ、試験に合格しても「宅建士」として働くことは出来ません。

    下記は宅建士の資格登録が出来ない「欠格事由(けっかくじゆう)」です。

    宅建士の欠格事由

    • 未成年者かつ未婚者
    • 成年被後見人、被保佐人、または破産者
    • 宅建業法違反、傷害罪など暴力系犯罪、背任罪によって罰金刑以上の刑を受け、刑の執行から5年を経過していない人
    • 禁固以上の刑を受け、刑の執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から5年を経過していない者

    契約が出来ない未成年者だけでなく、自己破産を行った「破産者」も宅建の欠格事由となるため、ご注意ください。

    宅建については「宅建資格とは?宅建資格の難易度や取得方法・メリットを解説」で詳しく解説しているので、こちらもご確認ください。

    資格名称 宅建(宅地建物取引士)
    実施団体 不動産適正取引推進機構
    試験時期
    • 10月の第3日曜日

    ※毎年度

    試験内容 「税・価格」「不動産取引」「宅建業法」などの学識

    【2位】栄養士 | 取得難易度:★★★★☆

    病院・医師の指導のもと患者への栄養指導や健康増進のための栄養指導、給食施設での栄養管理などを行うことが出来る資格が「栄養士」です。

    栄養士は「栄養管理士」になるためには必須な資格です。栄養士として実務経験を積み、国家試験に合格すれば管理栄養士になれます!

    大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了すれば自動的に栄養士になれます。

    ただし、先に紹介した資格の試験と異なり「資格を取るために学校に行かなければならない」という条件があります。

    Q.栄養士の受験条件は?

    A.栄養士養成施設(大学、短大、専門)で2年以上栄養士として知識および技能を修得し、都道府県知事に申請する

    栄養士を育成する大学や短大の中では、卒業試験を行う場所もあります。

    しかし、卒業試験は義務ではないため、成績にかかわらず栄養士養成施設を卒業出来れば、自動的に栄養士になることが出来ます。

    なお、栄養士になるための栄養士養成施設への入学条件は「高卒以上」であるため、実質的に栄養士になるために必要とされる学歴は「高卒以上」となります。

    資格名称 栄養士
    実施団体 厚生労働省
    試験時期
    • なし

    ※資格試験がないため

    試験内容

    【3位】介護福祉士 | 取得難易度:★★★☆☆

    「介護福祉士」とは、これからの日本には欠かせない「お年寄り」「障害者」に対し、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者へ介護のアドバイスを行うことが出来る資格です。

    「介護士」などの民間資格と異なり、介護福祉士は国家資格です。

    介護福祉士は介護に関するスペシャリスト。資格を取得することで、介護施設のリーダーとして主体性を持って働けるます。

    そのため、月収も他のヘルパーさんなどに比べると、平均して5万円以上も高めです。

    すでに介護業界で働いているのなら、安定して需要があり、これからもその需要が無くなることがない介護福祉士を目指すのも1つの手です。

    Q.介護福祉士の受験条件は?

    A.以下の2つの条件を満たす必要があります。

    • 「介護職員実務者研修」の受講
    • 対象となる施設(事業)及び職種での従業期間3年(1,095日)以上、かつ従事日時540日以上

    介護福祉士になるためには、「3年間介護施設等で働いたという実務経験」と「最短1ヶ月半程度で終わる介護職員実務者研修」を受講したという2つの条件が必要です。

    学歴こそ不要なものの「3年間介護施設等で働いた」という条件が重たくのしかかっており、資格取得の難易度はトータルで見ると決して楽ではありません。

    なお、合格率は60%以上であり、資格試験の難易度自体は決して高くはありません。

    資格名称 介護福祉士
    実施団体 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
    試験時期
    • 筆記試験:1月末頃
    • 実技試験:3月上旬

    ※毎年度

    試験内容
    • 学科:「尊厳」「介護」「医療的ケア」などの学識
    • 実技:専門的技能(介護技術講習会修了者は免除)

    福祉資格について知りたい方は『福祉資格の種類一覧!おすすめ資格の難易度・取得できる学校も解説』をご確認ください。

    【4位】調剤薬局事務 | 取得難易度:★★★☆☆

    「調剤薬局事務」とは、調剤薬局で患者さんの受付や会計、処方せんの確認やデータ入力、お薬手帳の発行、待合室などの環境整備などを行うことが出来る資格です。

    調剤薬局の事務が主な仕事ですが、実質的には「薬剤師のサポート」を行うことが多いようです。

    「医療事務」と同じく、需要がある仕事の割りに資格取得のための難度が低く、転職や再就職を狙っている方におすすめの資格です。

    Q.調剤薬局事務の受験条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    調剤薬局事務は医療事務と同じく、学歴不問の資格です。

    しかも、毎月1回は必ず実施されており、合格率も60%以上と気軽にチャレンジしやすく、働きながらでも受けやすいと人気です。

    なお「在宅受験」も可能なので「子育て中でなかなか外出できない」という方にもオススメです。

    資格名称 調剤薬局事務
    実施団体 全国医療福祉教育協会
    試験時期
    • 1月27日
    • 2月24日

    ※2019年 毎月1回実施

    試験内容
    • 学科:「医療関連法規」「薬理・薬剤」「調剤報酬請求」などの学識
    • 実技:調剤報酬明細書作成

    次は販売に関わる仕事に欠かせない販売士の資格についてです。

    【5位】販売士2級

    「販売士」とは、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理など「実践的な販売」に関する知識を証明する資格です。

    「販売士の資格がなければ就職できない」という就職先はほとんどありませんが、級が上がるごとに販売に関するスペシャリストとしての信頼度が増し、転職やキャリアップに役立つことは間違いありません。

    あまり知られていませんが、2019年現在、1~3級まで資格があります。

    なお、販売士1級~3級の資格試験で求められる知識は以下のように異なります。

    販売士1級 小売業経営(マーケティング)に関する高度の専門的な知識があり、経営計画を立案・管理業務が遂行できるレベルの知識
    販売士2級 販売に関する専門的な知識と、ある程度の管理業務、部下の指導ができるレベル
    販売士3級 販売員としての基礎的な知識と技術、販売業務を行うことが出来るレベル

    Q.販売士の受験条件は?

    A.年齢・学歴・性別・職歴等による条件はありません。

    販売士は学歴や性別問わず、誰でも受験が可能です。

    ただし、販売士の資格は有効期間は取得から5年しかなく、5年以内に資格更新講習の受講か指定通信教育講座の受講をしなければ、販売士の資格が失効するので、ご注意を。

    資格名称 販売士
    実施団体 商工会議所
    試験時期
    • 2月20日

    ※2019年

    試験内容
    • 「販売」「会計」「業務管理」などの知識

    4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

     

    ②財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    ひとくちに「資格」と言っても、さまざまです。資格の難易度が高ければ高いほど、転職やキャリアアップの役には立ちます。

    しかし、自分のキャリアプランやビジネスプランに合わない資格をとっても、あまり意味がなく、資格の難易度だけでなく「自分にとって本当に役に立つか」という視点に立って、資格を選ぶ必要があります。

    ちなみにあなたはご紹介した、ランキングの中でどの資格に興味を持ちましたか?

    ぜひ、自分にぴったりの資格を見つけ、今回の各資格難易度ランキングを転職やキャリアップの役に立ててください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件