税理士の資格の取得方法は?試験内容・資格の難易度を徹底解説

Business situation, job interview concept. Confident businessman in a job interview with a corporate personnel manager.
資格

税理士の資格情報についてお調べですね。

税理士になるためには、資格を取得する必要があります。

ただ、資格をとったことがない人からすると「どうやれば取得できるだろう?」「難易度はどれくらい高いんだろう?」など、わからないことも多いですよね。

そこで今回は、 税理士の資格を実際に取得した筆者の経験をもとに、資格の難易度や取得方法などを詳しく解説していきます

税理士は簡単になれる仕事ではありませんが、一生の仕事にするに値する、誇らしい仕事です。

年収1000万円を超えることも珍しくありませんので、ぜひ記事で紹介している内容を参考にして、取得にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

1.税理士とは

税理士

納税者のための税務代理などを行う税務の専門家

日本の税金の所得税や法人税といった主なものは、申告納税方式といって自分で税務署に申告して税金を納める仕組みになっています。

しかし、税金にかかわる法律や税金の計算は専門的で難しく困る場合があります。

税理士は、税金を納める納税者からの依頼によって、税金の申告・税務にかかわる書類作成などを納税者のために行います。

1-1.税理士の仕事内容

税理士の主な仕事は、 税務代理・税務書類の作成・税務相談で、この3つの仕事は税理士しか行ってはならないと法律で定められています。

では、それぞれの仕事内容について、もう少し詳しく確認していきましょう。

税務代理

<税務代理>

納税者のかわりに、税務署に対して税金の申告・申請を行うこと。

所得税・法人税・相続税など主な税金は、日本では申告納税方式を採用していて、自分で税務署に申告して税金を納めなければなりません。

しかし、税法や税金の計算は複雑で、知識のない人が自分で申告と納税を行うことは難しいのが現実です。

税理士は、納税者の代りに税金の申告や申請を行います

また、税務署は納税者に対して、ときには税務調査で会計帳簿などを調べますが、税理士はこのようなときに、調査に立会い税務署に説明や議論などを行います。

税務書類の作成

<税務書類の作成>

税務署などに提出する申告書・申請書などを作成すること。

税理士は、税務署などに提出する申告書・申請書・納付書などの書類を作成します。

申告書を作成するための付随業務として、会計帳簿や決算書の作成・伝票の整理・給料の計算なども行います。

税務相談

<税務相談>

税務署に提出する申告書や税金の計算などについての相談に応ずること。

節税対策など税金についての相談にのることも、税理士の仕事のひとつです。

税理士によっては、税金についての相談だけでなく経営についての相談にものり、コンサルティングを同時に行っている人もいます。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.税理士試験の難易度

    税理士試験の難易度は、とても高いといえます。

    日本の三大国家試験は、医師国家試験・司法試験・公認会計士試験と言われることが多いのですが、実は税理士試験の難易度もこれらと並ぶと言われています。

    三大国家試験として位置付けられていないのは、税理士試験では、合格に必要な5科目を1科目ずつ取っていくことができるからです。

    さらに、税理士の資格は5科目全てを試験で取得する方法のほかに、いくつか方法があることも三大国家試験として位置付けられない理由とひとつといえるでしょう。

    しかし、 税理士試験の1科目ごとの内容は、三大国家試験に匹敵するかそれ以上の難易度といえます。

    平成29年度では、全科目の延受験者数は3万3千人弱で、合格率は科目によって異なり平均すると17%です。

    しかし、5科目全て合格した人はこの中で795人しかおらず、5科目全部に合格して税理士の資格を取得することの難しさがわかります。

    参考:国税庁 平成29年度(第67回)税理士試験結果

    1-3.公認会計士と税理士の違い

    公認会計士

    会計と監査の専門家。

    監査業務を独占的に行うことができる。

    よく税理士と公認会計士を混同されることがあるので、これらの違いを簡単に解説します。

    公認会計士は、会計と監査の専門家です。

    税理士しかできない業務は税務業務であるのに対し、公認会計士しかできない業務は法定監査業務です。

    監査業務とは、企業の業績などを表す財務書類が適正であるかどうかを評価することをいいます。

    税理士は、納税者のために税務業務を行うのでクライアントも中小企業が多くなるのに対し、公認会計士のクライアントは監査を受ける義務のある大企業が多いといえます。

    公認会計士については「公認会計士の資格とは?難易度・試験内容・就職についても解説!」で詳しく解説しているので、こちらもご確認ください。

  • スポンサーリンク

  • 2.税理士資格の取得方法

    税理士資格を取得するには、いくつかの方法がありますのでご紹介します。

    1. 税理士試験で5科目の合格をする
    2. 大学院を卒業して一部の科目を免除してもらう
    3. 弁護士の資格で税理士になる
    4. 公認会計士の資格で税理士になる
    5. 税務署の勤務経験で税理士になる

    では、それぞれの方法を詳しく確認していきましょう。

    方法1.税理士試験で5科目の合格をする

    税理士試験で5科目の合格を果たせば、税理士の資格を取得できます

    試験で5科目を取得するのはとても難しいため、5科目全てを試験で合格することができれば、税理士の中でも一目おかれた存在となることができるでしょう。

    試験申込受付期間 4月中旬~5月中旬
    試験日 8月初旬~中旬の3日間
    合格発表

    12月初旬~中旬(郵送・5科目合格者は官報掲載)

    受験料 4,000円~10,000円(受験科目数による)

    具体的な試験日などは、国税庁のサイトに掲載されますので、ご確認ください。

    税理士試験の公式サイトはコチラ

    詳しい試験内容は記事の後半で詳しく解説していますので、ご確認ください。

    試験内容の詳細を確認する

  • スポンサーリンク

  • 方法2.大学院を卒業し一部の科目を免除してもらう

    大学院に入学し、 指導教授から必要な研究指導を受けて論文を作成し卒業した場合には、その論文を国税審議会に提出して、税理士試験の科目免除の申請をすることができます。

    ただし、免除できる科目は、会計学の場合は会計1科目、税法の場合は税法2科目のみです。

    全科目を大学院卒業だけで免除してもらうことはできません。

    方法3.弁護士の資格で税理士になる

    税法も法律の1つなので、 弁護士の資格を持つ人はその資格によって税理士になることができます

    実際に税理士として仕事をしていくには税理士登録をする必要がありますが、弁護士の資格をもっているならば税理士になれます。

  • スポンサーリンク

  • 方法4.公認会計士の資格で税理士になる

    公認会計士試験にも租税法や会計学があり、税理士試験の内容と重なる部分があります。

    このため、 公認会計士のうち法律で定めた税法の研修を修了した人は、税理士となることができます

    方法5.税務署等の勤務経験で税理士になる

    税務署に一定期間勤務すると税理士試験科目が一部免除され、 税務署に23年以上勤務して指定された研修を受けると税理士試験の全科目が免除されます。

  • スポンサーリンク

  • 注意点.税理士登録には実務経験が必要

    税理士として自分の名前を使って税務申告を行うなどの仕事をするには、 税務や会計に関係する事務の実務経験が2年以上必要です。

    ただし、弁護士や公認会計士の資格で税理士となった場合には、この実務経験は必要ありません。

    3.税理士試験の内容

    税理士試験の内容は、 必須科目、選択必須科目、選択科目に分かれます。

    必須科目は会計科目で、選択必須科目と選択科目は税法科目となっています。それぞれ計算と計算の根拠などの理論が出題されます。

    それぞれの科目の内容を確認していきます。

    3-1.税理士試験の試験科目

    税理士試験には、 以下の科目の中のうち5科目を取得しなければなりません。

    5科目のうち2科目は必須科目である簿記論と財務諸表論を、必ず受験しなければなりません。

    残り3科目のうち1科目は必須選択科目となり、法人税法と所得税法のどちらか1つを選んで受験する必要があります。

    あとの残りの2科目は、好きな科目を選ぶことができます。

      科目 内容 内容
    必須科目 簿記論 計算のみ 簿記論では、企業の日々の経営活動を記録・計算・報告する手続きやルールについての計算問題が出題されます。
    財務諸表論

    計算理論

    会計処理や財務諸表作成の根拠となる企業会計原則などの理論と作成手続きとしての理論が出題されます。
    選択必須科目 所得税法

    計算理論

    所得税は、個人がその年1年間に得た所得に対して課される税金です。耳にしたことがある方も多い「確定申告」は、個人の所得税を確定して納付する手続きです。
    法人税法

    計算理論

    多い 法人税は株式会社などがその事業年度に得た所得について課される税金です。利益に税務上の調整をして法人税を計算します。
    選択科目 相続税法

    計算理論

    人が亡くなり相続が発生したときに、相続をした人に課される税金です。相続は争続ともいわれるほどトラブルが多く、税務相談も多いので実務上とても役に立ちます。
    消費税法

    計算理論

    消費税の税率引き上げが問題となっていますが、税理士は消費税の計算も行います。身近なために人気の高い科目です。
    事業税

    計算理論

    法人や個人の事業活動に対して課税される税金です。
    国税徴収法 理論のみ 国税の納付手続きや未納付の場合の強制徴収の手続きが出題されます。税理士試験で唯一、理論のみの科目なので、暗記が得意な人は選択するとよいでしょう。
    酒税法 計算理論 酒類に対して課される税金です。お酒が好きな人にとっては身近な税金で楽しく学べます。
    住民税 計算理論 都道府県や市区町村に住む住民にかかる税金です。
    固定資産税 計算理論 土地・家屋・事業用の償却資産に対してその資産がある市町村が資産の持ち主に課税する税金です。

    3-2.どの科目を選択するか

    税理士試験では科目を選択して受験することになりますが、どの科目を選んでよいのかわからない人も多いと思います。

    選択科目をどのように選ぶのがよいのかをご紹介しますので、参考にしてください。

    必須選択科目

    必須選択科目である所得税法と法人税法は、2科目のうち1科目を選択しなければなりません(2科目両方を選択することもできます)。

    所得税法も法人税法もどちらもボリュームがあり複雑ですが、どちらかといえば法人税法のほうがボリュームがあります。

    法人税法は簿記が得意な人にとって勉強しやすい科目です。

    簿記が得意な人は法人税法、簿記が苦手な人は所得税法を選択するとよいでしょう。

    選択科目

    選択科目は、ボリュームの多いものから少ないものまでさまざまですが、合格のしやすい科目というのは特にありません。

    ボリュームの少ないものは勉強しやすいといえますが、厳密な解答が求められるので合格しやすいとはいえないのです。

    税法は複雑で専門用語も多いので、 なるべく自分が親しみのもてるものや、「これだったら理解できそう!」と思うことのできる科目を選ぶとよいでしょう。

    4.税理士試験を勉強するための方法

    税理士試験の勉強は、1つ1つの科目の難易度が高くボリュームもあるので、不効率な勉強方法では合格から遠ざかってしまいます。

    合格するためには学校を利用するのがよいのか、独学で勉強をすることができるのかを説明していきます。

    4-1.税理士試験の受験専門学校・通信教育

    税理士試験のための 効率的な勉強のためには、受験専門学校がおすすめです。

    税理士試験には、いくつかの受験専門学校があり、通信教育のサービスも提供しています。

    次の章でおすすめの通信講座について説明しております。

    4-2.独学

    税理士試験は、市販の教材を利用して合格を目指すことができます。

    独学のメリットは、費用が少なくてすむことです。

    モチベーションの維持や効率的な勉強という観点からは、独学はおすすめできません。

    特に短期合格を目指すであれば、受験専門学校を利用するのがよいでしょう。

    5.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    6.試験合格のために押さえておきたい試験のポイント

    税理士試験に合格するためには、勉強するためのコツがあります。

    勉強のコツを頭に入れて、短期合格を目指しましょう!

    6-1.計算問題の勉強方法

    試験では、計算機を使うことができます。

    基礎問題をしっかりとこなし、総合問題を時間内に解答できるような訓練が必要です。

    市販や受験専門学校の問題集は、合格する人はほとんどが完璧に解答できるレベルで習得してきます。

    効率的で精密な計算が必要です。

    6-2.理論問題の勉強方法

    財務諸表論の理論は、大きな理論の流れを理解したうえで、企業会計原則等の重要な理論のキーワードを間違いなく解答できる必要があります。

    税法の理論は、 理論の流れを理解し一字一句間違えずに解答できるレベルの暗記が必要になります。

    この暗記が税理士試験の特徴といえるほど大変ですが、逆に暗記が得意な人は税理士試験にむいているといえるでしょう。

    6-3.資格取得に何年必要か

    税理士試験を5科目試験で合格するには、仕事をしないで 受験に専念しても4~5年、仕事をしながらだと8~10年かかると言われます。

    その期間だけ必死で勉強し5科目一発合格するというケースも稀にありますが、ほとんどありません。

    暗記が多く高い精度の解答が求められる税理士試験では、専念して勉強する人は2科目ずつ、働きながら勉強する人は1科目ずつ勉強する方法がおすすめです。

    6-4.働きながら資格取得を目指すには

    税理士の資格は、働きながら目指す方の多い資格です。

    なぜなら、1科目ずつ勉強して取得していけるので、働きながら勉強しやすいからです。

    とはいっても、難易度の高い税理士試験を働きながら目指すのは大変です。

    会計事務所の勤務しながら税理士試験を目指す方も多いのですが、繁忙期にはどうしても勉強にあまり手がまわらなかったりと、苦労をされている方もいます。

    働きながら資格取得を目指すのであれば、 無理のないスケジュールを立てて計画的に勉強を進め、仕事も効率的にこなして勉強時間を確保する必要があります

    7.税理士試験取得後の就職先・転職先

    税理士としての仕事のやりがいは、なんといっても会計・税務のプロフェッショナルとして、クライアントのために仕事をすることです。

    会計・税務の分野で困っているクライアントのために仕事をするので、感謝をされることも多い仕事です。

    税理士の資格を取得した人は、どのような場所で活躍しているのでしょうか。

    活躍場所がイメージできれば、困難な試験勉強も乗り越えられますよ!

    7-1.税理士法人・税理士事務所

    税理士の資格を取得した後の就職先・転職先で一番多いのが税理士法人や税理士事務所です。

    税理士法人は会社で税理士事務所は個人という違いはありますが、業務内容は同じです。

    独立開業を目指す人の場合も、税理士業務の流れを知る必要がありますので、まずは税理士法人や税理士事務所に所属して仕事を覚えます。

    税理士法人や税理士事務所を選ぶときに気をつけたいのが、その法人や事務所が自分にあうかどうかです。

    代表社員や所長の色が強く出ている法人や事務所が多いので、説明会や面接で仕事の方針などの説明をしっかりと受けるとよいでしょう。

    7-2.一般企業

    税理士の資格を取得した人の中には、一般企業で働く人もいます。

    税理士の資格を取得している人は、 会計や経理の部門で大きな仕事を任せられ、多くの税理士が一般企業で活躍しています。

    7-3.独立開業

    税理士は、独立開業をしやすい職業です。

    税理士業界も競争は激しいですが、 税金で悩む人は多いので税務の専門家としてクライアントの獲得がしやすいです。

    また、独立開業のための設備投資が少なくてすむのも独立開業をしやすい理由のひとつです。

    まとめ

    税理士は、会計・税務の専門家として納税者のために、税務代理や税務相談を行います。

    税金に困っているクライアントに感謝されることも多いやりがいのある職業です。

    税理士試験は超難関試験ですが、一部科目免除を利用したり、効率的に勉強することで短期合格も可能です。

    一科目ずつ取得できるので、働きながら勉強してキャリアアップを目指したい方におすすめです。

     

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?