24歳フリーターから正社員になれた!成功例や就活のコツを徹底紹介

Young man working on laptop at tropical beach
仕事の悩み・相談

24歳でフリーターという立場にお悩みではありませんか?

24歳でフリーターというと、世間一般では就職活動に失敗したという印象が否めないのは事実です。

しかし、やりたいことがあったり、あるいは様々な悩みがあったりで、なかなか正社員への一歩が踏み出せない人は少なくありません。

そこで、この記事では過去に同じような状況から正社員就職に挑んだ先輩達の成功・失敗事例を参考に、24歳フリーターから正社員になる方法を徹底紹介していきます。

この記事を読めば、24歳フリーターでも、きちんと正社員になれるという自信がつくはずですよ。

スポンサーリンク

いま行動しないと後悔するかも…

フリーター・ニートの就職実績が豊富な『ハタラクティブ』は未経験OK。

優良求人が3,000件以上(非公開求人も多数)で、早い者勝ちです。登録はお早めに!

先月の登録者数582人!

1.24歳フリーターの現状とは?将来のリスクもチェック

一般に、フリーターとは定職に就かず、パートやアルバイトなどで生計を立てている人を指す言葉として使われています。

しかし、じつは、フリーターに厳密な定義というものはありません。

厚生労働省は、平成30年度の労働力調査を実施するうえで、便宜上、フリーターを以下のように定義しています。

<フリーターの定義>

  • 15歳から34歳
  • 学生ではなく、かつ、パートまたはアルバイトをしている人

では、正社員と比較した場合、いわゆるフリーターであることのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

もう少し詳しく見ていきましょう。

フリーターのメリットとデメリット

フリーターは、正社員として働く人達と比較して、以下のようなメリット・デメリットがあると考えられます。

メリット デメリット
  • 正社員より気軽に仕事を始めたり辞めたりできる
  • 自由な働き方ができる
  • 時給制であれば働いた分は給料に反映される
  • 基本的に残業はない
  • 正社員に比べて解雇されやすい
  • 給与に限界がある
  • 社会的な信用が低い

やはりフリーターの最大のメリットは正社員と比べて自由が多いということです。

反面、正社員に比べて解雇されやすく、社会的な信用が得にくいのはかなりのデメリットといえるでしょう。

特に、30代以降はこのデメリットの部分が大きく響いてきます。

どういうことか、もう少し具体的に説明していきますね。

  • スポンサーリンク

  • フリーターを続けると正社員との差がどんどん広がる

    20代の頃は、定職に就いていなくても、まだ若くて将来性もあるからと世間も温かい目で見守ってくれることが多いです。

    しかし、30代にもなると、周囲の人々のフリーターに対する視線は急変します。

    これは決して大げさな表現ではなく、それぐらい30を過ぎてもフリーターを続けてる人に対する世間の眼差しは冷たいものがあります。

    なぜかというと、30代になると以下のような点で正社員と大きな格差が生じてくるからです。

    <フリーターと正社員の差>

    • 経済的な差
    • 安定性の差

    もう少し詳しく見ていきましょう。

    経済的な差

    20代においては、フリーターと正社員の年収は、じつはそれほど大きな差はありません。

    しかし、30代・40代になると、その差はじわじわと広がり、最終的には非常に大きなものとなります。

    以下は、国税局の民間給与の実態調査結果を参考に、正規雇用者と非正規雇用者(フリーター含む)の平均年収をまとめた表です。

    正社員 非正規雇用
    正社員(全体):493万7000円
    正社員(男) :547万5000円
    正社員(女) :376万6000円
    非正規社員(全体):175万1000円
    非正規社員(男) :229万4000円
    非正規社員(女) :150万8000円

    参考:平成29年分民間給与実態統計調査結果について

    ご覧のように、2倍以上のとても大きな差が生まれていることがわかりますね。

    さらに、正社員の場合は扶養手当などの福利厚生があったり、各種レジャー施設の優待が受けられたりするので、実際には上記の数字以上の経済格差が生じてしまうのです。

    安定性の差

    フリーターと正社員では、安定性にも大きな違いがあります。

    正社員の場合、定年まで会社で働き続ける「終身雇用」という形態が一般的。

    対して、アルバイトやパートなどのフリーターは、働く期間が決まっている「有期雇用」が一般的です。

    終身雇用であれば基本的に定年退職するまで働くことができますが、有期雇用の場合は、いつ契約更新をストップされるかわかりません。

    フリーターと正社員を比べると、”雇用形態の安定性“といった面でも差が出てくるのです。

    「いつ仕事なくなってしまうか分からない」という状態は、不安が大きいですよね。

    以上の理由から、 24歳フリーターの方には、ぜひ今のうちに正社員への就職を考えてみて欲しいと思います。

    2.実はチャンス?24歳フリーターでも正社員になれる!

    実は、24歳というのは、多くの人が思っている以上の市場価値を持った年齢といえます。

    なぜなら24歳はまだ十分に若く、可能性が期待できる年齢だからです。

    もう少し詳しく説明していきますね。

  • スポンサーリンク

  • 24歳はポテンシャル採用が期待できる年齢

    ポテンシャル採用とは、現在の能力ではなく、今後の成長・伸びしろに期待して人材を採用すること。

    まだ若くて思考が柔らかく、どの色にも染まっていない24歳は、ポテンシャル採用に期待できます。

    20代後半になると、すでに思考や物の考え方が凝り固まってしまい「新しい物事を柔軟に受け入れることが難しい」と思われがちなところがあります。

    その点、24歳はまだ若さの名残りがあり、物事を柔軟に吸収できるとプラスにとって貰えることが多いのです。

    24歳フリーターを採用する企業は多い

    実際に、24歳のフリーターを正社員として採用する企業は多いです。

    以下は、リクナビNEXTが行った「フリーターを正社員として採用する場合、何歳ぐらいまでの方を対象として考えていますか?」という問いへの企業の回答です。

    23歳まで 15.0% 28歳まで 10.0%
    24歳まで 30.0% 29歳まで 5.0%
    25歳まで 30.0% 35歳まで 5.0%
    27歳まで 5.0%    

    参考:リクナビNEXT

    ご覧のように、8割以上の企業が24歳フリーターをまだまだ正社員雇用の対象していることがわかります。

    一方で、30代になってしまうと、正社員採用を考えている企業がたったの5%しかいないという現実もわかりますね。

    就職の難易度が高くなってしまう前に、24歳の今動き出しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.遅くない!24歳フリーターから正社員した方の成功談!

    では、ここからは実際に24歳フリーターから正社員に就職した人の実例を見ていきましょう。

    以下で紹介するお二人は就職支援サービスの「ハタラクティブ」を利用して、24歳フリーターから正社員として採用された方々のお話です。

    それぞれの就職前後の職種と、就職を決意した理由、そして現在24歳フリーターへの人達のメッセージを紹介していきます。

    Tさん(24歳・男性)の場合

    就職前と就職後の職種

    就職前 就職後
    中古本・家電 販売・買取チェーン店 アルバイト 小型食品スーパーマーケットチェーン 店長候補 (正社員)

    まず最初にご紹介するのは、中古本・家電チェーン店でアルバイトリーダーとして働いていたTさんのケースです。

    Tさんは、アルバイトリーダーとして、教育や商品のレイアウト作成、価格の決定などの重要な仕事も任されていました。

    そのような経験も考慮され、Tさんはスーパーマーケットチェーンの店長候補として正社員採用を勝ち取ることができたのです。

    就職を決意した理由

    Tさん・24歳

    まずは、結婚が決まったので正社員になって、彼女やご両親を早く安心させたいという気持ちが強かったですね。

    今のバイト先では買取客数で全国1位を取るなど、アルバイトとしてそれなりに実績を挙げているつもりですが、正社員になれるまでにはあと何年かかるかわかりません。

    まだ24歳なので、今のうちにしっかりした職に就いて、地に足をつけた生活をしていきたいと思いました。(後略)

    引用:ハタラクティブ

    Tさんは、フリーターとしても様々な実績をあげ、かなり充実した日々を送っていました。

    それでもあえて正社員として就職活動をする決意をしたのは、彼女さんとの結婚が決まったことがきっかけだったんですね。

    それからなんと一ヶ月足らずでスーパーの店長候補としての内定を決定したのですから、Tさんの彼女への想いの強さが伝わってくるようです。

    やはり、正社員への就職を成功させるためには、「正社員として働きたい!」という強い意志が大切なのでしょう。

    正社員を目指す24歳フリーターへのメッセージ

     
    Tさん・24歳

    今回の経験から学んだことですが、まず「就職してどうなりたいのか」「何のために働くのか」、就活では軸を持つことが大切だと思います。(中略)

    あと、企業には「どうしてもそこで働きたい」という熱意を、強く伝えることですね。

    面接官の前では格好をつけても、取り繕ってもすぐにバレてしまうので、素直に気持ちを伝えることが一番だと思います。

    引用:ハタラクティブ

    Tさんは、就活では軸を持つことが大事だとこのメッセージで伝えています。

    何のために働くのか、を明確にすることで、面接の場でも迷ったり恥ずかしがったりすることなく熱意ややる気を伝えることができるようになるのでしょう。

  • スポンサーリンク

  • Yさん(24歳・女性)の場合

    就職前と就職後

    就職前 就職後
    呉服店 販売員のアルバイト 有名住宅メーカー インテリアコーディネーター(※ 紹介予定派遣)

    二番目にご紹介するのは、呉服店のアルバイトから、紹介予定派遣という形式で有名メーカーのインテリアコーディネーターに採用が決まったYさんです。

    紹介予定派遣というのは、最長6カ月の派遣期間の終了後、派遣先の企業との合意に基づいて正社員(または派遣社員)になるという働き方のこと。

    Yさんは、インテリアコーディネーターになるのが夢だったそうで、24歳フリーターからの就活でその夢を叶えたかたちになります。

    とはいえ、接客自体は好きで、呉服のレンタル・販売の仕事にも充分なやりがいを感じていたというYさん。

    それでも、正社員を決意した理由はなんだったのでしょう?

    就職を決意した理由

    Yさん・24歳

    私は、もともと何かを作ることが好きなんです。(中略)

    インテリアが好きなので関係する仕事に就きたいと思ったし、手に職をつけたほうが将来的に強いと感じていました。

    それで両方を叶えられる職業を探していたところ、インテリアコーディネーターの仕事について知りました。

    通信講座などの資料を請求して、いいなぁと思って眺めていたところ、ハタラクティブで紹介された求人のなかに、今回の未経験OKのインテリアコーディネーターの求人が含まれていました。

    ぴったりだと感じて、すぐ応募を決めました。

    引用:ハタラクティブ

    もともと物づくりが好きで、かつ、インテリアも好きだったというYさん。

    そんな彼女にとって、今回採用が決まったインテリアコーディネーターはまさに天職といえるものだったのではないでしょうか。

    では、最後にご自分の夢を掴んだYさんから24歳フリーターの方へのメッセージを紹介して、この章を締めくくりたいと思います。

    正社員を目指す24歳フリーターへのメッセージ

    Yさん・24歳

    とりあえず何か行動を起こしたほうがいいですね。

    私は、今の自分と自分が置かれている状況を作ったのは、すべて自分自身だと考えています。

    だから、自分は自分でしか変えられないし、フリーター生活を抜け出したいのなら、自分でやるしかないんですよね。(後略)

    引用:ハタラクティブ

    『自分でしか自分を変えられない』という言葉はまさに至言ですね。

    24歳は、まだまだ正社員就職のチャンスがある年齢といえます。

    だからこそ、勇気を出して現状を変えるための最初の一歩を踏み出すことが重要です。

    4.何がいけなかった?24歳フリーターが正社員への就職に失敗した事例

    前章では、24歳フリーターから正社員への就職に成功した人達の例を紹介しました。

    しかし、非常に残念なことながら、24歳フリーターから正社員への就職を成功させた人もいれば失敗に終わってしまった人もいます。

    24歳フリーターが就職に失敗する主な理由は次の5つです。

    それぞれについて、詳しく解説していきます。

    失敗の原因を知っておくことで、就職成功の確率を高めることができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 履歴書の書き方が間違っていた

    24歳フリーターが就職に失敗した理由で意外と多いのが、履歴書の書き方が間違っていたというものです。

    就職活動の際は、履歴書や職務経歴書を書いて就職を希望する企業に送付しますが、この書類の書き方が間違っていると選考に進むことさえできません。

    なぜなら、応募要項などといったルールの確認や書類に不備がないかのチェックを怠らないことは、社会人の基本中の基本だからです。

    たとえば、履歴書に誤字脱字があったり、証明写真の欄にプリクラの写真を張って送ったりすると、仕事の能力以前に社会人としての資質を疑われてしまいます。

    就活の成功の第一歩を踏み出すためには、まずきちんと応募要項に従った履歴書を送ることが大切ですよ。

    面接対策がきちんとできていなかった

    24歳フリーターが就職に失敗する理由として、面接対策がきちんとできていなかったというケースもよくあります。

    というのも、24歳フリーターの場合は職歴がないことに負い目を感じていたりして、必要以上に緊張して思い通りの受け答えができないことも多いからです。

    たとえば、「どうして就職しなかったんですか?」と責めるような口調で問われたりすることに不安を感じる人もいるでしょう。

    ですが、第2章でも確認した通り、24歳フリーターを正社員雇用の対象と考えている企業は多いです。

    大切なのは、必要のない負い目を感じずに、きちんと質問されたことに答えられる準備をしておくこと。

    また、きちんと髪型や服装といった身なりを整えていくことも、とても大切なことですよ。

    ビジネスマナーをまったく知らなかった

    24歳フリーターならではの面接で落とされる理由として、ビジネスマナーをまったく知らなかったというものが挙げられます。

    なぜ、これが24歳フリーターならではの理由なのかというと、24歳フリーターには新人研修をする手間もお金もかけられないからです。

    たとえば、敬語をきちんと使えていなかったり、挨拶もきちんとできていないようでは、いくら仕事ができても、正社員採用は難しくなります。

    全てを完璧にこなそうとする必要はありませんが、社会人として最低限度のビジネスマナーはきちんと知っておくようにしましょう。

    空白期間の理由をきちんと説明できなかった

    24歳フリーターの面接で定番といってよいのが、「なぜ24歳までフリーターを続けていたのか?」という質問です。

    なぜこのような質問がよくされるかというと、「働きたくなかった」とか「遊んでいたかった」といった理由で就職しなかった人は、採用してもきちんと働いてくれるか不安だからですね。

    もし、やりたいことがあって資格の勉強をしていたとか、病気やその他の事情で就職が難しかったなどといった事情がある場合はそれをはっきりと伝えましょう。

    そういった理由がなかった場合でも、嘘をつくのは良くありません。

    できるだけポジティブな言いまわしで説明して、悪い印象を与えないように心がけることが大切です。

    たとえば、「やりたい仕事が見つからず、フリーターをしながらそれを見つけようと思っていました」などと説明するとマイナスなイメージをもたれにくくなるでしょう。

    将来のキャリアプランが見えていなかった

    24歳フリーターが就職に失敗した場合、将来のキャリアプランが見えていなかったというケースもよく見られます。

    企業としては、自分の会社に就職してどう働きたいのかを明確にイメージできている人の方が、安心して採用することができるのは当然です。

    24歳の場合、20代後半までや、30代以降のキャリアプランをはっきり説明できると、就職に対する強い意志を感じさせることができます。

    そのためにも、後のキャリアプランを含めた、自己分析・企業分析を前もってしっかりと行っておくことが大切ですよ。

    5.24歳フリーターが正社員として就職するための3つのコツ

    この第5章では、これまでに見てきたことを踏まえつつ、24歳フリーターの方が正社員に就職するためのコツを3つのポイントにわけて紹介していきたいと思います。

    24歳フリーターが正社員に正社員に就職するコツは次の3点です。

    それぞれ見ていきましょう。

    自己分析をしっかり行う

    新卒であろうと既卒であろうと、就職活動を成功させるためには入念な自己分析が欠かせません。

    なぜなら、自分に何ができるかをアピールするには、自分がどのような能力を持っているかを分析をするしかないからです。

    具体的な方法としては、自分の経歴や趣味、特技などを紙に書き出して、声にだして読んでみるといいでしょう。

    漠然としか認識していなかった自分自身のことを客観的な文章や、具体的な言葉にしてみることで、今までに見えてこなかった自分自身に気づくことができますよ。

    履歴書・面接対策を万全にする

    自己分析と同様に、履歴書と面接の対策も、就職活動をするうえで非常に重要となります。

    なぜなら、どれだけ自己分析をしても、それを文章や言葉で伝えることができなければ、就職活動においては何の意味も持たないからです。

    自分は何が得意なのか、またその特技をいかして会社でどう働いていきたいのか、きちんとそれらを自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

    特に、高卒・未経験の場合、過去の空白期間の理由を履歴書や面接でどう説明できるかが合否を分ける鍵になります。

    反対に、そこさえ乗り切れば、24歳という若さを武器にして就職を勝ち取れる可能性は充分にあるでしょう。

    ハローワークや民間の就職支援を活用する

    就職活動をする際は、一人で全てをこなそうとするのではなく、ハローワークや民間の就職支援サービスを活用していくことも重要です。

    第3章で紹介した二人も、ハタラクティブという民間の就職支援サービスを上手く活用し、見事に採用を勝ち取ることができました。

    本人の努力が重要なのはもちろんですが、その努力を無駄にしないためにも、利用できるものは全て利用するぐらいの気持ちが大事といえるでしょう。

    6.24歳フリーターにおすすめの就職支援サービス3

    民間のいわゆる就職支援サービスにはたくさんの種類があります。

    初めて就職支援サービス利用する人は、どれを選べばいいか迷ってしまうことも多いでしょう。

    そこで、この第6章では、24歳フリーターの就職に最適な就職支援サービスを厳選して3つ紹介していきます。

    今回ご紹介する就職支援サービスは次の3つです。

    それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

    フリーター就職の実績で選ぶなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    ハタラクティブは、未経験からの正社員就職に強い就職支援サービスです。

    利用者の多くがフリーターや業界未経験の方達なので、職歴がないことに対する気負いを心配することなく利用できるのが特徴です

    また、公式サイトでは、実際にハタラクティブを利用して就職に成功した人の声を多数紹介しています。

    フリーターの就職実績にこだわるなら、ハタラクティブはとてもおすすめのサービスですよ。

    ホワイト企業に就職したいなら「ウズキャリ」

    ウズキャリ

    ウズキャリは、既卒・第二新卒専門の民間就職支援サービスの1つです。

    ウズキャリの大きな特徴に、「独自の基準でブラック企業を紹介先から除外している」ということがあります。

    せっかく就職が決まっても、そこがブラック企業だったらまたすぐにフリーターに逆戻りすることになりかねません。

    優良企業に安心して就職したいなら、ウズキャリはぜひともおすすめの就職支援サービスになっていますよ。

    就職後のサポートも希望するなら「ジェイック」

    ジェイック

    ジェイックは、20代のフリーターの就職支援に特化した就職支援サービスです。

    多くのメディアで紹介され、話題性も抜群の、24歳フリーターなら登録しておいてまず損のないサービスになっています。

    就職前だけでなく、就職が決まった後も長期にわたってサポートしてくれるのがジェイックの大きな特徴です。

    就職活動中だけでなく、就職後も継続してサポートして欲しいという人は、ぜひジェイックにも登録しておいてくださいね。

    7.24歳フリーターが正社員になるために知っておきたいこと

    総務省の統計によると、2018年の時点で、15歳から34歳までのフリーターの数は152万にものぼるといわれています。(参考:統計局|労働力調査

    フリーターという立場に悩んでいるのは、今この記事を読んでいるあなただけではありません。

    そして、24歳という年齢は、まだまだ正社員に就職するチャンスが充分にある年齢です。

    しかし、年齢を重ねるに従って、未経験のフリーターから正社員への就職を勝ち取るのは難しくなり、同時に正社員との格差も広がっていきます。

    もし、あなたが24歳フリーターとしての立場に悩み、正社員への就職を考えているのなら、今すぐにでも行動を起こすようにしましょう。

    まとめ

    24歳は、まだまだ正社員就職が可能な年齢。

    以下のポイントを意識して、就職活動を始めましょう。

    <24歳フリーターの就活ポイント>

    • 自己分析をしっかり行う
    • 履歴書・面接対策を万全にする
    • ハローワークや民間の就職支援を活用する

    また、フリーターからの就職では、以下のような支援サービスを利用することをおすすめします

    <24歳フリーターにおすすめの支援サービス>

    自分に合った就職支援サービスを探して、今すぐに正社員就職への第一歩を踏み出せるようにしてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%