まだ間に合う!27歳フリーターから正社員就職するための完全バイブル

African students with serious face expression preparing for seminar while blonde girl posing with okay sign. Young female businesswoman having fun in office after brainstorm with colleagues.
仕事の悩み・相談

27歳といえば、昇進や結婚など、社会人として大きく成長する年齢。

27歳でフリーターだと、周りとの差を感じてしまいますよね。

「一生フリーターかも…」と諦めている方も多いかもしれませんが、27歳であればまだまだ就職が可能です。

ただし、就職は年齢が上がるにつれて難易度が上がるため、ホワイト企業の正社員を目指すなら、今すぐ動き出すことが重要になります。

そこで、本記事では、27歳フリーターが就職するためのポイントを徹底解説します。

27歳のフリーターから正社員になる第一歩を踏み出しましょう。

いま行動しないと後悔するかも…

フリーター・ニートの就職実績が豊富な『DYM就職』は未経験OK。

優良求人が2,000件以上で、早い者勝ちです。登録はお早めに!

未経験歓迎!就職成功率は96%

スポンサーリンク

1.27歳フリーターでもホワイト企業の正社員になれる3つの理由

まずは、「27歳で正社員を目指すのは遅くない」ことを証明するデータをご紹介します。

大手転職サイト「リクナビNEXT」が実施したアンケートによると、人事担当者がフリーターを正社員採用する際に対象とする年齢は、以下の通りでした。

27歳 フリーター  
23歳まで 15.0% 28歳まで 10.0%
24歳まで 30.0% 29歳まで 5.0%
25歳まで 30.0% 35歳まで 5.0%
27歳まで 5.0%    

『参考:「リクナビNEXT|フリーター、派遣社員を正社員採用する理由」』

上記のアンケート結果から、正社員としてフリーターを採用する年齢は「25歳まで」と考える企業が多いことが分かります。

しかし、27歳以上でもまだまだチャンスがあることも分かりますね。

現在の就活市場は、20代後半の人に対する「企業からのニーズ」が高いため、フリーターの人でもホワイト企業に就職しやすい状況です。

27歳のフリーターでも就職できる理由には、次の3つが挙げられます。

それでは詳しく見ていきましょう。

①27歳は今後の成長が期待できるから

27歳は、企業における「ポテンシャル採用」枠にギリギリ入ることができる年齢と言えます。

ポテンシャル採用とは、潜在能力を重視した選考のこと。

企業側は、採用時点でスキル不足であっても、20代の若い人材に「将来を担う人材に成長してくれる」ことを期待し採用するのです。

そのため、27歳のフリーターであっても就職できる可能性はあると言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • ②若手の人材不足に悩む企業が多いから

    少子化や不況などの影響で、多くの企業が「若手の人材不足状態」に陥っています。

    とくにリーマンショック以降、新卒採用を控えていた企業は、20代後半の社員が不足している状況です。

    そのため、優良なホワイト企業にも、フリーターを正社員として採用する企業は多くあります。

    若手の人材に対するニーズは非常に高いため、今は「27歳フリーターの就職チャンス」であると言えるでしょう。

    ③20代は採用コストが低く抑えられるから

    27歳フリーターが、30代に比べて採用される可能性が高い理由には、企業側の都合もあります。

    例えば、30代の人材を役職者として採用するには「役職手当」を支払う必要があるため、企業の負担が大きくなってしまうのです。

    一方、27歳であればまだ若手といえる20代なので、企業は支払う給与を抑えられます。

    教育コストはかかるものの、支払う給与を抑えられる分、30代よりも20代が採用されやすい場合も少なくないでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.今すぐ動くべき!27歳でフリーターを続けるリスク

    27歳 フリーター

    「27歳でも正社員を目指すのは遅くない」ということが分かりましたが、実は、27歳フリーターにのんびり構えている時間はありません。

    この章では、今後フリーターを続けることで考えられるリスクについてご紹介します。

    【この先フリーターを続けることで考えられるリスク】

    1. 30代になると就職の難易度が上がる
    2. 経済的デメリットが大きい
    3. 精神的な不安が続く

    ではさっそく見ていきましょう。

    ①30代になると就職の難易度が上がる

    30代の求職者は、企業側から「経験」や「スキル」を求められるようになります。

    そのため、20代を対象とした「未経験OK」の求人は多くありますが、30代になるとその数は一気に減少します。

    未経験可の求人が減る理由には、次の3つが挙げられます。

    【30代になると「未経験可」の求人が減る理由】

    • 20代と比べて「伸びしろ」が少ない
    • 企業において30代は「指導する側」のため、経験者が求められる
    • 女性の場合、結婚や出産で退職する人も多く「採用してもすぐ辞めてしまうのでは?」と思われる

    本気で就職を考えるなら、27歳の今すぐに動き出しましょう。

  • スポンサーリンク

  • ②経済的デメリットが大きい

    20代においては、フリーターと正社員の年収差は、実はそれほど大きくありません。

    しかし30歳以降、フリーターと正社員の間には、経済的に大きな差が生じます。

    フリーターと正社員の違い
    フリーター
    • 年収が上がりにくい
    • 解雇されやすい
    • 仕事を休んだら給料がもらえない
    • 社会的信用が得にくい
    正社員
    • 「年功序列」…勤続年数が長いほど年収が上がる
    • 「終身雇用」…解雇される心配がほとんどない
    • 「有給休暇」…仕事を休んでも給料が支払われる
    • 社会的信用が得やすい

    フリーターは自由に働くことができますが、正社員に比べると収入が低い傾向にあります。

    さらに、病気や怪我をして仕事を休んだ場合、給料が支払われないことがほとんどです。

    一方で、正社員は収入面で安定できる上に、社会的な信用を得られるため、結婚や住宅ローンを組む際にも有利となります。

    ③精神的な不安が続く

    27歳は、仕事面では「昇進」や「昇給」、またプライべートでは、「結婚」や「子育て」など、社会人として大きな変化を迎える年齢です。

    そのような経験をせずフリーターを続けていると、同世代の友人と比べて、「自分はダメだ…」と落ち込んでしまうことがありますよね。

    精神的な不安が長く続くと、うつ病などの精神疾患を発症する人もいます。

    心を健康に保つためにも、今すぐに就活をスタートさせましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.27歳フリーターが就活を成功させるコツ

    27歳 フリーター27歳で就職活動しようと思っても、「どうやったら就職が上手くいくのか…」という不安が出てきますよね。

    そこで、この章では、27歳フリーターが正社員に就職するためのコツをご紹介します。

    フリーターから正社員に就職する際のポイントは、次の5つです。

    それでは、順に確認していきましょう。

    ①自分の強みや適性をきちんと把握する

    自分の強みや適性をきちんと把握し、自分に合った企業への就職を目指しましょう。

    「どこでもいいから正社員になりたい」というスタンスで就活すると、ブラック企業に就職してしまう可能性も高くなります。

    フリーターだからと弱気にならずに、まずは「自分の得意分野」や「仕事に求める条件」を明確にしましょう。

    「自力で自己分析を行うのが難しい」という人は、次に紹介する「グッドポイント診断」を活用してみてください。

    自己分析に使える無料ツール「グッドポイント診断」

    リクナビNEXTには、「グッドポイント診断」という無料で自己分析を行えるツールが用意されており、自分の強みや弱点を発見するのに役立ちます

    リクナビnextは「グッドポイント診断」が優秀

    「サイト内の診断ツールなんて役に立たなそう…」と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

    グッドポイント診断では30分間・293問の本格的な診断を行うので、「言われてみればそうかも!」と思うような”言語化できていない強み”を明確にすることができるのです。

    リクナビnextのグッドポイント診断の様子

    診断ツールが用意されている転職サイトは他にもありますが、リクナビNEXTほど充実した診断を受けられるものはありません。

    この診断を受けるためだけにリクナビNEXTに登録する人もいるほど、グッドポイント診断は転職に役立つ診断ツールなのです。

  • スポンサーリンク

  • ②アルバイトしていた業界や職種を選ぶ

    フリーターから正社員になるパターンで多いのが、アルバイトしていた業界や職種で勤めるケースです。

    同じアルバイトを長く続けていれば、その業界への知識が備わっていると思われるため、採用に有利に働きます。

    また、下記ツイートのように、現在のアルバイト先にそのまま正社員として就職するケースも多いです。

    アルバイト先への就職であれば、企業側もあなたの人となりが分かっているので、正社員採用してくれる確率が高いです。

    現在のアルバイト先が「性に合っている」と感じるなら、正社員になることを考えてみてはいかがでしょうか。

    ③未経験からでも採用されやすい業界や職種を選ぶ

    未経験可と謳っている求人は多数ありますので、フリーターからの転職なら「未経験可」の求人が狙い目と言えます。

    未経験可の職種で多いのが、営業や建設業の求人です。

    営業は特別な資格を必要としていませんし、建設業は人手不足に陥っていますから、フリーターでも採用されやすいのです。

    スキルなしで就職を目指す場合は、「未経験可」の求人を優先的にチェックしましょう。

    ④面接では明るくハキハキと受け答えする

    面接では、答える内容も大事ですが、それよりも明るくハキハキ受け答えすることが大切です。

    小さな声でぼそぼそ話す人より、大きな声で快活に話す人の方が、採用担当者に良い印象を与えられるのは明らかですよね。

    リクナビNEXTの記事によると、人の印象が決まる要素のうち「言葉が占める割合」はたった7%だといいます。

    【人の印象が決まる要素】

    • 7%  ⇒ 言葉 : 話の内容
    • 38% ⇒ 声の使い方 : 声のテンポ、トーン、大きさ、口調など
    • 55% ⇒ ボディランゲージ : 視線、ジェスチャーなど

    『引用:「リクナビNEXTジャーナル」』

    人の印象は、発言内容よりも声のトーンや表情などによって決められてしまうのです。

    そのため、面接では答える内容より、むしろ大きな声でハキハキと、笑顔で明るく受け答えするように心がけましょう。

    ⑤就職エージェントを利用する

    就職エージェントとは、応募書類添削や面接対策など就職に関する様々なサポートが受けられるサービスです。

    就職エージェントの仕組み

    就職エージェントを使えば、就職のプロであるキャリアアドバイザーから様々なアドバイスが受けられます。

    登録は3分程度、しかも無料で利用できるため、金銭面の心配をする必要もありません。

    また、ハローワークとは違って、ブラック企業を排除している企業が多いので安心して利用できます。

    そのため、就職エージェントは、優良企業への就職を目指す人の心強い味方と言えるでしょう。

    4.27歳フリーターが使うべき就職エージェント

    この章では、27歳フリーターの就活におすすめのエージェント3社をご紹介します。

    それでは、各エージェントの特徴を順に解説します。

    ホワイト企業を狙うなら「DYM就職」

    DYM就職

    DYM就職は、就職成功者数5,000人を超える実績豊富な就職エージェントです。

    ブラック企業の求人を排除することに注力しているため、紹介される求人に対して心配する必要がありません。

    また、就職サポートが丁寧なことでも知られており、利用者に寄り添った対応をしてくれます。

    27歳フリーターで「就職活動をするのが不安」という人でも安心して利用できますよ。

    「DYM就職」の基本情報

    公開求人数
    2,000件以上
    対象地域 全国
    利用料金 完全無料
    面談可能な
    オフィス
    全国18拠点で面談可能
    詳しくは「DYM就職の解説記事」をご確認ください

    未経験OKの求人を探すなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    また、履歴書の書き方が不安な人は、面談時に履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも可能です。

    27歳フリーターで「未経験から就職したい」という人にとって、安心して転職サポートを任せられるエージェントと言えるでしょう。

    「ハタラクティブ」の基本情報

    公開求人数 非公開
    非公開求人数 常時2,300件以上
    対象地域 関東・関西・中部・九州
    面談可能な
    オフィス
    全国9か所
    詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    就職後もサポートが必要なら「ジェイック」

    ジェイック

    ジェイックは就職支援だけでなく、社員教育を行っている就職エージェント。

    ジェイックの就職支援では、履歴書や面接対策などの就活ノウハウだけでなく、ビジネスマナーや仕事への考え方など、就職してからも困らない社会人の基礎について学べます。

    「社会人としての基本を学んでから就職したい」という27歳フリーターの人に、特におすすめのサービスです。

    「ジェイック」の基本情報

    公開求人数 非公開
    非公開求人数 非公開
    対象地域 全国
    面談可能な
    オフィス
    全国8か所(不定期開催の出張所11か所もあり)

    ここでご紹介した3社は、どれもフリーターの就職に特化したエージェントばかりです。

    登録・利用にも一切費用はかからないため、まずは勇気を出して正社員就職について相談してみましょう。

    最後に、27歳フリーターが就職に失敗しがちな原因とその対策をご紹介します。

    就職活動につまづいた際には、ぜひ参考にしてくださいね。

    5.27歳フリーターが就職に失敗してしまう原因とその対策

    27歳 フリーター

    27歳のフリーターから正社員就職に成功した人もいれば、もちろん中には就活が上手くいかない人もいます。

    就活が上手くいかない場合は、その原因を分析し、以下の改善策を試してみてください。

    【27歳フリーターが就職に失敗する原因と改善策】

    失敗する原因 改善策
    就職先を絞りすぎている 「仕事内容」「収入の良さ」にこだわり過ぎない
    就職についての目的や動機があいまい 「就職して何がしたいのか」を明確にする
    履歴書や職務経歴書に空白が多い 就職エージェントに書類作成をサポートしてもらう
    面接対策ができていない 就職エージェントが行う面接対策は必ず活用する
    ネガティブな思考にとらわれている 一度の就職失敗でもくじけないで、「次の会社がある」と頭を切り替える
    熱意が感じられない 相手に熱意が伝わるように「明るくはきはきと」受け答えする
    マナーが身についていない 「面接の受け方」などの就活のマナーをネットや本で勉強する

    就職活動は、就職のプロを味方につけることが成功の秘訣と言えます。

    確実で効率的な就活をするためには、就職エージェントのサポートを最大限に活用しましょう。

    まとめ

    27歳フリーターから正社員を目指すならば、今すぐに就活をスタートさせましょう。

    就職活動する時に気を付けるべきポイントは、以下の通りです。

    【27歳フリーターが正社員になるためのポイント】

    • 自分の強みや適性をきちんと把握する
    • アルバイトしていた業界や職種を選ぶ
    • 未経験からでも採用されやすい業界や職種を選ぶ
    • 面接では明るくはきはきと受け答えする
    • 就職エージェントを利用する

    フリーターが転職する際には、以下のような「就職支援サービス」を利用して、サポートを受けながら就活することをおすすめします。

    <27歳フリーターにおすすめの支援サービス>

    就職支援サービスを活用し、正社員という安定した立場を手に入れてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?