28歳ニート・職歴なしでも正社員として就職は可能!その方法を紹介

日清食品に転職するには?難易度なども解説 仕事の悩み・相談

「28歳でニートなんて正社員で雇ってもらえるわけがない…」と諦めている方もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えしますと、28歳のニートでも正社員で就職は可能です。

ただし、就職活動する際の押さえておくべきポイントがあります。

また、個人で就職活動をするのではなく「転職エージェント」を活用することがおすすめです

今回は、28歳のニート・職歴なしの方でも、正社員として就職する方法をご紹介していきます。

ニートから脱却したいと考えている方は、最後まで読んで実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

未経験転職のサポートから対応!

フリーターで未経験でも転職実績豊富な『リクルートエージェント』

キャリアの相談から対応できる最大手エージェントなので、安心して転職相談できますよ!

先月の登録者数782人!

1.28歳ニートでも正社員として就職はできる!

まず、28歳ニートでも正社員として就職することは可能です。

28歳ニートでも、就職活動を真面目に行い、自分の魅力や能力を面接官に伝えることで雇ってもらえる可能性は十分にあります。

ここでは、28歳ニートでも就職できる理由について述べていきます。

28歳ニートから就職に成功した人の口コミ

下記は、28歳でニートになっていた方の就職体験談です。

こちらの方は、28〜32歳までニートでしたが、しっかり就活して現在は普通に暮らしているようです。

28歳以上のニートでも就職成功していることが分かると勇気付けられますよね。

  • スポンサーリンク

  • 未経験者求人を28歳までと設定している企業が多い

    企業が未経験者求人を募集かける際に、「28歳まで」と年齢制限をかけている場合が多いです。

    これは、未経験者を雇う場合、入社して仕事を覚えるまでに時間がかかるからだと考えられます。

    1人前として働けるようになるためには、職種によっては数年かかることも考えられるでしょう。

    企業は、年齢の高い未経験者を雇うより、できるだけ若い人を雇って長く働いてもらうために年齢制限を設けている場合があります。

    ただし、採用の可否を判断する際に、特別な理由がない限り年齢制限を設けてはいけないという決まりがあるため公にはしていません。

    あくまでも社内ルールのようなものです。

    しかし、多くの企業が28歳をボーダーラインとして考えていることから、28歳ニートでも就職は可能だと言えます。

    今が就職のチャンス

    近年は高齢化社会と言われており、それに伴って労働者の平均年齢も上がっています。

    そのため、伸び代がある若い人材が減ってきているため「若手が欲しい」という企業が多いです。

    今後、2020年の東京オリンピック開催や定年退職する労働者が増えることを考えると、さらに人員不足は深刻化していきます。

    企業は人員不足が理由で、資格や学歴を持たない若手も積極的に採用していくと考えられるため、今が就職のチャンスなのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.28歳ニートの末路は?

    ここで、28歳ニートがこのままニートを続けていくとどうなるのかについて考えてみましょう。

    28歳ニートからフリーターになったら?

    フリーターは、何の仕事もしていないニートとは違い、アルバイトや内職など何らかの仕事をしています。

    28歳ニートがフリーターになった場合、アルバイト先で一生懸命長く働いたら「正社員にならないか?」などの打診を受けることがあります。

    アルバイトとして雇ってくれている会社が、あなたを信用して正社員として働いて欲しいと考えてくれているからです。

    もしも、28歳ニートからすぐに正社員になるのが不安な方は、フリーターから始めてみるのも良いですね。

  • スポンサーリンク

  • ハローワークを利用したら?

    28歳ニートが公共職業安定所「ハローワーク」を利用した場合について考えてみましょう。

    ハローワークは、職探しをする人が通う公共施設です。

    28歳ニートのあなたと同じような年齢の方や、もっと年上の方も大勢いらっしゃいます。

    さらに、日本で働きたい外国人の方も多く通っています

    さまざまな年齢・人種の方を就職サポートしてくれるハローワークに、28歳ニートが訪れたら、きっと温かく迎えてくれます

    下記は実際のハローワークの口コミです。

    ハローワークでは職探しの基本を学び、資格取得のための講座なども開催しています。

    就職したいと考えている28歳ニートにおすすめな公共施設です。

    何もしなければ引きこもりになってしまうかも…

    28歳ニートが、もしも就活せずその後の人生を何もしないで過ごしていくと、多くの場合引きこもりになってしまう可能性が高いです

    具体的に考えると、28歳ニートは、収入がないため親に養ってもらいます

    28歳の時点では、まだ親が元気に働いているとしましょう。

    その後、親が定年退職し年金暮らしになると、親の年金だけで家族を養うことになります。

    現代の日本の年金平均受給額は、「国民年金55,615円」「厚生年金147,051円」です。(参考:平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況

    国民年金しかかけていなかった場合、親が父母両方とも健在だったとしても、夫婦の収入は「1ヶ月で111,230円」しかありません。

    28歳ニートを養う余裕はありません

    そのような生活を続けていると、家族以外の人と話す機会も減り、ついには親が亡くなった後にどうしたら良いのか分からなくなるかもしれません。

    引きこもりになり、親に養ってもらえなくなった時に困らないように、辛くても今のうちに就活を始めましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.28歳ニートが就職活動する際の6つのポイント

    28歳ニートが就職活動をするときに意識すべき6つのポイントをご紹介します。

    就職活動を始める前に、このポイントを意識し実践するだけで、就職成功率をグンっとあげてくれるはずです。

    ポイント1.求人を探す時には視野を広げて探す

    まず意識していただきたいのは、「広い視野で求人を探すこと」です。

    就活を始めるときに皆さんは「こんな仕事がしたいな」「こんな仕事は嫌だな」と選り好みをしてしまいがちです。

    しかし、28歳ニートということを忘れないでください。

    いくら企業が28歳までの未経験者を採用していると言っても、応募する先が大手企業などの就職難易度が高い企業を狙っていてはなかなか就職は成功しません。

    応募する企業のランクを中小企業に落とし、職種も希望した通りの職種に就けないかもしれませんが、しっかりと就職を成功させることが重要です。

    「どこでもいいから就職する」というのは就職した後に長続きしない可能性があります。

    28歳ニートの自分にとって、最良の企業を見つけましょう。

  • スポンサーリンク

  • ポイント2.ニートだった理由をしっかりと説明できるようにしておく

    ニートが就職活動をするときに大きな壁となるのが「面接での空白期間に対する質問」です。

    面接官は、「空白期間(ニートだった期間)は何をやっていたの?」と質問してきます。

    ニートをやっていた方の多くが嘘をつきたくなるとことですが、嘘をつくと面接官に見抜かれてしまいます。

    ただし、正直すぎるのも印象が悪いため中間を意識して答えましょう。

    「空白期間は、自分がやりたい仕事を見つけるために短期アルバイトをいくつか経験していました」

    などが印象を悪くせずに質問をかわせます。

    もしも、28歳ニートで就職する気があり、この回答をするのなら嘘にならないように実際に短期アルバイトや日雇いの仕事をやってみましょう。

    また、資格を取るための勉強を初めて見るのも良いですね。

    自分にとってのプラスアルファになる情報をお持ちの方は、面接時に付け加えるとより好印象になるはずです。

    ポイント3.身だしなみを整えておく

    就職活動を始めるなら、美容院に行って髪の毛を切ったり、新しいスーツを準備したりと身だしなみを整えましょう。

    ニートになると、お金もないのであまり外出しなくなる傾向にあります。

    そのため、身だしなみが乱れてしまう方も多いです。

    身だしなみがしっかりしていない状態で面接を受けても、だらしなさを伝えてしまうだけです。

    就職活動を成功させるために、髪型や服装など、清潔感を意識して整えておきましょう。

    ポイント4.「若さ」というポテンシャルを面接で伝える

    28歳は、ギリギリ若手に入れてもらえる年齢です。

    そこで、面接では「28歳」という若さを武器に戦いましょう。

    「自分はまだ若く、体力も気力もある」というポテンシャルを面接で伝えることで、雇うことのメリットを面接官に感じてもらうことができれば有利になります。

    ポイント5.失敗しても諦めずに就活を続ける

    28歳ニートの就職活動は、簡単なものではありません。

    先にも述べたように、企業は空白期間が気になるはずです。

    そこで「雇ってもすぐに辞めてしまうかもしれない」と面接官が感じた場合は、容赦無く不採用通知を出します。

    しかし、ニートの未来はニートです。

    未来を変えたくて就職活動を始めたのですから、失敗しても諦めずに就職活動を続けましょう。

    何社も採用面接を受けていくうちに、自分のやり方も掴めてきます。

    失敗から学ぶことも多いので、諦めずに頑張ってください。

    ポイント6.面接で聞かれることを想定しておく

    先述の通り、ニートが面接を受ける際には、空白期間のことを質問されます。

    しかし、その質問だけではありません。
    「なぜ正社員になりたいのか?」といった質問を投げかけてくる場合があります。

    これは、「あなたがやりたいことは、アルバイトなどでもできるのでは?」といった意味で聞かれていることが多いです。

    この回答には、「正社員は責任が重い立場です。御社でやりたいことを責任を持って働きたい」というような前向きに回答することを心がけましょう。

    企業側は、ただ単に「正社員の方が給料が高いから」「ボーナスがもらえるから」といった待遇目当ての考えを嫌う傾向にあります。

    確かにお金をもらうために働くことは変わりありませんが、そのまま正直に伝えることは悪印象を与えてしまうので注意して下さい。

    もしも、自分だけで面接対策をするのが不安なら「転職(就職)エージェント」を活用することをおすすめします。

    6.28歳ニートが就職成功させるには「転職エージェント」

    「空白期間の説明ができない」「どんな仕事を選べばいいかわからない」という28歳ニートは、転職エージェントに相談するのががおすすめです。

    転職エージェントは、自分と企業の間を取り持ってくれます。

    また、職務経歴書や履歴書などの書類対策、面接対策も行ってくれる、ニートの最大の味方と言っても過言ではありません。

    前述の通り、ニートが就職活動を行うときには、しっかり面接対策や書類対策することが必要です。

    これらを完全無料でサポートしてくれるのが、転職エージェント。

    就活のプロが最後までしっかり支援してくれるはずです。

    ここでは、一般的な転職エージェントより、さらにニートに特化した転職エージェントを3社ご紹介します。

    ニートから就職成功している人のほとんどは、3社以上の転職エージェントを登録している傾向にあります。

    もしも就職活動に対して不安を抱えているのなら、下記でご紹介する3社全てに無料登録しておきましょう。

    ホワイト企業に就職したいない「DYM就職」

    • 就職成功率96%と高水準を維持
    • 最短1週間でニートから就職成功できる
    • ブラック企業の求人を徹底排除

    DYM就職」では、書類選考なし未経験から正社員に就職できるサポートをしてくれます。

    担当エージェントが企業の人事と直接やりとりをして、応募者の魅力を売り込んでくれるため、高いポテンシャルのまま面接に臨めるのが魅力です。

    また、紹介求人も誰でもできる未経験求人をメインに紹介してくれるため応募しやすくなっています。

    履歴書に自信がないなら「ハタラクティブ」

    • 20代に特化したエージェント
    • 書類審査通過率は91.4%と非常に高い
    • 企業を直接見て求人を紹介してくれる

    ハタラクティブ」は、29歳までは職歴なしでも登録できる20代のニート特化型の転職エージェントです。

    ハタラクティブの書類対策は万全で、91.4%という高い書類審査通過率を誇ります。

    また、直接企業に行って、企業の内側を見てから求人を取得してくるため、信頼性の高いエージェントしても人気です。

    すぐにでも就職したいなら「就職Shop」

    • 書類選考なしで人柄採用
    • 続けたいと思える仕事に巡り会える
    • 企業の内情まで細かな情報がわかる

    就職Shop」は、「せっかく就職するのだから続けたい」と思える仕事に巡り会える体制を整えています。

    直接企業を取材をして、社風や経営方針、待遇、仕事のやりがいなどの内情を求人票に盛り込んでいるのです。

    応募前から社内の雰囲気などを掴めたら、ブラック企業に就職してしまう心配も軽減されますよね。

    就職Shopでは、書類選考なしで面接を受けられるため、すぐにでも就職したい方におすすめです。

    5.28歳ニートにおすすめ!5つの就職先

    最後に、28歳ニートにおすすめする、就職先(職種)を5つご紹介します。

    下記でご紹介する職種は、比較的多くの未経験者を採用している職種です。

    ニートからの脱却を希望し、正社員としての就職を望むなら下記の職種に応募してみましょう。

    ①営業職

    営業職の中でも「ルートセールス」を方針としている企業がおすすめです。

    ルートセールスとは、すでに取引のある顧客への訪問がメインです。

    決まった得意先を定期的に営業することで、ニーズをつかんだり新商品を紹介したりします。

    営業職は、お客様とコミュニケーションをとることが基本です。

    そのため、資格や学歴がなくても会話のキャッチボールができれば、未経験でも採用の可能性は十分にあります。

    必要な資格として、普通運転免許を求められることがあるので注意しましょう。

    「営業職をやってみたいけど不安だ」と感じている方は、「営業職に未経験からでも転職しやすい理由は?おすすめの業界も紹介!」こちらも併せて読んでみてください。

    ②IT・Web職

    IT・Web職は、パソコンなどのハードウェアやソフトウェアの開発、ウェブサイトやアプリの制作に関わる仕事です。

    一見難しそうに聞こえますが、IT系の技術を習得してしまえば未経験でも正社員として雇ってもらえます。

    今後、さらにインターネットの時代が進むことが予想されますので、IT・Web職の求人数は増えていくでしょう。

    また、この仕事は、自分のスキルに応じて収入が変化する職種です。

    スキルアップをすれば、年収を上げることもできます

    IT系に就職したいと考えている方は、「IT転職は今がチャンス! 初めてのIT転職で成功する方法を徹底解説」も読んでみてください。

    ③接客・サービス業

    飲食店や量販店、ホテルや旅館などでお客様を相手に接客を行う「接客・サービス業」。

    接客・サービス業も、営業職と同じく、資格や学歴よりもコミュニケーションを求められる仕事です。

    また、接客・サービス業界は深刻な人員不足で、求人が多く出されています。

    お客様からの「ありがとう」をやりがいにして働いている方が多いのも特徴です。

    ④配送ドライバー

    「配送ドライバー」は、コンビニやスーパーなどに商品を届けるドライバーの仕事です。

    決められたルートや商品を安全に確実に届けることが求められます。

    また、配送ドライバーは、特に資格や学歴を問わないためニートからの就職も可能です。

    配送ドライバーの企業側も、年齢にかかわらずサポートしてくれる体制が整っているところが多いので安心して就職できるでしょう。

    ⑤介護職

    「介護職」は、老人ホーム施設などでご高齢の方の日常的なお世話(入浴や排泄、食事)をする仕事です。

    自分の力だけでは立ったり座ったりができなくなってしまったご高齢の方の介護など、思っている以上に体力と気力を使います。

    しかし、介護職も接客業と同じく、ご高齢の方からの「ありがとう」という言葉にやりがいを感じている方も多いはずです。

    また、介護職も人員不足が社会問題となっています。

    超高齢化社会と言われている日本のことや人員不足の深刻化のことを考えると、今後も介護職は安定して働いていける職業の一つと言えますね。

    介護職の収入が気になる方は、下記の2記事も併せて読んでみましょう。

    ⑥工場などの作業員

    「工場作業員」は、ベルトコンベアの上を流れて売る商品や製品に加工を施す仕事などを行います。

    工場勤務は、基本的に学歴や資格を問われることはありません。

    また、ニートからの就職が難しい大手企業のグループ会社や子会社の工場で働くこともできるため、大手企業の恩恵を受けることも可能です。

    後々は大手企業に転職したいと考えているニートの方は、工場勤務がおすすめです。

    まとめ

    今回は、28歳ニート・職歴なしでも正社員として就職できるのかについてご紹介してきました。

    28歳ニートでも正社員として就職することは可能です。

    ニートを脱却して正社員として就職する際の6つのポイントは以下の通りです。

    【ニートが正社員として就職する際の6つのポイント】

    1. 求人を探す時には視野を広げて探す
    2. ニートだった理由をしっかりと説明できるようにしておく
    3. 身だしなみを整えておく
    4. 「若さ」というポテンシャルを面接で伝える
    5. 失敗しても諦めずに就活を続ける
    6. 面接で聞かれることを想定しておく

    また、28歳ニートが就職活動をするときには、単独で動くのではなく「転職エージェント」を活用しましょう。

    【28歳ニートにおすすめの転職エージェント】

    本記事ご紹介したポイントや転職エージェントを使って、28歳ニートから正社員として就職を成功させてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%