29歳フリーターは就職のラストチャンス!正社員になる方法をチェック

仕事の悩み・相談

「会社に縛られたくない」「自由な働き方をしたい」とフリーターを続けてきたものの、ふと周りを見渡して不安になることはありませんか?

同年代の知人はキャリアアップをしたり、結婚をしたり…。

本来29歳はどんどん環境が変わっていく年齢のはずなのに「自分だけフリーターのまま」という状況は、とても辛いですよね。

あなたが少しでも「変わりたい」と思っているのなら、今動き出しましょう。

29歳は、フリーターから正社員になれるラストチャンスです。

この記事では、29歳フリーターが正社員を目指すための方法について詳しく解説します。

未経験転職のサポートから対応!

フリーターで未経験でも転職実績豊富な『リクルートエージェント』

キャリアの相談から対応できる最大手エージェントなので、安心して転職相談できますよ!

先月の登録者数723人!

1.29歳フリーターは正社員になれるラストチャンス

29歳フリーターが、正社員になりたいと考えているなら、今すぐ行動しましょう。

なぜなら、正社員になるには29歳がラストチャンスだからです。

また、優良企業(ホワイト企業)への就職ができるチャンスも、29歳までです。

では、どうして29歳がラストチャンスなのか、その理由を詳しく見ていきましょう。

29歳まではポテンシャル採用の可能性がある

企業は20代の若い人材を積極的に採用する「ポテンシャル採用」を行っています。

ポテンシャル採用とは、今後の活躍が期待できる人材を採用することです。

不況時に新規採用を減らしていたため、企業側は若手の人材不足が深刻になっています。

29歳はまだギリギリ20代のため、入社してから研修をすることで使える人材になってくれることが期待されます。

30歳になるとポテンシャル採用は期待できませんので、29歳の今がチャンスなのです。

  • スポンサーリンク

  • フリーターならアルバイト経験をアピールできる

    29歳という年齢は、働いた経験がないニートだとアピールすることがありませんが、フリーター ならバイトの経験をアピールできます。

    正社員で求められるのは、社会人としてのマナーや、職場でのコミュニケーションスキルです。

    会社のことや仕事については、採用されてからでも取得できますが、マナーやコミュニケーションスキルはすぐには身につかないものだからです。

    たとえバイトでも、フリーターとして働いて得た経験について、しっかりまとめて相手に伝えることができれば、それだけ有利になります。

    30歳からは「経験」「スキル」のある人が有利

    29歳までは未経験であっても、「これからの成長を期待できる」人材として勝負することができます。

    ですが、30歳を超えると企業が求めるのは「経験」「スキル」がある人材になります。

    企業では新卒で入社した社員が、30代になると管理職やリーダーなどを任されるようになります。

    そのため、中途採用の人材は「即戦力」を求められるのです。

    職歴のない30歳フリーターが正社員になるには、高い壁が立ちはだかってしまいます。

  • スポンサーリンク

  • 30歳になると正社員との差がどんどん広がる

    30歳になると、フリーターと正社員の差は大きく広がってしまいます。

    20代だと、フリーターも正社員も、給与面では差はほとんどありません。

    ですが、30歳を過ぎると、正社員は給与が上がることに加え、役職に就くなどして手当ても増えます。

    一方のフリーターは、時給がアップするとしても数十円ほど。

    休めば収入がなくなる、という不安定な生活を続けなければならないのは、年齢を重ねるだけしんどくなっていきます。

    勤務年数が重なれば、それだけステップアップしていくことができる正社員との差は、広がるばかりです。

    2.29歳フリーターからの就職体験談

    29歳フリーターから正社員を目指すのは、不可能ではありませんが簡単でもありません。

    実際に29歳フリーターから、正社員になるために就活をした人たちの経験談を見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 失敗談


    29歳男性

    求人サイトでいくつか応募してみたけど、「あなたのご経歴に合った募集案件が今のところはない状況です」と言われ、面接まで辿り着けなかった。


    29歳女性

    就職セミナーに参加してみたけど、周りは20代ばかり。居心地が悪いまま開催時間が終了。声をかけてくれる企業はありませんでした。

    29歳フリーターで、正社員を目指す場合、やはり職歴がないことや年齢はネックとなります。

    ただ、正社員になるためには以下のようなことで失敗しがちだということを知っておく必要があります。

    【29歳フリーターが正社員に失敗する原因】

    • 希望する求人の範囲が狭い
    • 企業研究が不十分
    • 資格を取ることが目的になって無駄に時間を費やしている
    • 待遇や給与面など高望みをしている

    29歳で正社員になるために、といいながら資格の勉強をしているうちに30歳になってしまいます。

    29歳フリーターにとって、時間がない、ということを頭において就活をする必要があります。

    成功談


    E.O さん(29歳・女性)

    調理師免許を取ってから、レストランで正社員として働いていましたが、激務に耐え切れずに3ヶ月で退職。

    その後は定時に上がれるアルバイトで生計を立てていたんですが、ちゃんと就職したいと思ったきっかけは、正月に中学時代仲のよかった友達と再会したことでした。(中略)

    29歳ってもうすぐ30だし、厳しいかなと思ったんですけど、資格と職種経験をアピールする方法を教わって、コンサルタントさんと何度も面接の練習しました。

    お陰で、すぐに病院直営の給食調理員として正社員就職できました。(後略)

    引用:ハタラクティブ

    29歳フリーターが正社員になるためには、まず自分のスキルや経験について、見直すことから始めましょう。

    フリーターとして、経験し身につけたことは、正社員になるためのアピールにつながります。

    「29歳だと難しいかも」「フリーターで職歴がない」とあきらめてしまう前に、できることはいくつもあります。

    4.29歳フリーターが正社員になるために利用すべき3つの支援で、すぐに利用可能な支援も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 3.29歳フリーターが正社員になるためのポイント

    29歳で正社員を目指してみたものの、そもそも求人がない、ライバルが若い子ばかりで自信をなくしてしまった、とあきらめてしまう人も少なくありません。

    それでも、29歳フリーターから正社員になれたという人もいます。

    ここでは、29歳フリーターが正社員になるために、どうすればいいのかを具体的にアドバイスしていきます。

    固定観念で求人を選ばないようにする

    29歳のフリーターが正社員を目指し、色々な企業に応募しても書類選考が通らない、面接まで辿り着けない原因の一つに、固定観念に縛られていることが挙げられます。

    「自分は〇〇だからこの職種しかできない」「〇〇は自分には向いていない」といった思い込みで、企業や職種を選んでいないでしょうか。

    もちろん自分が経験した職種で正社員を目指すのもアリですが、自分が気がついていないだけで別の職種が向いている可能性もあります。

    固定観念に縛られず、柔軟に就活をしてみましょう。

  • スポンサーリンク

  • フリーターの経験を活かす

    フリーターとしての経験を活かして、同業種を狙うのもおすすめです。

    【フリーターとしての経験を活かせる仕事】

    • 接客業の経験があるなら「営業職」「企画職」
      (自社商品を紹介したり、顧客の要望を聞いて商品化をする)
    • 仕入れや販売などの経験があるなら「マーケティング」
      (購買層の分析をしてどういった商品が求められているかをデータ化する)
    • パソコンを使った仕事の経験があるなら「事務」「IT業界」
      (スキルや資格は入社してからでも可能。基本操作ができることが重要)

    今しているフリーターの仕事と同じ業種の企業なら、基礎知識はあるので即戦力になれることをアピールしやすいのが強みです。

    また、ギリギリポテンシャル採用が期待できる29歳は、未経験の業種にチャレンジしてみることも手段として考えてみましょう。

    下記の業種は、未経験可の求人が多いです。

    【職歴なしでも働ける業種一覧】

    • 介護
    • 飲食
    • IT
    • 建設、土木
    • 警備
    • 工場

    ただし、会社によっては業務内容に違いがあり、入社してみたら思っていたのと違う、といったこともあるので企業研究は事前にしっかりしておきましょう。

    利用できる支援は利用する

    第二新卒や20代の求職者に対する、支援サービスを利用するのもおすすめです。

    就職の際にまず思い浮かべる人も多いハローワークや、若年層向けの支援サービスは、NPO法人や自治体主導のものなどがあります。

    特に20代は企業が今一番求めている年代ですが、直接応募するよりも支援サービスで紹介されるほうが内定率が高くなるのでおすすめです。

    どういった支援サービスがあるのか、次の見出しで詳しくご紹介します。

    4.29歳フリーターが正社員になるために利用すべき3つの支援

    29歳フリーターが正社員を目指すなら、まず時間がないということを念頭に、できることはすべてやってみましょう。

    すぐに利用可能な支援は、無料で利用できるメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

    支援別にどういった支援サービスがあるのか、詳しく見ていきましょう。

    ハローワークの職業訓練

    ハローワークでは、求職者を対象にした「職業訓練」の制度があります。

    就職に必要とされるマナーやスキルを習得し、コースによっては検定合格を目指すものもあります。

    対象となるのは「失業保険を受給している人」ですが、もちろん受給していない人でも受講は可能です。

    ただ、受講にあたっては入校選考が行われます。

    面接や書類選考、筆記試験が行われ、競争率の高いコースでは不合格になることもあります。

    失業保険を受給していない人が対象となるコースは、期間が3ヶ月~6ヶ月までと短く、コースも少ないことから競争が激しくなる傾向にあるのがデメリットです。

    自治体の支援サービス

    ハローワークと連携するジョブカフェ、また民間と自治体が協力し合う就労支援センターが、各都道府県で支援を行っています。

    自治体の支援サービスでは、相談からアドバイス、サポート、就職活動のバックアップなどを、ワンストップで行っています。

    ワンストップとは、就職支援の入口から出口までを一貫して行うことです。

    相談から就職支援まで、あちこちに出向かずに一つのところでサポートしてもらえるため、スムーズに活動できるメリットがあります。

    ただ、求職者を受け入れてくれる企業が少なく、希望する業種の求人が見つからないといったデメリットがあり、まだ発展途上の支援です。

    民間の支援サービス

    ネット上で申し込み、登録をすることで、求人を紹介してくれる民間の支援サービスもあります。

    一般的な求人サイトと違うのは、キャリアアドバイザーが在籍しており、対面での相談が可能なこと。

    自分でも求人を探すことができますが、キャリアアドバイザーと相談することで、より自分に合った求人を見つけることが可能となっています。

    また、求職支援サイトでは、ニートやフリーターといった職歴のない人でも応募可能な求人を多数持っているので、比較的早く就職が決まることが多いことがメリットです。

    ただ、人気の求人には応募者が殺到するため、タイミングが悪いとなかなか求人が見つからないことがあります。

    また、相性のいいキャリアアドバイザーを見つけることが難しいといったデメリットもあります。

    5.29歳フリーターが自力で正社員になるのは難しい

    29歳までであれば、ハローワークや自治体で「若年層」としてサービスを受けることが可能です。

    ただ、そういった支援を活用しても、なかなか正社員になれず悩む人も少なくありません。

    なぜ、求人が見つかっても正社員になれないのか、その理由について詳しく見ていきましょう。

    年齢を理由に断られることが多く精神的に辛い

    29歳が正社員になれるラストチャンス、といっても実際にはかなり厳しい年齢です。

    同じようにフリーターでも、25歳と29歳が同時に面接に来た場合、やはり29歳は不利になります。

    企業側には悪気はないのですが、人材としてどちらも採用したいけれど無理、という場合には年齢を理由に断られることもあります。

    そういったことが続くと、「やっぱり29歳では無理か」と落ち込んでしまいますよね。

    フリーターであったことを説明することに疲れる

    職歴のないフリーターの場合、面接では必ず「なぜ今までフリーターだったのか」を聞かれます。

    予測して答えを用意していても、「29歳までなぜフリーターを?」と繰り返されるのは、やはりキツいですよね。

    だからといって、正直に「気がついたら29歳までフリーターでした」と言うわけにはいきません。

    だんだんと面接自体が辛くなり「もうあきらめた方がいいんだろうか」と思うようになってしまいます。

    紹介された会社をネットで検索したらブラックだった

    ハローワークでよくある失敗が、「紹介された会社がブラックだった」というもの。

    ハローワークに限らず、無料で利用できる就職支援サービスの場合には、残念ながらこういったブラック企業の求人が紛れ込むことが少なくありません。

    これは無料で登録が可能なこと、また紹介する側のチェック体制万全ではないことが理由です。

    就職が決まっても働き続けられるか不安

    29歳までフリーターとして生活していたことから、「就職が決まってもちゃんと働けるのだろうか」と心配になることもありますよね。

    正社員になれば、責任も重くなりますし、学ぶことも多くあります。

    そういった環境の変化について行けるか、不安になるのも仕方ありません。

    企業でバックアップ体制が整っている環境であれば、それほど不安になることはありませんよ。

    そういったサポートや指導をきちんとしている企業を選べば、29歳フリーターから正社員になったとしても大丈夫です。

    なたが抱えている不安を解消するためにも、信頼できる就職支援サービスに登録し、利用することが大切なのです。

    6.29歳フリーターが就活に詰む前に利用すべき就職支援サービス

    なかなか求人が見つからない、求人はあるけれど書類選考で落とされる、そういったことが続いて就活に「詰んで」しまう前に、ぜひ利用すべきおすすめの就職支援サービスを2つご紹介します。

    未経験可の求人を多数見たいなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    書類選考なしの求人をみたいなら「就職shop」

    就職shopは、リクルートキャリアが運営する就職支援サービスです。

    利用している求職者の9割が20代のため、未経験可の求人を多く紹介しています。

    さらに、対面でのサポートにこだわっているので、自分の希望する職種や年収なども考慮した求人探しをしてもらえることも強み。

    また、企業が求めている人材にマッチした求職者に求人を紹介するため、書類選考なしで面接が可能となっています。

    企業に直接取材した求人を紹介しているため、「実際に働いてみたら聞いていたのと違う」ということもありません。

    このように求職者の「働きたい」と、企業の「こんな人材が欲しい」がマッチングしてからの紹介であるため、内定までスピーディで、内定率が高くなっています。

    フリーターやニート向けの求人を見たいなら「Re就活」

    Re就活は、20代の就活に特化した就職支援サービスです。

    20代専門の就活・転職サイトの中では、No.1の実績を持ち、登録している求職者の93%以上が20代です。

    他のサイトと違うのは、紹介している求人のほとんどが「未経験可の求人」であるということ。

    これはRe就活が「経歴ではなくポテンシャル重視の求人のみ掲載する」という姿勢でサービスを行っているためです。

    「新卒で行きたかった企業があったけどダメだった」「大手に就職したい」と考えているなら、ぜひRe就活に登録しましょう。

    まとめ

    29歳フリーターが正社員になりたいと考えているなら、今がラストチャンスです。

    30歳になると、求人が減るだけでなく企業が求める人材も「即戦力になれるかどうか」で採用されるようになるため、フリーターのままでは不利です。

    時間がないことを踏まえ、就活することが必要となります。

    【29歳フリーターが正社員になるためのポイント】

    • 固定観念で求人を選ばないようにする
    • フリーターの経験を活かす
    • 利用できる支援は利用する

    ただ、就職支援サービスの多くは、若年層向けとなっています。

    そのため、社会人のマナー講座や簡単なプログラムといった初歩的な支援が中心なので、「すぐに働きたい!」と考えている29歳のフリーターにとっては、物足りなさを感じてしまうこともあります

    すぐ正社員になるためには、自分の希望と企業が求めている人材がマッチングしていることが前提となります。

    29歳は未経験でも、「これから活躍が期待できる人材」として見てもらえる可能性があるので、フリーターから就職しても働きやすい、また研修制度が充実した職場を探すことが必要です。

    そのためにも、企業との企業とのパイプがある就職支援サービスを利用しましょう。

    多種多様な求人を紹介している「ハタラクティブ」や、書類選考なしで面接可能な求人を紹介している「就職shop」、20代向けの未経験可の求人のみを紹介している「Re就活」への登録がおすすめです。

    書類作成や面接対策に不安があるなら、キャリアアドバイザーに相談することもできますので、自信を持って正社員になるために今すぐ就活を始めましょう。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?