29歳ニートから就職する方法!正社員を目指すなら今動きだそう

man with portable computer in cafe;
仕事の悩み・相談

求人に年齢制限はないものの、「29歳で就職するのは遅いのでは」「どこも雇ってくれないのでは?」と心配になりますよね。

確かに20代より30代、30代より40代、と年代を重ねればそれだけ正社員になるための難易度は上がります。

さらに働いていない「ニート」は、世間からの風当たりが強くなるのも確かです。

しかし、29歳ニートから正社員になることは不可能ではありません。

今回は「29歳ニート」から脱出し、正社員になるために今すべきことを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

1.29歳ニートは正社員就職の最後のチャンス

29歳ニートだけど、正社員になれるかどうか分からない、と悩んでいませんか。

29歳は正社員になることができる、ラストチャンスの年です。

なぜ29歳がラストチャンスなのか、その理由を詳しく見ていきましょう。

未経験可の求人は20代を対象としていることが多い

29歳ニートが正社員になろうとする場合、応募する求人は「未経験可」であることが前提となります。

企業において、未経験でも採用したい対象は、新卒や第二新卒。

第二新卒は一般的に「25歳まで」と言われているので、29歳はギリギリの年齢です。

30歳になると、未経験可の求人は一気に減ってしまいます。

未経験可の求人が減ってしまう理由としては、以下が挙げられます。

【30代になると「未経験可」の求人が減る理由】

  • 20代と比較して伸びしろがない
  • 企業において30代は「指導する側」なので経験者が求められる
  • 結婚や出産を考える女性が多く「採用してもすぐ辞めてしまうのでは?」と思われる

さらに、自治体などが行っている「就職支援サービスの支援」は「29歳まで」と限定されていることがほとんど

そのため、正社員になりたいなら29歳の今がラストチャンスなのです。

  • スポンサーリンク

  • 29歳はギリギリポテンシャル採用が期待できる

    29歳ニートが正社員になるラストチャンスである理由には、「20代はポテンシャル採用される」ことも挙げられます。

    ポテンシャル採用とは、「今後の活躍が期待できる人材として採用する」こと。

    企業は採用した人に投資をし、将来その人が仕事で結果を出すことで、その投資を回収します。

    つまり、未経験者で実績がなくても、見込みのある人材であれば「採用する価値がある」と判断するのです。

    不況が長く続き、その間新規採用ができなかったことから、企業では20代の人材が不足しています。

    そのため、新卒や第二新卒でなくても、ポテンシャル採用する人材として20代の求職者が求められています。

    30代になると就職の難易度がぐっと上がる

    30代の中途採用者は、20代までと違い、「経験」や「スキル」を求められます。

    これは、「教育して育てる」20代と違い、30代では「即戦力となる人材」が求められるためです。

    企業の中の30代は、仕事にも慣れ、後輩を指導する立場になります。

    さらにチームリーダーとして、企画を進行するなど、責任ある役職に就く人も増えます。

    そういった中で、30代の求職者には「即戦力として役立つかどうか」が問われるようになるのです。

    たった一年の違いですが、求められるものが大きく変わってしまいます。

    そのため、正社員になるためには20代である今がラストチャンスなのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.今すぐ動くべき!29歳ニートから正社員になるためにすべきこと

    29歳ニートが正社員になれるのは、30歳になる前、まさに今しかありません。

    そうはいっても「ニートで職歴がない」「働いた経験がないから就職できるのか不安」といった悩みもありますよね。

    そこで29歳ニートから脱出し、正社員になるためには何をすべきかアドバイスします。

    公共の支援サービスを利用する

    行政や自治体が行っている、公共の支援サービスを利用する方法があります。

    ハローワークでは、正社員として働いて離職した人を対象とする求人の方が多いため、職歴がないニートが対象となる支援サービスを利用するのがおすすめです。

    行政が行っている支援 地域若者サポートステーション(サポステ)
    ジョブカフェ
    (県庁所在地にある。その他の地域ではサテライト)
    自治体が行っている支援
    (自治体により名称は違います)
    就職支援センター
    自立支援

    サポステは、厚生労働省委託の支援機関、ジョブカフェは厚生労働省や経済産業省が支援を行い、各都道府県が設置している支援サービスです。

    自治体が各自で行っている支援は、地元企業と提携するなどして窓口を設置しています。

    引きこもりやニートから脱出したい人やその家族の相談や支援など、自治体によって様々なサポートが行われています。

    ただ、支援は「就職ができるよう社会復帰する」ことに重点が置かれていることが多いため、支援の内容によっては就職につながらないこともあることに注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 民間の支援サービスを利用する

    就職を手厚くサポートしてくれる民間の支援サービスを利用することも手段です。

    民間の支援サービスは、行政や自治体が行っている支援とは違い、直接就職につながる求人紹介や就活のサポートを行っています。

    民間の支援サービスを利用するメリットには、以下のことが挙げられます。

    【民間の支援サービスを利用するメリット】

    • 未経験可の求人を多数紹介してくれる
    • 就活をしたことがなくてもどうすれば内定が取れるかアドバイスしてくれる
    • 提出書類の添削をしてもらえる
    • 企業情報に詳しいアドバイザーが在籍しているので面接対策ができる

    公共の支援サービスの場合は、企業から求人が来てからの紹介になりますが、民間の支援サービスでは営業で積極的に企業の求人を取得しているため、豊富な求人が紹介できる強みがあります。

    たくさんの支援サービスがありますが、中でも特に29歳ニートの方におすすめしたいサービスを2つご紹介します。

    未経験可の求人を多数見たいなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    ハタラクティブは、ニートの方にとって、安心して転職サポートを任せられるエージェントと言えるでしょう。

    内定率を高めたいなら「DYM就職」

    DYM就職は、18歳から35歳までの若手に向けた求人を紹介している就職支援サービスです。

    内定率96%という実績は、書類選考なしで面接に進めるのが可能であることが大きな理由。

    キャリアアドバイザーが、求職者と面談し、企業の求める人材とマッチングしているかどうかをしっかり判断してから紹介しています。

    そのため、正社員となった後の離職率はわずか3%となっています。

    DYM就職では、優良企業のみを紹介していることに加え、ポテンシャル採用をしている企業の求人を多く扱っています。

    経験がない29歳ニートからでも、安心して正社員を目指すことができますよ。

    DYM就職に
    登録する【完全無料】

    3.29歳ニートから正社員になった人の体験談

    29歳ニートが正社員になれるラストチャンスだとしても、「本当に大丈夫かな?」と不安に思うこともありますよね。

    ここでは、29歳ニートで正社員を目指した人の経験談から、失敗談、成功談それぞれを紹介します。

    これから就活を始めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 失敗談

    ニートから脱出しようと思うものの、なかなか実行に移せない、また現実に難しいということから、実現できない人も多くいます。

    その体験談を見ていきましょう。

    ニートから脱出する方法として、公務員を目指す人もいます。

    公務員を目指すとしても、年齢的にはリミットギリギリです。

    また、学校を卒業してから時間が経っているため、自力で勉強しようとしても上手くいかないことがほとんど。

    「ニートを脱出するため」という目的だけが先にあり、具体的にどうすればいいのか考えて行動していないのが失敗の原因です。

    成功談

    ニートから正社員に就職することができた人は、どんな行動をしたのか、詳しく見ていきましょう。

    ニートは職歴がないため、面接でどう自分をアピールすればいいのか、分からなくなることが多くあります。

    それでも「働きたい」という意志があれば、その熱意を面接で伝えることで、正社員になることは可能です。

    どうアピールすればいいのかまとめられない、思いつかない、という場合には、就職支援サービスを活用したり自分のできることできないことを判断し、今自分ができることから始めましょう。

    29歳ニートから正社員になるのはラストチャンスですが、今ニートから脱出できれば、これからの未来が明るいものになりますよ。

  • スポンサーリンク

  • 4.29歳ニートから正社員になるために身につけたい3つのこと

    29歳のニートは、社会経験が少ないため、他の求職者よりも不利になりがちです。

    そのため書類選考に通ったとしても、面接で失敗してしまう可能性もあります。

    そこで面接に行く前に身につけておきたいことをご紹介します。

    正社員になりたいという意欲や熱意

    面接では、働く意志がきちんとあるのか、また一緒に働いていける人間かどうかが見られます。

    単に「お金が稼ぎたい」「ニートでいつまでもいられないから」といった理由では、面接官に気持ちは伝わりません。

    自分がその会社でどういった働き方をしたいのか、また自分がその会社で何ができるのか、相手に伝えられるように事前にまとめておく必要があります。

    【意欲や熱意を伝えるポイント】

    • 志望する企業に就職するために、自分が今取り組んでいることや努力していることを伝える
    • なぜ志望しようと思ったのか自分の気持ちを素直に言葉にする
    • 相手の言葉をきちんと聞いてから答える
    • 明るい表情と真っ直ぐな視線を心がける

    言葉は豊富でも、姿勢が悪かったり、視線が落ち着かずうろうろしていると「自信がないのかな」「入社してもちゃんと働いてくれるのかな」と面接官に不審に思われる可能性があります。

    自分の行動も相手に見られている、ということを忘れないようにしましょう。

    コミュニケーションスキル

    仕事についての知識は、入社してからでも取得できますが、すぐに身につかないのがコミュニケーションスキルです。

    社内の人間同士はもちろん、顧客など社外でもコミュニケーションスキルがなければ仕事になりません。

    そのため、面接ではコミュニケーションスキルがあるかどうかを見られます。

    面接で緊張するのは誰もが同じですが、会話が独りよがりになっていないか、きちんと相手や周りの空気を読み取れているかどうかを判断されます。

    まずは、事前にコミュニケーションスキルを身につけるようにしましょう。

    【コミュニケーションスキルを身につけるために心がけたいこと】

    • 相手の話を聞くことを優先する
    • 話をするときには結論を先に言う
    • 相手の話し方に合わせて話し方を変える
    • 自分の考え方をきちんと持つ

    ニートだから、人と話をする機会がないとあきらめるのではなく、まずは家族とでも会話をすることから始めてみましょう。

    ニュースなどを見ながら、自分はどう思うか、自分ならどう解決するのか、意見交換をしてみましょう。

    会話のキャッチボールを繰り返ししていくことで、コミュニケーションスキルが自然と身についていきますよ。

    社会人としての基本的なマナー

    29歳ニートの場合、社会経験がないことから社会人としての基礎であるマナーが身についていません。

    まずはどういったマナーがあるのか、本などから学んで身につけるようにしましょう。

    さらに、ビジネスマナーと一緒に気を付けたいのが身だしなみです

    29歳ニートの場合、スーツや靴といった服装が揃っていないこともありますよね。

    見た目の印象は大きく影響を与えますので、髪の毛を切る、スーツや服といった面接アイテムを揃えることから始めましょう。

    女性の場合は、基本的なメイク方法を身につけることも大切です。

    【面接前に準備しておきたいマナーや身だしなみ】

    • ビジネスマナーのセミナーに参加する
    • 敬語について本で基礎知識を仕入れる
    • 自分以外の人に話し方や仕草をチェックしてもらう

    ただし、本などに書かれているビジネスマナーがすべて正しいとは限りません。

    会社によって違う解釈がされていることもあるので、あくまでも「予備知識」として頭に入れ、就職してから周りの人に聞いたりして身につけていくことも大切です。

    5.29歳ニートが正社員になるための志望動機を考えよう

    29歳のニートが他の求職者と比べて不利になる原因は、ニートであることや年齢だけではありません。

    「なぜニートをやめて正社員になろうと思ったのか」という志望動機が弱いことも大きな問題です。

    上手く説明できないからといって、ネットで調べた話をそのまま使ったり、就職支援サービスのアドバイザーに丸投げ…というやり方では、自分の言葉として意思を伝えられません。

    ここでは、29歳ニートが志望動機を考える場合のポイントについて解説します。

    まずはニートになってしまった原因をまとめる

    なぜニートになってしまったのか、相手に説明ができるよう原因について振り返ることから始めましょう。

    【ニートになってしまった原因】

    • 就職に失敗した
    • 就職したがすぐに辞めてしまった
    • 親が病気になり介護で仕事を辞めた
    • 健康上の理由

    ニートになった原因ときちんと向き合うことで、「このままニートでいてはいけない」と考えた理由を相手に伝えやすくなります。

    またニートをやめなければ、と思ったきっかけも、志望動機に織り込めるので、書き出しておくことをおすすめします。

    志望動機の考え方

    ニートをやめなければと考える直接の理由は「生活費が不安になった」「やりたいことがあるがお金がない」といった金銭面です。

    だからといって志望動機で「給与や待遇がいいから」といったことを主張しても、「会社に貢献する意欲がない」と判断されてしまいます。

    まずは自分と希望する企業や業種に共通点を見つけ、それを志望動機につなげましょう。

    【企業と自分の共通点を探す方法】

    • 志望する企業が作った製品や事業と自分に共通点がないかを調べる
    • 自分が好きなこと、関わってみたいことと志望する企業に共通点がないか調べる

    自分にスキルや資格がなくても、「こんな商品を自分も作ってみたい」「こんな会社で働いてみたい」と思うものがあるなら、それは立派な志望動機になりますよ。

    女性の場合は結婚・出産についても考えよう

    女性の場合、併せて結婚や出産についても考えておきましょう。

    20代後半から30代で結婚・出産のため、退職をする人は数多くいます。

    女性を採用する際、面接官は「採用してもすぐやめてしまうのでは?」と不安になるケースが多いので「結婚・出産をしても働きたい」という意志を伝えましょう。

    企業側に産休や育休の制度が整っている場合、「長く働き続けられる会社だと判断した」ということも志望動機に織り込むと説得力のある志望動機になります。

    上手くまとめる自信がない場合は、就職支援サービスのアドバイザーに見てもらい、アドバイスをもらうことをおすすめします。

    まとめ

    29歳はポテンシャル採用される最後のチャンスです。

    ただ、ニートの場合は社会人としての経験が少ないため、どうしても他の求職者に比べると不利になりがちです。

    限られた時間を有効に使うためにも、すぐに行動することが必要です。

    【29歳ニートから脱出するために利用したい就職支援サービス】

    • 公共の支援サービス
    • 民間の支援サービス

    特におすすめなのが、面接対策などあらゆるサポートを行ってくれる民間の支援サービス。

    未経験可の求人を多数紹介している「ハタラクティブ」や、若手向けの求人を絞って紹介している「DYM就職」であれば、効率良く就職活動を進めることができるでしょう。

    どちらも高い内定率を誇り、書類審査なしで面接が可能な案件も取り扱っていますよ。

    「29歳ニートは正社員になれない」とあきらめてしまう前に、ぜひ就職支援サービスを活用し、正社員を目指してくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?