31歳フリーター職歴なしからの就職!就活事情や正社員になる方法を解説

asian man barista holding tablet for checking order from customer on coffee cafe.
仕事の悩み・相談

31歳なのにまだフリーターという立場だと「一生このままだったらどうしよう・・」など不安になりますよね。

就活を始めても「仕事が決まらない」なんてことも多いです。

確かに31歳フリーターは20代に比べると就職しづらいですが、就職できる可能性はあります。

この記事では、31歳フリーターの就職の実態や正社員に就職する具体的な方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.31歳フリーターでも就職はできます

フリーターのまま30代に突入してしまい、絶望している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、31歳フリーターでも就職することは可能です。

まずは、31歳フリーターの就活事情を見ていきましょう。

どこの業界でも人手不足である

日本は今、どこの業界も人手不足のため、31歳フリーターでも採用してくれる企業はあります。

求職者1人あたりの求人数を示す「有効求人倍率」の数字は、2019年10月時点では1.59となっており、求職者の数以上に仕事がある「仕事余り」の状態であることが分かります。(出典:労働政策研究・研修機構

そのため、外国人を労働者として受け入れたり、定年を延長して高齢の方も長く働けるようにしたりと、国を挙げて労働者の確保に取り組んでいる状況です。

このように、深刻な人手不足に陥っている現在の日本は、31歳フリーターにとっては就職しやすい環境だと言えます。

なかでも、介護やIT、飲食といった業界は、就職しやすい業界です。

これらの業界は離職率が高く、慢性的な人材難に直面しているためです。

「31歳ではもう遅いのでは…」と悲観する人も多いですが、現在の日本であれば31歳フリーターからでも就職することは可能です。

  • スポンサーリンク

  • アルバイトから正社員になるパターンも

    31歳フリーターでは、アルバイトから正社員になるパターンを狙うのがおすすめです。

    長年、ひとつのところでアルバイトを続けてきたならば、アルバイト先から一定の信頼は得ているでしょう。

    アルバイト先の企業にとっても、新しく社員を雇うより、バイトから正社員へ昇格させることはメリットが多いです。

    <バイトから正社員へ昇格させるメリット>

    • 人柄が分かっているので安心
    • 仕事を一から教える必要がないため、コスト削減につながる
    • 経験があるため即戦力になる

    とくにアルバイトから正社員になりやすい業界は飲食業界です。

    もしあなたが飲食店でアルバイトしているなら、正社員として採用してもらえないか問い合わせてみてはいかがでしょうか?

    2.31歳フリーターでも就職は可能だが、難易度は高い

    31歳フリーターからでも就職は可能だと述べましたが、実際のところ、30代のフリーターで就職を成功させるのは厳しいのが現実です。

    企業はどうしても20代の若手を採用したがるので、30代になると就職に不利になってしまうのです。

    ここでは、就職活動に苦戦する、31歳フリーターの声をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 就職活動に苦戦する31歳フリーターの声

    31歳までフリーターを続けた理由は人によって様々ですが、一番上のツイートの方は、新卒で就職できずにズルズルとフリーターのまま来てしまった方の声ですね。

    31歳になってから就職をはじめようとすると、2番目のツイートの方のように、不安で仕方がないでしょう。

    しかし、このままフリーターを続けると、最後のツイートのように、年下の正社員に怒鳴られることになるかもしれません。

    そんなのは絶対に嫌ですよね。

    嫌な思いをしないためにも、就職を成功させましょう。

    3.なぜ31歳までフリーターを続けたのか

    就職活動では、自己分析を行うことが必須です。

    31歳フリーターから就職を目指す場合は、「なぜこの年齢までフリーターを続けてしまったのか」考えてみましょう。

    ここでは、自己分析の参考となるよう、31歳までフリーターを続けた代表的な理由をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • なんとなく自由に働きたかった

    フリーターになる理由として多いのが、なんとなく自由に働きたかったという理由です。

    フリーターはシフト制で労働時間に融通が利きやすく、正社員に比べ責任も少ないので、自由に働けるイメージがあります。

    この気楽さを求めて、敢えてフリーターで働いている方も多いです。

    しかし、自由な代わりに「給料が上がらない」「福利厚生が少ない」などフリーターのデメリットは多いです。

    年齢を重ねるほどフリーターと正社員の差は広がっていくので、「若いうちに就職していればよかった」と後悔する人も少なくありません。

    夢や目標のため

    何らかの夢や目標があり、それを達成するため、フリーターで働いている方もいます。

    夢や目標を達成するために、勉強や自己研鑽などの時間が必要なので、時間の融通が利くフリーターで働いているというわけです。

    例えば、弁護士を目指していて司法試験の勉強をしながらフリーターで働いている人や、税理士の勉強をしながら税理士事務所でアルバイトしている方などが考えられます。

    20代のうちは「夢を追っている」という理由でも通用しますが、30代に入ると、そろそろ成果を挙げる必要に迫られます。

    31歳になっても夢を実現できなければ、思い切って諦めて就職するのもひとつの選択ではないのでしょうか?

  • スポンサーリンク

  • コミュニケーションが苦手だった

    コミュニケーションが苦手だと、ニートやフリーターになりやすいとされています。

    就職して社会人になると、学生時代と比べ、色々な人とコミュニケーションを取ることが求められます。

    しかし、コミュニケーションが苦手だと、職場の人間関係につまづきやすく、仕事を辞める人も多いのです。

    そして、なかなか正社員に戻ることができず、フリーター生活を余儀なくされてしまいます。

    このように、コミュニケーションが苦手であることは、フリーターの原因となり得るのです。

    4.31歳フリーターがこのままでいるリスク

    このまま31歳フリーターを続けるとどうなってしまうのか、高齢フリーターのリスクをご紹介します。

    ここを読めば「このままだとマズイ!」と感じてもらえることでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 正社員との賃金格差がどんどん開く

    日本では、年齢を重ねるごと給料があがる年功序列制を採用する企業が多いです。

    対してフリーターは年齢を重ねても給料はほとんど上がりませんから、正社員との賃金格差がどんどん開いてしまいます。

    30歳時点で、フリーターと正社員の年収差は、なんと2倍以上になると言われています。

    お金が無いと好きなものも変えませんし、結婚にも不利になってしまうので、できるだけ早く正社員を目指しましょう。

    社会的地位が気になりだす

    31歳でフリーターだと世間体がよくありません。

    結婚式で友人と再会したときは劣等感をおぼえますし、正月の親戚の集まりなどは居心地が悪くて仕方ないでしょう。

    このような精神的なストレスから、うつ病などの精神疾患を発症する方もいます。

    日本人はとかく周りの目を気にがちなので、社会的地位が気になるなら、早く就職しましょう。

    5.31歳フリーターの就職方法

    小売業の転職におすすめの転職エージェント

    さて、本題ともいえる31歳フリーターの就職方法へ話を移しましょう。

    31歳のフリーターが就職するための方法は、いくつかあります。

    職業訓練を受ける

    ハローワークの職業訓練では、就職に役立つスキルや知識を、基本的には無料で取得できます。

    パソコン、経理、介護、WEB、ネイルなど多種多様なコースが設置されています。

    職業訓練は、以下の2つの制度に分かれます。

    • 公共職業訓練:雇用保険に加入し、失業給付の受給資格があるフリーターや既卒が受けられる
    • 求職者支援訓練:雇用保険に加入していない、フリーターや既卒が受けられる

    公共職業訓練では雇用保険から訓練にかかる費用の給付金がもらえますが、求職者支援訓練では、雇用保険から給付金は出ません。

    求職者支援訓練でも、一定の条件を満たせば、職業訓練受講給付金という給付金がもらえますが、支給を受けるための条件が厳しめです。

    「本人収入が月8万円以下」「世帯収入が月25万円以下」などの条件があります。

    職業訓練について詳しくは、各自治体のハローワークや労働局公式ページをご覧ください。

    公的な就職支援機関を利用する

    サポステ(地域若者サポートステーション)やジョブカフェといった公的な就職支援機関も利用できます。

    34歳までならどこのサポステやジョブカフェでも支援を受けられるので、31歳フリーターも利用が可能です。

    サポステは「フリーター歴が長いけど就職は可能なのか?」といった、働く前の悩みを抱えている方の相談やセミナーを行う施設です。

    対して、ジョブカフェでは相談やセミナーも行っていますが、求人紹介も受けられます。

    ワンストップでサービスを受けたい方は、ジョブカフェがおすすめです。

    詳しくは「サポステ公式ページ」や、「各地のジョブカフェ」からお近くのジョブカフェ公式サイトをチェックしてください。

    6.31歳フリーターにおすすめの就活エージェント

    31歳フリーターが就職を成功させるには、就活エージェントを利用するのもいいでしょう。

    ここでは、31歳フリーターにおすすめのエージェントを3つ紹介します。

    面接だけで選考を受けたいなら「DYM就職」

    DYM就職

    DYM就職は、株式会社DYMが運営する未経験からの就職に強いエージェント。

    経歴よりも、やる気や性格を重視している企業の求人が多いため、フリーターの多くがDYM就職を利用して、就職を成功させています。

    書類選考無しで面接が受けられるので、空白期間が長く書類選考に通らないというフリーターの方にはおすすめです。

    経歴が不安なら「ジェイック」

    ジェイック

    ジェイックでは、内定率を上げるための無料就職支援講座を受けることが可能。

    もともと一般企業向けに研修プログラムを提供していたこともあり、質の高い研修ノウハウがあります。

    講座を受ければ、職歴無しのフリーターでも就職を成功できる確率が高まりますよ

    経験やスキルが不足している求職者でも、見捨てずに最後までサポートしてくれるため、経歴に不安がある方にもおすすめです。

    未経験OKの求人を探すなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    7.31歳フリーターが就活を成功させるためのポイント

    小売業からの転職を成功させる5つのポイント

    最後に、31歳フリーターが就活を成功させるためのポイントをご紹介します。

    下記で紹介するポイントを頭に入れ、就職活動に臨んでください。

    選り好みはしない

    求人の選り好みはせず、可能性がある求人なら何でも応募しましょう。

    上述した通り、31歳フリーターからの就職は簡単なものではありません。

    何社応募しても書類選考すら通らないこともあるでしょう。

    「希望した内容ではない」「年収が低い」などわがままは言わず、募集をかけている企業にはどしどし応募してください。

    無駄なプライドは捨てる

    就職活動においては、「俺は年長者なんだ」という無駄なプライドは捨ててください。

    スキルや経験もないのに、プライドだけ高いのはカッコ悪いです。

    20代と競争することになりますが、年上だからと偉ぶらず謙虚に選考に臨みましょう。

    資格があれば有利

    一定の専門知識があることの証明になりますから、資格があれば有利です。

    就職に有利な資格としては、MOSや簿記、宅地建物取引主任者などがあります。

    ただ、資格があるから就職できるとは限らないので、注意してください。

    資格はあくまでも自己アピールのツールとして、活用しましょう。

    まとめ

    この記事のポイントは、以下の通りです。

    〈まとめ〉

    • 31歳フリーターでも就職は可能
    • ただ厳しいのが現実
    • 就職を成功させるための支援機関は多数
    • コミュニケーションが苦手だと31歳フリーターになりやすい
    • 求人の選り好みをしている場合ではない

    31歳フリーターからでも就職は可能ですが、簡単ではありません。

    31歳フリーターが就職を成功させるには、就職エージェントの利用が効果的です。

    この記事で紹介した「DYM就職」「ジェイック」「ハタラクティブ」を使い、就職を成功させましょう。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?