32歳フリーターから就職は難しい?あきらめる前に今すぐ行動しよう!

Digital composition of businessman running with briefcase on boardwalk against sky in background
仕事の悩み・相談

会社に縛られない自由な働き方をしたい、そう考えてフリーターをしているものの30歳を過ぎて「このままでいいのかな?」と考えたことはないでしょうか。

同級生で正社員として働き、30歳を過ぎて家族を養っている友人を見ていると、自分の将来はこのままどうなってしまうのか不透明で不安になってしまいますよね

そこで32歳フリーターから正社員を目指したいと考えているあなたのために、今すぐすべきことをご紹介します。

スポンサーリンク

1.32歳からの正社員は厳しい?リアルな現状を紹介

32歳から正社員になるのは、簡単なことではありません。

30代からの就職では、以下のような理由から就職の難易度がぐっと上がってしまうのです。

30代からは経験やスキルが求められる

30代は新卒で入社した人が経験やスキルを身につけ指導する側に立つようになるため、中途採用者にも同じことが求められるようになります。

20代での転職なら、「経験がなくても入社してから身につければいい」と思ってもらえますが30歳を過ぎるとそうはいきません。

そのため、職歴のないフリーターが採用される可能性は低くなってしまいます。

  • スポンサーリンク

  • 30代からは未経験可の募集が減ってしまう

    20代までなら未経験可の正社員の募集が多くありますが、30代になると一気に減ってしまいます。

    そのため、「ここで働きたい」「この業界で働きたい」と考えていても求人自体がないという状態になってしまうのです。

    さらに、少ない求人を取り合う激しい競争を勝ち抜かなければいけなくなります。

    フリーターから抜け出すのは難しい

    フリーターとして生活していると、なかなか抜け出すことが難しくなります。

    それは長くフリーターとして働き、職場である程度仕事を任されるようになっているためです。

    給料はそれほど良くないのに、休みたいときにはある程度融通が利いたり頼られる立場にあることからなかなか辞めることができず働き続けている人が多くいます。

    自由な時間に働くことができることから生活が昼夜逆転してしまい、「今更早起きして通勤ラッシュの中会社に行くのは面倒」という気持ちが強くなっている人も少なくありません。

  • スポンサーリンク

  • 30代女性は採用を躊躇されることが多い

    女性の場合、30代になると一気に正社員就職のハードルが上がります。

    30代女性は、企業から「採用しても結婚してすぐやめてしまうのでは?」と思われてしまうためです

    結婚・出産によって環境の変化が大きい30代女性は、企業も採用を躊躇しがち。

    内定率を高めるためには「結婚をしても働き続ける」という意思をしっかり伝える必要があります。

    2.32歳からの就職は難しいが不可能ではない!

    ここまでの記事を読んで「やっぱり30代から正社員になるのは難しいのでは?」と不安になっている方も多いでしょう。

    確かに厳しいことは事実ですが、あきらめることはありません!

    以下、雇用形態の現状をご覧ください。

    参考:労働力調査平成30年(総務省統計局)より(単位は万人)

    このグラフを見ていただくと分かるように、男性の場合は年齢と共に正規雇用の人口が増えていきますが、非正規の人口は20代がピークです。

    多くのフリーターが、30代に入る前に正社員として就職していることがうかがえますね。

    女性は年齢と共に非正規の人が多くなっていますが、これは結婚や出産による環境の変化が関係していると考えられます。

    さらに、32歳フリーターから正社員に就職することが不可能ではない理由として、以下のことが挙げられます。

    【32歳フリーターが正社員になることが不可能ではない理由】

    • 売り手市場で企業は人手不足
    • 不況時に採用を控えていたため求人が増えている
    • オリンピック関連などで事業拡大している企業が増えている

    また、少子化で人材が今後減少していくこともあり、年齢を問わず優秀な人材を確保したいと考えている企業も増えています。

    今後景気がどう変化していくかは分かりませんが、好景気のうちに正社員になることをおすすめします

    まずはあきらめずに行動することが大切ですよ。

  • スポンサーリンク

  • 3.32歳フリーターが正社員になるために必要なこと

    32歳フリーターから正社員になることが不可能でないとしても、ただ求人を探し応募するだけでは理想の就職を実現できません。

    ここでは、フリーターから正社員になるために「今すぐすべきこと」をお伝えします。

    ビジネスマナーを身につける

    職歴がないフリーターが、面接などで不利になりがちなのがビジネスマナーの有無です。

    敬語だけでなく、立ち振る舞いや服装などを含めて「社会人としての基礎」を身につける必要があります。

    会社によって解釈には違いがあるので、まずは基礎的なことを本で調べるなどして覚えましょう

  • スポンサーリンク

  • パソコンスキルを身につける

    プライベートでもパソコンは使っていたから大丈夫、と思うかもしれませんがパソコンを使うことができればいいというものではありません。

    「パソコンスキル」とは、業務で必要となるパソコンソフトの基本操作ができることです。

    事務や一般業務であれば「マイクロソフトオフィス」、ITやインターネット関連の業務であれば「Adobe(アドビ)ソフト」の基本操作が求められます。

    就活の流れについて把握する

    就活を始める前に、就活スタートから応募までの一通りの流れを確認しておきましょう。

    基本的な流れとしては、以下の通りです。

    【就活の基本的な流れ】

    1. 自己分析をする
    2. 適職が分かったら求人を探す
    3. 企業研究をする
    4. 履歴書や職務経歴書を作成する
    5. 応募する
    6. 書類選考から面接に進んだら面接対策をする

    1から順番にステップを踏むことが必要なため、自己分析や適職診断もせずいきなり「求人があったから応募しよう」と行動しても失敗しがちです。

    かといって、ステップ一つ一つに時間をかけている猶予はありませんよね。

    そこでおすすめしたいのが就活サービスです。

    公的な支援から民間の支援まで幅広くありますので、自分一人で就活をするよりも効率的です。

    次では、どのような就活サービスがあるのか詳しくご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 4.32歳フリーターが利用したい就活サービス

    32歳フリーターから正社員になろうと考えていても、一人では行き詰まってしまいがちです。

    そこでおすすめしたいのが就活サービスです。

    利用可能な就活サービスには、大きく分けて3つあります。

      メリット デメリット
    公的サービス(ハローワークなど) 職業訓練校の斡旋を受けたり求人情報を見ることができる。企業からの信頼度が高い。 離職者を対象にしているため、未経験可の求人が少ない。ブラック企業の求人が紛れていることがある。

    自治体のサービス
    (ジョブカフェやサポステなど)

    就活の流れが分からない場合やビジネスマナーに不安がある場合サポートしてもらえる。 基礎的なことをサポートしてもらえるが、すぐに正社員になりたい人には物足りない部分も多い。
    民間の就職支援サービス サービス会社が営業して求人を取ってくるため、幅広い求人があり企業情報も詳しく知ることができる。 キャリアアドバイザーとの相性が重要なので、自分に合わないと求人が多くても内定までこぎ着けることは難しくなる。

    就活サービスにはそれぞれメリットがありますが、32歳フリーターから正社員を目指すなら猶予がありません。

    未経験可の採用をしている企業の求人を探しつつ、提出書類の作成や面接対策をする必要があります。

    ここでは、そんな要望に応えてくれる2つの就職支援サービスをご紹介します。

    多数の未経験可の求人をみたいなら「ハタラクティブ」

    【ハタラクティブが選ばれる理由】

    • 就活アドバイザーがサポートしてくれるので自分に合った企業の求人を見つけられる
    • 企業のホームページでは見られない情報を教えてもらえる
    • 志望動機や自己PRなど面接対策のサポートをしてもらえる

    ハタラクティブは、未経験可の求人を多数紹介している就職支援サービスです

    カウンセリングで、今後どういったキャリアプランを立てて働いていきたいのかしっかり目標を定めてから就活がスタートします。

    内定率も高いので、安心して就活を進められるでしょう。

    書類選考なしの求人がみたいなら「DYM就職」

    【DYM就職が選ばれる理由】

    • 就職までのスピードが速い
    • 求人は他の就職支援サービスに比べると少なめだが優良企業が多い
    • サポートがしっかりしていて疑問があればLINEで質問が可能

    DYM就職は、書類選考なしで面接までセッティングをしてくれる就職支援サービスです。

    専属リクルーターがつき、サポートしてもらえるので自分に合った企業の求人をすぐに見つけることが可能です。

    職歴がなく書類選考で悩んでいるなら、すぐに面接が可能なDYM就職を利用するのがおすすめですよ。

    もちろん面接対策なども、しっかりサポートしてもらえます。

    5.32歳フリーターが正社員になるために参考にしたい体験談

    32歳フリーターで正社員となった人は、どんな就活をしたのか気になりますよね。

    そこで実際にフリーターから就職に成功した人、またうまく行かず失敗してしまった人、それぞれの体験談をご紹介します。

    成功談

    30歳を過ぎてから正社員に就職できた人の体験談を見てみましょう。

    30歳・男性

    30歳、どこでもいいからと思ってましたが結局はいい仕事に就けました。(中略)

    はじめは苦労しましたが、ハタラクティブに登録してからは、とても心強かったです。

    書類に何を書けばいいか、面接の時にどうしたらいいかなど、企業ごとの特色を知っている立場からアドバイスくださっているのでとても安心でした。

    引用:ハタラクティブ

    32歳・男性

    未経験でしたが社内研修制度が充実している企業だったので、ITエンジニアとして働いています。

    「就職できるならどこでもいい」というせっぱつまった状況でありながら、納得のいく就職ができていますよね。

    成功の理由としては、「就職支援サービスを活用した」「社内研修がある優良企業を受けた」ことが挙げられます。

    また、30歳を過ぎると、求人を選り好みする余裕はありません。

    絶対にゆずれない条件以外は、妥協することも大切ですよ

    失敗談

    30歳を過ぎ、フリーターから脱出したいと思いながらうまくいかない人もいます。

    32歳・男性

    32歳フリーター「正社員になろうと50社近く受けたが不採用の連続」 

    引用:2ちゃんねる

    こちらの男性は、フリーターから正社員になろうと就活をしていました。

    ただ、面接を受けようとして仕事を休めば生活費が減ってしまうという悪循環に陥ってしまっています。

    ただやみくもに「正社員になりたい!」と動くだけでは32歳フリーターから抜け出すのは難しいのが現実です。

    次のような解決策もありますので、ぜひ考えてみましょう!

    【就活が上手くいかないときにやってみるべきこと】

    • 受からない理由について考えてみる
      →提出書類に問題がなかったか、面接の受け答えはどうだったか、選ぶ職種が間違っていなかったかなど
      就職支援サービスのアドバイザーに相談してみるのもおすすめ
    • 自分の服装や身だしなみはどうだったか考えてみる
      →揃えるのが難しいならレンタルサービスを利用するのもあり
    • 就活の費用が足りないなら
      →両親に借りることができないかお願いしてみる

    「今の状況のままではダメだ」と思っているなら、思い切って周りに協力を求めることも大切です。

    6.32歳フリーターにおすすめの職種や業界

    32歳フリーターが「正社員になろう」と考えても、30代からの就活は厳しいのが現実。

    その理由の一つに、未経験可の求人自体が少ないことが挙げられます。

    そのため、「ここで働きたい」「こんな仕事はしたくない」という好みではなく広い視野で求人を探すことが必要となります。

    そこで「32歳フリーターへおすすめしたい仕事」をご紹介します。

    就職してからでも資格が取れる介護職

    日本では高齢化社会となりつつあるため、介護職は年齢を問わず幅広い求人があります。

    今後さらに拡大していくことが予想される業界でもあります。

    ただ、「介護職は給与も安いしブラックなところが多い」といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

    残念ながら労働環境が厳しいところがあるのは事実です。

    その一方で、資格手当が付くなど福利厚生が充実している職場も多くあります。

    介護職は経験を積むことで資格が取れ、ステップアップしていくことが可能なので30代からの転職で最もおすすめです。

    介護補助・介護助手であれば、資格なしで働けます。

    入社してから勉強は十分にできますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

    未経験からでも就職しやすい営業職

    営業職は、未経験からでも就職しやすい職種のひとつ。

    業界によって必要となる知識は異なりますが、入社してから知識や経験を身につければ十分に活躍できます

    特別な技術よりも他者との交渉力が重要となるので、コミュニケーション能力に自信がある方にぴったりです。

    フリーターとして色々な人と話をしてきた経験を活かせますよ。

    フリーターからステップアップもできる接客業

    フリーターとして接客業を数多く経験してきたなら、そのまま正社員として接客業を選ぶのもおすすめです。

    アルバイトをしている今の会社に、正社員登用の制度があれば利用してみましょう。

    また、接客のスキルを必要としている業界は数多くあります

    店舗や飲食店以外も、冠婚葬祭関係でも接客スキルはアピールできますよ。

    パソコンスキルがあれば有利になるIT業界

    32歳からでも、パソコンのスキルがあればIT業界の転職も可能です。

    ただしITにも様々な業界があります。

    【IT業界の区分】

    • ゲーム
    • WEBサービス
    • メディア
    • 金融
    • コンサル

    コードを書いてアプリやプログラムを動かす専門技術に関しては、若い世代の技術者が多いので、未経験から30代がチャレンジするのは難しいです。

    営業のスキルがあれば、WEBサービスやコンサルといった業界では未経験でも活躍できます。

    どういった事業を行っている会社なのか、じっくり企業研究をしておくことをおすすめします。

    7.32歳フリーターが陥りやすい失敗とその対処法

    年齢で厳しい状況にある32歳フリーターですが、就活で失敗をすると「やっぱりダメなのかも」と落ち込んでしまいますよね。

    就活をしている32歳フリーターが陥りがちな失敗について、どう対処すべきなのかを詳しくご紹介します。

    多数応募してしまう

    「仕事を選んでいたら決まらない」「求人が少ないから全部応募しよう」と多数応募してしまい、どこからも内定がもらえないといった悪循環に陥ってしまうことがあります。

    やみくもに応募するのではなく、「自分がやりたい仕事」「応募が可能な業界や業種」「自分に向いている仕事」を総合的に判断してから求人を探しましょう。

    資格を取ることが先になっている

    やりたい仕事があり、そのために資格を取ろうとして時間を割いていることが就活の妨げになっていることもあります。

    企業によっては、未経験であっても仕事に熱意を持っているなら入社後に研修などのサポートをしてくれるところもありますよ。

    資格を取るために費やす時間を、就活に回すようにしましょう。

    好条件の求人ばかりを探している

    「土日は休みたい」「給与が〇万以下なのは認めない」といった条件で求人を探すことも失敗の原因です。

    希望するすべての条件が当てはまる企業はほとんどありません。

    ゆずれない条件と、妥協できる条件を切り分けて考えましょう。

    条件を緩めることで、求人の選択肢が広がるはずですよ。

    コミュニケーションがうまくとれない

    「人と話すのが苦手」「初対面の人と話せない」などコミュニケーションスキルがないのに、接客や営業の求人に応募しても面接などですぐにバレてしまいます。

    コミュニケーション能力に自信がない場合は、個人作業が多い仕事を選ぶと良いでしょう。

    エンジニアやプログラマー・工場作業員などは、比較的個人での作業が多い仕事です。

    また就活をしながら、コミュニケーションの苦手意識をなくすことも必要です。

    就職支援サービスのアドバイザーと面談をすることも訓練になりますよ。

    まとめ

    32歳フリーターで職歴なしの状況から、正社員になることは困難ですが不可能ではありません。

    その理由として、以下の3つが挙げられます。

    【32歳フリーターが正社員になることが不可能ではない理由】

    • 売り手市場で企業は人手不足
    • 不況時に採用を控えていたため求人が増えている
    • オリンピック関連などで事業拡大している企業が増えている

    ただし、30代になると求人は20代よりも少なくなってしまいます。

    そのため就活はポイントを絞って求人を探し、対策を立てて行く必要があります。

    公的な支援サービスを受けながら求人を探す方法もありますが、32歳フリーターには猶予がありません。

    ハタラクティブ」や「DYM就職」などの就職支援サービスを活用し、短期間での就職内定を目指すのがおすすめです。

    自己分析や適職診断に時間をかけられない分、就職支援サービスのアドバイザーのサポートを受けながら安定した正社員を目指しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%