35歳フリーターは就職できない?その理由とそれでも正社員になる方法

A man holding a cardboard with an inscription needs a job. The concept of job search, a reduction, a job seeker earnings, a shortage of vacancies.
仕事の悩み・相談

「35歳なのにまだフリーター」と焦る人も多いかもしれません。

「35歳になったらもう正社員になるのは手遅れでは・・」と不安になるものです。

しかし、35歳からでもフリーターを抜け出して、正社員に就職している人はいます。

この記事では、35歳から正社員就職への実情や、これからどうすればいいのかを具体的に解説します。

40代、50代になってから「あの時やっておけばまだ間に合ったのに・・」ということにならないように、最後まで読んで就活を実践してください。

スポンサーリンク

1.35歳フリーターから正社員になれる?その実情とは

「35歳」は転職市場でも何かと区切りになることの多い数字です。

「35歳転職限界説」などもあり、35歳フリーターだと「もう正社員になるのは無理かも」と半ば諦めてしまうかもしれません。

しかし、実際には35歳からでも転職している人がたくさんいて、フリーターから正社員の転身に成功している人もいます。

まずは、35歳フリーターを取り巻く状況を口コミなどを見ながら把握していきましょう。

35歳フリーターから正社員になることへの口コミ

一般的に35歳フリーターから正社員になるのは「無理だ」と感じている人が多いようです。

「35歳フリーターは正社員になれない」という口コミ

確かに、35歳をすぎると職歴なしで正社員になるのは大変です。

長期的な就活が必要となりますが、しかし不可能ではありません。

「35歳フリーターでも正社員になれる」という口コミ

インターネット上では圧倒的に「35歳フリーターから正社員転職は不可能」とする意見が多く、上記のような口コミも「信じられない」といったような論調であるものがほとんどです。

しかし、このように35歳フリーターから正社員への転職は、適切に就活を進めれば十分可能です。

  • スポンサーリンク

  • 「35歳転職限界説」は必ずしも本当ではない

    「35歳になると、転職も就職も難しくなるので、35歳までに定年まで働く企業を決めた方がいい」とするのが「35歳転職限界説」です。

    確かに、35歳以上は就職のハードルが上がるのも事実です。

    ですが、スキルや実績があれば年齢のハードルに関係なく転職・就職することができます。

    また、スキルがなくても業界次第で正社員就職は可能です。

    フリーターの場合、アルバイトをしている企業や同じ業界から正社員を目指せば確率が上がるでしょう。

    おすすめの業界・仕事は以下の通りです。

    <35歳フリーターから正社員を目指す時におすすめの業界>

    【アルバイト経験を生かしやすい業界】

    • 飲食業界
    • アパレル業界

    【人手不足の傾向が強い業界】

    • 介護業界
    • 運送業界
    • IT業界
    • 宿泊業界

    <35歳フリーターから正社員を目指す時におすすめの仕事>

    • 営業職
    • 販売職(接客業)
    • 一般事務職

    業界にかかわらず営業職・販売職・一般事務職は特別なスキルがいらないので、フリーターからでも正社員として採用されやすい傾向にあります。

    求人を選ぶ際の参考にしてください。

    35歳フリーターが企業から懸念されるポイント

    35歳フリーターは企業が「扱いにくい」と感じる存在であるのも事実です。

    企業からの懸念となるのは以下のような点です。

    ・希望年収の高さ
    ・スキルのなさ
    ・部下としての扱いづらさ

    35歳という年齢もあり、周囲と比べて希望年収を自分のスキルよりも上回る額に設定しがちです。

    また、35歳は企業では戦力の中心ですが、フリーターからの場合は新卒同様の扱いになってしまいます。

    それらの事実を受け入れて謙虚に働くことができるのか、企業の採用担当者は懸念しています。

    年下の上司を持つことになりますが、上司であることは変わりありません。

    年下だからと指示を無視すれば、指示を出す側の上司も気を遣うことになってお互いにしんどい思いをすることになりかねません。

    これらの懸念を取り除くことができるよう、就活に臨みましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.35歳フリーターと正社員を比較

    35歳でフリーターの場合と正社員の場合を比べてみましょう。

      平均給与 ボーナス 立ち位置 雇用の安定度 社会的信用
    フリーター 207.7万円 なし 代替可能 解雇可能 低い
    正社員 313.3万円 あり 戦力の中心 安定 高い

    引用:平成30年賃金構造基本統計調査

    今後の人生のことを考えると、正社員で安定した職に就くということは大きなプラスになります。

    正社員になれば雇用が安定するので年収も安定し、かつ社会的信用が高くなるのでローンを組んだりクレジットカードを作ることも簡単です。

    35歳ならまだ間に合う年齢です。

    今すぐにでも就職活動を始めましょう。

    3.35歳フリーターは転職エージェントを利用すべき!その理由とは

    35歳フリーターから正社員になろうと思うなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

    転職エージェントは無料で以下のサービスを提供してくれます。

    • 就職相談・カウンセリング
    • 求人紹介
    • 面接のセッティング
    • 模擬面接
    • 履歴書・職務経歴書の添削
    • 内定先企業との条件交渉
    • 入社半年後を目安としたフォローアップ

    初めての就活なら特に、この全部を自分でやるとなると大変です。

    転職エージェントを利用すると就活が楽になるだけでなく、内定率も上がります。

    なぜなら、以下のような理由があるからです。

    それぞれの理由について詳しく解説します。

  • スポンサーリンク

  • 理由1:就活を主導してくれる

    学生からそのままフリーターになった場合、初めての就活となります。

    アルバイトの場合は履歴書を作って一度面接を受けるだけですが、正社員の就活はそう簡単ではありません。

    アルバイトと違って、正社員は一度雇用すると簡単に解雇できないからです。

    そのため、面接がより慎重に行われるため、入念な対策が必要になります。

    自分一人ではどうすればよいかわからなくても、転職エージェントに登録しておけばキャリアアドバイザーが必要なタイミングでやるべきことを教えてくれます。

    就活を主導してくれるため、十分な対策をした上で企業の面接に臨むことができます。

    理由2:履歴書・職務経歴書の書き方を教えてくれる

    履歴書・職務経歴書の作成はつまずきやすいポイントです。

    何を書けばよいのかわからず、面倒になってそのまま就活を辞めてしまう人もいるほどです。

    しかし、転職エージェントに登録しておけばキャリアアドバイザーが書類の作成方法についてアドバイスしてくれます。

    ヒアリング後に書くべき項目をまとめてくれたり、作成した後に添削をしてくれたりするので、質の高い書類を用意することができます。

    書類が通らなければ面接に進めないので、内定率に大きく関係するポイントだと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 理由3:フリーターでも受けられる求人を紹介してくれる

    フリーターから正社員に就職する時に、最も苦労するのが求人選びです。

    自分で求人を探して応募しても、書類選考で不通過が続くことがめずらしくありません。

    企業は応募要項で明記していなくとも、フリーターを対象外としていることが多々あります。

    記載がないために、そのような求人に応募してしまいがちになってしまいます。

    しかし、転職エージェントを利用すればそんな心配はいりません。

    転職エージェントは事前に企業から入念にヒアリングしているため、フリーターを募集対象としている求人を把握しているからです。

    そのため、時間を無駄にすることなく受かる確率が高い求人にのみ集中することができます。

    理由4:内定獲得のために口添えしてくれる

    自分一人で内定を獲得しようと思うと大変です。

    一方、転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが企業に口添えしてくれることがあります

    企業の採用担当者が採用するかどうか迷っている時、「この人は熱意があって、真面目」「正社員としてもやっていける人物」などとあなたの強みを伝えてくれます。

    そのおかげで内定が決定的になることも少なくありません。

    【結論】転職エージェントの利用で内定率が上がる

    • 就活全体をサポート
    • 質の高い書類作成のための手伝い
    • 受かる確率の高い求人を紹介
    • 企業への口添え
  • スポンサーリンク

  • 4.35歳フリーターにおすすめの転職エージェント2選

    35歳フリーターにおすすめの転職エージェントは以下の2つです。

    転職エージェント 特徴

    DYM就職

    • フリーター・既卒特化型
    • 書類選考なしで面接に進むことができる
    • 35歳まで利用可能

    就活エクスプレス

    • 東京都主催の就活サービス
    • 無料で手厚い就活支援
    • 44歳まで利用可能

    すぐに働きたいのか、それとも今後のためにも入念に対策したいのかを考え、どちらか、もしくは両方に登録してみてください。

    すぐにでも正社員として働きたいなら|DYM就職

    <DYM就職の強み・特徴>

    • 書類選考なしで面接に進むことができる
    • 就職成功率96%
    • 大手企業の案件も多数

    DYM就職は、フリーターから正社員に転職する時に必ず登録しておきたい転職エージェントです。

    サポートの手厚さはもちろん、企業とのヒアリングもしっかり行い企業の求める人物像を把握しているため、書類選考なしで求人の面接を受けることができます。

    また、DYM就職は大手企業の求人があることでも有名なので、求人募集のタイミングがあえば、大手企業に出会うことができるかもしれません。


    DYM就職に登録したら、対応がとてもスピーディーでした。

    就職成功率が96%と非常に高いので、本気で転職したいならぜひ登録してみましょう。

    公開求人数 61件
    非公開求人数 記載なし
    対象地域 全国
    面談可能なオフィス 全国14箇所
     

    以下の記事もフリーターの転職の仕方やDYM就職について説明しているので、参考にしてみてください。

    【東京限定】1からしっかり就活するなら|就活エクスプレス

    <就活エクスプレスの強み・特徴>

    • 東京在住者が対象(在職中・自営業者は利用不可)
    • 就活講座が充実
    • 3ヶ月の応募支援や合同面接会あり

    就活エクスプレスは東京都が主催し、人材業界の大手パーソルキャリアが運営する就活サービスです。

    職歴なしでも利用可能で、早期に正社員就職を目指す人を対象としています。

    登録後にはまず5日間の研修を受けます。

    「面接対応力強化コース」と「キャリアの方向性を考えるコース」を選ぶことができ、その後月に1度書類選考なしで受けられる合同面接会や、アドバイザーの応募支援によって職を探します。

    44歳まで受けられるサービスなので、東京に住んでいるならぜひ利用してみてください。


    他の人たちと一緒に講座を受けるので、自分の強みを発見してもらえたことが自己アピールのヒントになりました。

    公開求人数 記載なし
    非公開求人数 記載なし
    対象地域 東京都
    面談可能オフィス 東京しごとセンター(千代田区飯田橋)
     

    5.内定獲得率を上げる!選考の際に気をつけたい4つのポイント

    正社員になるめの選考の際に気をつけたいポイントは以下の4つです。

    この4つを意識すると、選考に受かる可能性を高めることができます。

    それぞれについて以下で説明するので、意識しながら面接に挑みましょう。

    ポイント1.身だしなみには十分注意する

    面接を受ける時には、身だしなみには気をつけましょう。

    フリーターと聞くと、髪の毛の色を染めていたり、ピアスをいっぱいあけていたり…という姿を連想する人も少なくありません。

    「社会人として大丈夫なのかな」という気持ちを持ってしまう採用担当者がいるのも事実です。

    しかし、身だしなみを完璧にしておけば採用担当者の心配を払拭することができます。

    髪はきっちりとまとめ、形のいいスーツを用意しておきましょう。

    ポイント2.長く働く意欲をアピールする

    フリーターの「いつでも仕事を変えることができる」という柔軟な点にメリットを感じてフリーターから抜け出せない人も多いでしょう。

    こういう人は、企業の採用担当者からすると「すぐに辞めてしまわないか」「仕事に耐えられるのか」という点を不安に感じられてしまうことがあります。

    そのため、面接では「これから正社員として同じ仕事を長くやっていきたい」という熱意をアピールすることが必要不可欠です。

    「長く働くことができる」ことを強調して採用担当者を安心させることが大切です。

    ポイント3.経歴は正直に話す

    フリーターであることに対して引け目を感じるかもしれません。

    しかし、経歴を詐称することは絶対にしないようにしましょう。

    嘘がばれてしまうと内定が取り消しになったり、入社後に発覚した場合にはクビになることも考えられます。

    結局得することは何もありません。

    フリーターでも「これから正社員として頑張ろう」としている自分を認めてくれる企業を見つける方が、働きやすい環境であることが多いでしょう。


    人事経験者

    採用担当をしていると、経歴を詐称している履歴書・職務経歴書はすぐに見抜けます。

    面接段階でわからなくても、源泉徴収によってすぐにわかります。

    ポイント4.素直に受け答えする

    35歳という年齢は企業にとって非常にネックにやりやすいものです。

    35歳の正社員は中堅ですが、フリーターの場合は新卒社員と同じ扱いになります。

    「年下の上司の指示を素直に聞くことができるかどうか」が採用の可否を決めると言えます。

    その点をアピールするためにも、面接中の質問には素直に答えましょう。

    中には、バカにしてくるような態度で接してくるよな人もいるかもしれません。

    そんな時は「ストレス耐性を見られている」と思い、多少のことなら受け流してしまいましょう。

    まとめ

    35歳フリーターから正社員になるのは簡単ではありませんが、可能です。

    以下のポイントを意識して就活を進めてみてください。

    【結論】35歳フリーターなら転職エージェントを活用

    • 就活を効率よく進められる
    • 書類の作成をサポートしてくれる
    • 受かりやすい求人を紹介してくれる

    正社員になると、収入と雇用が安定して社会的信用が高くなります。

    35歳は手遅れではないので、すぐにでも就活を始めてみてください。

    登録したい転職エージェント

    すぐにでも就職したいなら|DYM就職

    しっかり就活対策したいなら|就活エクスプレス

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?