36歳フリーターからの就職は難しい?正社員を目指すためにすべきこと

Young male student working on a computer in park
仕事の悩み・相談

「30代半ばになり、正社員の友人と差が開いてきた」と感じることはありませんか?

20代ではそれほど差を感じることはないかもしれませんが、年齢を重ねるにつれ、正社員とフリーターの差はどんどん広がっていきます。

「36歳ではもう遅いのでは?」と思う方も多いですが、あきらめるのは早いです。

この記事では、36歳から正社員になるための方法を解説します。

スポンサーリンク

1.フリーターのままでいるとどうなる?年代別に見る差

「会社に縛られる正社員の仕事より、気楽なフリーターのほうがずっと楽!」と思っていませんか?

気楽なフリーターですが、20代30代と年齢を重ねると、どんどん周りとの差が広がってしまいます。

「いつまでもフリーターで大丈夫!」と思っているあなたに、年代別に変化するフリーターの立ち位置を詳しくご紹介します。

【20代】周りとの差はほとんどなし

20代では、フリーターと正社員の差はほとんどありません。

学生をしながらアルバイトをしている人も多くいますし、アルバイトを掛け持ちしている人の中には、同じ年で正社員として働いている人よりも稼いでいるという人もいます。

20代の時点では、フリーターも正社員も大きな差はないのです。

  • スポンサーリンク

  • 【30代】経済状況やライフスタイルに差が生じる

    30代になるとフリーターでどれだけ頑張って働いても、正社員とは大きく差がついてしまいます。

    【30代のフリーターと正社員の差】

    • 年収や立場に差がつく(30代になると正社員は昇進したり、役職付きになるため)
    • ライフスタイルに差がつく(結婚する人が増えてくる)
    • 環境が変わる(フリーターは周りに若い人が増え30代は減っていく)

    20代のうちにフリーターに見切りをつけ、正社員を目指す人も少なくありません。

    【40代】社会的信用もなく行き詰まる可能性大

    40代になるとフリーターの立場は、さらに厳しくなります。

    【40代フリーターの現状】

    • 結婚相手として見てもらえない
    • 社会的信用がないのでクレジットカードが作れない、ローンが組めない
    • 親が介護を必要とする年齢になりフリーターを辞められない

    正社員は40~50代が年収のピークですが、フリーターは20代からほとんど収入が変わらないことも少なくありません。

    年齢を重ね、体力が落ちてきても周りと同じ仕事をしなければならず、限界を感じ始めます。

    しかし親の高齢化などからフリーターを辞められず、苦しい生活を続けるケースも多いです。

  • スポンサーリンク

  • 2.36歳フリーターからの就職が難しい理由

    はっきりお伝えすると、36歳フリーターが正社員になるのは簡単ではありません。

    その理由として、以下のことが挙げられます。

    【36歳フリーターが正社員になるのが難しい理由】

    • 30代はポテンシャル採用が期待できない
    • 30代は経験やスキルのある求職者のほうが採用される
    • 企業側からすると「36歳」は若年層ではない可能性がある

    上記を見ると「もう就職は無理なのでは…」と考えてしまうかもしれませんね。

    たしかに、30代も半ばを過ぎた時点で就職の難易度が高いのは事実です。

    しかし、「36歳フリーターは就職できない」というわけではありません。

    むしろ今何もせずズルズルとフリーターの人生を歩む方が問題です。

    悲観的にならず、就活に向けて行動することを考えましょう。

    3.36歳フリーターからの就職が不可能ではない理由

    若年層の採用を推し進めている企業が多いとはいえ、35歳を過ぎると求人が0になるわけではありません。

    【35歳を過ぎても企業の求人が0にならない理由】

    • 人材不足(事業の拡大などで人材を求めている)
    • 転職者がいる(企業に問題があるのではなく独立する人が多い職種)
    • 未経験でも問題ない職種や業種である

    少子化が進んでいる日本では、優秀な人材を必要としています。

    また人手不足に悩まされている業界では、年齢を問わず採用するというところも多くあります。

    36歳フリーターが正社員になろうと考えているなら、「人手不足」で「未経験可」の企業の求人を探しましょう。

    36歳フリーターにおすすめの仕事を一覧にしてみましたので、参考にしてみてください。

    【36歳フリーターが正社員になれる業界】

    設備・建築・土木関係 オリンピック需要で人手が不足している
    介護・福祉関係 高齢化で今後需要が増える可能性がある・キャリアアップしやすい
    ドライバー・配達関係 ドライバーだけでなく仕分けや受付など、全体的に人手不足
    ホテル関係 オリンピック需要や海外からの観光客の増加で人手不足になっている
    販売・接客関係 コミュニケーションスキルや英語力がある人材であれば、フリーターでも歓迎される

    上記の中で特に人材を欲しているのが「介護・福祉関係」です。

    女性が多い職種ですが男性も増えており、現場の介護だけでなく送迎の運転手や相談員など幅広い現場で働けます。

    年齢・経験不問の求人も多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 4.36歳フリーターが正社員になるためにすべきこと

    36歳フリーターから正社員を目指すのであれば、今すぐに動き出すことが大切です。

    ただ、以下のような不安もありますよね。

    【36歳フリーターの就活に関するよくある悩み】

    • 36歳向けの求人が少なすぎて見つからない
    • 長く就活をしていないのでやり方が分からない
    • 面接を乗り切れる自信がない

    特に新卒のときの就活しか経験がない、アルバイトの気楽な面接しか経験がないと、「面接で何も言えずに終わってしまった」ということになりかねません。

    そういった不安をなくすためにも、36歳フリーターから正社員を目指す場合は、就活をサポートしてくれる『支援サービス』の利用をおすすめします。

    ここでは、36歳フリーターにおすすめの支援サービスを紹介します。

    わかものハローワークやジョブカフェを利用する

    ハローワーク内にあるハローワークや、自治体が支援を行っているジョブカフェを利用する方法があります。

    わかものハローワークは、自治体によって支援の対象年齢に違いがありますが、おおむね45歳未満を対象とした就職支援サービスです。

    ハローワークでは紹介していない求人の紹介や、個別支援・セミナーの開催も行っています。

    また、ジョブカフェは自治体が主体となって行っている就職支援サービスですが、ハローワークと連携して就職の相談から求人紹介・内定後のサポートまで一貫して行っているのが特徴。

    こちらも自治体によって支援の対象年齢が異なります。

    わかものハローワークと違い、就活をスタートさせるためのサポートから支援しているのが特徴です。

  • スポンサーリンク

  • ハローワークの職業訓練校を受講する

    ハローワークで斡旋している職業訓練校を受講する方法もおすすめです。

    職業訓練校とは、ハローワークに委託された専門学校等で就職の際に必要となる基本的なマナーや技能を身につける場所。

    自分で専門学校に通ったりすると費用がかかりますが、ハローワークを通すことでテキスト代のみで受講できるメリットがあります(例外もあります)。

    職業訓練校を受講する場合には、以下のことに注意が必要です。

    【職業訓練校を受講する際の注意】

    • 希望する訓練が受講できるとは限らない
    • 失業保険の支給を受けていない場合は訓練期間が短い(2~3ヶ月が多い)
    • 訓練開始の時期は決まっているためすぐに受講できないこともある

    職業訓練校を受講することで、履歴書に職歴として記入ができるメリットもあります。

    やりたい仕事があり、利用できるコースがあるならぜひ検討してみましょう。

    民間の就職支援サービスを利用する

    民間会社が行っている就職支援サービスを利用する方法もあります。

    民間の就職支援サービスには、以下のような強みがあります。

    【民間の就職支援サービスの強み】

    • 紹介してくれる企業の質が高い
    • サポートが手厚い
    • サービスによっては書類選考なしの求人を扱っている

    ハローワークは、基本的に求人企業について審査をすることはありません。

    そのため、優良企業だけでなく、労働条件が悪いブラック企業の求人が紛れ込んでしまうことも多いです。

    一方、民間の就職支援サービスの多くは、求人企業を直接訪問し調査を行っています。

    取り扱う求人が厳選されているため、ハローワークより求人数は少ないですが、良質な案件が多いです。

    また、民間の就職支援サービスは求職者の採用が決まることで求人企業から報酬が入るため、求職者のサポートにも力を入れています

    【就職支援サービスのおもなサポート内容】

    • 求人票では分からない企業の環境や内部事情を教えてくれる
    • 応募書類の添削・面接対策をサポートしてくれる
    • 入社日調整や給与交渉を代行してくれる

    手厚いサポートを受けられるので、初めての転職でも安心ですね。

    「これから就職活動を始めよう」と思っているのであれば、ぜひ民間の就職支援サービスを利用しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 5.すぐに働くことが可能なら民間の就職支援サービスを利用しよう

    病気や怪我で療養しておらず、すぐに働くことが可能な状態なら、民間の就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

    ここでは、36歳フリーターにぴったりのサービスを2つ紹介します。

    未経験可の求人を多数見てみたいなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    書類選考なしの求人を探してみたいなら「DYM就職」

    DYM就職は、書類選考なしの求人を多数紹介している就職支援サービスです。

    フリーターは働いている実績はあるものの、一般的に職歴としてはカウントされないため、他の求職者と比べると不利になりがち。

    正社員になりたいという熱意を伝えたくても、面接まで辿り着けないのは困りますよね。

    DYM就職では、企業と強いパイプを持っているので「企業が求めている人材」とマッチングすれば書類選考なしで面接に進めます。

    キャリアアドバイザーとじっくり面談することで、求職者に合った求人を紹介してもらえます。

    離職率がわずか3%という点でも心強い就職支援サービスです。

    6.30代フリーターの就職体験談

    ここでは実際に「30代で正社員になることができた」人の体験談をご紹介します。

    フリーターであることや年齢といったハンデを乗り越え、どうやって正社員になれたのか参考にしてみてくださいね。

    30代前半・男性

    自分のつきたい仕事につけるまで、フリーターをしたことについて後悔はありません。

    時間が許す限り面接の練習をすることができたのは良かったと思います。

    30代前半・女性

    就職をしたいと思ったものの5社ほど応募してどれも不採用。

    就職支援サービスで面談をしてもらい、自己PRの弱さや面接対策の不足を指摘されました。

    一人で就活するのが当たり前と思っていたので、自分の準備不足が原因と分かって新たな気持ちで就活ができました。

    36歳フリーターだと求人がない、職歴がないと不利、といった評判に振り回されているとちょっとした失敗でも「やっぱりダメなんだ」と思い込んでしまいがち。

    特に新卒で就活をしていた場合、「就職支援サービスを利用する」ということ自体を知らない人も多いので失敗を繰り返してしまうのです。

    失敗を繰り返さないためには、失敗の原因を考え、しっかりと対策を練ることが大切です。

    次では36歳フリーターが陥りやすい失敗について見ていきましょう。

    7.36歳フリーターが正社員をあきらめてしまう理由と対策法

    36歳フリーターは、年齢や職歴なしといった点で20代より不利な条件が重なってしまいます。

    そのためネットの話などを見て「フリーターとして生きるしかない」と正社員になることをあきらめてしまうことも少なくありません。

    ここでは、36歳フリーターが陥りやすい失敗と打開策をご紹介します。

    求人が少なくてくじけてしまう

    30代になると求人自体が少なくなってしまうため、気持ちが維持するのが難しくなります。

    ただ、求人が少ないと感じるのは自分だけかもしれません。

    無意識に働きたい職場や仕事を選んだり、先入観を持って企業を見ていると働ける場が狭まってしまいます。

    「できない」と思うのではなく「やってみよう」という前向きな気持ちで求人を探しましょう。

    相談する人がいないので落ち込むばかり

    一人での就活は、どうしても悪いことを考えてしまいがちです。

    特に周りの友人がみな就職していてなかなか会う機会もないと、こちらから相談するのは気が引けてしまいますよね。

    そういった場合は、家族や就職支援サービスのアドバイザーに積極的に相談してみましょう。

    第三者に話を聞いてもらうことで、思わぬ打開策が見つかるかもしれませんよ。

    面接でフリーターであることを指摘されるのが辛い

    フリーターであることを面接で聞かれるのが嫌で、就活を辞めてしまう人もいます。

    フリーターであることは隠すまでもなく事実ですよね。

    そのフリーターでいることを辞め、正社員として働くことを決意したのであればそれを面接で伝えるのが一番です。

    それでも「フリーターだから」と決めつける企業なら、そことあなたは縁がなかったのだと考えましょう。

    フリーターとしての経験を受け入れてくれる企業は必ずありますよ。

    正社員になるほうが面倒だと気持ちが逃げてしまう

    提出書類を書いたり面接の対策をしたり、その繰り返しに「正社員は面倒だな」と気持ちが逃げてしまうこともあります。

    でもそれは就活が苦しくて辛いのが原因です。

    正社員をあきらめ、フリーターとして生きる方法もありますがその結果どんな未来が待ち受けているかは先にご紹介したとおりです。

    就活というほんのわずかな時間に向き合うことをやめてしまったら、これから先また同じような辛い思いを繰り返すことになります。

    なぜ正社員になりたいと思ったのか、そのときの気持ちを思いだしてあきらめずに行動していきましょう。

    まとめ

    36歳フリーターから正社員になることは、20代と比べると不利ではありますが不可能ではありません。

    ただし、猶予は残されていないためすぐに行動することが必要です。

    【36歳フリーターから正社員になるためにすぐすべきこと】

    • わかものハローワークやジョブカフェを利用する
    • ハローワークの職業訓練校を受講する
    • 民間の就職支援サービスを利用する

    フリーターとして働き続けることができていたわけですから、未経験可の求人に応募すればすぐに働ける人材として認めてもらえる可能性は大です。

    いつでもすぐに正社員になれる環境にいるのであれば、民間の就職支援サービスを利用しましょう。

    「就活のコツを知りたい」「フリーターで職歴がないからどうアピールすればいいか分からない」といった悩みに、キャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれます。

    未経験可の求人を多数紹介している「ハタラクティブ」や、書類選考なしの求人を紹介している「DYM就職」は、どちらも内定率8割を超える実績を持っています。

    フリーターのまま年齢を重ねて、「あのときちゃんと就活しておけばよかった」と後悔しないためにも、今すぐ動き出しましょう。