37歳フリーターから正社員へ就職しよう!今すぐすべき行動は?

37歳フリーターから正社員へ就職しよう!今すぐすべき行動は? 仕事の悩み・相談

就職に失敗したものの、フリーターとして働く同じ境遇の友人も多かった20代。

それが30代に入ると「いつまでフラフラしてるんだ」「人生をちゃんと考えているのか」と批判されることも増えてきますよね。

「自分で選んでいるんだから口を出すな」という気持ちは分かりますが、現実としてフリーターを一生続けることにはリスクが伴います。

ただ、「やっぱり37歳からでも正社員を目指したい…」と思ったときでも、難易度は高いですが決して不可能ではありません。

そこで37歳フリーターから正社員を目指すあなたのために、ぜひ知っておいてほしいことを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

1.一生フリーターを続けることは不可能!

フリーターという働き方を一生続けることは不可能と言えます。

フリーターの仕事は、以下のような金銭・体調面で不安要素があるためです。

たしかに総務省統計局の「労働力調査結果(平成30年)」では、非正規の職員・従業員は前年より84万人増加の2120万人、5年連続で増加傾向です。

しかし好きなことをして生きていける反面、フリーターには厳しい現実が待つことを忘れてはいけません。

その逃げられない現実について、詳しく見ていきましょう。

フリーターは何年働いても給料が変わらない

フリーターは時給で働いているため、月給の正社員と比べた場合もらえる額が多いこともあります。

ただし、「フリーターでも稼げる」のはあくまでも最初のうちだけです。

正社員は年齢と共に昇給や手当てが増えていきますが、フリーターは時給が増えても稼ぐのには苦労します。

たとえば数年かけて1,000円から1,100円と増えても、20日×8時間で月16,000円しか上がりません。

正社員のボーナス分を考えると、働いても働いてもお金が稼げないという現実が待っています。

  • スポンサーリンク

  • フリーターは体を壊したらそこで終わり

    病気や怪我で働けなくなったら、フリーターはお金を稼ぐことができません。

    いつまでも元気で仕事ができれば一番ですが、年齢を重ねれば体力が落ちるなどして人間の機能は衰えてしまいます。

    正社員なら世間的にも有給休暇を認められやすく、病気療養で休職しても、また仕事に復帰することが可能です。

    ですが、フリーターは人手が足りなければ代わりを用意すれば済むだけの話。

    病気や怪我で働けなければクビ、で終わってしまいます。

    このように、フリーターは不安定な立場であり厳しい現実に置かれています。

    2.37歳フリーターから正社員になるのは難しい?

    37歳フリーターから正社員は目指せるの?

    20代でフリーターから正社員になるのはさほど難しくありません。

    ただ、30代になると就職の難易度はぐっと上がってしまうのが現状です。

    なぜ30代になると就職が難しくなるのか、その理由について詳しくご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 30代になると就職のハードルは高くなる

    20代より30代になると、以下のような理由で就職のハードルが高くなります。

    【20代と30代の就職状況の違い】

    20代
    • ポテンシャル採用の対象
    • 未経験可の求人が多数あり自分の希望が通る
    • 企業に不足している年代なので売り手市場となっている
    30代
    • 未経験可の求人が一気に減る
    • 未経験可の仕事でも職歴がないと不利になる
    • 即戦力が求められるため資格が必要となることがある
    • 体力が落ちるためできる仕事が少なくなる可能性がある

    20代で正社員として入社した人たちは、30代では企業内で大きな戦力になっています。

    つまり会社が30代に求めているのは、「同じく即戦力」「経験やスキルがある」人材なのです。

    そのため30代で職歴のないフリーターは、将来性のある20代や経験豊富な30代の求職者より不利になってしまいます。

    難易度は高いが就職は可能

    37歳フリーターから正社員になるのは難易度が高いです。

    ただ、30代歓迎求人がまったくなくなるわけではないので、37歳フリーターのあなたにも正社員になるチャンスは大いにあります。

    その理由を見ていきましょう。

    【37歳フリーターから正社員が不可能ではない理由】

    • 売り手市場で求人は増えている
    • 人手不足の業界では年齢を問わず募集がある
    • 不況で採用をしていなかった企業では20~30代の人材を求めている

    オリンピック需要などで新規雇用が増えているため、正社員になりたいと考えているなら今がチャンスです。

    迷っている間に40代になってしまえば、さらに求人は少なくなってしまう可能性があります。

    正社員になりたいと考えているなら、一刻の猶予もないと考え行動することが必要です。

  • スポンサーリンク

  • 3.37歳フリーターから正社員の夢を叶えた人の経験談

    37歳から正社員就職の夢を叶えた体験談

    「37歳フリーターでも正社員になれるといわれても、現実はそう甘くない」と感じている方は大勢います。

    37歳男性

    今年37歳になるフリーター男です。

    将来が不安で仕方ありません。

    引用:yahoo知恵袋

    とりあえずフリーターとしての収入はあるけれど、「このままでは将来どう生きていけばいいのか」「でも30代で今更正社員なんて無理」という不安がつきまといますよね。

    ただ、37歳フリーターでも正社員になる夢を叶えた人は多くいます。

    その経験談をご紹介しましょう。

    42歳男性

    37歳職歴なしから正社員になれました。

    きっかけは好きな人ができたからです。

    何の考えもなしにフリーターになったため、就活の仕方が分からずハローワークで現状を話し相談しました。

    正社員登用がある職場を紹介してもらい正社員になれたのはラッキーだったと思っています。

    37歳男性

    周りの友人が結婚し子育てをしている姿に憧れ、「フリーターのままじゃ結婚は無理だ」と考え就活を始めました。

    働けるならどこでもと思っていましたが、37歳職歴なしのフリーターを雇ってくれるところはなく大苦戦。

    ネットで知った就職エージェントに登録し、書類の書き方や面接対策が必要なことを教えてもらいました。

    自己流で就活をしていたら正社員にはなれなかったと思います。

    このように結婚や将来を意識した結果、正しい活動を進めて正社員就職を決めた方もいるのです。

    ただし売り手市場とはいっても、「就職してみたらブラックだった」「求人内容と違う職場だった」と失敗する可能性もあります。

    やり直しのきかない37歳フリーターからの就活だからこそ、確実に成功させたいですよね。

    次では正社員の夢を叶えるために、あなたが今すべきことをご紹介します。

    4.37歳フリーターから正社員になるためにすべきこと

    37歳フリーターから正社員になるためにすべきこと

    37歳フリーターから正社員になろうと考えた場合、きちんと段階を踏んで就活をする必要があります。

    ただ、フリーターで生活費を稼いでいる人の場合は「就活でお金がないのにバイトに行く時間がない」という悩みが出てきたりしますよね。

    そこでこれから正社員を目指すあなたのために、就活をするにあたってすべきことをご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • STEP1.バイト先に就職活動する旨を伝える

    バイトをしながら就活をスタートさせようと考えているなら、まずはバイト先にそのことを伝えましょう。

    バイトを長期でしている場合、バイトリーダーとしてシフトを作成したり、新人の指導をしたりといった仕事を任される立場なこともありますよね。

    また、急に他のバイトが休んだときの補給人員としてあてにされている可能性も。

    そこで長くお世話になっているから…と気を遣うと、せっかくの面接のチャンスをふいにしたり、バイト先自体がなくなったりするかもしれません。

    あなたの人生はあなただけのもの。

    「就職して正社員として頑張ろう」と決意したのなら、後々迷惑をかけないためにもきちんとバイト先に今後のことを相談しておきましょう。

    STEP2.スーツなど必要なものを揃える

    就活にあたり、必要となるものを揃えましょう。

    必要となるのは以下のものです。

    【就活に必要なアイテム】

    • リクルートスーツ(サイズの合うもの)
    • 革靴(サイズの合う歩きやすいもの)
    • バッグ(履歴書などA4サイズの入るもの)
    • 時計(スマホで時間を見るのは他のことをしていると見られる)
    • 女性の場合は化粧品

    これらのアイテムに加え、伸びた髪の毛はカットする、男性の場合はヒゲもきちんと処理するなど、自分自身の身だしなみも整えておきましょう。

    髪の毛の色は地毛が基本です。

    奇抜なヘアスタイルやパーマは、個性のアピール以前に悪目立ちしてしまうのでやめておくのが無難ですよ。

  • スポンサーリンク

  • STEP3.就職活動をスタートする

    就職活動の準備ができたら、本格的に活動をスタートさせましょう。

    ただ、「求人を探そう」と思っても求人雑誌を見たりネットで求人を探したり、といった方法では時間がかかりすぎてしまいます。

    年齢的にも猶予がない37歳フリーターの場合、おすすめしたいのは就職エージェントに登録することです。

    就職エージェントの仕組み

    【就職エージェントに登録するとできること】

    • 未経験可の求人を紹介してもらえる
    • 提出書類の添削、面接対策のアドバイスがもらえる
    • 面接日の調整など企業に代理で交渉してもらえる
    • 就職エージェントによっては就職後も相談に乗ってもらえる

    求人を探すなら、ハローワークのほうが便利なのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

    そこでハローワークと就職エージェント、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

      メリット デメリット
    ハローワーク
    • 各地域にあり行きやすく、誰でも利用ができる
    • 就活の方法を教えてもらえる
    • 職業訓練校の斡旋をしてくれる
    • あくまで自分主導で動かなければならない
    • 企業から求人を無料で受けるため企業情報が分からない
    就職エージェント
    • ネットで無料で登録ができる
    • 未経験可の求人を紹介してもらえる
    • 直接企業と交渉して求人を受けるため求人の質が高い
    • キャリアアドバイザーとの相性の良し悪しがある
    • エージェントによっては紹介してもらえる求人がないこともある

    ハローワークは自治体ごとに設置されているため、思い立ったらすぐ相談しに行けるのが大きなメリット。

    ただハローワーク主導の積極的な支援があるわけでもなく、自分にピッタリな仕事を見つけにくいデメリットがあります。

    自治体によっては年齢制限がある場合も。

    一方の就職エージェントは、ニート、フリーターなど職歴のない人向けの未経験可の求人を多く取り扱っています。

    企業が有料で掲載する求人なので、「こういった人材が欲しい」という企業側と「こんな仕事をしたい」という求職者側がマッチングしやすいメリットがあります。

    「就活経験がないから何をしたらいいかわからない」「フリーター期間のことを聞かれるのが心配」といった悩みへのアドバイスあり、安心して就活できるでしょう。

    ただ、ハローワークや就職エージェントを利用するにあたっては、以下のことを心に留めておいてください。

    <就活スタート時はしっかり目標をたてよう!>

    目標なく就職活動をしても、ダラダラと長引いてしまうことが多いです。

    「2ヶ月就職活動に集中して決まらなかったらやめる」など、具体的な目標を立ててから就職活動を始めるようにしましょう。

    次の章では、37歳フリーターにおすすめの就職エージェント3選を紹介します。

    5.37歳フリーターにおすすめの就職エージェント3選

    猶予がない37歳フリーターが確実に就職を成功させるためには、就職エージェントを活用することが不可欠。

    ただ、就職エージェントは多数あるため、自分に合ったサービスを提供しているエージェントを選ばなければ意味がありません。

    そこで37歳フリーターのあなたがぜひ登録すべき就職エージェントを3つご紹介します。

    未経験可の求人を探したいなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    【ハタラクティブをおすすめする理由】

    • 書類選考の通過率が90%以上、内定率も80%以上
    • 幅広い職種を紹介してもらえる
    • キャリアアドバイザーの質が高くミスマッチが少ない

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    公開求人数 記載なし
    非公開求人数 常時2,300件以上
    対象地域 関東・関西・中部・九州
    面談可能なオフィス 全国9か所
    詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    書類選考なしの求人を探したいなら「DYM就職」

    DYM就職

    【DYM就職をおすすめする理由】

    • 内定率96%
    • ミスマッチが少なく離職率が低い
    • 書類選考なしで面接に進める

    DYM就職は、書類選考なしの求人を紹介している就職支援サービスです。

    職歴のないフリーターで、37歳という年齢だと書類選考が大きな壁になりがちですよね。

    DYM就職なら事前の面談であなたにマッチングした企業を紹介してくれることに加え、企業に合った面接対策もしてくれます。

    DYM就職の支援を受けて、安心して面接に望みましょう。

    公開求人数 61件(2019年10月時点での求人数)
    非公開求人数 記載なし
    対象地域 全国
    面談可能なオフィス 全国14か所

    手厚いサポートを受けたいなら「就活エクスプレス」

    就活エクスプレス

    【就活エクスプレスをおすすめする理由】

    • 30代から40代が対象
    • 就活から就職後までマンツーマンで支援してくれる
    • 早期で正社員になることが可能

    就活エクスプレスは、東京都で仕事を探している方を対象とした就職支援サービスです。

    5日間の短期集中プログラムを受講後、ジョブコーディネーターとマンツーマンで3ヶ月応募支援を受けられます。

    書類選考なしで合同面接会に参加できるため内定が取りやすく、すぐに就職したいと考えている37歳フリーターにはおすすめの支援サービスです。

    公開求人数 記載なし
    非公開求人数 記載なし
    対象地域 東京都
    面談可能なオフィス 東京都千代田区飯田橋 東京しごとセンター

    6.37歳フリーターが正社員を目指すときやりがちな失敗への対処法

    37歳フリーターが正社員を目指すときやりがちな失敗への対処法

    37歳フリーターでも正社員になることは可能ですが、何をやってもうまくいかないと悩む人も少なくありません。

    ここでは就活でつまずきやすいポイントをご紹介します。

    事前に解決しておくことで就活がぐっと有利になりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    フリーターをしていた理由を上手く説明できない

    フリーターであったことを面接で伝えたことが原因で、そのまま落ちてしまったという人は少なくありません。

    でも、それが本当に原因かどうかは分かりませんよね。

    フリーターでも「履歴書の職歴にはならないけど、働いていたのなら問題はない」と考える企業もあります。

    フリーターを隠すより「なぜフリーターになったのか」「どんな経験をしてきたか」を前向きかつ具体的に説明するほうがメリットが大きいです。

    必ず聞かれることなので、ポジティブな内容を事前にまとめておくようにしましょう。

    求人がなかなか見つからないのでくじけそうになる

    37歳フリーターから脱出しようと決意したのに、肝心の求人がなく心が折れてしまい就活をやめようか悩むという人もいます。

    実際、25歳・35歳という区切りに求人は減ってしまいますが、その一方で40歳でも正社員になれたという人もいますよね。

    その違いは「求人の探し方」。

    まず前提として、自分一人で求人を探すには時間・確認量などの点から限界があります。

    しかし就職エージェントに登録すれば、「あんなに探してなかったのに」と思えるほどたくさんの未経験可の求人に出会える確率が高くなりますよ。

    求人を紹介してもらえない


    支援担当者

    残念ですが、あなたに紹介できる求人がありません

    ハローワークや就職エージェントにこう言われてしまった経験談は多いです。

    37歳フリーターの場合、未経験可の求人が20代に比べて少なくなってしまうという現実があります。

    まずはHPなどで「どういった年齢層の求人を取り扱っているか」をきちんと確認しましょう

    登録する年齢制限はとくにない就職エージェントがほとんどですが、37歳が「20代特化エージェント」に登録しても意味がありません。

    あなたの年齢・住む場所・やりたい仕事に合わせて、登録するエージェントを探してください。

    面接対策がうまくできず失敗を重ねてしまう

    せっかく面接まで辿り着いたのに、「上手く受け答えができなくで落とされてしまった」という人も多くいます。

    面接では「必ず聞かれること」と「面談する人によって変わる質問」とがあります。

    ただ、事前に受け答えを想定していても、本番で緊張してしまうということもありますよね。

    面接は回数をこなすしか慣れる方法はありません。

    就職エージェントのサービスに「面接対策」がありますので、不安な人は積極的に練習を重ねることをおすすめします。

    まとめ

    37歳フリーターが正社員になるのは、かなり厳しいのが現状ですが、不可能ではありません。

    ただ、猶予がありませんのですぐに行動する必要があります。

    【37歳フリーターが正社員になるための3ステップ】

    1. バイト先に就職活動する旨を伝える
    2. スーツなど必要なものを揃える
    3. 就職活動をスタートする

    30代でも厳しい現状なので、すぐに正社員になるためにも就職エージェントに登録するのがおすすめです。

    未経験可の求人を多数紹介している「ハタラクティブ」や書類選考なしの求人を紹介している「DYM就職」なら、スピーディに内定を勝ち取れます。

    さらに東京で正社員の就職を考えているなら、「就活エクスプレス」で短期集中プログラムを受けるのもおすすめ。

    これらのサービスを利用し短期間で正社員になれた人も多く、サポートも心強いのでぜひ登録して正社員の夢を叶えましょう。