39歳フリーターでも就職できる!正社員になるための方法はこんなにある

仕事の悩み・相談

39歳フリーターの状態は、非常に危機感を抱いてしまいますよね。

「就職活動を進めているけどなかなか就職できない」「もう就職自体諦めるしかないのかな…」そんな悩みを抱えている方も多いかもしれません。

しかし、39歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。

世の中では『非正規雇用を減らし、正規雇用を増やそう』という動きがあるため、「もう遅い」と悲観する必要はありませんよ。

本記事では、現状に不安を抱いている39歳フリーターの方に向け「就職するためのポイント」を解説します。

ぜひこの記事を読み、正社員への就職を実現させてください。

【結論】39歳フリーターから正社員を目指すなら「就職エージェント」を活用しよう

39歳フリーターからでも、正社員になることは可能です。

しかし、「どうやって就職活動をすればいいかわからない」とお悩みの方も多いですよね。

就職活動をするにあたっては、求人紹介から入社までを親身にサポートしてくれる「就職エージェント」の利用がおすすめです。

数多くあるエージェントの中でも、特におすすめなのが「DYM就職」「ハタラクティブ」「就活エクスプレス」の3社。

3社とも無料で利用できるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.39歳フリーターを取り巻く環境

これまで、フリーターという言葉の定義は、15歳〜34歳を対象とした若年層を指していました。

しかし、「就職氷河期世代」と呼ばれる世代が30代半ばから40代半ばとなり、中高年フリーターが社会問題となりつつあります。

これを受けて、フリーターの定義も40代半ばまでを指すようにするなど、国もようやく対策に動きだしました。

近年では、政府が「就職氷河期世代」の正規雇用者を3年間で30万人に増やす方針を示すなど、39歳フリーターを取り巻く環境は大きく変化してきています

2.39歳フリーターに対する支援の拡充

国や自治体の機関でも、フリーターの正社員登用を促進するため様々な支援を拡充しています。

ここでは、いくつかの代表的な支援施策をご紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 就職先の紹介

    厚生労働省が中心となり、ハローワークでの支援の拡充が行われています。

    わかものハローワークでは、正社員を目指す45歳未満の方を対象として、以下のような支援を実施しています

    • 担当者による就職支援
      担当の就職支援ナビゲーターによる、就職に向けたアドバイスや悩み相談を実施。
      「支援プランの作成」「支援プランに沿ったアドバイス」「書類作成相談や面接指導」
    • 各種無料セミナーの開催
      コミュニケーションスキルアップのためのセミナーやグループワークなど、就職に役立つセミナーを開催
    • 就職後の相談対応
      就職後も仕事の悩みやブラック企業が疑われる場合など、就職後の各種相談

    (参照:わかものハローワーク

    求職者向けに、正規雇用を前提とした3ヶ月間のお試し雇用で仕事に必要なスキルを習得できるトライアル雇用制度なども実施しているので、活用してみると良いでしょう。

    詳しくは、厚生労働省のHPにある「トライアル雇用制度のリーフレット」をご覧ください。

    スキルアップなどの教育支援

    大学などで学び直せるマナパスや職業実践力育成プログラムなど、学ぶ機会に巡り会えなかった方や学び直したい方向けの支援も充実しています

    マナパスや職業実践力育成プログラムでは、無料で受けられる簡単な講座から資格取得のための講座、仕事に必要となるスキル習得のための講座などを受けることができます。

    資格やスキルを身につけることができるので、就職活動に役立つはずですよ。

    <教育支援について詳しくは…>

  • スポンサーリンク

  • 相談窓口の拡充

    「生活に不安を感じている」「引きこもりで悩んでいる」など、様々な悩みについての相談窓口も拡充してきています

    悩みを抱えている方は一人で解決しようとせず、国の制度をしっかり活用して、解決するようにしてください。

    3.39歳フリーターから正社員になるための方法

    次に、39歳フリーターから正社員になるための、具体的な方法をご紹介していきます。

    正社員になるための方法は様々ありますが、以下のようなサービスや機関を十分に活用することが正社員になるための近道です。

  • スポンサーリンク

  • サポートステーションを活用する

    サポートステーションは、仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービスです。

    具体的には、以下のような講座・支援が受けられます。

    • コミュニケーション講座
    • ジョブトレ(就業体験)
    • ビジネスマナー講座
    • 就活セミナー(面接・履歴書指導等)
    • 集中訓練プログラム
    • パソコン講座
    • WORK FIT
    • アウトリーチ支援

    (参照:サポートステーション

    気になるものがあれば、ぜひ支援を受けてみてはいかがでしょうか?

    利用について詳しくは「サポステ[地域若者サポートステーション]」をご覧ください。

    ジョブカフェを活用する

    ジョブカフェは、都道府県が運営する就労支援サービスです。

    これまでは、34歳までの若年層を対象としてきましたが、国がフリーターの定義などを40代前半まで拡大したことを受け、対象者を44歳程度まで広げている自治体も出てきました。

    全国に設置されており、就業相談やセミナーから求人紹介までを一貫して行なっているので、まず登録しておくべきサービスでしょう。

    厚生労働省のホームページから、各地のジョブカフェを調べることができますので参照してみてください。

  • スポンサーリンク

  • 就職エージェントを活用する

    民間が提供する就職支援サービスとして、就職エージェントを活用しましょう。

    最近では、フリーターの方を対象とした就職エージェントもたくさん出てきています。

    求人サイトなどとは違って、求人情報を提供するだけでなく、就職エージェントが書類の書き方から面接対策など、就職に関連するアドバイスをしてくれるので、相談しながら就職活動を進められます。

    次の項では、おすすめの就職エージェントを紹介していきますので、まずは登録してみてください。

    4.39歳フリーターにおすすめの就職エージェント

    39歳フリーターから就職を目指す際に、ぜひ登録してほしいおすすめの就職エージェントを紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 書類選考なしで面接を受けるなら「DYM就職」

    DYM就職は、フリーターから正社員の就職に実績のある就職エージェントで、自信がない方にもおすすめです。

    書類選考なしで企業面接に臨めるため、これまでの経歴や職歴に自信がない方でも安心して就職活動を進められます

    面接指導や服装指導など、就職エージェントと二人三脚で就職活動を進められるので、一人で悩んだりする心配は要りません。

    運営会社 株式会社DYM
    求人数 約2,000件~
    対象地域 全国

    充実した就活サポートを受けたいなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    運営会社 レバレジーズ株式会社
    求人数 約2,300件
    対象地域 関東・関西・中部・九州
    詳細・口コミは「ハタラクティブの解説記事」をご覧ください。

    1から親身な支援を望むなら「就活エクスプレス」

    就活エクスプレスは、30〜44歳の非正規雇用経歴がある方が対象の就活サービスです。

    就活エクスプレスに登録すると、東京にあるオフィスで就活講座を受けることが可能。

    実践的なアドバイスを受けることで、就職のノウハウを身につけることができますよ。

    東京都にお住まいの方は、ぜひ利用してみてくださいね。

    運営会社 公益財団法人東京しごと財団が株式会社パソナに運営を委託
    求人数 非公表
    対象地域 東京都

    5.39歳フリーターから就ける職業を紹介

    39歳フリーターからでも、比較的就職しやすい職業を紹介していきます。

    いずれも、これまでの経歴や学歴などはあまり関係なく仕事ができる職業です。

    おすすめの理由や必要とされるスキルなどをご紹介しますので、就職活動を進める際の参考にしてみてください。

    営業職

    おすすめの理由 必要とされるスキル 仕事を選ぶ際の注意点
    • どんな業界でも必要とされるため求人が多い
    • 人とのコミュニケーションが取れれば、スキルや資格などは不要
    • 相手を不快にさせないコミュニケーション力
    営業にも、「飛び込み」や「ルートセールス」などの種類がある。あまりストレスのかからない「ルートセールス」を選ぶようにする 

    営業職は特定のスキルや資格は必要なく、コミュニケーションスキルがあればどんな業界でも就職することが可能です。

    ただし、社会人経験のない方がいきなり飛び込みの営業などについてしまうと精神的に疲れてしまうので、特定の得意先に営業する「ルートセールス」を狙って就職活動を進めることがおすすめです。

    介護職

    おすすめの理由 必要とされるスキル 仕事を選ぶ際の注意点
    • 業界全体で人手が不足しているため求人が多い
    • 体力勝負な側面があるため、経歴や資格など問われない
    • 高齢化社会における需要はどんどん増える
    • ある程度の重労働に耐えられる体力
    • コミュニケーション力
    施設によっては給与面が割に合わないと感じることもある。仕事をしながら資格を取得し、自らスキルアップする姿勢が大事になる 

    介護職は、高齢化が進む現代において、求人が増えていくと見込まれる職種です。

    特に経歴や資格などは問われませんが、体力勝負の仕事である点は注意が必要。

    また、就職後に介護や福祉に関連する資格を取得することで待遇アップを狙うこともできます。

    IT職

    おすすめの理由 必要とされるスキル 仕事を選ぶ際の注意点
    • プログラマなどの専門職では人手不足が続いている
    • あまりコミュニケーションを必要としない
    • 技術を身につければフリーランスとしての道もある
    • プログラミングなど一定の専門知識
    • 業務に必要なレベルのコミュニケーション力
    就職先によっては、仕事をしながらスキルをつけられる環境もあるが、常にスキルアップしていく勤勉さが必要

    IT職も、今後どんどんと求人が増えると見込まれる職種です。

    業界全体では、IT関連の技術革新に対してプログラミングのスキルを持っている人材が不足しているなど、慢性的な人材不足が続いています。

    一定の専門的なスキルが必要とされますが、仕事をしながら覚える会社が多いので、就職してからスキルアップをすることも可能です。

    6.39歳フリーターから就職した体験談を紹介

    ここからは、フリーターから就職した体験談をご紹介していきます。

    フリーター歴が長く続くと精神的にも辛い状況が続きますが、就職が決まれば今までの悩みを解消できるかもしれません

    以下の声も参考にしつつ、正社員を目指して就職活動を進めていきましょう。

    39歳フリーターから正社員になることは、決して不可能ではありません。

    少しでも「正社員になりたい」という気持ちがあるのなら、今この瞬間から就活の一歩を踏み出しましょう。

    まとめ

    39歳フリーターの状況では、「もう正社員にはなれない…」「就職活動に疲れた」など、ネガティブな感情に流されそうになります。

    しかし、社会的にも支援が充実してきている今が、就職するチャンスです

    以下のようなポイントを押さえて、就職活動を積極的に進めていきましょう。

    <就活のポイント>

    • サポートステーションなどのサービスを利用してスキルアップを行う
    • ハローワークやジョブカフェなど、国や自治体の就職支援サービスに登録して積極的に活用する
    • 就職エージェントに複数登録して、アドバイザーと二人三脚で就職活動を進める

    フリーターの方を対象としたおすすめの就職エージェントは、就職支援のプロなのでまずは登録をして、積極的に活用しましょう。

    <おすすめのエージェント>